image

アナザー, Another Episode 2

どうして

大丈夫 な の これ

えっ と

気 を つけ た ほう が いい よ

もう 始まって る かも しれ ない

夜 を 覆う 瞼 開け

もがき 影 を 恐れ 怖がれ

仄暗き 棺 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

何で すか これ は

あの レモン を

これ が

「 レモン の 叫び 」 です

これ で いい と 思う わけ 望月 くん

僕 に は この レモン が こう 見える ん です

授業 の 趣旨 に 合わ ない けど

まあ いい わ

でも こういう こと は 美術 部 だけ で ね

はい すみません

謝る 必要 は なし

そのまま 仕上げ て しまい なさい

ムンク が 好き な の

うん まあ ね

望月 くん は 普通 の 人 と は 違う 絵 描く よ ね

レモン が 叫 ん でる の

違う よ 叫 ん でる の は 世界

耳 を 塞 い でる の は その 叫び に 戦い てる から

そう いや 君 美術 部 な ん だ

うん 今年 から 活動 再開 し た から

榊原 くん は 部活 動 を やら ない ん です か

どう しよ う かな

入ら ない の 美術 部

僕 が

だって さ

勅使河原 くん あなた は 何 を 描 い てる の

リンゴ です

リンゴ に 手足 は ない わ よ

僕 に は リンゴ が こう 見える ん です

真面目 に やり なさい

へい

興味 なく も ない けど

榊原 くん は 三神 先生 の こと どう 思う

どう って 訊 か れ て も 困る よ な

まあ うん

そう だ よ ね うん

い ない か

ムンク の 「 叫び 」 って さ

じっくり 見る と 怖い と 言う か

不安 に なら ない

不安

そう だ ね

すべて が 不安 で どう しよう も ない

そんな 気持ち を 抉り出し て くれる 絵

だから 好き な ん だ

不安 に なる から 好き

見 ない フリ し て て も 仕方ない もん

皆 きっと そう だ し

よ サカキ

三神 先生 の 話 か

だったら 俺 も 交ぜろ よ

残念 ながら もう ちょっと 暗め の 話

何 だ よ 暗い 話 って

世界 を 覆う 不安 に つい て

なん だ そりゃ あ

勅使河原 は さ 不安 って ある の

そりゃ あ も う

何せ 三 年 に 上がって

より に よって 「 呪わ れ た 三 組 」 に な っち まっ た から なあ

あの さ サカキ

昨日 から 話 そ う と 思って た ん だ が

それ は もう まずい ん じゃ ない の

「 もう 」 って 言った って でも なあ

一体

どう し た

いや ちょっと ね

おい サカキ

ちょっと それ は

よかった の

何 が

止め なかった あの 二 人

み たい だ ね

この 絵 は

何 か モデル が ある の

それとも 想像

両方 かな

この 子 に は 最後 に 大きな 翼 を つけ て あげる の

天使

さあ どう かな

昨日 雨 の 中 で 何 し て た の

雨 は 嫌い じゃ ない から

一 番 好き な の は 真冬 の 冷たい 雨

雪 に 変わる 寸前 の

その 左 目 は どう し た の

病院 で 会った 時 から ずっと 眼帯 し てる し

知り たい

あ 嫌 なら 別に

じゃあ 言わ ない

授業 行った ほう が いい ね

初めて の 顔 だ ね

三 年 三 組 の 榊原 です

転校 し て 来 た ばかり で

司書 の 千 曳 だ

気 が 向け ば いつ でも 来 れ ば いい が

さあ 今 は 行って 行って

はい

レー ちゃん どうして

レー ちゃん

千 曳 さん ね

確か そんな 名前 で し た

あの 部屋 の 主 みたい な 感じ で し た ね

そんな 感じよ ね あの 人

図書 室 の 主

無愛想 で いつも 黒い 服 着 て て

女子 は 大抵 気味 悪 がって た けど

なんか 言わ れ た

いえ 特に は

そう

第 二 図書 室 って 昔 から あそこ だった ん です か

そう よ

ただ 第 二 に なった の は 新しい 校舎 が 出来 て から かな

ところで さ 恒一 くん

部活 は や ん ない の

そう です ね

そう いえ ば 今日 美術 部 に 入ら な いか って 誘わ れ ちゃ って

美術 好き な の

興味 は あり ます

でも あんまり 絵 は 上手く ない ん です よ ね

