image

JIN-仁- 完结编, JIN-仁- 完结编 #04 (2)

これ で   まことに 我が家 中 も 安泰じゃ

わらわ も 心安く 尼寺 へ 入れる と いう こと じゃ

( 家老 ) 申し訳 ござ ら ぬ 再度   説得 して まいり ます ゆえ

恐れ ながら

私 に   お 話 を さ せて いただけ ませ ぬ か ?

咲 さ ん 女子 同士 なら

できる 話 も   ある や も しれ ませ ぬ

奥 方 様   医者 の 弟子 が お 話 を し たい そうで →

いかが いたし ましょう か ?

話 と は 何 じゃ ?

奥 方 様   お ぐし が …

どうか   これ を

( 恵 姫 ) 天子 様 の 菊 の ご 紋 に 徳川 の 葵

南方 先生 は   町 医者 ながら

和 宮様 より 礼 を 受け られる ほど の 名医

なにとぞ   ご 信頼 を いただければ

( 障子 が 開く )

治療 を   お 受け くださる そうです でも …

いい んです か ? 先生   お 早く

はい

失礼 し ます

あの   奥 方 様   布 を …

早う せい

はい

表面 は 滑らか   が   硬く

触る と 凹凸 が ある   しこり は 浅い

では   ワルチン 腫瘍 で は なく 多 形 性 腺腫 で ございます か ?

奥 方 様   大丈夫で ございます 手術 で   取り除け ます よ

そち は   女子 である のに   なぜ そのような 知識 を 持って おる ?

女子 です が この 名医 の 弟子 で ございます ので

あ ッ   すいません

スプーンネイル

失礼 し ます

奥 方 様

一 つ だけ   まずい こと が あり ます 何 じゃ ?

こぶ の 状態 次第 で は

手術 中   血 を 大量に 失う 可能 性 が ある んです

奥 方 様 は 貧血 …

もともと   血 が 少ない お 体 な ので

出血 した 場合

持ちこたえ られる か どう か が …

何 か 手 は   ない の か ?

輸血 と いう 手 は   ございます

ゆ …  ゆけつ ?

奥 方 様 の お 体 に 別の 人間 の 血 を 入れる 治療 です

血 ?

血 を ? お 命 の ため で ございます

もちろん   さほど 出血 が ない 場合 は いたし ませ ぬ し

承知 した

背 に 腹 は 代え られ ぬ

しかし

一 つ だけ 願い が ある

願い   です か ?

南方 殿   しかし それ は 何 ゆえ に 皆 を ?

奥 方 様 の たって の   お 願い で ございます

梅干し に 含ま れる クエン 酸 を 溶かした 液体 を 加え ます

この 試験 管 を   遠心 分離 機 と いう この 機械 に かけ

これ を   とにかく 回し ます

すると 血 は   血球 なる もの と 血清 なる もの に 分かれ ます

それぞれ の 血球 と   相手 側 の 血清 を 混ぜ合わせ ます と

血液 の 適合 が 分かり   結果 的に 血液 の 型 なる もの が 判明 し ます

型 なる もの ?

血液型 に は   A 型   B 型   AB 型 O 型 なる もの が ございます

おおまかに は 同じ 型 同士 の 人 から しか

輸血 は 受け られ ませ ぬ が

O 型 は ほか の 全て の 型 に 輸血 でき ます

しかし   O 型 は   O 型 の 者 から しか 輸血 を 受け られ ませ ぬ

少し   割り を 食う 型 で ございます ね

この 南方 先生 の 血液型 は A 型 で ございます

これ で 両方 固まれば   奥 方 様 は B 型

両方 固まら なければ   A 型

奥 方 様 の 血球 の 方 のみ 固まれば AB 型

先生 の 血球 のみ 固まれば O 型 と いう こと に なり ます

間違って おり ます か ?

素晴らしい 説明 に 聞き入って ました

南方 殿 の 血球 を 入れた 方 だけ 固まった ようじゃ が

では   奥 方 様 は O 型 と いう こと です

( ため息 )

そな たら の する こと は

何やら 魔術 の ようじゃ

して   南方 殿

家老 の 方 は ?

