image

アナザー, Another Episode 1

ミサキ って 知って る か

三 年 三 組 の ミサキ

三 組 に そんな 人 い た っけ

二十六 年 前 の 話 な

そい つ さ

一 年 の 頃 から 人気者 で さ

頭 も 顔 も 性格 も よかった らしい ん だ

だから 生徒 に も 先生 に も 好か れ て て さ

いる よ ねえ 学年 に 一 人 は そういう 人

ところが 三 年 に 上がって すぐ

その ミサキ が 死 ん じゃ った の さ

どうして

事故 って 聞い た

それ で な

みんな ものすごい ショック を 受け て さ

そんな 中 で ふと 誰 か が 言いだし た ん だ

何 って

ミサキ が 使って た 机 を 指さし て

ミサキ は そこ に いる

ミサキ は 死 ん じゃ い ない って

それ って

まあ ふり な ん だ けど な

それ から 三 組 じゃ その後 も ずっと

ミサキ は 生き てる って いう ふり を し 続ける こと に し た の さ

ちょっと 不気味 ね

結局 その ふり は 卒業 まで 続 い て さ

卒業 式 の 時 は 校長 の 計らい で

ミサキ の 席 が 用意 さ れ た らしい

いい 話 じゃ ない

ここ まで なら ば

続き ある ん だ

その 続 きって の は な

夜 を 覆う 瞼 開け

もがき 影 を 恐れ 怖がれ

仄暗き 棺 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

どう 苦しく ない

はい

本当 に もう こっち に 来 た 早々 こんな

可哀想 に ねえ

えっ と ごめんなさい おばあ ちゃん

いや だ ねえ 気 に する ん じゃ ない よ お

仕方 な いから ねえ

あの お 父さん に は

まだ 伝え て ない よ

陽介 さん 今ごろ は インド か どこ か な ん でしょ う

言 っと こ う か

携帯 の 番号 を 知って る し

いえ

あの 僕 自分 で 連絡 し ます から

うん その方 が いい ね

それにしても ねえ

陽介 さん も 律 儀 な 人 だ よ ねえ

理 津 子 が 死 ん で もう こんなに 経つ の に

街 の 真ん中 を 流れ てる の が 夜 見 山川 ね

その 向こう に グラウンド 見え ない か な

えっ と あれ です ね

そう

あれ が 恒一 くん が 通う 中学校 ね

怜子 さん も 昔 あの 中学 に 通って た ん です か

そう よ 十四 年 も 前 だ けど ね

じゃあ お 母さん も

そう 理 津 子 姉さん も 夜 見 北 だった

夜 見 北

夜 見 山 北 中学校 ね

ああ

私立 と 公立 の 違い は ある と 思う けど

その辺 は 慣れよ ね

恒一 くん なら すぐ 慣れる と 思う な

だ と いい ん です けど

大丈夫 よ

退院 し たら 夜 見 北 で の 心構え を 教え て あげる から

今度 は キング 先生 です か

ホラー 少年

じゃあ 後 は よろしく

僕達 夜 見 山北 中学 の 三 年 三 組 の 生徒 です

はい

僕 は 風見 と いい ます

風見 智彦

こっち は 桜木 さん

はじめ まして 桜木 ゆかり です

こっち は

赤沢 泉美

あの 何 か

ええ と です ね

僕 と 桜木 さん は クラス 委員 長 で

赤沢 さん は 対策 係 で

今日 は 三 組 の 代表 と し て 来 た ん です

対策 係

転校 し て 来 た ん でしょ う

えっ と 本当 は 月曜 から 出 て くる はず だった の が

急 な 病気 で って 聞い て

クラス の 代表 で お 見舞い に 行 こ う って 話 に なった ん です

あの これ みんな から

東京 から 引っ越し て 来 た ん です よ ね

うん

都 内 の 私立 校 な ん です よ ね

どうして な ん です

ちょっと 家 の 事情 で

夜 見 山 に 住む の は 初めて です か

