image

勇者ヨシヒコと魔王の城, 勇者ヨシヒコと魔王の城#05

ほ ほう  4 人 連れ と は 手強 そうだ が →

荷物 を 置いて いきゃ 俺 の 牙 は 暴れたり は し ない ぜ 。

( ヨシヒコ ) 私 は 勇者 ヨシヒコ 。

魔 王 を 倒す ため に 旅 を して いる 。 通して は くださら ぬ か ?

そりゃ   ちょっと 無理な 話 だ な 。

こっち は な   世界 の 平和 より 明日 の 飯 な んだ よ 。

ならば   斬る まで 。

そう 簡単に 言って くれる な 。

俺 の ナイフ は な たっぷり と 毒 が 塗ら れた 毒 の 刃 だ 。

かすった だけ でも あの世 行き だ ぜ 。

( ダンジョー ) ヨシヒコ   確かに   コイツ は 見くびら ん ほう が いい ぞ 。

( メレブ ) 中途半端に カッコイイ ところ 見せて くる な 。

( ムラサキ ) ちょっと   や ばい   タイプ かも 。

俺 と した こと が …。

昨日   ちょっと 寝不足だった から な 。

さあ   次 から 本気で いかせて もらって いい かな ?

どれ だけ 本気で きて も 結果 は 一緒だ 。

無駄な こと は   やめろ 。

あっ   跳んだ ! 跳び   や ばい !  跳び   や ばい って !

カッコイイ   どう しよう ! ステップ !  ステップ も 超 や ばい !

回って …  回転 ! や ばい   カッコイイ   や ばい !

俺 の 刃 で   ヤケド する な よ 。

あっ   それ …。

あっ …  なめちゃ った 。

あら ら …  かっこよかった けど ね 。 最後 の 舌なめずり 。

う ~ ん   ちょっと の せ すぎちゃ った かな ?

行き ましょう か 。 ああ …  行こう 。

( 仏 ) ヨシヒコ !

この 声 は …  仏 様 。

( 仏 ) 幾多 の 敵 と 戦い →

魔 王 と の 戦い に 備える そ なた の 勇 姿 。

とくと 天 の 上 から 見て いる ぞ 。

しかし   仏 様 。 私 たち は   いつ に なったら →

魔 王 の 城 に 辿り着ける のでしょう か ?

まだまだ 先 は  8 話 ほど ある 。

今   ここ で 魔 王 と 出会って しまったら →

残り の 話 を   どう すれば いい んだ !

さっぱり   話 が わから ん 。

あの さ …  ね ?  天女 の 羽衣 を 手 に 入れた   お前たち が →

次に 手 に 入れる べき は 無敵の 靴 と いって →

魔 王 と 戦う とき に とても 役 に 立つ 靴 だ 。

それ   どこ に ある ん す か ?

あの さ   お前 さ …  えっ ? お前   ホント さ →

いつも 質問 が 直す ぎん な 。 直す ぎん の   ホントに 。

お前   絶対   あれ だ ろ ? いつも   必ず 最初に →

攻略 本 を 見ちゃ う タイプ だ ろ ? 絶対   お前   そう 。

だって   早い 段階 から 教えて もらった ほう が →

ほら … 段取り 少なくて 済む でしょう よ 。

どう す っか な ~。

頼む !  仏 。

どう す っか な ~。 教えよ っか な ~。

教える の   よそ っか な ~。 う ~ ん …。

いろいろ 考えた けど   教え ない 。

うっとうし い ん す けど 。

あれ ? ホント は 知ら ない んじゃ ない の ?

いや   バカ   知って る よ 。  バーカ !

あっ   知ら ない な   これ 。 メレブ さん   仏 様 に   そんな …。

いや   知ら ない な   あの 顔 は な 。

( メレブ ) あのような   ボツボツ 頭 で 知る わけない な 。

頭   関係 ねえ だろう よ ! バカ 野郎 が よ !!

もう   行こう   行こう 。 アイツ   知ら ない んだったら →

うち ら で 探す しか ない じゃ ん 。 ( 仏 ) アホ !

知って ます !  オイッス の 村 です ~。

はい   言った !

あっ …。 ( ムラサキ ) 引っ掛かった !

ずるい !  もう   仏 まんまと 引っ掛かった !  ずるい !

はしゃぐ な よ   仏 が 。 キモ いんだ よ な   ホント 。

オイッス の 村 …。

あれ が   オイッス の 村 か 。 何の 変哲 も ない 村 に 見える が →

本当に   こんな ところ に 無敵の 靴 が 存在 する のだろう か ?

ハァ …  仏 が 言う ならば 一応   信じて みる しか ある まい 。

あの 村 に は 近づいて は なら ん 。

えっ ?

そう は いか ん 。 あの 村 に 探し物 に 行く のだ 。

あの 村 に 入って   生きて 出て きた 旅人 は  1 人 と して おら ん 。

なんだ と ?

なぜ です か ?  なぜ   旅人 は 出 られ なく なる のです か ?

それ は   みな お前たち と 同じ ように →

あの 村 の 大事な 秘密 を 探り に いく から であろう 。

じゃあ   私 たち も 殺さ れちゃ う じゃ ん 。

しかし   逃げたり したら 無敵の 靴 は 手 に 入ら ん しな 。

それでは 魔 王 を 倒す こと は でき ない 。

ありがとう   ご 老人 。

ご 忠告   この 胸 に シッカリ と 受け止め 用心 いたし ます 。

それ 手 鞠 歌 とか なくて いい の か な ?

