image

勇者ヨシヒコと魔王の城, 勇者ヨシヒコと魔王の城#10

( ムラサキ ) 空 飛ぶ 絨毯 か …。

今 まで の 武器 と か 防 具 は 信憑性 あった けど →

空 飛ぶ 絨毯 は なぁ …。

( メレブ ) ただ   あの 仏 いいかげん だ けど →

ウソ は つか ねえ んだ よ な 。

( ヨシヒコ ) それ が ない と 魔 王 の 城 へ は 行け ない 。

で   アマネ の 村 が 。 ( メレブ ) ここ か …。

( ダンジョー ) ここ は   どうやら 文化 が 違う ようだ な 。

魔 王 の 手 の 者 が こちら に 文化 を 持ち込んで いる か 。

魔物 を 送り込む だけ で なく 侵略 を 始めよう と して いる の か 。

オークション が 始まる よ ~!

世界 の 珍品 を 集めた オークション だ よ ! 世界 の 珍品 か 。

売って ます か ね ? 空 飛ぶ 絨毯 。

売り物 って こと は ないだ ろ 。

間違い なく 化け物 が 持って る と か でしょ 。

行って み ましょう か 。 うむ 。

話題 の 流れ   無視 で いく のな 。

それでは 水切 り で 20 発 くらい いき そうな →

なんか いい 感じ に 平らな 石 12 ゴールド で 落札 。

続いて は 世にも 珍しい お茶 の 葉 です 。

お茶 いれた とき 茶柱 が 立つ 確率  56%。

半端 ! お 買い求め に なって →

1 日 おき に   ハッピーな 気分 に なって は いかがでしょう 。

1 ゴールド 。 2 ゴールド 。 いい よ   買わ なくて 。

なんで お茶   買おう と する んだ よ 。

おい   ヨシヒコ 。 お茶 やら 石 やら →

四葉 の クローバー の 束 やら そんな 流れだ ぞ 。

ここ は   あきらめて 洋風 の 食事 で もし に 行か ない かい ?

この お茶 の 葉 そちら の 男性 が  5 ゴールド で 落札 。

何   悔しがって んだ 。 続いて は   こちら の 魔法 の 絨毯 。

空 が 飛べ ます ! きた ね !

流れ 関係なく   きた ね ! 買い ましょう 。

それでは   この 魔法 の 絨毯 1億 ゴールド から 。

なんだ と ! 1億 ゴールド !?

どう する ? 魔物 でも 倒し に 行く か !?

いや … 3 年間   休み なく 倒し 続けて も →

貯 め られ ない 金額 です 。 ああ 。

1億 ゴールド 持って る やつ は そう そう お らんだ ろ 。

買い手 が なければ   チャンス は くる 。 さ ぁ  1億 から   ないか ?

3億 ゴールド 。

3億!?

はい   即決 ! 魔法 の 絨毯   そちら の 女性 に 落札 。

かわいい …。

ヒサ ! 誰 ?  誰 ?

カボイ の 村 に 残して きた 私 の 妹 です 。

(3 人 ) 妹 !?

ヒサ !

( ヒサ ) あら 兄 様 で は ございませ ん か 。

何 を して る んだ   こんな ところ で 。

私 は …。 これ は これ は   ご 主人 様 。

私 は   この 方 の 妻 と なり ました 。

( カイザー ) そうです 。  この カイザー 伯爵 の 妻 と なった のです 。  ねぇ ~。

伯爵 …。

あなた が   ヒサ の 兄 様 …。 なんて 汚い 格好 を 。

そんな 格好じゃ お 屋敷 に 入れ ない よ 。

ヒサ   その 絨毯 を 譲って くれ ない か 。

その 絨毯 さえ あれば 魔 王 の 城 へ 渡る こと が できる んだ 。

そして   魔 王 を 倒せば 世界 の 平和 を 取り戻せる んだ 。

妹 な んだ もん 。 譲って くれる よ ね ?

さ ぁ   ヒサ は なんて 答える かな ? 嫌です 。

( ヨシヒコ たち ) え ? なぜ だ ?  なぜ な んだ   ヒサ !

