×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

世界をわかりやすく – Kurzgesagt, 気候変動を止めるには手遅れ?難しい問い。

気候 変動 を 止める に は 手遅れ ? 難しい 問い 。

気候 変動 は ひど すぎる 朗報 は ずっと ゼロ グラフ は ひたすら 赤く

なり 緊急 性 は 増す 一方 ひどい 熱波 から 氷河 の 溶ける スピード

まで ほぼ 毎年 何 か の ひどい 記録 が 更新 執拗 で 終わり が 見え ない

急激な 気候 変動 の 原因 は 温室 効果 ガス の 排出 だ と 何 十 年 も 前 から わか

って いる でも これ を 減らす どころ か 2019

年 の 世界 の co 2 排出 量 は 2000 年 の 排出 量 の 50% 増

そして 今 も 増え 続ける 一方 なぜ 温室 効果 ガス の 排出 を やめる の

が 難しい 理由 は 集合的 な co 2 排出 量 は 4 つ の 要因 と その

相互 関係 の 産物 だ この うち 2 つ は 世界 の co 2 排出 量 が 増え 続ける

理由 を そして 残り 2 つ は これ を 止める 方法 を 説明 する

人口 規模 経済 成長

エネルギー 経済 効率 エネルギー 単位 ごと に 産出 さ れる

排出 量 1 点 目人口 規模

人 に は 衣食住 が 必要 iphone や 1 ドル チーズバーガー など

贅沢 も 求める人 が 多い ほど co 2 排出 量 も 増える

単純な 方程式 だ 世界人口 は 増大 の 一途に あり 国連

に よる と 2100 年 に 110億人 ほど で ようやく 落ち着く 今 より 40% 増える のだ

この 成長 を 抑える 唯一 の 道 は 医療 と 避妊 へ の アクセス 途上 国 の

教育 へ の 投資 だ でも 多額の 投資 を して も 効果 が

出生 率 の 低下 と して 現れる まで に 数 十 年 かかる

わかって いる 限り 世界人口 は この先 増大 し 続け 結果 co 2 排出 量 は 今後

数 十 年 に わたり 増え 続ける 2 点 目 成長 と 豊か さ

でも 問題 は人口 だけ じゃない 豊かに なり 発展 する ほど 排出 量

の 多い 生活 スタイル に なる 米国 の プログラマ の co 2 フットプリント

は ウガンダ の 農家 50人 分 だ 世界 の 富 は ほぼ あらゆる 場所 で

成長 この 富 が 均等に 配分 されて いる

と は とても 言えない けど 経済 成長 に より 生活 水準 は かつて なく 向上

極貧 層 が人類 史上 最も 減った 世界 の どんな 政治 体制 に も 共通

して 成長 が 経済 の スローガン に なった 成長 と いう 目標 を 豊かな 国々 が

放棄 する こと は 当面ない だろう 仮に 放棄 した と して も 途上 国 も

豊か さ を 求めて いる 何 十億 も の人々 に とって 成長 を 止める

こと は 貧困に 留まる こと を 意味 する 途上 国 は 経済 成長 を 止めた

がらない つまり 成長 は 引き続き 主導的 な

経済 イデオロギー で あり 続ける 成長 し 豊かに なる 国 や人々 は 増

え 続け 豊かな 国 は 富 を 増やし 続ける 成長 と co 2 の 排出 が 切り離さ れる

兆し は 見え 始めて いる もの の 実現 に は まだ ほど遠い 成長 の 結果 co 2 排出 量

は 増大 する ここ まで 見て きた よう に人口 の

増大 と 経済 成長 に より人類 の co 2 排出 量 は 増え 続ける だろう

あるべき 姿 と は 全く 正反対だ 速度 を 落とし 立ち止まって 年間

排出 量 を 抑える べきだ 次の 2 つ の 点 は この 実現 に 向け できる こと

を 教えて くれる 3 点 目 エネルギー の 経済 効率

