×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), カッパ | カッパ の 雨ごい

カッパ | カッパ の 雨ごい

むかし むかし 、ある ところ に 、森 に 囲まれた 小さな 村 が ありました。

その 森 に 古い 沼 が あって 、一 匹 の カッパ が 住んで いました。

この カッパ は ひどい イタズラガッパ で 、畑 を 荒らしたり 、沼 へ 人 を 引きずり込んだり と 、いつも 悪 さ を する のです。

ある 日 の 事 、この 村 に やって 来た 旅 の 坊さん が 、イタズラガッパ の 話し を 聞きました。

すると 坊さん は さっそく 沼 へ 行って 、カッパ を 呼び出して 言いました。

「お前 は 、いつも 悪い 事 ばかり して いる ようじゃ が 、いったい 何 が 気 に 入ら んで 、そんな 事 を する ん じゃあ?

すると カッパ は 、こんな 事 を 話し 始めました。

「おら は 、カッパ の 身の上 が つらい ん よ。

こんな 姿 で は 、人間 の 仲間 に は 入れて もらえ ない。

かといって 、魚 や カメ の 仲間 でも ねえ。

ここ に は 仲間 も いねえし 、おもしろく ねえ。

だから おら は 腹 が 立って 、無茶苦茶 に 暴れ 回る んだ」

話して いる うち に 、カッパ は 涙 を こぼしました。

「お 坊 さま。

おら は 、人間 に 生まれ変わり て え。

人間 に 生まれ変わる に は 、どう したら いい んだ?

「それ は 、お前 が 生きて いる 間 に 、何 か 人間 の 為 に なる 事 を すれば いい」

「そう か 、わかった」

カッパ は 坊さん に 礼 を 言う と 、帰って 行きました。

さて 、その 年 の 夏 の 事 です。

村 で は 日照り が 続いて 作物 が 枯れ 、ついに 井戸 の 水 も 干上がって しまいました。

「このまま で は 、みんな 死んで しまう ぞ。 雨ごい だ。 雨ごい を する んだ」

村人 たち は 広場 に 集まって 、朝 から 晩 まで 空 に 向かって 雨ごい を しました。

「雨 よ 、降れ 、雨 を 降れ 、どうか 雨 よ 、降って くれ!

でも 、雨 は 一 滴 も 降りません。

そんな 雨ごい が 何 日 も 続いた 頃 、あの 沼 の カッパ が 村 へ やって 来ました。

「イタズラガッパ じゃ 、やっつけろ!

カッパ を 取り囲んだ 村人 たち は 、日頃 の うらみ と 雨 が 降ら ない 腹いせ に 、カッパ を 殴ったり 蹴ったり しました。

いつも なら すぐに 逃げ出す カッパ です が 、今日 は 殴られて も 蹴られて も 大人 しく 我慢 して いました。

そして 、今にも 死に そうな 様子 で やっと 顔 を 上げる と 、カッパ は 村人 たち に 雨ごい を さ せて くれ と 頼んだ のです。

「雨ごい だ と? イタズラ者 の お前 が か?

「そんな の 、うそ に 決まって いる! また 何 か 、イタズラ を たくらんで いる に 違いない!