のちのち   伏線 に なる と か なくて いい の か な ?

ない …  です よ 。

一見   普通の 村 の ようだ が …。

いきなり 怪しい 村 って いう の も そう そう ない でしょ 。

( イガルヤ ) オイッス ! ( 村人 たち ) オイッス !

声 が 小さい !  オイッス ! ( 村人 たち ) オイッス !

( イガルヤ ) お っ ! こんな ところ に ホウキ が !

いって みよう !

おばちゃん ! この 割り箸   割れ ない から →

もう 1 本 ちょうだい !

こりゃ   ダメだ ! 牢 へ 連れて け !

どういう こと だ ?

あ   あの …  ちょっと すみません 。 はい ?

あの 人 は なんで 連れて いか れた んです か ?

笑え なかった から です よ 。

ここ を 仕切って いる 5 人 組 は →

笑え ない 村人 は 皆   牢屋 に 入れて しまう んです 。

特に あの 背 の 高い リーダー は 厳しくて →

村人 は   皆   恐れて いる んです 。

そんな ん なら 出て け ば いい のに 。

私 たち は なんの こと か 知り ませ ん が →

何 か   この 村 に は 秘密 が あって →

出て いく 者   皆 その 秘密 を 守る ため に →

殺さ れる と いう 話 が あって 。

とんで も ねえ 村 だ 。

自分 たち が 笑える 人間 である かぎり は →

豊かな 村 な んです よ 。

危ない   危ない ! こんな こと 聞か れたら !

どうやら   この 村 に   無敵の 靴 が ある と いう の は 本当の ようです ね 。

ああ 。

旅 の お方 か ? はい 。

私 の 名前 は   イガルヤ 。 この 村 の 頭領 だ 。

ゆっくり して い かれい 。

ありがとう ございます 。

とにかく   行動 ある のみ だ 。

ど っか に 隠れて いる 無敵の 靴 探し出そう 。

何も ない か …。 何も ない です ね 。

お ぉ   そこ に 何 か …。

これ は …。

とりあえず   もら っと け 。 はい 。

それ   何 ?

それ は おそらく   力 の 種 だ な 。 力 の 種 ?

食べれば   なんとなく   力 が つく 。 私   食べて いい です か ?

うん 。  普通   お前 が 食べる もの だ 。 いただき ます 。

力   出た か ?

はい 。  なんとなく 力 が 一 段階   上がった 気 が し ます 。

ちょっと … 目当て は   無敵の 靴 でしょ 。

その とおり だ 。

何 して んだ よ   人 ん 家 で !

え ?  何 か ある かな …  と 思って 。

どうかして んだ ろ ! そこ で 料理 して る 人 が いる のに →

樽 壊したり   壺 割ったり して !

すみません 。 そういう もん だ と 思い まして …。

そういう もん って   なんだ よ ! 人 ん 家 に 勝手に 入って →

樽 と か 壺 を 割って いい って ルール が どこ に あんだ よ !

そう 言わ れれば そう な んです けど   その …。

頭 おかしい だ ろ   それ !

でも   あの 女 の 人 も なん も 言わ ない し …。

料理 に 夢中に なって ん の ! 話しかければ 答え ます !

すみません でした 。

ハァ …  うち の 人 味 に うるさい から   料理 が 大変 。

何 を 作って る んです か ?

ハァ …  うち の 人 味 に うるさい から   料理 が 大変 。

同じ こと しか 言わ ない 。 それほど   料理 に 夢中な の !

頑張って ください 。

ハァ …  うち の 人 味 に うるさい から   料理 が 大変 。

さ ぁ   出て け !  出て け !

出て け !  出て け !

すみません   最後に 本棚 だけ 調べ させて もらい ます 。

出て け ! 誰 か の 日記 が …。

こりゃ   ダメだ 。

すみません 。 無敵の 靴 を 知り ませ ん か ?

や ばい   や ばい ! 僕 も   笑える 芸 を 磨か なきゃ 。

話 だけ でも 聞いた こと は ない か ?

や ばい   や ばい ! 僕 も   笑える 芸 を 磨か なきゃ 。

どういう こと だ ?

ねぇ   僕 …。 わ ~ い   わ ~ い 。

ここ に 伝わる   不思議な 靴 の お 話 知ら ない ? わ ~ い   わ ~ い 。

みんな   同じ こと しか 答え ない 。

俺 ら 旅人 が 来た とたん 村 の 秘密 を 守る ため →

余計な こと を 言わ ない よう 操作 した な   これ 。

そんな …。  で は   魔 王 が ? いや   さっき の 5 人 組 の 仕業 だ ろ 。

って こと は あの 5 人 を 探って いけば →

おのずと   無敵の 靴 が 手 に 入る って こと だ 。

井戸 の 中 も 調べて み ましょう 。 ちょ い   ちょ い !  何 して ん の ?

井戸 の 中 に 靴 職人 が いる かも しれ ませ ん 。

( ムラサキ ) いない だ ろ ! どんな 職場 環境 だ よ !

行こう 。

リーダー が イガルヤ 。  メガネ が ナカーモ 。 そして   デブ が プーチン と 呼ば れて いる 。

あと の 2 人 … カボー って の と   シムダ って の が →

いつも 怒ら れて る な 。

特に   シムダ が 出来 が 悪い ようだ 。

カボー と シムダ は 歩き 方 から して   おかしい 。

あの 2 人 なら 買収 できる かも 。

どうやら 今日   村 に 入った   妙な 連中 が →

何 か   探しもの を して いる 。

村 の からくり を 作動 さ せて →

怪しい 動き を して いる ヤツ が いれば 牢屋 へ 入れて しまえ 。

( ナカーモ ) はい 。 ( プーチン ) から くり   動かして き ます 。

( イガルヤ ) 頼む 。

カボー !  シムダ !  聞いて ん の か !?

