×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), カッパ | カッパ の 宝物

カッパ | カッパ の 宝物

むかし むかし 、九州 に は 九十九 峠 と いう 峠 が あり 、そこ を 下った ところ に 、カッパ 池 と 呼ば れる 深い 池 が ありました。

青 黒い 水 を たたえた 池 は 、見るからに 気味 悪く 、この 池 で 魚 を 取ったり 泳いだり する と 、恐ろしい カッパ が 現れて 、必ず 命 を 奪わ れる と 言う のです。

ある 日 の 夕方 、一 人 の お 百姓 (ひゃくしょう )が 、この 池 の ふち で ウマ を 洗って いました。

すると 突然 、ウマ の たづな を グイグイ 引っぱる もの が あります。

お 百姓 は 慌てて ウマ の しっぽ を 掴む と 、うしろ へ 引っぱりました。

そして ウマ が 土手 の 上 へ 駆け上がる と 、ウマ は 何 か を 振り落としました。

見て みる と 、それ は 何と 、頭 に 皿 を 乗せた カッパ です。

「この やろう!

お 百姓 は 、いきなり カッパ に 飛びつきました。

カッパ は 力持ち で 有名です が 、ふい を つかれた カッパ は 、あっという間 に ひっくり返り 、頭 の 皿 の 水 を すっかり こぼして しまいました。

皿 の 水 が 無くなって は 、カッパ は 力 が 出ません。

力 の 出 ない カッパ は 、たちまち お 百姓 に 組み ふせられて 、首 を しめら れました。

「く 、苦しい・・・」

カッパ は 目 を 白黒 さ せ ながら 、おがむ よう に 手 を 合わせます。

お 百姓 が 手 を ゆるめて やる と 、カッパ は 手 を ついて あやまりました。

「もう いたずら は し ない から 、許しておくれ。 その代わり 、わし の 宝物 を あげる から」

宝物 と 聞いて 、お 百姓 は ニンマリ です。

「よし 、で は 許して やろう。 しかし 、どんな 宝物 を くれる と いう のだ」

すると カッパ は 、いつの間に 用意 した の か 、一 つ の タル と 手紙 を お 百姓 に 渡して、

「宝物 は ここ に ない。 すまん が わし の 家 まで 取り に 行って くれ。 わし の 家 は 、この 峠 を 登り きって 右 へ 曲がった 所 に ある。 この タル と 手紙 を 持っていけば 、家 の者 が 渡して くれる はずだ」

「・・・・・・」

お 百姓 は 、何だか 怪しい ような 気 も しました が、

(まあ 、とにかく 行く だけ 行って みよう)

と 、覚悟 を 決めて 、タル を かついで 峠 を 登って いきました。

ところが 上 へ 近づく に つれて 、なんだか 臭い に おい が して きます。

おかしい と 思って あたり を 調べて みました が 、別に 変わった 様子 は ありません。

「クンクン。 ・・・もし かして 、この タル か?

なんと 、臭い に おい は 、かついで いる タル の 中 から もれて いた のでした。

お 百姓 は 、あわてて ふところ から 手紙 を 出して 読んで みました。

すると 手紙 に は、

《親分 の 言いつけ 通り 、人間 の 肛門 を 百 個 届けます。 タル の 中 に は 九十九 個 入って います が 、最後 の 一 個 は この 男 の 物 を 取って ください》

と 、書いて ありました。

「そ 、そんな ばかな・・・」

お 百姓 は ビックリ して タル を 投げ出す と 、大 慌て で 峠 (とうげ )を くだって いきました。

男 は 家 に 戻った もの の 、それ から 高い 熱 を 出して 、七 日間 も 寝込んで しまった そうです。

おしまい

カッパ | カッパ の 宝物 |||たからもの Kappa | Der Schatz von Kappa Kappa | Kappa's Treasure Kappa | El tesoro de Kappa Kappa | Trésor de Kappa Kappa | Tesouro de Kappa Каппа | Сокровище Каппы Kappa | Kappas skatt 河童 | 河童的宝藏 卡帕 | 卡帕的宝藏

むかし むかし 、九州 に は 九十九 峠 と いう 峠 が あり 、そこ を 下った ところ に 、カッパ 池 と 呼ば れる 深い 池 が ありました。 ||きゅうしゅう|||つくも|とうげ|||とうげ|||||くだった||||いけ||よば||ふかい|いけ|| Vor langer Zeit gab es in Kyushu einen Bergpass namens Kujukutoge, und dort unten lag ein tiefer Teich namens Kappa-Teich. Once upon a time, in Kyushu, there was a mountain pass called Kujukutoge, and down there was a deep pond called Kappa Pond.