明日   皆様 を 集めて いただける そうです

皆   分かって くれる であろう か ?

奥 方 様 は   お家 の ため に お 命 を かけ られる んです から

しかし   血 を 抜か れる と いう の は

皆 に とって は さぞかし 恐ろしい こと であろう

( 捕り 方 達 ) 坂本   坂本 !

幕府 の 取り締まり も 厳しく なって ます ね

まっ こと … わしゃ   まっ と   ええ 男 じゃ

つき まして は   血縁 の ある 皆様 に 血液 の 型 の 検査 を 受けて いただき

奥 方 様 と 血液 の 型 が 適合 する 方 に は

万一 の 際 の   血液 の ご 提供 を お 願い し たい と 思って おり ます

( 親族 A ) 汚らわしい 血 を 混ぜる など   おぞましい !

( B ) そのような 治療 は 耳 に した こと が ない   藩 医 殿 !

≪( 藩 医 A ) 南方 先生 独自 の 方法 か と

あくまでも   万一 に 備えて です

何事 も なければ 血 を いただく こと は …

( C ) 万一 の とき と は 貴 殿 が 失敗 した とき の こと で は ?

失敗 で は なく こぶ の 元 の 位置 に よって

出血 して しまう こと が … 黙 らっしゃい !

お ぬし は 黙って   こぶ を 取り除けば それ で よい のだ ッ

奥 方 様

こぶ を 取った   あかつき に は

わらわ は 殿 と   やり 直し

子 を もうけ たい と 思う て おる

この 血 は   その 子 に も 継が れる であろう

ならば   それ は 一 滴 残ら ず 我が 一族 の もの であって ほしい

それ は 皆 も 同じ か と 思い

南方 殿 に お 願い した 次第 であった が

無念じゃ

幸い   わら わに は

この 者 の 血 を 混ぜて も かまわ ぬ そう じゃ

女子 ながら に   才 たけ   肝 も 太い

そな たら の 血 を 混ぜる より

我が 子 に は   幸い や も しれ ぬ

≪( 孝 ) 先生   血 を 調べる お 部屋 は ?

( 孝 ) この 老 骨 で   お 役 に 立つ なら

血 でも 骨 でも →

お 取り ください

≪( 孝 ) 奥 方 様

子 を もうける は   女子 の 戦

どうか   助太刀 さ せて ください ませ

お ばば 様

少し   チクッ と し ます

麻酔 導入   終わり ました

脈 は ? 異常 あり ませ ん

左 耳 下 腺腫   摘出 手術   始め ます

メス は い

腫瘍 に 流入 して いる   栄養 血管 を 結 紮   止血

はい

耳 下 腺下 縁 と 後 縁 の 剥離 を 進め ます

はい

腫瘍 の 境界 は 明瞭 他 組織 へ の 浸 潤 も なく 良性

腫瘍 を 周囲 の 耳 下 腺浅 葉 組織 の 一部 と ともに

ひと かたまり に して 摘出 し ます 何 を やっ とる んだ ?  いったい

≪( 藩 医 B ) 分から ぬ が 途方 も ない と いう こと だけ は …

腫瘍 摘出

先生   出血 が

火箸 を お 願い し ます は い

もしや   奥 方 様 が ? 輸血 か !?

手術 は 大 成功 で ございます !

咲 さ ん

ありがとう ございます 完璧な 助手 でした

これ も   蘭 方 と 本道 を つなげる 懸け橋 と なる と よい です ね

懸け橋 か

《 薩摩 と 長 州 を 結びつける つもり ぜ よ 》

どう して る か な   龍 馬 さん

待ち   待ち っち や !

このまま   故郷 に 帰る た あ

どう いた こと じゃ ?  桂 さん

ここ に 来て 十 日 薩摩 は 肝心の 盟約 に 関して は

まったく 切り出して こ ぬ 長 州 から は ?