そのくせ あの

これ は まだ 誰 に も 内緒 な ん です けど

でき れ ば 美術 系 の 学校 に 進み たい なって

へ ー それ は 初耳

彫刻 と か 造 型 と か を やって み たく て

無謀 でしょ う か

まず 間違い なく 親 は 反対 する わ ね

あと 仮に 学校 出 て も 驚く ほど つぶし が きか ない

才能 次第 って の も ある けど

たぶん 運 が ない と 駄目

そう は 言って も やり たい の なら やって み れ ば いい よ

何事 も やる 前 に 諦め ちゃ う の は

かっこ悪い と 思う ん だ

かっこ悪い です か

うん 大事 な こと でしょ

自分 自身 から 見 て

かっこいい か 悪い か って

そういう 物 でしょう か

榊原 くん

ごめん ね 昼間 は 忙しく て

いい ん です か ここ

大丈夫 大丈夫

ありがとう ござい ます

で 最近 は 何 読 ん でる の

水野 さん に 薦め られ た 「 John Saul 」 を

うち の 職場 の 人 も 読 ん で くれ たら い い ん だ けど ね

って いう 話 を し に 来 た わけ じゃ な いよ ね

はい ちょっと お 聞き し たい 事 が あって

先週 の 月曜日 この 病院 で 亡くなった 女の子 って い ませ ん で し た

先週 の 月曜

まだ 入院 し て た よ ね 何で

あの ちょっと 気 に なる 事 が あって

なんか 事情 が ある みたい ね

私 の 担当 し て た 患者 さん に は い なかった かな

じゃ それ と は 別に

その 日 病棟 で 制服 姿 の 女の子 を 見かけ ませ ん で し た

また 女の子

紺色 の ブレザー で 髪 は ショート

あと 左 目 に 眼帯 を し て て

眼帯

眼科 の 患者 さん か

あ ちょっと 待って

見かけ た ん です か

そっち じゃ なく て ね

亡くなった 人 の 方

あった かも しれ ない

本当 です か

多分 だ けど ね

女の子 だった の か な

若い 患者 さん が 亡くなった って そんな 話 が あった の

その 人 の 名前 は

調べ とい て あげ よっ か

いい ん です か

それ と なく 聞く くらい なら ね

何 か 分かったら

携帯 に 電話 する から

言い出し て おい て な ん です が

その

大丈夫 な ん です か

同好 の よしみ と いう こと で

なんだか わけ あり みたい だ し

その代わり 今度 ちゃん と 理由 を 教え て ね

いい ホラー 少年

皆さん ご存知 の よう に

「 俳句 」 は 「 五七五 」 の 十 七 音 で 作ら れ た

定型 詩 の 一 つ で は あり ます が

この 「 俳句 」 と いう 言葉 は 比較的 新しく

約 百 年 ほど 前 正岡 子 規 と いう 人 に よって 名付け られ た もの です

それ 以前 は 「 俳諧 」 と 呼ば れ て い まし た

「 俳句 」 を 成立 さ せる 上 で 重要 な 点 は 三 点 です

榊原 くん これ から お 帰り です か

ちょっと いい

そう

生まれ た の は 夜 見 山 の 病院 な ん だ

すぐ 東京 に 戻った らしい けど ね

それ から ずっと 東京

そう だ よ

帰省 で 戻ったり は

母さん は 僕 を 産 ん で すぐ 死 ん じゃ った から

あまり

そう

何で そんな こと を

どこ か で 会った 気 が する の よ

どこ か で

人違い じゃ ない の

それ も 含め て ね 確かめ たい の

いら つく の よ

ごめんなさい あなた の こと じゃ ない の

はっきり と 思い出せ ない 自分 の 不 甲斐 な さ に ね

赤沢 さん あまり 思いつめ て も

これ も 対策 係 の 仕事 だ し

私 が ちゃんと し ない と

対策 係って 何 する 係り な の

簡単 に 言え ば クラス を 守る ため に

対策 を 立案 し て 執行 する 係り

守る 立案 と 執行 って

恒一 くん に は 三 組 の 置か れ た 状況 と 決まり を 理解 し て もらう

赤沢 さん

何 よ

ちょっと

実は

じゃあ また 明日 ね

また 明日

バイバイ

何 それ った く

たった 一 日 休 ん だ だけ で この 様 か

じゃあ また

夜 見 の 黄昏 の 虚 ろ なる 蒼 き 瞳 の

何 だ

はい

榊原 くん

ああ 水野 さん

この 前 の 件 だ けど 分かった よ

