image

JIN-仁- 完结编, JIN-仁- 完结编 #06 (2)

ともに   長 州 に 行か ん かえ ?

長 州 …  です か ?

いよいよ

長 州 と 幕府 の 戦 が   始まる が じゃ

負傷 兵 に 戦場 で   ペニシリン を 使う て 見せ

その 勢い で   長 州 に ペニシリン の 製造 所 を 造る こと を

打診 すれば ええ が じゃ

こん 国 は   遠からず

薩長 の もん と なる

食い込んで おか ん 手 は ない !

どう じゃ ?

先生 ?

ご 一 緒 し ます よっ しゃ !

ともに   こん 国 の 明日 を

つくる ぜ よ !

〈 その 笑顔 は 何も 変わら ない けれど 〉

〈 密輸   戦争   倒 幕 〉

〈 その 口 から 出る 言葉 を 〉

〈 明るい 気持ち で 聞く こと は でき なかった 〉

〈 暗い 時代 な のだ 〉

〈 歴史 が 大きく 変わる 前 に 〉

〈 必ず 訪れる   混とんと した 時代 〉

〈 そして   龍 馬 さん は その 真っただ中 に いる 〉

ほう じゃ   そう いえば   勝 先生 は どう さ れて おる ?

龍 馬 さん が   うらやましい って 言って ました

《( 勝 ) おい ら も 徳川 の 家臣 で なきゃ 》

《 もっと 気ままに 動き回れ んだ けど よ 》

《 飛び出そう と は 思わ れ ない んです か ?》

《 飛び出し ち まったら   いざ って ときに 江戸 を 守れ ねえ じゃ ねえ か 》

《 おい ら 徳川 が 将軍 で なく なる の は 》

《 かまわ ねえ んだ けど よ 》

《 江戸 が 戦 で   ひで え こと に なる の だけ は   ごめん な んだ 》

幕府 を 討つ と いう こと は

勝 先生 と も 敵 同士 に なる って こと です よ ね ?

そこ は   どう 思って る んです か ?

この 海 を ち っく と 行った 所 に

清 っ ちゅう 国 が ある が じゃ

グダグダ しちゅう うち に

列強 の 食い もん に さ れ 植民 地 の ように な っ ちゅう

このまま で は

この 国 も   同じ 道 を 歩もう

そう なら ん 道 は   ただ 一 つ

徳川 の 時代 を 終わら せ →

この 国 を 立て直す こと じゃ

これ は   どう いて も 必要な 戦 な んじゃ

勝 先生 も

分かって くれる と 思う が じゃ

( 恭 太郎 ) 軍艦 奉行 へ の お 役目   復帰 おめでとう ございます

困った とき ばっかり ケツ まわして きや が って

何 か ? 幕府 は フランス に

金 と 軍艦 の 援助 を 頼んだ んだ と よ

それ が 届き しだい 長 州   ついでに 薩摩 も 討て

その あかつき に は 領地 を 召し 上げろ と さ

まったく   分かって ねえ んだ よ

フランス の 親切 顔 の 裏 で   植民 地 に しよう って   たくらんで る こと も

薩長 を 上 から 抑え 込もう なんて したら

こっち が 自滅 する って こと も よ あの …

坂本 殿 は   この 戦 に は

無関係な のでしょう か ? 薩長 の 裏 を こそこそ 動き回って

手 を 組ま せ

倒 幕 を あおって る って 噂 も ある ね

先生 は   噂 だ と 思わ れ ます か ?

たとえ   そう だ と して も

おい ら は   あいつ を 敵 だ と 思った こと は   いっぺん も ねえ よ

敵 じゃ ねえ はずだ よ

兄 上 南方 先生 は

まだ 長崎 か ? はい

先生 は   その後 は   坂本 殿 と は 会わ れたり は   して おら れ ぬ か ?

会い たがって おら れ ました が

果たせ ぬ まま 長崎 へ   たた れ ました が

しかと は 分から ぬ が   坂本 殿 は

危ない 橋 を 渡ら れて いる ようじゃ

先生 が   戦 に 巻き込ま れ や せ ぬ か と いう の が 気がかりで な

戦 ? 長 州 征伐 も 始まって おる

長崎 で 坂本 殿 と 会わ れて おら れれば

もし かして と 思う て な

き憂 なら   よい のだ が …

撃て !