長 州 は 今   賊軍 の 汚名 を 着せ られ 窮地 に 追い込ま れて いる

薩摩 から 手 を 差し伸べる の なら 僕 は 全て を 捨てて   すがろう

だが   僕 から 薩摩 に 「 助けて くれ 」 と すがる こと は   でき ない

そんな こと 言う ちょ る 場合 で は ない ろう !

盟約 を 結ば に ゃ

薩摩 は   次の 長 州 征伐 に 出兵 する ち う

ほ いたら   長 州 は 確実に 滅ぶ ぜ よ

長 州 から は 言え ん !

長 州   長 州 ち

わしゃ   土佐 じゃ !

土佐 の あなた が   なぜ 長 州 の ため に   ここ まで ?

わしゃ   久 坂 の 最期 の 声 を 聞いた が じゃ

こん 国 は 一 つ に なら ん と   いかん が じゃ !

長 州 が 哀れじゃ ち 思わ ん が かえ ?

あいつ ら は   旅支度 を 解く に 解け ず に 待 っち ょる ぜ よ

寝 ちゅう が かえ !

( 大久保 ) おい 達 は   失礼 が なか よう もてなし ちょう

いつまで たって も   長 州 が 切り出して こん だけ の 話 じゃ

あいつ ら は   お まん ら に メッタメタ に   やられた 身 じゃ

言い 出せる わけ が ない ろう

≪( 大久保 ) じゃ っど ん こっち から   わざわざ 頭 を 下げ

盟約 を 結んで もろう 義理 は 何一つ   なか

長 州 から   すがって くっ と が 筋 っ ちゅうもん じゃ

腹 を 見せ ん が かえ   西郷 !

≪( 藩士 ) 何 を す っと か

この 腹 に は

南方 仁 に 助け られた 傷 が ある ろう

死に そうに   な っ ちょ った とき →

みんな が 腹 を 切る 手術 に 反対 し

おんし は   いっぺん は 手術 はいらん   ちゅう て

はねつけ ん と   なら ん かった

ほう じゃ ろう

そん とき

南方 仁 は 何 を した ?

ああ ッ ?

「 お 願い だ から お まん を 助け させて くれ 」 ち

土下座 を した が じゃ ろう !

ほう じゃき   みんな の 前 で その 手 に   すがる こと が でき たち

そう 言う たで は ない が や ない かえ

その   おんし が

どう いて 長 州 の 気持ち を くんで や れんが じゃ !

やった ぜ よ

やった ぜ よ   先生 !

南方 殿

藩 医 達 に   医術 を 教えて くださった そうじゃ な

ああ   はい

その者 達 が ペニシリン 薬 なる もの を

我が家 中でも 作り たい   と 言い出して おる

わらわ から   製薬 所 を 作る べく 殿 に 口添え を して おく

ありがとう ございます

咲 殿

はい

意地 を 張る と   ろくな こと は ない

のう ?

咲 さ ん

あの   一 番 最初   奥 方 様 を どう やって 説得 した んです か ?

上 様 と 和 宮様 の   ご 威光 を お 借り し ました

咲 さ ん   ますます 肝 が すわって き ました ね

《 恐れ ながら   もう 一 つ お 話 を さ せて いただいて 》

《 よろしい でしょう か ?》

《 実は   私 に も 》

《 お 慕い して いる お方 が ございました 》

《 もう   決して 一緒に なる こと は でき ませ ぬ が 》

《 それ は   そ なた の 家 の 事情 か ?》

《 私 が 》

《 意地 を 張って しまった から で ございます 》

《 意地 ?》

《 人 と して   張ら ねば なら ぬ 意地 で ございました 》

《 悔い は   ございませ ぬ 》

《 けれど 》

《 時折   ふと 》

《 思い浮かべて しまう ので ございます 》

《 その方 と 》

《 その方 に   よく 似た 子 と 》

《 一緒に 暮らす 姿 を 》

《 奥 方 様 》

《 意地 を 張って は ろくな こと が   ございませ ぬ 》

( 子供 達 ) わ ~ い   待て ~

よ ~ し   もっか い   いく べ ( 子供 達 ) うん

あ ッ   いけ ね   川 に 入 っち まう べ

キャーッ

奥 方 様   お 子 さん 生まれ ます か ね ?

