×

我們使用cookies幫助改善LingQ。通過流覽本網站,表示你同意我們的 cookie policy.


image

Hukumusume, おむすびコロリン (in Hiragana)

おむすび コロリン (in Hiragana)

むかし むかし きこり の お じいさん は お ひる に なった ので きりかぶ に こし を かけて お べんとう を たべる こと に しました 。 「 うち の おばあ さん が にぎって くれた おむすび は まったく おいしい から な 」 ひとりごと を いい ながら たけの かわ の つつみ を ひろげた とき です 。 ころ りんと おむすび が ひと つ じめん に おちて ころころ と そば の あな ヘ ころがりこんで しまいました 。 「 お やおや もったいない こと を した 」 お じいさん が あな を のぞいて みます と ふかい あな の なか から こんな うた が きこえて きました 。 ♪ おむすび ころ りん ころころ りん 。 ♪ ころ りん ころげて あな の なか 。 「 ふしぎだ なあ 。 だれ が うたって いる のだろう ? こんな きれいな うたごえ は いま まで きいた こと が ありません 。 「 どれ もう ひと つ 」 お じいさん は おむすび を もう ひと つ あな の なか へ おとして みました 。 すると すぐに うた が かえって きました 。 ♪ おむすび ころ りん ころころ りん 。 ♪ ころ りん ころげて あな の なか 。 「 これ は おもしろい 」 お じいさん は うれしく なって じぶん は ひと つ も たべ ず に おむすび を ぜんぶ あな へ いれて しまいました 。 つぎの ひ お じいさん は きのう より も もっと たくさんの おむすび を つくって もらって やま へ のぼって いきました 。 お ひる に なる の を まって ころ りん ころ りんと おむすび を あな へ いれて やりました 。 その たび に あな の なか から は きのう と おなじ かわいい うた が きこえました 。 「 やれやれ おむすび が おしまい に なって しまった 。 だけど もっと ききたい なあ 。 ・・・ そうだ あな の なか へ は いって たのんで みる こと に しよう 」 お じいさん は おむすび の ように ころころ ころがり ながら あな の なか へ は いって いきました 。 すると そこ に は かぞえ きれ ない ほど の おおぜい の ねずみ たち が いた のです 。 「 ようこそ お じいさん 。 おいしい おむすび を たくさん ごちそうさま 」 ねずみ たち は ちいさな あたま を さげて お じいさん に おれい を いいました 。 「 さあ こんど は わたし たち が おれい に お もち を ついて ごちそう します よ 」 ねずみ たち は うす と きね を もちだして きて ♪ ぺったん ねずみ の お もち つき 。 ♪ ぺったん ぺったん あな の なか 。 と うたい ながら もち つき を はじめました 。 「 これ は おいしい お もち だ 。 うた も お もち も てんか いっぴん 」 お じいさん は ごちそう に なった うえ に ほしい もの を なんでも だして くれる と いう うち で の こづち を おみやげ に もらって かえりました 。 「 おばあ さん や おまえ なに が ほしい ? と お じいさん は ききました 。 「 そう です ねえ 。 いろいろ と ほしい もの は あります けれど かわいい あかちゃん が もらえたら どんなに いい でしょう ねえ 」 と おばあ さん は こたえました 。 「 よし やって みよう 」 お じいさん が こづち を ひと ふり した だけ で おばあ さん の ひざ の うえ に は あかちゃん が のって いました 。 もちろん ちゃんと した にんげん の あかちゃん です 。 お じいさん と おばあ さん は あかちゃん を そだて ながら なかよく たのしく くらしました と さ 。 -------

366 日 の 昔話 「 福 娘 童話 集 」 http :// hukumusume . com / douwa / index . html


おむすび コロリン (in Hiragana) |||hiragana Omusubi Kororin (in Hiragana) Omusubi Kororin (in Hiragana) Omusubi kororin (en Hiragana) Omusubi kororin (in Hiragana) Omusubi kororin (на языке хирагана)