効率 的に エネルギー を 使えて いる か どう か を 示す もの

ブラジル の 農村 の 屋台 で は 石炭 で 調理 し フランス の 屋台 で は 原子 力

を 使った ih 調理 器 を 使って いる と する

後者 の ほう が ずっと 効率 が いい 効率 が よい ほど 必要 と する エネルギー

は 少なく なる 大 都市 圏 の 電力 でも バーベキュー

でも 同じ こと 技術 の 効率 を 上げ 社会 の あり 方

を より 効率 的に する こと が 現代 世界 の co 2 依存 度 を 下げる の に 最も

重要な 方法 の ひと つ だ これ は つまり ai を 使った 電力 消費

の 削減 運輸 や 産業 セクター の 電動 化 コンクリート の 持続 可能な 生産

など 幅広い 意味 を もつ 改善 の 余地 は ほぼ 無限で人 の 想像 力

が 羽ばたく 距離 も 無限大だ ただ 効率 を 上げる だけ で は 十 分

じゃない その 主な 理由 は 次の 3 つ 1 直接 リバウンド 効果

効率 が 上がった もの は より 使わ れる こと に なる 結果 効率 を 上げる こと が

当初 考えられた ほど の 排出 量 の 減少 に つながる こと は ない

悪く すれば 効率 が 上がった こと で人 は より 少なく ではな く より

多く の 資源 を 使う 航空 機 の 燃料 効率 が 上がった こと

で 航空 券 価格 は 下がり 空 を 旅 する人 が 増えた

つまり 効率 を 上げた から と いって エネルギー 使用 全体 が 自動 的に

下がる わけで は ない 逆 に 上がる こと も ある

2 間接 リバウンド 効果 効率 の 上がった もの に 使って いた

お 金 を 別の 所 に 使う 例 を 挙げよう より 燃費 の いい 車

を 買って ガソリン 代 を 節約 する と その 節約 した お 金 を 飛行機 に 乗って

出かける 休暇 に 使う つまり より 効率 の よい 車 を 手 に

入れた に も かかわら ず co 2 の 排出 量 が 増える

これ が 最後 3 効率 を 最適 化 する ほど さらなる

効率 化 が 難しく 高く つく もの に なる 時 と 共に 投資 へ の リターン が 鈍

く なる 多く の 技術 を 使う 私 たち は 既に

かなり 効率 的だ どんなに 効率 を 上げよう と も 何

ら か の エネルギー を 必要 と する 限り 排出 量 が ゼロ に なる こと は

ない 効率 化 だけ で カーボンゼロ の 世界

に は ならない これ で 最後 の 点 に たどり着く

4 点 目 エネルギー 単位 ごと に 産出 される 排出 量 と 世界 の カーボンフットプリント

世界 カーボンフットプリント は エネルギー 単位 ごと に 排出 さ れる

co 2 例えば 石炭 で の 発電 は 太陽 光 発電

より 多く の co 2 を 出す 簡単な 公式 だ 化石 燃料 を 燃やす

ほど co 2 の 排出 が 増える 化石 燃料 は人類 最大 の 武器 だ

もちろん 石炭 石油 を 一晩 で 全 排除 すれば 社会 は 大 混乱 に 陥る

でも 化石 燃料 から 低 カーボン の 代替 策 を 使う ため の 努力 が 十分

に なされて いる と は 言い難い 化石 燃料 から 離れる 速度 を 上げる

に は 次の 2 つ の こと が 必要だ まず 今 ある 本物 の レバレッジ を

今日 の 技術 で 使う べきだ 今 すぐに できる こと は たくさん

ある 原子 力 発電 を 長く 稼働 させる

化石 燃料 業界 へ の 助成 金 を カット し 再生 可能 エネルギー に 注ぐ

炭素 排出 に 厳しい 対価 を 課して 毎年 その 値 を 上げ 世界 の 産業 界

に 移行 を 強く 促す あらゆる 新しい もの づくり に ついて