( 桂 ) 見事な もの に ご ざる 最新 型 じゃ きね

先生 !  先生

こん お 人 は   桂 小 五郎 っ ちゅう て

か …  桂 小 五郎 ?

知 っ ちゅうか え ?

あ ッ   お 名前 は 聞いた こと が …

≪( 龍 馬 ) 桂 さん は   やっぱり 有名な が じゃ

桂 さん   この お 人 は

南方 仁 先生 っ ちゅう て …

もしや … ペニシリン なる 薬 を 作った お方 で は ?

はい ! 以前

久 坂 が   よく 話 を して おり ました

《 ペニシリン を 静脈 に 注射 し ます 五 ~ 六 刻 ほど で 効果 が 見 られ ます 》

《( 久 坂 ) お前 は   間違える な この 国 の 未来 を 》

素晴らしい 薬 を 紹介 さ れた が 時節 が 悪く

話 に のる こと が でき なかった と

久 坂 さん が ?

ほん なら   話 は 早い

実は   その ペニシリン が 粉末 化 して

より   扱い やすう なった が じゃ

長 州 でも   これ を 広め   製造 所 を 造って は もらえ ん ろうか ?

やけど の 治療 に も 効果 的です 負傷 した 方 の 治療 を

さして もらえれば … ありがたい が

この 戦 で は 出番 は   ない かも しれ ませ ぬ

え ッ ?

( 戦う 兵士 達 の 声 )

撃て ーッ

≪( 龍 馬 ) 何 じゃ …→

長 州 は

おもしろい ように 勝 っ ちゅう じゃ ない か →

アハハハハ …

幕 軍 は   もう 退却 です か

時代 の 流れ を 感じる のう

幕府 が 敗れる こと が です か ?

( 龍 馬 ) それ も あるけ ん ど …

長 州 兵 ら …

あれ ら は   農民 じゃあ

≪( 龍 馬 ) 武士 だけ が こん 国 を 支配 する 時代 が 終わる

わし に は   そう も 見える が じゃ →

のう ?  先生

先生

すいません

私 に は   どっち が 幕 軍 で

どっち が 長 州 な の か

いまいち 分から なくて 分から ん ?

同じ 日本 人 同士 が

もみあって る ふうに しか …

それ が

今 は 必要な が じゃ

いけ ーッ !

( 山田 ) 咲 殿

「 頼り が ない の は   よい 便り 」 と も 申し ます よ

はい

元気 が ない のう   先生

龍 馬 さん

こんな 方法 しか ない んでしょう か ?

新しい 国 を つくる に は 戦争 しか ない …

( うめき声 )

( 幕府 兵 A ) おのれ   長 州 …

( A ) うわ ーッ !

( 長 州 兵 ) 行き ましょう

( 苦しむ 幕府 兵 )

行 っと ー せ

これ が   戦 じゃ

先生 も   行こう

先生

龍 馬 さん   やっぱり 変わり ました よ

うん ? 前 の 龍 馬 さん なら

敵   味方 なく   助けた と 思い ます

でも 今 は 薩摩 と 長 州 の こと しか   考えて ない

先生   それ は 違う ぜ よ

やって る こと だって 武器 商人 じゃ ないで す か !

人殺し で 金 稼ぎ して る だけ じゃ ないで す か

先生   ほう じゃき … あの 人 達 だって

龍 馬 さん が 売った 銃 で 撃た れた の かも しれ ない んです よ

わしゃ あ   こん 国 を 思う から こそ や っち ょる が じゃ

何べん も 言う けん ど   これ は どう いて も 必要な 戦 な が じゃ

戦 だけ が 国 を まとめる 手段 な んです か ?

そんな 方法 で   まとめる しか 能 が ない なら

政権 を とった って うまく いく はず が ない !