「しかし 、カッパ も 雨 が 降ら ず に 困って いる はず」

「そうだ。 カッパ は 水 の 妖怪 だから 、カッパ が 雨ごい を すれば 本当に 雨 が 降る かも」

村人 たち は カッパ に 雨ごい を 認める と 、カッパ を 縄 で しばった まま 広場 の やぐら の 上 に 連れて 行きました。

カッパ は しばられた まま 、やっと の 事 で 体 を 起こす と 、天 を 仰いで 祈り 始めました。

「天 の 神さま。

おら 、今 まで に 悪い 事 ばかり して きた。

村 の 衆 に 、いつも 迷惑 を かけて きた。

だから その つぐない に 、村 に 雨 を 降ら せて は くださら ん か。

おら の 命 と 引き替え に 、村 に 雨 を 降ら せて は くださら ん か。

天 の 神さま 、どう か お 願い です」

カッパ の 雨ごい は 、何 日 も 何 日 も 続きました。

その 間 、カッパ は 水 も 飲ま なければ 、食べ物 も 食べません。

すっかり 弱った カッパ は 、とても 苦し そうに 雨ごい を 続けました。

「神さま ・・・、お 願い です。 どうか ・・・、村 に ・・・、雨 を 、降ら せて・・・」

カッパ の 祈り が あまりに も 熱心な ので 、いつの間にか 村人 たち も 一緒に なって 雨ごい の 祈り を 始めました。

「神さま 、お 願い です。 どう か 、村 に 雨 を 降ら せて 下さい」

「神さま 、お 願い です。 どう か 、村 に 雨 を 降ら せて 下さい」

「神さま 、お 願い です。 どう か、・・・」

すると 不思議な 事 に 、急に 雨雲 が たち込めて 、大粒の 雨 が ポツリポツリ 降って きた のです。

そして 雨 は みるみる 激しく なって 、やがて ザーザー と 滝 の 様 に 降り出した のです。

「カッパ の 雨ごい が 、天 に 届いた ぞ!

「カッパ の 雨ごい の おかげ で 、村 は 救われた ぞ!

https://livedoor.blogimg.jp/horrysan/imgs/6/8/68eafe7b.jpg" alt="68eafe7b.jpg"/>

それ を 聞いた カッパ は 、天 を 仰ぐ と、

「・・・神さま 、ありがとう」

と 、激しい 雨 に 打た れ ながら 、満足 そうな 顔 で 死んで しまいました。

それ から しばらく して 、あの 旅 の 坊さん が また この 村 を 訪れて 、この 事 を 知りました。

すると 坊さん は 、人間 に なり た がって いた カッパ の 話 を 村人 に して やりました。

「カッパ は 、命がけ で 罪ほろぼし を した んじゃ。 いつか 人間 に 生まれ変わって 、この 村 に くる かも しれ ん なあ」

それ を 聞いた 村人 たち は 沼 の 近く に 小さな カッパ の 墓 を 立てて 、いつまでも カッパ の 雨ごい の 話 を 語り伝えた そうです。

おしまい

カッパ | カッパ の 雨ごい |||あまごい Kappa | Kappa's Regen Bettler Kappa | Kappa | Kappa's rain beggar Kappa | Le mendiant de la pluie de Kappa Kappa | Kappa's regen bedelaar Kappa | O mendigo da chuva de Kappa Проситель дождя Каппа | Kappa Kappa | Kappas regn tiggare 卡帕 | Kappa | Kappa 的雨乞丐

むかし むかし 、ある ところ に 、森 に 囲まれた 小さな 村 が ありました。 |||||しげる||かこまれた|ちいさな|むら|| Once upon a time there was a small village surrounded by forest.

その 森 に 古い 沼 が あって 、一 匹 の カッパ が 住んで いました。 |しげる||ふるい|ぬま|||ひと|ひき||||すんで| There was an old swamp in the forest, and there lived a kappa.

この カッパ は ひどい イタズラガッパ で 、畑 を 荒らしたり 、沼 へ 人 を 引きずり込んだり と 、いつも 悪 さ を する のです。 ||||||はたけ||あらしたり|ぬま||じん||ひきずりこんだり|||あく|||| This kappa is a terrible mischief and always does bad things, such as destroying fields and dragging people into swamps. Questo kappa è un terribile dispetto e fa sempre cose cattive, come distruggere campi e trascinare persone nelle paludi.

ある 日 の 事 、この 村 に やって 来た 旅 の 坊さん が 、イタズラガッパ の 話し を 聞きました。 |ひ||こと||むら|||きた|たび||ぼうさん||||はなし||ききました One day, a traveling monk who came to this village heard a story about mischievous gappa. Un giorno, un monaco itinerante che venne in questo villaggio ascoltò una storia sul birichino gappa.

すると 坊さん は さっそく 沼 へ 行って 、カッパ を 呼び出して 言いました。 |ぼうさん|||ぬま||おこなって|||よびだして|いいました Then the monk immediately went to the marsh, called the kappa, and said,

「お前 は 、いつも 悪い 事 ばかり して いる ようじゃ が 、いったい 何 が 気 に 入ら んで 、そんな 事 を する ん じゃあ? おまえ|||わるい|こと|||||||なん||き||はいら|||こと|||| "You always seem to do bad things, but what is it that makes you do such things? "Sembra che tu faccia sempre cose cattive, ma cos'è che ti fa fare queste cose?