( カボー ) ども   す ん ず れい し ました 。 ( シムダ ) 怒っちゃ 嫌です 。

いい か ? 絶対 に 守る んだ   あの 靴 は !

あい よ ! ヘックション !

俺 と メレブ は   それぞれ カボー と シムダ の 動き を 張って みよう 。

ムラサキ は   一応   ナカーモ を 張れ 。 プーチン は ?

あれ は 張って も 何も 出て こ ない だろう 。

さっき も  1 人 で ボーッ と ウクレレ を 弾いて いた 。

なんで  1 人 で 南国 気分 ?

私 は どう すれば ? ヨシヒコ は   ここ に 残れ 。

誰 か が 残って い ない と →

ここ に 踏み込ま れた とき に 言い訳 が でき ない 。

しかし …。 安心 しろ 。

メンバー を 偵察 する だけ だ 。

わかり ました 。  私 は ここ に 。

ああ 。  じゃあ   いく か 。

さて さて   どうした もの か 。

荷物 の 整理 でも する か 。

第 一 の からくり   いって みよう !

な っ !?

何 か 落ちて きた か 。

何者 !?

いったい   どういう こと だ ?

気のせい か 仏像 が 動いて る 気 が する 。

なんだ と !?

うわ ぁ …  うわ ぁ !

ダンジョー さん !

仏像 が 動いた ? バカじゃ ない の ?

ビビ り すぎて 幻 でも 見た んじゃ ない ?

いい や   確かに 動いた んです 。 いやいや   ヨシヒコ よ 。

さすが の イガルヤ も 人々 の 心 を 操る こと は できて も →

さすが に 仏像 は 操れ まい 。

動いた んです 信じて ください !

んな わけ ねえ じゃ ん 。

ほら   全然 動か ない 。 動いた んです !

よし よし 疲れて る んだ   ヨシヒコ   ほら 。

ひと 晩 寝れば   落ち着く よ   はい 。

メレブ 。  カボー の 様子 は どう だった ?

ただ   ずっと 酒 を 飲んで る だけ だった 。

そして 酔っ払う と ちょっと だけ だ ぞ と 言って →

脱ぐ クセ が ある 。 最低 オヤジ 。

気のせい か   それ を 言う と まわり が ピンク 色 に なる 。

シムダ は   どう だった ? おう 。  村 を フラフラ 歩いて は →

この 人   変な んです って 言わ れて た 。

変な んです って 言わ れて は おかしな 踊 り を 踊って →

その後 に 必ず 決まった 言葉 を 言う んだ 。

意味 不明だ が  「 だ っふ …」 そんな 感じ だ 。

なるほど 。  私 は 収穫 あり よ 。

収穫 …  それ は ?

ナカーモ の 動き は 明らかに おかしかった 。

どうした ? ひと つ の 蔵 の 前 に 立って →

延々と 見張って た わ 。

とすると   そこ に 無敵の 靴 が 。 わかった 。

では   この 剣 で すぐに   ナカーモ を 眠ら せて 。

ダメ 。  蔵 に は 頑丈な 錠 前 が かかって る 。

カギ か …。 その ありか を 探さ ねば 。

明日   カボー と シムダ に 直接   近づいて みよう 。

あの 2 人 なら ペロッ と 話す かも しれ ない 。

おお   その 可能 性 は ある な 。 じゃあ   私 も →

ナカーモ に 色 仕掛け でも して みる か 。

あっ   いい んじゃ ない です か ?

何 それ 。 で   仏像 が 動く 件 は ?

とにかく   今夜 は 寝ろ 。 な っ   ヨシヒコ 。

さあ   寝よう 。  お やすみ して 。

第 二 の からくり いって みよう !

( カボー ) ちょっと だけ だ ぞ ?  ワハハ !

おお   ワハハ !

あっ   なに ?

なん な の !  なに !?

アンタ も 好き ねえ 。

第 三 の からくり   いって みよう !

どう し ました ? この 人   変な んです !

なんだ   チミ は !? キャー !

う っ !

う お ~!  オーマイガー !

ねぇ   お 兄さん 私 と 一緒に お 酒 でも 飲ま ない ?

チラリズム 。

よし   オッケー 。

ムラサキ   お前 も か 。 もう ダメ   無理 !

はい   もう 1 回 !

用意   スタート !

ケン ちゃん の さわやか 牛乳   おいしい よ 。

カット !  言えて ないだ ろ 。

言えて た よ   今 。  もう 無理 だって 。

もう 勘弁 して やって くれ 。 言葉 が 汚い !

23…。 用意   スタート !

ケン ちゃん の さ …。 カット !

言えて ねえ だ ろ !

もう   無理 だって !

やはり 動いて いた な   仏像 !

さては   仏像 を 装った 魔物 だ な 。

( メレブ ) もう 飲め ない !

メレブ さん 。

ヘックション !

おい   カボー !

カボー ちゃん 。 え ?

お前   酔って る だ ろ 。 なんで す と ?

本 官 は 酔って なんて おり ま …。

ウェーッ !