そう だ けど

えっ と 昔 こっち に 住 ん で た の か なって

来 た こと は ある けど

住 ん だ こと は ない よ

長期 滞在 は

さあ よく 覚え て ない けど

ずっと 小さい 頃 なら どう かな

これ を

一 学期 が 始まって から の ノート を コピー し て き た から

ありがとう

登校 は たぶん ゴールデン ウィーク 明け に なる と 思う けど

よろしく

あの 榊原 くん

えっ と

榊原 …

恒一 くん よ ね

恒一 くん って 呼 ん で いい

どうぞ

これ から も よろしく ね

恒一 くん

こちら こそ よろしく

恒一 くん

本当 に 夜 見 山 に 住 ん だ こと ない

それ は ない と 思う よ

すみません

君 って 夜 見 北 の 生徒

地下 二 階 に 何 か 用事 が

そう

だけど 地下 二 階 って

届け もの が ある の

待って る から

可哀想 な 私 の 半身 が そこ で

ねえ 君

名前 は 何て いう の

メイ

ミサキ メイ

レー ちゃん お は よ

レー ちゃん お は よ

元気

お は よ

お は よ

おう おはよう 元気 か

おはよう

こっち は 夜中 の 二 時 だ

暑い ぞ インド は

どう し た の

今日 は これ から 学校 な ん だ ろ う

激励 の 電話 だ 感謝 しろ

ああ うん

体調 は どう だ

退院 し て から …

聞こえる か 恒一

ちょっと 待って 電波 が 悪い みたい

体調 は 良好 だ よ

心配 いら ない から

気 胸 の こと は あまり 気 に 病む な よ

私 も 若い 頃 に やった こと が ある

初めて 聞い た よ

言いそびれ た ん だ よ

血筋 か と か 言わ れ たく なかった んで な

血筋 か

私 も 二 回 やった が その後 は 一 度 も 発症 し て ない

血筋 なら これ で 打ち止め だ

だ と いい ん だ けど ね

まあ 再発 は ない もの と 思って

肩 肘 張ら ず に 適当 に 頑張れ

気楽 に やる よ

お 義父 さん と お 義母 さん に よろしく な

暑い ぞ インド は

お は よ レー ちゃん

お は よ

レー ちゃん は お前 の 名前 だ ろ う が

元気 元気 出し て ね

うん うん ありがとう

じゃあ 次

夜 見 北 で の 心構え その 三 は

クラス の 決め ごと は 絶対 に 守る こと

はい

東京 の 学校 と は ちょっと 違う と 思う ん だ けど

個人 より も 集団 と して どう ある か が 問題 な の

それ は 大丈夫 だ と 思い ます よ

じゃあ 夜 見 北 で の 心構え その 四 は …

恒一 ちゃん

ご飯 だ よ お

ご飯 だ と さ 恒一

おはよう お 爺ちゃん

おはよう

恒一 は 今日 も 病院 か ね

もう 退院 し た って ば

今日 から 学校 だ よ

おお 学校 か

恒一 も もう 中学生 か

そう か そう か

元気 は 何より だ な

中 三 だ よ

来年 は 高校

理 津 子 も な あんな こと に なら なかったら な

恒一 ちゃん ご飯 だ よ

はい

どうして レー ちゃん

どうして

とにかく 皆 と 仲良く し て ください

もしも 何 か 困る よう な こと が あれ ば

遠慮 なく 相談 し て ください ね

私 なり 副 担任 の 三神 先生 に でも もちろん

はい よろしく お 願い し ます

こちら こそ よろしく ね

父 の 仕事 の 関係 で こちら に やって 来 まし た

今 は 祖父母 の ところ に 住 ん で い ます

ええ と あの どうぞ よろしく

三 組 の 新しい 仲間 と して 仲良く やって いき ま しょ う

お互い 助け合い 皆 一緒 に 頑張って

来年 の 三 月 に は

皆 一緒 に 健やか に 卒業 できる よう に

では 榊原 くん は あそこ の 席 に