すると カッパ は 、こんな 事 を 話し 始めました。 ||||こと||はなし|はじめました Then the kappa started talking about this.

「おら は 、カッパ の 身の上 が つらい ん よ。 ||||みのうえ|||| "I'm having a hard time with my kappa.

こんな 姿 で は 、人間 の 仲間 に は 入れて もらえ ない。 |すがた|||にんげん||なかま|||いれて|| With a figure like this, they will not be allowed to join the human race. In questa forma, non posso essere accettato tra gli umani.

かといって 、魚 や カメ の 仲間 でも ねえ。 |ぎょ||かめ||なかま|| But it's not even related to fish and turtles.

ここ に は 仲間 も いねえし 、おもしろく ねえ。 |||なかま||いね えし|| I don't have friends here, and it's fun. Ho degli amici qui, ed è divertente.

だから おら は 腹 が 立って 、無茶苦茶 に 暴れ 回る んだ」 |||はら||たって|むちゃくちゃ||あばれ|まわる| That's why I get angry and go on a rampage." Ecco perché mi arrabbio e vado su tutte le furie".

話して いる うち に 、カッパ は 涙 を こぼしました。 はなして||||||なみだ|| As we spoke, the kappa burst into tears.

「お 坊 さま。 |ぼう| "Boy.

おら は 、人間 に 生まれ変わり て え。 ||にんげん||うまれかわり|| I have been reborn as a human.

人間 に 生まれ変わる に は 、どう したら いい んだ? にんげん||うまれかわる|||||| What should I do to be reborn as a human? Cosa devo fare per rinascere come essere umano?

「それ は 、お前 が 生きて いる 間 に 、何 か 人間 の 為 に なる 事 を すれば いい」 ||おまえ||いきて||あいだ||なん||にんげん||ため|||こと||| "That is, while you are alive, you should do something that will benefit humans." "Cioè, mentre sei vivo, dovresti fare qualcosa che andrà a beneficio degli umani."

「そう か 、わかった」 "I see."

カッパ は 坊さん に 礼 を 言う と 、帰って 行きました。 ||ぼうさん||れい||いう||かえって|いきました The kappa thanked the monk and left.

さて 、その 年 の 夏 の 事 です。 ||とし||なつ||こと| Well, it was the summer of that year.

村 で は 日照り が 続いて 作物 が 枯れ 、ついに 井戸 の 水 も 干上がって しまいました。 むら|||ひでり||つづいて|さくもつ||かれ||いど||すい||ひあがって| The drought continued in the village, causing the crops to die and finally the wells to dry up.

「このまま で は 、みんな 死んで しまう ぞ。 ||||しんで|| "At this rate, everyone will die. "A questo ritmo, moriranno tutti. 雨ごい だ。 あまごい| It's raining. Piove. 雨ごい を する んだ」 あまごい||| I'm going to go rain

村人 たち は 広場 に 集まって 、朝 から 晩 まで 空 に 向かって 雨ごい を しました。 むらびと|||ひろば||あつまって|あさ||ばん||から||むかって|あまごい|| The villagers gathered in the square and rained on the sky from morning to night.

「雨 よ 、降れ 、雨 を 降れ 、どうか 雨 よ 、降って くれ! あめ||ふれ|あめ||ふれ||あめ||ふって| "Let it rain, let it rain, please let it rain!

でも 、雨 は 一 滴 も 降りません。 |あめ||ひと|しずく||ふりません But not a single drop of rain falls.

そんな 雨ごい が 何 日 も 続いた 頃 、あの 沼 の カッパ が 村 へ やって 来ました。 |あまごい||なん|ひ||つづいた|ころ||ぬま||||むら|||きました After several days of such rain, the kappa from the swamp came to the village. Dopo diversi giorni di tale pioggia, i kappa della palude arrivarono al villaggio.

「イタズラガッパ じゃ 、やっつけろ! "Itazura Gappa, kill it!