青 黒い 水 を たたえた 池 は 、見るからに 気味 悪く 、この 池 で 魚 を 取ったり 泳いだり する と 、恐ろしい カッパ が 現れて 、必ず 命 を 奪わ れる と 言う のです。 あお|くろい|すい|||いけ||みるからに|きみ|わるく||いけ||ぎょ||とったり|およいだり|||おそろしい|||あらわれて|かならず|いのち||うばわ|||いう| Der Teich mit seinem blauschwarzen Wasser ist so ekelhaft anzusehen, dass der gefürchtete Kappa auftaucht und dir das Leben nimmt, wenn du versuchst, Fische zu fangen oder in ihm zu schwimmen. The blue-black water of the pond looks creepy, and it is said that if you catch fish or swim in this pond, a terrifying kappa will appear and you will be killed without fail.

ある 日 の 夕方 、一 人 の お 百姓 (ひゃくしょう )が 、この 池 の ふち で ウマ を 洗って いました。 |ひ||ゆうがた|ひと|じん|||ひゃくしょう||||いけ||||||あらって| One evening, a farmer was washing his horse in the pond.

すると 突然 、ウマ の たづな を グイグイ 引っぱる もの が あります。 |とつぜん|||||ぐいぐい|ひっぱる||| Suddenly, something pulls hard on the horse's reins.

お 百姓 は 慌てて ウマ の しっぽ を 掴む と 、うしろ へ 引っぱりました。 |ひゃくしょう||あわてて|||||つかむ||||ひっぱりました The farmer panicked, grabbed the horse by the tail, and pulled it behind him.

そして ウマ が 土手 の 上 へ 駆け上がる と 、ウマ は 何 か を 振り落としました。 |||どて||うえ||かけあがる||||なん|||ふりおとしました As the horse ran up the bank, it shook something off.

見て みる と 、それ は 何と 、頭 に 皿 を 乗せた カッパ です。 みて|||||なんと|あたま||さら||のせた|| When you look at it, it's actually a kappa with a plate on its head.

「この やろう! "Let's do this!

お 百姓 は 、いきなり カッパ に 飛びつきました。 |ひゃくしょう|||||とびつきました The farmer suddenly jumped on the kappa.

カッパ は 力持ち で 有名です が 、ふい を つかれた カッパ は 、あっという間 に ひっくり返り 、頭 の 皿 の 水 を すっかり こぼして しまいました。 ||ちからもち||ゆうめいです|||||||あっというま||ひっくりかえり|あたま||さら||すい|||| Kappa is famous for being strong, but when it got caught, it turned over in an instant and spilled all the water on its head.

皿 の 水 が 無くなって は 、カッパ は 力 が 出ません。 さら||すい||なくなって||||ちから||でません Kappa will have no power if the water in the dish runs out.

力 の 出 ない カッパ は 、たちまち お 百姓 に 組み ふせられて 、首 を しめら れました。 ちから||だ||||||ひゃくしょう||くみ||くび||| The powerless Kappa was quickly defeated by the farmers and had his head shimeked.

「く 、苦しい・・・」 |くるしい

カッパ は 目 を 白黒 さ せ ながら 、おがむ よう に 手 を 合わせます。 ||め||しろくろ|||||||て||あわせます Kappa's eyes go black and white and he puts his hands together in a bowing gesture.

お 百姓 が 手 を ゆるめて やる と 、カッパ は 手 を ついて あやまりました。 |ひゃくしょう||て|||||||て||| When the farmer loosened his hand, Kappa apologized with his hand.

「もう いたずら は し ない から 、許しておくれ。 ||||||ゆるしておくれ I will not do anything naughty again, so please forgive me. その代わり 、わし の 宝物 を あげる から」 そのかわり|||たからもの||| In exchange, I will give you my treasure."

