image

アナザー, Another Episode 8

駄目 だ よ

それ は 駄目 だ よ

やっちゃ え

待て

早まる な

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

よし

止め た

十五 年 前 の 災厄 を 止め た って 言う の

そういう こと を 本人 が 言った らしく て

ただ 詳しい こと 覚え て い ない らしい ん です

怜子 さん は 松永 さん の こと 覚え て ます か

もちろん

同じ 部活 だった し ね

そう だった ん です か

その どう やって 止め た と か

そういう 話 何 か 聞い て ませ ん か

そんな こと 一言 も

何も 聞い て ない と 思う

十五 年 前 の 夏 休み って 合宿 が あった ん です よ ね

そう

あの 夏 じっと 家 に 閉じこもって る の は よく ない ん じゃ ない か と 思って

その 合宿 で 何 が

何 か あった の は 確か だ と 思う ん だ けど

じゃ なん だった の か って 言わ れ て も

そう です か

不 甲斐 ない わ ね

ごめんなさい

そんな

僕 は 大丈夫 です から

だから 怜子 さん も あまり 無理 を し ない で ください ね

じゃあ その 合宿 に 松永 さん は 来 て まし た

行った はず

うん 来 て た

何 か 変わった 様子 は あり ませ ん で し た

特に 無かった と 思う

や っぱ 本人 に 聞く しか ない か

分かった

松 に は 私 が 話 を つける ね

話 を 聞く 時 は 私 も 行く から

おはよう っす

おはよう ございます

おはよう

何 その 荷物

色々 準備 し て き た から な

お 待た せ

大丈夫

顔色 良く ない

どう って こと ねえ

ちょっと 車 に 酔う

無理 し や がって

赤沢 さん も 行く の

当たり前 でしょ う

恒一 くん こっち の 車 に 乗ら ない

その 車 で 四 人 は きつい ん じゃ ない

そんな こと ない よ

意外 と よく 走る よ

「 意外 」 は 余計 です

そう

じゃ 勅使河原 私 の 車 ね

お っ おお

中尾 は 車 に 酔う から 前 ね

はい

じゃ 行き ま しょ う か

その 松永 さん って 人 は 暫く 夜 見 山 に は 戻って 来 ない ん です か

彼 の お 母さん に 聞い た ん だ けど ね

あっ ち の リゾート ホテル に 住み込み で 働 い てる みたい

無事 に 夜 見 山 を 出 られ た みたい ね

そ っか

さ ー て 行き ます か

あの 怜子 さん

いいえ なんでもない です

った く 尋 だ ら 右 走 しん ない ん だ よ ね

人 は 見かけ に よら ず って 感じ ね

赤沢 さん は 見かけ どおり って 感じ だ けど

私 って どういう 感じ な の

えっ そうだ な

強く たくましい

う わ 私 そんなに マッチョ

押し が 強い とこ と か 責任 感 が 強い とこ と か

色々 ね

「 そんな こと 無い よ 」 ぐらい 言い なさい よ

そんな こと 無い よ

何 それ むかつく

たまに は 仕返し し ない と ね

そう いや 赤沢 さん って 対策 係 な ん だ よ ね

それ って どう やって 決まる もの な の

普通 は 先生 の ご 指名 ね

誰 も やり たく ない と 思う し

言って み れ ば クラス の 皆 の 命 を 預かる わけ でしょ う

じゃあ 赤沢 さん も

私 は 立候補

どうして

他の 人 は 災厄 なんて 信じ て い なかった でしょ う けど ね

私 は 違う

私 は 許さ ない 理不尽 な この 現象 を

だから 私 が 止める の

あ ち ー

松永 くん 急 な 出迎え に 出 てる らしく て

一応 私 の 携帯 の 番号 を 教え た から

戻って 来 たら 連絡 が 来る はず だ けど

それ まで どう しよ う

ただ 待って て も しょうが ねえ よ な

だ よ ね ここ まで 来 た ん だ し

ここ は 夜 見 山 の 外 だ し 災厄 も 及ば ない はず よ