カッパ を 取り囲んだ 村人 たち は 、日頃 の うらみ と 雨 が 降ら ない 腹いせ に 、カッパ を 殴ったり 蹴ったり しました。 ||とりかこんだ|むらびと|||ひごろ||||あめ||ふら||はらいせ||||なぐったり|けったり| The villagers who surrounded the kappa punched and kicked the kappa in revenge for their daily anger and the lack of rain. Gli abitanti del villaggio che circondavano i kappa prendevano a pugni e calci i kappa per vendicarsi della loro rabbia quotidiana e della mancanza di pioggia.

いつも なら すぐに 逃げ出す カッパ です が 、今日 は 殴られて も 蹴られて も 大人 しく 我慢 して いました。 |||にげだす||||きょう||なぐられて||けられて||おとな||がまん|| Kappa usually runs away quickly, but today he calmly endured being hit and kicked. Kappa di solito scappa via in fretta, ma oggi ha sopportato tranquillamente di essere colpito e preso a calci.

そして 、今にも 死に そうな 様子 で やっと 顔 を 上げる と 、カッパ は 村人 たち に 雨ごい を さ せて くれ と 頼んだ のです。 |いまにも|しに|そう な|ようす|||かお||あげる||||むらびと|||あまごい||||||たのんだ| And when he finally looked up, looking like he was about to die, the kappa asked the villagers to let him wash the rain. E quando finalmente alzò lo sguardo, sembrava che stesse per morire, il kappa chiese agli abitanti del villaggio di lasciarlo lavare la pioggia.

「雨ごい だ と? あまごい|| "It's raining? イタズラ者 の お前 が か? いたずら しゃ||おまえ|| Are you the prankster?

「そんな の 、うそ に 決まって いる! ||||きまって| "I'm sure it's a lie! また 何 か 、イタズラ を たくらんで いる に 違いない! |なん||いたずら|||||ちがいない He must be plotting some kind of prank!

「しかし 、カッパ も 雨 が 降ら ず に 困って いる はず」 |||あめ||ふら|||こまって|| "But the kappa must be in trouble because it doesn't rain." "Ma il kappa deve essere nei guai perché non piove."

「そうだ。 そう だ "That's it. カッパ は 水 の 妖怪 だから 、カッパ が 雨ごい を すれば 本当に 雨 が 降る かも」 ||すい||ようかい||||あまごい|||ほんとうに|あめ||ふる| Kappa is a youkai of water, so it might really rain if a kappa plays the rain."

村人 たち は カッパ に 雨ごい を 認める と 、カッパ を 縄 で しばった まま 広場 の やぐら の 上 に 連れて 行きました。 むらびと|||||あまごい||みとめる||||なわ||||ひろば||||うえ||つれて|いきました When the villagers found the kappa in the rain, they tied it up with a rope and took it to the top of the tower in the square.

カッパ は しばられた まま 、やっと の 事 で 体 を 起こす と 、天 を 仰いで 祈り 始めました。 ||||||こと||からだ||おこす||てん||あおいで|いのり|はじめました The kappa, still tied up, finally got up and began to pray while looking up at the sky. Il kappa, ancora legato, finalmente si alzò e iniziò a pregare guardando il cielo.

「天 の 神さま。 てん||かみさま "God of Heaven.

おら 、今 まで に 悪い 事 ばかり して きた。 |いま|||わるい|こと||| I've done nothing but bad things until now.

村 の 衆 に 、いつも 迷惑 を かけて きた。 むら||しゅう|||めいわく||| I've always caused trouble for the people of the village.

だから その つぐない に 、村 に 雨 を 降ら せて は くださら ん か。 ||||むら||あめ||ふら||||| So, to compensate for that, can you please make it rain on the village?

おら の 命 と 引き替え に 、村 に 雨 を 降ら せて は くださら ん か。 ||いのち||ひきかえ||むら||あめ||ふら||||| In exchange for my life, can you make it rain on the village?

天 の 神さま 、どう か お 願い です」 てん||かみさま||||ねがい| Heavenly God, please."

カッパ の 雨ごい は 、何 日 も 何 日 も 続きました。 ||あまごい||なん|ひ||なん|ひ||つづきました The rain of kappa continued for days and days.

