image

アナザー, Another Episode 3

見せ て あげよ う か

見せ て あげよ う か

この 眼帯 の 下

夜 を 覆う 瞼 開け

もがき 影 を 恐れ 怖がれ

仄暗き 棺 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

義 眼

私 の 左 目 は 「 人形 の 目 」 な の

見え なく て いい 物 が 見え た り する から

普段 は 隠し てる

気 分 が 悪い

慣れ て ない と この 場所 は 良く ない かも ね

良く ない

人形 たち が

人形 は ね 虚 ろ な の

身体 ( から だ ) も 心 も とても 虚 ろ

それ は 死 に も 通じる 虚 ろ

虚 ろ な もの たち は それ を 何 か で 埋めよ う と し た がる

ここ に いる と 吸い取ら れ て いく みたい な 感じ が し ない

自分 の 内側 から

行き ま しょ う

上 の ほう が ここ より マシ だ から

家 この 近く な の

そう

「 夜 見 の たそがれ の 」 って いう の が

この お 店 の 名前

「 工房 m 」 って いう の は

霧 果 の 工房

ここ の 二 階

霧 果

上 の 工房 で 人形 を 創って る 人

地下 の 人形 も

たぶん 全部 霧 果 の 作品

あの 人形 は 何で

何で あんなに 君 に 似 て いる わけ

さあ

始め て 会った とき 君 が 持って た の も 人形 だった の

そう

あの 日 病院 で 亡くなった 女の子 が いたん だって ね

その 子 に

あの ええ と

亡くなった 子 「 ミサキ 」 だ か 「 マサキ 」 だ か

そんな 名前 だった って

見 崎 さん お 姉さん か 妹 さん は いる

一 人 娘 さん だった みたい で 親 御 さん が 凄く 取り乱し て 大変 だった と か

なぜ 君 は

なぜ 何 だ ろ う ね

ほか に お 客 さん は い ない し

訊 き たい こと ほか に も ある ん でしょ う

そりゃ

変 に 感じる こと が いく つ も あって

その

近寄ら ない ほう が いい って 言った のに

でも もう 遅い かも

遅い

何も 知ら ない の ね 榊原 くん

昔話 が ある の

二十六 年 前 の 三 年 三 組 の 話

誰 から も 聞い て ない ん でしょ

ある 生徒 が い た の

勉強 も 運動 も 出来 て

誰 に でも 優しく って

先生 に も 生徒 に も とって も 好か れ て た

ところ が ね 三 年 に 上がって すぐ

その 子 が 死 ん で しまった の

どうして

家族 で 乗った 飛行機 が 墜落 し て って 話 だ けど

ほか に も 色 んな 説 が ある

自動車 の 事故 だった と か

家 が 火事 に なった と か

それ で ね クラス の 皆 は 物 凄い ショック を 受け た わけ

皆 とても とても 悲し ん だ ん だ けど

そんな 中 で ふと 誰 か が 言いだし た の

あいつ は 死 ん で なん か い ない って

その 子 が 使って た 机 を 指差し て

ほら あいつ は そこ に いる

生き て ちゃんと そこ に いる だ ろ う って

そ したら ね 同じ ように 言い 始める 子 が 出 始め た の

本当 だ あいつ は 死 ん じゃ い ない って

それ が 連鎖 反応 み たい に クラス 全体 に 広 がって い て

誰 も 信じ たく なかった

受け入れ たく なかった の ね

残酷 な 現実 を

気持ち は 分から ない でも ない でしょ う

結局 クラス の 全員 が その後 も

その 子 は 生き て いる って いう フリ を し 続け た の

担任 の 先生 も 協力 し て ね

確かに あいつ は 生き て いる

だから これ から も 皆 一緒 に 頑張って

皆 一緒 に 卒業 の 日 を 迎えよ う って

卒業 式 に は 校長 先生 の 計らい で

その 子 の ため に 席 が 用意 さ れ た り も し て