エネルギー 効率 に 厳しい 基準 を 設ける

化石 燃料 車 を 徐々に 減らして いく 次に 新しく より よい 技術 に 投資

す べきだ 新 技術 や 革新 なし に ゼロエミッション

を 達成 する の は 不可能だ 新 技術 と は 例えば 炭素 回収 や 新 世代 の

原子 力 発電 再生 可能 エネルギー から の 革命的 な 蓄電 を 可能に する

新しい 電池 でも 革新 に は 時間 が かかる 何 年

も 何 十 年 も そんな 時間 は 残されて いない

毎年 より 多く の 炭素 が 排出 されて いる 革新 だけ を 頼み に する こと は でき ない

未来 の ため に 必要な 発明 を 続け つつ 今日 排出 量 を 減らす 方法 を 見つけ

なければ この先 数 年 の 石油 燃料 の 消費 を 抑える

ほど 革新 が 追いつく まで の 時間 を 稼げる

今日 ローカーボン の エネルギー インフラ を 作る ほど 経済 成長 と

新しい 世代 の ため に より 多く を 相殺 できる

石炭 の 発電 所 の 建設 を 止める ほど co 2 排出 を 抑えられる

革新 も 今 の 代替 策 も 急速な 気候 変動 を 完全に は 解決 できない でも 今 すぐ

に でも 可能な 化石 燃料 から の 決定的 な 離脱 と 革新 に よって なら それ が

可能に なる 気候 変動 の 解決 は 難しい

何 十億 も の人々 の ニーズ と 今 の ほとんど の 社会 が 化石 燃料 で 動いて いる

現実 に 向き合わ なければ ならない 一晩 で は 変えられ なくて も できる

だけ 速い 変化 が 必要だ そして それ は 十分 可能な こと でも ある


気候 変動 を 止める に は 手遅れ ? 難しい 問い 。 きこう|へんどう||とどめる|||ておくれ|むずかしい|とい Is it too late to stop climate change? A difficult question. É demasiado tarde para travar as alterações climáticas? Uma pergunta difícil. 现在阻止气候变化是否为时已晚?一个难题。

気候 変動 は ひど すぎる 朗報 は ずっと ゼロ グラフ は ひたすら 赤く きこう|へんどう||||ろうほう||||ぐらふ|||あかく

なり 緊急 性 は 増す 一方 ひどい 熱波 から 氷河 の 溶ける スピード |きんきゅう|せい||ます|いっぽう||ねっぱ||ひょうが||とける|すぴーど

まで ほぼ 毎年 何 か の ひどい 記録 が 更新 執拗 で 終わり が 見え ない ||まいとし|なん||||きろく||こうしん|しつよう||おわり||みえ|

急激な 気候 変動 の 原因 は 温室 効果 ガス の 排出 だ と 何 十 年 も 前 から わか きゅうげきな|きこう|へんどう||げんいん||おんしつ|こうか|がす||はいしゅつ|||なん|じゅう|とし||ぜん||

って いる でも これ を 減らす どころ か 2019 |||||へらす||

年 の 世界 の co 2 排出 量 は 2000 年 の 排出 量 の 50% 増 とし||せかい|||はいしゅつ|りょう||とし||はいしゅつ|りょう||ぞう

そして 今 も 増え 続ける 一方 なぜ 温室 効果 ガス の 排出 を やめる の |いま||ふえ|つづける|いっぽう||おんしつ|こうか|がす||はいしゅつ|||

が 難しい 理由 は 集合的 な co 2 排出 量 は 4 つ の 要因 と その |むずかしい|りゆう||しゅうごう てき|||はいしゅつ|りょう||||よういん||

相互 関係 の 産物 だ この うち 2 つ は 世界 の co 2 排出 量 が 増え 続ける そうご|かんけい||さんぶつ||||||せかい|||はいしゅつ|りょう||ふえ|つづける