宝物 と 聞いて 、お 百姓 は ニンマリ です。 たからもの||きいて||ひゃくしょう||にんまり| Hearing of the treasure, the farmers are smiling.

「よし 、で は 許して やろう。 |||ゆるして| All right, then, let's forgive him. しかし 、どんな 宝物 を くれる と いう のだ」 ||たからもの||||| But what treasure can you offer me?"

すると カッパ は 、いつの間に 用意 した の か 、一 つ の タル と 手紙 を お 百姓 に 渡して、 |||いつのまに|ようい||||ひと|||||てがみ|||ひゃくしょう||わたして Then, Kappa gave the farmer a letter and a piece of paper, as if he had been preparing it for some time,

「宝物 は ここ に ない。 たからもの|||| The treasure is not here. すまん が わし の 家 まで 取り に 行って くれ。 すま ん||||いえ||とり||おこなって| Please go to my house and pick it up. わし の 家 は 、この 峠 を 登り きって 右 へ 曲がった 所 に ある。 ||いえ|||とうげ||のぼり||みぎ||まがった|しょ|| My house is located at the end of this pass and turn right. この タル と 手紙 を 持っていけば 、家 の者 が 渡して くれる はずだ」 |||てがみ||もっていけば|いえ|の しゃ||わたして|| If you bring this letter and the talons with you, the man of the house should be able to give them to you."

「・・・・・・」

お 百姓 は 、何だか 怪しい ような 気 も しました が、 |ひゃくしょう||なんだか|あやしい||き||| I had a feeling that the farmer was somewhat suspicious,

(まあ 、とにかく 行く だけ 行って みよう) ||いく||おこなって| (Well, let's just go and see.)

と 、覚悟 を 決めて 、タル を かついで 峠 を 登って いきました。 |かくご||きめて||||とうげ||のぼって| I was determined to get to the top of the mountain, so I climbed up the pass carrying a talu (a small metal object).

ところが 上 へ 近づく に つれて 、なんだか 臭い に おい が して きます。 |うえ||ちかづく||||くさい||||| However, as I got closer to the top, I started to smell something.

おかしい と 思って あたり を 調べて みました が 、別に 変わった 様子 は ありません。 ||おもって|||しらべて|||べつに|かわった|ようす|| I thought it was strange, so I looked around, but I didn't see anything unusual.

「クンクン。 ・・・もし かして 、この タル か? ...Could it be this barrel?

なんと 、臭い に おい は 、かついで いる タル の 中 から もれて いた のでした。 |くさい||||||||なか|||| Surprisingly, the smell was leaking from inside the barrel I was carrying.

お 百姓 は 、あわてて ふところ から 手紙 を 出して 読んで みました。 |ひゃくしょう|||||てがみ||だして|よんで| The farmer rushed out of his chest and read the letter.

すると 手紙 に は、 |てがみ|| Then, in the letter, it says,

《親分 の 言いつけ 通り 、人間 の 肛門 を 百 個 届けます。 おやぶん||いいつけ|とおり|にんげん||こうもん||ひゃく|こ|とどけます I will deliver a hundred human anuses, just like you said. タル の 中 に は 九十九 個 入って います が 、最後 の 一 個 は この 男 の 物 を 取って ください》 ||なか|||つくも|こ|はいって|||さいご||ひと|こ|||おとこ||ぶつ||とって| There are ninety-nine pieces in the barrel, but please take the last one that belongs to this man.

と 、書いて ありました。 |かいて| The "I am a member of the community" was written on the wall.

「そ 、そんな ばかな・・・」

お 百姓 は ビックリ して タル を 投げ出す と 、大 慌て で 峠 (とうげ )を くだって いきました。 |ひゃくしょう||びっくり||||なげだす||だい|あわて||とうげ|||| The farmer was so surprised that he threw out his talu and hurried down the mountain pass.

男 は 家 に 戻った もの の 、それ から 高い 熱 を 出して 、七 日間 も 寝込んで しまった そうです。 おとこ||いえ||もどった|||||たかい|ねつ||だして|なな|にち かん||ねこんで||そう です The man returned home, but then developed a high fever and was bedridden for seven days.

おしまい