ね それ 実話

それ で ね 卒業 式 の 後 教室 で 記念 写真 を 撮った の

クラス 全員 と 先生 と で

ところが 出来上がった 写真 を 見 て 皆 は 気づ い た の

写真 の 隅 っこ に

いる はず の ない その 子 の 姿 が 写って い た の

死人 みたい な 青白い 顔 で

みんな と 同じ ように 笑って

その 子 その 死 ん だ 生徒 ね

「 ミサキ 」 って 言う 名前 だった の

この 話 に はね

まだ 続き が ある の

ごめん

ごめんなさい お 婆ちゃん

うん 大丈夫

ちょっと 寄り道 し ちゃ って

もう 帰る から

嫌 な 機械

どこ に い て も 繋がって 捕まっちゃ う の ね

閉店 の 時間 だ よ

今日 は もう お 帰り なさい

試験 が 終わったら 進路 指導 か あ

改まって 先生 と そんな 話 を する っ つ う の も 激しく ユウウツ だ よ なあ

高校 進学 率 は きょう び 95 % 以上 だ

大丈夫 きみ に も 行ける 高校 は ある

励まし て ん の か それ

その つもり だ けど

お前 は どこ 行く ん だ よ

西 高

お前 そんな 成績 良かった っけ

頑張って る ところ さ

まっ 頑張れ よ

まっ どの 道 お前 と の 腐れ縁 も 卒業 まで よ

達者 で 暮らせ

腐れ縁

小学校 の 二 年 くらい から かな

家 も 近所 だ よ

がき の 頃 は つる ん で バカ ばっ か やって た のに

それ が こんな アドリブ の 効か ない 優等 生 も どき に な っち まっ て よ

僕 から すれ ば

君 が 変わって ない だけ に 見える ん だ けど ね

俺 だって いっぱい 変わって ん だ よ

俺 の 何 を 知って る って

僕 は 君 が 知ら ない 君 の こと を 知って いる よ

何 知って ん だ よ

それ ぐらい 腐れ縁 って こと

成る程

で サカキ は どう す ん だ 高校

東京 に 戻る の か

来年 の 春 に は 父さん が 帰国 する し

あっ ち の 私立 に

たぶん ね

その 手 が あった か

何 だ よ その 手 って

私 も 東京 の 私立 に 行 こ う かな

恒一 くん は 何 って 学校 行く の

え K 高 だ けど

K 高 か

赤沢 さん 東京 へ 行く の

東京 なら 一 人 暮らし かな

せい しん 何と かって 女子 高 へ 行く ん じゃ なかった の か よ

行き たい なんて 一言 も 言った 覚え ない ん だ けど

お前 も 無駄 に 苦労 し てん な

榊原 くん

傘 持ってき て ない ん です か

大丈夫 か な と 思った ん だ けど ね

あの

それ じゃ 一緒 に 帰り ませ ん か

私 の 家 は 榊原 くん の 家 の 更に 向こう だ から

でも さすが に それ は 悪い し

遠慮 し ない 遠慮 し ない

さあ 行き ま しょ う

そう いえ ば さあ

修学 旅行 って どう なって る の

去年 行き まし た よ 東京 に

大きな 遊園地 に も 行った し 東京 タワー も 登った し

楽しかった です よ

ああ 東京 行った ん だ

東京 楽しい こと が いっぱい で いい です よ ね

私 も 東京 で 勉強 し たい な

すれ ば

うち は 無理 な ん で

って か 修学 旅行 って 三 年 で 行く もの じゃ ない の

夜 見 北 は 二 年 の 秋 で 決まって る みたい です よ

昔 は 三 年 の 春 に 行って た みたい です けど

昔 は

ええ

何時頃 か は 知ら ない ん です

雨 は 嫌い じゃ ない から

あの さ 桜井 さん

見 崎 さん って さ どういう 子 な の

ダメ な ん です

ダメ って

三 組 で は 言って は ダメ な ん です

ダメ って

どう し

ああ 何 か 雨 酷 く なって ん な

あの さ 二十六 年 前 の 三 年 三 組 の 話 って 知って る

お前 その 手 の 話 信じる 口 だった の か

どうして

どうして それ を