はい

病気 は もう 大丈夫 な の か な

うん もう すっかり

東京 と こっち で は どう かな

そんなに 変わら ない よ

でも さ いい よ ね 東京

夜 見 山 み たい な 田舎 町 って 最近 益々 パッと し ない し さ

だ よ な 面白い こと も ねえ し な

あっ ち は あ っち で 嫌 な こと ある よ

町 は ざ わざ わ し て て 落ち着か ない し

住 ん で たら そういう もの かも しれ ん な

そう かな

東京 暮らし と か し て み たい な

こっち の ほう が ずっと 静か で いい ん じゃ ない か な

自然 も 多い し ね

東京 に 住 ん で た もの ならでは の 意見 だ ね

お 父さん が 大学 教授 な ん だって ね

それ で どこ か 外国 に 研究 に 行って る って

何で それ 知って る の

皆 知って る よ

久保寺 先生 が 言って た から ね

そ っか 前 の 中学 の こと も

大体 の 人 は 知って ます よ

三神 先生 から 聞き まし た から

そう だった ん だ

どうせ だったら 三神 先生 が 担任 なら よかった のに なあ

美人 だ し きりっと し てる し な

えっ うん

お やおや 恒一 ちゃん は きれい な お 姉さん は お好み で は ない の ね

そんな わけ じゃ ない けど

じゃ 榊原 くん は どういう タイプ が 好き な ん です か

勘弁 し て よ

そう いや お 父さん が 外国 って どこ に 行って る の

インド だ よ

この 春 から 一 年 ぐらい から

へえ インド か また 熱 そう な とこ へ

俺 は 熱い の 苦手 だ から 無理 だ な

喜べ て っし お前 さん じゃ どう 頑張って も 研究 で インド 何 か 行け ん ぞ な

へい へい 行け ませ ん よ

どう し た の 何 か 不安 な こと で も ある の

いや 別に

そう いや お 見舞い に 来 て くれ た 赤沢 さん だ っけ

今日 は お 休み

まあ 今日 は お 休み み たい だ よ

じゃ さあ 昼 休み に でも ざっと 校 内 を 案内 して やろ っか

知ら ない と や っぱ 不便 だ ろ う

そう だ ね そう しよ う

ありがとう

じゃ ぜひ

はい

走り たい みたい だ ね

うん 走る の は 好き だ から

そ っか

君 は 走った こと が ある ん だ よ ね

あ うん

高林 くん は 心臓 が よく ない ん だ っけ

生まれ た 時 から ね

走る って どういう 感じ な の か 分から ない ん だ

僕 も 思いっ切り 走って み たい な

いつか できる ん じゃ ない か な

うん そう だ ね

いつか できる よ ね

ちょっと 保健 室 で 横 に なって 来る よ

大丈夫

いつも の こと さ

一 人 で 行ける から

榊原 くん 高林 くん は

保健 室 で 休 ん で くる って

そう

昨日 転 ん で 足 を 挫 い ちゃ って

そう いや さ 体育 って 二 クラス 合同 で やら ない の

三 組 だけ 違う ん です

一 組 と 二 組 四 組 と 五 組 は 合同 です けど

昼 休み 風見 くん や 勅使河原 くん と 一緒 に い まし た よ ね

何 か その

聞き まし た

校 内 の 案内 し て もらった けど

それ だけ

そ っか

ちゃんと し ない と 赤沢 さん に 叱ら れ ちゃ う

あの さ 桜木 さん

はい

ええ と ほら

ミサキ さん は

ミサキ メイ って いう 女の子

ほら 左 目 に 眼帯 を し た

昼 休み も 教室 に い なかった し

榊原 くん

ねえ 君 ミサキ さん

体育 君 も 見学 な ん だ ね

いい の か な こんな ところ に い て

さあ

近く で み て い て も 意味 は ない から

そういう あなた は 大丈夫 な の

さあ

絵 描 い て た の

メイ って

