×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), ろくろっ首

ろくろっ首

むかし ある ところ に 、旅 を 続ける 一 人 の 男 が いました。

ある 日 、日 が 暮れて きた ので 男 は 近く に ある 村 の 宿屋 に 泊まる 事 に しました が 、その 夜 は 泊まり 客 が たくさん いて 、部屋 が 空いて おりません でした。 男 は 宿屋 に お 願い さ れ 、美しい 女 の 旅人 と 一緒に 一 つ の 部屋 の まん 中 に 仕切り を 立てて 、一夜 を 過ごす 事 に なりました。 "

"その 日 は とても 蒸し暑く 、ねむたくて も 暑くて なかなか ねむれません。 男 は 夜ふけ に なって 、ようやく ウトウト し はじめました。

仕切り の 向こう で 寝て いる 女 の 人 も 、やはり 眠れ ない のでしょう か。

いつまでも モゾモゾ して いました が 、突然 起き上がる 気配 が しました。 "お トイレ に でも いく の か な? と 、男 は 思いました が 、隣 は すぐに 静かに なりました。

ところが しばらく する と 、仕切り の 向こう側 から 、生 温かい 風 が 吹いて きました。

そして 女 の 人 の 白い 顔 が 仕切り の 上 に のびあがって 、フワフワ と 部屋 の 中 を 動き 始めた のです。

男 は ビックリ して 、ゴクリ と 息 を 飲み込みました。 "

"「さては 、隣 の 女 は ろくろっ首 だ な」

男 は 寝た ふり を し ながら 、暗い 部屋 の 中 を 動き回る 女 の 白い 首 を 見て いました。 女 の 首 は 男 の 足元 の 方 へ 行った か と 思う と 、仕切り の 上 を 伝わって 、天井 の 方 へ も 登って いきます。

細く なった 白い 首 が 、クネクネ と 伸びて いきます。 "

"男 は ろくろっ首 が 少し でも 悪 さ を したら 、飛びかかって いって 長い 首 を 引きちぎって やろう と 思いました が 、ろくろっ首 は 何も 悪 さ を しません。 ただ フワフワ と 、楽し そうに 部屋 の 中 を 動き回って いる だけ でした。 だけど その うち に 、女 の 白い 首 は 半分 開いた 雨戸 の 隙間 から 、するり と 外 へ 抜け出して いきました。 「いったい どこ へ 行く のだろう? 」どうせ 眠れ ない ので 、男 は 頭 を あげる と 、ろくろっ首 が 伸びて 行く あと を 追って 、雨戸 の 間 から 外 へ 出て 行きました。

美しい ろくろっ首 は 宿屋 の 前 の 通り を 横切って 、お 地蔵 さん の たって いる 林 の 中 へ 入って 行きました。 そして 林 の 奥 に ある 池 の ほとり まで フワフワ 伸びて 行く と 、ヘビ の 様 に 長い 舌 を 出して 、池 の 水 を ペロペロ と なめ 始めた のです。 "

"「なんだ 、水 を 探して いた の か。 のど が かわいて いた ので 、こんな ところ へ 水 を 飲み に 来た のだ な。 そう 言えば 、おれ も のど が かわいた な 」そっと あと を つけて きた 男 は 、木 の かげ に 隠れて ゴクリ と のど を ならしました。 その 時 、水 を 飲んで いた ろくろっ首 が 男 の 方 を 向いて 、ニヤリ と 笑った のです。

(しまった。 見つかった かも しれ ん)

男 は 急いで 宿屋 へ 戻り 、また 雨戸 の 間 から 部屋 の 中 に 入る と 、な に くわ ぬ 顔 を して ねむって しまいました。 "

"さて 、次の 日 の 朝 の 事 です。 男 より 早く 目 を 覚ました 女 が 、仕切り の かげ から 男 に 声 を かけて きました。

「昨日 の 晩 は 、ずいぶん 蒸し暑かった です ねえ。 よく ねむれました か? 」「まったく。 本当に 蒸し暑かった です なあ」

男 は そう 答え ながら ふとん を 片付けて 、仕切り を 取り除きました。 "

"「暑かった けれど 、昨日 は 疲れて いた の か 、わたし は ぐっすり と ねむって 、夢 一 つ 見ません でした」

男 は わざと 、とぼけた 事 を 言いました。

「あら 、そう でしょう か? あなた さま は 不思議な 事 を なさ いました が 」女 の 人 は 口元 に 手 を 当てて 、笑い を おさえ ながら 言いました。 "