理由 を そして 残り 2 つ は これ を 止める 方法 を 説明 する りゆう|||のこり|||||とどめる|ほうほう||せつめい|

人口 規模 経済 成長 じんこう|きぼ|けいざい|せいちょう

エネルギー 経済 効率 エネルギー 単位 ごと に 産出 さ れる えねるぎー|けいざい|こうりつ|えねるぎー|たんい|||さんしゅつ||

排出 量 1 点 目人口 規模 はいしゅつ|りょう|てん|め じんこう|きぼ

人 に は 衣食住 が 必要 iphone や 1 ドル チーズバーガー など じん|||いしょくじゅう||ひつよう|||どる||

贅沢 も 求める人 が 多い ほど co 2 排出 量 も 増える ぜいたく||もとめる じん||おおい|||はいしゅつ|りょう||ふえる

単純な 方程式 だ 世界人口 は 増大 の 一途に あり 国連 たんじゅんな|ほうていしき||せかい じんこう||ぞうだい||いちずに||こくれん

に よる と 2100 年 に 110億人 ほど で ようやく 落ち着く 今 より 40% 増える のだ |||とし||おく り||||おちつく|いま||ふえる|

この 成長 を 抑える 唯一 の 道 は 医療 と 避妊 へ の アクセス 途上 国 の |せいちょう||おさえる|ゆいいつ||どう||いりょう||ひにん|||あくせす|とじょう|くに|

教育 へ の 投資 だ でも 多額の 投資 を して も 効果 が きょういく|||とうし|||たがくの|とうし||||こうか|

出生 率 の 低下 と して 現れる まで に 数 十 年 かかる しゅっしょう|りつ||ていか|||あらわれる|||すう|じゅう|とし|

わかって いる 限り 世界人口 は この先 増大 し 続け 結果 co 2 排出 量 は 今後 ||かぎり|せかい じんこう||このさき|ぞうだい||つづけ|けっか||はいしゅつ|りょう||こんご

数 十 年 に わたり 増え 続ける 2 点 目 成長 と 豊か さ すう|じゅう|とし|||ふえ|つづける|てん|め|せいちょう||ゆたか|

でも 問題 は人口 だけ じゃない 豊かに なり 発展 する ほど 排出 量 |もんだい|は じんこう||じゃ ない|ゆたかに||はってん|||はいしゅつ|りょう

の 多い 生活 スタイル に なる 米国 の プログラマ の co 2 フットプリント |おおい|せいかつ|すたいる|||べいこく|||||

は ウガンダ の 農家 50人 分 だ 世界 の 富 は ほぼ あらゆる 場所 で |うがんだ||のうか|じん|ぶん||せかい||とみ||||ばしょ|

成長 この 富 が 均等に 配分 されて いる せいちょう||とみ||きんとうに|はいぶん||

と は とても 言えない けど 経済 成長 に より 生活 水準 は かつて なく 向上 |||いえ ない||けいざい|せいちょう|||せいかつ|すいじゅん||||こうじょう

極貧 層 が人類 史上 最も 減った 世界 の どんな 政治 体制 に も 共通 ごくひん|そう|が じんるい|しじょう|もっとも|へった|せかい|||せいじ|たいせい|||きょうつう

して 成長 が 経済 の スローガン に なった 成長 と いう 目標 を 豊かな 国々 が |せいちょう||けいざい||すろーがん|||せいちょう|||もくひょう||ゆたかな|くにぐに|

放棄 する こと は 当面ない だろう 仮に 放棄 した と して も 途上 国 も ほうき||||とうめん ない||かりに|ほうき|||||とじょう|くに|

豊か さ を 求めて いる 何 十億 も の人々 に とって 成長 を 止める ゆたか|||もとめて||なん|じゅうおく||の ひとびと|||せいちょう||とどめる

こと は 貧困に 留まる こと を 意味 する 途上 国 は 経済 成長 を 止めた ||ひんこんに|とどまる|||いみ||とじょう|くに||けいざい|せいちょう||とどめた

がらない つまり 成長 は 引き続き 主導的 な がら ない||せいちょう||ひきつづき|しゅどう てき|

経済 イデオロギー で あり 続ける 成長 し 豊かに なる 国 や人々 は 増 けいざい|いでおろぎー|||つづける|せいちょう||ゆたかに||くに|や ひとびと||ぞう

え 続け 豊かな 国 は 富 を 増やし 続ける 成長 と co 2 の 排出 が 切り離さ れる |つづけ|ゆたかな|くに||とみ||ふやし|つづける|せいちょう||||はいしゅつ||きりはなさ|