うまく いか なく なったら

また 戦 を 繰り返す だけ な んです

暴力 は …

暴力 を 生む だけ な んです ! 先 に 殺さ れたら

それ で   しまい な が じゃ

わしゃ あ

寺田 屋 で 殺さ れ かけ   思う たが じゃ

どんな ええ 考え を 持 っち ょっ たち

ばっさり   やられて し もう たら

それ で   しまい な が じゃ

まず 相手 を 力 で 従わ せ ん と

考え を 述べる こと も でき ん

世 を 動かす こと は   でき ん が じゃ

戦争 を する 人 は

みんな   そういう こと 言う んです

先生 は   特別な お 人 じゃき

きれいごと ばっかり 言える が じゃ

龍 馬 さん から 見たら

私 は 特別な の かも しれ ませ ん

だけど

私 だって

国 を よくしよう と 思って 戦って る つもりです !

私 なり に …  です けど

心配 し ないで ください 私 は   ただ の 町 医者 です

傷口   診て いい です か ? ちょっと   しみ ます よ

うわ ーッ …

かたじけない

とんでもない

あそこ で 休める かな ?

ここ は   長 州 で ございます

農民 と いえ ど   兵 と いう 土地柄 で …

とりあえず   見て き ます よ

まことに   かたじけない

すいません どなた か   いらっしゃい ます か ?

空き家 か

《 暴力 は 暴力 を 生む だけ な んです !》

《 私 だって   国 を よくしよう と 思って   戦って る つもりです 》

坂本 殿 !

は あ ッ   は あ ッ …

( 銃声 )

引け !

そんな …

《( 象 山 ) お前 の やった こと が 意 に そわ ぬ こと であったら →》

《 神 は   容赦 なく 》

《 お前 の やった こと を 取り消す 》

この 人 達 を 生かしたら

何 か 歴史 に 問題 が 起こる んです か ?

何 が 気 に 入ら ない んだ よ …

何で   こんな こと する んです か !

( 龍 馬 ) 先生 !  南方 先生 !

南方 先生 も   まさか …

誰 か !  誰 か   おら ん がか …

先生 が ここ まで 運ば れた のでしょう か ?

《 龍 馬 さん が 売った 銃 で 撃た れた の かも しれ ない んです よ 》

( 幕府 兵 B ) 何 奴 じゃ !

私 は 医者 です 治療 を お 手伝い さして ください

ボロクソ に 負けて る !? たかが 長 州 一 藩 に ?

このまま いけば 諸 藩 は

徳川 へ の 反旗 を 続々 と 翻そう

負けた 訳 は   何 なんだい ?

一 番 の 訳 は 大量 銃 だ そう じゃ →

長 州 は 民 草 に いたる まで 新型 の 銃 を 手 に して おる

坂本 に も

困った もん だ よ

( 悲痛な 兵士 達 の 声 )

〈 あれ から 〉

〈 俺 は 幕府 軍 の 治療 を し …〉

〈 幕府 軍 の 手 で 長崎 まで 送り届けて もらった 〉

〈 龍 馬 さん に 暗殺 の こと を 告げる こと は でき なかった が 〉

もう   大丈夫です よ   グラバー さん

〈 おぼろげに 分かって きた こと が あった 〉

〈 保険 と いう もの の こと に ついて は 告げる こと が でき 〉

〈 暗殺 の こと を 告げよう と する と 〉

〈 猛烈な 頭痛 が 起こった 〉

〈 これ は   未来 の 様子 を 語る こと は 許さ れて も 〉

〈 目の前 の 歴史 に 直接   介入 する ような こと は 〉

〈 許さ れ ない と いう こと な のだろう か ?〉

〈 幕末 の 暗い 歴史 を 変える こと は 許さ れ ない …〉

( 岡田 ) 南方 先生

明日 で   国 に 戻り ます ので

お 礼 を と

そう な んです か

熱心に 講義 を 聞いて いただいて

ホントに 岡田 さん に は … 実は

岡田 と 申し ます の は 偽名 で ございまして

まこと の 名 を 田中 久 重 と

申し ます

あの …  もし かして

無 尽 灯 を 作った   田中 さん です か ?