何となく 噂 で

どこ まで 聞い た

人気 もの が 急に 死 ん じゃ って

それ から 卒業 式 の 写真 に その 死 ん だ 子 が 写って た って

その ぐらい

最初 の 年 だけ です か

どう し た の 三 人 で 深刻 な 顔 を し て

榊原 くん が その 始まり の 年 の こと を

レー ちゃん おはよう レー ちゃん

はい はい おはよう

そう 難しい 問題

なるべく そっと して

やっぱり 今 は ね

とにかく 様子 を

ただいま

お かえり なさい

あれ 来週 試験 じゃ なかった っけ

余裕 で 楽勝 って 感じ

そんな こと ない です よ

これ でも ちゃん と 必要 な だけ の 勉強 は し て ます

それ は 失礼 いた し まし た

今日 は くたびれ た

あの 怜子 さん

お 母さん が 中学 三 年 の 時 って 何 組 だった か 覚え て ます か

さあ

じゃあ 二十六 年 前 の 三 組 の 話 って

怜子 さん

あの 二十六 年 前 の 三 組 の 話 な ん です が

昔 から 伝わって る 話 だ から ね

その 話 に 続き が ある って 聞い た ん です けど

そこ まで は 知ら ない の ね 恒一 くん

知って る ん です ね 怜子 さん は

色 んな 尾鰭 が つく 物 だ から ね そういう 話 って

恒一 くん は あんまり 気 に し ない ほう が いい ん じゃ ない か な

物事 に は 知る タイミング って いう の は ある から

理 津 子 姉さん は 三 組 よ

どうして レー ちゃん どうして

ちょっと

はい

大丈夫 か お前

何 だ よ いきなり

ヤバイ と 思って 駆け て やって ん だ よ

赤沢 の 奴 な ん か 今 に も 爆発 し そう だ し

何で 赤沢 さん が

いい か サカキ

い ない もの の 相手 を する の は よせ

何 を 言って る ん だ

ヤバイ ん だ よ それ

それ と な 昨日 言って た 二十六 年 前 の 話

あれ 来月 に なったら 教え て やる よ

だから さ とにかく 今月 いっぱい は

この 間 の さ 病棟 で 亡くなった 女の子 の こと な ん だ けど

何 か 分かり まし た

名前 は ミサキ だった みたい

マサキ じゃ なく て ミサキ

未来 の 「 未 」 に 花 が 咲く の 「 咲 」

姓 は 藤岡 って いう そう よ

藤岡 未 咲

その 子 の こと を 知り た がって た 理由 って

ええ と その

今 すぐ じゃ なく て いい けど

でも いずれ ね

はい

と そう いや 今 試験 直前

そう です けど

うち の 弟 も 必死 で 勉強 中

弟 さん

二 人 い て ね

こいつ ら が もう 揃い も 揃って 筋肉 バカ で さあ

読書 に 一切 興味 なし

漫画 以外 読 ん だ こと ない ん じゃ ない か な

問題 あり でしょ う

早い ね 毎回

そう

昨日 も 今日 も 途中 で 出 て た し

大丈夫 な の

大丈夫 な の 私 は

藤岡 未 咲 って いう 子 だった ん だ ね あの 日 亡くなった 人 って

未 咲 は

未 咲 は 私 の いとこ よ

昔 は もっと 側 に い て もっと 繋がって た

繋がって た

あの さ

二十六 年 前 の 三 組 の

あの 話 の 続き って 何

誰 も 教え て くれ ない

うん

ま しょうがない か

前 から 聞き たかった ん だ けど

転校 し て き て から ずっと 気 に なって る ん だ けど

どうして な の か な

クラス の 連中 それ から 先生 も どうして 君 を

い ない もの だ から

いい か サカキ

い ない もの の 相手 を する の は よせ

そんな

ヤバイ ん だ よ それ

でも

皆 に は 私 の こと 見え て ない の

見え てる の は 榊原 くん あなた だけ

だ と し たら

いや

まさか

そんな

どう し た ん だ ろ う

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