兆し は 見え 始めて いる もの の 実現 に は まだ ほど遠い 成長 の 結果 co 2 排出 量 きざし||みえ|はじめて||||じつげん||||ほどとおい|せいちょう||けっか||はいしゅつ|りょう

は 増大 する ここ まで 見て きた よう に人口 の |ぞうだい||||みて|||に じんこう|

増大 と 経済 成長 に より人類 の co 2 排出 量 は 増え 続ける だろう ぞうだい||けいざい|せいちょう||より じんるい|||はいしゅつ|りょう||ふえ|つづける|

あるべき 姿 と は 全く 正反対だ 速度 を 落とし 立ち止まって 年間 |すがた|||まったく|せいはんたいだ|そくど||おとし|たちどまって|ねんかん

排出 量 を 抑える べきだ 次の 2 つ の 点 は この 実現 に 向け できる こと はいしゅつ|りょう||おさえる||つぎの|||てん|||じつげん||むけ||

を 教えて くれる 3 点 目 エネルギー の 経済 効率 |おしえて||てん|め|えねるぎー||けいざい|こうりつ

効率 的に エネルギー を 使えて いる か どう か を 示す もの こうりつ|てきに|えねるぎー||つかえて||||||しめす|

ブラジル の 農村 の 屋台 で は 石炭 で 調理 し フランス の 屋台 で は 原子 力 ぶらじる||のうそん||やたい|||せきたん||ちょうり||ふらんす||やたい|||げんし|ちから

を 使った ih 調理 器 を 使って いる と する |つかった||ちょうり|うつわ||つかって|||

後者 の ほう が ずっと 効率 が いい 効率 が よい ほど 必要 と する エネルギー こうしゃ|||||こうりつ|||こうりつ||||ひつよう|||えねるぎー

は 少なく なる 大 都市 圏 の 電力 でも バーベキュー |すくなく||だい|とし|けん||でんりょく||ばーべきゅー

でも 同じ こと 技術 の 効率 を 上げ 社会 の あり 方 |おなじ||ぎじゅつ||こうりつ||あげ|しゃかい|||かた

を より 効率 的に する こと が 現代 世界 の co 2 依存 度 を 下げる の に 最も ||こうりつ|てきに||||げんだい|せかい|||いぞん|たび||さげる|||もっとも

重要な 方法 の ひと つ だ これ は つまり ai を 使った 電力 消費 じゅうような|ほうほう||||||||||つかった|でんりょく|しょうひ

の 削減 運輸 や 産業 セクター の 電動 化 コンクリート の 持続 可能な 生産 |さくげん|うんゆ||さんぎょう|||でんどう|か|こんくりーと||じぞく|かのうな|せいさん

など 幅広い 意味 を もつ 改善 の 余地 は ほぼ 無限で人 の 想像 力 |はばひろい|いみ|||かいぜん||よち|||むげんで じん||そうぞう|ちから

が 羽ばたく 距離 も 無限大だ ただ 効率 を 上げる だけ で は 十 分 |はばたく|きょり||むげんだいだ||こうりつ||あげる||||じゅう|ぶん

じゃない その 主な 理由 は 次の 3 つ 1 直接 リバウンド 効果 じゃ ない||おもな|りゆう||つぎの||ちょくせつ|りばうんど|こうか

効率 が 上がった もの は より 使わ れる こと に なる 結果 効率 を 上げる こと が こうりつ||あがった||||つかわ|||||けっか|こうりつ||あげる||

