image

JIN-仁- 完结编, JIN-仁- 完结编 #09

( 仁 ) 咲 さ ん 龍 馬 さん は   ひと 月 後 に   あん …

《≪( 龍 馬 ) お まん は   わし じゃ 》

《( 未来 ) きっと また いつか 会える から 》

何 だ ?  これ …

( 咲 ) 先生 !

( 上役 ) 坂本 と 通じ 我ら を   たば かった か !

( 橘 ) たば かった わけで は ございませ ぬ

私 に 能 が なかった だけ の こと

では 京 に のぼり   坂本 を 始末 せよ

は ッ ?

お ぬし の 妹 御 は   仁 友 堂 で

坂本 び いき の 医者 と   おる らしい な

妹 は   医 の 道 に 尽くして おる だけ で ございます

坂本 殿 と 通じて など … 坂本 …

「 殿 」 と な ?

≪( 上役 ) この 者 達 と 共に 坂本 を 討て

取り逃がせば

母 御 と 妹 御 が   どう なる か →

分かって おろう な ?

その 頭痛 は   まことに ただ の 持病 で ございます か ?

本当 は   岩 など で は ?

前 に も 説明 した じゃ ないで す か

未来 に いた 時 に 調べて もらった けど

何とも なかった   って

あの …

「 あん 」 は 暗殺 の 「 あん 」 で ございます か ?

《 龍 馬 さん の 誕生日 は いつ です か ?》

《( 勝 ) 十一 月 十五 日 だった っけ か な 》

では   坂本 様 は

28 日 後 に …

( 佐分利 ) 南方 先生

起き はって   大丈夫な んで っか ?

佐分利 先生   一緒に 京 に 行って もらえ ませ ん か ?

ええ です けど   え ッ   何で ?

京 で 患者 が 待って る んです

佐分利 先生 の 力 が 必要に なる 気 が する んです

私 の 力 が で っか ? お 願い し ます

喜んで !

どこまでも

( 栄 ) 橘 は   三河 以来 の 旗本 です

世 が   どう なろう と

しっかり と   お 勤め ください

はい

道中 の 無事 を お 願い して まいり ました

体 に は 気 を つける のです よ

≪( 勝 ) 京 まで の 通行 手形 だ よ

すいません   急に 変な お 願い して

先生 が 助け に 行か なきゃ いけない 患者 って の は

あいつ の こと かい ? え ッ ?

あ ッ …  いえ

まあ いい よ

おい ら   あいつ に 会ったら 言って やりて え こと が 山ほど ある

だから   頼んだ ぜ

はい

( 野 風 ) 京 に 行か れる と 聞き ん した ので

もし   坂本 様 に お 会い に なる こと が ご ざん したら

坂本 様 が 京 に   いらっしゃる か どう か は …

もし お 会い に なら れれば で ご ざん す

はい

《 すでに 先生 は 》

《 歴史 を 変えて おら れる ので は ない でしょう か ?》

歴史 は   変わら ない わけじゃ ない

〈 だけど   龍 馬 さん を 助ける 前 に 俺 は   この 頭痛 に 〉

〈 殺さ れて しまう こと は ない んだろう か 〉

考える な

( 山田 ) 先生   留守 は しっかり お守り し ます ゆえ

じゃあ   行って き ます

ほ な

佐分利 先生 に   同行 を 願った の は

アレ を 防げ なかった 場合 を 考えて で ございます か ?

はい

そう なったら 手 は 多い 方 が いい で すし

前 に   咲 さ ん 言った じゃ ないで す か

この 時代 の 人 が する こと は 修正 さ れる べき 歴史 で は なく

ただ の 歴史 だ と

そう いえば 野 風 さん の 出血 点 を 見つけた の も

佐分利 先生 で ございました ね は い

〈 何の 根拠 も ない けれど 俺 は 信じよう と して いた 〉

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 自分 は   龍 馬 さん を 救う ため に ここ に 来た のだ と 〉

( 龍 馬 ) 新しい 政府 に は   大殿 様 と

由利 殿 の お 力 が   必要な んじゃ

大殿 !

〈 龍 馬 さん が …  坂本 龍 馬 が 死な ない 歴史 を つくる ため に 〉

〈 ここ に   やってきた のだ と 〉

〈 ただ   ひたすら に 信じよう と して いた 〉

《 南方 仁 が おれば 坂本 龍 馬 は 死な ん 》

《 助け ます よ   俺 が 》

《 この 手 で 》

♪♪~

京都 まで   あと どれ ぐらい で 着き ます か ね ?

十 日 ぐらい ちゃ い ます か ?

十 日 か …

私 だけ   先 に 行って も いい です か ? 何 言う て はる んです か ?

南方 先生   佐分利 先生 よろしい です か ?

どうぞ

診て ほしい   と 村 の 方 が   いらっしゃって ます が

え ッ ? ここ は 医者 の おら ぬ 村 の ようで

礼 も   あまり でき ない けれど なんとか お 願い でき ぬ か   と

よっ しゃ   ほ な 行き まひ ょ   先生

咲 さ ん   佐分利 先生

私 は   このまま 先 に 行こう か と … 夜 の 街道 を 歩く つもりで っか ?

アホ 言わ ん と いて ください

はい

( 橘 )「 訳 は 申せ ませ ぬ が 」

「 私 が 最後 まで 徳川 の 家臣 と して 生き 」

「 死んで いった こと 」

「 それ だけ は 確かで 」

≪( 榊原 ) 少し よい か ?

はい

( 竹越 ) どうやら   隣 の 宿 に 南方 の 一行 が 泊まって おる ようだ

( 榊原 ) 南方 の 文 は   坂本 に 暗殺 を 前ぶれ する ような もの であった し

あやつら 坂本 に 会い に いく に 違いない →

探って まいれ

は ッ

お 待た せ し ました ( 村人 ) ありがとう ございます →

さあ さあ   さあ さあ

≪( 橘 ) 咲 で は ない か

あ ッ   兄 上

恭 太郎 さん   どうして ここ に ?

お 役目 で   京 に 書状 を 届ける こと に

先生 方 は ?

松本 良 順 先生 から の   お 頼み で 病人 を 治す ため に

京 へ 向かう とこ な んです   ね ッ ?

