×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), カッパ | 焼 印 を 押された カッパ

カッパ | 焼 印 を 押された カッパ

むかし むかし 、ある お 寺 に 、千寿 丸 (せんじゅ まる )と いう 小僧 さん が いました。

千寿 丸 は とても かしこい 小僧 さん で 、和尚 (おしょう )さん の お気に入り です。

ある 日 の 事 、千寿 丸 は ほか の 小僧 さん たち と 一緒に 、花 を つみ に 出かけました。

すると 大きな 池 が あって 、その 池 の 中ほど に 、とても 見事な ハス の 花 が 一 つ だけ 咲いて いた のです。

(何と 美しい 花 だろう。 これ を つんで 帰れば 、和尚 さま 、きっと 喜ぶ に ちがいない)

千寿 丸 は 、池 の 土手 (どて )を おりて 行きました。

そば に 生えて いる つる草 を つかんで ハス に 手 を 伸ばします が 、ハス は 届き そうで 届きません。

「千寿 丸 、危ない から やめろ」

ほか の 小僧 さん たち が 止めて も 、千寿 丸 は ハス の 花 を 取りたい 一 心 で 、水 の 上 に 体 を 乗り出しました。

そして やっと ハス の 花 に 指先 が 届いた もの の 、指先 で は 力 が 入ら ず うまく 折る 事 が 出来ません。

そこ で もう 少し 、体 を 乗り出した とたん、

ドブン!

と 、千寿 丸 は 池 の 中 に 落ちて しまった のです。

「千寿 丸! 千寿 丸!

小僧 さん たち は あわてて 池 の ふち に かけよりました が 、千寿 丸 の 姿 は ありません。

気 が つく と いつの間にか 、ハス の 花 も なくなって いました。

小僧 さん の 一 人 が 、大急ぎで 和尚 さん の ところ へ 知らせ に 行きました。

「和尚 さま 、大変です! 千寿 丸 が 池 に!

びっくり した 和尚 さん は あわてて 池 へ 駆けつけました が 、千寿 丸 は どこ に も いま せ ん。

和尚 さん は 覚悟 を 決める と 、池 に 向かって 静かに 手 を 合わせました。

それ から 片手 に 杖 (つえ )を 持ち 、何やら 呪文 (じゅもん )を 唱え ながら 杖 の 先 で さっと 北 の 方 を さしました。

すると 、どう でしょう。

今 まで 静か だった 池 の 水 が 激しく 波立ち 、やがて うず を 巻いて 巻き上がる と 土手 を 越えて 北 の 方 へ と 流れ出した のです。

「すっ、すごい!

小僧 さん たち は 、和尚 さん の 法 力 (ほうり き →仏 に よる 不思議な 力 )に 息 を のむ ばかり です。

やがて 全て の 水 が 土手 を 越えて 、池 が 空っぽ に なりました。

そして 池 の 底 を 見た とたん 、小僧 さん たち は びっくり しました。

何と 、おぼれ 死んで いる 千寿 丸 を 囲む よう に して 、何 十 匹 も の カッパ が 座って いる のです。

カッパ たち は 急に 水 が なくなった 事 に 驚き 、キョロキョロ と あたり を 見回して います。

「やはり 、こんな 事 だろう と 思った」

和尚 さん は 空 に なった 池 の 底 へ 降りて いく と 、杖 を 振り上げて、

「喝 (かつ)!

と 、叫びました。

その とたん 、カッパ たち は 和尚 さん の 法力 で 、石 の 様 に 動け なく なりました。

和尚 さん は 、カッパ たち を にらんで 言いました。

「なぜ 、こんな いたずら を する! ハス の 花 で 小僧 を 誘い 、水中 に 引きずり込んで 命 を 奪う と は!

