×

我們使用cookies幫助改善LingQ。通過流覽本網站,表示你同意我們的 cookie 政策.


image

幸福な王子 The Happy Prince, 幸福 の 王子 -7-

幸福 の 王子 -7-

次の 日一日 、 ツバメ は 王子 の 肩 に 止まり 、 珍しい 土地 で 見て きた たくさんの 話 を し ました 。 ナイル 川 の 岸 沿い に 長い 列 を なして 立って いて 、 くちばし で 黄金 の 魚 を 捕まえる 赤い トキ の 話 。 世界 と 同じ くらい 古くから あり 、 砂漠 の 中 で 住んで いて 、 何でも 知っている スフィンクス の 話 。 琥珀 の ロザリオ を 手 に して 、 ラクダ の 傍ら を ゆっくり 歩く 貿易 商人 の 話 。 黒 檀 の ように 黒い 肌 を して おり 、 大きな 水晶 を 崇拝 して いる 月 の 山 の 王 の 話 。 シュロ の 木 で 眠る 緑 の 大蛇 が いて 、 二十 人 の 僧侶 が 蜂蜜 の お 菓子 を 食べ させて いる 話 。 広く 平らな 葉 に 乗って 大きな 湖 を 渡り 、 蝶 と いつも 戦争 して いる ピグミー の 話 。

「 可愛い 小さな ツバメ さん 」 王子 は 言い ました 。 「 あなた は 驚く べき こと を 聞か せて くれた 。 しかし 、 苦し み を 受けて いる 人々 の 話 ほど 驚く べき こと は ない 。 度 し がたい 悲し み 以上 に 解き がたい 謎 は ない のだ 。 小さな ツバメ さん 、 町 へ 行って おくれ 。 そして あなた の 見た もの を 私 に 教えて おくれ 」

ツバメ は その 大きな 町 の 上 を 飛びまわり 、 金持ち が 美しい 家 で 幸せに 暮らす 一方 で 、 乞食 が その 家 の 門 の 前 に 座って いる の を 見 ました 。 暗い 路地 に 入って いき 、 ものうげ に 黒い 道 を 眺めて いる 空腹な 子供 たち の 青白い 顔 を 見 ました 。 橋 の 通り の 下 で 小さな 少年 が 二 人 、 互いに 抱き合って 横 に なり 、 暖め 合って い ました 。 「 お腹 が すいた よう 」 と 二 人 は 口 に して い ました が 「 ここ で は 横 に なって いて は いかん 」 と 夜警 が 叫び 、 二 人 は 雨 の 中 へ と さまよい 出 ました 。

それ から ツバメ は 王子 の ところ に 戻って 、 見て きた こと を 話し ました 。

「 私 の 体 は 純金 で 覆われて いる 」 と 王子 は 言い ました 。 「 それ を 一 枚 一 枚 はがして 、 貧しい 人 に あげ なさい 。 生きて いる 人 は 、 金 が あれば 幸福に なれる と いつも 考えて いる のだ 」

ツバメ は 純金 を 一 枚 一 枚 はがして いき 、 とうとう 幸福 の 王子 は 完全に 輝き を 失い 、 灰色 に なって しまい ました 。 ツバメ が 純金 を 一 枚 一 枚 貧しい 人 に 送る と 、 子供 たち の 顔 は 赤み を 取り戻し 、 笑い声 を あげ 、 通り で 遊ぶ のでした 。 「 パン が 食べ られる んだ ! 」 と 大声 で 言い ました 。

やがて 、 雪 が 降って き ました 。 その後 に 霜 が 降り ました 。 通り は 銀 で できた ように なり 、 たいそう 光り輝いて おり ました 。 水晶 の ような 長い つらら が 家 の のき から 下がり 、 みんな 毛皮 を 着て 出歩く ように なり 、 子供 たち は 真紅 の 帽子 を かぶり 、 氷 の 上 で スケート を し ました 。