京 に ? 恭 太郎 さん   すいません

村 で 患者 さん が 待って る んで

お 急ぎ の ところ 申し訳 ございませ ぬ が

少し   咲 と 話 が し たい のです が

先生   私   言う たらい かんこ と 言い ました ?

いえ   大丈夫です

( 村人 ) さあ さあ 先生 方 どうぞ   どうぞ   こちら へ

無医村 か

あの   兄 上 は   お 一 人 な のです か ?

そのような こと より   咲

橘 の 家 に 戻る こと を 考えて くれ ぬか ?

え ッ ?

先生 さえ   よい と おっしゃる なら 共に 戻って いただいて は どう だ ?

ちゃかさ ないで ください まし 何 ゆえ に   急に そのような こと を

あの ころ は   楽しかった と 思う て な

お前 が いて   南方 先生 が いて

勝 先生 や   緒方 先生

坂本 殿 も

さまざまな 方 が 橘 の 家 を 訪ねて こ られて

このごろ は

時 を 巻き戻せ ぬ もの か と

よく 思う

兄 上

口 に は 出さ れ ぬ が

母上 も   お前 と 暮らす こと を 望んで おら れる と 思う ぞ

考えて み ます

あと 少し です よ

まだ 鳥 も 鳴いて ま へんで

おはよう ございます 恭 太郎 さん

見送り に 来て くれた んです か ?

先生 に   一 つ お 願い が ございまして

私 に です か ?

咲 を

よろしく お 願い し ます

はい   ちゃんと 危なく ない ように 注意 を

末 永く

よろしく お 願い し ます

は ッ ?

すみません 先生 お 忘れ ください ませ

はい 忘れる んで っか !?

あ ッ …

まいり ましょう   先生

見失わ ぬ よう   我ら も   たつ ぞ

はい

新しい 政府 の 人選 を して みた が じゃ

そこ に ある お方 ら に は   一応 話 は   して ある が じゃき

≪( 大久保 ) 薩摩   長 州   土佐 越前   公家 →

一 通り   うま か こつ を 並べて おり もん どな

( 西郷 ) こん  ○○○ ち 記さ れた お方 は

どなた で   ご わす か ?

今 まで   公 に 名 を 書いちゃ なら ん   お方 が

お 一 人 だけ   おら れ も した ど な

こん ○○○ は

慶 喜 公 を 入れよ   ちゅうこ と かち 聞い ちょっと じゃ !

何 ゆえ じゃ ? 徳川 は 最大 の 大名 であり

政権 を 返上 した に も   かかわら ず

臨時 の 政権 を 担 っち ょっ で な

おお   そりゃ えい !

さすが 大久保 さん じゃ

徳川 は   見 よう に よって は 新 政府 の 最大 の 立て役者 である し

外せば 必ず   ややこしい こと に なる ろうし ね や

ああ   それ が えい

ほ いたら

あと は 任せた ぜ よ

待っちゃ ん せ

坂本 さ あの   名 が なか ようご わん どん

わしゃ   そろそろ こういう こと から

身 を 引こう と 思う ち ょる が じゃ

辞めて   何 を さ れる お つもりで ?

世界 の 海 援隊 でも   やろう かのう

世界 の ?

西郷 さん

海 の 向こう に ゃ 見た こと も ない ような 女子 が

山 の ように   おる そう じゃ

金 の 髪   赤い 髪   黒い 髪

青い 目   とび色 の 目

灰色 の 目

雪 の ように 白い 女子 も おれば

艶 や かな 褐色 の 女子 も おる そうじゃ

その 声 を 聞いて み たい と は 思わぬ かえ ?

抱き合い たい と 思わぬ かえ ?

これ から は

海 の 向こう の 女子 と 縁 を 結ぶ と 書いて

海 縁 隊 じゃ

嘘 や ない ぜ よ

また   して やられた と じゃ

もう   あん 男 に

踊らさ る っと は   こりごりじゃ

なら ん !

一 蔵 どん

そい は

なら ん !

かわ や に 行く だけ ご わす

吉之助 さあ

≪( 東 ) 早く して ください よ →

こういう とき が 一 番 危ない んです から

( 龍 馬 ) 小便 くらい ゆっくり さ しち くれ

本当に   いい んです か ? 新 政府 に 入ら なくて

わしゃ   もともと   ええ かげん で の

尊 王 やら 攘夷 やら

はやり もん に 飛びついた ような ところ も   あった が じゃ

けん ど

そん 中 で   山 の ような 死に 出会う た

死 …

土佐 の 仲間 や

久 坂 や

蛤 御 門 の 長 州 兵

長 州 に 討た れた 幕府 兵

身 を 守る ため と は いえ

この 手 で   あやめ て しも うた 役人 や

長 州 藩士 も おった →

そい つら が

も っぺ ん 生まれて き たい と 思う 国 に する が が

生き残った もん の 役割 じゃ ち

今日 まで 走って きた が やけ ん ど

小便 も   ゆっくり でき ん ような 暮らし は   もう   こりごり ぜ よ

ええ かげん すぎる かえ ? いえ

坂本 さん らしい か と

お まん は   このあと どう する が ぜ ?

ずっと 坂本 さん の 護衛 を し ます え ッ ?

けん ど …

《 やり 残した こと は   ない が かえ !》

《 一 つ だけ 》

やり 残した こと が 一 つ ある ち 言う ちょ ったろう

それ は   か まんが かや ?

私 の 兄 は 志士 で

やはり   志 半ば に 倒れ ました

ほう やった かえ

兄 の 代わり に   果たし たい こと が 一 つ あった のです が

坂本 さん の 大政 奉還 の 建 白 を 読んだ とき

もう よい ので は ない か と 思った のです

この 国 に   もう 一 度 生まれて き たい

兄 は 今

きっと   そう 思って ます

おし ッ

東 ッ

ほ いたら   お まん も

世界中 の 女子 と アバンチュール ぜ よ

はい

ほん な 顔 を し ちょ った が かえ

お まん は

やはり 寺田 屋 か

≪( お 登 勢 ) 桶 持ってき な は れ →

えらい す ん ま へんな お 待た せ して おり ます

あの   江戸 で 医者 を して おり ます 南方 仁 と 申し ます

南方 し ぇん し ぇ ー で いらっしゃい ます か ?