よし じゃあ 泳ぐ か

せっかく 海 に 来 た ん だ し ね

やり い

僕 水着 なんて 持って 来 て 無い です よ

水着 なら ホテル で 買え る と 思う よ

そんなに 高い もん じゃ ない し

買って あげる よ

え そんな 悪い です よ

怜子 さん が 泳が ない なら 僕 も

私 は その こんな こと も あ ろ う か と

え まさか

荷物 が 多い と 思ったら

せっかく の 海 だ し

なんと 言って も 夜 見 山 の 外 だ し ね

夏 休み な ん だ し

部屋 に こもって て も 気 が めいる だけ でしょ う

少し は 羽 伸ばさ ない と

海 だ

夏 の 海

俺 の 海

そう りゃ ー やっ ほ ー

見 崎

榊原 くん

そ ー れ

あ 眼鏡 眼鏡

よくも やった な

行く ぞ つい

あの さ 見 崎 ち の 別荘 って この 近く な の

そう

見 崎 の お 父さん って 何 し てる 人

詳しく は 知ら ない

ほとんど 日本 に い ない から

だから

たまに 帰って 来 て は こう やって 家族 サービス の 真似 事

家族 と は 言って も

ほとんど 繋がって い ない 感じ

別に いい けど

あの さ もし この 後 死者 の 正体 が 分かったら さ

そい つ を 「 い ない もの 」 に し て しまえ ば 災厄 は 止まる かな

それ は きっと 駄目 だ と 思う

もう 始まって しまって る から

いま から 帳尻 を 合わ そ う と して も 遅い と 思う

繋がった かな

たぶん

たまに は 繋がって も いい ん じゃ ない か な

たまに は ね

そろそろ お 昼 に し ま しょ う か

はい

待って よ

ホテル に 戻り ます

コンビニ と か で も いい けど

「 海 の 家 」 と いう 手 も あり ます ね

待て 待て お前 ら

せっかく 海 に 来 た ん だ

アウトドア ライフ を 満喫 せん で どう する

ここ で 料理 でも する の

さすが 赤沢

分かって ん な

は あ 道具 も なし に どう す ん の よ

抜かり は ない わ

見よ この 完璧 な 装備

バカ でしょ あんた

あの 大 荷物 は これ だった ん だ

料理 する の

えっ 料理

食 材 は

現地 調達 に 決まって ん だ ろ う

バカ でしょ あんた

ここ まで 来る と は さすが だ な

お腹 空 い た

調達

望月

釣り 道具 を 持ってき てるよ な

うん

よし

食 材 調達 勝負 と 行 こ う ぜ

勝ち負け で 何 か ある わけ

負け た 方 は 料理 を 作る

勝った 方 は 料理 を 食う

どう よ

面白 そう じゃ ない

決まり だ な

じゃ チーム 分け

まずは 対策 係 チーム

赤沢 杉浦 中 …

こいつ は パス

んで 俺

お 次 は 「 い ない もの 」 チーム

榊原 見 崎 望月

僕 「 い ない もの 」 じゃ

いや お前 ここ に い ない し

ひどい

釣った 魚 で 勝負 する の

いや 魚 い ない でも 何 か ありゃ あ それ も

出し て よ

それ は あお さ

美味しく ない よ

それ は てんぐさ

そのまま じゃ 無理 だ ね

来 た こいつ は で け え ぞ

やった

なに これ

昆布

魚 釣り なさい よ

すみません

どう し た

取って

食べ られる か と 思った

たこ は 人 を 食べ ない よ

突き 回す と も 噛ま れる けど ね

どう

大物 かも

かなり 引き が 強い

やった

大物

一応 魚 だ よ

可愛い

来 た

今度 こそ

ちょっと

あんた 絶対 狙って る でしょ

何 これ

なま こ

って いう か なま こ 釣る って 凄い な

ひっかけ た だけ か

この ぺけ 子 役立た ず

すみません すみません

ふぐ たこ に ひとで

昆布 よ ね これ

なま こ と

この 巻き貝 は

ヤドカリ

ま こんな もの よ ね

この 勝負 引き分け

お 肉 と 野菜 を 買って き て おい た から

皆 で 食べ ま しょ う ね

はい

ヤッパ 取り立て は うめ え な

この 歯ごたえ 美味しい

