×

我們使用cookies幫助改善LingQ。通過流覽本網站,表示你同意我們的 cookie 政策.


image

幸福な王子 The Happy Prince, 幸福 の 王子 -5-

幸福 の 王子 -5-

「 今夜 、 エジプト に 行き ます 」 と ツバメ は 言い ました 。 ツバメ は その 予定 に 上機嫌でした 。 町 中 の 名所 を みな 訪れて から 、 教会 の 尖塔 の てっぺん に 長い 時間 と まって い ました 。 ツバメ が 行く ところ は どこ でも スズメ が チュンチュン 鳴いて いて 、 「 素敵な 旅人 ね 」 と 口々に 言って い ました ので 、 ツバメ は とても うれしく なり ました 。

月 が のぼる と 、 ツバメ は 幸福 の 王子 の ところ に 戻って き ました 。 「 エジプト に 何 か ことづけ は あり ます か 」 と 声 を あげ ました 。 「 もう すぐ 出発 し ます から 」

「 ツバメ さん 、 ツバメ さん 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 「 もう 一晩 泊まって くれ ませ ん か 」

「 私 は エジプト に 行き たい と 思って い ます 」 と ツバメ は 答え ました 。 「 明日 僕 の 友達 は 川 を 上り 、 二 番 目 の 滝 へ 飛んで いく でしょう 。 そこ で は パピルス の しげみ の 間 で カバ が 休んで い ます 。 そして 巨大な 御影石 の 玉座 に は メムノン 神 が 座って いる んです 。 メムノン 神 は 、 星 を 一晩 中 見つめ 続け 、 明けの明星 が 輝く と 喜び の 声 を 一声 あげ 、 そして また 沈黙 に 戻る と 言わ れて い ます 。 正午 に は 黄色 の ライオン が 水辺 に 水 を 飲み に やってき ます 。 ライオン の 目 は 緑柱石 の ようで 、 その 吠え 声 は 滝 の ごうごう と いう 音 より も 大きい んです よ 」

「 ツバメ さん 、 ツバメ さん 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 「 ずっと 向こう 、 町 の 反対 側 に ある 屋根 裏 部屋 に 若者 の 姿 が 見える 。 彼 は 紙 で あふれた 机 に もたれて いる 。 傍ら に ある タンブラー に は 、 枯れた スミレ が 一 束 刺して ある 。 彼 の 髪 は 茶色 で 細かく 縮れ 、 唇 は ザクロ の ように 赤く 、 大きくて 夢見る ような 目 を して いる 。 彼 は 劇場 の 支配人 の ため に 芝居 を 完成 させよう と して いる 。 けれど 、 あまりに も 寒い ので もう 書く こと が でき ない のだ 。 暖炉 の 中 に は 火の気 は なく 、 空腹 の ため に 気 を 失わ ん ばかりに なって いる 」

「 もう 一晩 、 あなた の ところ に 泊まり ましょう 」 よい 心 を ほんとうに 持って いる ツバメ は 言い ました 。 「 もう 一 つ ルビー を 持っていき ましょう か 」

「 ああ ! もう ルビー は ない のだ よ 」 王子 は 言い ました 。 「 残って いる の は 私 の 両目 だけ だ 。 私 の 両目 は 珍しい サファイア で できて いる 。 これ は 一千 年 前 に インド から 運ば れて きた もの だ 。 私 の 片目 を 抜き出して 、 彼 の ところ まで 持っていって おくれ 。 彼 は それ を 宝石 屋 に 売って 、 食べ物 と 薪 を 買って 、 芝居 を 完成 さ せる こと が できる だろう 」

「 王子 様 」 と ツバメ は 言い ました 。 「 私 に は でき ませ ん 」 そして ツバメ は 泣き 始め ました 。

「 ツバメ さん 、 ツバメ さん 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 「 私 が 命じた とおり に して おくれ 」

そこ で ツバメ は 王子 の 目 を 取り出して 、 屋根 裏 部屋 へ 飛んで いき ました 。 屋根 に 穴 が あいて いた ので 、 入る の は 簡単でした 。 ツバメ は 穴 を 通って さっと 飛び込み 、 部屋 の 中 に 入り ました 。 その 若者 は 両手 の 中 に 顔 を うずめる ように して おり ました ので 、 鳥 の 羽ばたき は 聞こえ ませ ん でした 。 そして 若者 が 顔 を 上げる と 、 そこ に は 美しい サファイア が 枯れた スミレ の 上 に 乗って いた のです 。

