image

アナザー, Another Episode 5

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

水野 早苗 さん って いった か ね

恒一 ちゃん と は 本 の 話 と か し て た よ ね

まだ お 若い のに

弟 くん も 心配 ね

弟 さん が いる の かい

猛 くん って いって 僕 と 同じ クラス で

おや 嫌 だ ね

こない だ も クラス の 子 が 事故 で 亡くなった ん だ ろ

人 が 死ぬ と 葬式 だ なあ

葬式 は もう 堪忍 堪忍 し て 欲しい な

葬式 は もう 堪忍 し て 欲しい な

水野 くん の お 姉さん の 事 は 大変 に ショック です が

大丈夫 です

皆 で 頑張れ ば きっと 乗り越え られ ます

あの さ

亡くなった ん だ よ 水野 の お 姉さん が 昨日 の 事故 で

そう

先生 どう し た の か な

そんなに 具合 が 悪い の か な

なんだか 元気 なかった し

まさか

ね ね 榊原 くん

まさか 三神 先生 何 か 命 に 関わる よう な 重病 だったり は し な いよ ね

えっ まあ 大丈夫 な ん じゃ ない の

そう だ よ ね うん

そこ まで 心配 な の

そりゃ この あいだ 桜木 さん が あんな こと に なって

今度 は 水野 くん の お 姉さん でしょ う

だから

関係 ある の

最近 の 事故 と 繋がり が

それ は

どこ へ 行く の

調べ 物

そう か 見 崎 の 名前 は ある わけ ない か

お 母さん

見つかった かな

はい

しかし より に よって 七十 二 年 と は

お 母さん は なん 組み だった の か な

母 も 三 組 だった そう です

うん どの 人 君 の お 母さん

この 人 です

理 津 子 くん か

えっ 知って る ん です か

まあ 理 津 子 くん と は な

しかし 亡くなった と 言って い た が

いつ

十五 年 前 僕 を 産 ん で すぐに

十五 年 前

そう な の か

そういう 事 な の か

恒一 くん

先生 が 職員 室 まで 来る よう に って

そう ありがとう

先 に 謝 っと く ごめんなさい

皆 の ため な の 許し て

水野 早苗 さん が 昨日 病院 の 事故 で 亡くなら れ た こと は 知って い ます ね

はい

あの 何 か 不審 な ところ でも

いやいや 事故 は 事故 な ん です よ

大変 に 不幸 な 事故 です

で です ね 問題 の エレベーター に 水野 さん の 携帯 電話 が 落ち て い た ん です ね

昨日 の 午後 一 時 ごろ 携帯 電話 で 彼女 と 話 を し まし た か

し まし た

彼女 は 屋上 に い た ん です ね

そこ から エレベーター に 乗って か

事故 の 原因 は なん だった ん でしょ う か

調査 中

ワイヤ を 止め てる 金具 が 外れ て 落下 と いう 線 に は 間違い ない ん だ けど ね

あの 病棟 は そもそも 築 何 十 年 か で

その 間 に ずいぶん と 無 茶 な 増改築 を 繰り返し て 来 た

お互い 気 を つけ ま しょ

普通 起こり え ない よう な 事故 に は 特に ね

えっ

榊原 くん

警察 の 方 と の 話 は 終わった の です か

あ はい

そう です か で は 今日 は もう 帰って も かまい ませ ん

あの 皆 は

HR ( ホームルーム ) で 新しい 女子 の クラス 委員 長 が 決まり まし た

赤沢 さん です

それ で 皆 は どこ に

くれ ぐれ も クラス の 決め 事 に は 必ず 従う よう に し て ください

よろしい です ね

うん いい よ

や 帰 ろ う か

六 限 目 さ 皆 どこ 行って た の

会議 室 に 移って 色々 と ね

色々 って

榊原 くん さ

転校 し て き て から こっち 色々 と 変 に 感じ てる こと ある よ ね

分かって る なら 教え て くれる

ごめん やっぱり 言え ない

ただ これ から 榊原 くん に とても 不愉快 な こと が ある と 思う

何 それ

さっき の 会議 で ね

君 の い ない ところ で 話し合い を し なきゃ って 赤沢 さん が 言い出し て

でも ね 嫌 な 目 に 遭う こと が あって も

我慢 し て 欲しい ん だ

皆 の ため だ と 思って

お 願い だ から

皆 の って

皆 の ため な の 許し て

それ って クラス の 決め 事 って やつ

うん

なんだか な

一 つ 頼み 事 を し て も いい かな

クラス の 名簿 の コピー 欲し い ん だ

もらって ない ん だ

やっぱり フェア じゃ ない ね

僕 は あんまり 賛成 でき ない ん だ よ ね 赤沢 さん の やり 方

勝手 に 決め付け た こと を 押し付ける なんて

フェア じゃ ない

榊原 くん 知り たい 事 いっぱい ある よ ね

そりゃ もう

じゃ 一 つ ずつ 聞い て 見 て

僕 の 知って いる 範囲 で 教え て あげる よ

ちょっと 高林 くん 本気

じゃあ 見 崎 鳴って 子 は いる の

見 崎 鳴 は

高林 くん 高林 くん

おはよう ございます 早い ん です ね

それ じゃ そういう 事 で 何 か

いや もう いい です ね

今朝 何 か あった っけ

同じ 教室 で 共に 学 ん だ 高林 くん の ご 冥福 を 皆 で お 祈り し ま しょ う

悲しい 出来事 が 続き ます が

挫け ず 諦め ず

皆 で 力 を 合わせて 切り抜け ま しょ う

皆さん くれ ぐれ も クラス の 決め 事 は 守る よう に

三神 先生 も 難しい 立場 で あり ながら

できる だけ の 事 を と 言って ください まし た

ですから よろしい です か

あの さ

何 だ あいつ

和久井 くん

何 だ よ もう

現在 電波 の 届か ない 場所 に ある か 電源 が 入って い ない ため かかり ませ ん

あの さ

すま ねえ

「 噂 が 一 人 歩き する 」

これ は 本来 人間 で ない もの が

恰 も 人間 か の よう に 振舞う 表現 で あり

この 用法 を 「 擬人 法 」 と いい ます

ここ で 気 を つけ て ほしい の は

「 擬人 法 」 と は 人間 で ない もの を 人間 の よう に 喩 える と いう こと です

「 人間 と は 考える 葦 で ある 」 と いう パスカル の 言葉 が あり ます が

これ は 「 擬人 法 」 で は あり ませ ん 「 暗 喩 」 と なり ます

( やっぱり そういう こと な の か )