怒った 和尚 さん は 真っ赤に 焼けた 鉄 の 棒 を カッパ たち の 背中 に 押しつけて 、一 匹 ずつ 焼 印 (やき い ん )を つけました。

やがて 和尚 さん が 法 力 を とくと 、体 が 動く よう に なった カッパ たち は 、そろって 和尚 さん の 前 に 手 を ついて 謝りました。

「申し訳 ありません でした。 もう 二度と 、人間 に いたずら は しません」

それ から と 言う もの 、この あたり の カッパ の 背中 に は 全て 焼印 が ついて いて 、人間 に いたずら を する 事 は なかった そうです。

また 、和尚 さん の 法 力 で 池 から 流れ出た 水 は 新しい 池 と なり 、人々 は その 池 を 鏡 池 と 呼ぶ よう に なりました。

おしまい

カッパ | 焼 印 を 押された カッパ |や|いん||おされた| Kappa - Markenzeichen Kappa Kappa | Branded Kappa Kappa - marca Kappa Kappa - marque Kappa 카파 | 소인 찍힌 카파 Kappa - marca Kappa Kappa - торговая марка Kappa Kappa | 品牌 Kappa Kappa | 品牌 Kappa

むかし むかし 、ある お 寺 に 、千寿 丸 (せんじゅ まる )と いう 小僧 さん が いました。 ||||てら||ちず|まる|||||こぞう||| Once upon a time, there was a boy named Senjumaru in a temple.

千寿 丸 は とても かしこい 小僧 さん で 、和尚 (おしょう )さん の お気に入り です。 ちず|まる||||こぞう|||おしょう||||おきにいり| Senjumaru is a very clever little boy and is a favorite of Osho.

ある 日 の 事 、千寿 丸 は ほか の 小僧 さん たち と 一緒に 、花 を つみ に 出かけました。 |ひ||こと|ちず|まる||||こぞう||||いっしょに|か||||でかけました One day, Senjumaru and the other boys went out to pick flowers.

すると 大きな 池 が あって 、その 池 の 中ほど に 、とても 見事な ハス の 花 が 一 つ だけ 咲いて いた のです。 |おおきな|いけ||||いけ||なかほど|||みごとな|はす||か||ひと|||さいて|| There was a big pond, and in the middle of the pond was a single beautiful lotus flower. C'era un grande stagno, e nel mezzo dello stagno c'era un unico bellissimo fiore di loto.

(何と 美しい 花 だろう。 なんと|うつくしい|か| (What a beautiful flower! (Che bel fiore! これ を つんで 帰れば 、和尚 さま 、きっと 喜ぶ に ちがいない) |||かえれば|おしょう|||よろこぶ|| If I take this home with me, I'm sure the priest will be very happy.) Se lo porto a casa con me, sono sicuro che il prete sarà molto felice.)

千寿 丸 は 、池 の 土手 (どて )を おりて 行きました。 ちず|まる||いけ||どて||||いきました Senjumaru went down the bank of the pond.

そば に 生えて いる つる草 を つかんで ハス に 手 を 伸ばします が 、ハス は 届き そうで 届きません。 ||はえて||つるくさ|||はす||て||のばします||はす||とどき|そう で|とどきません I grabbed the vine growing nearby and reached out to reach the lotus, but I could not reach it. Ho afferrato una vite che cresceva nelle vicinanze e ho allungato la mano per raggiungere il loto, ma non sono riuscito a raggiungerlo.

「千寿 丸 、危ない から やめろ」 ちず|まる|あぶない|| "Senjumaru, it's dangerous, stop it."

ほか の 小僧 さん たち が 止めて も 、千寿 丸 は ハス の 花 を 取りたい 一 心 で 、水 の 上 に 体 を 乗り出しました。 ||こぞう||||とどめて||ちず|まる||はす||か||とりたい|ひと|こころ||すい||うえ||からだ||のりだしました Even if the other boys stopped him, Senjumaru leaned out of the water with all his heart to catch the lotus flower. Anche se gli altri ragazzi lo fermavano, Senjumaru si sporgeva dall'acqua con tutto il cuore per afferrare il fiore di loto.

そして やっと ハス の 花 に 指先 が 届いた もの の 、指先 で は 力 が 入ら ず うまく 折る 事 が 出来ません。 ||はす||か||ゆびさき||とどいた|||ゆびさき|||ちから||はいら|||おる|こと||できません I finally reached the lotus flower with my fingertips, but my fingertips were weak and I couldn't fold it.

そこ で もう 少し 、体 を 乗り出した とたん、 |||すこし|からだ||のりだした| As soon as I leaned out a little more,

ドブン! Boom!

と 、千寿 丸 は 池 の 中 に 落ちて しまった のです。 |ちず|まる||いけ||なか||おちて|| Then, Senjumaru fell into the pond.

