×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), カッパ | 人 を 水中 に 引き込む カッパ

カッパ | 人 を 水中 に 引き込む カッパ

むかし むかし 、滝 の ある ふち (→川 の 深い ところ )に 、一 匹 の カッパ が 住んで いました。

この カッパ は 頭 の 上 の 皿 を どんな 物 に でも 変えられる と いう 、不思議な 力 を 持って います。

ふち の そば で 美しい 花 を 咲か せたり 、大きな 魚 に して 、それ を 人 が 取ろう と した とたん 、腕 を つかんで 水中 深く 引っぱり込んで しまう のです。

この カッパ の ため に 、これ まで 何 人 の 人 が 命 を 落とした か しれません。

この ふち の 近く の 村 に 、上野 介 (こうず の すけ )と いう さむらい が 住んで いました。

村 でも 評判 の 力持ち で 、米 俵 (こ めだ わら )を 片手 で 軽く 持ち上げ 、ぬかるみ に 落ちた 荷物 いっぱい の 車 でも 楽々 と 引っ張り 上げる 事 が 出来ました。

ある 日 の 事 です。

町 から の 帰り道 に 、上野 介 が この ふち の そば に 来る と 、目の前 に きれいな 女 の かんざし が 浮いて います。

よく 見る と 、お 城 の お姫さま が さす ような 立派な かんざし で 、村 の 娘 の 手 に 入る ような 品物 では ありません。

「これ は 、良い 物 を 見つけた ぞ」

上野 介 は 思わず 手 を のばして 、この かんざし を 取ろう と しました。

その とたん 、水 の 中 から 青白い 腕 が のびて 来て 、上野 介 の 手首 を つかみます。

上野 介 は ビックリ して 手首 を 引っ込めよう と しました が 、その 力 の 強い 事。

今にも 水 の 中 へ 、倒れ そうに なりました。

しかし さすが は 、力持ち で 知られた 上野 介 です。

逆に もう 一方 の 手 で 青白い 腕 を つかむ と 、上 へ 引っ張り 上げよう と しました。

どっち の 力 も 強くて 、引っ張ったり 、引っ張られたり 、なかなか 勝負 が つきません。

それ でも 上野 介 が 思い切り 力 を 入れて ふんばる と 、一 匹 の カッパ が 姿 を 現しました。

(カッパ の 仕業 であった か)

上野 介 は そのまま カッパ を 上 に 引き上げる と 、後ろ へ 放り投げました。

バコン と いう 音 が して 、カッパ は 後ろ の 岩 に たたきつけられます。

上野介 は ホッ と して 、カッパ の そば へ かけよりました。

「危ない ところ だった。 考えて みれば 、かんざし が 水 に 浮く わけ は ない」

言い ながら カッパ を 見る と 、気 を 失って いる だけ で 、どこ に も けが を して いません。

(さすが は 、ふち の 主 だけ の 事 は ある)

上野 介 は 近く の 木 の つる を 取って カッパ を しばり あげる と 、肩 に かついで 家 に 連れて 帰りました。

屋敷 の者 たち は 、カッパ を 見て ビックリ。

「なるほど 、これ が カッパ と いう もの か」

「それにしても 、恐ろしい 顔 を して いる もの だ。 こんな カッパ を 生けどり に する なんて 、やっぱり 旦那 (だんな )さま は 大した もの よ」

みんな が 感心 して いる と 、ふいに カッパ が 目 を 開けました。

「おっ、気 が ついた ぞ。 逃げられたら 大変だ」

屋敷 の者 たち は 縄 (なわ )で カッパ を グルグル 巻き に して 、庭 の 木 に しばりつけました。

こう なって は さすが の カッパ も 、どう する 事 も 出来ません。

カッパ は なさけない 顔 で うなだれた まま 、ジッと 地面 を にらんで いました。

それ を 見て 、上野 介 が 言いました。

「いい か 、どんな 事 が あって も 、水 を やる で ない ぞ」

ところが 夜 に なる と 、カッパ は クエンクエン と ほえる よう に 泣き出し 、うるさくて かないません。

台所 で 仕事 を して いた 女 中 (じょ ちゅう )の 一 人 が 、水 びしゃく を 持った まま 庭 へ 飛び出し、

「うるさい ねえ 、いいかげんに しろ!

と 、その 水 び しゃく で カッパ の 頭 を コツン と たたいたら 、水 び しゃく の 中 に 残って いた 水 が カッパ の 頭 の 皿 に かかりました。

すると カッパ は みるみる 元気に なり 、グルグル 巻き の 縄 を 引きちぎって そのまま 庭 の 外 へ 飛び出しました。

「カッパ が 、逃げた!