名 が 知れる と   他の 生徒 の 気 が 散る こと に なる かも しれ ませ ん ので

ボードウィン 先生 に 頼み

偽名 を 使う こと を 承諾 して いただき ました

あい すいません いえ   そんな こと は

それ より 田中 さん は   無 尽 灯 の 他 に も

医療 器具 も 作ら れて る んです よ ね ?

よく ご存じ で 他 に は   どんな もの を ?

初め は   からくり 人形 →

電池   万 年 時計 →

蒸気 機関 車 の おもちゃ   あ ッ …

蒸気 船 は   本物 も 造り ました な

何でも …  つくら れて る んです ね

何 を つくる の も 同じで ございます から

同じ ?

からくり 人形 を 見る と

人 は   ワッ と 笑う わけです

無 尽 灯 が 照る と これ また   ワッ と 喜ぶ わけです

その 顔   見た さ に

あれこれ やってきた と いう だけ の 話 で ございます

素晴らしい 人生 です ね

うらやましい です

息子 と 孫 を

ともに 殺さ れる ような 人生 が   でしょう か ?

こ …  殺さ れた ?

息子 は 技師 と して ある 佐賀 藩士 と ともに

軍艦 の 買い取り に 長崎 に まいり

そこ で   その 藩士 に

孫 もろとも 斬ら れて しまった のです

どうして   そんな …

分かり ませ ん

その 藩士 も   留学 まで した 開明 派 で

志 は   同じだった はずな のです が

ある 日   突然

そういう こと に なって しまった のです

どうして   そんな …

痛ましい こと ばかり 起こって しまう んでしょう か ?

時代 の 渦 に …

のま れた のだ と 今では 思って おり ます

時代 の …  渦 ?

今日 の 味方 が   明日 に は 敵 に なる

その 逆 も   しかり

その 中 で

ぐるぐる 回さ れて いる と

自分 の 立って いる 場所 が 分から なく なって しまう

どこ を 目指して いた の かも 分から なく なる

私 の 友人 も 今

その 渦 の 中 に い ます

私 は

そこ から 彼 を 引っ張り出す こと が でき ませ ん でした

ともに 渦 に のま れて は   意味 が ない

友 と して   先生 が   なす べき こと は



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

ともに   長 州 に 行か ん かえ ?

長 州 …  です か ?

いよいよ

長 州 と 幕府 の 戦 が   始まる が じゃ

負傷 兵 に 戦場 で   ペニシリン を 使う て 見せ

その 勢い で   長 州 に ペニシリン の 製造 所 を 造る こと を

打診 すれば ええ が じゃ

こん 国 は   遠からず

薩長 の もん と なる

食い込んで おか ん 手 は ない !

どう じゃ ?

先生 ?

ご 一 緒 し ます よっ しゃ !

ともに   こん 国 の 明日 を

つくる ぜ よ !

〈 その 笑顔 は 何も 変わら ない けれど 〉

〈 密輸   戦争   倒 幕 〉

〈 その 口 から 出る 言葉 を 〉

〈 明るい 気持ち で 聞く こと は でき なかった 〉

〈 暗い 時代 な のだ 〉

〈 歴史 が 大きく 変わる 前 に 〉

〈 必ず 訪れる   混とんと した 時代 〉

〈 そして   龍 馬 さん は その 真っただ中 に いる 〉

ほう じゃ   そう いえば   勝 先生 は どう さ れて おる ?

龍 馬 さん が   うらやましい って 言って ました

《( 勝 ) おい ら も 徳川 の 家臣 で なきゃ 》

《 もっと 気ままに 動き回れ んだ けど よ 》

《 飛び出そう と は 思わ れ ない んです か ?》

《 飛び出し ち まったら   いざ って ときに 江戸 を 守れ ねえ じゃ ねえ か 》

《 おい ら 徳川 が 将軍 で なく なる の は 》

《 かまわ ねえ んだ けど よ 》

《 江戸 が 戦 で   ひで え こと に なる の だけ は   ごめん な んだ 》

幕府 を 討つ と いう こと は

勝 先生 と も 敵 同士 に なる って こと です よ ね ?

そこ は   どう 思って る んです か ?

