×

我們使用cookies幫助改善LingQ。通過流覽本網站,表示你同意我們的 cookie policy.


image

幸福な王子 The Happy Prince, こうふくのおうじ -6-

こうふく の おうじ -6-

つぎの ひ 、 ツバメ ( つばめ ) は はとば へ いきました 。 おおきな ふね の マスト (ます と ) の うえ に とまり 、 すいふ たち が おおきな はこ を せんそう から ロープ ( ろ ー ぷ ) で ひきずりだす の を みました 。 はこ が ひと つ でる たび に 「 よい こらせ ! 」 と すいふ たち は さけびました 。 「 ぼく は エジプト ( え じ ぷと ) に いく んだ よ ! 」 と ツバメ ( つばめ ) も おおごえ を だしました が 、 だれ も き に しません でした 。 つき が でる と ツバメ ( つばめ ) は こうふく の おうじ の ところ に もどりました 。 「 お いとまごい に やってきました 」 ツバメ ( つばめ ) は こえ を あげました 。 「 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ちいさな ツバメ ( つばめ ) さん 」 と おうじ は いいました 。 「 もう ひとばん と まって くれません か 」 「 もう ふゆ です 」 ツバメ ( つばめ ) は こたえました 。 「 つめたい ゆき が まもなく ここ に も ふる でしょう 。 エジプト ( え じ ぷと ) で はたい よう の ひかり が みどり の シュロ ( しゅろ ) の き に あたたかく そそぎ 、 ワニ ( わに ) たち は どろ の なか に ねそべって のんびり すごして います 。 ゆうじん たち は 、 バールベック ( ば ー る べっく ) じいん の なか に す を つくって おり 、 ピンク ( ぴん く ) と しろ の ハト ( はと ) が それ を みて 、 クークー ( く ー く ー ) と なき かわして います 。 おうじ さま 。 ぼく は いか なくちゃ なりません 。 あなた の こと は けっして わすれません 。 らいねん の はる 、 ぼく は あなた が あげて しまった ほうせき ふた つ の かわり に 、 うつくしい ほうせき を ふた つもって かえって きます 。 ルビー ( る び ー ) は あかい バラ ( ばら ) より も あかく 、 サファイア ( さ ふ ぁい あ ) はたいかい の ように あおい もの に なる でしょう 」 「 した の ほう に ひろば が ある 」 と こうふく の おうじ は いいました 。 「 そこ に ちいさな マッチ ( まっち ) うり の しょうじょ が いる 。 マッチ ( まっち ) を みぞ に おとして しまい 、 ぜんぶ だめに なって しまった 。 お かね を もって かえれ なかったら 、 お とうさん が おんなのこ を ぶつ だろう 。 だから おんなのこ は ないて いる 。 あの こ は くつ も くつした も はいて いない し 、 なにも あたま に かぶって いない 。 わたし の のこって いる め を とりだして 、 あの こ に やって ほしい 。 そう すれば お とうさん から ぶた れ ない だろう 」

「 もう ひとばん 、 あなた の ところ に とまりましょう 」 ツバメ ( つばめ ) は いいました 。 「 でも 、 あなた の め を とりだす なんて できません 。 そんな こと を したら 、 あなた は なにも みえ なく なって しまいます 」 「 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ちいさな ツバメ ( つばめ ) さん 」 と おうじ は いいました 。 「 わたし が めいじた とおり に して おくれ 」

そこ で ツバメ ( つばめ ) は おうじ の もう かたほう の め を とりだして 、 した へ とんで いきました 。 ツバメ ( つばめ ) は マッチ ( まっち ) うり の しょうじょ の ところ まで さっと おりて 、 ほうせき を て の なか に すべりこま せました 。 「 とっても きれいな ガラス ( がらす ) だま ! 」 その おんなのこ は いいました 。 そして わらい ながら はしって いえ に かえりました 。 それ から ツバメ ( つばめ ) は おうじ の ところ に もどりました 。 「 あなた は もう なにも みえ なく なりました 」 と ツバメ ( つばめ ) は いいました 。 「 だ から 、 ずっと あなた と いっしょに いる こと に します 」 「 いや 、 ちいさな ツバメ ( つばめ ) さん 」 と かわいそうな おうじ は いいました 。 「 あなた は エジプト ( え じ ぷと ) に いか なくちゃ いけない 」