見せ て あげよ う か

見せ て あげよ う か

この 眼帯 の 下

夜 を 覆う 瞼 開け

もがき 影 を 恐れ 怖がれ

仄暗き 棺 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

義 眼

私 の 左 目 は 「 人形 の 目 」 な の

見え なく て いい 物 が 見え た り する から

普段 は 隠し てる

気 分 が 悪い

慣れ て ない と この 場所 は 良く ない かも ね

良く ない

人形 たち が

人形 は ね 虚 ろ な の

身体 ( から だ ) も 心 も とても 虚 ろ

それ は 死 に も 通じる 虚 ろ

虚 ろ な もの たち は それ を 何 か で 埋めよ う と し た がる

ここ に いる と 吸い取ら れ て いく みたい な 感じ が し ない

自分 の 内側 から

行き ま しょ う

上 の ほう が ここ より マシ だ から

家 この 近く な の

そう

「 夜 見 の たそがれ の 」 って いう の が

この お 店 の 名前

「 工房 m 」 って いう の は

霧 果 の 工房

ここ の 二 階

霧 果

上 の 工房 で 人形 を 創って る 人

地下 の 人形 も

たぶん 全部 霧 果 の 作品

あの 人形 は 何で

何で あんなに 君 に 似 て いる わけ

さあ

始め て 会った とき 君 が 持って た の も 人形 だった の

そう

あの 日 病院 で 亡くなった 女の子 が いたん だって ね

その 子 に

あの ええ と

亡くなった 子 「 ミサキ 」 だ か 「 マサキ 」 だ か

そんな 名前 だった って

見 崎 さん お 姉さん か 妹 さん は いる

一 人 娘 さん だった みたい で 親 御 さん が 凄く 取り乱し て 大変 だった と か

なぜ 君 は

なぜ 何 だ ろ う ね

ほか に お 客 さん は い ない し

訊 き たい こと ほか に も ある ん でしょ う

そりゃ

変 に 感じる こと が いく つ も あって

その

近寄ら ない ほう が いい って 言った のに

でも もう 遅い かも

遅い

何も 知ら ない の ね 榊原 くん

昔話 が ある の

二十六 年 前 の 三 年 三 組 の 話

誰 から も 聞い て ない ん でしょ

ある 生徒 が い た の

勉強 も 運動 も 出来 て

誰 に でも 優しく って

先生 に も 生徒 に も とって も 好か れ て た

ところ が ね 三 年 に 上がって すぐ

その 子 が 死 ん で しまった の

どうして

家族 で 乗った 飛行機 が 墜落 し て って 話 だ けど

ほか に も 色 んな 説 が ある

自動車 の 事故 だった と か

家 が 火事 に なった と か

それ で ね クラス の 皆 は 物 凄い ショック を 受け た わけ

皆 とても とても 悲し ん だ ん だ けど

そんな 中 で ふと 誰 か が 言いだし た の

あいつ は 死 ん で なん か い ない って

その 子 が 使って た 机 を 指差し て

ほら あいつ は そこ に いる

生き て ちゃんと そこ に いる だ ろ う って

そ したら ね 同じ ように 言い 始める 子 が 出 始め た の

本当 だ あいつ は 死 ん じゃ い ない って

それ が 連鎖 反応 み たい に クラス 全体 に 広 がって い て

誰 も 信じ たく なかった

受け入れ たく なかった の ね

残酷 な 現実 を

気持ち は 分から ない でも ない でしょ う

結局 クラス の 全員 が その後 も

その 子 は 生き て いる って いう フリ を し 続け た の

担任 の 先生 も 協力 し て ね

確かに あいつ は 生き て いる

だから これ から も 皆 一緒 に 頑張って

皆 一緒 に 卒業 の 日 を 迎えよ う って

卒業 式 に は 校長 先生 の 計らい で

その 子 の ため に 席 が 用意 さ れ た り も し て

ね それ 実話