この 海 を ち っく と 行った 所 に

清 っ ちゅう 国 が ある が じゃ

グダグダ しちゅう うち に

列強 の 食い もん に さ れ 植民 地 の ように な っ ちゅう

このまま で は

この 国 も   同じ 道 を 歩もう

そう なら ん 道 は   ただ 一 つ

徳川 の 時代 を 終わら せ →

この 国 を 立て直す こと じゃ

これ は   どう いて も 必要な 戦 な んじゃ

勝 先生 も

分かって くれる と 思う が じゃ

( 恭 太郎 ) 軍艦 奉行 へ の お 役目   復帰 おめでとう ございます

困った とき ばっかり ケツ まわして きや が って

何 か ? 幕府 は フランス に

金 と 軍艦 の 援助 を 頼んだ んだ と よ

それ が 届き しだい 長 州   ついでに 薩摩 も 討て

その あかつき に は 領地 を 召し 上げろ と さ

まったく   分かって ねえ んだ よ

フランス の 親切 顔 の 裏 で   植民 地 に しよう って   たくらんで る こと も

薩長 を 上 から 抑え 込もう なんて したら

こっち が 自滅 する って こと も よ あの …

坂本 殿 は   この 戦 に は

無関係な のでしょう か ? 薩長 の 裏 を こそこそ 動き回って

手 を 組ま せ

倒 幕 を あおって る って 噂 も ある ね

先生 は   噂 だ と 思わ れ ます か ?

たとえ   そう だ と して も

おい ら は   あいつ を 敵 だ と 思った こと は   いっぺん も ねえ よ

敵 じゃ ねえ はずだ よ

兄 上 南方 先生 は

まだ 長崎 か ? はい

先生 は   その後 は   坂本 殿 と は 会わ れたり は   して おら れ ぬ か ?

会い たがって おら れ ました が

果たせ ぬ まま 長崎 へ   たた れ ました が

しかと は 分から ぬ が   坂本 殿 は

危ない 橋 を 渡ら れて いる ようじゃ

先生 が   戦 に 巻き込ま れ や せ ぬ か と いう の が 気がかりで な

戦 ? 長 州 征伐 も 始まって おる

長崎 で 坂本 殿 と 会わ れて おら れれば

もし かして と 思う て な

き憂 なら   よい のだ が …

撃て !

( 桂 ) 見事な もの に ご ざる 最新 型 じゃ きね

先生 !  先生

こん お 人 は   桂 小 五郎 っ ちゅう て

か …  桂 小 五郎 ?

知 っ ちゅうか え ?

あ ッ   お 名前 は 聞いた こと が …

≪( 龍 馬 ) 桂 さん は   やっぱり 有名な が じゃ

桂 さん   この お 人 は

南方 仁 先生 っ ちゅう て …

もしや … ペニシリン なる 薬 を 作った お方 で は ?

はい ! 以前

久 坂 が   よく 話 を して おり ました

《 ペニシリン を 静脈 に 注射 し ます 五 ~ 六 刻 ほど で 効果 が 見 られ ます 》

《( 久 坂 ) お前 は   間違える な この 国 の 未来 を 》

素晴らしい 薬 を 紹介 さ れた が 時節 が 悪く

話 に のる こと が でき なかった と

久 坂 さん が ?

ほん なら   話 は 早い

実は   その ペニシリン が 粉末 化 して

より   扱い やすう なった が じゃ

長 州 でも   これ を 広め   製造 所 を 造って は もらえ ん ろうか ?

やけど の 治療 に も 効果 的です 負傷 した 方 の 治療 を

さして もらえれば … ありがたい が

この 戦 で は 出番 は   ない かも しれ ませ ぬ

え ッ ?

( 戦う 兵士 達 の 声 )

撃て ーッ

≪( 龍 馬 ) 何 じゃ …→

長 州 は

おもしろい ように 勝 っ ちゅう じゃ ない か →

アハハハハ …

幕 軍 は   もう 退却 です か

時代 の 流れ を 感じる のう

幕府 が 敗れる こと が です か ?