よろしい です か

どう し た の 急に 電話 なんか してき て

名簿 もらった ん だ それ で

順番 に 話す よ 高林 くん が 死 ん だ の 知って る

心臓 の 発作 で 前 から 悪かった そう だ けど

そう 六 月 の 二 人 目 は 病死 か

それ で 今日 学校 へ 行ったら クラス の 様子 が 変 で

皆 で 示し合わせ て 僕 を 「 い ない もの 」 み たい に 振舞って

そういう こと に し た の か

これ って やっぱり 僕 も 君 と 同じ に なった って こと

どう 「 い ない もの 」 に なった 感想 は

あんまり いい 気分 じゃ ない

でも ちょっと すっきり し た か も

すっきり

見 崎 鳴 は いる と 分かった から

ここ って さ 君 の 家 だ よ ね

そう とっくに 気づ い てる と 思った

確かに この 近く だ し お 客 で も ない ね

電話 に 出 た の は お 母さん

びっくり し て た 私 に 学校 の 友達 から 電話 なんて 滅多に ない から

君 の お 母さん って 「 霧 果 」 って 人

そ っ 雅 号 って いう の か な それ が 「 霧 果 」 ね

いつも 二 階 の 工房 に 閉じ 籠って る 変わった 人

工房 M って 見 崎 の 「 M 」

単純 な 話 でしょ う

上 に 行き ま しょ う

気づ い て た

はい

質問 そっち から し て くれる その ほう が 話し やすい かも

質問 攻め

嫌い だ けど 今日 は 特別 に 認め ます

まず 見 崎 鳴 君 は いる ん だ よ ね

幽霊 かも しれ ない って 思って た

少し ね

ま それ も し かた な いよ ね

でも 疑い は 晴れ た でしょ う

私 は 確かに ここ に いる 生き た 人間 と して

私 が 「 い ない もの 」 な の は 三 年 三 組 に とって だけ

いつ から な の

始まった の は 五 月 一 日 から

最近 な ん だ ね

色々 変 に 感じ た でしょ う 最初 の 日 から

誰 も 教え て くれ ない し ね

ちゃんと 事情 を 知らせ て おか なかった の が 手痛い ミス ね

ミス って

本来 なら 榊原 くん も 一緒 に なって

私 を 「 い ない もの 」 に し ない と 成り立た ない のに

今度 は あなた まで 私 の 同類 に なっちゃ っ て 困った 話 ね

いじめ じゃ ない ん だ よ ね

そう 思って る 人 は い ない と 思う

僕 も 「 い ない もの 」 に さ れ た の は 分かった よ

でも 何で そんな こと する の

そう 思う よ ね

二十六 年 前 の ミサキ の 話 覚え てる

うん

あの 出来事 が 引き金 に なって ね 三 年 三 組 は 「 死 」 に 近づ い て しまった の

「 死 」

最初 に 「 それ 」 が 起こった の は

ミサキ の 同級 生 達 が 卒業 し た 次の 年 の 三 年 三 組 だった

「 それ 」 が 起こって しまう と ね 始まって しまう と ね

毎月 人 が 死ぬ の

生徒 自身 だったり その 家族 だったり

「 それ 」 って なに

「 それ 」 は ね クラス の 人数 が 一 人 増える の

増える 誰 が

分から ない の

誰 が 増え た 子 な の か どうして も 分から ない

「 もう 一 人 」 が

「 もう 一 人 」

二十五 年 前 新 学期 が 始まって すぐ

教室 の 机 と 椅子 が 一 つ 足りない こと が 分かった の

クラス の 人数 に 合わせ て 用意 し て あった はず な のに

そんな の 学校 の 記録 と か で 調べ たら

だめ な の いくら 調べ て も

名簿 も 記録 も 辻 褄 の 合う よう に 改竄 さ れ て て

ただ 机 と 椅子 は 一 つ 足り ない

誰 か が 書き換え た って こと

「 改竄 」 は 比喩 よ

だって ね 皆 の 記憶 まで 変わって る って いう ん だ から

あり え ない って 思う でしょ う

でも ね 本当の こと みたい これ は

そういう 「 現象 」 なん だって ある 人 が 説明 し て くれ た ん だ けど

「 現象 」

始め は 皆 ただ の 手違い だ ろ う と 思って 気 に し なかった の

ところ が ね 四 月 から クラス の 関係 者 が 毎月 死 に 始め た の

毎月 それ が 一 年間

その 年 は 確か 生徒 が 六 人 生徒 の 家族 が 十 人

尋常 じゃ ない でしょ う