し ぇん し ぇ ー ? ああ   そう ど す か

あんさん が   し ぇん し ぇ ー で ? 坂本 はん から   お 噂 は 色々

どうぞ   お 上がり やす 足元 ちょこっと 高う な っと り ます

申し 遅れ ました   寺田 屋 の 女将 お 登 勢 で ございます

お 荷物   これ だ けど す か ? へい   ただいま   誰 かい てへん ?

息継ぎ せ え や あの   すいません

先生 から の 文 で お 預かり して る の は

これ だ けど すえ

最近 も   こちら 付け で 出した んです が   それ は ?

届いて しま へん なあ

龍 馬 さん   今 どこ に いる か 分かり ませ ん か ?

先生   治さ な あか ん 患者 って

もし かして   龍 馬 さん な んで っか ?

坂本 はんが 病 に …  ほん まど す か ?

いや   その …

実は 先生 は

坂本 様 が   この 月 の 十五 日 に 大 ケガ を する 夢 を 見 られた のです

≪( 佐分利 ) 夢 ? さ ようで ございます ね ?

あ ッ   はい

何 か の お告げ と しか 思え ぬ 坂本 様 に お 知らせ せ ねば   と

こちら に 参った ので ございます

それ で   わざわざ 京 くんだり まで 来た んで っか ?

は あ そう 言わ れる から

口 に でき なかった ので ございます

けど   的外れ と も 言え しま へんな →

今   坂本 はん ほど 狙わ れて はる 人 も い はらし ま へん さかい に

龍 馬 さん の   い そうな 所 って どこ です か ?

( 三隅 ) 本物 と 見分け が つか ぬ →

評判 どおり   大した 腕 である のう

フッフッフ   飲み すぎた か

( 見 廻 組 A ) 道 を あけろ !

見 廻 組 って ヤツ で っか ね ?

見 廻 組 ?

幕府 の 治安 部隊 です よ

何 や   キリキリ して まん な

何で   今さら キリキリ する んです か ?

大政 奉還 は   上 様 の 本意 で は の うて そそのかさ れた ん や   と か →

そう 思う て はる 人 も 多い んです よ

〈 覚悟 は して いた けれど 〉

〈 龍 馬 さん の 居場所 を つかむ の は 容易で は なかった 〉

( 土佐 藩士 ) しつこい ヤツ じゃ 知ら ん と 言う たら 知ら ん !

才 谷 さん に 「 南方 仁 が 来た 」 と それ だけ でも いい ので …

伝える だけ で いい ので お 願い し ます ッ

〈 居場所 の 代わり に   分かった の は 〉

海 援隊 の 皆さん は   もう 引き払う て

〈 龍 馬 さん が 狙わ れ 隠れて いる   と いう 事実 〉

〈 時 ばかり が さらさら と 流れて いった 〉

( 八木 ) そろそろ 坂本 様 に 会え ました か ね ?

お ッ   お ぬし も そう 思う て おった か

松本 先生 から の   お 頼み なら

勝 先生 に   手形 を 頼む こと など ない でしょ

( 物音 )

( 福田 ) お 待ち   お 待ち くだされ いったい 何の お 話 か ?

≪( 同 心 ) 静まれ !→

静まれ !

南方 仁 は   おる か ?

今 は   旅 に 出て おり ます が

では   ペニシリン なる 薬 の 製造 に 携わって おる 者 は   他 に おる か ?

私 が 差 配 で この 者 を 捕らえよ !

ちょっと   訳 を お 聞か せ ください

お 待ち ください 何 ゆえ です か !

もう 明日 だ よ

もう 明日 です よ   龍 馬 さん

このまま 坂本 が 見つから なければ よい   など と

思って おる ので は ない だろう な ?

いえ

いま へん わ

ええ かげん   出て こい や

( くしゃみ )

これ   包んで くれる かい ( 店主 ) へ い

佐分利 先生 は ?

はぐれた ので ございます か ?

今日   終わっちゃ い ます ね

≪( 東 ) 南方 先生 で は ございませ ん か ?

東 さん

東 さん ッ   龍 馬 さん 今 どこ に いる か 知り ませ ん か ?

お 願い です 知って たら 会わ せて ほしい んです

先生 と いえ ど   今 は お 願い し ます !

もう 時間 が ない んです

どうしても 伝え なきゃ いけない こと が ある んです

では   離れて ついてきて ください

私 と 一緒だ と 思わ れ ぬ ように

中岡 が 戻ったら  「 才 谷 が 来た 」 と 伝え ちょ いて くれる かえ ?

へい

≪( 大久保 ) すでに 見 廻 組 に は 極秘 に →

暗殺 の 命 が 下って おる と も 聞く

おい 達 は   燃え ちょ っ 火 に

油 を 一 滴   落とす っ だけ じゃ

そもそも 坂本 など 人殺し の 謀 反 人 で は ない か

咎人 が 国 事 を 動かす など 聞いた こと も ない わ

≪( B ) そうじゃ   まったく だ

( A ) 何 じゃ ?

いま せんか ?

まさか   龍 馬 さん   もう …

久しぶりじゃ のう   先生

龍 馬 さん

良かった   良かった です

一 人 で 動か ないで   と お 願い した で は ないで す か

ち っく と   やぼ 用 で の う

ほう じゃ   先生

前   言う ちょ った 保険 の … そんな こと より

今 すぐ   京都 出 ましょう

先生 に とって も 大事な … その 話 は し ます !

し ます から とにかく 今 は 出 ましょう

ここ は 危険な んです

ほ いたら 場所 を 変える かえ

≪( 中岡 ) 龍 馬 !

ああ …  中岡

≪( 中岡 ) 龍 馬 ッ →

龍 馬 ッ おう

わし に 一言 も なく

薩摩 に   おかしな もん 出した が じゃ ろ

すま ん けん ど   今日 これ から 京 を 出る こと に なった が じゃ

今日   京 を 出る ?

今日   京 を 出る が じゃ

お 願い し ます いかん !

今日 と いう 今日 は   こいつ と この後 の こと に ついて

きっちり 話 を せ ん と いかん が じゃ !

( 腹 が 鳴る )

ほ いたら   みんな で シャモ でも 食う かえ ?

ええ ? 龍 馬 さん !

( 店主 ) どなた はん ど す か ?