( 龍 馬 ) それ も あるけ ん ど …

長 州 兵 ら …

あれ ら は   農民 じゃあ

≪( 龍 馬 ) 武士 だけ が こん 国 を 支配 する 時代 が 終わる

わし に は   そう も 見える が じゃ →

のう ?  先生

先生

すいません

私 に は   どっち が 幕 軍 で

どっち が 長 州 な の か

いまいち 分から なくて 分から ん ?

同じ 日本 人 同士 が

もみあって る ふうに しか …

それ が

今 は 必要な が じゃ

いけ ーッ !

( 山田 ) 咲 殿

「 頼り が ない の は   よい 便り 」 と も 申し ます よ

はい

元気 が ない のう   先生

龍 馬 さん

こんな 方法 しか ない んでしょう か ?

新しい 国 を つくる に は 戦争 しか ない …

( うめき声 )

( 幕府 兵 A ) おのれ   長 州 …

( A ) うわ ーッ !

( 長 州 兵 ) 行き ましょう

( 苦しむ 幕府 兵 )

行 っと ー せ

これ が   戦 じゃ

先生 も   行こう

先生

龍 馬 さん   やっぱり 変わり ました よ

うん ? 前 の 龍 馬 さん なら

敵   味方 なく   助けた と 思い ます

でも 今 は 薩摩 と 長 州 の こと しか   考えて ない

先生   それ は 違う ぜ よ

やって る こと だって 武器 商人 じゃ ないで す か !

人殺し で 金 稼ぎ して る だけ じゃ ないで す か

先生   ほう じゃき … あの 人 達 だって

龍 馬 さん が 売った 銃 で 撃た れた の かも しれ ない んです よ

わしゃ あ   こん 国 を 思う から こそ や っち ょる が じゃ

何べん も 言う けん ど   これ は どう いて も 必要な 戦 な が じゃ

戦 だけ が 国 を まとめる 手段 な んです か ?

そんな 方法 で   まとめる しか 能 が ない なら

政権 を とった って うまく いく はず が ない !

うまく いか なく なったら

また 戦 を 繰り返す だけ な んです

暴力 は …

暴力 を 生む だけ な んです ! 先 に 殺さ れたら

それ で   しまい な が じゃ

わしゃ あ

寺田 屋 で 殺さ れ かけ   思う たが じゃ

どんな ええ 考え を 持 っち ょっ たち

ばっさり   やられて し もう たら

それ で   しまい な が じゃ

まず 相手 を 力 で 従わ せ ん と

考え を 述べる こと も でき ん

世 を 動かす こと は   でき ん が じゃ

戦争 を する 人 は

みんな   そういう こと 言う んです

先生 は   特別な お 人 じゃき

きれいごと ばっかり 言える が じゃ

龍 馬 さん から 見たら

私 は 特別な の かも しれ ませ ん

だけど

私 だって

国 を よくしよう と 思って 戦って る つもりです !

私 なり に …  です けど

心配 し ないで ください 私 は   ただ の 町 医者 です

傷口   診て いい です か ? ちょっと   しみ ます よ

うわ ーッ …

かたじけない

とんでもない

あそこ で 休める かな ?

ここ は   長 州 で ございます

農民 と いえ ど   兵 と いう 土地柄 で …

とりあえず   見て き ます よ

まことに   かたじけない

すいません どなた か   いらっしゃい ます か ?

空き家 か

《 暴力 は 暴力 を 生む だけ な んです !》

《 私 だって   国 を よくしよう と 思って   戦って る つもりです 》

坂本 殿 !

は あ ッ   は あ ッ …

( 銃声 )

引け !

そんな …

《( 象 山 ) お前 の やった こと が 意 に そわ ぬ こと であったら →》

《 神 は   容赦 なく 》

《 お前 の やった こと を 取り消す 》

この 人 達 を 生かしたら

何 か 歴史 に 問題 が 起こる んです か ?

何 が 気 に 入ら ない んだ よ …

何で   こんな こと する んです か !

( 龍 馬 ) 先生 !  南方 先生 !

南方 先生 も   まさか …

誰 か !  誰 か   おら ん がか …

先生 が ここ まで 運ば れた のでしょう か ?

《 龍 馬 さん が 売った 銃 で 撃た れた の かも しれ ない んです よ 》

( 幕府 兵 B ) 何 奴 じゃ !