「 私 も 世の中 に 認め られ 始めた んだ 」 若者 は 大声 を 出し ました 。 「 これ は 誰 か 、 熱烈な ファン から の もの だ な 。 これ で 芝居 が 完成 できる ぞ 」 若者 は とても 幸福 そうでした 。

< 版権 表示 > オスカー ・ ワイルド 作 結城 浩 訳 Copyright ( C ) 2000 Hiroshi Yuki ( 結城 浩 ) http :// www . hyuki . com / trans / prince . html 本 翻訳 は 、 この 版権 表示 を 残す 限り 、 訳者 および 著者 に たいして 許可 を とったり 使用 料 を 支払ったり する こと 一切 なし に 、 商業 利用 を 含む あらゆる 形 で 自由に 利用 ・ 複製 が 認め られ ます 。 プロジェクト 杉田 玄 白 正式 参加 作品 。 http :// www . genpaku . org /

幸福 の 王子 -5- こうふく||おうじ Prince of Happiness -5- Prince du bonheur -5-. Príncipe da Felicidade -5-. 快乐王子-5- 快樂王子-5-

「 今夜 、 エジプト に 行き ます 」 と ツバメ は 言い ました 。 こんや|えじぷと||いき|||つばめ||いい| "I'm going to Egypt tonight," said Swallow. ツバメ は その 予定 に 上機嫌でした 。 つばめ|||よてい||じょうきげんでした The swallows were in a good mood about the schedule. 町 中 の 名所 を みな 訪れて から 、 教会 の 尖塔 の てっぺん に 長い 時間 と まって い ました 。 まち|なか||めいしょ|||おとずれて||きょうかい||せんとう||||ながい|じかん|||| After visiting all the sights in the town, I spent a long time at the top of the church's steeple. ツバメ が 行く ところ は どこ でも スズメ が チュンチュン 鳴いて いて 、 「 素敵な 旅人 ね 」 と 口々に 言って い ました ので 、 ツバメ は とても うれしく なり ました 。 つばめ||いく|||||すずめ|||ないて||すてきな|たびびと|||くちぐちに|いって||||つばめ||||| Everywhere the swallows went, the sparrows were screaming and saying, "You're a nice traveler," so I was very happy with the swallows.

月 が のぼる と 、 ツバメ は 幸福 の 王子 の ところ に 戻って き ました 。 つき||||つばめ||こうふく||おうじ||||もどって|| As the moon rose, the swallows returned to the Happy Prince. 「 エジプト に 何 か ことづけ は あり ます か 」 と 声 を あげ ました 。 えじぷと||なん||||||||こえ||| "Is there anything that Egypt has to say," he said. 「 もう すぐ 出発 し ます から 」 ||しゅっぱつ||| "I'll be leaving soon."

「 ツバメ さん 、 ツバメ さん 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 つばめ||つばめ||ちいさな|つばめ|||おうじ||いい| "Swallows, swallows, little swallows," said the prince. 「 もう 一晩 泊まって くれ ませ ん か 」 |ひとばん|とまって|||| "Would you like to stay overnight again?"

「 私 は エジプト に 行き たい と 思って い ます 」 と ツバメ は 答え ました 。 わたくし||えじぷと||いき|||おもって||||つばめ||こたえ| I want to go to Egypt," the swallow replied. 「 明日 僕 の 友達 は 川 を 上り 、 二 番 目 の 滝 へ 飛んで いく でしょう 。 あした|ぼく||ともだち||かわ||のぼり|ふた|ばん|め||たき||とんで|| “Tomorrow my friend will climb up the river and fly to the second waterfall. そこ で は パピルス の しげみ の 間 で カバ が 休んで い ます 。 |||ぱぴるす||||あいだ||かば||やすんで|| There the hippopotamus is resting between the shields of the papyrus. そして 巨大な 御影石 の 玉座 に は メムノン 神 が 座って いる んです 。 |きょだいな|みかげいし||たま ざ||||かみ||すわって|| And the god Memnon sits on a huge granite throne. メムノン 神 は 、 星 を 一晩 中 見つめ 続け 、 明けの明星 が 輝く と 喜び の 声 を 一声 あげ 、 そして また 沈黙 に 戻る と 言わ れて い ます 。 |かみ||ほし||ひとばん|なか|みつめ|つづけ|あけのみょうじょう||かがやく||よろこび||こえ||ひとこえ||||ちんもく||もどる||いわ||| It is said that the Memnon god keeps staring all night long, raises a voice of joy when the dawn star shines, and then returns to silence. 正午 に は 黄色 の ライオン が 水辺 に 水 を 飲み に やってき ます 。 しょうご|||きいろ||らいおん||みずべ||すい||のみ||| At noon, a yellow lion comes to the waterside for a drink. ライオン の 目 は 緑柱石 の ようで 、 その 吠え 声 は 滝 の ごうごう と いう 音 より も 大きい んです よ 」 らいおん||め||みどり ちゅう いし||||ほえ|こえ||たき||ごうご う|||おと|||おおきい|| The lion's eyes are like beryllium, and its howl is louder than the roar of a waterfall.