「 ぼく は ずっと あなた と いっしょに います 」 ツバメ ( つばめ ) は いいました 。 そして おうじ の あしもと で ねむりました 。 < 版権 表示 > オスカー ・ ワイルド 作 結城 浩 訳 Copyright ( C )2000 HiroshiYuki ( 結城 浩 ) http :// www . hyuki . com / trans / prince . html 本 翻訳 は 、 この 版権 表示 を 残す 限り 、 訳者 および 著者 にたいして 許可 を とったり 使用 料 を 支払ったり する こと 一切 なし に 、 商業 利用 を 含む あらゆる 形 で 自由に 利用 ・ 複製 が 認められます 。 プロジェクト 杉田 玄 白 正式 参加 作品 。 http :// www . genpaku . org /

こうふく の おうじ -6- The Lord of the Blossoms -6- El Señor de las Golondrinas -6-. O Senhor das Andorinhas -6-. 幸福王子-6-

つぎの ひ 、 ツバメ ( つばめ ) は はとば へ いきました 。 ||つばめ|||||いき ました おおきな ふね の マスト (ます と ) の うえ に とまり 、 すいふ たち が おおきな はこ を せんそう から ロープ ( ろ ー ぷ ) で ひきずりだす の を みました 。 |||ますと|||||||||||||||ろーぷ||-||||||み ました はこ が ひと つ でる たび に 「 よい こらせ ! 」 と すいふ たち は さけびました 。 ||||さけび ました 「 ぼく は エジプト ( え じ ぷと ) に いく んだ よ ! ||えじぷと||||||| 」 と ツバメ ( つばめ ) も おおごえ を だしました が 、 だれ も き に しません でした 。 |つばめ|||||だし ました||||||し ませ ん| つき が でる と ツバメ ( つばめ ) は こうふく の おうじ の ところ に もどりました 。 ||||つばめ|||||||||もどり ました 「 お いとまごい に やってきました 」 ツバメ ( つばめ ) は こえ を あげました 。 |||やってき ました|つばめ|||||あげ ました 「 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ちいさな ツバメ ( つばめ ) さん 」 と おうじ は いいました 。 つばめ|||つばめ||||つばめ||||||いい ました 「 もう ひとばん と まって くれません か 」 「 もう ふゆ です 」 ツバメ ( つばめ ) は こたえました 。 ||||くれ ませ ん|||||つばめ|||こたえ ました 「 つめたい ゆき が まもなく ここ に も ふる でしょう 。 エジプト ( え じ ぷと ) で はたい よう の ひかり が みどり の シュロ ( しゅろ ) の き に あたたかく そそぎ 、 ワニ ( わに ) たち は どろ の なか に ねそべって のんびり すごして います 。 えじぷと|||||は たい|||||||しゅろ|||||||わに|||||||||||い ます ゆうじん たち は 、 バールベック ( ば ー る べっく ) じいん の なか に す を つくって おり 、 ピンク ( ぴん く ) と しろ の ハト ( はと ) が それ を みて 、 クークー ( く ー く ー ) と なき かわして います 。 |||||-||べ っく|||||||||ぴんく||||||はと||||||||-||-||||い ます おうじ さま 。 ぼく は いか なくちゃ なりません 。 ||||なり ませ ん あなた の こと は けっして わすれません 。 |||||わすれ ませ ん らいねん の はる 、 ぼく は あなた が あげて しまった ほうせき ふた つ の かわり に 、 うつくしい ほうせき を ふた つもって かえって きます 。 |||||||||||||||||||||き ます ルビー ( る び ー ) は あかい バラ ( ばら ) より も あかく 、 サファイア ( さ ふ ぁい あ ) はたいかい の ように あおい もの に なる でしょう 」 「 した の ほう に ひろば が ある 」 と こうふく の おうじ は いいました 。 るびー|||-|||ばら|||||さふぁいあ|||||は たいかい||||||||||||||||||||いい ました 「 そこ に ちいさな マッチ ( まっち ) うり の しょうじょ が いる 。 |||まっち|まっ ち||||| マッチ ( まっち ) を みぞ に おとして しまい 、 ぜんぶ だめに なって しまった 。 まっち|まっ ち||||||||| お かね を もって かえれ なかったら 、 お とうさん が おんなのこ を ぶつ だろう 。 だから おんなのこ は ないて いる 。 あの こ は くつ も くつした も はいて いない し 、 なにも あたま に かぶって いない 。 わたし の のこって いる め を とりだして 、 あの こ に やって ほしい 。 そう すれば お とうさん から ぶた れ ない だろう 」