女中 の 叫び声 を 聞きつけて 、上野 介 や 屋敷 の者 が かけつけました が 、すぐに 姿 は 見え なく なりました。

しかし これ に こりた の か 、この カッパ は 二度と 人 を 水 の 中 へ 引き込む 事 は なかった と いう こと です。

おしまい

カッパ | 人 を 水中 に 引き込む カッパ |じん||すいちゅう||ひきこむ| Kappa - ein Kappa, der Menschen ins Wasser zieht Kappa - Kappa that pulls people into the water Kappa - un kappa qui attire les gens dans l'eau Kappa - un kappa che trascina le persone in acqua Kappa - kappa, który wciąga ludzi do wody Kappa - um kappa que puxa as pessoas para a água Каппа - каппа, которая затягивает людей в воду 河童 | 拉人下水的河童 卡帕 - 把人拉入水中的卡帕

むかし むかし 、滝 の ある ふち (→川 の 深い ところ )に 、一 匹 の カッパ が 住んで いました。 ||たき||||かわ||ふかい|||ひと|ひき||||すんで| Once upon a time, a copper lived in the frame of a waterfall (deep in the river).

この カッパ は 頭 の 上 の 皿 を どんな 物 に でも 変えられる と いう 、不思議な 力 を 持って います。 |||あたま||うえ||さら|||ぶつ|||かえられる|||ふしぎな|ちから||もって| This kappa has the mysterious power to change the plate on its head into anything. Questo kappa ha il misterioso potere di cambiare il piatto sulla sua testa in qualsiasi cosa.

ふち の そば で 美しい 花 を 咲か せたり 、大きな 魚 に して 、それ を 人 が 取ろう と した とたん 、腕 を つかんで 水中 深く 引っぱり込んで しまう のです。 ||||うつくしい|か||さか||おおきな|ぎょ|||||じん||とろう||||うで|||すいちゅう|ふかく|ひっぱりこんで|| They make beautiful flowers bloom near the water's edge, or they make a big fish, and when people try to catch it, they grab it by the arm and pull it deep into the water. Fanno sbocciare bellissimi fiori vicino al bordo e si trasformano in grossi pesci.

この カッパ の ため に 、これ まで 何 人 の 人 が 命 を 落とした か しれません。 |||||||なん|じん||じん||いのち||おとした|| I don't know how many people have died because of this kappa. Non so quante persone siano morte a causa di questo kappa.

この ふち の 近く の 村 に 、上野 介 (こうず の すけ )と いう さむらい が 住んで いました。 |||ちかく||むら||うえの|かい||||||||すんで| In a village near this edge, there lived a samurai named Kozunosuke.

村 でも 評判 の 力持ち で 、米 俵 (こ めだ わら )を 片手 で 軽く 持ち上げ 、ぬかるみ に 落ちた 荷物 いっぱい の 車 でも 楽々 と 引っ張り 上げる 事 が 出来ました。 むら||ひょうばん||ちからもち||べい|たわら|||||かたて||かるく|もちあげ|||おちた|にもつ|||くるま||らくらく||ひっぱり|あげる|こと||できました He was a strong man with a good reputation in the village, and could easily lift a bale of rice with one hand and pull up a car full of luggage that had fallen into the muddy ground. Aveva una reputazione nel villaggio come un uomo forte e poteva facilmente sollevare un sacco di riso con una mano e persino sollevare un'auto piena di bagagli caduti nel fango.

ある 日 の 事 です。 |ひ||こと| One day.

町 から の 帰り道 に 、上野 介 が この ふち の そば に 来る と 、目の前 に きれいな 女 の かんざし が 浮いて います。 まち|||かえりみち||うえの|かい|||||||くる||めのまえ|||おんな||||ういて| On his way home from town, Uenosuke comes to this edge and sees a beautiful woman's hairpin floating in front of him.

よく 見る と 、お 城 の お姫さま が さす ような 立派な かんざし で 、村 の 娘 の 手 に 入る ような 品物 では ありません。 |みる|||しろ||おひめさま||||りっぱな|||むら||むすめ||て||はいる||しなもの|| If you look closely, you'll see that it's a splendid kanzashi like a princess in a castle, not something you could get for a village girl. Se guardi da vicino, vedrai che è uno splendido kanzashi come una principessa in un castello, non qualcosa su cui una ragazza del villaggio potrebbe mettere le mani.

「これ は 、良い 物 を 見つけた ぞ」 ||よい|ぶつ||みつけた| "This is a good thing I found."