なぁ   ここ   開けて くれよ 。

ダメです よ 。

魔 王 を 倒す こと が この 村 の ため に なる んだ 。

な ?  守る こと に なる んだ よ 。

魔 王 なんて   知り ませ ん よ 。

開けて よ 。 ダメです 。

お 願い   ちょっと だけ 。 え ?

ちょっと だけ 。

ちょっと だけ よ 。

ねぇ ねぇ   蔵 の 鍵   どこ に ある ?

ちょっと だけ 。

リーダー の 家 …。 よし   行く ぞ 。

ムラサキ は ? あと で 助け に 来れば いい 。

え ?  え ?  うわ っ   うわ っ !

マジ で   マジ で 動いて る !

すごく いい ヤツ で   一緒に みんな を 捜して くれた んです 。

見た目   これ で 悪い ヤツ だったら ちょっと 引く よ ね 。

ヨシヒコ   蔵 の カギ は   イガルヤ の 家 だ 。 やはり 。

イガルヤ は   留守 の ようだ 。

カギ は どこ だ ?

そっち か 。

あれ だ 。

なんだ   お前たち は 。

悪い が   入ら せて もらう ぞ 。 そう は さ せ ませ ん よ 。

身軽だ 。 まるで 体操 選手 だ 。

これ で は 捉え られ ない !

スイーツ !

母ちゃん   まんじゅう 食べ たい !

ものすごく 効く タイプ の 人だった ね 。

ムラサキ ! 助けて   ヨシヒコ !

イガルヤ   卑怯 な …。

お前たち こそ   宝 を 狙う 卑怯 者 だ 。

よく 聞け 。

無敵の 靴 は お前たち が 大事に 持って いて も →

まったく 意味 が ない 。

天から   勇者 の 称号 を 授かった ヨシヒコ が 身 に つけて こそ →

魔 王 と 戦える のだ 。

ウソ を 言う な !

この世 に   恐ろしい 魔 王 と 戦う 勇者 など   存在 し ない 。

ウソ など 言って い ない 。 私 は 勇者 だ 。

それ なら   仲間 の 女 を 助けて みろ 。

この パイ に は 毒 が いっぱい 入って いる 。

顔 に 当たった 瞬間 に この 女 は 死ぬ 。

死ぬ だ と ?

( シムダ ) 大丈夫です 。 そう さ   死ぬ さ 。

大丈夫です 。 どっち だ !

大丈夫じゃ ない んだ よ   お前 は !

ややこしい こと 言う んじゃ ない よ !

怒っちゃ イヤです 。

いい の か ?

この パイ   ぶつける ぞ 。

かまわ ん 。

ヨシヒコ   私 を 見捨てる の !?

ヨシヒコ !

魔 王 を 倒す ため だ 。  好きに しろ 。

ほほ う 。

勇者 は   魔 王 を 倒す ため なら →

仲間 を 見捨てる の か ?

いい の か ?  ヨシヒコ 。

さすが に まずい ぞ   ヨシヒコ 。

さあ 早く 。

早く やれ !

どう す ん の よ !

女の子 な のに こんな 顔 で 死に たく ない !

あれ ?  すぐ 死ぬ んじゃ ない の ?

毒 なんて 入って ませ ん よ 。

笑い が ない と ダメだ と 考えて る 人 が →

人 を 殺せる わけ が ない 。

持っていけ 。

無敵の 靴 だ 。

( ダンジョー ) これ が …。

( イガルヤ ) ここ に ワニ の マーク が 入って ない やつ は →

ニセ モノ だ から 気 を つけろ 。

ありがとう ございます 。

魔 王 を 倒して くれる んだ な ?

はい 。

この 村 を 笑い が あふれる 村 に し たい 。

わかり ました 。

ただ   笑え ない ヤツ を 牢屋 に 入れる の は →

やり すぎ だ ぞ 。 フフフ …  ああ 。

これ から は   よして おく よ 。

( 仏 ) ヨシヒコ ! 仏 様 だ 。

呼ば れて 飛び出て ジャジャジャジャーン !

呼んで ねえ し 。 メレブ   お前 よ 。

お前   ホントに ロク な 大人 に なら ない よ 。

次 は 何 を 手 に 入れれば いい んだ   仏 よ 。

いや   だ から さ   早い うち に 剛 速球 質問 を 投げたら アカン や ん !

ちょっと もう   ホントに ほら   そんな 尺 ない から 。

ん ?  尺 って 何 か な ?

うん   よし   わかった 。 じゃあ   ムラサキ 。

お前 が   早く って 言って ごらん なさい 。

何 それ ? うん   いい から 。

お前 が   早く って 言ったら 教えて あげる から 。

早く 。 う うん   早く ぅん って 。

何 言わ せて んだ よ   この エロ 仏 !

ムラサキ   言って みそ 。

お ぉ   ダンジョー さん まで 何 を 言う と ん の ?

早く ぅん !

あの   ホント ありがとう 。  ホントに ちょっと   これ で 2~3 日 は →

あの …  ありがとう 。 よし   次 は 鬼 神 の 兜 を 手 に 入れよ 。

鬼 神 の 兜 ?

鬼 の ように 硬く どんな 攻撃 も 跳ね返す と いう 兜 だ 。

すごい 兜 だ 。 それ は   どこ に ?

なんとなく   東 に !