「千寿 丸! ちず|まる "Senju Maru! 千寿 丸! ちず|まる Senju Maru!

小僧 さん たち は あわてて 池 の ふち に かけよりました が 、千寿 丸 の 姿 は ありません。 こぞう|||||いけ||||||ちず|まる||すがた|| The boys rushed to the edge of the pond, but Senjumaru was nowhere to be seen.

気 が つく と いつの間にか 、ハス の 花 も なくなって いました。 き||||いつのまにか|はす||か||| Before I knew it, the lotus flowers were gone. Prima che me ne rendessi conto, i fiori di loto erano spariti.

小僧 さん の 一 人 が 、大急ぎで 和尚 さん の ところ へ 知らせ に 行きました。 こぞう|||ひと|じん||おおいそぎで|おしょう|||||しらせ||いきました One of the boys hurried to inform the priest. Uno dei ragazzi si affrettò ad avvertire il prete.

「和尚 さま 、大変です! おしょう||たいへん です "Osho-sama, it's serious! 千寿 丸 が 池 に! ちず|まる||いけ| Senjumaru is in the pond!

びっくり した 和尚 さん は あわてて 池 へ 駆けつけました が 、千寿 丸 は どこ に も いま せ ん。 ||おしょう||||いけ||かけつけました||ちず|まる||||||| Surprised, the monk rushed to the pond, but Senjumaru was nowhere to be found. Sorpreso, il monaco si precipitò allo stagno, ma Senjumaru non si trovava da nessuna parte.

和尚 さん は 覚悟 を 決める と 、池 に 向かって 静かに 手 を 合わせました。 おしょう|||かくご||きめる||いけ||むかって|しずかに|て||あわせました When the priest made up his mind, he quietly put his hands together facing the pond.

それ から 片手 に 杖 (つえ )を 持ち 、何やら 呪文 (じゅもん )を 唱え ながら 杖 の 先 で さっと 北 の 方 を さしました。 ||かたて||つえ|||もち|なにやら|じゅもん|||となえ||つえ||さき|||きた||かた|| Then, holding a staff in one hand, while chanting some kind of incantation, she pointed the tip of the staff toward the north. Quindi, tenendo un bastone in una mano, mentre cantavo una specie di incantesimo, ho puntato la punta del bastone verso nord.

すると 、どう でしょう。 What then?

今 まで 静か だった 池 の 水 が 激しく 波立ち 、やがて うず を 巻いて 巻き上がる と 土手 を 越えて 北 の 方 へ と 流れ出した のです。 いま||しずか||いけ||すい||はげしく|なみだち||||まいて|まきあがる||どて||こえて|きた||かた|||ながれだした| The water in the pond, which had been calm until now, started to erupt violently, and eventually it rolled up in a whirlpool and flowed northward over the bank. L'acqua dello stagno, che fino a quel momento era stata calma, iniziò a eruttare violentemente, e in breve tempo si avvolse in un vortice e fluì verso nord oltre la riva.

「すっ、すごい! "Wow, amazing!

小僧 さん たち は 、和尚 さん の 法 力 (ほうり き →仏 に よる 不思議な 力 )に 息 を のむ ばかり です。 こぞう||||おしょう|||ほう|ちから|||ふつ|||ふしぎな|ちから||いき|||| The little monks are just holding their breath at the monk's Dharma power (Horiki → Mysterious power of Buddha). I piccoli monaci stanno solo trattenendo il respiro davanti al potere del Dharma del monaco (Horiki → Potere misterioso del Buddha).

やがて 全て の 水 が 土手 を 越えて 、池 が 空っぽ に なりました。 |すべて||すい||どて||こえて|いけ||からっぽ|| Eventually all the water had crossed over the bank and the pond was empty.

そして 池 の 底 を 見た とたん 、小僧 さん たち は びっくり しました。 |いけ||そこ||みた||こぞう||||| And when the boys saw the bottom of the pond, they were astonished.

何と 、おぼれ 死んで いる 千寿 丸 を 囲む よう に して 、何 十 匹 も の カッパ が 座って いる のです。 なんと||しんで||ちず|まる||かこむ||||なん|じゅう|ひき|||||すわって|| Surprisingly, dozens of kappa are sitting around the drowning Senjumaru. Sorprendentemente, dozzine di kappa sono seduti intorno al Senjumaru che sta annegando.