嫌な もん は 嫌な んです 。 さっさと お 帰り なさい 。

じゃあ  3億 ゴールド 出して 買った けど 台所 マット に でも しちゃ おう か 。

台所 で 飛びまわっちゃ おう か 。 もし   これ が 欲しければ →

10億 ゴールド   持って らっしゃい 。

どうした ん だ   ヒサ 。

お前 は そんな 子 じゃ なかった はずだ !

そんな 子 ?  私 は もう 子供 じゃ なく って よ   兄 様 。

待って くれ   ヒサ ! それ でも 妹 かよ !

それ じゃあ   チャンス を 与え ます 。

与え ます って … 妹 の 分 際 で 偉 そうに 。

明日 の 夕食   カイザー 家 の シェフ より →

おいしい 料理 を 私 に 食べ させる こと が できたら →

譲って あげて も いい わ 。

それ は 難しい ね 。 ヒサ は グルメ だ から ね   グルグルメ だ から ね 。

明日   夜   シェフ と の 対決 。

楽しみに 待って ます から 。

では で は   兄 様 ゆえ の 大 サービス 。

ヒサ 様 は 南 の 山 に 棲 む   ハロハロ 鳥 の ロースト に →

東 の 山 に 咲く 幻 の 花 ポクチー を 添えた もの が →

大 好物 で ございます 。

こちら に 詳細 を 。

では   ご 健闘 を お 祈り いたし ます 。

ヒサ   どうして …。

ハロハロ 鳥 って なんだ ? 聞いた こと ねえ ぞ 。

どうせ   上流 階級 が 好む ような 食 材 な のだろう 。

そのへん の スズメ と か   と っ 捕まえて 食わせた って   わかん ねえ だ ろ 。

甘い ! 彼女 は 超 グルメ と 言って た 。

そう な の ?  ヨシヒコ 。 いや …  そんな 印象 は ない 。

人間 の 舌 は   生活 で 変わる 。 スズメ じゃ ごまかせ ん 。

おい   さすが に 魔 王 の 城 の 近く に なる と   強そうな の 揃う な 。

もう   本当に いる の か よ ~ ハロハロ 鳥 なんて よ ~。

高級 食 材 って 時点 で 数 は 少ない だろう 。

粘り強く   探す しか ない !

お やおや ?  あれ   どう だ ?

いた じゃ ん ! 捕まえ ましょう 。

お ぉ !  捕まえよう !

あれ ?  万が一 に も ない と 思う けど …。

鳥   捕まえる 方法   ノープラン ?

あ …  網 と か 。

網 …  誰 が ?

え ~ っ !  鳥   そう 簡単に 捕ま ん ない ぜ   鳥 !  飛ぶ ぜ ~。

バッサ ~ する ぜ !

よし   呼んで もらおう 。 誰 に ?

鳥 同士 なら   話せる でしょ 。 ねっ ?  キロ 。

生きて た の   その 鳥 !? うん   当たり前じゃ ん 。

私 の ペット だ よ 。 飾り じゃ ない の !?

鳴いて る … 鳴いて る の   見た こと ない よ !

あぁ   無口な 鳥 な んだ 。 無口な 鳥 …。

頼む   ムラサキ 。 うん 。

さ ぁ   キロ   呼んで !

ピ ~ ヨ ~!  ピヨ   ピヨ   ピヨピヨ !

ウソ だ ろ !? ピヨヨヨ ~  ピ ~  ピ ~  ピ ~。

お前 が 口 で 言って る よ ね ? 口 で …  お前 …。

う っせ え な ! キロ が 鳴いて んじゃ ん よ !

何 言って ん の ?

ピ ~  ピッ   ピッ 。  ピヨヨヨ 。

ウソ だ ろ !? キロ !  よく やった ぞ   キロ !

ピヨピヨピヨ   ピ ~  ピ ~。

幻 の 花   ポクチー か 。 ま ぁ   幻 と は いえ   植物 だ 。

鳥 ほど は 苦労 せ んだろう 。

しかし   この 紙 に よる と その 花 が 咲く 場所 に 行く に は →

死 の 谷 と いう 谷 を 越える 必要 が ある と …。

死 の 谷 ?