ありがた や 。

たぶん   アイツ も フワッ と しか 知ら ない んだ と 思う わ 。

東 か …。

( ヒサ ) 兄 様 …  ご 無事で 何より 。

ヒサ   何 して んだ よ 。  サウナ 行く ぞ 。

はい 。



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

ほ ほう  4 人 連れ と は 手強 そうだ が →

荷物 を 置いて いきゃ 俺 の 牙 は 暴れたり は し ない ぜ 。

( ヨシヒコ ) 私 は 勇者 ヨシヒコ 。

魔 王 を 倒す ため に 旅 を して いる 。 通して は くださら ぬ か ?

そりゃ   ちょっと 無理な 話 だ な 。

こっち は な   世界 の 平和 より 明日 の 飯 な んだ よ 。

ならば   斬る まで 。

そう 簡単に 言って くれる な 。

俺 の ナイフ は な たっぷり と 毒 が 塗ら れた 毒 の 刃 だ 。

かすった だけ でも あの世 行き だ ぜ 。

( ダンジョー ) ヨシヒコ   確かに   コイツ は 見くびら ん ほう が いい ぞ 。

( メレブ ) 中途半端に カッコイイ ところ 見せて くる な 。

( ムラサキ ) ちょっと   や ばい   タイプ かも 。

俺 と した こと が …。

昨日   ちょっと 寝不足だった から な 。

さあ   次 から 本気で いかせて もらって いい かな ?

どれ だけ 本気で きて も 結果 は 一緒だ 。

無駄な こと は   やめろ 。

あっ   跳んだ ! 跳び   や ばい !  跳び   や ばい って !

カッコイイ   どう しよう ! ステップ !  ステップ も 超 や ばい !

回って …  回転 ! や ばい   カッコイイ   や ばい !

俺 の 刃 で   ヤケド する な よ 。

あっ   それ …。

あっ …  なめちゃ った 。

あら ら …  かっこよかった けど ね 。 最後 の 舌なめずり 。

う ~ ん   ちょっと の せ すぎちゃ った かな ?

行き ましょう か 。 ああ …  行こう 。

( 仏 ) ヨシヒコ !

この 声 は …  仏 様 。

( 仏 ) 幾多 の 敵 と 戦い →

魔 王 と の 戦い に 備える そ なた の 勇 姿 。

とくと 天 の 上 から 見て いる ぞ 。

しかし   仏 様 。 私 たち は   いつ に なったら →

魔 王 の 城 に 辿り着ける のでしょう か ?

まだまだ 先 は  8 話 ほど ある 。

今   ここ で 魔 王 と 出会って しまったら →

残り の 話 を   どう すれば いい んだ !

さっぱり   話 が わから ん 。

あの さ …  ね ?  天女 の 羽衣 を 手 に 入れた   お前たち が →

次に 手 に 入れる べき は 無敵の 靴 と いって →

魔 王 と 戦う とき に とても 役 に 立つ 靴 だ 。

それ   どこ に ある ん す か ?

あの さ   お前 さ …  えっ ? お前   ホント さ →

いつも 質問 が 直す ぎん な 。 直す ぎん の   ホントに 。

お前   絶対   あれ だ ろ ? いつも   必ず 最初に →

攻略 本 を 見ちゃ う タイプ だ ろ ? 絶対   お前   そう 。

だって   早い 段階 から 教えて もらった ほう が →

ほら … 段取り 少なくて 済む でしょう よ 。

どう す っか な ~。

頼む !  仏 。

どう す っか な ~。 教えよ っか な ~。

教える の   よそ っか な ~。 う ~ ん …。

いろいろ 考えた けど   教え ない 。

うっとうし い ん す けど 。

あれ ? ホント は 知ら ない んじゃ ない の ?

いや   バカ   知って る よ 。  バーカ !

あっ   知ら ない な   これ 。 メレブ さん   仏 様 に   そんな …。

いや   知ら ない な   あの 顔 は な 。

( メレブ ) あのような   ボツボツ 頭 で 知る わけない な 。

頭   関係 ねえ だろう よ ! バカ 野郎 が よ !!

もう   行こう   行こう 。 アイツ   知ら ない んだったら →

うち ら で 探す しか ない じゃ ん 。 ( 仏 ) アホ !

知って ます !  オイッス の 村 です ~。

はい   言った !

あっ …。 ( ムラサキ ) 引っ掛かった !

ずるい !  もう   仏 まんまと 引っ掛かった !  ずるい !

はしゃぐ な よ   仏 が 。 キモ いんだ よ な   ホント 。

オイッス の 村 …。

あれ が   オイッス の 村 か 。 何の 変哲 も ない 村 に 見える が →

本当に   こんな ところ に 無敵の 靴 が 存在 する のだろう か ?

ハァ …  仏 が 言う ならば 一応   信じて みる しか ある まい 。

あの 村 に は 近づいて は なら ん 。

えっ ?

そう は いか ん 。 あの 村 に 探し物 に 行く のだ 。

あの 村 に 入って   生きて 出て きた 旅人 は  1 人 と して おら ん 。

なんだ と ?

なぜ です か ?  なぜ   旅人 は 出 られ なく なる のです か ?

それ は   みな お前たち と 同じ ように →

あの 村 の 大事な 秘密 を 探り に いく から であろう 。

じゃあ   私 たち も 殺さ れちゃ う じゃ ん 。

しかし   逃げたり したら 無敵の 靴 は 手 に 入ら ん しな 。

それでは 魔 王 を 倒す こと は でき ない 。

ありがとう   ご 老人 。

ご 忠告   この 胸 に シッカリ と 受け止め 用心 いたし ます 。

それ 手 鞠 歌 とか なくて いい の か な ?