中学生 の 女の子 だった って

一 人 娘 さん だった みたい で

親 御 さん が 凄く 取り乱し て 大変 だった と か

名前 は その 子 の 名前 は 何 って いう

ちょっと 曖昧 な ん だ けど

はい

亡くなった 子 ミサキ だ か マサキ だ か

そんな 名前 だった って

又聞き だ から 正確 か どう か

いらっしゃい

おや 若い 男の子 と は 珍しい ね

お 客 さん かい それとも

こんにちは

あの お 店 な ん です よ ね

中学生 かい

はい 夜 見 北 の

だったら 半額 で いい よ

ここ 人形 屋 さん です か

半々 って とこ か ね

売り物 も ある けど 中学生 に 買え る 値段 じゃ ない よ

でも まあ ゆっくり 見 て おい き なさい な

他 に お 客 さん は い ない し

お 望み なら お茶 を 淹 れ て あげる よ

はい でも お茶 は 結構 です ので

そう かい じゃ ご ゆっくり

これ

鳴 何で こんな

こういう の 嫌い じゃ ない ん だ

何故 ここ に あなた が いる の

何故

別に 脅かす つもり で 隠れ て た ん じゃ ない から

偶々 今 あなた が ここ に 来 た だけ

似 てる って 思った

うん

似 てる よ ね

でも 半分 だけ

もしかしたら それ 以下

どうして ここ に

嫌い じゃ ない から

それ で どうして あなた

榊原 くん が ここ に いる の

それ は えっ と

散策 し て たら その 町 に 慣れ て ない から

そ したら 偶々 見つけ た ここ が 気 に なって

そう

ここ に ある よう な 人形 って 気味 が 悪い って 言う 人 も いる でしょ う

榊原 くん は そう じゃ なかった ん だ

うん

この 子 達 は 一 番 好き

凄く 穏 かな 顔 し てる

繋がって る のに こんなに 安心 し て られる って

とても 不思議

繋がって る から 安心 な ん じゃ ない の

まさか

繋がって ない から 安心 って いう なら 不思議 じゃ ない けど

見せ て あげよ う か

見せ て あげよ う か この 眼帯 の 下

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

どうして

大丈夫 な の これ

えっ と

気 を つけ た ほう が いい よ

もう 始まって る かも しれ ない

夜 を 覆う 瞼 開け

もがき 影 を 恐れ 怖がれ

仄暗き 棺 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

何で すか これ は

あの レモン を

これ が

「 レモン の 叫び 」 です

これ で いい と 思う わけ 望月 くん

僕 に は この レモン が こう 見える ん です

授業 の 趣旨 に 合わ ない けど

まあ いい わ

でも こういう こと は 美術 部 だけ で ね

はい すみません

謝る 必要 は なし

そのまま 仕上げ て しまい なさい

ムンク が 好き な の

うん まあ ね

望月 くん は 普通 の 人 と は 違う 絵 描く よ ね

レモン が 叫 ん でる の

違う よ 叫 ん でる の は 世界

耳 を 塞 い でる の は その 叫び に 戦い てる から

そう いや 君 美術 部 な ん だ

うん 今年 から 活動 再開 し た から

榊原 くん は 部活 動 を やら ない ん です か

どう しよ う かな

入ら ない の 美術 部

僕 が

だって さ

勅使河原 くん あなた は 何 を 描 い てる の

リンゴ です

リンゴ に 手足 は ない わ よ

僕 に は リンゴ が こう 見える ん です

真面目 に やり なさい

へい

興味 なく も ない けど

榊原 くん は 三神 先生 の こと どう 思う

どう って 訊 か れ て も 困る よ な

まあ うん

そう だ よ ね うん

い ない か

ムンク の 「 叫び 」 って さ

じっくり 見る と 怖い と 言う か

不安 に なら ない

不安

そう だ ね

すべて が 不安 で どう しよう も ない

そんな 気持ち を 抉り出し て くれる 絵

だから 好き な ん だ

不安 に なる から 好き

見 ない フリ し て て も 仕方ない もん

皆 きっと そう だ し

よ サカキ

三神 先生 の 話 か

だったら 俺 も 交ぜろ よ

残念 ながら もう ちょっと 暗め の 話

何 だ よ 暗い 話 って