「 そこ に は たった 1 つ の 吊り橋 が 架かり →

たもと に 立つ 仙人 が 出す 無理 難題 に →

答える こと が でき なければ 渡る こと が でき ませ ん 」。

そう 書いて ある ね 。 あぁ   仙人 が 出す 無理 難題 か 。

こりゃ   手強 そうだ な 。

いま した ね 。

おそらく   あの 方 が 吊り橋 仙人 でしょう 。

ここ から 先 は   植物 の 楽園 。

やましい 心 を 持った 人間 を 通す わけに は いか ん 。

我々 は 魔 王 を 倒し   世界 の 平和 を 取り戻す ため   戦う 者 。

なんとか 通して いただけ ない でしょう か ?

そんな ウソ なら   誰 でも 言える 。 私 は   ウソ は つき ませ ん 。

ならば   これ から 私 の する 質問 に 正直に 答えよ 。

まず   その 女 。 私 ?

好きな 男子 の 名前 を 言い なさい 。

え ?  なんだ よ   それ 。 まいっちゃ う なぁ 。

私 も 含めて 。 なんで 仙人 まで 入れる …。

男子 は 黙って なさい ! はい !

え ~  ちょっと 無理だ よ 。 ハズ い じゃ ん 。

おい !  魔 王 を 倒す ため な んだ から 言えよ 。

やめろ よ 。 別に 誰 も 気 に して ない から →

言い なさい 。 え ~  もう や だ よ   そんな の さ 。

よし わかった 。  男子 は 目 を つぶれ 。 はい !

ほら   そこ の ホクロ 。  薄 目 を 開ける な 。 バレ た   バレ た !

はい   で は   指さして 。

はい   わかり ました !  そんな …。

誰 だった んだ   おい ! 言え   言え !  誰 だった んだ !

通って よし 。 はい ! 誰 だ よ 。

( ダンジョー ) 俺 だ と したら かなり の 年 の 差 婚 だ 。

悪い が 断っちゃ うよ   ムラサキ 。  ワハハハ !

続いて   そこ の 大 男 !

名前 を 言い なさい 。 俺 の 名 は   ダンジョー 。

正直だ 。  通って よし 。

えっ   そんな ん で いい の ? おい   案外 チョロ いな   仙人 な 。

続いて   勇者 よ 。 はい 。

勇者 の 使命 と は   なんだ ? 私 の 使命 は   魔 王 を 倒す こと です 。

うん   正直だ 。  通って よし 。

それ   最初に 言った じゃ ん 。 そ したら 疑った じゃ ん   あなた 。

最後に   ホクロ 。

なんだ ?  歳 でも 言えば いい の か ? え ?  おい 。

わし を 大 爆笑 さ せろ 。

なぜに   前 の 3 人 より ハードル が 高い ?

( ムラサキ ) あいつ   ノロ く ね ?

かすかに 聞こえた 。 大 爆笑 さ せろ と 。

それ は 無理 難題 だ ねぇ 。

( ダンジョー ) 頑張って る なぁ 。

( ムラサキ ) しかし 仙人   クスリ と も せ ず 。

ハハハハ !

来ちゃ った 。

すげ え じゃ ん 。  何   言った の ?

苦し紛れに   ゲラ の 呪文 かけて みた 。 効いた の か ?

ゲラ って   な んです か ? そう か   ヨシヒコ 知ら なかった な 。

とにかく   人 を 笑わ せる 呪文 だ 。

すごい … 敵 を 笑わ せて 倒す んです ね 。

私 に も かけて ください 。 出た よ 。

うむ   よかろう 。  ゲラ !

何 か 言って ください 。

それでは   先ほど 仙人 を 爆笑 に 陥れた   極上 の ネタ を …。

ハハハハ !

まだ だ   まだ だ ヨシヒコ   早い 早い 。

まだ だ   まだ だ   ヨシヒコ 。 おい   これ 笑われて も 怖い 。

さすが だ な   ヨシヒコ 。

食 材 は 手 に 入れた が   料理 は 腕 だ 。

調理 法 を 入念に 調べて 作る 必要 が ある ぞ 。

花 の 命 を いただいた 料理 。 絶対 に 失敗 など …。

はい   ご 注文 は ?

かけ そば を 1 杯 。

ごめん   うち   パスタ 屋 な んだ けど 。

1 杯 で いい んです 。 2 人 で 分け ます から 。

いや   あの ね …。 1 杯 で …。

ゴホッ   ゴホッ …。

お 願い し ます 。  ゴホッ …。

かしこまり ました !