十津川 郷 士 の 者 です が 坂本 殿 に   ご 面会 を 願い たく

坂本 はん は   おいでになり ま へん が

はい   お 熱い ところ を どうぞ ここ 置 い とき ますえ

もう   先生 と   はぐれた とき は どう なった か と

ほ いたら   わし は 戻る と する か

まだ   出来 ちょ らん ぜ よ

このような ところ で できる 話 で も ない が じゃき

( 小声 で ) ほ いたら ここ まで   ついてこ ん でも …

お まん ら に 道中   何 か あって は と 思う て

ついてきた が じゃ !

いら ん 世話じゃ った のう

食 うて いけば   どうぜよ

じきじき   じきに 出来る が じゃき ね や   中岡

あの

ありがとう ございました

明日   また 来る ぜ よ

ほうか   また 明日 の

おう

あと どれ くらい で 明日 に … ≪( 佐分利 ) いや ~  甘露   甘露

東 さん   どう で っか ?  東 さん も

結構です

甘露   甘露 龍 馬 さん

それ 食べたら   京都 出 ましょう ね ここ は   京 の はずれ

出た も 同然 やき

大丈夫じゃ

( 龍 馬 ) こいつ も   つい ちゅうし

ほう じゃ   先生 保険 の 話 な んじゃ が

≪( 薩摩 藩士 A ) 坂本 は ? ≪( B ) 取り逃がした ご つ わ っど

( A ) 取り逃がし たち ど げん な っち ょっ ど →

何がなんでも 坂本 に は …

お まん

お まん の 言う とおり

食って 出れば 良かった ぜ よ

龍 馬

その 保険 を 船 を 持つ もん ら に 売る こと は

でき ん 話 で は   ない が よね や ? はい   そうです

じゃあ 龍 馬 さん   そろそろ ≪( 佐分利 ) あ ッ

野 風 さん ややこ   産み はった んです よ

何 い ッ   野 風 が 子 を !?→

男 か や   女子 か や   どっち や ?

表 を 見張って き ます

すいません   東 さん

いえ   役目 な ので

≪( 龍 馬 ) 野 風 に 似 ちゅうと べ っぴ ん さん で   ええ けん ど

ほうか 野 風 に 似 ちゅう が やろう のう

≪( 佐分利 ) 龍 馬 さん に は 似て ま へん

≪( 龍 馬 ) 当たり前 が じゃ ろ

何 じゃ   もう つぶれ ちゅう が かえ

≪( 龍 馬 ) ほれ   飲ま ん かや

もう すぐ   九 つ か と

0 時 か   早く 終われ

( 鐘 の 音 )

咲 さ ん   これ で

はい   日 が 変わり ました

良かった

咲 さ ん

ち っく と 先生 と 二 人 に して くれる かえ ?

≪( 東 ) そこ で 何 を して おら れる ?

いや

ここ の 宿 に 親しい 者 が 泊まって おって な

では   なぜ お 入り に なら れ ぬ ?

もう 一刻 も そうして おら れる ようだ が

やはり

先生

わしゃ   昨日

殺さ れる はず やった が かえ ?

ほん で 先生 は   わざわざ 京 くんだり まで

わし を 守り に 来て くれた が かえ ?

だって 約束 した じゃ ないで す か

約束 ?

あ ッ   覚えて ない なら   別に

まっ こと 先生 は →

ね や

はい ?

ところで 先生

わし は   そろそろ おら ん なって も   えい かえ ?

え ッ ?

もう この 辺 で   国 に 係わる が は やめて もえ い かえ ?

そういう こと です か

何で 私 に   そんな こと を ?

先生 は   わし の 道しるべ やった きね や

道しるべ ?

初めて 先生 と 会う た ころ

わしゃ   よう 分から ん まん ま に

攘夷 派 の 志士 を 気取 っち ょっ たが じゃ

これ は 正しい が じゃ ろうか と 疑う ちょ った けん ど

他 に 何 を して えい か 分から ん まま 流さ れ ちょ った →

けん ど   先生 が たった 一 人 で コロリ の 治療 を やり ゆうが を 見て

わし も 恐れ ず に

自分 が 正しい と 思う こと を やろう と 思う たが じゃ

長 州 の 戦 の とき も   ほう じゃ

この 戦 は   必要な 戦 じゃ

これ しか ない   ち

無理に   己 に 言い聞かせ ちょ った ところ も あった が じゃ

《 暴力 は 暴力 を 生む だけ な んです !》

先生 に 怒ら れ …  わしゃ   も っぺ ん

考えて みよう と 思う たが じゃ

先生 は   わし に とって

夜 の 海 に 光る   道しるべ じゃ

わしゃ   ただ そこ を 目指して

進 ん じょ った だけ の ような 気 が する ぜ よ

〈 それ は   何より 嬉しい 言葉 だった 〉

〈 だけど   なぜ か …〉

けん ど

もう   こんな もん を 持ち歩く 暮らし は

こりごりじゃ し

他 に   やり たい こと も ある し

ここ ら で 手 を 引こう と 思う ち ょる が じゃ

〈 なぜ か 別れ の 言葉 の ように 聞こえた 〉

どう いた ?  先生

〈 龍 馬 さん が 国 に 係わる こと を やめたら 〉

〈 俺 と の つながり も 終わり じゃ ない か と 思えて 〉

龍 馬 さん

私 は

私 は

龍 馬 さん の 声 に 導か …

先生 ッ

先生 !

坂本 さん を 斬ろう と も 時 の 流れ は 戻ら ぬ →

徳川 の 時代 は 終わった のだ

なぜ   かよう に 無駄な こと を する ?

私 に は

もう   これ しか ない のだ

咲 さん を 連れて くる き

龍 馬 さん …

こんな とき に …

まさか

先生 !

龍 馬 さん は ? 水 を くみ に   下 へ

( 斬り あう 声 )

ほったい な

東 ッ

何 を しち ょる が じゃ !

来 ないで ください   坂本 さん 東 !

逃げて ください

恭 殿

兄 上

咲 さ ん と 栄 さん を

人質 に   とら れた かえ ?

黙れ

早う せい   橘 !

わし を 斬ったら

死ぬ つもり かえ ?

まっ こと

それ より 他 に 道 は   ない が かえ ?

恭 太郎 さん

やめろ ~ ッ

早う せんか !

恭 殿 !

御免 !

やめろ ~ ッ ! 坂本 さん !

うわ ~ ッ !

龍 馬 …  さん ?