カッパ たち は 急に 水 が なくなった 事 に 驚き 、キョロキョロ と あたり を 見回して います。 |||きゅうに|すい|||こと||おどろき|||||みまわして| The kappas are surprised at the sudden lack of water, and look around restlessly.

「やはり 、こんな 事 だろう と 思った」 ||こと|||おもった "As expected, I thought it would be like this." "Come previsto, ho pensato che sarebbe stato così."

和尚 さん は 空 に なった 池 の 底 へ 降りて いく と 、杖 を 振り上げて、 おしょう|||から|||いけ||そこ||おりて|||つえ||ふりあげて When the priest descended to the bottom of the empty pond, he raised his cane and said, Quando il sacerdote scese sul fondo dello stagno vuoto, alzò il bastone e disse:

「喝 (かつ)! かつ| "Katsu! "Katsu! "

と 、叫びました。 |さけびました cried.

その とたん 、カッパ たち は 和尚 さん の 法力 で 、石 の 様 に 動け なく なりました。 |||||おしょう|||ほう ちから||いし||さま||うごけ|| At that moment, the Kappas were immobilized like stones by the monk's power. In quel momento, il Kappa e gli altri si immobilizzarono come pietre sotto il potere del monaco.

和尚 さん は 、カッパ たち を にらんで 言いました。 おしょう|||||||いいました The priest looked at the kappa and said,

「なぜ 、こんな いたずら を する! "Why do you play such a prank! ハス の 花 で 小僧 を 誘い 、水中 に 引きずり込んで 命 を 奪う と は! はす||か||こぞう||さそい|すいちゅう||ひきずりこんで|いのち||うばう|| Lure a boy with a lotus flower, drag him into the water, and kill him!

怒った 和尚 さん は 真っ赤に 焼けた 鉄 の 棒 を カッパ たち の 背中 に 押しつけて 、一 匹 ずつ 焼 印 (やき い ん )を つけました。 いかった|おしょう|||まっかに|やけた|くろがね||ぼう|||||せなか||おしつけて|ひと|ひき||や|いん||||| The angry monk pressed a red-hot iron bar against the backs of the kappa and branded them one by one. Il monaco arrabbiato premette una sbarra di ferro rovente contro la schiena del kappa e li marchiò uno per uno.

やがて 和尚 さん が 法 力 を とくと 、体 が 動く よう に なった カッパ たち は 、そろって 和尚 さん の 前 に 手 を ついて 謝りました。 |おしょう|||ほう|ちから|||からだ||うごく||||||||おしょう|||ぜん||て|||あやまりました Eventually, when the priest removed his power, the kappa and the others became able to move their bodies and apologized in front of the priest. Alla fine, quando il prete ha rimosso il suo potere, il kappa e gli altri hanno iniziato a muovere i loro corpi e si sono scusati davanti al prete.

「申し訳 ありません でした。 もうしわけ|| "I am sorry. "Mi dispiace. もう 二度と 、人間 に いたずら は しません」 |にどと|にんげん|||| I will never play a prank on humans again." Non farò mai più uno scherzo agli umani".

それ から と 言う もの 、この あたり の カッパ の 背中 に は 全て 焼印 が ついて いて 、人間 に いたずら を する 事 は なかった そうです。 |||いう|||||||せなか|||すべて|や いん||||にんげん|||||こと|||そう です Since then, all the kappa around here have branded irons on their backs, and it is said that they never played pranks on humans. Da allora, tutti i kappa qui intorno hanno marchiato ferri sulla schiena, e si dice che non abbiano mai fatto scherzi agli umani.

また 、和尚 さん の 法 力 で 池 から 流れ出た 水 は 新しい 池 と なり 、人々 は その 池 を 鏡 池 と 呼ぶ よう に なりました。 |おしょう|||ほう|ちから||いけ||ながれでた|すい||あたらしい|いけ|||ひとびと|||いけ||きよう|いけ||よぶ||| Also, the water that flowed out of the pond under the priest's power became a new pond, and people came to call it Kagami-ike. Inoltre, l'acqua che sgorgava dallo stagno sotto il potere del sacerdote divenne un nuovo stagno, e la gente venne a chiamarlo Kagami-ike.

おしまい end