×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), 酒 呑童 子

酒 呑童 子

むかし むかし 、大江 山 (おおえ やま →京都 府 )に 酒呑童子 (しゅ てん どうじ )と 言う 、鬼 の 盗賊 が いました。

酒 呑童 子 は お 酒 に 酔う と 、いつも 上機嫌に なって 、ポンポン と 頭 を 叩いて ニヤニヤ と 笑う の が くせ でした。

ところが 、源 頼光 (みなもと の より みつ )たち に 退治 されて から は 、酒 呑童 子 は 首 だけ に なって しまいました。

お 酒好き の 酒 呑童 子 は 、首 だけ に なって も 酒 を 飲む の を 止められません。

昼 も 夜 も 、まっ黒 な 雲 に 乗って 空 を 飛んで 歩き 、酒屋 を 見つける と 降りて 来て、

グワグワグワーァ

と 、気味 の 悪い 声 で 脅かして 、酒 を ただ 飲み する のです。

こんなふうに して 酒屋 を 荒らし 回った もの です から 、京都 や 大阪 で は 黒 雲 を 見た だけ で 、どこ の 酒屋 も 大戸 を おろして しまいます。

仕方なく 酒 呑童 子 は 、黒 雲 に 乗って 江戸 ヘ やってきました。

「ありゃ。 あそこ に 、酒屋 が ある ぞ」

酒屋 の 前 で 、ヒラリ と 雲 から 飛び降りる と、

グワグワグワーァ

「上等 の 酒 を 五 升 (→9リットル ほど )ばかり 、かん を つけて 持ってこ ー い!

酒屋 の者 たち は 、まっ青 に なりました。

持っていか なければ 、何 を さ れる か わかりません。

急いで 、かん を つける と 、さかずき 代わり に どんぶり を そえて 、ブルブル 震え ながら 差し出しました。

「ど 、どうぞ。 手 じゃく (→自分 で つぎ ながら 酒 を 飲む こと )で 、お 飲 みな すって」

置いて 逃げよう と する と 、首 が 怒鳴りました。

「おい 、おい。 おれ は 、この とおり 首 だけ だ。 手 じゃく で は やれ ん。 飲ま せて くれ」

と 、大きな 口 を バックリ と 開けました。

酒屋 の 主人 は 仕方なく 、どんぶり に ついで は 飲ま せ 、ついで は 飲ま せ して 、五 升 の 酒 を みんな 飲ま せて やりました。

童子 の 首 は すっかり 酔っぱらって 、上機嫌 です。

「ああ 、久しぶり で 、なんとも いえん 、いい 気持ち だ。 ついでに 、わし の 頭 を ポンポン と 叩いて くれ」

と 、言います。

酒屋 の 主人 が 怖々 ポンポン と 叩いて やる と 、首 は いかにも うれし そうに 、ニヤッ と 笑った そうです。

おしまい

酒 呑童 子 さけ|どんわらべ|こ Shuten-doji borracho ivrogne ubriacone bêbado пьяница 酒吞童子 醉汉

むかし むかし 、大江 山 (おおえ やま →京都 府 )に 酒呑童子 (しゅ てん どうじ )と 言う 、鬼 の 盗賊 が いました。 ||おおえ|やま|||みやこ|ふ||さけ どんわらべ こ|||||いう|おに||とうぞく|| Once upon a time, there was a demon thief named Shuten-doji on Mt. Oe (→Kyoto Prefecture).

酒 呑童 子 は お 酒 に 酔う と 、いつも 上機嫌に なって 、ポンポン と 頭 を 叩いて ニヤニヤ と 笑う の が くせ でした。 さけ|どんわらべ|こ|||さけ||よう|||じょうきげんに||ぽんぽん||あたま||たたいて|||わらう|||| When Shuten-doji got drunk, he was always in a good mood, and he used to pat himself on the head and smile.

ところが 、源 頼光 (みなもと の より みつ )たち に 退治 されて から は 、酒 呑童 子 は 首 だけ に なって しまいました。 |げん|よりみつ|||||||たいじ||||さけ|どんわらべ|こ||くび|||| However, after being exterminated by Minamoto no Yorimitsu and others, Shuten-doji was only decapitated.

お 酒好き の 酒 呑童 子 は 、首 だけ に なって も 酒 を 飲む の を 止められません。 |さけずき||さけ|どんわらべ|こ||くび|||||さけ||のむ|||とどめられません Shuten-doji, who loves alcohol, can't stop drinking even if he's just fired.