"「はて。 わたし が 不思議な 事 を? それ は 、どう 言う 事 です か? 不思議な 事 を した の は 、むしろ あなた で は ない です か」

男 が 怖い 顔 で 言い返す と 、「あら 、わたし が 不思議な 事? わたし が 一体 、何 を しました? 」と 、言う のです。

「それ なら 、言って やりましょう。 あなた は 美しい 顔 を して いる が 、実は ろくろっ首 で 、この 部屋 の 雨戸 から 抜け出して 、向かい の 林 の 中 に ある 池 へ 水 を 飲み に いった で は ないで す か! 」"

"「ようやく 気 が ついた のです ね。 あなた さま が 首 を どんどん と 長く 伸ばして 、ずっと わたし の 後 を つけて 来た 事 を。 夜中 に こっそり 女 の 後 を つける なんて 、あまり 良い ご 趣味 と は 言えません ね」

そう 言われて 男 は ハッと しました。 "

"男 は この 時 はじめて 、自分 も ろくろっ首 である 事 に 気 が つきました。 女 の ろくろっ首 は ニコニコ 笑い ながら 、男 の ろくろっ首 に 言いました。 「ここ で こうして 出会った の も 何 か の 縁。 どう です。 似た者 同士 、これ から 旅 を 続けません か?

「・・・いえ 、せっかく の 申し出 です が 」男 は 断る と 、急いで 旅 の 支度 を して 、どこ へ と も なく 去って 行った と いう 事 です。

おしまい

ろくろっ首 ろくろっくび rokurokubi rokurokubi rokurokubi rokurokubi ろくろっ首 rokrokubi rokurokubi рокурокуби rokurokubi 波特的脖子 陶工的脖子

むかし ある ところ に 、旅 を 続ける 一 人 の 男 が いました。 ||||たび||つづける|ひと|じん||おとこ|| Once upon a time, there was a man who continued his journey.

ある 日 、日 が 暮れて きた ので 男 は 近く に ある 村 の 宿屋 に 泊まる 事 に しました が 、その 夜 は 泊まり 客 が たくさん いて 、部屋 が 空いて おりません でした。 |ひ|ひ||くれて|||おとこ||ちかく|||むら||やどや||とまる|こと|||||よ||とまり|きゃく||||へや||あいて|| Eines Tages, als es dunkel wurde, beschloss der Mann, in einem Gasthaus in einem nahe gelegenen Dorf zu übernachten, aber an diesem Abend waren so viele Gäste da, dass keine Zimmer frei waren. One day, as it was getting dark, the man decided to stay at an inn in a nearby village, but there were so many guests that night that there were no rooms available. 有一天,夕阳西下,男子决定入住附近村庄的一家客栈,但当晚入住的客人较多,没有空房。 男 は 宿屋 に お 願い さ れ 、美しい 女 の 旅人 と 一緒に 一 つ の 部屋 の まん 中 に 仕切り を 立てて 、一夜 を 過ごす 事 に なりました。 おとこ||やどや|||ねがい|||うつくしい|おんな||たびびと||いっしょに|ひと|||へや|||なか||しきり||たてて|いちや||すごす|こと|| Der Mann wurde vom Gasthof gebeten, die Nacht mit einer schönen Reisenden in einem Raum mit einer Trennwand in der Mitte zu verbringen. The man was asked by the inn to spend the night with a beautiful female traveler in a room with a partition in the middle. 在客栈的要求下,男子和一位美丽的女旅人在房间中间搭了一个隔断,一起过夜。 " "

"その 日 は とても 蒸し暑く 、ねむたくて も 暑くて なかなか ねむれません。 |ひ|||むしあつく|||あつくて|| "That day was very hot and humid, and even if I wanted to sleep, it was too hot to sleep. “那天天气又热又湿,虽然想睡觉,但热得睡不着。 男 は 夜ふけ に なって 、ようやく ウトウト し はじめました。 おとこ||よふけ||||うとうと|| Spät in der Nacht begann der Mann endlich einzuschlafen. Late at night, the man finally began to fall asleep. 夜已深了,男人终于开始打瞌睡了。

仕切り の 向こう で 寝て いる 女 の 人 も 、やはり 眠れ ない のでしょう か。 しきり||むこう||ねて||おんな||じん|||ねむれ||| Könnte die Frau, die auf der anderen Seite der Trennwand schläft, auch nicht schlafen können? Could the woman sleeping on the other side of the partition also be unable to sleep?