それ 以来 三 年 三 組 は この 「 現象 」 が 続 い て いる の

二十六 年 前 三 年 三 組 の ミサキ が 死 ん だ

次の 年 から 誰 だ か 分から ない 「 もう 一 人 」 が 増える よう に なった

そし たら 毎月 クラス の 生徒 や 家族 が 死 に 始め た

どうして 誰 か が 増える と 人 が 死ぬ わけ

理由 は 分から ない ただ そう なる の

そして ね 「 もう 一 人 」 って いう の は ね

「 死者 」 な の

それ って 二十六 年 前 に 死 ん だ ミサキ

「 死者 」 って 幽霊 みたい な も の

たぶん 普通 の 幽霊 の イメージ と は 違う

実態 が ある そう だ から

それ も 私 達 と まったく 見分け が つか ない ほど の

見分け が つか ない

なんでも 「 死者 」 に は ちゃんと 心 も 記憶 も あって

自分 が 「 死者 」 だって いう こと に 気づ い て ない ん だ って

「 死者 」 って どういう 人 な の

これ まで の 「 現象 」 で 死 ん だ 人

こう 考え て み た の

二十六 年 前 の 行い で 三 組 が 死者 を 招き入れる 場 に なって しまった

それ から 死者 が クラス に 混じる よう に なって

三 組 は 「 死 」 に 近づ い て しまった ね

それ で ね 三 組 の 皆 は ね 「 災厄 」 から 逃れよ う と

あれこれ 対策 を 考え た らしい ん だ けど

お祓い と か

あった かも ね

教室 を 変え て み たり 「 三 組 」 って 名前 を 「 C 組 」 って 変え て み たり

でも やっぱり 終わら なかった

三 年生 の 三 番 目 の クラス が 問題 って こと

たぶん ね

そして ね 十 年 ほど 前 かな 有効 な 対処 法 が 見つかった の

それ を すれ ば 毎月 の 死人 が 出 ない よう に なる って いう 対処 法 が

まさか それ が

「 もう 一 人 」 の 代わり に 誰 か 一 人 を 「 い ない もの 」 に し て しまう

そう やって クラス を 本来 の 人数 に 戻し て やれ ば いい

それ で その 年 の 「 災厄 」 は 防げ る って いう

そんな おまじない

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

夜 ヲ 覆 ウ 目蓋 開 ケ

凶 キ 影 ヲ 恐 レルナカレ

仄 くら き 柩 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

水野 早苗 さん って いった か ね

恒一 ちゃん と は 本 の 話 と か し て た よ ね

まだ お 若い のに

弟 くん も 心配 ね

弟 さん が いる の かい

猛 くん って いって 僕 と 同じ クラス で

おや 嫌 だ ね

こない だ も クラス の 子 が 事故 で 亡くなった ん だ ろ

人 が 死ぬ と 葬式 だ なあ

葬式 は もう 堪忍 堪忍 し て 欲しい な

葬式 は もう 堪忍 し て 欲しい な

水野 くん の お 姉さん の 事 は 大変 に ショック です が

大丈夫 です

皆 で 頑張れ ば きっと 乗り越え られ ます

あの さ

亡くなった ん だ よ 水野 の お 姉さん が 昨日 の 事故 で

そう

先生 どう し た の か な

そんなに 具合 が 悪い の か な

なんだか 元気 なかった し

まさか

ね ね 榊原 くん

まさか 三神 先生 何 か 命 に 関わる よう な 重病 だったり は し な いよ ね

えっ まあ 大丈夫 な ん じゃ ない の

そう だ よ ね うん

そこ まで 心配 な の

そりゃ この あいだ 桜木 さん が あんな こと に なって

今度 は 水野 くん の お 姉さん でしょ う

だから

関係 ある の

最近 の 事故 と 繋がり が

それ は

どこ へ 行く の

調べ 物

そう か 見 崎 の 名前 は ある わけ ない か

お 母さん

見つかった かな

はい

しかし より に よって 七十 二 年 と は

お 母さん は なん 組み だった の か な

母 も 三 組 だった そう です

うん どの 人 君 の お 母さん

この 人 です

理 津 子 くん か

えっ 知って る ん です か

まあ 理 津 子 くん と は な

しかし 亡くなった と 言って い た が

いつ

十五 年 前 僕 を 産 ん で すぐに

十五 年 前

そう な の か

そういう 事 な の か

恒一 くん