一応   オギノ 式 なる もの に ついて は

こっそり   ご 説明 して おき ました が

いつの間に ?

あ ッ   やはり   ここ に

何で すか ?  それ お 初 ちゃん に   折り紙 を   と

こちら に 紛れ込んで いた ようで

では 私 は   これ で

咲 さ ん

私 に 気兼ね し ないで ください ね

医者 に なる こと と 女性 と して の 幸せ は

両立 でき ない もの で は ない し

これという 縁 が あれば 私 の こと は 気 に せ ず   結婚 を

私 の 幸せ は   仁 友 堂 を 未来 へ 残す こと と 申し上げた はず

でも

咲 さ ん   すごく 子供   好きじゃ ない です か

それ に   咲 さん だって 武家 の 娘 さん じゃ ないで す か

橘 家 の 血 を 継ぐ 子 を 産む んだ   って

そういうふうに 育て られて きた んだろう し

きっと   そこ に 夢 … よく

よく   そのような こと おっしゃい ます ね

いや   私 は 本当に 咲 さん の 幸せ を …

私 の 幸せ を   勝手に お 決め に なら ないで ください ませ

あの とき

結婚 は 別の 人 と し たい   って 咲 さ ん   言った じゃ ないで す か

先生 に だけ は

おっしゃって ほしく ない ので ございます

あの …

じゃあ   何で   あの とき

私 は 断ら れた んです か ?

私 が   いつか

い なく なる から です か ?

私 とて …

≪( 文 左 衛 門 ) お初   しっかり しろ ッ お初   お初   お初 !

すいません   通して ください

ハサミ あり ます か ッ ?

≪( 男 ) 折り紙 を 追いかけて 落 っこ っち まったん だ べ

折り紙 ? 先生   お初 は !?

腹腔 内出血 を 起こして ます

先生 …

咲 様

すま ねえ なあ

おら   空 飛ぶ イカ



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

これ で   まことに 我が家 中 も 安泰じゃ

わらわ も 心安く 尼寺 へ 入れる と いう こと じゃ

( 家老 ) 申し訳 ござ ら ぬ 再度   説得 して まいり ます ゆえ

恐れ ながら

私 に   お 話 を さ せて いただけ ませ ぬ か ?

咲 さ ん 女子 同士 なら

できる 話 も   ある や も しれ ませ ぬ

奥 方 様   医者 の 弟子 が お 話 を し たい そうで →

いかが いたし ましょう か ?

話 と は 何 じゃ ?

奥 方 様   お ぐし が …

どうか   これ を

( 恵 姫 ) 天子 様 の 菊 の ご 紋 に 徳川 の 葵

南方 先生 は   町 医者 ながら

和 宮様 より 礼 を 受け られる ほど の 名医

なにとぞ   ご 信頼 を いただければ

( 障子 が 開く )

治療 を   お 受け くださる そうです でも …

いい んです か ? 先生   お 早く

はい

失礼 し ます

あの   奥 方 様   布 を …

早う せい

はい

表面 は 滑らか   が   硬く

触る と 凹凸 が ある   しこり は 浅い

では   ワルチン 腫瘍 で は なく 多 形 性 腺腫 で ございます か ?

奥 方 様   大丈夫で ございます 手術 で   取り除け ます よ

そち は   女子 である のに   なぜ そのような 知識 を 持って おる ?

女子 です が この 名医 の 弟子 で ございます ので

あ ッ   すいません

スプーンネイル

失礼 し ます

奥 方 様

一 つ だけ   まずい こと が あり ます 何 じゃ ?

こぶ の 状態 次第 で は

手術 中   血 を 大量に 失う 可能 性 が ある んです

奥 方 様 は 貧血 …

もともと   血 が 少ない お 体 な ので

出血 した 場合

持ちこたえ られる か どう か が …

何 か 手 は   ない の か ?