かわいそうな 小さな ツバメ に は どんどん 寒く なって き ました 。 でも 、 ツバメ は 王子 の 元 を 離れよう と は し ませ ん でした 。 心から 王子 の こと を 愛して いた から です 。 パン 屋 が 見て い ない とき 、 ツバメ は パン 屋 の ドア の 外 で パン 屑 を 拾い 集め 、 翼 を ぱた ぱた さ せて 自分 を 暖めよう と し ました 。

でも ツバメ は 、 とうとう 自分 は 死ぬ のだ と わかり ました 。 ツバメ に は 、 王子 の 肩 まで もう 一 度 飛びあがる だけ の 力 しか 残って いません でした 。 「 さようなら 、 愛する 王子 様 」 ツバメ は ささやく ように 言い ました 。 「 あなた の 手 に キス を して も いい です か 」

「 あなた が とうとう エジプト に 行く の は 、 私 も うれしい よ 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 「 あなた は ここ に 長居 し すぎた 。 でも 、 キス は くちびる に して おくれ 。 私 も あなた を 愛して いる んだ 」

「 私 は エジプト に 行く ので は あり ませ ん 」 と ツバメ は 言い ました 。 「 死 の 家 に 行く んです 。 『 死 』 と いう の は 『 眠り 』 の 兄弟 、 です よ ね 」

そして ツバメ は 幸福 の 王子 の くちびる に キス を して 、 死んで 彼 の 足元 に 落ちて いき ました 。

その 瞬間 、 像 の 中 で 何 か が 砕けた ような 奇妙な 音 が し ました 。 それ は 、 鉛 の 心臓 が ちょうど 二 つ に 割れた 音 な のでした 。 ひどく 寒い 日 でした から 。

< 版権 表示 > オスカー ・ ワイルド 作 結城 浩 訳 Copyright ( C ) 2000 Hiroshi Yuki ( 結城 浩 ) http :// www . hyuki . com / trans / prince . html 本 翻訳 は 、 この 版権 表示 を 残す 限り 、 訳者 および 著者 に たいして 許可 を とったり 使用 料 を 支払ったり する こと 一切 なし に 、 商業 利用 を 含む あらゆる 形 で 自由に 利用 ・ 複製 が 認め られ ます 。 プロジェクト 杉田 玄 白 正式 参加 作品 。 http :// www . genpaku . org /

幸福 の 王子 -7- こうふく||おうじ Prince of Happiness -7- Prince du bonheur -7-. 幸福王子-7- 幸福王子-7-

次の 日一日 、 ツバメ は 王子 の 肩 に 止まり 、 珍しい 土地 で 見て きた たくさんの 話 を し ました 。 つぎの|ひいちにち|つばめ||おうじ||かた||とまり|めずらしい|とち||みて|||はなし||| |day by day|||||shoulder||perched|unusual|land|||||||| The next day, the swallow rested on the prince's shoulder and told many stories he had seen in a rare land. ナイル 川 の 岸 沿い に 長い 列 を なして 立って いて 、 くちばし で 黄金 の 魚 を 捕まえる 赤い トキ の 話 。 |かわ||きし|ぞい||ながい|れつ|||たって||||おうごん||ぎょ||つかまえる|あかい|とき||はなし |||riverbank|along|||line||forming|||beak||gold||||catch||ibis|| The story of a red ibis, standing in a long line along the banks of the Nile and catching a golden fish with its beak. 世界 と 同じ くらい 古くから あり 、 砂漠 の 中 で 住んで いて 、 何でも 知っている スフィンクス の 話 。 せかい||おなじ||ふるくから||さばく||なか||すんで||なんでも|しっている|||はなし ||||from ancient times||desert||||||||sphinx|| The story of the Sphinx, as old as the world, living in the desert and knowing everything. 琥珀 の ロザリオ を 手 に して 、 ラクダ の 傍ら を ゆっくり 歩く 貿易 商人 の 話 。 こはく||||て|||らくだ||かたわら|||あるく|ぼうえき|しょうにん||はなし The story of a trader who walks beside a camel with an amber rosary in his hand. 黒 檀 の ように 黒い 肌 を して おり 、 大きな 水晶 を 崇拝 して いる 月 の 山 の 王 の 話 。 くろ|まゆみ|||くろい|はだ||||おおきな|すいしょう||すうはい|||つき||やま||おう||はなし The story of the King of the Mountains of the Moon, who has black skin like ebony and worships large crystals. シュロ の 木 で 眠る 緑 の 大蛇 が いて 、 二十 人 の 僧侶 が 蜂蜜 の お 菓子 を 食べ させて いる 話 。 しゅろ||き||ねむる|みどり||だい へび|||にじゅう|じん||そうりょ||はちみつ|||かし||たべ|さ せて||はなし There is a large green snake sleeping on a palm tree, and twenty monks are feeding honey sweets. 広く 平らな 葉 に 乗って 大きな 湖 を 渡り 、 蝶 と いつも 戦争 して いる ピグミー の 話 。 ひろく|たいらな|は||のって|おおきな|こ||わたり|ちょう|||せんそう|||||はなし The story of a pygmy who rides on wide flat leaves across a large lake and is always in war with butterflies.