先生 が 職員 室 まで 来る よう に って

そう ありがとう

先 に 謝 っと く ごめんなさい

皆 の ため な の 許し て

水野 早苗 さん が 昨日 病院 の 事故 で 亡くなら れ た こと は 知って い ます ね

はい

あの 何 か 不審 な ところ でも

いやいや 事故 は 事故 な ん です よ

大変 に 不幸 な 事故 です

で です ね 問題 の エレベーター に 水野 さん の 携帯 電話 が 落ち て い た ん です ね

昨日 の 午後 一 時 ごろ 携帯 電話 で 彼女 と 話 を し まし た か

し まし た

彼女 は 屋上 に い た ん です ね

そこ から エレベーター に 乗って か

事故 の 原因 は なん だった ん でしょ う か

調査 中

ワイヤ を 止め てる 金具 が 外れ て 落下 と いう 線 に は 間違い ない ん だ けど ね

あの 病棟 は そもそも 築 何 十 年 か で

その 間 に ずいぶん と 無 茶 な 増改築 を 繰り返し て 来 た

お互い 気 を つけ ま しょ

普通 起こり え ない よう な 事故 に は 特に ね

えっ

榊原 くん

警察 の 方 と の 話 は 終わった の です か

あ はい

そう です か で は 今日 は もう 帰って も かまい ませ ん

あの 皆 は

HR ( ホームルーム ) で 新しい 女子 の クラス 委員 長 が 決まり まし た

赤沢 さん です

それ で 皆 は どこ に

くれ ぐれ も クラス の 決め 事 に は 必ず 従う よう に し て ください

よろしい です ね

うん いい よ

や 帰 ろ う か

六 限 目 さ 皆 どこ 行って た の

会議 室 に 移って 色々 と ね

色々 って

榊原 くん さ

転校 し て き て から こっち 色々 と 変 に 感じ てる こと ある よ ね

分かって る なら 教え て くれる

ごめん やっぱり 言え ない

ただ これ から 榊原 くん に とても 不愉快 な こと が ある と 思う

何 それ

さっき の 会議 で ね

君 の い ない ところ で 話し合い を し なきゃ って 赤沢 さん が 言い出し て

でも ね 嫌 な 目 に 遭う こと が あって も

我慢 し て 欲しい ん だ

皆 の ため だ と 思って

お 願い だ から

皆 の って

皆 の ため な の 許し て

それ って クラス の 決め 事 って やつ

うん

なんだか な

一 つ 頼み 事 を し て も いい かな

クラス の 名簿 の コピー 欲し い ん だ

もらって ない ん だ

やっぱり フェア じゃ ない ね

僕 は あんまり 賛成 でき ない ん だ よ ね 赤沢 さん の やり 方

勝手 に 決め付け た こと を 押し付ける なんて

フェア じゃ ない

榊原 くん 知り たい 事 いっぱい ある よ ね

そりゃ もう

じゃ 一 つ ずつ 聞い て 見 て

僕 の 知って いる 範囲 で 教え て あげる よ

ちょっと 高林 くん 本気

じゃあ 見 崎 鳴って 子 は いる の

見 崎 鳴 は

高林 くん 高林 くん

おはよう ございます 早い ん です ね

それ じゃ そういう 事 で 何 か

いや もう いい です ね

今朝 何 か あった っけ

同じ 教室 で 共に 学 ん だ 高林 くん の ご 冥福 を 皆 で お 祈り し ま しょ う

悲しい 出来事 が 続き ます が

挫け ず 諦め ず

皆 で 力 を 合わせて 切り抜け ま しょ う

皆さん くれ ぐれ も クラス の 決め 事 は 守る よう に

三神 先生 も 難しい 立場 で あり ながら

できる だけ の 事 を と 言って ください まし た

ですから よろしい です か

あの さ

何 だ あいつ

和久井 くん

何 だ よ もう

現在 電波 の 届か ない 場所 に ある か 電源 が 入って い ない ため かかり ませ ん

あの さ

すま ねえ

「 噂 が 一 人 歩き する 」

これ は 本来 人間 で ない もの が

恰 も 人間 か の よう に 振舞う 表現 で あり

この 用法 を 「 擬人 法 」 と いい ます

ここ で 気 を つけ て ほしい の は

「 擬人 法 」 と は 人間 で ない もの を 人間 の よう に 喩 える と いう こと です

「 人間 と は 考える 葦 で ある 」 と いう パスカル の 言葉 が あり ます が

これ は 「 擬人 法 」 で は あり ませ ん 「 暗 喩 」 と なり ます

( やっぱり そういう こと な の か )