世界 を 覆う 不安 に つい て

なん だ そりゃ あ

勅使河原 は さ 不安 って ある の

そりゃ あ も う

何せ 三 年 に 上がって

より に よって 「 呪わ れ た 三 組 」 に な っち まっ た から なあ

あの さ サカキ

昨日 から 話 そ う と 思って た ん だ が

それ は もう まずい ん じゃ ない の

「 もう 」 って 言った って でも なあ

一体

どう し た

いや ちょっと ね

おい サカキ

ちょっと それ は

よかった の

何 が

止め なかった あの 二 人

み たい だ ね

この 絵 は

何 か モデル が ある の

それとも 想像

両方 かな

この 子 に は 最後 に 大きな 翼 を つけ て あげる の

天使

さあ どう かな

昨日 雨 の 中 で 何 し て た の

雨 は 嫌い じゃ ない から

一 番 好き な の は 真冬 の 冷たい 雨

雪 に 変わる 寸前 の

その 左 目 は どう し た の

病院 で 会った 時 から ずっと 眼帯 し てる し

知り たい

あ 嫌 なら 別に

じゃあ 言わ ない

授業 行った ほう が いい ね

初めて の 顔 だ ね

三 年 三 組 の 榊原 です

転校 し て 来 た ばかり で

司書 の 千 曳 だ

気 が 向け ば いつ でも 来 れ ば いい が

さあ 今 は 行って 行って

はい

レー ちゃん どうして

レー ちゃん

千 曳 さん ね

確か そんな 名前 で し た

あの 部屋 の 主 みたい な 感じ で し た ね

そんな 感じよ ね あの 人

図書 室 の 主

無愛想 で いつも 黒い 服 着 て て

女子 は 大抵 気味 悪 がって た けど

なんか 言わ れ た

いえ 特に は

そう

第 二 図書 室 って 昔 から あそこ だった ん です か

そう よ

ただ 第 二 に なった の は 新しい 校舎 が 出来 て から かな

ところで さ 恒一 くん

部活 は や ん ない の

そう です ね

そう いえ ば 今日 美術 部 に 入ら な いか って 誘わ れ ちゃ って

美術 好き な の

興味 は あり ます

でも あんまり 絵 は 上手く ない ん です よ ね

そのくせ あの

これ は まだ 誰 に も 内緒 な ん です けど

でき れ ば 美術 系 の 学校 に 進み たい なって

へ ー それ は 初耳

彫刻 と か 造 型 と か を やって み たく て

無謀 でしょ う か

まず 間違い なく 親 は 反対 する わ ね

あと 仮に 学校 出 て も 驚く ほど つぶし が きか ない

才能 次第 って の も ある けど

たぶん 運 が ない と 駄目

そう は 言って も やり たい の なら やって み れ ば いい よ

何事 も やる 前 に 諦め ちゃ う の は

かっこ悪い と 思う ん だ

かっこ悪い です か

うん 大事 な こと でしょ

自分 自身 から 見 て

かっこいい か 悪い か って

そういう 物 でしょう か

榊原 くん

ごめん ね 昼間 は 忙しく て

いい ん です か ここ

大丈夫 大丈夫

ありがとう ござい ます

で 最近 は 何 読 ん でる の

水野 さん に 薦め られ た 「 John Saul 」 を

うち の 職場 の 人 も 読 ん で くれ たら い い ん だ けど ね

って いう 話 を し に 来 た わけ じゃ な いよ ね

はい ちょっと お 聞き し たい 事 が あって

先週 の 月曜日 この 病院 で 亡くなった 女の子 って い ませ ん で し た

先週 の 月曜

まだ 入院 し て た よ ね 何で

あの ちょっと 気 に なる 事 が あって

なんか 事情 が ある みたい ね

私 の 担当 し て た 患者 さん に は い なかった かな

じゃ それ と は 別に

その 日 病棟 で 制服 姿 の 女の子 を 見かけ ませ ん で し た

また 女の子

紺色 の ブレザー で 髪 は ショート

あと 左 目 に 眼帯 を し て て

眼帯

眼科 の 患者 さん か

あ ちょっと 待って

見かけ た ん です か

そっち じゃ なく て ね

亡くなった 人 の 方

あった かも しれ ない

本当 です か

多分 だ けど ね

女の子 だった の か な

若い 患者 さん が 亡くなった って そんな 話 が あった の

その 人 の 名前 は

調べ とい て あげ よっ か

いい ん です か

それ と なく 聞く くらい なら ね

何 か 分かったら