どんな 字 を 書く の

鳴く って いう 字

共鳴 の 鳴

悲鳴 の 鳴

そ っか

ええ と ね

この 間 夜 見 山 病院 で 僕 と 会った の を 覚え てる

エレベーター で さあ

君 は 地下 二 階 に 降り て

あったか も そんな こと

あの 時 地下 二 階 に 何 し に 行った の

届け 物 って 言って た よ ね

白い 人形 み たい な 物 持って た けど

あれ が 届け 物

そういう 質問 攻め 嫌い

あ ごめん

無理 に 聞こ う って つもり じゃ ない し

ただ その

あの 日 は ね

悲しい こと が あった から

あなた は 榊原 恒一

間違い ない

クラス の 皆 から 何も 言わ れ ない

何 を

あなた の 名前 は 死 を 連想 さ せる から

しかも ただ の 死 じゃ ない

学校 が 舞台 の

残酷 で 理不尽 な 死

この 学校 は ね

中でも 三 年 三 組 は

死 に 近い ところ に ある の

他の どの クラス より も ずっと

死 に 近い

何も 知ら ない の か

榊原 くん

何も 知ら ない の ね

誰 から も 聞い て ない ん だ

何 を

その うち 分かって くる から

私 に は 近寄ら ない ほう が いい

話す の も もう やめ た ほう が いい

何で

その うち 分かって くる から

そんな

じゃあ ね サ カ キ バ ラ くん

クラス の 皆 と は うまく やって いけ そう かい

まあ たぶん

どうか し た の かい

別に 何でも

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

ミサキ って 知って る か

三 年 三 組 の ミサキ

三 組 に そんな 人 い た っけ

二十六 年 前 の 話 な

そい つ さ

一 年 の 頃 から 人気者 で さ

頭 も 顔 も 性格 も よかった らしい ん だ

だから 生徒 に も 先生 に も 好か れ て て さ

いる よ ねえ 学年 に 一 人 は そういう 人

ところが 三 年 に 上がって すぐ

その ミサキ が 死 ん じゃ った の さ

どうして

事故 って 聞い た

それ で な

みんな ものすごい ショック を 受け て さ

そんな 中 で ふと 誰 か が 言いだし た ん だ

何 って

ミサキ が 使って た 机 を 指さし て

ミサキ は そこ に いる

ミサキ は 死 ん じゃ い ない って

それ って

まあ ふり な ん だ けど な

それ から 三 組 じゃ その後 も ずっと

ミサキ は 生き てる って いう ふり を し 続ける こと に し た の さ

ちょっと 不気味 ね

結局 その ふり は 卒業 まで 続 い て さ

卒業 式 の 時 は 校長 の 計らい で

ミサキ の 席 が 用意 さ れ た らしい

いい 話 じゃ ない

ここ まで なら ば

続き ある ん だ

その 続 きって の は な

夜 を 覆う 瞼 開け

もがき 影 を 恐れ 怖がれ

仄暗き 棺 から

産み 落とさ れ た 人形 の よう に

体 は 赤く 凍え

心 は 闇 に あやさ れ 育つ

君 に 僕 が 見える かい

繋ぐ 手 の 冷た さ に

鮮血 の 爪 立てる

眉 寄せ て ご覧 よ

壊し 合 お う 先 に 続く 謎 に 満ちる 結末 を

羽 も 足 も もが れ た まま

虚 空 の 中 朽ち果てる よう に

もう 一 人 僕 が 居 て

誰 か を 痛い ほど 愛し て いる ん だ

さあ どっち が 幻 だ ろ う ね

どう 苦しく ない

はい

本当 に もう こっち に 来 た 早々 こんな

可哀想 に ねえ

えっ と ごめんなさい おばあ ちゃん

いや だ ねえ 気 に する ん じゃ ない よ お

仕方 な いから ねえ

あの お 父さん に は

まだ 伝え て ない よ

陽介 さん 今ごろ は インド か どこ か な ん でしょ う

言 っと こ う か