むかし むかし きこり の お じいさん は お ひる に なった ので きりかぶ に こし を かけて お べんとう を たべる こと に しました 。 |||||||||||||||||||||||し ました Es war einmal ein Holzfäller-Großvater, der beschloss, abends eine Reisschale mit einer Linsenlinse darauf zu essen. Once upon a time, the old man of the stump became a lumberjack, so he decided to put a lumberjack on the turnip and eat the lunch box. 「 うち の おばあ さん が にぎって くれた おむすび は まったく おいしい から な 」 Meine Großmutter hat diese Reisbällchen immer für mich gemacht und sie waren absolut köstlich. ひとりごと を いい ながら たけの かわ の つつみ を ひろげた とき です 。 ころ りんと おむすび が ひと つ じめん に おちて ころころ と そば の あな ヘ ころがりこんで しまいました 。 ||||||||||||||||しまい ました 「 お やおや もったいない こと を した 」 お じいさん が あな を のぞいて みます と ふかい あな の なか から こんな うた が きこえて きました 。 ||||||み ます|||||||||||き ました ♪ おむすび ころ りん ころころ りん 。 ♪ ころ りん ころげて あな の なか 。 「 ふしぎだ なあ 。 だれ が うたって いる のだろう ? こんな きれいな うたごえ は いま まで きいた こと が ありません 。 |||||||||あり ませ ん 「 どれ もう ひと つ 」 お じいさん は おむすび を もう ひと つ あな の なか へ おとして みました 。 |||||||||||||み ました すると すぐに うた が かえって きました 。 |||||き ました ♪ おむすび ころ りん ころころ りん 。 ♪ ころ りん ころげて あな の なか 。 「 これ は おもしろい 」 お じいさん は うれしく なって じぶん は ひと つ も たべ ず に おむすび を ぜんぶ あな へ いれて しまいました 。 ||||||||||||||||||い れて|しまい ました つぎの ひ お じいさん は きのう より も もっと たくさんの おむすび を つくって もらって やま へ のぼって いきました 。 |||||||||||||||||いき ました お ひる に なる の を まって ころ りん ころ りんと おむすび を あな へ いれて やりました 。 |||||||||||||||い れて|やり ました その たび に あな の なか から は きのう と おなじ かわいい うた が きこえました 。 ||||||||||||||きこえ ました 「 やれやれ おむすび が おしまい に なって しまった 。 だけど もっと ききたい なあ 。 ||きき たい| ・・・ そうだ あな の なか へ は いって たのんで みる こと に しよう 」 そう だ||||||||||| お じいさん は おむすび の ように ころころ ころがり ながら あな の なか へ は いって いきました 。 |||||||||||||||いき ました すると そこ に は かぞえ きれ ない ほど の おおぜい の ねずみ たち が いた のです 。 「 ようこそ お じいさん 。 おいしい おむすび を たくさん ごちそうさま 」 ねずみ たち は ちいさな あたま を さげて お じいさん に おれい を いいました 。 ||||||||||||いい ました 「 さあ こんど は わたし たち が おれい に お もち を ついて ごちそう します よ 」 |||||||||||||し ます| ねずみ たち は うす と きね を もちだして きて ♪ ぺったん ねずみ の お もち つき 。 ぺっ たん||||| ♪ ぺったん ぺったん あな の なか 。 ぺっ たん|ぺっ たん||| と うたい ながら もち つき を はじめました 。 ||||||はじめ ました 「 これ は おいしい お もち だ 。 うた も お もち も てんか いっぴん 」 お じいさん は ごちそう に なった うえ に ほしい もの を なんでも だして くれる と いう うち で の こづち を おみやげ に もらって かえりました 。 ||||||||||||||||||||||||かえり ました 「 おばあ さん や おまえ なに が ほしい ? と お じいさん は ききました 。 ||||きき ました 「 そう です ねえ 。 いろいろ と ほしい もの は あります けれど かわいい あかちゃん が もらえたら どんなに いい でしょう ねえ 」 |||||あり ます||||||||| と おばあ さん は こたえました 。 ||||こたえ ました 「 よし やって みよう 」 お じいさん が こづち を ひと ふり した だけ で おばあ さん の ひざ の うえ に は あかちゃん が のって いました 。 |||||||||||||||||||||い ました もちろん ちゃんと した にんげん の あかちゃん です 。 お じいさん と おばあ さん は あかちゃん を そだて ながら なかよく たのしく くらしました と さ 。 ||||||||||||くらし ました|| -------

366 日 の 昔話 「 福 娘 童話 集 」 http :// hukumusume . com / douwa / index . html ひ||むかしばなし|ふく|むすめ|どうわ|しゅう||||||