上野 介 は 思わず 手 を のばして 、この かんざし を 取ろう と しました。 うえの|かい||おもわず|て||||||とろう|| Uenosuke instinctively reached out and tried to pick up this kanzashi.

その とたん 、水 の 中 から 青白い 腕 が のびて 来て 、上野 介 の 手首 を つかみます。 ||すい||なか||あおじろい|うで|||きて|うえの|かい||てくび|| At that moment, a pale arm reached out from the water and grabbed Uenosuke's wrist.

上野 介 は ビックリ して 手首 を 引っ込めよう と しました が 、その 力 の 強い 事。 うえの|かい||びっくり||てくび||ひっこめよう|||||ちから||つよい|こと Uenosuke was surprised and tried to pull his wrist back, but it was so strong. Uenosuke fu sorpreso e cercò di tirare indietro il polso, ma era così forte.

今にも 水 の 中 へ 、倒れ そうに なりました。 いまにも|すい||なか||たおれ|そう に| I was about to fall into the water at any moment. Stavo per cadere in acqua da un momento all'altro.

しかし さすが は 、力持ち で 知られた 上野 介 です。 |||ちからもち||しられた|うえの|かい| However, as expected, it is Uenosuke, who was known as a strong man.

逆に もう 一方 の 手 で 青白い 腕 を つかむ と 、上 へ 引っ張り 上げよう と しました。 ぎゃくに||いっぽう||て||あおじろい|うで||||うえ||ひっぱり|あげよう|| Conversely, I grabbed the pale arm with my other hand and tried to pull it up.

どっち の 力 も 強くて 、引っ張ったり 、引っ張られたり 、なかなか 勝負 が つきません。 ||ちから||つよくて|ひっぱったり|ひっぱられたり||しょうぶ|| Both of these forces are strong, and it's hard to win the game when you're pulling and being pulled. Entrambe queste forze sono forti ed è difficile vincere la partita quando stai tirando e vieni tirato.

それ でも 上野 介 が 思い切り 力 を 入れて ふんばる と 、一 匹 の カッパ が 姿 を 現しました。 ||うえの|かい||おもいきり|ちから||いれて|||ひと|ひき||||すがた||あらわしました But when Uenosuke put all his strength into his wings, a kappa appeared. Anche così, quando Uenosuke ci mise tutta la sua forza, apparve un kappa.

(カッパ の 仕業 であった か) ||しわざ|| (Was it the work of Kappa?)

上野 介 は そのまま カッパ を 上 に 引き上げる と 、後ろ へ 放り投げました。 うえの|かい|||||うえ||ひきあげる||うしろ||ほうりなげました Uenosuke pulled the kappa up and threw it back. Uenosuke sollevò il kappa e lo gettò indietro.

バコン と いう 音 が して 、カッパ は 後ろ の 岩 に たたきつけられます。 |||おと|||||うしろ||いわ|| There is a banging sound and the kappa is slammed into the rock behind it.

上野介 は ホッ と して 、カッパ の そば へ かけよりました。 うえの かい||ほっ||||||| Uenosuke, relieved, marched over to Kappa's side.

「危ない ところ だった。 あぶない|| It was a close call. 考えて みれば 、かんざし が 水 に 浮く わけ は ない」 かんがえて||||すい||うく||| If you think about it, there's no way a hairpin can float on water."

言い ながら カッパ を 見る と 、気 を 失って いる だけ で 、どこ に も けが を して いません。 いい||||みる||き||うしなって||||||||||いま せ ん When I look at the kappa while saying that, I see that he's just unconscious, and he's not hurt anywhere. Quando guardo il kappa mentre lo dico, vedo che è solo privo di sensi e non è ferito da nessuna parte.

(さすが は 、ふち の 主 だけ の 事 は ある) ||||おも|||こと|| (As expected, it's only the owner of the edge)

上野 介 は 近く の 木 の つる を 取って カッパ を しばり あげる と 、肩 に かついで 家 に 連れて 帰りました。 うえの|かい||ちかく||き||||とって||||||かた|||いえ||つれて|かえりました Uenosuke grabbed a vine from a nearby tree, tied the kappa up, and carried it home on his shoulder. Uenosuke afferrò una vite da un albero vicino, legò il kappa e se lo portò a casa sulla spalla.

屋敷 の者 たち は 、カッパ を 見て ビックリ。 やしき|の しゃ|||||みて|びっくり The villagers were surprised to see Kappa.

「なるほど 、これ が カッパ と いう もの か」 "I see. So this is what Kappa is."