龍 馬 さん !



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 仁 ) 咲 さ ん 龍 馬 さん は   ひと 月 後 に   あん …

《≪( 龍 馬 ) お まん は   わし じゃ 》

《( 未来 ) きっと また いつか 会える から 》

何 だ ?  これ …

( 咲 ) 先生 !

( 上役 ) 坂本 と 通じ 我ら を   たば かった か !

( 橘 ) たば かった わけで は ございませ ぬ

私 に 能 が なかった だけ の こと

では 京 に のぼり   坂本 を 始末 せよ

は ッ ?

お ぬし の 妹 御 は   仁 友 堂 で

坂本 び いき の 医者 と   おる らしい な

妹 は   医 の 道 に 尽くして おる だけ で ございます

坂本 殿 と 通じて など … 坂本 …

「 殿 」 と な ?

≪( 上役 ) この 者 達 と 共に 坂本 を 討て

取り逃がせば

母 御 と 妹 御 が   どう なる か →

分かって おろう な ?

その 頭痛 は   まことに ただ の 持病 で ございます か ?

本当 は   岩 など で は ?

前 に も 説明 した じゃ ないで す か

未来 に いた 時 に 調べて もらった けど

何とも なかった   って

あの …

「 あん 」 は 暗殺 の 「 あん 」 で ございます か ?

《 龍 馬 さん の 誕生日 は いつ です か ?》

《( 勝 ) 十一 月 十五 日 だった っけ か な 》

では   坂本 様 は

28 日 後 に …

( 佐分利 ) 南方 先生

起き はって   大丈夫な んで っか ?

佐分利 先生   一緒に 京 に 行って もらえ ませ ん か ?

ええ です けど   え ッ   何で ?

京 で 患者 が 待って る んです

佐分利 先生 の 力 が 必要に なる 気 が する んです

私 の 力 が で っか ? お 願い し ます

喜んで !

どこまでも

( 栄 ) 橘 は   三河 以来 の 旗本 です

世 が   どう なろう と

しっかり と   お 勤め ください

はい

道中 の 無事 を お 願い して まいり ました

体 に は 気 を つける のです よ

≪( 勝 ) 京 まで の 通行 手形 だ よ

すいません   急に 変な お 願い して

先生 が 助け に 行か なきゃ いけない 患者 って の は

あいつ の こと かい ? え ッ ?

あ ッ …  いえ

まあ いい よ

おい ら   あいつ に 会ったら 言って やりて え こと が 山ほど ある

だから   頼んだ ぜ

はい

( 野 風 ) 京 に 行か れる と 聞き ん した ので

もし   坂本 様 に お 会い に なる こと が ご ざん したら

坂本 様 が 京 に   いらっしゃる か どう か は …

もし お 会い に なら れれば で ご ざん す

はい

《 すでに 先生 は 》

《 歴史 を 変えて おら れる ので は ない でしょう か ?》

歴史 は   変わら ない わけじゃ ない

〈 だけど   龍 馬 さん を 助ける 前 に 俺 は   この 頭痛 に 〉

〈 殺さ れて しまう こと は ない んだろう か 〉

考える な

( 山田 ) 先生   留守 は しっかり お守り し ます ゆえ

じゃあ   行って き ます

ほ な

佐分利 先生 に   同行 を 願った の は

アレ を 防げ なかった 場合 を 考えて で ございます か ?

はい

そう なったら 手 は 多い 方 が いい で すし

前 に   咲 さ ん 言った じゃ ないで す か

この 時代 の 人 が する こと は 修正 さ れる べき 歴史 で は なく

ただ の 歴史 だ と

そう いえば 野 風 さん の 出血 点 を 見つけた の も

佐分利 先生 で ございました ね は い

〈 何の 根拠 も ない けれど 俺 は 信じよう と して いた 〉

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 自分 は   龍 馬 さん を 救う ため に ここ に 来た のだ と 〉

( 龍 馬 ) 新しい 政府 に は   大殿 様 と

由利 殿 の お 力 が   必要な んじゃ

大殿 !

〈 龍 馬 さん が …  坂本 龍 馬 が 死な ない 歴史 を つくる ため に 〉

〈 ここ に   やってきた のだ と 〉

〈 ただ   ひたすら に 信じよう と して いた 〉

《 南方 仁 が おれば 坂本 龍 馬 は 死な ん 》

《 助け ます よ   俺 が 》

《 この 手 で 》

♪♪~

京都 まで   あと どれ ぐらい で 着き ます か ね ?

十 日 ぐらい ちゃ い ます か ?

十 日 か …

私 だけ   先 に 行って も いい です か ? 何 言う て はる んです か ?

南方 先生   佐分利 先生 よろしい です か ?

どうぞ

診て ほしい   と 村 の 方 が   いらっしゃって ます が

え ッ ? ここ は 医者 の おら ぬ 村 の ようで

礼 も   あまり でき ない けれど なんとか お 願い でき ぬ か   と

よっ しゃ   ほ な 行き まひ ょ   先生

咲 さ ん   佐分利 先生

私 は   このまま 先 に 行こう か と … 夜 の 街道 を 歩く つもりで っか ?

アホ 言わ ん と いて ください

はい

( 橘 )「 訳 は 申せ ませ ぬ が 」

「 私 が 最後 まで 徳川 の 家臣 と して 生き 」

「 死んで いった こと 」

「 それ だけ は 確かで 」

≪( 榊原 ) 少し よい か ?

はい

( 竹越 ) どうやら   隣 の 宿 に 南方 の 一行 が 泊まって おる ようだ

( 榊原 ) 南方 の 文 は   坂本 に 暗殺 を 前ぶれ する ような もの であった し

あやつら 坂本 に 会い に いく に 違いない →

探って まいれ

は ッ

お 待た せ し ました ( 村人 ) ありがとう ございます →

さあ さあ   さあ さあ

≪( 橘 ) 咲 で は ない か

あ ッ   兄 上

恭 太郎 さん   どうして ここ に ?

お 役目 で   京 に 書状 を 届ける こと に

先生 方 は ?

松本 良 順 先生 から の   お 頼み で 病人 を 治す ため に

京 へ 向かう とこ な んです   ね ッ ?