「 可愛い 小さな ツバメ さん 」 王子 は 言い ました 。 かわいい|ちいさな|つばめ||おうじ||いい| “Cute little swallows,” said the prince. 「 あなた は 驚く べき こと を 聞か せて くれた 。 ||おどろく||||きか|| “You have heard something amazing. しかし 、 苦し み を 受けて いる 人々 の 話 ほど 驚く べき こと は ない 。 |にがし|||うけて||ひとびと||はなし||おどろく|||| But nothing more surprising than the story of the people who are suffering. 但没有什么比受苦人民的故事更令人惊奇的了。 度 し がたい 悲し み 以上 に 解き がたい 謎 は ない のだ 。 たび|||かなし||いじょう||とき||なぞ||| There is no mystery which is hard to solve beyond scorching sadness. 小さな ツバメ さん 、 町 へ 行って おくれ 。 ちいさな|つばめ||まち||おこなって| Little swallow, go to town. そして あなた の 見た もの を 私 に 教えて おくれ 」 |||みた|||わたくし||おしえて| And tell me what you see.''

ツバメ は その 大きな 町 の 上 を 飛びまわり 、 金持ち が 美しい 家 で 幸せに 暮らす 一方 で 、 乞食 が その 家 の 門 の 前 に 座って いる の を 見 ました 。 つばめ|||おおきな|まち||うえ||とびまわり|かねもち||うつくしい|いえ||しあわせに|くらす|いっぽう||こじき|||いえ||もん||ぜん||すわって||||み| The swallows flew over the big town, where the rich lived happily in a beautiful house, while the beggar was seen sitting in front of the house's gate. 暗い 路地 に 入って いき 、 ものうげ に 黒い 道 を 眺めて いる 空腹な 子供 たち の 青白い 顔 を 見 ました 。 くらい|ろじ||はいって||もの う げ||くろい|どう||ながめて||くうふくな|こども|||あおじろい|かお||み| I went into a dark alley and saw the pale face of the hungry children looking at the black pathway strangely. 橋 の 通り の 下 で 小さな 少年 が 二 人 、 互いに 抱き合って 横 に なり 、 暖め 合って い ました 。 きょう||とおり||した||ちいさな|しょうねん||ふた|じん|たがいに|だきあって|よこ|||あたため|あって|| Under the street of the bridge, two little boys were lying and hugging each other, warming each other. 「 お腹 が すいた よう 」 と 二 人 は 口 に して い ました が 「 ここ で は 横 に なって いて は いかん 」 と 夜警 が 叫び 、 二 人 は 雨 の 中 へ と さまよい 出 ました 。 おなか|||||ふた|じん||くち|||||||||よこ|||||||やけい||さけび|ふた|じん||あめ||なか||||だ| "They seemed hungry," said the two, but the night watch screamed, "Let's lie down here," and the two wandered into the rain.