いつまでも モゾモゾ して いました が 、突然 起き上がる 気配 が しました。 |もぞもぞ||||とつぜん|おきあがる|けはい|| Ich war lange unruhig, aber plötzlich hatte ich das Gefühl, gleich aufzustehen. I was restless for a long time, but suddenly I felt like I was going to get up. 我坐立不安了好久,突然感觉自己醒了。 "お トイレ に でも いく の か な? |といれ|||||| „Willst du aufs Klo? "Are you going to the bathroom or something? “你想去洗手间吗? と 、男 は 思いました が 、隣 は すぐに 静かに なりました。 |おとこ||おもいました||となり|||しずかに| dachte der Mann, aber die Nachbarn wurden bald still. thought the man, but the neighbors soon became quiet. 男人想着,但周围立刻安静了下来。

ところが しばらく する と 、仕切り の 向こう側 から 、生 温かい 風 が 吹いて きました。 ||||しきり||むこうがわ||せい|あたたかい|かぜ||ふいて| Nach einer Weile wehte jedoch ein lauer Wind von der anderen Seite der Trennwand herein. After a while, however, a warm wind blew from the other side of the partition. 然而过了一会儿,从隔断的另一边吹来了一阵暖风。

そして 女 の 人 の 白い 顔 が 仕切り の 上 に のびあがって 、フワフワ と 部屋 の 中 を 動き 始めた のです。 |おんな||じん||しろい|かお||しきり||うえ|||ふわふわ||へや||なか||うごき|はじめた| Dann streckte sich das weiße Gesicht der Frau über der Trennwand hervor und begann sich im Raum zu bewegen. Then the white face of the woman stretched out from above the partition and began to move around the room. 随后,女人那张惨白的脸出现在了隔断的上方,并开始在房间里走来走去。

男 は ビックリ して 、ゴクリ と 息 を 飲み込みました。 おとこ||びっくり||ごくり||いき||のみこみました Überrascht hielt der Mann die Luft an. The man was so startled that he gulped and swallowed his breath. 男人大吃一惊,咽了口口水。 " "

"「さては 、隣 の 女 は ろくろっ首 だ な」 |となり||おんな||ろくろっくび|| "Nun denn, die Frau von nebenan ist eine Rokurokukubi." "Well then, the woman next door is a rokurokukubi." 「那么,我身边的那个女人就是六六美。」

男 は 寝た ふり を し ながら 、暗い 部屋 の 中 を 動き回る 女 の 白い 首 を 見て いました。 おとこ||ねた|||||くらい|へや||なか||うごきまわる|おんな||しろい|くび||みて| Der Mann tat so, als würde er schlafen, und beobachtete, wie sich der weiße Hals der Frau in dem dunklen Raum bewegte. The man pretended to be asleep, watching the woman's white neck move around in the dark room. 男人装睡,看着女人白皙的脖颈,在漆黑的房间里走来走去。 女 の 首 は 男 の 足元 の 方 へ 行った か と 思う と 、仕切り の 上 を 伝わって 、天井 の 方 へ も 登って いきます。 おんな||くび||おとこ||あしもと||かた||おこなった|||おもう||しきり||うえ||つたわって|てんじょう||かた|||のぼって| Der Kopf der Frau geht zu den Füßen des Mannes, wandert dann über die Trennwand und klettert bis zur Decke. The woman's head goes to the man's feet, then travels over the partition and climbs up to the ceiling. 正当我以为女人的头已经走向男人的脚时,它却沿着隔断的顶部爬向天花板。

細く なった 白い 首 が 、クネクネ と 伸びて いきます。 ほそく||しろい|くび||くねくね||のびて| Der dünne weiße Hals streckt sich. The thin white neck stretches out. 它细长的白色脖子伸了过来。 "