のちのち   伏線 に なる と か なくて いい の か な ?

ない …  です よ 。

一見   普通の 村 の ようだ が …。

いきなり 怪しい 村 って いう の も そう そう ない でしょ 。

( イガルヤ ) オイッス ! ( 村人 たち ) オイッス !

声 が 小さい !  オイッス ! ( 村人 たち ) オイッス !

( イガルヤ ) お っ ! こんな ところ に ホウキ が !

いって みよう !

おばちゃん ! この 割り箸   割れ ない から →

もう 1 本 ちょうだい !

こりゃ   ダメだ ! 牢 へ 連れて け !

どういう こと だ ?

あ   あの …  ちょっと すみません 。 はい ?

あの 人 は なんで 連れて いか れた んです か ?

笑え なかった から です よ 。

ここ を 仕切って いる 5 人 組 は →

笑え ない 村人 は 皆   牢屋 に 入れて しまう んです 。

特に あの 背 の 高い リーダー は 厳しくて →

村人 は   皆   恐れて いる んです 。

そんな ん なら 出て け ば いい のに 。

私 たち は なんの こと か 知り ませ ん が →

何 か   この 村 に は 秘密 が あって →

出て いく 者   皆 その 秘密 を 守る ため に →

殺さ れる と いう 話 が あって 。

とんで も ねえ 村 だ 。

自分 たち が 笑える 人間 である かぎり は →

豊かな 村 な んです よ 。

危ない   危ない ! こんな こと 聞か れたら !

どうやら   この 村 に   無敵の 靴 が ある と いう の は 本当の ようです ね 。

ああ 。

旅 の お方 か ? はい 。

私 の 名前 は   イガルヤ 。 この 村 の 頭領 だ 。

ゆっくり して い かれい 。

ありがとう ございます 。

とにかく   行動 ある のみ だ 。

ど っか に 隠れて いる 無敵の 靴 探し出そう 。

何も ない か …。 何も ない です ね 。

お ぉ   そこ に 何 か …。

これ は …。

とりあえず   もら っと け 。 はい 。

それ   何 ?

それ は おそらく   力 の 種 だ な 。 力 の 種 ?

食べれば   なんとなく   力 が つく 。 私   食べて いい です か ?

うん 。  普通   お前 が 食べる もの だ 。 いただき ます 。

力   出た か ?

はい 。  なんとなく 力 が 一 段階   上がった 気 が し ます 。

ちょっと … 目当て は   無敵の 靴 でしょ 。

その とおり だ 。

何 して んだ よ   人 ん 家 で !

え ?  何 か ある かな …  と 思って 。

どうかして んだ ろ ! そこ で 料理 して る 人 が いる のに →

樽 壊したり   壺 割ったり して !

すみません 。 そういう もん だ と 思い まして …。

そういう もん って   なんだ よ ! 人 ん 家 に 勝手に 入って →

樽 と か 壺 を 割って いい って ルール が どこ に あんだ よ !

そう 言わ れれば そう な んです けど   その …。

頭 おかしい だ ろ   それ !

でも   あの 女 の 人 も なん も 言わ ない し …。

料理 に 夢中に なって ん の ! 話しかければ 答え ます !

すみません でした 。

ハァ …  うち の 人 味 に うるさい から   料理 が 大変 。

何 を 作って る んです か ?

ハァ …  うち の 人 味 に うるさい から   料理 が 大変 。

同じ こと しか 言わ ない 。 それほど   料理 に 夢中な の !

頑張って ください 。

ハァ …  うち の 人 味 に うるさい から   料理 が 大変 。

さ ぁ   出て け !  出て け !

出て け !  出て け !

すみません   最後に 本棚 だけ 調べ させて もらい ます 。

出て け ! 誰 か の 日記 が …。

こりゃ   ダメだ 。

すみません 。 無敵の 靴 を 知り ませ ん か ?

や ばい   や ばい ! 僕 も   笑える 芸 を 磨か なきゃ 。

話 だけ でも 聞いた こと は ない か ?

や ばい   や ばい ! 僕 も   笑える 芸 を 磨か なきゃ 。

どういう こと だ ?

ねぇ   僕 …。 わ ~ い   わ ~ い 。

ここ に 伝わる   不思議な 靴 の お 話 知ら ない ? わ ~ い   わ ~ い 。

みんな   同じ こと しか 答え ない 。

俺 ら 旅人 が 来た とたん 村 の 秘密 を 守る ため →

余計な こと を 言わ ない よう 操作 した な   これ 。

そんな …。  で は   魔 王 が ? いや   さっき の 5 人 組 の 仕業 だ ろ 。

って こと は あの 5 人 を 探って いけば →

おのずと   無敵の 靴 が 手 に 入る って こと だ 。

井戸 の 中 も 調べて み ましょう 。 ちょ い   ちょ い !  何 して ん の ?

井戸 の 中 に 靴 職人 が いる かも しれ ませ ん 。

( ムラサキ ) いない だ ろ ! どんな 職場 環境 だ よ !

行こう 。

リーダー が イガルヤ 。  メガネ が ナカーモ 。 そして   デブ が プーチン と 呼ば れて いる 。

あと の 2 人 … カボー って の と   シムダ って の が →

いつも 怒ら れて る な 。

特に   シムダ が 出来 が 悪い ようだ 。

カボー と シムダ は 歩き 方 から して   おかしい 。

あの 2 人 なら 買収 できる かも 。

どうやら 今日   村 に 入った   妙な 連中 が →

何 か   探しもの を して いる 。

村 の からくり を 作動 さ せて →

怪しい 動き を して いる ヤツ が いれば 牢屋 へ 入れて しまえ 。

( ナカーモ ) はい 。 ( プーチン ) から くり   動かして き ます 。

( イガルヤ ) 頼む 。

カボー !  シムダ !  聞いて ん の か !?