京 に ? 恭 太郎 さん   すいません

村 で 患者 さん が 待って る んで

お 急ぎ の ところ 申し訳 ございませ ぬ が

少し   咲 と 話 が し たい のです が

先生   私   言う たらい かんこ と 言い ました ?

いえ   大丈夫です

( 村人 ) さあ さあ 先生 方 どうぞ   どうぞ   こちら へ

無医村 か

あの   兄 上 は   お 一 人 な のです か ?

そのような こと より   咲

橘 の 家 に 戻る こと を 考えて くれ ぬか ?

え ッ ?

先生 さえ   よい と おっしゃる なら 共に 戻って いただいて は どう だ ?

ちゃかさ ないで ください まし 何 ゆえ に   急に そのような こと を

あの ころ は   楽しかった と 思う て な

お前 が いて   南方 先生 が いて

勝 先生 や   緒方 先生

坂本 殿 も

さまざまな 方 が 橘 の 家 を 訪ねて こ られて

このごろ は

時 を 巻き戻せ ぬ もの か と

よく 思う

兄 上

口 に は 出さ れ ぬ が

母上 も   お前 と 暮らす こと を 望んで おら れる と 思う ぞ

考えて み ます

あと 少し です よ

まだ 鳥 も 鳴いて ま へんで

おはよう ございます 恭 太郎 さん

見送り に 来て くれた んです か ?

先生 に   一 つ お 願い が ございまして

私 に です か ?

咲 を

よろしく お 願い し ます

はい   ちゃんと 危なく ない ように 注意 を

末 永く

よろしく お 願い し ます

は ッ ?

すみません 先生 お 忘れ ください ませ

はい 忘れる んで っか !?

あ ッ …

まいり ましょう   先生

見失わ ぬ よう   我ら も   たつ ぞ

はい

新しい 政府 の 人選 を して みた が じゃ

そこ に ある お方 ら に は   一応 話 は   して ある が じゃき

≪( 大久保 ) 薩摩   長 州   土佐 越前   公家 →

一 通り   うま か こつ を 並べて おり もん どな

( 西郷 ) こん  ○○○ ち 記さ れた お方 は

どなた で   ご わす か ?

今 まで   公 に 名 を 書いちゃ なら ん   お方 が

お 一 人 だけ   おら れ も した ど な

こん ○○○ は

慶 喜 公 を 入れよ   ちゅうこ と かち 聞い ちょっと じゃ !

何 ゆえ じゃ ? 徳川 は 最大 の 大名 であり

政権 を 返上 した に も   かかわら ず

臨時 の 政権 を 担 っち ょっ で な

おお   そりゃ えい !

さすが 大久保 さん じゃ

徳川 は   見 よう に よって は 新 政府 の 最大 の 立て役者 である し

外せば 必ず   ややこしい こと に なる ろうし ね や

ああ   それ が えい

ほ いたら

あと は 任せた ぜ よ

待っちゃ ん せ

坂本 さ あの   名 が なか ようご わん どん

わしゃ   そろそろ こういう こと から

身 を 引こう と 思う ち ょる が じゃ

辞めて   何 を さ れる お つもりで ?

世界 の 海 援隊 でも   やろう かのう

世界 の ?

西郷 さん

海 の 向こう に ゃ 見た こと も ない ような 女子 が

山 の ように   おる そう じゃ

金 の 髪   赤い 髪   黒い 髪

青い 目   とび色 の 目

灰色 の 目

雪 の ように 白い 女子 も おれば

艶 や かな 褐色 の 女子 も おる そうじゃ

その 声 を 聞いて み たい と は 思わぬ かえ ?

抱き合い たい と 思わぬ かえ ?

これ から は

海 の 向こう の 女子 と 縁 を 結ぶ と 書いて

海 縁 隊 じゃ

嘘 や ない ぜ よ

また   して やられた と じゃ

もう   あん 男 に

踊らさ る っと は   こりごりじゃ

なら ん !

一 蔵 どん

そい は

なら ん !

かわ や に 行く だけ ご わす

吉之助 さあ

≪( 東 ) 早く して ください よ →

こういう とき が 一 番 危ない んです から

( 龍 馬 ) 小便 くらい ゆっくり さ しち くれ

本当に   いい んです か ? 新 政府 に 入ら なくて

わしゃ   もともと   ええ かげん で の

尊 王 やら 攘夷 やら

はやり もん に 飛びついた ような ところ も   あった が じゃ

けん ど

そん 中 で   山 の ような 死に 出会う た

死 …

土佐 の 仲間 や

久 坂 や

蛤 御 門 の 長 州 兵

長 州 に 討た れた 幕府 兵

身 を 守る ため と は いえ

この 手 で   あやめ て しも うた 役人 や

長 州 藩士 も おった →

そい つら が

も っぺ ん 生まれて き たい と 思う 国 に する が が

生き残った もん の 役割 じゃ ち

今日 まで 走って きた が やけ ん ど

小便 も   ゆっくり でき ん ような 暮らし は   もう   こりごり ぜ よ

ええ かげん すぎる かえ ? いえ

坂本 さん らしい か と

お まん は   このあと どう する が ぜ ?

ずっと 坂本 さん の 護衛 を し ます え ッ ?

けん ど …

《 やり 残した こと は   ない が かえ !》

《 一 つ だけ 》

やり 残した こと が 一 つ ある ち 言う ちょ ったろう

それ は   か まんが かや ?

私 の 兄 は 志士 で

やはり   志 半ば に 倒れ ました

ほう やった かえ

兄 の 代わり に   果たし たい こと が 一 つ あった のです が

坂本 さん の 大政 奉還 の 建 白 を 読んだ とき

もう よい ので は ない か と 思った のです

この 国 に   もう 一 度 生まれて き たい

兄 は 今

きっと   そう 思って ます

おし ッ

東 ッ

ほ いたら   お まん も

世界中 の 女子 と アバンチュール ぜ よ

はい

ほん な 顔 を し ちょ った が かえ

お まん は

やはり 寺田 屋 か

≪( お 登 勢 ) 桶 持ってき な は れ →

えらい す ん ま へんな お 待た せ して おり ます

あの   江戸 で 医者 を して おり ます 南方 仁 と 申し ます

南方 し ぇん し ぇ ー で いらっしゃい ます か ?

