×

Usamos cookies para ayudar a mejorar LingQ. Al visitar este sitio, aceptas nuestras politicas de cookie.


image

The Most Famous Yōkai (妖怪), 鬼 | 大工 と 鬼 六

鬼 | 大工 と 鬼 六

むかし むかし 、ある ところ に 、大きくて 流れ の 速い 川 が ありました。

川 の こちら 側 に 住んで いる 村人 たち は 、向こう岸 へ 行く に は 川 を 渡ら なければ なりません。

でも その 川 に は 、橋 が ありません。

それ と 言う の も 何度 橋 を 作って も 、大雨 が 降る と 川 の 流れ が 激しく なって 橋 が 流されて しまう から です。

「何とか して 、雨 に も 風 に も 大水 に も 負け ない 丈夫な 橋 を かけ なければ」

村人 たち は 話し合って 、日本 一 の 橋 作り 名人 と 言わ れる 大工 に 頼む 事 に しました。

「よし 、引き受けた!

大工 は そう 言って 、さっそく 川岸 へ やって 来ました。

ところが 、その 川 の 流れ の 速さ を 見て びっくり です。

「こんなに 流れ の 速い 川 を 見た の は 、始めて だ。 どう したら 、これ に 負け ない 丈夫な 橋 を かける 事 が 出来る のだろう?

大工 は 、考え込んで しまいました。

すると 川 の 真ん中 から 、大きな 鬼 が ヌーッ と 現れました。

「話 は 、聞いた ぞ。 丈夫な 橋 が 欲しい の なら 、おれ が 橋 を かけて やろう じゃ ない か」

「それ は 、ありがたい。 ぜひとも 、橋 を こしらえて くれ」

「よし 、約束 しよう。 その 代わり に 橋 が 出来たら 、お前 の 目玉 を もらう ぞ」

鬼 は そう 言う と 、パッと 消えて しまいました。

次の 朝 、大工 が 川 に やって 来る と 、もう 大きくて 立派な 橋 が 出来て いました。

村人 たち は 、大喜び です。

けれど 大工 は 、困って しまいました。

鬼 と の 約束 で 、目玉 を 取られて しまう から です。

(大事な 目玉 を 、取られて たまる か)

大工 は こっそり と 、山奥 へ 逃げて 行きました。

すると 山奥 の もっと 奥 から 、不思議な 歌 が 聞こえて 来ました。

♪大きな 鬼 の 、鬼 六 さん。

♪人間 の 目玉 を 、おみやげ に。

♪早く 帰って 、来ておくれ。

「あれ は 、鬼 の 子ども が 歌って いる んだ な。 この 山 は 鬼 の 住みか で 、鬼 の 子ども が おれ の 目玉 を 欲しがって いる んだ」

歌 を 聞いた 大工 は 、あわてて 山 から 逃げ出しました。

そして 着いた 先 が 、あの 橋 の 近く だった のです。

「しまった! また ここ に 戻って しまった」

大工 は 再び 逃げ出そう と しました が 、そこ へ あの 鬼 が 現れた のです。

「どこ へ 逃げて も 無駄だ。 約束 通り 、目玉 を もらう ぞ」

「どうか 、かんべん して くれ。 目玉 が なくなったら 、仕事 が 出来 ねえ。 仕事 が 出来 なければ 、家族 が 困る んだ」

大工 が 一生懸命に 頼む と 、鬼 は 言いました。

「家族 か。 おれ に も 家族 が いる から 、お前 の 気持ち は よく 分かる。 ・・・よし 、かんべん して もらい たかったら 、おれ の 名前 を 三 べん 言って みろ」

「名前 を?

鬼 の 名前 なんて 、大工 は 知りません。

そこ で 、適当に、

「鬼 太郎」

「ちがう!

「鬼 一郎 、鬼 次郎 、鬼 三郎 、鬼 四朗 、鬼 五郎・・・」

「ちがう 、ちがう。 ちがう ぞ!

その 時 、大工 は あの 不思議な 歌 を 思い出しました。

「そう だ 、鬼 六 だ。 鬼 六 、鬼 六 、鬼 六!

大工 は 、大声 で 叫びました。

すると 鬼 は びっくり して、

「何で 、知っている んだ ー!

と 、逃げる 様 に い なく なって しまいました。

おしまい

鬼 | 大工 と 鬼 六 おに|だいく||おに|むっ Oni | Carpenter and Oni Roku 鬼 | 목수와 鬼 六 Oni | Carpinteiro e Oni Roku Oni | 木匠和 Oni Roku

むかし むかし 、ある ところ に 、大きくて 流れ の 速い 川 が ありました。 |||||おおきくて|ながれ||はやい|かわ|| Once upon a time there was a big and fast-flowing river.