当初 考えられた ほど の 排出 量 の 減少 に つながる こと は ない とうしょ|かんがえられた|||はいしゅつ|りょう||げんしょう|||||

悪く すれば 効率 が 上がった こと で人 は より 少なく ではな く より わるく||こうりつ||あがった||で じん|||すくなく|||

多く の 資源 を 使う 航空 機 の 燃料 効率 が 上がった こと おおく||しげん||つかう|こうくう|き||ねんりょう|こうりつ||あがった|

で 航空 券 価格 は 下がり 空 を 旅 する人 が 増えた |こうくう|けん|かかく||さがり|から||たび|する じん||ふえた

つまり 効率 を 上げた から と いって エネルギー 使用 全体 が 自動 的に |こうりつ||あげた||||えねるぎー|しよう|ぜんたい||じどう|てきに

下がる わけで は ない 逆 に 上がる こと も ある さがる||||ぎゃく||あがる|||

2 間接 リバウンド 効果 効率 の 上がった もの に 使って いた かんせつ|りばうんど|こうか|こうりつ||あがった|||つかって|

お 金 を 別の 所 に 使う 例 を 挙げよう より 燃費 の いい 車 |きむ||べつの|しょ||つかう|れい||あげよう||ねんぴ|||くるま

を 買って ガソリン 代 を 節約 する と その 節約 した お 金 を 飛行機 に 乗って |かって|がそりん|だい||せつやく||||せつやく|||きむ||ひこうき||のって

出かける 休暇 に 使う つまり より 効率 の よい 車 を 手 に でかける|きゅうか||つかう|||こうりつ|||くるま||て|

入れた に も かかわら ず co 2 の 排出 量 が 増える いれた|||||||はいしゅつ|りょう||ふえる

これ が 最後 3 効率 を 最適 化 する ほど さらなる ||さいご|こうりつ||さいてき|か|||

効率 化 が 難しく 高く つく もの に なる 時 と 共に 投資 へ の リターン が 鈍 こうりつ|か||むずかしく|たかく|||||じ||ともに|とうし|||りたーん||どん

く なる 多く の 技術 を 使う 私 たち は 既に ||おおく||ぎじゅつ||つかう|わたくし|||すでに

かなり 効率 的だ どんなに 効率 を 上げよう と も 何 |こうりつ|てきだ||こうりつ||あげよう|||なん

ら か の エネルギー を 必要 と する 限り 排出 量 が ゼロ に なる こと は |||えねるぎー||ひつよう|||かぎり|はいしゅつ|りょう||||||

ない 効率 化 だけ で カーボンゼロ の 世界 |こうりつ|か|||||せかい

に は ならない これ で 最後 の 点 に たどり着く ||なら ない|||さいご||てん||たどりつく

4 点 目 エネルギー 単位 ごと に 産出 される 排出 量 と 世界 の カーボンフットプリント てん|め|えねるぎー|たんい|||さんしゅつ|さ れる|はいしゅつ|りょう||せかい||

世界 カーボンフットプリント は エネルギー 単位 ごと に 排出 さ れる せかい|||えねるぎー|たんい|||はいしゅつ||

co 2 例えば 石炭 で の 発電 は 太陽 光 発電 |たとえば|せきたん|||はつでん||たいよう|ひかり|はつでん

より 多く の co 2 を 出す 簡単な 公式 だ 化石 燃料 を 燃やす |おおく||||だす|かんたんな|こうしき||かせき|ねんりょう||もやす

ほど co 2 の 排出 が 増える 化石 燃料 は人類 最大 の 武器 だ |||はいしゅつ||ふえる|かせき|ねんりょう|は じんるい|さいだい||ぶき|

もちろん 石炭 石油 を 一晩 で 全 排除 すれば 社会 は 大 混乱 に 陥る |せきたん|せきゆ||ひとばん||ぜん|はいじょ||しゃかい||だい|こんらん||おちいる

でも 化石 燃料 から 低 カーボン の 代替 策 を 使う ため の 努力 が 十分 |かせき|ねんりょう||てい|||だいたい|さく||つかう|||どりょく||じゅうぶん

に なされて いる と は 言い難い 化石 燃料 から 離れる 速度 を 上げる |||||いいがたい|かせき|ねんりょう||はなれる|そくど||あげる

に は 次の 2 つ の こと が 必要だ まず 今 ある 本物 の レバレッジ を ||つぎの|||||ひつようだ||いま||ほんもの|||

今日 の 技術 で 使う べきだ 今 すぐに できる こと は たくさん きょう||ぎじゅつ||つかう||いま|||||

ある 原子 力 発電 を 長く 稼働 させる |げんし|ちから|はつでん||ながく|かどう|

化石 燃料 業界 へ の 助成 金 を カット し 再生 可能 エネルギー に 注ぐ かせき|ねんりょう|ぎょうかい|||じょせい|きむ||かっと||さいせい|かのう|えねるぎー||そそぐ