( カボー ) ども   す ん ず れい し ました 。 ( シムダ ) 怒っちゃ 嫌です 。

いい か ? 絶対 に 守る んだ   あの 靴 は !

あい よ ! ヘックション !

俺 と メレブ は   それぞれ カボー と シムダ の 動き を 張って みよう 。

ムラサキ は   一応   ナカーモ を 張れ 。 プーチン は ?

あれ は 張って も 何も 出て こ ない だろう 。

さっき も  1 人 で ボーッ と ウクレレ を 弾いて いた 。

なんで  1 人 で 南国 気分 ?

私 は どう すれば ? ヨシヒコ は   ここ に 残れ 。

誰 か が 残って い ない と →

ここ に 踏み込ま れた とき に 言い訳 が でき ない 。

しかし …。 安心 しろ 。

メンバー を 偵察 する だけ だ 。

わかり ました 。  私 は ここ に 。

ああ 。  じゃあ   いく か 。

さて さて   どうした もの か 。

荷物 の 整理 でも する か 。

第 一 の からくり   いって みよう !

な っ !?

何 か 落ちて きた か 。

何者 !?

いったい   どういう こと だ ?

気のせい か 仏像 が 動いて る 気 が する 。

なんだ と !?

うわ ぁ …  うわ ぁ !

ダンジョー さん !

仏像 が 動いた ? バカじゃ ない の ?

ビビ り すぎて 幻 でも 見た んじゃ ない ?

いい や   確かに 動いた んです 。 いやいや   ヨシヒコ よ 。

さすが の イガルヤ も 人々 の 心 を 操る こと は できて も →

さすが に 仏像 は 操れ まい 。

動いた んです 信じて ください !

んな わけ ねえ じゃ ん 。

ほら   全然 動か ない 。 動いた んです !

よし よし 疲れて る んだ   ヨシヒコ   ほら 。

ひと 晩 寝れば   落ち着く よ   はい 。

メレブ 。  カボー の 様子 は どう だった ?

ただ   ずっと 酒 を 飲んで る だけ だった 。

そして 酔っ払う と ちょっと だけ だ ぞ と 言って →

脱ぐ クセ が ある 。 最低 オヤジ 。

気のせい か   それ を 言う と まわり が ピンク 色 に なる 。

シムダ は   どう だった ? おう 。  村 を フラフラ 歩いて は →

この 人   変な んです って 言わ れて た 。

変な んです って 言わ れて は おかしな 踊 り を 踊って →

その後 に 必ず 決まった 言葉 を 言う んだ 。

意味 不明だ が  「 だ っふ …」 そんな 感じ だ 。

なるほど 。  私 は 収穫 あり よ 。

収穫 …  それ は ?

ナカーモ の 動き は 明らかに おかしかった 。

どうした ? ひと つ の 蔵 の 前 に 立って →

延々と 見張って た わ 。

とすると   そこ に 無敵の 靴 が 。 わかった 。

では   この 剣 で すぐに   ナカーモ を 眠ら せて 。

ダメ 。  蔵 に は 頑丈な 錠 前 が かかって る 。

カギ か …。 その ありか を 探さ ねば 。

明日   カボー と シムダ に 直接   近づいて みよう 。

あの 2 人 なら ペロッ と 話す かも しれ ない 。

おお   その 可能 性 は ある な 。 じゃあ   私 も →

ナカーモ に 色 仕掛け でも して みる か 。

あっ   いい んじゃ ない です か ?

何 それ 。 で   仏像 が 動く 件 は ?

とにかく   今夜 は 寝ろ 。 な っ   ヨシヒコ 。

さあ   寝よう 。  お やすみ して 。

第 二 の からくり いって みよう !

( カボー ) ちょっと だけ だ ぞ ?  ワハハ !

おお   ワハハ !

あっ   なに ?

なん な の !  なに !?

アンタ も 好き ねえ 。

第 三 の からくり   いって みよう !

どう し ました ? この 人   変な んです !

なんだ   チミ は !? キャー !

う っ !

う お ~!  オーマイガー !

ねぇ   お 兄さん 私 と 一緒に お 酒 でも 飲ま ない ?

チラリズム 。

よし   オッケー 。

ムラサキ   お前 も か 。 もう ダメ   無理 !

はい   もう 1 回 !

用意   スタート !

ケン ちゃん の さわやか 牛乳   おいしい よ 。

カット !  言えて ないだ ろ 。

言えて た よ   今 。  もう 無理 だって 。

もう 勘弁 して やって くれ 。 言葉 が 汚い !

23…。 用意   スタート !

ケン ちゃん の さ …。 カット !

言えて ねえ だ ろ !

もう   無理 だって !

やはり 動いて いた な   仏像 !

さては   仏像 を 装った 魔物 だ な 。

( メレブ ) もう 飲め ない !

メレブ さん 。

ヘックション !

おい   カボー !

カボー ちゃん 。 え ?

お前   酔って る だ ろ 。 なんで す と ?

本 官 は 酔って なんて おり ま …。

ウェーッ !