川 の こちら 側 に 住んで いる 村人 たち は 、向こう岸 へ 行く に は 川 を 渡ら なければ なりません。 かわ|||がわ||すんで||むらびと|||むこうぎし||いく|||かわ||わたら|| Villagers living on this side of the river must cross the river to get to the other side.

でも その 川 に は 、橋 が ありません。 ||かわ|||きょう|| But there is no bridge over that river.

それ と 言う の も 何度 橋 を 作って も 、大雨 が 降る と 川 の 流れ が 激しく なって 橋 が 流されて しまう から です。 ||いう|||なんど|きょう||つくって||おおあめ||ふる||かわ||ながれ||はげしく||きょう||ながされて||| This is because no matter how many times you build a bridge, when it rains heavily, the current of the river becomes so strong that the bridge is washed away.

「何とか して 、雨 に も 風 に も 大水 に も 負け ない 丈夫な 橋 を かけ なければ」 なんとか||あめ|||かぜ|||おおみず|||まけ||じょうぶな|きょう||| "Somehow, we have to build a strong bridge that can withstand rain, wind, and floods."

村人 たち は 話し合って 、日本 一 の 橋 作り 名人 と 言わ れる 大工 に 頼む 事 に しました。 むらびと|||はなしあって|にっぽん|ひと||きょう|つくり|めいじん||いわ||だいく||たのむ|こと|| After some discussion, the villagers decided to hire a carpenter who is said to be the best bridge builder in Japan.

「よし 、引き受けた! |ひきうけた "Okay, I accepted!

大工 は そう 言って 、さっそく 川岸 へ やって 来ました。 だいく|||いって||かわぎし|||きました The carpenter said so and immediately came to the river bank.

ところが 、その 川 の 流れ の 速さ を 見て びっくり です。 ||かわ||ながれ||はや さ||みて|| However, I was surprised to see how fast the river flowed.

「こんなに 流れ の 速い 川 を 見た の は 、始めて だ。 |ながれ||はやい|かわ||みた|||はじめて| "It's the first time I've seen such a fast-flowing river. どう したら 、これ に 負け ない 丈夫な 橋 を かける 事 が 出来る のだろう? ||||まけ||じょうぶな|きょう|||こと||できる| How can we build a strong bridge to withstand this?

大工 は 、考え込んで しまいました。 だいく||かんがえこんで| The carpenter was lost in thought.

すると 川 の 真ん中 から 、大きな 鬼 が ヌーッ と 現れました。 |かわ||まんなか||おおきな|おに||||あらわれました Then, a big demon suddenly appeared from the middle of the river.

「話 は 、聞いた ぞ。 はなし||きいた| "I heard the story. 丈夫な 橋 が 欲しい の なら 、おれ が 橋 を かけて やろう じゃ ない か」 じょうぶな|きょう||ほしい|||||きょう|||||| If you want a strong bridge, why don't I build one for you?"

「それ は 、ありがたい。 "Thank you for that. ぜひとも 、橋 を こしらえて くれ」 |きょう||| By all means, please build a bridge."

「よし 、約束 しよう。 |やくそく| "Okay, let's make a promise. その 代わり に 橋 が 出来たら 、お前 の 目玉 を もらう ぞ」 |かわり||きょう||できたら|おまえ||めだま||| If we can build a bridge in return, I'll give you your eyeballs."

鬼 は そう 言う と 、パッと 消えて しまいました。 おに|||いう||ぱっと|きえて| After saying that, the demon disappeared in a flash.

次の 朝 、大工 が 川 に やって 来る と 、もう 大きくて 立派な 橋 が 出来て いました。 つぎの|あさ|だいく||かわ|||くる|||おおきくて|りっぱな|きょう||できて| The next morning, when the carpenters came to the river, they had already built a big and fine bridge.

村人 たち は 、大喜び です。 むらびと|||おおよろこび| The villagers are overjoyed.

けれど 大工 は 、困って しまいました。 |だいく||こまって| But the carpenter was at a loss.

鬼 と の 約束 で 、目玉 を 取られて しまう から です。 おに|||やくそく||めだま||とられて||| This is because the eyeball will be taken from the promise with the demon.

(大事な 目玉 を 、取られて たまる か) だいじな|めだま||とられて|| (Do you want your precious eyes taken?)