携帯 に 電話 する から

言い出し て おい て な ん です が

その

大丈夫 な ん です か

同好 の よしみ と いう こと で

なんだか わけ あり みたい だ し

その代わり 今度 ちゃん と 理由 を 教え て ね

いい ホラー 少年

皆さん ご存知 の よう に

「 俳句 」 は 「 五七五 」 の 十 七 音 で 作ら れ た

定型 詩 の 一 つ で は あり ます が

この 「 俳句 」 と いう 言葉 は 比較的 新しく

約 百 年 ほど 前 正岡 子 規 と いう 人 に よって 名付け られ た もの です

それ 以前 は 「 俳諧 」 と 呼ば れ て い まし た

「 俳句 」 を 成立 さ せる 上 で 重要 な 点 は 三 点 です

榊原 くん これ から お 帰り です か

ちょっと いい

そう

生まれ た の は 夜 見 山 の 病院 な ん だ

すぐ 東京 に 戻った らしい けど ね

それ から ずっと 東京

そう だ よ

帰省 で 戻ったり は

母さん は 僕 を 産 ん で すぐ 死 ん じゃ った から

あまり

そう

何で そんな こと を

どこ か で 会った 気 が する の よ

どこ か で

人違い じゃ ない の

それ も 含め て ね 確かめ たい の

いら つく の よ

ごめんなさい あなた の こと じゃ ない の

はっきり と 思い出せ ない 自分 の 不 甲斐 な さ に ね

赤沢 さん あまり 思いつめ て も

これ も 対策 係 の 仕事 だ し

私 が ちゃんと し ない と

対策 係って 何 する 係り な の

簡単 に 言え ば クラス を 守る ため に

対策 を 立案 し て 執行 する 係り

守る 立案 と 執行 って

恒一 くん に は 三 組 の 置か れ た 状況 と 決まり を 理解 し て もらう

赤沢 さん

何 よ

ちょっと

実は

じゃあ また 明日 ね

また 明日

バイバイ

何 それ った く

たった 一 日 休 ん だ だけ で この 様 か

じゃあ また

夜 見 の 黄昏 の 虚 ろ なる 蒼 き 瞳 の

何 だ

はい

榊原 くん

ああ 水野 さん

この 前 の 件 だ けど 分かった よ

中学生 の 女の子 だった って

一 人 娘 さん だった みたい で

親 御 さん が 凄く 取り乱し て 大変 だった と か

名前 は その 子 の 名前 は 何 って いう

ちょっと 曖昧 な ん だ けど

はい

亡くなった 子 ミサキ だ か マサキ だ か

そんな 名前 だった って

又聞き だ から 正確 か どう か

いらっしゃい

おや 若い 男の子 と は 珍しい ね

お 客 さん かい それとも

こんにちは

あの お 店 な ん です よ ね

中学生 かい

はい 夜 見 北 の

だったら 半額 で いい よ

ここ 人形 屋 さん です か

半々 って とこ か ね

売り物 も ある けど 中学生 に 買え る 値段 じゃ ない よ

でも まあ ゆっくり 見 て おい き なさい な

他 に お 客 さん は い ない し

お 望み なら お茶 を 淹 れ て あげる よ

はい でも お茶 は 結構 です ので

そう かい じゃ ご ゆっくり

これ

鳴 何で こんな

こういう の 嫌い じゃ ない ん だ

何故 ここ に あなた が いる の

何故

別に 脅かす つもり で 隠れ て た ん じゃ ない から

偶々 今 あなた が ここ に 来 た だけ

似 てる って 思った

うん

似 てる よ ね

でも 半分 だけ

もしかしたら それ 以下

どうして ここ に

嫌い じゃ ない から

それ で どうして あなた

榊原 くん が ここ に いる の

それ は えっ と

散策 し て たら その 町 に 慣れ て ない から

そ したら 偶々 見つけ た ここ が 気 に なって

そう

ここ に ある よう な 人形 って 気味 が 悪い って 言う 人 も いる でしょ う

榊原 くん は そう じゃ なかった ん だ

うん

この 子 達 は 一 番 好き

凄く 穏 かな 顔 し てる

繋がって る のに こんなに 安心 し て られる って

とても 不思議

繋がって る から 安心 な ん じゃ ない の

まさか

繋がって ない から 安心 って いう なら 不思議 じゃ ない けど

見せ て あげよ う か

見せ て あげよ う か この 眼帯 の 下

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.