よろしい です か

どう し た の 急に 電話 なんか してき て

名簿 もらった ん だ それ で

順番 に 話す よ 高林 くん が 死 ん だ の 知って る

心臓 の 発作 で 前 から 悪かった そう だ けど

そう 六 月 の 二 人 目 は 病死 か

それ で 今日 学校 へ 行ったら クラス の 様子 が 変 で

皆 で 示し合わせ て 僕 を 「 い ない もの 」 み たい に 振舞って

そういう こと に し た の か

これ って やっぱり 僕 も 君 と 同じ に なった って こと

どう 「 い ない もの 」 に なった 感想 は

あんまり いい 気分 じゃ ない

でも ちょっと すっきり し た か も

すっきり

見 崎 鳴 は いる と 分かった から

ここ って さ 君 の 家 だ よ ね

そう とっくに 気づ い てる と 思った

確かに この 近く だ し お 客 で も ない ね

電話 に 出 た の は お 母さん

びっくり し て た 私 に 学校 の 友達 から 電話 なんて 滅多に ない から

君 の お 母さん って 「 霧 果 」 って 人

そ っ 雅 号 って いう の か な それ が 「 霧 果 」 ね

いつも 二 階 の 工房 に 閉じ 籠って る 変わった 人

工房 M って 見 崎 の 「 M 」

単純 な 話 でしょ う

上 に 行き ま しょ う

気づ い て た

はい

質問 そっち から し て くれる その ほう が 話し やすい かも

質問 攻め

嫌い だ けど 今日 は 特別 に 認め ます

まず 見 崎 鳴 君 は いる ん だ よ ね

幽霊 かも しれ ない って 思って た

少し ね

ま それ も し かた な いよ ね

でも 疑い は 晴れ た でしょ う

私 は 確かに ここ に いる 生き た 人間 と して

私 が 「 い ない もの 」 な の は 三 年 三 組 に とって だけ

いつ から な の

始まった の は 五 月 一 日 から

最近 な ん だ ね

色々 変 に 感じ た でしょ う 最初 の 日 から

誰 も 教え て くれ ない し ね

ちゃんと 事情 を 知らせ て おか なかった の が 手痛い ミス ね

ミス って

本来 なら 榊原 くん も 一緒 に なって

私 を 「 い ない もの 」 に し ない と 成り立た ない のに

今度 は あなた まで 私 の 同類 に なっちゃ っ て 困った 話 ね

いじめ じゃ ない ん だ よ ね

そう 思って る 人 は い ない と 思う

僕 も 「 い ない もの 」 に さ れ た の は 分かった よ

でも 何で そんな こと する の

そう 思う よ ね

二十六 年 前 の ミサキ の 話 覚え てる

うん

あの 出来事 が 引き金 に なって ね 三 年 三 組 は 「 死 」 に 近づ い て しまった の

「 死 」

最初 に 「 それ 」 が 起こった の は

ミサキ の 同級 生 達 が 卒業 し た 次の 年 の 三 年 三 組 だった

「 それ 」 が 起こって しまう と ね 始まって しまう と ね

毎月 人 が 死ぬ の

生徒 自身 だったり その 家族 だったり

「 それ 」 って なに

「 それ 」 は ね クラス の 人数 が 一 人 増える の

増える 誰 が

分から ない の

誰 が 増え た 子 な の か どうして も 分から ない

「 もう 一 人 」 が

「 もう 一 人 」

二十五 年 前 新 学期 が 始まって すぐ