携帯 の 番号 を 知って る し

いえ

あの 僕 自分 で 連絡 し ます から

うん その方 が いい ね

それにしても ねえ

陽介 さん も 律 儀 な 人 だ よ ねえ

理 津 子 が 死 ん で もう こんなに 経つ の に

街 の 真ん中 を 流れ てる の が 夜 見 山川 ね

その 向こう に グラウンド 見え ない か な

えっ と あれ です ね

そう

あれ が 恒一 くん が 通う 中学校 ね

怜子 さん も 昔 あの 中学 に 通って た ん です か

そう よ 十四 年 も 前 だ けど ね

じゃあ お 母さん も

そう 理 津 子 姉さん も 夜 見 北 だった

夜 見 北

夜 見 山 北 中学校 ね

ああ

私立 と 公立 の 違い は ある と 思う けど

その辺 は 慣れよ ね

恒一 くん なら すぐ 慣れる と 思う な

だ と いい ん です けど

大丈夫 よ

退院 し たら 夜 見 北 で の 心構え を 教え て あげる から

今度 は キング 先生 です か

ホラー 少年

じゃあ 後 は よろしく

僕達 夜 見 山北 中学 の 三 年 三 組 の 生徒 です

はい

僕 は 風見 と いい ます

風見 智彦

こっち は 桜木 さん

はじめ まして 桜木 ゆかり です

こっち は

赤沢 泉美

あの 何 か

ええ と です ね

僕 と 桜木 さん は クラス 委員 長 で

赤沢 さん は 対策 係 で

今日 は 三 組 の 代表 と し て 来 た ん です

対策 係

転校 し て 来 た ん でしょ う

えっ と 本当 は 月曜 から 出 て くる はず だった の が

急 な 病気 で って 聞い て

クラス の 代表 で お 見舞い に 行 こ う って 話 に なった ん です

あの これ みんな から

東京 から 引っ越し て 来 た ん です よ ね

うん

都 内 の 私立 校 な ん です よ ね

どうして な ん です

ちょっと 家 の 事情 で

夜 見 山 に 住む の は 初めて です か

そう だ けど

えっ と 昔 こっち に 住 ん で た の か なって

来 た こと は ある けど

住 ん だ こと は ない よ

長期 滞在 は

さあ よく 覚え て ない けど

ずっと 小さい 頃 なら どう かな

これ を

一 学期 が 始まって から の ノート を コピー し て き た から

ありがとう

登校 は たぶん ゴールデン ウィーク 明け に なる と 思う けど

よろしく

あの 榊原 くん

えっ と

榊原 …

恒一 くん よ ね

恒一 くん って 呼 ん で いい

どうぞ

これ から も よろしく ね

恒一 くん

こちら こそ よろしく

恒一 くん

本当 に 夜 見 山 に 住 ん だ こと ない

それ は ない と 思う よ

すみません

君 って 夜 見 北 の 生徒

地下 二 階 に 何 か 用事 が

そう

だけど 地下 二 階 って

届け もの が ある の

待って る から

可哀想 な 私 の 半身 が そこ で

ねえ 君

名前 は 何て いう の

メイ

ミサキ メイ

レー ちゃん お は よ

レー ちゃん お は よ

元気

お は よ

お は よ

おう おはよう 元気 か

おはよう

こっち は 夜中 の 二 時 だ

暑い ぞ インド は

どう し た の

今日 は これ から 学校 な ん だ ろ う

激励 の 電話 だ 感謝 しろ

ああ うん

体調 は どう だ

退院 し て から …

聞こえる か 恒一

ちょっと 待って 電波 が 悪い みたい

体調 は 良好 だ よ

心配 いら ない から

気 胸 の こと は あまり 気 に 病む な よ

私 も 若い 頃 に やった こと が ある

初めて 聞い た よ

言いそびれ た ん だ よ

血筋 か と か 言わ れ たく なかった んで な

血筋 か

私 も 二 回 やった が その後 は 一 度 も 発症 し て ない