それ から ツバメ は 王子 の ところ に 戻って 、 見て きた こと を 話し ました 。 ||つばめ||おうじ||||もどって|みて||||はなし| Then the swallow returned to the prince and told him what he had seen.

「 私 の 体 は 純金 で 覆われて いる 」 と 王子 は 言い ました 。 わたくし||からだ||じゅんきん||おおわれて|||おうじ||いい| “My body is covered with pure gold,” said the prince. 「 それ を 一 枚 一 枚 はがして 、 貧しい 人 に あげ なさい 。 ||ひと|まい|ひと|まい||まずしい|じん||| "Peel it off one by one and give it to the poor. 生きて いる 人 は 、 金 が あれば 幸福に なれる と いつも 考えて いる のだ 」 いきて||じん||きむ|||こうふくに||||かんがえて|| Living people always think that money makes them happy.”

ツバメ は 純金 を 一 枚 一 枚 はがして いき 、 とうとう 幸福 の 王子 は 完全に 輝き を 失い 、 灰色 に なって しまい ました 。 つばめ||じゅんきん||ひと|まい|ひと|まい||||こうふく||おうじ||かんぜんに|かがやき||うしない|はいいろ|||| The swallows stripped each piece of pure gold, and finally the happy prince completely lost its shine and turned gray. ツバメ が 純金 を 一 枚 一 枚 貧しい 人 に 送る と 、 子供 たち の 顔 は 赤み を 取り戻し 、 笑い声 を あげ 、 通り で 遊ぶ のでした 。 つばめ||じゅんきん||ひと|まい|ひと|まい|まずしい|じん||おくる||こども|||かお||あかみ||とりもどし|わらいごえ|||とおり||あそぶ| When the swallows sent each piece of gold to the poor, the children's faces regained their redness, laughed and played in the streets. 「 パン が 食べ られる んだ ! ぱん||たべ|| "You can eat bread! 」 と 大声 で 言い ました 。 |おおごえ||いい| "He said loudly.

やがて 、 雪 が 降って き ました 。 |ゆき||ふって|| Eventually, it was snowing. その後 に 霜 が 降り ました 。 そのご||しも||ふり| Then there was frost. 通り は 銀 で できた ように なり 、 たいそう 光り輝いて おり ました 。 とおり||ぎん||||||ひかりかがやいて|| The streets looked like they were made of silver and were shining brightly. 水晶 の ような 長い つらら が 家 の のき から 下がり 、 みんな 毛皮 を 着て 出歩く ように なり 、 子供 たち は 真紅 の 帽子 を かぶり 、 氷 の 上 で スケート を し ました 。 すいしょう|||ながい|||いえ||||さがり||けがわ||きて|であるく|||こども|||ま くれない||ぼうし|||こおり||うえ||すけーと||| Long, crystal-like icicles fell from the stakes of the house, everyone was wearing furs and running away, and the children wore crimson hats and skated on the ice.

かわいそうな 小さな ツバメ に は どんどん 寒く なって き ました 。 |ちいさな|つばめ||||さむく||| The poor little swallows are getting colder and colder. でも 、 ツバメ は 王子 の 元 を 離れよう と は し ませ ん でした 。 |つばめ||おうじ||もと||はなれよう|||||| However, the swallow was not willing to leave the prince. 心から 王子 の こと を 愛して いた から です 。 こころから|おうじ||||あいして||| I really loved the prince. パン 屋 が 見て い ない とき 、 ツバメ は パン 屋 の ドア の 外 で パン 屑 を 拾い 集め 、 翼 を ぱた ぱた さ せて 自分 を 暖めよう と し ました 。 ぱん|や||みて||||つばめ||ぱん|や||どあ||がい||ぱん|くず||ひろい|あつめ|つばさ||||||じぶん||あたためよう||| When the bakery wasn't looking, the swallows picked up bread crumbs outside the bakery door, pausing their wings and trying to warm themselves up.