教室 の 机 と 椅子 が 一 つ 足りない こと が 分かった の

クラス の 人数 に 合わせ て 用意 し て あった はず な のに

そんな の 学校 の 記録 と か で 調べ たら

だめ な の いくら 調べ て も

名簿 も 記録 も 辻 褄 の 合う よう に 改竄 さ れ て て

ただ 机 と 椅子 は 一 つ 足り ない

誰 か が 書き換え た って こと

「 改竄 」 は 比喩 よ

だって ね 皆 の 記憶 まで 変わって る って いう ん だ から

あり え ない って 思う でしょ う

でも ね 本当の こと みたい これ は

そういう 「 現象 」 なん だって ある 人 が 説明 し て くれ た ん だ けど

「 現象 」

始め は 皆 ただ の 手違い だ ろ う と 思って 気 に し なかった の

ところ が ね 四 月 から クラス の 関係 者 が 毎月 死 に 始め た の

毎月 それ が 一 年間

その 年 は 確か 生徒 が 六 人 生徒 の 家族 が 十 人

尋常 じゃ ない でしょ う

それ 以来 三 年 三 組 は この 「 現象 」 が 続 い て いる の

二十六 年 前 三 年 三 組 の ミサキ が 死 ん だ

次の 年 から 誰 だ か 分から ない 「 もう 一 人 」 が 増える よう に なった

そし たら 毎月 クラス の 生徒 や 家族 が 死 に 始め た

どうして 誰 か が 増える と 人 が 死ぬ わけ

理由 は 分から ない ただ そう なる の

そして ね 「 もう 一 人 」 って いう の は ね

「 死者 」 な の

それ って 二十六 年 前 に 死 ん だ ミサキ

「 死者 」 って 幽霊 みたい な も の

たぶん 普通 の 幽霊 の イメージ と は 違う

実態 が ある そう だ から

それ も 私 達 と まったく 見分け が つか ない ほど の

見分け が つか ない

なんでも 「 死者 」 に は ちゃんと 心 も 記憶 も あって

自分 が 「 死者 」 だって いう こと に 気づ い て ない ん だ って

「 死者 」 って どういう 人 な の

これ まで の 「 現象 」 で 死 ん だ 人

こう 考え て み た の

二十六 年 前 の 行い で 三 組 が 死者 を 招き入れる 場 に なって しまった

それ から 死者 が クラス に 混じる よう に なって

三 組 は 「 死 」 に 近づ い て しまった ね

それ で ね 三 組 の 皆 は ね 「 災厄 」 から 逃れよ う と

あれこれ 対策 を 考え た らしい ん だ けど

お祓い と か

あった かも ね

教室 を 変え て み たり 「 三 組 」 って 名前 を 「 C 組 」 って 変え て み たり

でも やっぱり 終わら なかった

三 年生 の 三 番 目 の クラス が 問題 って こと

たぶん ね

そして ね 十 年 ほど 前 かな 有効 な 対処 法 が 見つかった の

それ を すれ ば 毎月 の 死人 が 出 ない よう に なる って いう 対処 法 が

まさか それ が

「 もう 一 人 」 の 代わり に 誰 か 一 人 を 「 い ない もの 」 に し て しまう

そう やって クラス を 本来 の 人数 に 戻し て やれ ば いい

それ で その 年 の 「 災厄 」 は 防げ る って いう

そんな おまじない

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.