それ で ね 卒業 式 の 後 教室 で 記念 写真 を 撮った の

クラス 全員 と 先生 と で

ところが 出来上がった 写真 を 見 て 皆 は 気づ い た の

写真 の 隅 っこ に

いる はず の ない その 子 の 姿 が 写って い た の

死人 みたい な 青白い 顔 で

みんな と 同じ ように 笑って

その 子 その 死 ん だ 生徒 ね

「 ミサキ 」 って 言う 名前 だった の

この 話 に はね

まだ 続き が ある の

ごめん

ごめんなさい お 婆ちゃん

うん 大丈夫

ちょっと 寄り道 し ちゃ って

もう 帰る から

嫌 な 機械

どこ に い て も 繋がって 捕まっちゃ う の ね

閉店 の 時間 だ よ

今日 は もう お 帰り なさい

試験 が 終わったら 進路 指導 か あ

改まって 先生 と そんな 話 を する っ つ う の も 激しく ユウウツ だ よ なあ

高校 進学 率 は きょう び 95 % 以上 だ

大丈夫 きみ に も 行ける 高校 は ある

励まし て ん の か それ

その つもり だ けど

お前 は どこ 行く ん だ よ

西 高

お前 そんな 成績 良かった っけ

頑張って る ところ さ

まっ 頑張れ よ

まっ どの 道 お前 と の 腐れ縁 も 卒業 まで よ

達者 で 暮らせ

腐れ縁

小学校 の 二 年 くらい から かな

家 も 近所 だ よ

がき の 頃 は つる ん で バカ ばっ か やって た のに

それ が こんな アドリブ の 効か ない 優等 生 も どき に な っち まっ て よ

僕 から すれ ば

君 が 変わって ない だけ に 見える ん だ けど ね

俺 だって いっぱい 変わって ん だ よ

俺 の 何 を 知って る って

僕 は 君 が 知ら ない 君 の こと を 知って いる よ

何 知って ん だ よ

それ ぐらい 腐れ縁 って こと

成る程

で サカキ は どう す ん だ 高校

東京 に 戻る の か

来年 の 春 に は 父さん が 帰国 する し

あっ ち の 私立 に

たぶん ね

その 手 が あった か

何 だ よ その 手 って

私 も 東京 の 私立 に 行 こ う かな

恒一 くん は 何 って 学校 行く の

え K 高 だ けど

K 高 か

赤沢 さん 東京 へ 行く の

東京 なら 一 人 暮らし かな

せい しん 何と かって 女子 高 へ 行く ん じゃ なかった の か よ

行き たい なんて 一言 も 言った 覚え ない ん だ けど

お前 も 無駄 に 苦労 し てん な

榊原 くん

傘 持ってき て ない ん です か

大丈夫 か な と 思った ん だ けど ね

あの

それ じゃ 一緒 に 帰り ませ ん か

私 の 家 は 榊原 くん の 家 の 更に 向こう だ から

でも さすが に それ は 悪い し

遠慮 し ない 遠慮 し ない

さあ 行き ま しょ う

そう いえ ば さあ

修学 旅行 って どう なって る の

去年 行き まし た よ 東京 に

大きな 遊園地 に も 行った し 東京 タワー も 登った し

楽しかった です よ

ああ 東京 行った ん だ

東京 楽しい こと が いっぱい で いい です よ ね

私 も 東京 で 勉強 し たい な

すれ ば

うち は 無理 な ん で

って か 修学 旅行 って 三 年 で 行く もの じゃ ない の

夜 見 北 は 二 年 の 秋 で 決まって る みたい です よ

昔 は 三 年 の 春 に 行って た みたい です けど

昔 は

ええ

何時頃 か は 知ら ない ん です

雨 は 嫌い じゃ ない から

あの さ 桜井 さん

見 崎 さん って さ どういう 子 な の

ダメ な ん です

ダメ って

三 組 で は 言って は ダメ な ん です

ダメ って

どう し

ああ 何 か 雨 酷 く なって ん な

あの さ 二十六 年 前 の 三 年 三 組 の 話 って 知って る

お前 その 手 の 話 信じる 口 だった の か

どうして

どうして それ を

何となく 噂 で

どこ まで 聞い た