「それにしても 、恐ろしい 顔 を して いる もの だ。 |おそろしい|かお||||| But they have such terrible faces. "Anche così, hai una faccia spaventosa. こんな カッパ を 生けどり に する なんて 、やっぱり 旦那 (だんな )さま は 大した もの よ」 |||いけどり|||||だんな||||たいした|| To keep such a kappa alive, after all, my husband is a big deal." Per mantenere in vita un tale kappa, dopo tutto, mio marito è un grosso problema".

みんな が 感心 して いる と 、ふいに カッパ が 目 を 開けました。 ||かんしん|||||||め||あけました While everyone was admiring, Kappa suddenly opened his eyes.

「おっ、気 が ついた ぞ。 |き||| "Oh, I just noticed. 逃げられたら 大変だ」 にげられたら|たいへんだ It would be terrible if you escaped."

屋敷 の者 たち は 縄 (なわ )で カッパ を グルグル 巻き に して 、庭 の 木 に しばりつけました。 やしき|の しゃ|||なわ|||||ぐるぐる|まき|||にわ||き|| The people of the mansion wrapped the kappa around with a rope and tied it to a tree in the garden.

こう なって は さすが の カッパ も 、どう する 事 も 出来ません。 |||||||||こと||できません Even Kappa can't do anything about this.

カッパ は なさけない 顔 で うなだれた まま 、ジッと 地面 を にらんで いました。 |||かお||||じっと|じめん||| The kappa stared at the ground with its head down and a pitiful face.

それ を 見て 、上野 介 が 言いました。 ||みて|うえの|かい||いいました Seeing that, Uenosuke said.

「いい か 、どんな 事 が あって も 、水 を やる で ない ぞ」 |||こと||||すい||||| "Listen, no matter what happens, don't water it." "Ascolta, non importa cosa succede, non innaffiarlo."

ところが 夜 に なる と 、カッパ は クエンクエン と ほえる よう に 泣き出し 、うるさくて かないません。 |よ|||||||||||なきだし|| However, at night, the kappa roars and cries, making it very noisy. Tuttavia, di notte, il kappa ruggisce e piange, rendendolo molto rumoroso.

台所 で 仕事 を して いた 女 中 (じょ ちゅう )の 一 人 が 、水 びしゃく を 持った まま 庭 へ 飛び出し、 だいどころ||しごと||||おんな|なか||||ひと|じん||すい|び しゃく||もった||にわ||とびだし One of the maids who was working in the kitchen ran out into the garden with water in her hand. Una delle cameriere che lavorava in cucina corse in giardino con l'acqua in mano.

「うるさい ねえ 、いいかげんに しろ! "Don't be shy, just take it easy!

と 、その 水 び しゃく で カッパ の 頭 を コツン と たたいたら 、水 び しゃく の 中 に 残って いた 水 が カッパ の 頭 の 皿 に かかりました。 ||すい||||||あたま|||||すい||||なか||のこって||すい||||あたま||さら|| Then, when I hit the kappa's head with the water, the remaining water in the water splashed on the kappa's head plate. Poi, quando ho colpito la testa del kappa con l'acqua, l'acqua rimanente nell'acqua è schizzata sulla piastra della testa del kappa.

すると カッパ は みるみる 元気に なり 、グルグル 巻き の 縄 を 引きちぎって そのまま 庭 の 外 へ 飛び出しました。 ||||げんきに||ぐるぐる|まき||なわ||ひきちぎって||にわ||がい||とびだしました Then, the kappa quickly recovered, tore off the rope wrapped around it, and jumped out of the garden. Quindi, il kappa si riprese rapidamente, strappò la corda che lo avvolgeva e saltò fuori dal giardino.

「カッパ が 、逃げた! ||にげた "Kappa ran away!

女中 の 叫び声 を 聞きつけて 、上野 介 や 屋敷 の者 が かけつけました が 、すぐに 姿 は 見え なく なりました。 おんな ちゅう||さけびごえ||ききつけて|うえの|かい||やしき|の しゃ|||||すがた||みえ|| Hearing the maid's screams, Uenosuke and the mansion rushed to her, but soon she disappeared. Sentendo le urla della cameriera, Uenosuke e la villa si precipitarono da lei, ma presto lei scomparve.

しかし これ に こりた の か 、この カッパ は 二度と 人 を 水 の 中 へ 引き込む 事 は なかった と いう こと です。 |||||||||にどと|じん||すい||なか||ひきこむ|こと|||||| However, perhaps because of this, this kappa never pulled a person into the water again. Tuttavia, forse per questo motivo, questo kappa non ha mai più trascinato una persona in acqua.

おしまい