その 間 、カッパ は 水 も 飲ま なければ 、食べ物 も 食べません。 |あいだ|||すい||のま||たべもの||たべません During this time, the kappa does not drink water or eat food.

すっかり 弱った カッパ は 、とても 苦し そうに 雨ごい を 続けました。 |よわった||||にがし|そう に|あまごい||つづけました The completely weakened kappa continued to rain with great pain.

「神さま ・・・、お 願い です。 かみさま||ねがい| "God, please. どうか ・・・、村 に ・・・、雨 を 、降ら せて・・・」 |むら||あめ||ふら| Please... let it rain on the village..."

カッパ の 祈り が あまりに も 熱心な ので 、いつの間にか 村人 たち も 一緒に なって 雨ごい の 祈り を 始めました。 ||いのり||||ねっしんな||いつのまにか|むらびと|||いっしょに||あまごい||いのり||はじめました The kappa's prayers were so fervent that the villagers began to pray together before they knew it.

「神さま 、お 願い です。 かみさま||ねがい| "God, please. どう か 、村 に 雨 を 降ら せて 下さい」 ||むら||あめ||ふら||ください Please make it rain on the village."

「神さま 、お 願い です。 かみさま||ねがい| "God, please. どう か 、村 に 雨 を 降ら せて 下さい」 ||むら||あめ||ふら||ください Please make it rain on the village."

「神さま 、お 願い です。 かみさま||ねがい| "God, please. どう か、・・・」 please,···"

すると 不思議な 事 に 、急に 雨雲 が たち込めて 、大粒の 雨 が ポツリポツリ 降って きた のです。 |ふしぎな|こと||きゅうに|あまぐも||たちこめて|おおつぶの|あめ||ぽつりぽつり|ふって|| Then, strangely enough, rain clouds suddenly gathered and large drops of rain began to fall.

そして 雨 は みるみる 激しく なって 、やがて ザーザー と 滝 の 様 に 降り出した のです。 |あめ|||はげしく|||||たき||さま||ふりだした| And the rain got harder and harder, and soon it began to fall like a waterfall.

「カッパ の 雨ごい が 、天 に 届いた ぞ! ||あまごい||てん||とどいた| "Kappa's rain has reached the heavens!

「カッパ の 雨ごい の おかげ で 、村 は 救われた ぞ! ||あまごい||||むら||すくわれた| "Thanks to the Kappa rain, the village was saved!

68eafe7b.jpg

それ を 聞いた カッパ は 、天 を 仰ぐ と、 ||きいた|||てん||あおぐ| Hearing this, the kappa looked up at the sky and said,

「・・・神さま 、ありがとう」 かみさま| "...God, thank you."

と 、激しい 雨 に 打た れ ながら 、満足 そうな 顔 で 死んで しまいました。 |はげしい|あめ||うた|||まんぞく|そう な|かお||しんで| Then, while being beaten by the torrential rain, he died with a satisfied expression on his face.

それ から しばらく して 、あの 旅 の 坊さん が また この 村 を 訪れて 、この 事 を 知りました。 |||||たび||ぼうさん||||むら||おとずれて||こと||しりました After a while, the traveling monk visited the village again and found out about this.

すると 坊さん は 、人間 に なり た がって いた カッパ の 話 を 村人 に して やりました。 |ぼうさん||にんげん||||||||はなし||むらびと||| The monk then told the villagers the story of the kappa who wanted to become a human.

「カッパ は 、命がけ で 罪ほろぼし を した んじゃ。 ||いのちがけ||つみほろぼし||| "Kappa risked his life to atone for his sins. いつか 人間 に 生まれ変わって 、この 村 に くる かも しれ ん なあ」 |にんげん||うまれかわって||むら|||||| Maybe one day I'll be reborn as a human and come to this village."

それ を 聞いた 村人 たち は 沼 の 近く に 小さな カッパ の 墓 を 立てて 、いつまでも カッパ の 雨ごい の 話 を 語り伝えた そうです。 ||きいた|むらびと|||ぬま||ちかく||ちいさな|||はか||たてて||||あまごい||はなし||かたりつたえた|そう です Hearing this, the villagers built a small kappa grave near the swamp and told the story of the kappa's rainforever.

おしまい end