し ぇん し ぇ ー ? ああ   そう ど す か

あんさん が   し ぇん し ぇ ー で ? 坂本 はん から   お 噂 は 色々

どうぞ   お 上がり やす 足元 ちょこっと 高う な っと り ます

申し 遅れ ました   寺田 屋 の 女将 お 登 勢 で ございます

お 荷物   これ だ けど す か ? へい   ただいま   誰 かい てへん ?

息継ぎ せ え や あの   すいません

先生 から の 文 で お 預かり して る の は

これ だ けど すえ

最近 も   こちら 付け で 出した んです が   それ は ?

届いて しま へん なあ

龍 馬 さん   今 どこ に いる か 分かり ませ ん か ?

先生   治さ な あか ん 患者 って

もし かして   龍 馬 さん な んで っか ?

坂本 はんが 病 に …  ほん まど す か ?

いや   その …

実は 先生 は

坂本 様 が   この 月 の 十五 日 に 大 ケガ を する 夢 を 見 られた のです

≪( 佐分利 ) 夢 ? さ ようで ございます ね ?

あ ッ   はい

何 か の お告げ と しか 思え ぬ 坂本 様 に お 知らせ せ ねば   と

こちら に 参った ので ございます

それ で   わざわざ 京 くんだり まで 来た んで っか ?

は あ そう 言わ れる から

口 に でき なかった ので ございます

けど   的外れ と も 言え しま へんな →

今   坂本 はん ほど 狙わ れて はる 人 も い はらし ま へん さかい に

龍 馬 さん の   い そうな 所 って どこ です か ?

( 三隅 ) 本物 と 見分け が つか ぬ →

評判 どおり   大した 腕 である のう

フッフッフ   飲み すぎた か

( 見 廻 組 A ) 道 を あけろ !

見 廻 組 って ヤツ で っか ね ?

見 廻 組 ?

幕府 の 治安 部隊 です よ

何 や   キリキリ して まん な

何で   今さら キリキリ する んです か ?

大政 奉還 は   上 様 の 本意 で は の うて そそのかさ れた ん や   と か →

そう 思う て はる 人 も 多い んです よ

〈 覚悟 は して いた けれど 〉

〈 龍 馬 さん の 居場所 を つかむ の は 容易で は なかった 〉

( 土佐 藩士 ) しつこい ヤツ じゃ 知ら ん と 言う たら 知ら ん !

才 谷 さん に 「 南方 仁 が 来た 」 と それ だけ でも いい ので …

伝える だけ で いい ので お 願い し ます ッ

〈 居場所 の 代わり に   分かった の は 〉

海 援隊 の 皆さん は   もう 引き払う て

〈 龍 馬 さん が 狙わ れ 隠れて いる   と いう 事実 〉

〈 時 ばかり が さらさら と 流れて いった 〉

( 八木 ) そろそろ 坂本 様 に 会え ました か ね ?

お ッ   お ぬし も そう 思う て おった か

松本 先生 から の   お 頼み なら

勝 先生 に   手形 を 頼む こと など ない でしょ

( 物音 )

( 福田 ) お 待ち   お 待ち くだされ いったい 何の お 話 か ?

≪( 同 心 ) 静まれ !→

静まれ !

南方 仁 は   おる か ?

今 は   旅 に 出て おり ます が

では   ペニシリン なる 薬 の 製造 に 携わって おる 者 は   他 に おる か ?

私 が 差 配 で この 者 を 捕らえよ !

ちょっと   訳 を お 聞か せ ください

お 待ち ください 何 ゆえ です か !

もう 明日 だ よ

もう 明日 です よ   龍 馬 さん

このまま 坂本 が 見つから なければ よい   など と

思って おる ので は ない だろう な ?

いえ

いま へん わ

ええ かげん   出て こい や

( くしゃみ )

これ   包んで くれる かい ( 店主 ) へ い

佐分利 先生 は ?

はぐれた ので ございます か ?

今日   終わっちゃ い ます ね

≪( 東 ) 南方 先生 で は ございませ ん か ?

東 さん

東 さん ッ   龍 馬 さん 今 どこ に いる か 知り ませ ん か ?

お 願い です 知って たら 会わ せて ほしい んです

先生 と いえ ど   今 は お 願い し ます !

もう 時間 が ない んです

どうしても 伝え なきゃ いけない こと が ある んです

では   離れて ついてきて ください

私 と 一緒だ と 思わ れ ぬ ように

中岡 が 戻ったら  「 才 谷 が 来た 」 と 伝え ちょ いて くれる かえ ?

へい

≪( 大久保 ) すでに 見 廻 組 に は 極秘 に →

暗殺 の 命 が 下って おる と も 聞く

おい 達 は   燃え ちょ っ 火 に

油 を 一 滴   落とす っ だけ じゃ

そもそも 坂本 など 人殺し の 謀 反 人 で は ない か

咎人 が 国 事 を 動かす など 聞いた こと も ない わ

≪( B ) そうじゃ   まったく だ

( A ) 何 じゃ ?

いま せんか ?

まさか   龍 馬 さん   もう …

久しぶりじゃ のう   先生

龍 馬 さん

良かった   良かった です

一 人 で 動か ないで   と お 願い した で は ないで す か

ち っく と   やぼ 用 で の う

ほう じゃ   先生

前   言う ちょ った 保険 の … そんな こと より

今 すぐ   京都 出 ましょう

先生 に とって も 大事な … その 話 は し ます !

し ます から とにかく 今 は 出 ましょう

ここ は 危険な んです

ほ いたら 場所 を 変える かえ

≪( 中岡 ) 龍 馬 !

ああ …  中岡

≪( 中岡 ) 龍 馬 ッ →

龍 馬 ッ おう

わし に 一言 も なく

薩摩 に   おかしな もん 出した が じゃ ろ

すま ん けん ど   今日 これ から 京 を 出る こと に なった が じゃ

今日   京 を 出る ?

今日   京 を 出る が じゃ

お 願い し ます いかん !

今日 と いう 今日 は   こいつ と この後 の こと に ついて

きっちり 話 を せ ん と いかん が じゃ !

( 腹 が 鳴る )

ほ いたら   みんな で シャモ でも 食う かえ ?

ええ ? 龍 馬 さん !

( 店主 ) どなた はん ど す か ?