でも ツバメ は 、 とうとう 自分 は 死ぬ のだ と わかり ました 。 |つばめ|||じぶん||しぬ|||| But the swallow realized that he was finally dead. ツバメ に は 、 王子 の 肩 まで もう 一 度 飛びあがる だけ の 力 しか 残って いません でした 。 つばめ|||おうじ||かた|||ひと|たび|とびあがる|||ちから||のこって|いま せ ん| The swallows had no power left to fly up to the prince's shoulders. 「 さようなら 、 愛する 王子 様 」 ツバメ は ささやく ように 言い ました 。 |あいする|おうじ|さま|つばめ||||いい| “Goodbye, dear Prince,” said Swallow, whispering. 「 あなた の 手 に キス を して も いい です か 」 ||て||きす|||||| "Can I kiss your hand?"

「 あなた が とうとう エジプト に 行く の は 、 私 も うれしい よ 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 |||えじぷと||いく|||わたくし||||ちいさな|つばめ|||おうじ||いい| "I'm glad I finally went to Egypt, little swallow," said the prince. 「 あなた は ここ に 長居 し すぎた 。 ||||ながい|| "You stayed too long here. でも 、 キス は くちびる に して おくれ 。 |きす||||| But please give me a kiss. 私 も あなた を 愛して いる んだ 」 わたくし||||あいして|| I love you too.''

「 私 は エジプト に 行く ので は あり ませ ん 」 と ツバメ は 言い ました 。 わたくし||えじぷと||いく|||||||つばめ||いい| "I'm not going to Egypt," said Swallow. 「 死 の 家 に 行く んです 。 し||いえ||いく| "I'm going to a house of death. 『 死 』 と いう の は 『 眠り 』 の 兄弟 、 です よ ね 」 し|||||ねむり||きょうだい||| "Death" is the brother of "Sleep", right?

そして ツバメ は 幸福 の 王子 の くちびる に キス を して 、 死んで 彼 の 足元 に 落ちて いき ました 。 |つばめ||こうふく||おうじ||||きす|||しんで|かれ||あしもと||おちて|| Then the swallow kissed the lip of the Happy Prince and died and fell to his feet.

その 瞬間 、 像 の 中 で 何 か が 砕けた ような 奇妙な 音 が し ました 。 |しゅんかん|ぞう||なか||なん|||くだけた||きみょうな|おと||| At that moment, there was a strange, shattering sound in the statue. それ は 、 鉛 の 心臓 が ちょうど 二 つ に 割れた 音 な のでした 。 ||なまり||しんぞう|||ふた|||われた|おと|| It was the sound of a lead heart split in just two. ひどく 寒い 日 でした から 。 |さむい|ひ|| It was a terribly cold day.

< 版権 表示 > オスカー ・ ワイルド 作 結城 浩 訳 Copyright ( C ) 2000 Hiroshi Yuki ( 結城 浩 )  http :// www . hyuki . com / trans / prince . html 本 翻訳 は 、 この 版権 表示 を 残す 限り 、 訳者 および 著者 に たいして 許可 を とったり 使用 料 を 支払ったり する こと 一切 なし に 、 商業 利用 を 含む あらゆる 形 で 自由に 利用 ・ 複製 が 認め られ ます 。 はんけん|ひょうじ|||さく|ゆうき|ひろし|やく|copyright|c|hiroshi|yuki|ゆうき|ひろし||||||||ほん|ほんやく|||はんけん|ひょうじ||のこす|かぎり|やくしゃ||ちょしゃ|||きょか|||しよう|りょう||しはらったり|||いっさい|||しょうぎょう|りよう||ふくむ||かた||じゆうに|りよう|ふくせい||みとめ|| <Copyright notice> Translated by Oscar Wilde Translated by Hiroshi Yuki Copyright (C) 2000 Hiroshi Yuki http :// www .hyuki .com / trans / prince .html This translation is translated by All authors are free to use and/or copy in any form, including commercial use, without any permission or payment of usage fees. プロジェクト 杉田 玄 白 正式 参加 作品 。 ぷろじぇくと|すぎた|げん|しろ|せいしき|さんか|さくひん http :// www . genpaku . org /