血筋 なら これ で 打ち止め だ

だ と いい ん だ けど ね

まあ 再発 は ない もの と 思って

肩 肘 張ら ず に 適当 に 頑張れ

気楽 に やる よ

お 義父 さん と お 義母 さん に よろしく な

暑い ぞ インド は

お は よ レー ちゃん

お は よ

レー ちゃん は お前 の 名前 だ ろ う が

元気 元気 出し て ね

うん うん ありがとう

じゃあ 次

夜 見 北 で の 心構え その 三 は

クラス の 決め ごと は 絶対 に 守る こと

はい

東京 の 学校 と は ちょっと 違う と 思う ん だ けど

個人 より も 集団 と して どう ある か が 問題 な の

それ は 大丈夫 だ と 思い ます よ

じゃあ 夜 見 北 で の 心構え その 四 は …

恒一 ちゃん

ご飯 だ よ お

ご飯 だ と さ 恒一

おはよう お 爺ちゃん

おはよう

恒一 は 今日 も 病院 か ね

もう 退院 し た って ば

今日 から 学校 だ よ

おお 学校 か

恒一 も もう 中学生 か

そう か そう か

元気 は 何より だ な

中 三 だ よ

来年 は 高校

理 津 子 も な あんな こと に なら なかったら な

恒一 ちゃん ご飯 だ よ

はい

どうして レー ちゃん

どうして

とにかく 皆 と 仲良く し て ください

もしも 何 か 困る よう な こと が あれ ば

遠慮 なく 相談 し て ください ね

私 なり 副 担任 の 三神 先生 に でも もちろん

はい よろしく お 願い し ます

こちら こそ よろしく ね

父 の 仕事 の 関係 で こちら に やって 来 まし た

今 は 祖父母 の ところ に 住 ん で い ます

ええ と あの どうぞ よろしく

三 組 の 新しい 仲間 と して 仲良く やって いき ま しょ う

お互い 助け合い 皆 一緒 に 頑張って

来年 の 三 月 に は

皆 一緒 に 健やか に 卒業 できる よう に

では 榊原 くん は あそこ の 席 に

はい

病気 は もう 大丈夫 な の か な

うん もう すっかり

東京 と こっち で は どう かな

そんなに 変わら ない よ

でも さ いい よ ね 東京

夜 見 山 み たい な 田舎 町 って 最近 益々 パッと し ない し さ

だ よ な 面白い こと も ねえ し な

あっ ち は あ っち で 嫌 な こと ある よ

町 は ざ わざ わ し て て 落ち着か ない し

住 ん で たら そういう もの かも しれ ん な

そう かな

東京 暮らし と か し て み たい な

こっち の ほう が ずっと 静か で いい ん じゃ ない か な

自然 も 多い し ね

東京 に 住 ん で た もの ならでは の 意見 だ ね

お 父さん が 大学 教授 な ん だって ね

それ で どこ か 外国 に 研究 に 行って る って

何で それ 知って る の

皆 知って る よ

久保寺 先生 が 言って た から ね

そ っか 前 の 中学 の こと も

大体 の 人 は 知って ます よ

三神 先生 から 聞き まし た から

そう だった ん だ

どうせ だったら 三神 先生 が 担任 なら よかった のに なあ

美人 だ し きりっと し てる し な

えっ うん

お やおや 恒一 ちゃん は きれい な お 姉さん は お好み で は ない の ね

そんな わけ じゃ ない けど

じゃ 榊原 くん は どういう タイプ が 好き な ん です か

勘弁 し て よ

そう いや お 父さん が 外国 って どこ に 行って る の

インド だ よ

この 春 から 一 年 ぐらい から

へえ インド か また 熱 そう な とこ へ

俺 は 熱い の 苦手 だ から 無理 だ な

喜べ て っし お前 さん じゃ どう 頑張って も 研究 で インド 何 か 行け ん ぞ な

へい へい 行け ませ ん よ

どう し た の 何 か 不安 な こと で も ある の