十津川 郷 士 の 者 です が 坂本 殿 に   ご 面会 を 願い たく

坂本 はん は   おいでになり ま へん が

はい   お 熱い ところ を どうぞ ここ 置 い とき ますえ

もう   先生 と   はぐれた とき は どう なった か と

ほ いたら   わし は 戻る と する か

まだ   出来 ちょ らん ぜ よ

このような ところ で できる 話 で も ない が じゃき

( 小声 で ) ほ いたら ここ まで   ついてこ ん でも …

お まん ら に 道中   何 か あって は と 思う て

ついてきた が じゃ !

いら ん 世話じゃ った のう

食 うて いけば   どうぜよ

じきじき   じきに 出来る が じゃき ね や   中岡

あの

ありがとう ございました

明日   また 来る ぜ よ

ほうか   また 明日 の

おう

あと どれ くらい で 明日 に … ≪( 佐分利 ) いや ~  甘露   甘露

東 さん   どう で っか ?  東 さん も

結構です

甘露   甘露 龍 馬 さん

それ 食べたら   京都 出 ましょう ね ここ は   京 の はずれ

出た も 同然 やき

大丈夫じゃ

( 龍 馬 ) こいつ も   つい ちゅうし

ほう じゃ   先生 保険 の 話 な んじゃ が

≪( 薩摩 藩士 A ) 坂本 は ? ≪( B ) 取り逃がした ご つ わ っど

( A ) 取り逃がし たち ど げん な っち ょっ ど →

何がなんでも 坂本 に は …

お まん

お まん の 言う とおり

食って 出れば 良かった ぜ よ

龍 馬

その 保険 を 船 を 持つ もん ら に 売る こと は

でき ん 話 で は   ない が よね や ? はい   そうです

じゃあ 龍 馬 さん   そろそろ ≪( 佐分利 ) あ ッ

野 風 さん ややこ   産み はった んです よ

何 い ッ   野 風 が 子 を !?→

男 か や   女子 か や   どっち や ?

表 を 見張って き ます

すいません   東 さん

いえ   役目 な ので

≪( 龍 馬 ) 野 風 に 似 ちゅうと べ っぴ ん さん で   ええ けん ど

ほうか 野 風 に 似 ちゅう が やろう のう

≪( 佐分利 ) 龍 馬 さん に は 似て ま へん

≪( 龍 馬 ) 当たり前 が じゃ ろ

何 じゃ   もう つぶれ ちゅう が かえ

≪( 龍 馬 ) ほれ   飲ま ん かや

もう すぐ   九 つ か と

0 時 か   早く 終われ

( 鐘 の 音 )

咲 さ ん   これ で

はい   日 が 変わり ました

良かった

咲 さ ん

ち っく と 先生 と 二 人 に して くれる かえ ?

≪( 東 ) そこ で 何 を して おら れる ?

いや

ここ の 宿 に 親しい 者 が 泊まって おって な

では   なぜ お 入り に なら れ ぬ ?

もう 一刻 も そうして おら れる ようだ が

やはり

先生

わしゃ   昨日

殺さ れる はず やった が かえ ?

ほん で 先生 は   わざわざ 京 くんだり まで

わし を 守り に 来て くれた が かえ ?

だって 約束 した じゃ ないで す か

約束 ?

あ ッ   覚えて ない なら   別に

まっ こと 先生 は →

ね や

はい ?

ところで 先生

わし は   そろそろ おら ん なって も   えい かえ ?

え ッ ?

もう この 辺 で   国 に 係わる が は やめて もえ い かえ ?

そういう こと です か

何で 私 に   そんな こと を ?

先生 は   わし の 道しるべ やった きね や

道しるべ ?

初めて 先生 と 会う た ころ

わしゃ   よう 分から ん まん ま に

攘夷 派 の 志士 を 気取 っち ょっ たが じゃ

これ は 正しい が じゃ ろうか と 疑う ちょ った けん ど

他 に 何 を して えい か 分から ん まま 流さ れ ちょ った →

けん ど   先生 が たった 一 人 で コロリ の 治療 を やり ゆうが を 見て

わし も 恐れ ず に

自分 が 正しい と 思う こと を やろう と 思う たが じゃ

長 州 の 戦 の とき も   ほう じゃ

この 戦 は   必要な 戦 じゃ

これ しか ない   ち

無理に   己 に 言い聞かせ ちょ った ところ も あった が じゃ

《 暴力 は 暴力 を 生む だけ な んです !》

先生 に 怒ら れ …  わしゃ   も っぺ ん

考えて みよう と 思う たが じゃ

先生 は   わし に とって

夜 の 海 に 光る   道しるべ じゃ

わしゃ   ただ そこ を 目指して

進 ん じょ った だけ の ような 気 が する ぜ よ

〈 それ は   何より 嬉しい 言葉 だった 〉

〈 だけど   なぜ か …〉

けん ど

もう   こんな もん を 持ち歩く 暮らし は

こりごりじゃ し

他 に   やり たい こと も ある し

ここ ら で 手 を 引こう と 思う ち ょる が じゃ

〈 なぜ か 別れ の 言葉 の ように 聞こえた 〉

どう いた ?  先生

〈 龍 馬 さん が 国 に 係わる こと を やめたら 〉

〈 俺 と の つながり も 終わり じゃ ない か と 思えて 〉

龍 馬 さん

私 は

私 は

龍 馬 さん の 声 に 導か …

先生 ッ

先生 !

坂本 さん を 斬ろう と も 時 の 流れ は 戻ら ぬ →

徳川 の 時代 は 終わった のだ

なぜ   かよう に 無駄な こと を する ?

私 に は

もう   これ しか ない のだ

咲 さん を 連れて くる き

龍 馬 さん …

こんな とき に …

まさか

先生 !

龍 馬 さん は ? 水 を くみ に   下 へ

( 斬り あう 声 )

ほったい な

東 ッ

何 を しち ょる が じゃ !

来 ないで ください   坂本 さん 東 !

逃げて ください

恭 殿

兄 上

咲 さ ん と 栄 さん を

人質 に   とら れた かえ ?

黙れ

早う せい   橘 !

わし を 斬ったら

死ぬ つもり かえ ?

まっ こと

それ より 他 に 道 は   ない が かえ ?

恭 太郎 さん

やめろ ~ ッ

早う せんか !

恭 殿 !

御免 !

やめろ ~ ッ ! 坂本 さん !

うわ ~ ッ !

龍 馬 …  さん ?

龍 馬 さん !


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.