昼 も 夜 も 、まっ黒 な 雲 に 乗って 空 を 飛んで 歩き 、酒屋 を 見つける と 降りて 来て、 ひる||よ||まっくろ||くも||のって|から||とんで|あるき|さかや||みつける||おりて|きて Day and night, they fly through the sky on pitch-black clouds, and when they find a liquor store, they come down,

グワグワグワーァ Gwagwagwaa

と 、気味 の 悪い 声 で 脅かして 、酒 を ただ 飲み する のです。 |きみ||わるい|こえ||おびやかして|さけ|||のみ|| He threatens with a creepy voice and just drinks.

こんなふうに して 酒屋 を 荒らし 回った もの です から 、京都 や 大阪 で は 黒 雲 を 見た だけ で 、どこ の 酒屋 も 大戸 を おろして しまいます。 ||さかや||あらし|まわった||||みやこ||おおさか|||くろ|くも||みた|||||さかや||おおと||| This is how they ransacked liquor stores, so in Kyoto and Osaka, the mere sight of a black cloud would bring down the doors of any liquor store.

仕方なく 酒 呑童 子 は 、黒 雲 に 乗って 江戸 ヘ やってきました。 しかたなく|さけ|どんわらべ|こ||くろ|くも||のって|えど|| Reluctantly, Shuten-doji rode on a dark cloud and came to Edo.

「ありゃ。 "Yes. あそこ に 、酒屋 が ある ぞ」 ||さかや||| There's a liquor store over there."

酒屋 の 前 で 、ヒラリ と 雲 から 飛び降りる と、 さかや||ぜん||ひらり||くも||とびおりる| In front of the liquor store, when I jumped off the cloud,

グワグワグワーァ Gwagwagwaa

「上等 の 酒 を 五 升 (→9リットル ほど )ばかり 、かん を つけて 持ってこ ー い! じょうとう||さけ||いつ|しょう|||||||もってこ|-| "Bring about 5 sho (about 9 liters) of high-quality sake in a can!

酒屋 の者 たち は 、まっ青 に なりました。 さかや|の しゃ|||まっあお|| The people in the liquor store turned pale.

持っていか なければ 、何 を さ れる か わかりません。 もっていか||なん||||| If I don't bring it, I don't know what they will do to me.

急いで 、かん を つける と 、さかずき 代わり に どんぶり を そえて 、ブルブル 震え ながら 差し出しました。 いそいで||||||かわり|||||ぶるぶる|ふるえ||さしだしました I hurriedly put the can on it, put a bowl of rice in it instead of a bowl, and tremblingly held it out.

「ど 、どうぞ。 "Hey, please. 手 じゃく (→自分 で つぎ ながら 酒 を 飲む こと )で 、お 飲 みな すって」 て||じぶん||||さけ||のむ||||いん|| Drink with your hands (→ Drinking sake while pouring it yourself).”

置いて 逃げよう と する と 、首 が 怒鳴りました。 おいて|にげよう||||くび||どなりました When I tried to leave it and run away, my neck yelled at me.

「おい 、おい。 "little by little. おれ は 、この とおり 首 だけ だ。 ||||くび|| As you can see, I only have a neck. 手 じゃく で は やれ ん。 て||||| You can't do it with your hands. 飲ま せて くれ」 のま|| let me drink

と 、大きな 口 を バックリ と 開けました。 |おおきな|くち||||あけました Then he opened his big mouth with a backlash.

酒屋 の 主人 は 仕方なく 、どんぶり に ついで は 飲ま せ 、ついで は 飲ま せ して 、五 升 の 酒 を みんな 飲ま せて やりました。 さかや||あるじ||しかたなく|||||のま||||のま|||いつ|しょう||さけ|||のま|| The owner of the liquor store had no choice but to give her a bowl of sake, then another, and then another, and he gave them all the five sho of sake.

童子 の 首 は すっかり 酔っぱらって 、上機嫌 です。 わらべ こ||くび|||よっぱらって|じょうきげん| The boy's neck is completely drunk and in a good mood.

「ああ 、久しぶり で 、なんとも いえん 、いい 気持ち だ。 |ひさしぶり|||||きもち| "Ah, it's been a long time, and I can't describe how good it feels. ついでに 、わし の 頭 を ポンポン と 叩いて くれ」 |||あたま||ぽんぽん||たたいて| While you're at it, pat me on the head."

と 、言います。 |いいます Is called.

酒屋 の 主人 が 怖々 ポンポン と 叩いて やる と 、首 は いかにも うれし そうに 、ニヤッ と 笑った そうです。 さかや||あるじ||こわ 々|ぽんぽん||たたいて|||くび||||そう に|||わらった|そう です The owner of the liquor store was afraid to give it a tap, but when he did, the head grinned happily.

おしまい