「 ツバメ さん 、 ツバメ さん 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 「 ずっと 向こう 、 町 の 反対 側 に ある 屋根 裏 部屋 に 若者 の 姿 が 見える 。 つばめ||つばめ||ちいさな|つばめ|||おうじ||いい|||むこう|まち||はんたい|がわ|||やね|うら|へや||わかもの||すがた||みえる Swallow, swallow, little swallow," said the prince. "All the way over there, on the other side of town, in the attic, I see a young man. 彼 は 紙 で あふれた 机 に もたれて いる 。 かれ||かみ|||つくえ||もた れて| He is leaning against a desk covered in paper. 傍ら に ある タンブラー に は 、 枯れた スミレ が 一 束 刺して ある 。 かたわら||||||かれた|||ひと|たば|さして| A bunch of dead violets are stuck in the tumbler beside it. 一束枯萎的紫罗兰插在附近的玻璃杯里。 彼 の 髪 は 茶色 で 細かく 縮れ 、 唇 は ザクロ の ように 赤く 、 大きくて 夢見る ような 目 を して いる 。 かれ||かみ||ちゃいろ||こまかく|ちぢれ|くちびる||ざくろ|||あかく|おおきくて|ゆめみる||め||| His hair is brown and fine and frizzy, his lips are pomegranate red, and his eyes are wide and dreamy. 彼 は 劇場 の 支配人 の ため に 芝居 を 完成 させよう と して いる 。 かれ||げきじょう||しはいにん||||しばい||かんせい|さ せよう||| He is trying to complete a play for the theater manager. けれど 、 あまりに も 寒い ので もう 書く こと が でき ない のだ 。 |||さむい|||かく||||| But it's so cold that I can't write anymore. 暖炉 の 中 に は 火の気 は なく 、 空腹 の ため に 気 を 失わ ん ばかりに なって いる 」 だんろ||なか|||ひのけ|||くうふく||||き||うしなわ|||| There is no fire in the fireplace, and the hunger is making me feel like I'm losing my mind.

「 もう 一晩 、 あなた の ところ に 泊まり ましょう 」 よい 心 を ほんとうに 持って いる ツバメ は 言い ました 。 |ひとばん|||||とまり|||こころ|||もって||つばめ||いい| I'll stay with you one more night," said the swallow who really had a good heart. 「 もう 一 つ ルビー を 持っていき ましょう か 」 |ひと||るびー||もっていき|| "Shall I bring another ruby?"

「 ああ ! もう ルビー は ない のだ よ 」 王子 は 言い ました 。 |るびー|||||おうじ||いい| There are no more rubies," the prince said. 「 残って いる の は 私 の 両目 だけ だ 。 のこって||||わたくし||りょうめ|| All that's left is my eyes. 私 の 両目 は 珍しい サファイア で できて いる 。 わたくし||りょうめ||めずらしい|さふぁいあ||| My eyes are made of rare sapphire. これ は 一千 年 前 に インド から 運ば れて きた もの だ 。 ||いっせん|とし|ぜん||いんど||はこば|||| It was brought from India a thousand years ago. 私 の 片目 を 抜き出して 、 彼 の ところ まで 持っていって おくれ 。 わたくし||かた め||ぬきだして|かれ||||もっていって| Please take out one of my eyes and bring it to him. 彼 は それ を 宝石 屋 に 売って 、 食べ物 と 薪 を 買って 、 芝居 を 完成 さ せる こと が できる だろう 」 かれ||||ほうせき|や||うって|たべもの||まき||かって|しばい||かんせい|||||| He could sell it to a jeweler, buy food and firewood, and complete a play.''