今日 も   かけ そば か …。

ごめん ね 。 父ちゃん の 病気 が 治れば →

おいしい もの   たくさん 食べ させて あげ られる のに ね 。

どう やったら 治る の ?

ハロハロ 鳥 の 丸焼き と ポクチー の 花 を 食べれば →

即効 …  つか   超 即効 で 治る んだ よ 。

食べ させれば いい のに 。

なかなか 手 に 入ら ない んだ よ 。

だから 私 たち は   ずっと かけ そば 1 杯 な んだ よ 。

え ~ ん   え ~ ん 。

なんだ よ   この 超 とって つけ 話 。

カイザー も   ガキ っぽい 罠 を 仕掛けて くる もん だ 。

あんな の に ひっかかる やつ が いる と は …。

ヨシヒコ ?  あら ら ら   ヨシヒコ ?

お 母さん   これ で お 父さん を 治して あげて ください 。

これ は   ハロハロ 鳥 と ポクチー の 花 。

ダメだ   ヨシヒコ ! いい んです !

さ ぁ   持っていって ください 。

今 すぐ 帰って お 父さん を 治して あげて ください 。

ありがとう ございます 。

おい …  速い 。

えっ …  あっという間 すぎて →

何 が 起きた か わかん ない んだ けど 。

あの ね 貧しい 親子 に あげちゃ った 。

なぜ だ !

よかった 。  本当に よかった 。

あの 親子   カイザー の 差し金 な んだ よ 。

え ?

芝居   すごい ヘタ だった じゃ ん 。

そんな わけない 。

まっすぐ か …。

はい   どうぞ 。

簡単に 渡し ました よ   あの バカ 兄貴 。

わかって た 。 仕事 に 戻って いい わ よ 。

はい 。

( カイザー ) そろそろ   ゲーム は 終わり かい ?

そもそも   ハロハロ 鳥 も ポクチー も 存在 なんか し ない んだ ろ ?

だって これ   どう 見て も オウム だ ぜ 。

ねぇ ヒサ   バカな 兄貴 を もてあそんで そんなに 楽しい の かい ?

まだ よ 。

絶対 に … 絶対 に 許さ ない んだ から 。

どう する んだ   ヨシヒコ 何も 作ら ん わけに は いかん ぞ 。

わかって ます 。

逆に   魔法 の 絨毯 あきらめる ?

何の 逆だ よ ? 適当な こと   言って んじゃ ねえ ぞ 。

ん ~  ヨシヒコ   どう する んだ ?

それでは   先 に シェフ から 。

はい 。 ハロハロ 鳥 の ロースト   ポクチー 添え です 。

出た 。

ま ぁ   私 の 大 好物 よ 。

う ~ ん   いただき ます 。

うん 。

なんて   おいしい の かしら 。

ヒサ は   これ が 大 好物 だ から ね 。

これ 以上 おいしい もの が ある かしら ?

続いて   ヨシヒコ 様 。

マジ   にぎりめし か ?

ん ?  何 ?

これ   クソデカ い にぎりめし じゃ ない 。 勘弁 して よ 。

私 に は これ しか 作れ ませ ん でした 。

どう すんだ よ   魔法 の 絨毯 。

何 これ   もう 塩 の 味 しか しね え じゃ ん 。

ヒサ   食べ なくて いい から 。 塩 で 握って る だけ な んだ ぜ 。

具 も 入って ない んだ ぜ 。

もう マジ   ペッ て して いい から 。 まずい から 。

ん ?

兄 様 の …  おにぎり だ 。

いつも   兄 様 が 握って くれた … おにぎり だ 。

(( お腹 が 空いた よ ぉ 。 ヒサ   これ でも 食べろ 。

兄 様 。

おいしい 。

誕生日 おめでとう って みんな が 花 くれた 。

そう か 。  よし   俺 から も 誕生日 の お 祝い だ 。

わ ぁ   兄 様 の にぎりめし だ 。

大丈夫 か   ヒサ 。 これ でも 食べて 元気だ せ 。

兄 様 ))

兄 様 。 ヒサ 。

ん ?  これ は   でも うち の シェフ の 勝ち だ よ ね 。

ヒサ は …。

ヒサ は 兄 様 に 魔法 の 絨毯 を お 渡し し ませ ん 。

はい 。  君 たち   負け ~!