"男 は ろくろっ首 が 少し でも 悪 さ を したら 、飛びかかって いって 長い 首 を 引きちぎって やろう と 思いました が 、ろくろっ首 は 何も 悪 さ を しません。 おとこ||ろくろっくび||すこし||あく||||とびかかって||ながい|くび||ひきちぎって|||おもいました||ろくろっくび||なにも|あく||| „Der Mann dachte, wenn Rokurokubi etwas falsch machen würde, würde er auf ihn springen und ihm den langen Hals abreißen, aber Rokurokubi hat nichts falsch gemacht. "The man thought that if Rokurokubi did anything wrong, he would jump at him and tear off his long neck, but Rokurokubi did nothing wrong. “那个男人以为,如果六六比做错了一点点,他就会跳到他身上,扯断他的长脖子,但六六比并没有做错什么。 ただ フワフワ と 、楽し そうに 部屋 の 中 を 動き回って いる だけ でした。 |ふわふわ||たのし|そう に|へや||なか||うごきまわって||| Sie waren einfach flauschig und bewegten sich glücklich im Raum. They were just fluffy and happily moving around the room. 它只是在房间里快乐地走来走去。 だけど その うち に 、女 の 白い 首 は 半分 開いた 雨戸 の 隙間 から 、するり と 外 へ 抜け出して いきました。 ||||おんな||しろい|くび||はんぶん|あいた|あまど||すきま||す るり||がい||ぬけだして| But before long, the woman's white neck slipped out through the crack in the half-open shutter. 但就在这时,女人的白头却从半开的百叶窗的缝隙中钻了出来。 「いったい どこ へ 行く のだろう? |||いく| "Where on earth are we going? 」どうせ 眠れ ない ので 、男 は 頭 を あげる と 、ろくろっ首 が 伸びて 行く あと を 追って 、雨戸 の 間 から 外 へ 出て 行きました。 |ねむれ|||おとこ||あたま||||ろくろっくび||のびて|いく|||おって|あまど||あいだ||がい||でて|いきました Since he couldn't sleep anyway, the man raised his head and followed Rokurokubi's growing trail out through the shutters.

美しい ろくろっ首 は 宿屋 の 前 の 通り を 横切って 、お 地蔵 さん の たって いる 林 の 中 へ 入って 行きました。 うつくしい|ろくろっくび||やどや||ぜん||とおり||よこぎって||じぞう|||||りん||なか||はいって|いきました The beautiful Rokurokubi crossed the street in front of the inn and went into the woods where the Jizo statue stood. そして 林 の 奥 に ある 池 の ほとり まで フワフワ 伸びて 行く と 、ヘビ の 様 に 長い 舌 を 出して 、池 の 水 を ペロペロ と なめ 始めた のです。 |りん||おく|||いけ||||ふわふわ|のびて|いく||へび||さま||ながい|した||だして|いけ||すい||||な め|はじめた| Then, as they fluffed their way to the edge of the pond in the woods, they stuck out their long, snake-like tongues and began licking the water. "

"「なんだ 、水 を 探して いた の か。 |すい||さがして||| "What, you were looking for water? のど が かわいて いた ので 、こんな ところ へ 水 を 飲み に 来た のだ な。 ||||||||すい||のみ||きた|| You were thirsty, so you came here to drink water. そう 言えば 、おれ も のど が かわいた な 」そっと あと を つけて きた 男 は 、木 の かげ に 隠れて ゴクリ と のど を ならしました。 |いえば||||||||||||おとこ||き||||かくれて|ごくり|||| Come to think of it, I'm thirsty, too." The man who followed me quietly hid behind a tree and grunted. その 時 、水 を 飲んで いた ろくろっ首 が 男 の 方 を 向いて 、ニヤリ と 笑った のです。 |じ|すい||のんで||ろくろっくび||おとこ||かた||むいて|||わらった| At that moment, the rokurokubi, who was drinking water, turned to the man and grinned.

(しまった。 (Sheesh. 見つかった かも しれ ん) みつかった||| (They may have found it.)

男 は 急いで 宿屋 へ 戻り 、また 雨戸 の 間 から 部屋 の 中 に 入る と 、な に くわ ぬ 顔 を して ねむって しまいました。 おとこ||いそいで|やどや||もどり||あまど||あいだ||へや||なか||はいる||||||かお|||| The man hurried back to the inn, and when he entered the room again through the shutters, he fell asleep with a blank expression on his face. "

"さて 、次の 日 の 朝 の 事 です。 |つぎの|ひ||あさ||こと| "Well, the next morning. 男 より 早く 目 を 覚ました 女 が 、仕切り の かげ から 男 に 声 を かけて きました。 おとこ||はやく|め||さました|おんな||しきり||||おとこ||こえ||| The woman woke up earlier than the man and called out to him from behind the partition.

「昨日 の 晩 は 、ずいぶん 蒸し暑かった です ねえ。 きのう||ばん|||むしあつかった|| Yesterday evening was quite hot and humid. よく ねむれました か? Did you sleep well? 」「まったく。 I'm not sure. 本当に 蒸し暑かった です なあ」 ほんとうに|むしあつかった|| It was really hot and humid.