輸血 と いう 手 は   ございます

ゆ …  ゆけつ ?

奥 方 様 の お 体 に 別の 人間 の 血 を 入れる 治療 です

血 ?

血 を ? お 命 の ため で ございます

もちろん   さほど 出血 が ない 場合 は いたし ませ ぬ し

承知 した

背 に 腹 は 代え られ ぬ

しかし

一 つ だけ 願い が ある

願い   です か ?

南方 殿   しかし それ は 何 ゆえ に 皆 を ?

奥 方 様 の たって の   お 願い で ございます

梅干し に 含ま れる クエン 酸 を 溶かした 液体 を 加え ます

この 試験 管 を   遠心 分離 機 と いう この 機械 に かけ

これ を   とにかく 回し ます

すると 血 は   血球 なる もの と 血清 なる もの に 分かれ ます

それぞれ の 血球 と   相手 側 の 血清 を 混ぜ合わせ ます と

血液 の 適合 が 分かり   結果 的に 血液 の 型 なる もの が 判明 し ます

型 なる もの ?

血液型 に は   A 型   B 型   AB 型 O 型 なる もの が ございます

おおまかに は 同じ 型 同士 の 人 から しか

輸血 は 受け られ ませ ぬ が

O 型 は ほか の 全て の 型 に 輸血 でき ます

しかし   O 型 は   O 型 の 者 から しか 輸血 を 受け られ ませ ぬ

少し   割り を 食う 型 で ございます ね

この 南方 先生 の 血液型 は A 型 で ございます

これ で 両方 固まれば   奥 方 様 は B 型

両方 固まら なければ   A 型

奥 方 様 の 血球 の 方 のみ 固まれば AB 型

先生 の 血球 のみ 固まれば O 型 と いう こと に なり ます

間違って おり ます か ?

素晴らしい 説明 に 聞き入って ました

南方 殿 の 血球 を 入れた 方 だけ 固まった ようじゃ が

では   奥 方 様 は O 型 と いう こと です

( ため息 )

そな たら の する こと は

何やら 魔術 の ようじゃ

して   南方 殿

家老 の 方 は ?

明日   皆様 を 集めて いただける そうです

皆   分かって くれる であろう か ?

奥 方 様 は   お家 の ため に お 命 を かけ られる んです から

しかし   血 を 抜か れる と いう の は

皆 に とって は さぞかし 恐ろしい こと であろう

( 捕り 方 達 ) 坂本   坂本 !

幕府 の 取り締まり も 厳しく なって ます ね

まっ こと … わしゃ   まっ と   ええ 男 じゃ

つき まして は   血縁 の ある 皆様 に 血液 の 型 の 検査 を 受けて いただき

奥 方 様 と 血液 の 型 が 適合 する 方 に は

万一 の 際 の   血液 の ご 提供 を お 願い し たい と 思って おり ます

( 親族 A ) 汚らわしい 血 を 混ぜる など   おぞましい !

( B ) そのような 治療 は 耳 に した こと が ない   藩 医 殿 !

≪( 藩 医 A ) 南方 先生 独自 の 方法 か と

あくまでも   万一 に 備えて です

何事 も なければ 血 を いただく こと は …

( C ) 万一 の とき と は 貴 殿 が 失敗 した とき の こと で は ?

失敗 で は なく こぶ の 元 の 位置 に よって

出血 して しまう こと が … 黙 らっしゃい !

お ぬし は 黙って   こぶ を 取り除けば それ で よい のだ ッ

奥 方 様

こぶ を 取った   あかつき に は

わらわ は 殿 と   やり 直し

子 を もうけ たい と 思う て おる

この 血 は   その 子 に も 継が れる であろう

ならば   それ は 一 滴 残ら ず 我が 一族 の もの であって ほしい

それ は 皆 も 同じ か と 思い

南方 殿 に お 願い した 次第 であった が

無念じゃ

幸い   わら わに は

この 者 の 血 を 混ぜて も かまわ ぬ そう じゃ

女子 ながら に   才 たけ   肝 も 太い

そな たら の 血 を 混ぜる より

我が 子 に は   幸い や も しれ ぬ

≪( 孝 ) 先生   血 を 調べる お 部屋 は ?