いや 別に

そう いや お 見舞い に 来 て くれ た 赤沢 さん だ っけ

今日 は お 休み

まあ 今日 は お 休み み たい だ よ

じゃ さあ 昼 休み に でも ざっと 校 内 を 案内 して やろ っか

知ら ない と や っぱ 不便 だ ろ う

そう だ ね そう しよ う

ありがとう

じゃ ぜひ

はい

走り たい みたい だ ね

うん 走る の は 好き だ から

そ っか

君 は 走った こと が ある ん だ よ ね

あ うん

高林 くん は 心臓 が よく ない ん だ っけ

生まれ た 時 から ね

走る って どういう 感じ な の か 分から ない ん だ

僕 も 思いっ切り 走って み たい な

いつか できる ん じゃ ない か な

うん そう だ ね

いつか できる よ ね

ちょっと 保健 室 で 横 に なって 来る よ

大丈夫

いつも の こと さ

一 人 で 行ける から

榊原 くん 高林 くん は

保健 室 で 休 ん で くる って

そう

昨日 転 ん で 足 を 挫 い ちゃ って

そう いや さ 体育 って 二 クラス 合同 で やら ない の

三 組 だけ 違う ん です

一 組 と 二 組 四 組 と 五 組 は 合同 です けど

昼 休み 風見 くん や 勅使河原 くん と 一緒 に い まし た よ ね

何 か その

聞き まし た

校 内 の 案内 し て もらった けど

それ だけ

そ っか

ちゃんと し ない と 赤沢 さん に 叱ら れ ちゃ う

あの さ 桜木 さん

はい

ええ と ほら

ミサキ さん は

ミサキ メイ って いう 女の子

ほら 左 目 に 眼帯 を し た

昼 休み も 教室 に い なかった し

榊原 くん

ねえ 君 ミサキ さん

体育 君 も 見学 な ん だ ね

いい の か な こんな ところ に い て

さあ

近く で み て い て も 意味 は ない から

そういう あなた は 大丈夫 な の

さあ

絵 描 い て た の

メイ って

どんな 字 を 書く の

鳴く って いう 字

共鳴 の 鳴

悲鳴 の 鳴

そ っか

ええ と ね

この 間 夜 見 山 病院 で 僕 と 会った の を 覚え てる

エレベーター で さあ

君 は 地下 二 階 に 降り て

あったか も そんな こと

あの 時 地下 二 階 に 何 し に 行った の

届け 物 って 言って た よ ね

白い 人形 み たい な 物 持って た けど

あれ が 届け 物

そういう 質問 攻め 嫌い

あ ごめん

無理 に 聞こ う って つもり じゃ ない し

ただ その

あの 日 は ね

悲しい こと が あった から

あなた は 榊原 恒一

間違い ない

クラス の 皆 から 何も 言わ れ ない

何 を

あなた の 名前 は 死 を 連想 さ せる から

しかも ただ の 死 じゃ ない

学校 が 舞台 の

残酷 で 理不尽 な 死

この 学校 は ね

中でも 三 年 三 組 は

死 に 近い ところ に ある の

他の どの クラス より も ずっと

死 に 近い

何も 知ら ない の か

榊原 くん

何も 知ら ない の ね

誰 から も 聞い て ない ん だ

何 を

その うち 分かって くる から

私 に は 近寄ら ない ほう が いい

話す の も もう やめ た ほう が いい

何で

その うち 分かって くる から

そんな

じゃあ ね サ カ キ バ ラ くん

クラス の 皆 と は うまく やって いけ そう かい

まあ たぶん

どうか し た の かい

別に 何でも

色褪せ て く フィルム の よう に

確か な 今 も いずれ 霞 ん で

何でもなく 笑い あった

刹那 の 時間 と 光

繋がって ゆく 記憶 の 底 に

誰 か が 見つける ため ある と 信じ てる 今 でも


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.