なぁ   ここ   開けて くれよ 。

ダメです よ 。

魔 王 を 倒す こと が この 村 の ため に なる んだ 。

な ?  守る こと に なる んだ よ 。

魔 王 なんて   知り ませ ん よ 。

開けて よ 。 ダメです 。

お 願い   ちょっと だけ 。 え ?

ちょっと だけ 。

ちょっと だけ よ 。

ねぇ ねぇ   蔵 の 鍵   どこ に ある ?

ちょっと だけ 。

リーダー の 家 …。 よし   行く ぞ 。

ムラサキ は ? あと で 助け に 来れば いい 。

え ?  え ?  うわ っ   うわ っ !

マジ で   マジ で 動いて る !

すごく いい ヤツ で   一緒に みんな を 捜して くれた んです 。

見た目   これ で 悪い ヤツ だったら ちょっと 引く よ ね 。

ヨシヒコ   蔵 の カギ は   イガルヤ の 家 だ 。 やはり 。

イガルヤ は   留守 の ようだ 。

カギ は どこ だ ?

そっち か 。

あれ だ 。

なんだ   お前たち は 。

悪い が   入ら せて もらう ぞ 。 そう は さ せ ませ ん よ 。

身軽だ 。 まるで 体操 選手 だ 。

これ で は 捉え られ ない !

スイーツ !

母ちゃん   まんじゅう 食べ たい !

ものすごく 効く タイプ の 人だった ね 。

ムラサキ ! 助けて   ヨシヒコ !

イガルヤ   卑怯 な …。

お前たち こそ   宝 を 狙う 卑怯 者 だ 。

よく 聞け 。

無敵の 靴 は お前たち が 大事に 持って いて も →

まったく 意味 が ない 。

天から   勇者 の 称号 を 授かった ヨシヒコ が 身 に つけて こそ →

魔 王 と 戦える のだ 。

ウソ を 言う な !

この世 に   恐ろしい 魔 王 と 戦う 勇者 など   存在 し ない 。

ウソ など 言って い ない 。 私 は 勇者 だ 。

それ なら   仲間 の 女 を 助けて みろ 。

この パイ に は 毒 が いっぱい 入って いる 。

顔 に 当たった 瞬間 に この 女 は 死ぬ 。

死ぬ だ と ?

( シムダ ) 大丈夫です 。 そう さ   死ぬ さ 。

大丈夫です 。 どっち だ !

大丈夫じゃ ない んだ よ   お前 は !

ややこしい こと 言う んじゃ ない よ !

怒っちゃ イヤです 。

いい の か ?

この パイ   ぶつける ぞ 。

かまわ ん 。

ヨシヒコ   私 を 見捨てる の !?

ヨシヒコ !

魔 王 を 倒す ため だ 。  好きに しろ 。

ほほ う 。

勇者 は   魔 王 を 倒す ため なら →

仲間 を 見捨てる の か ?

いい の か ?  ヨシヒコ 。

さすが に まずい ぞ   ヨシヒコ 。

さあ 早く 。

早く やれ !

どう す ん の よ !

女の子 な のに こんな 顔 で 死に たく ない !

あれ ?  すぐ 死ぬ んじゃ ない の ?

毒 なんて 入って ませ ん よ 。

笑い が ない と ダメだ と 考えて る 人 が →

人 を 殺せる わけ が ない 。

持っていけ 。

無敵の 靴 だ 。

( ダンジョー ) これ が …。

( イガルヤ ) ここ に ワニ の マーク が 入って ない やつ は →

ニセ モノ だ から 気 を つけろ 。

ありがとう ございます 。

魔 王 を 倒して くれる んだ な ?

はい 。

この 村 を 笑い が あふれる 村 に し たい 。

わかり ました 。

ただ   笑え ない ヤツ を 牢屋 に 入れる の は →

やり すぎ だ ぞ 。 フフフ …  ああ 。

これ から は   よして おく よ 。

( 仏 ) ヨシヒコ ! 仏 様 だ 。

呼ば れて 飛び出て ジャジャジャジャーン !

呼んで ねえ し 。 メレブ   お前 よ 。

お前   ホントに ロク な 大人 に なら ない よ 。

次 は 何 を 手 に 入れれば いい んだ   仏 よ 。

いや   だ から さ   早い うち に 剛 速球 質問 を 投げたら アカン や ん !

ちょっと もう   ホントに ほら   そんな 尺 ない から 。

ん ?  尺 って 何 か な ?

うん   よし   わかった 。 じゃあ   ムラサキ 。

お前 が   早く って 言って ごらん なさい 。

何 それ ? うん   いい から 。

お前 が   早く って 言ったら 教えて あげる から 。

早く 。 う うん   早く ぅん って 。

何 言わ せて んだ よ   この エロ 仏 !

ムラサキ   言って みそ 。

お ぉ   ダンジョー さん まで 何 を 言う と ん の ?

早く ぅん !

あの   ホント ありがとう 。  ホントに ちょっと   これ で 2~3 日 は →

あの …  ありがとう 。 よし   次 は 鬼 神 の 兜 を 手 に 入れよ 。

鬼 神 の 兜 ?

鬼 の ように 硬く どんな 攻撃 も 跳ね返す と いう 兜 だ 。

すごい 兜 だ 。 それ は   どこ に ?

なんとなく   東 に !

ありがた や 。

たぶん   アイツ も フワッ と しか 知ら ない んだ と 思う わ 。

東 か …。

( ヒサ ) 兄 様 …  ご 無事で 何より 。

ヒサ   何 して んだ よ 。  サウナ 行く ぞ 。

はい 。


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.