私 は 医者 です 治療 を お 手伝い さして ください

ボロクソ に 負けて る !? たかが 長 州 一 藩 に ?

このまま いけば 諸 藩 は

徳川 へ の 反旗 を 続々 と 翻そう

負けた 訳 は   何 なんだい ?

一 番 の 訳 は 大量 銃 だ そう じゃ →

長 州 は 民 草 に いたる まで 新型 の 銃 を 手 に して おる

坂本 に も

困った もん だ よ

( 悲痛な 兵士 達 の 声 )

〈 あれ から 〉

〈 俺 は 幕府 軍 の 治療 を し …〉

〈 幕府 軍 の 手 で 長崎 まで 送り届けて もらった 〉

〈 龍 馬 さん に 暗殺 の こと を 告げる こと は でき なかった が 〉

もう   大丈夫です よ   グラバー さん

〈 おぼろげに 分かって きた こと が あった 〉

〈 保険 と いう もの の こと に ついて は 告げる こと が でき 〉

〈 暗殺 の こと を 告げよう と する と 〉

〈 猛烈な 頭痛 が 起こった 〉

〈 これ は   未来 の 様子 を 語る こと は 許さ れて も 〉

〈 目の前 の 歴史 に 直接   介入 する ような こと は 〉

〈 許さ れ ない と いう こと な のだろう か ?〉

〈 幕末 の 暗い 歴史 を 変える こと は 許さ れ ない …〉

( 岡田 ) 南方 先生

明日 で   国 に 戻り ます ので

お 礼 を と

そう な んです か

熱心に 講義 を 聞いて いただいて

ホントに 岡田 さん に は … 実は

岡田 と 申し ます の は 偽名 で ございまして

まこと の 名 を 田中 久 重 と

申し ます

あの …  もし かして

無 尽 灯 を 作った   田中 さん です か ?

名 が 知れる と   他の 生徒 の 気 が 散る こと に なる かも しれ ませ ん ので

ボードウィン 先生 に 頼み

偽名 を 使う こと を 承諾 して いただき ました

あい すいません いえ   そんな こと は

それ より 田中 さん は   無 尽 灯 の 他 に も

医療 器具 も 作ら れて る んです よ ね ?

よく ご存じ で 他 に は   どんな もの を ?

初め は   からくり 人形 →

電池   万 年 時計 →

蒸気 機関 車 の おもちゃ   あ ッ …

蒸気 船 は   本物 も 造り ました な

何でも …  つくら れて る んです ね

何 を つくる の も 同じで ございます から

同じ ?

からくり 人形 を 見る と

人 は   ワッ と 笑う わけです

無 尽 灯 が 照る と これ また   ワッ と 喜ぶ わけです

その 顔   見た さ に

あれこれ やってきた と いう だけ の 話 で ございます

素晴らしい 人生 です ね

うらやましい です

息子 と 孫 を

ともに 殺さ れる ような 人生 が   でしょう か ?

こ …  殺さ れた ?

息子 は 技師 と して ある 佐賀 藩士 と ともに

軍艦 の 買い取り に 長崎 に まいり

そこ で   その 藩士 に

孫 もろとも 斬ら れて しまった のです

どうして   そんな …

分かり ませ ん

その 藩士 も   留学 まで した 開明 派 で

志 は   同じだった はずな のです が

ある 日   突然

そういう こと に なって しまった のです

どうして   そんな …

痛ましい こと ばかり 起こって しまう んでしょう か ?

時代 の 渦 に …

のま れた のだ と 今では 思って おり ます

時代 の …  渦 ?

今日 の 味方 が   明日 に は 敵 に なる

その 逆 も   しかり

その 中 で

ぐるぐる 回さ れて いる と

自分 の 立って いる 場所 が 分から なく なって しまう

どこ を 目指して いた の かも 分から なく なる

私 の 友人 も 今

その 渦 の 中 に い ます

私 は

そこ から 彼 を 引っ張り出す こと が でき ませ ん でした

ともに 渦 に のま れて は   意味 が ない

友 と して   先生 が   なす べき こと は


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.