( 孝 ) この 老 骨 で   お 役 に 立つ なら

血 でも 骨 でも →

お 取り ください

≪( 孝 ) 奥 方 様

子 を もうける は   女子 の 戦

どうか   助太刀 さ せて ください ませ

お ばば 様

少し   チクッ と し ます

麻酔 導入   終わり ました

脈 は ? 異常 あり ませ ん

左 耳 下 腺腫   摘出 手術   始め ます

メス は い

腫瘍 に 流入 して いる   栄養 血管 を 結 紮   止血

はい

耳 下 腺下 縁 と 後 縁 の 剥離 を 進め ます

はい

腫瘍 の 境界 は 明瞭 他 組織 へ の 浸 潤 も なく 良性

腫瘍 を 周囲 の 耳 下 腺浅 葉 組織 の 一部 と ともに

ひと かたまり に して 摘出 し ます 何 を やっ とる んだ ?  いったい

≪( 藩 医 B ) 分から ぬ が 途方 も ない と いう こと だけ は …

腫瘍 摘出

先生   出血 が

火箸 を お 願い し ます は い

もしや   奥 方 様 が ? 輸血 か !?

手術 は 大 成功 で ございます !

咲 さ ん

ありがとう ございます 完璧な 助手 でした

これ も   蘭 方 と 本道 を つなげる 懸け橋 と なる と よい です ね

懸け橋 か

《 薩摩 と 長 州 を 結びつける つもり ぜ よ 》

どう して る か な   龍 馬 さん

待ち   待ち っち や !

このまま   故郷 に 帰る た あ

どう いた こと じゃ ?  桂 さん

ここ に 来て 十 日 薩摩 は 肝心の 盟約 に 関して は

まったく 切り出して こ ぬ 長 州 から は ?

長 州 は 今   賊軍 の 汚名 を 着せ られ 窮地 に 追い込ま れて いる

薩摩 から 手 を 差し伸べる の なら 僕 は 全て を 捨てて   すがろう

だが   僕 から 薩摩 に 「 助けて くれ 」 と すがる こと は   でき ない

そんな こと 言う ちょ る 場合 で は ない ろう !

盟約 を 結ば に ゃ

薩摩 は   次の 長 州 征伐 に 出兵 する ち う

ほ いたら   長 州 は 確実に 滅ぶ ぜ よ

長 州 から は 言え ん !

長 州   長 州 ち

わしゃ   土佐 じゃ !

土佐 の あなた が   なぜ 長 州 の ため に   ここ まで ?

わしゃ   久 坂 の 最期 の 声 を 聞いた が じゃ

こん 国 は 一 つ に なら ん と   いかん が じゃ !

長 州 が 哀れじゃ ち 思わ ん が かえ ?

あいつ ら は   旅支度 を 解く に 解け ず に 待 っち ょる ぜ よ

寝 ちゅう が かえ !

( 大久保 ) おい 達 は   失礼 が なか よう もてなし ちょう

いつまで たって も   長 州 が 切り出して こん だけ の 話 じゃ

あいつ ら は   お まん ら に メッタメタ に   やられた 身 じゃ

言い 出せる わけ が ない ろう

≪( 大久保 ) じゃ っど ん こっち から   わざわざ 頭 を 下げ

盟約 を 結んで もろう 義理 は 何一つ   なか

長 州 から   すがって くっ と が 筋 っ ちゅうもん じゃ

腹 を 見せ ん が かえ   西郷 !

≪( 藩士 ) 何 を す っと か

この 腹 に は

南方 仁 に 助け られた 傷 が ある ろう

死に そうに   な っ ちょ った とき →

みんな が 腹 を 切る 手術 に 反対 し

おんし は   いっぺん は 手術 はいらん   ちゅう て

はねつけ ん と   なら ん かった

ほう じゃ ろう

そん とき

南方 仁 は 何 を した ?

ああ ッ ?