さすが に そい つ は 食え ない か な

ほれ ー

怜子 か

携帯 に 電話 し た ん だ けど な

電池 切れ て ない か

え ありゃ あ

相変わらず そそっかしい ん だ な

よく ここ が 分かった わ ね

分かった も 何 も ホテル に 一 番 近い 浜 だ から な ここ は

そ っか

うん しかし 女 は 化ける もん だ な

あんな チンチクリン の 小 娘 が な

そういう 松 も ずいぶん 変わった ん じゃ ない

すっかり おじさん

う っせ え よ

十五 年 ぶり か

卒業 式 以来 だ から まだ 十 四 年 じゃ ない

そう か

十五 年 ぶり だ と 三 十 歳 だ もん な

うるさい よ

もっと 最近 会って なかった か

どこ で

私 は 覚え て ない けど

それ 別 の 女の子 じゃ ない

残念 ながら それ は ない

じゃあ ケンタロウ か ナツコ の 法要 と か で

いや 俺 は 葬式 しか 出 て ない から

そう

あいつ ら が 死 ん で もう 十 五 年 か

あの 子 ら は

今年 の 三 年 三 組 の 生徒

そう か

十五 年 前 の こと か

私 も あの 夏 の こと は 断片 的 に しか 思い出せ ない の

松 あなた が 「 災厄 」 を 止め た って 聞い た ん だ けど

イノヤ の 智香 ちゃん も あんな こと 言って た かな

当 の 本人 が 覚え て ねん だ

あの 夏 の 合宿 の こと 覚え てる

合宿 中 に 事故 が 起き て ます よ ね

その こと は 覚え て おら れ ます か

君 は

対策 係 の 赤沢 です

そう か

正直 ちゃん と 覚え て ない ん だ よ

誰 か が 山 に 死 ん だって の は 覚え てる ん だ が

私 も 覚え て ない

どんな 事故 が あった の か

あの その 事故 って 神社 の お参り の 前 です か 後 です か

どういう こと

えっ と お参り の 前 なら

お参り の ご利益 で 止まった の かも しれ ない って

覚え て ない

ただ ぼろぼろ で 見捨て られ た よう な 神社 に 行った よう な 気 が する

そう 神社

神社 に は 行った と 思う

皆 で 手 を 合わせ て

だめ うまく 思い出せ ない

あの

松永 さん は 伝え なきゃ と 思って

何 か を 残し た ん です よ ね

俺 が そう 言った らしい ん だ が

何 を 伝えよ う と 思った ん です か

そういう 強い 気持ち が あった と いう の は 覚え てる ん だ けど

でも 思い出せ ない

何 を どこ に 残し た か 覚え て ない です か

その メモ の よう な もの と か

ああ 紙 じゃ ない 何 だ

何で すか

そう 何 か を 使った よう な

そう だ 学校 だ

学校 に 何 か を 持って行った ん だ

学校 って 学校 の どこ に です か

任せろ

どこ まで 行く 気 だ

何 やって た

まずく ない

なん だ よ

しょ う も ねえ こと す ん な よ な

ヤベ

どうして

俺 が 俺 が 守った のに

俺 が 残し た のに

教室 に

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

駄目 だ よ

それ は 駄目 だ よ

やっちゃ え

待て

早まる な

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 堕 と さ れ た 人形 の よう に

躰 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

つなぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ごらん よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 脚 も もが れ た まま

虚 空 の なか 朽ち果てる より

もう ひと り 僕 が い て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さ ぁ どっち が 幻 だ ろ う ね