「 もう ひとばん 、 あなた の ところ に とまりましょう 」 ツバメ ( つばめ ) は いいました 。 ||||||とまり ましょう|つばめ|||いい ました 「 でも 、 あなた の め を とりだす なんて できません 。 |||||||でき ませ ん そんな こと を したら 、 あなた は なにも みえ なく なって しまいます 」 「 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ツバメ ( つばめ ) さん 、 ちいさな ツバメ ( つばめ ) さん 」 と おうじ は いいました 。 ||||||||||しまい ます|つばめ|||つばめ||||つばめ||||||いい ました 「 わたし が めいじた とおり に して おくれ 」

そこ で ツバメ ( つばめ ) は おうじ の もう かたほう の め を とりだして 、 した へ とんで いきました 。 ||つばめ||||||||||||||いき ました ツバメ ( つばめ ) は マッチ ( まっち ) うり の しょうじょ の ところ まで さっと おりて 、 ほうせき を て の なか に すべりこま せました 。 つばめ|||まっち|まっ ち||||||||||||||||せま した 「 とっても きれいな ガラス ( がらす ) だま ! ||がらす|| 」 その おんなのこ は いいました 。 |||いい ました そして わらい ながら はしって いえ に かえりました 。 ||||||かえり ました それ から ツバメ ( つばめ ) は おうじ の ところ に もどりました 。 ||つばめ|||||||もどり ました 「 あなた は もう なにも みえ なく なりました 」 と ツバメ ( つばめ ) は いいました 。 ||||||なり ました||つばめ|||いい ました 「 だ から 、 ずっと あなた と いっしょに いる こと に します 」 「 いや 、 ちいさな ツバメ ( つばめ ) さん 」 と かわいそうな おうじ は いいました 。 |||||||||し ます|||つばめ|||||||いい ました 「 あなた は エジプト ( え じ ぷと ) に いか なくちゃ いけない 」 ||えじぷと|||||||

「 ぼく は ずっと あなた と いっしょに います 」 ツバメ ( つばめ ) は いいました 。 ||||||い ます|つばめ|||いい ました そして おうじ の あしもと で ねむりました 。 |||||ねむり ました < 版権 表示 > オスカー ・ ワイルド 作 結城 浩 訳 Copyright ( C )2000 HiroshiYuki ( 結城 浩 ) http :// www . hyuki . com / trans / prince . html 本 翻訳 は 、 この 版権 表示 を 残す 限り 、 訳者 および 著者 にたいして 許可 を とったり 使用 料 を 支払ったり する こと 一切 なし に 、 商業 利用 を 含む あらゆる 形 で 自由に 利用 ・ 複製 が 認められます 。 はんけん|ひょうじ|||さく|ゆうき|ひろし|やく|copyright|c|hiroshiyuki|ゆうき|ひろし||||||||ほん|ほんやく|||はんけん|ひょうじ||のこす|かぎり|やくしゃ||ちょしゃ|に たいして|きょか|||しよう|りょう||しはらったり|||いっさい|||しょうぎょう|りよう||ふくむ||かた||じゆうに|りよう|ふくせい||みとめ られ ます プロジェクト 杉田 玄 白 正式 参加 作品 。 ぷろじぇくと|すぎた|げん|しろ|せいしき|さんか|さくひん http :// www . genpaku . org /