「 お 願い だ から お まん を 助け させて くれ 」 ち

土下座 を した が じゃ ろう !

ほう じゃき   みんな の 前 で その 手 に   すがる こと が でき たち

そう 言う たで は ない が や ない かえ

その   おんし が

どう いて 長 州 の 気持ち を くんで や れんが じゃ !

やった ぜ よ

やった ぜ よ   先生 !

南方 殿

藩 医 達 に   医術 を 教えて くださった そうじゃ な

ああ   はい

その者 達 が ペニシリン 薬 なる もの を

我が家 中でも 作り たい   と 言い出して おる

わらわ から   製薬 所 を 作る べく 殿 に 口添え を して おく

ありがとう ございます

咲 殿

はい

意地 を 張る と   ろくな こと は ない

のう ?

咲 さ ん

あの   一 番 最初   奥 方 様 を どう やって 説得 した んです か ?

上 様 と 和 宮様 の   ご 威光 を お 借り し ました

咲 さ ん   ますます 肝 が すわって き ました ね

《 恐れ ながら   もう 一 つ お 話 を さ せて いただいて 》

《 よろしい でしょう か ?》

《 実は   私 に も 》

《 お 慕い して いる お方 が ございました 》

《 もう   決して 一緒に なる こと は でき ませ ぬ が 》

《 それ は   そ なた の 家 の 事情 か ?》

《 私 が 》

《 意地 を 張って しまった から で ございます 》

《 意地 ?》

《 人 と して   張ら ねば なら ぬ 意地 で ございました 》

《 悔い は   ございませ ぬ 》

《 けれど 》

《 時折   ふと 》

《 思い浮かべて しまう ので ございます 》

《 その方 と 》

《 その方 に   よく 似た 子 と 》

《 一緒に 暮らす 姿 を 》

《 奥 方 様 》

《 意地 を 張って は ろくな こと が   ございませ ぬ 》

( 子供 達 ) わ ~ い   待て ~

よ ~ し   もっか い   いく べ ( 子供 達 ) うん

あ ッ   いけ ね   川 に 入 っち まう べ

キャーッ

奥 方 様   お 子 さん 生まれ ます か ね ?

一応   オギノ 式 なる もの に ついて は

こっそり   ご 説明 して おき ました が

いつの間に ?

あ ッ   やはり   ここ に

何で すか ?  それ お 初 ちゃん に   折り紙 を   と

こちら に 紛れ込んで いた ようで

では 私 は   これ で

咲 さ ん

私 に 気兼ね し ないで ください ね

医者 に なる こと と 女性 と して の 幸せ は

両立 でき ない もの で は ない し

これという 縁 が あれば 私 の こと は 気 に せ ず   結婚 を

私 の 幸せ は   仁 友 堂 を 未来 へ 残す こと と 申し上げた はず

でも

咲 さ ん   すごく 子供   好きじゃ ない です か

それ に   咲 さん だって 武家 の 娘 さん じゃ ないで す か

橘 家 の 血 を 継ぐ 子 を 産む んだ   って

そういうふうに 育て られて きた んだろう し

きっと   そこ に 夢 … よく

よく   そのような こと おっしゃい ます ね

いや   私 は 本当に 咲 さん の 幸せ を …

私 の 幸せ を   勝手に お 決め に なら ないで ください ませ

あの とき

結婚 は 別の 人 と し たい   って 咲 さ ん   言った じゃ ないで す か

先生 に だけ は

おっしゃって ほしく ない ので ございます

あの …

じゃあ   何で   あの とき

私 は 断ら れた んです か ?

私 が   いつか

い なく なる から です か ?

私 とて …

≪( 文 左 衛 門 ) お初   しっかり しろ ッ お初   お初   お初 !

すいません   通して ください

ハサミ あり ます か ッ ?

≪( 男 ) 折り紙 を 追いかけて 落 っこ っち まったん だ べ

折り紙 ? 先生   お初 は !?

腹腔 内出血 を 起こして ます

先生 …

咲 様

すま ねえ なあ

おら   空 飛ぶ イカ


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.