よし

止め た

十五 年 前 の 災厄 を 止め た って 言う の

そういう こと を 本人 が 言った らしく て

ただ 詳しい こと 覚え て い ない らしい ん です

怜子 さん は 松永 さん の こと 覚え て ます か

もちろん

同じ 部活 だった し ね

そう だった ん です か

その どう やって 止め た と か

そういう 話 何 か 聞い て ませ ん か

そんな こと 一言 も

何も 聞い て ない と 思う

十五 年 前 の 夏 休み って 合宿 が あった ん です よ ね

そう

あの 夏 じっと 家 に 閉じこもって る の は よく ない ん じゃ ない か と 思って

その 合宿 で 何 が

何 か あった の は 確か だ と 思う ん だ けど

じゃ なん だった の か って 言わ れ て も

そう です か

不 甲斐 ない わ ね

ごめんなさい

そんな

僕 は 大丈夫 です から

だから 怜子 さん も あまり 無理 を し ない で ください ね

じゃあ その 合宿 に 松永 さん は 来 て まし た

行った はず

うん 来 て た

何 か 変わった 様子 は あり ませ ん で し た

特に 無かった と 思う

や っぱ 本人 に 聞く しか ない か

分かった

松 に は 私 が 話 を つける ね

話 を 聞く 時 は 私 も 行く から

おはよう っす

おはよう ございます

おはよう

何 その 荷物

色々 準備 し て き た から な

お 待た せ

大丈夫

顔色 良く ない

どう って こと ねえ

ちょっと 車 に 酔う

無理 し や がって

赤沢 さん も 行く の

当たり前 でしょ う

恒一 くん こっち の 車 に 乗ら ない

その 車 で 四 人 は きつい ん じゃ ない

そんな こと ない よ

意外 と よく 走る よ

「 意外 」 は 余計 です

そう

じゃ 勅使河原 私 の 車 ね

お っ おお

中尾 は 車 に 酔う から 前 ね

はい

じゃ 行き ま しょ う か

その 松永 さん って 人 は 暫く 夜 見 山 に は 戻って 来 ない ん です か

彼 の お 母さん に 聞い た ん だ けど ね

あっ ち の リゾート ホテル に 住み込み で 働 い てる みたい

無事 に 夜 見 山 を 出 られ た みたい ね

そ っか

さ ー て 行き ます か

あの 怜子 さん

いいえ なんでもない です

った く 尋 だ ら 右 走 しん ない ん だ よ ね

人 は 見かけ に よら ず って 感じ ね

赤沢 さん は 見かけ どおり って 感じ だ けど

私 って どういう 感じ な の

えっ そうだ な

強く たくましい

う わ 私 そんなに マッチョ

押し が 強い とこ と か 責任 感 が 強い とこ と か

色々 ね

「 そんな こと 無い よ 」 ぐらい 言い なさい よ

そんな こと 無い よ

何 それ むかつく

たまに は 仕返し し ない と ね

そう いや 赤沢 さん って 対策 係 な ん だ よ ね

それ って どう やって 決まる もの な の

普通 は 先生 の ご 指名 ね

誰 も やり たく ない と 思う し

言って み れ ば クラス の 皆 の 命 を 預かる わけ でしょ う

じゃあ 赤沢 さん も

私 は 立候補

どうして

他の 人 は 災厄 なんて 信じ て い なかった でしょ う けど ね

私 は 違う

私 は 許さ ない 理不尽 な この 現象 を

だから 私 が 止める の

あ ち ー

松永 くん 急 な 出迎え に 出 てる らしく て

一応 私 の 携帯 の 番号 を 教え た から

戻って 来 たら 連絡 が 来る はず だ けど

それ まで どう しよ う

ただ 待って て も しょうが ねえ よ な

だ よ ね ここ まで 来 た ん だ し

ここ は 夜 見 山 の 外 だ し 災厄 も 及ば ない はず よ

よし じゃあ 泳ぐ か

せっかく 海 に 来 た ん だ し ね

やり い

僕 水着 なんて 持って 来 て 無い です よ

水着 なら ホテル で 買え る と 思う よ

そんなに 高い もん じゃ ない し

買って あげる よ

え そんな 悪い です よ

怜子 さん が 泳が ない なら 僕 も

私 は その こんな こと も あ ろ う か と

え まさか

荷物 が 多い と 思ったら

せっかく の 海 だ し

なんと 言って も 夜 見 山 の 外 だ し ね

夏 休み な ん だ し

部屋 に こもって て も 気 が めいる だけ でしょ う

少し は 羽 伸ばさ ない と

海 だ

夏 の 海

俺 の 海

そう りゃ ー やっ ほ ー

見 崎

榊原 くん

そ ー れ

あ 眼鏡 眼鏡

よくも やった な

行く ぞ つい

あの さ 見 崎 ち の 別荘 って この 近く な の

そう

見 崎 の お 父さん って 何 し てる 人

詳しく は 知ら ない

ほとんど 日本 に い ない から

だから

たまに 帰って 来 て は こう やって 家族 サービス の 真似 事

家族 と は 言って も

ほとんど 繋がって い ない 感じ

別に いい けど

あの さ もし この 後 死者 の 正体 が 分かったら さ

そい つ を 「 い ない もの 」 に し て しまえ ば 災厄 は 止まる かな

それ は きっと 駄目 だ と 思う

もう 始まって しまって る から

いま から 帳尻 を 合わ そ う と して も 遅い と 思う

繋がった かな

たぶん

たまに は 繋がって も いい ん じゃ ない か な

たまに は ね

そろそろ お 昼 に し ま しょ う か

はい

待って よ

ホテル に 戻り ます

コンビニ と か で も いい けど

