image

ごん狐, 第三章

兵 十 が 、 赤い 井戸 の ところ で 、 麦 を といで いました 。 兵 十 は 今 まで 、 おっ母 と 二 人 ( ふた り ) きり で 、 貧しい くらし を して いた もの で 、 おっ母 が 死んで しまって は 、 もう 一 人 ぼっち でした 。 「 おれ と 同じ 一 人 ぼっち の 兵 十 か 」   こちら の 物置 ( ものおき ) の 後 ( うしろ ) から 見て い たごん は 、 そう 思いました 。 ご ん は 物置 の そば を はなれて 、 向 う へ いき かけます と 、 どこ か で 、 いわし を 売る 声 が します 。 「 いわし の やすうり だ ア い 。 いき の いい いわし だ ア い 」   ご ん は 、 その 、 いせい の いい 声 の する 方 へ 走って いきました 。 と 、 弥 助 ( や すけ ) の おかみ さん が 、 裏 戸口 から 、   「 いわし を おくれ 。」 と 言いました 。 いわし 売 ( うり ) は 、 いわし の かご を つんだ 車 を 、 道ばた に おいて 、 ぴかぴか 光る いわし を 両手 で つかんで 、 弥 助 の 家 の 中 へ もって はいりました 。 ご ん は その すきま に 、 かご の 中 から 、 五 、 六 ぴき の いわし を つかみ 出して 、 もと 来 た方 へ かけだしました 。 そして 、 兵 十 の 家 の 裏口 から 、 家 の 中 へ いわし を 投げこんで 、 穴 へ 向 ( むか )って かけ もどりました 。 途中 の 坂 の 上 で ふりかえって 見ます と 、 兵 十 が まだ 、 井戸 の ところ で 麦 を といで いる の が 小さく 見えました 。 ご ん は 、 うなぎ の つぐない に 、 まず 一 つ 、 いい こと を した と 思いました 。 つぎの 日 に は 、 ご ん は 山 で 栗 ( くり ) を どっさり ひろって 、 それ を かかえて 、 兵 十 の 家 へ いきました 。 裏口 から のぞいて 見ます と 、 兵 十 は 、 午 飯 ( ひるめ し ) を たべ かけて 、 茶椀 ( ちゃわん ) を もった まま 、 ぼんやり と 考えこんで いました 。 へんな こと に は 兵 十 の 頬 ( ほっ) ぺた に 、 かすり傷 が ついて います 。 どうした ん だろう と 、 ご ん が 思って います と 、 兵 十 が ひとりごと を いいました 。 「 一たい だれ が 、 いわし なんか を おれ の 家 へ ほうりこんで いった んだろう 。 おかげ で おれ は 、 盗人 ( ぬすびと ) と 思われて 、 いわし 屋 の やつ に 、 ひどい 目 に あわさ れた 」 と 、 ぶつぶつ 言って います 。 ご ん は 、 これ は しまった と 思いました 。 かわいそうに 兵 十 は 、 いわし 屋 に ぶん なぐられて 、 あんな 傷 まで つけられた の か 。 ご ん は こう おもい ながら 、 そっと 物置 の 方 へ まわって その 入口 に 、 栗 を おいて かえりました 。 つぎの 日 も 、 その つぎ の 日 も ご ん は 、 栗 を ひろって は 、 兵 十 の 家 へ もって 来て やりました 。 その つぎ の 日 に は 、 栗 ばかり で なく 、 まつたけ も 二 、 三 ぼん もっていきました 。



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

兵 十 が 、 赤い 井戸 の ところ で 、 麦 を といで いました 。 兵 十 は 今 まで 、 おっ母 と 二 人 ( ふた り ) きり で 、 貧しい くらし を して いた もの で 、 おっ母 が 死んで しまって は 、 もう 一 人 ぼっち でした 。 「 おれ と 同じ 一 人 ぼっち の 兵 十 か 」   こちら の 物置 ( ものおき ) の 後 ( うしろ ) から 見て い たごん は 、 そう 思いました 。 ご ん は 物置 の そば を はなれて 、 向 う へ いき かけます と 、 どこ か で 、 いわし を 売る 声 が します 。 「 いわし の やすうり だ ア い 。 いき の いい いわし だ ア い 」   ご ん は 、 その 、 いせい の いい 声 の する 方 へ 走って いきました 。 と 、 弥 助 ( や すけ ) の おかみ さん が 、 裏 戸口 から 、   「 いわし を おくれ 。」 と 言いました 。 いわし 売 ( うり ) は 、 いわし の かご を つんだ 車 を 、 道ばた に おいて 、 ぴかぴか 光る いわし を 両手 で つかんで 、 弥 助 の 家 の 中 へ もって はいりました 。 ご ん は その すきま に 、 かご の 中 から 、 五 、 六 ぴき の いわし を つかみ 出して 、 もと 来 た方 へ かけだしました 。 そして 、 兵 十 の 家 の 裏口 から 、 家 の 中 へ いわし を 投げこんで 、 穴 へ 向 ( むか )って かけ もどりました 。 途中 の 坂 の 上 で ふりかえって 見ます と 、 兵 十 が まだ 、 井戸 の ところ で 麦 を といで いる の が 小さく 見えました 。 ご ん は 、 うなぎ の つぐない に 、 まず 一 つ 、 いい こと を した と 思いました 。 つぎの 日 に は 、 ご ん は 山 で 栗 ( くり ) を どっさり ひろって 、 それ を かかえて 、 兵 十 の 家 へ いきました 。 裏口 から のぞいて 見ます と 、 兵 十 は 、 午 飯 ( ひるめ し ) を たべ かけて 、 茶椀 ( ちゃわん ) を もった まま 、 ぼんやり と 考えこんで いました 。 へんな こと に は 兵 十 の 頬 ( ほっ) ぺた に 、 かすり傷 が ついて います 。 どうした ん だろう と 、 ご ん が 思って います と 、 兵 十 が ひとりごと を いいました 。 「 一たい だれ が 、 いわし なんか を おれ の 家 へ ほうりこんで いった んだろう 。 おかげ で おれ は 、 盗人 ( ぬすびと ) と 思われて 、 いわし 屋 の やつ に 、 ひどい 目 に あわさ れた 」 と 、 ぶつぶつ 言って います 。 ご ん は 、 これ は しまった と 思いました 。 かわいそうに 兵 十 は 、 いわし 屋 に ぶん なぐられて 、 あんな 傷 まで つけられた の か 。 ご ん は こう おもい ながら 、 そっと 物置 の 方 へ まわって その 入口 に 、 栗 を おいて かえりました 。 つぎの 日 も 、 その つぎ の 日 も ご ん は 、 栗 を ひろって は 、 兵 十 の 家 へ もって 来て やりました 。 その つぎ の 日 に は 、 栗 ばかり で なく 、 まつたけ も 二 、 三 ぼん もっていきました 。


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.