炭素 排出 に 厳しい 対価 を 課して 毎年 その 値 を 上げ 世界 の 産業 界 たんそ|はいしゅつ||きびしい|たいか||かして|まいとし||あたい||あげ|せかい||さんぎょう|かい

に 移行 を 強く 促す あらゆる 新しい もの づくり に ついて |いこう||つよく|うながす||あたらしい||||

エネルギー 効率 に 厳しい 基準 を 設ける えねるぎー|こうりつ||きびしい|きじゅん||もうける

化石 燃料 車 を 徐々に 減らして いく 次に 新しく より よい 技術 に 投資 かせき|ねんりょう|くるま||じょじょに|へらして||つぎに|あたらしく|||ぎじゅつ||とうし

す べきだ 新 技術 や 革新 なし に ゼロエミッション ||しん|ぎじゅつ||かくしん|||

を 達成 する の は 不可能だ 新 技術 と は 例えば 炭素 回収 や 新 世代 の |たっせい||||ふかのうだ|しん|ぎじゅつ|||たとえば|たんそ|かいしゅう||しん|せだい|

原子 力 発電 再生 可能 エネルギー から の 革命的 な 蓄電 を 可能に する げんし|ちから|はつでん|さいせい|かのう|えねるぎー|||かくめい てき||ちくでん||かのうに|

新しい 電池 でも 革新 に は 時間 が かかる 何 年 あたらしい|でんち||かくしん|||じかん|||なん|とし

も 何 十 年 も そんな 時間 は 残されて いない |なん|じゅう|とし|||じかん||のこされて|

毎年 より 多く の 炭素 が 排出 されて いる 革新 だけ を 頼み に する こと は でき ない まいとし||おおく||たんそ||はいしゅつ|||かくしん|||たのみ||||||

未来 の ため に 必要な 発明 を 続け つつ 今日 排出 量 を 減らす 方法 を 見つけ みらい||||ひつような|はつめい||つづけ||きょう|はいしゅつ|りょう||へらす|ほうほう||みつけ

なければ この先 数 年 の 石油 燃料 の 消費 を 抑える |このさき|すう|とし||せきゆ|ねんりょう||しょうひ||おさえる

ほど 革新 が 追いつく まで の 時間 を 稼げる |かくしん||おいつく|||じかん||かせげる

今日 ローカーボン の エネルギー インフラ を 作る ほど 経済 成長 と きょう|||えねるぎー|いんふら||つくる||けいざい|せいちょう|

新しい 世代 の ため に より 多く を 相殺 できる あたらしい|せだい|||||おおく||そうさい|

石炭 の 発電 所 の 建設 を 止める ほど co 2 排出 を 抑えられる せきたん||はつでん|しょ||けんせつ||とどめる|||はいしゅつ||おさえられる

革新 も 今 の 代替 策 も 急速な 気候 変動 を 完全に は 解決 できない でも 今 すぐ かくしん||いま||だいたい|さく||きゅうそくな|きこう|へんどう||かんぜんに||かいけつ|でき ない||いま|

に でも 可能な 化石 燃料 から の 決定的 な 離脱 と 革新 に よって なら それ が ||かのうな|かせき|ねんりょう|||けってい てき||りだつ||かくしん|||||

可能に なる 気候 変動 の 解決 は 難しい かのうに||きこう|へんどう||かいけつ||むずかしい

何 十億 も の人々 の ニーズ と 今 の ほとんど の 社会 が 化石 燃料 で 動いて いる なん|じゅうおく||の ひとびと||にーず||いま||||しゃかい||かせき|ねんりょう||うごいて|

現実 に 向き合わ なければ ならない 一晩 で は 変えられ なくて も できる げんじつ||むきあわ||なら ない|ひとばん|||かえられ|||

だけ 速い 変化 が 必要だ そして それ は 十分 可能な こと でも ある |はやい|へんか||ひつようだ||||じゅうぶん|かのうな|||