「 海 の 家 」 と いう 手 も あり ます ね

待て 待て お前 ら

せっかく 海 に 来 た ん だ

アウトドア ライフ を 満喫 せん で どう する

ここ で 料理 でも する の

さすが 赤沢

分かって ん な

は あ 道具 も なし に どう す ん の よ

抜かり は ない わ

見よ この 完璧 な 装備

バカ でしょ あんた

あの 大 荷物 は これ だった ん だ

料理 する の

えっ 料理

食 材 は

現地 調達 に 決まって ん だ ろ う

バカ でしょ あんた

ここ まで 来る と は さすが だ な

お腹 空 い た

調達

望月

釣り 道具 を 持ってき てるよ な

うん

よし

食 材 調達 勝負 と 行 こ う ぜ

勝ち負け で 何 か ある わけ

負け た 方 は 料理 を 作る

勝った 方 は 料理 を 食う

どう よ

面白 そう じゃ ない

決まり だ な

じゃ チーム 分け

まずは 対策 係 チーム

赤沢 杉浦 中 …

こいつ は パス

んで 俺

お 次 は 「 い ない もの 」 チーム

榊原 見 崎 望月

僕 「 い ない もの 」 じゃ

いや お前 ここ に い ない し

ひどい

釣った 魚 で 勝負 する の

いや 魚 い ない でも 何 か ありゃ あ それ も

出し て よ

それ は あお さ

美味しく ない よ

それ は てんぐさ

そのまま じゃ 無理 だ ね

来 た こいつ は で け え ぞ

やった

なに これ

昆布

魚 釣り なさい よ

すみません

どう し た

取って

食べ られる か と 思った

たこ は 人 を 食べ ない よ

突き 回す と も 噛ま れる けど ね

どう

大物 かも

かなり 引き が 強い

やった

大物

一応 魚 だ よ

可愛い

来 た

今度 こそ

ちょっと

あんた 絶対 狙って る でしょ

何 これ

なま こ

って いう か なま こ 釣る って 凄い な

ひっかけ た だけ か

この ぺけ 子 役立た ず

すみません すみません

ふぐ たこ に ひとで

昆布 よ ね これ

なま こ と

この 巻き貝 は

ヤドカリ

ま こんな もの よ ね

この 勝負 引き分け

お 肉 と 野菜 を 買って き て おい た から

皆 で 食べ ま しょ う ね

はい

ヤッパ 取り立て は うめ え な

この 歯ごたえ 美味しい

さすが に そい つ は 食え ない か な

ほれ ー

怜子 か

携帯 に 電話 し た ん だ けど な

電池 切れ て ない か

え ありゃ あ

相変わらず そそっかしい ん だ な

よく ここ が 分かった わ ね

分かった も 何 も ホテル に 一 番 近い 浜 だ から な ここ は

そ っか

うん しかし 女 は 化ける もん だ な

あんな チンチクリン の 小 娘 が な

そういう 松 も ずいぶん 変わった ん じゃ ない

すっかり おじさん

う っせ え よ

十五 年 ぶり か

卒業 式 以来 だ から まだ 十 四 年 じゃ ない

そう か

十五 年 ぶり だ と 三 十 歳 だ もん な

うるさい よ

もっと 最近 会って なかった か

どこ で

私 は 覚え て ない けど

それ 別 の 女の子 じゃ ない

残念 ながら それ は ない

じゃあ ケンタロウ か ナツコ の 法要 と か で

いや 俺 は 葬式 しか 出 て ない から

そう

あいつ ら が 死 ん で もう 十 五 年 か

あの 子 ら は

今年 の 三 年 三 組 の 生徒

そう か

十五 年 前 の こと か

私 も あの 夏 の こと は 断片 的 に しか 思い出せ ない の

松 あなた が 「 災厄 」 を 止め た って 聞い た ん だ けど

イノヤ の 智香 ちゃん も あんな こと 言って た かな

当 の 本人 が 覚え て ねん だ

あの 夏 の 合宿 の こと 覚え てる

合宿 中 に 事故 が 起き て ます よ ね

その こと は 覚え て おら れ ます か

君 は

対策 係 の 赤沢 です

そう か

正直 ちゃん と 覚え て ない ん だ よ

誰 か が 山 に 死 ん だって の は 覚え てる ん だ が

私 も 覚え て ない

どんな 事故 が あった の か

あの その 事故 って 神社 の お参り の 前 です か 後 です か

どういう こと

えっ と お参り の 前 なら

お参り の ご利益 で 止まった の かも しれ ない って

覚え て ない

ただ ぼろぼろ で 見捨て られ た よう な 神社 に 行った よう な 気 が する

そう 神社

神社 に は 行った と 思う

皆 で 手 を 合わせ て

だめ うまく 思い出せ ない

あの

松永 さん は 伝え なきゃ と 思って

何 か を 残し た ん です よ ね

俺 が そう 言った らしい ん だ が

何 を 伝えよ う と 思った ん です か

そういう 強い 気持ち が あった と いう の は 覚え てる ん だ けど

でも 思い出せ ない

何 を どこ に 残し た か 覚え て ない です か

その メモ の よう な もの と か

ああ 紙 じゃ ない 何 だ

何で すか

そう 何 か を 使った よう な

そう だ 学校 だ

学校 に 何 か を 持って行った ん だ

学校 って 学校 の どこ に です か

任せろ

どこ まで 行く 気 だ

何 やって た

まずく ない

なん だ よ

しょ う も ねえ こと す ん な よ な

ヤベ

どうして

俺 が 俺 が 守った のに

俺 が 残し た のに

教室 に

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.