人気 もの が 急に 死 ん じゃ って

それ から 卒業 式 の 写真 に その 死 ん だ 子 が 写って た って

その ぐらい

最初 の 年 だけ です か

どう し た の 三 人 で 深刻 な 顔 を し て

榊原 くん が その 始まり の 年 の こと を

レー ちゃん おはよう レー ちゃん

はい はい おはよう

そう 難しい 問題

なるべく そっと して

やっぱり 今 は ね

とにかく 様子 を

ただいま

お かえり なさい

あれ 来週 試験 じゃ なかった っけ

余裕 で 楽勝 って 感じ

そんな こと ない です よ

これ でも ちゃん と 必要 な だけ の 勉強 は し て ます

それ は 失礼 いた し まし た

今日 は くたびれ た

あの 怜子 さん

お 母さん が 中学 三 年 の 時 って 何 組 だった か 覚え て ます か

さあ

じゃあ 二十六 年 前 の 三 組 の 話 って

怜子 さん

あの 二十六 年 前 の 三 組 の 話 な ん です が

昔 から 伝わって る 話 だ から ね

その 話 に 続き が ある って 聞い た ん です けど

そこ まで は 知ら ない の ね 恒一 くん

知って る ん です ね 怜子 さん は

色 んな 尾鰭 が つく 物 だ から ね そういう 話 って

恒一 くん は あんまり 気 に し ない ほう が いい ん じゃ ない か な

物事 に は 知る タイミング って いう の は ある から

理 津 子 姉さん は 三 組 よ

どうして レー ちゃん どうして

ちょっと

はい

大丈夫 か お前

何 だ よ いきなり

ヤバイ と 思って 駆け て やって ん だ よ

赤沢 の 奴 な ん か 今 に も 爆発 し そう だ し

何で 赤沢 さん が

いい か サカキ

い ない もの の 相手 を する の は よせ

何 を 言って る ん だ

ヤバイ ん だ よ それ

それ と な 昨日 言って た 二十六 年 前 の 話

あれ 来月 に なったら 教え て やる よ

だから さ とにかく 今月 いっぱい は

この 間 の さ 病棟 で 亡くなった 女の子 の こと な ん だ けど

何 か 分かり まし た

名前 は ミサキ だった みたい

マサキ じゃ なく て ミサキ

未来 の 「 未 」 に 花 が 咲く の 「 咲 」

姓 は 藤岡 って いう そう よ

藤岡 未 咲

その 子 の こと を 知り た がって た 理由 って

ええ と その

今 すぐ じゃ なく て いい けど

でも いずれ ね

はい

と そう いや 今 試験 直前

そう です けど

うち の 弟 も 必死 で 勉強 中

弟 さん

二 人 い て ね

こいつ ら が もう 揃い も 揃って 筋肉 バカ で さあ

読書 に 一切 興味 なし

漫画 以外 読 ん だ こと ない ん じゃ ない か な

問題 あり でしょ う

早い ね 毎回

そう

昨日 も 今日 も 途中 で 出 て た し

大丈夫 な の

大丈夫 な の 私 は

藤岡 未 咲 って いう 子 だった ん だ ね あの 日 亡くなった 人 って

未 咲 は

未 咲 は 私 の いとこ よ

昔 は もっと 側 に い て もっと 繋がって た

繋がって た

あの さ

二十六 年 前 の 三 組 の

あの 話 の 続き って 何

誰 も 教え て くれ ない

うん

ま しょうがない か

前 から 聞き たかった ん だ けど

転校 し て き て から ずっと 気 に なって る ん だ けど

どうして な の か な

クラス の 連中 それ から 先生 も どうして 君 を

い ない もの だ から

いい か サカキ

い ない もの の 相手 を する の は よせ

そんな

ヤバイ ん だ よ それ

でも

皆 に は 私 の こと 見え て ない の

見え てる の は 榊原 くん あなた だけ

だ と し たら

いや

まさか

そんな

どう し た ん だ ろ う

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.