男 は そう 答え ながら ふとん を 片付けて 、仕切り を 取り除きました。 おとこ|||こたえ||||かたづけて|しきり||とりのぞきました The man replied by putting away the futon and removing the partition. "

"「暑かった けれど 、昨日 は 疲れて いた の か 、わたし は ぐっすり と ねむって 、夢 一 つ 見ません でした」 あつかった||きのう||つかれて|||||||||ゆめ|ひと||みません| "It was hot, but maybe because I was tired yesterday, I slept soundly and didn't have a single dream."

男 は わざと 、とぼけた 事 を 言いました。 おとこ||||こと||いいました The man deliberately said something stupid.

「あら 、そう でしょう か? "Oh, is that so? あなた さま は 不思議な 事 を なさ いました が 」女 の 人 は 口元 に 手 を 当てて 、笑い を おさえ ながら 言いました。 |||ふしぎな|こと||な さ|||おんな||じん||くちもと||て||あてて|わらい||||いいました You did a strange thing," said the woman, putting her hand over her mouth and suppressing her laughter. "

"「はて。 "Hate . わたし が 不思議な 事 を? ||ふしぎな|こと| I'm doing something strange? それ は 、どう 言う 事 です か? |||いう|こと|| What do you mean by that? 不思議な 事 を した の は 、むしろ あなた で は ない です か」 ふしぎな|こと||||||||||| You were the one who did the strange thing, weren't you?"

男 が 怖い 顔 で 言い返す と 、「あら 、わたし が 不思議な 事? おとこ||こわい|かお||いいかえす|||||ふしぎな|こと When the man replied with a frightened face, "Oh, what's wrong with me? わたし が 一体 、何 を しました? ||いったい|なん|| What the hell did I do? 」と 、言う のです。 |いう| The first thing he says is, "I'm not going to be able to do that.

「それ なら 、言って やりましょう。 ||いって| "Then let's say it. あなた は 美しい 顔 を して いる が 、実は ろくろっ首 で 、この 部屋 の 雨戸 から 抜け出して 、向かい の 林 の 中 に ある 池 へ 水 を 飲み に いった で は ないで す か! ||うつくしい|かお|||||じつは|ろくろっくび|||へや||あまど||ぬけだして|むかい||りん||なか|||いけ||すい||のみ||||||| You have a beautiful face, but you're actually a rokurokkubi, and you slipped out of the shutters of this room and went to the pond in the forest opposite to drink water! 」"

"「ようやく 気 が ついた のです ね。 |き|||| "You've finally come to your senses. あなた さま が 首 を どんどん と 長く 伸ばして 、ずっと わたし の 後 を つけて 来た 事 を。 |||くび||||ながく|のばして||||あと|||きた|こと| How you stretched your neck longer and longer and followed me all the way. 夜中 に こっそり 女 の 後 を つける なんて 、あまり 良い ご 趣味 と は 言えません ね」 よなか|||おんな||あと|||||よい||しゅみ|||いえません| I can't say that secretly following a woman in the middle of the night is a very good hobby."

そう 言われて 男 は ハッと しました。 |いわれて|おとこ||はっと| Hearing that, the man was taken aback. "

"男 は この 時 はじめて 、自分 も ろくろっ首 である 事 に 気 が つきました。 おとこ|||じ||じぶん||ろくろっくび||こと||き|| "For the first time, the man realized that he was also a rokurokubi. 女 の ろくろっ首 は ニコニコ 笑い ながら 、男 の ろくろっ首 に 言いました。 おんな||ろくろっくび||にこにこ|わらい||おとこ||ろくろっくび||いいました The female rokurokubi smiled and said to the male rokurokubi. 「ここ で こうして 出会った の も 何 か の 縁。 |||であった|||なん|||えん "It's some kind of fate that we met here like this. どう です。 how is it. 似た者 同士 、これ から 旅 を 続けません か? にた もの|どうし|||たび||つづけません| Like-minded people, why don't you continue your journey from now on?

「・・・いえ 、せっかく の 申し出 です が 」男 は 断る と 、急いで 旅 の 支度 を して 、どこ へ と も なく 去って 行った と いう 事 です。 |||もうしで|||おとこ||ことわる||いそいで|たび||したく||||||||さって|おこなった|||こと| "...no, it's a great offer," the man said, refusing and quickly getting ready for the trip and going nowhere.

おしまい