大工 は こっそり と 、山奥 へ 逃げて 行きました。 だいく||||やまおく||にげて|いきました The carpenter secretly fled into the mountains.

すると 山奥 の もっと 奥 から 、不思議な 歌 が 聞こえて 来ました。 |やまおく|||おく||ふしぎな|うた||きこえて|きました Then, from deep in the mountains, I heard a strange song.

♪大きな 鬼 の 、鬼 六 さん。 おおきな|おに||おに|むっ| ♪ Oniroku-san, the big demon.

♪人間 の 目玉 を 、おみやげ に。 にんげん||めだま||| ♪Take a human eyeball as a souvenir.

♪早く 帰って 、来ておくれ。 はやく|かえって|らい ておくれ ♪Hurry home and come.

「あれ は 、鬼 の 子ども が 歌って いる んだ な。 ||おに||こども||うたって||| "That's a demon child singing. この 山 は 鬼 の 住みか で 、鬼 の 子ども が おれ の 目玉 を 欲しがって いる んだ」 |やま||おに||すみか||おに||こども||||めだま||ほしがって|| This mountain is home to demons, and their children want my eyeballs."

歌 を 聞いた 大工 は 、あわてて 山 から 逃げ出しました。 うた||きいた|だいく|||やま||にげだしました When the carpenter heard the song, he ran away from the mountain in a hurry.

そして 着いた 先 が 、あの 橋 の 近く だった のです。 |ついた|さき|||きょう||ちかく|| And when we arrived, it was near that bridge.

「しまった! "Oops! また ここ に 戻って しまった」 |||もどって| I'm back here again

大工 は 再び 逃げ出そう と しました が 、そこ へ あの 鬼 が 現れた のです。 だいく||ふたたび|にげだそう|||||||おに||あらわれた| The carpenter tried to run away again, but the demon appeared there.

「どこ へ 逃げて も 無駄だ。 ||にげて||むだだ "It's no use running anywhere. 約束 通り 、目玉 を もらう ぞ」 やくそく|とおり|めだま||| As promised, you'll get an eyeball."

「どうか 、かんべん して くれ。 "Please take care of yourself. 目玉 が なくなったら 、仕事 が 出来 ねえ。 めだま|||しごと||でき| I can't do my job without my eyeballs. 仕事 が 出来 なければ 、家族 が 困る んだ」 しごと||でき||かぞく||こまる| If I can't work, my family will suffer."

大工 が 一生懸命に 頼む と 、鬼 は 言いました。 だいく||いっしょうけんめいに|たのむ||おに||いいました When the carpenter begged hard, the demon said.

「家族 か。 かぞく| "Family? おれ に も 家族 が いる から 、お前 の 気持ち は よく 分かる。 |||かぞく||||おまえ||きもち|||わかる I have a family too, so I understand how you feel. ・・・よし 、かんべん して もらい たかったら 、おれ の 名前 を 三 べん 言って みろ」 |||||||なまえ||みっ||いって| ...Okay, if you want me to check it out, say my name three times."

「名前 を? なまえ| "Name? "

鬼 の 名前 なんて 、大工 は 知りません。 おに||なまえ||だいく||しりません The carpenter doesn't know the name of the demon.

そこ で 、適当に、 ||てきとうに There, appropriately

「鬼 太郎」 おに|たろう Oni, Taro.

「ちがう! "Wrong! "

「鬼 一郎 、鬼 次郎 、鬼 三郎 、鬼 四朗 、鬼 五郎・・・」 おに|いちろう|おに|じろう|おに|さぶろう|おに|しろう|おに|ごろう "Oni Ichiro, Oni Jiro, Oni Saburo, Oni Shiro, Oni Goro..."

「ちがう 、ちがう。 "no, no. ちがう ぞ! No!

その 時 、大工 は あの 不思議な 歌 を 思い出しました。 |じ|だいく|||ふしぎな|うた||おもいだしました Then the carpenter remembered that strange song.

「そう だ 、鬼 六 だ。 ||おに|むっ| "That's right, Oniroku. 鬼 六 、鬼 六 、鬼 六! おに|むっ|おに|むっ|おに|むっ Oni Roku, Oni Roku, Oni Roku!

大工 は 、大声 で 叫びました。 だいく||おおごえ||さけびました The carpenter cried out loud.

すると 鬼 は びっくり して、 |おに||| Then the demon was surprised and said,

「何で 、知っている んだ ー! なんで|しっている||- "Why do you know?!

と 、逃げる 様 に い なく なって しまいました。 |にげる|さま||||| Then, as if running away, he disappeared.

おしまい end