「 王子 様 」 と ツバメ は 言い ました 。 おうじ|さま||つばめ||いい| "The prince," said Swallow. 「 私 に は でき ませ ん 」 そして ツバメ は 泣き 始め ました 。 わたくし|||||||つばめ||なき|はじめ| "I can't do it," and the swallows began to cry.

「 ツバメ さん 、 ツバメ さん 、 小さな ツバメ さん 」 と 王子 は 言い ました 。 「 私 が 命じた とおり に して おくれ 」 つばめ||つばめ||ちいさな|つばめ|||おうじ||いい||わたくし||めいじた|||| "Swallows, swallows, little swallows," said the prince. "Give me what I have ordered."

そこ で ツバメ は 王子 の 目 を 取り出して 、 屋根 裏 部屋 へ 飛んで いき ました 。 ||つばめ||おうじ||め||とりだして|やね|うら|へや||とんで|| There, the swallow took out the prince's eyes and flew to the attic. 屋根 に 穴 が あいて いた ので 、 入る の は 簡単でした 。 やね||あな|||||はいる|||かんたんでした There was a hole in the roof so it was easy to get in. ツバメ は 穴 を 通って さっと 飛び込み 、 部屋 の 中 に 入り ました 。 つばめ||あな||かよって||とびこみ|へや||なか||はいり| The swallow jumped through the hole and jumped into the room. その 若者 は 両手 の 中 に 顔 を うずめる ように して おり ました ので 、 鳥 の 羽ばたき は 聞こえ ませ ん でした 。 |わかもの||りょうて||なか||かお||||||||ちょう||はばたき||きこえ||| The young man had his face whispered in his hands, so the fluttering of the bird was audible. そして 若者 が 顔 を 上げる と 、 そこ に は 美しい サファイア が 枯れた スミレ の 上 に 乗って いた のです 。 |わかもの||かお||あげる|||||うつくしい|さふぁいあ||かれた|||うえ||のって|| And when the young man looked up, there was a beautiful sapphire on a dead violet. 而当青年抬起脸的时候,在一片死去的紫罗兰之上,出现了一颗美丽的蓝宝石。

「 私 も 世の中 に 認め られ 始めた んだ 」 若者 は 大声 を 出し ました 。 わたくし||よのなか||みとめ||はじめた||わかもの||おおごえ||だし| “I also started to be recognized by the world,” the youth shouted. 「 これ は 誰 か 、 熱烈な ファン から の もの だ な 。 ||だれ||ねつれつな|ふぁん||||| "This is from someone, an avid fan. これ で 芝居 が 完成 できる ぞ 」 若者 は とても 幸福 そうでした 。 ||しばい||かんせい|||わかもの|||こうふく|そう でした Now the play can be completed.” The youth looked very happy.

< 版権 表示 > オスカー ・ ワイルド 作 結城 浩 訳 Copyright ( C ) 2000 Hiroshi Yuki ( 結城 浩 )  http :// www . hyuki . com / trans / prince . html 本 翻訳 は 、 この 版権 表示 を 残す 限り 、 訳者 および 著者 に たいして 許可 を とったり 使用 料 を 支払ったり する こと 一切 なし に 、 商業 利用 を 含む あらゆる 形 で 自由に 利用 ・ 複製 が 認め られ ます 。 はんけん|ひょうじ|||さく|ゆうき|ひろし|やく|copyright|c|hiroshi|yuki|ゆうき|ひろし||||||||ほん|ほんやく|||はんけん|ひょうじ||のこす|かぎり|やくしゃ||ちょしゃ|||きょか|||しよう|りょう||しはらったり|||いっさい|||しょうぎょう|りよう||ふくむ||かた||じゆうに|りよう|ふくせい||みとめ|| <Copyright notice> Translated by Oscar Wilde Translated by Hiroshi Yuki Copyright (C) 2000 Hiroshi Yuki http :// www .hyuki .com / trans / prince .html As long as this copyright notice remains, All authors are free to use and/or copy in any form, including commercial use, without any permission or payment of any fees. プロジェクト 杉田 玄 白 正式 参加 作品 。 ぷろじぇくと|すぎた|げん|しろ|せいしき|さんか|さくひん Project Genshiro Sugita Officially participating work. http :// www . genpaku . org /