だって   魔 王 の ところ に なんか 行ったら …。

兄 様 が 死んじゃ う …。 ヒサ …。

兄 様 を 魔 王 の ところ に なんか 行か せ たく ない !

それ で 魔法 の 絨毯 を 買い取った の か よ 。

ヒサ は   ずっと …。

ずっと 兄 様 と 一緒だった のです よ 。

ヒサ …。

私 は 勇者 だ 。

魔 王 を 倒し   必ず 故郷 へ 帰る 。

ウソ です !

魔 王 は   今 まで の 敵 と は 違い ます 。

違って も 倒す !

その ため に 装備 も 揃えて きた 。

ヒサ …。

私 は 絶対 に お前 を ひとり に は し ない 。

私 は 勇者 だ 。

行か せて くれ …。

世界 の 平和 の ため な んだ 。

兄 様 …。

約束 です よ 。

( ムラサキ ) オークション で 見た の と 違う 。

あれ は   盗難 防止 の レプリカ です 。

これ が   本物 の 魔法 の 絨毯 …。

ありがとう   ヒサ …。

一 足先 に   カボイ に 帰り お 待ち して おり ます 。

あれ ?  僕たち … 愛 の ない 結婚 だった の ?

はい 。 あっ …。

兄 様 …。

必ず 生きて …。

生きて   お 戻り ください 。

ああ …  必ず 。

必ず だ 。

これ   全員   乗れる ?

ま ぁ   立ち じゃ ん ? 立ち か ぁ 。

しんどい なぁ 。 贅沢   言う な 。

この 辺り で 乗って み ます か ? ああ   そう だ な 。

そう 簡単に 魔 王 の 城 に 渡れる と 思う な よ 。

何者 だ ?

俺 は   魔 王 の 城 の 門番   バッカス だ !

魔 王 を 倒さん と する 勇者 よ 。

この 俺 を 倒さ ねば 魔 王 の 顔 は 拝め ん ぞ 。

ならば   倒す まで だ 。

いい の か な ?  俺 は 魔法 戦士 だ ぞ 。

なんだ と ?

あっ   これ は   敵 を 仲間 に 引き入れる 呪文   ルフィーン !

( ムラサキ ) ただ   力 弱 ぇ 。

( ダンジョー ) か からんで 済む な 。

だ よ ね 。  かかる と 思った 。

ハハハハ !

リーダー の 勇者 が 引っ張り 込めれば →

もう   こちら の もの だ 。 はい   バッカス 様 。

しっかり しろ   ヨシヒコ !

ダメだ 。  ヨシヒコ   ルフィーン の 呪文 に 完全に かかって る 。

気 を つけ !  休め !

気 を つけ !

こう なれば もう   俺 が 手 を 汚す まで も ない 。

やれ   ヨシヒコ 。

やって しまえ ! は はっ !

エイ !  エイ !

ん ?  どうした ?

ハッハッハッ !

そう だ   ヨシヒコ ! ドジョウ を すくう のだ !

どんどん   すくえ ! 一 匹   残らず …。

何 して ん の ?  お前 。

その 子   そういう 子 です よ 。

どうした ? なんで   ドジョウ すくい だ ?

やれ って 言わ れた から …。 宴会 芸 を 。

うん …  わかった 。

俺 の 言葉 が 悪かった のな 。

はい   悪かった です 。

よし   わかった 。

エイ !

気 を つけ !  休め !

気 を つけ !

気 を つけ !  休め !

気 を つけ !

ハッハッハッ !

やつ ら に 襲いかかる のだ ! は はっ !

イェ ~ イ !

ヨシヒコ …  やめ ん か   ヨシヒコ !

やめろ !  やめろ ~!

タイム タイム   タイム タイム ! あいつ   全部   のる な 。

さては   いい やつ だ な ?

また …  言葉   悪かった ?

悪かった です 。

襲え と 言う と ああいう こと に なり ます 。

だ よ ね ?  わかる 。

そして  2 人 と も バカだ な   これ 。

オッケー 。  なら   こう しよう 。

2 人 で   同時に 行こう 。

気 を つけ !  休め !

気 を つけ ! 気 を つけ !

気 を つけ !

ハッハッハッ !

バッカス   ヨシヒコ   分身 の 術 !

ブ ~ ン !

ブ ~ ン ! ブ ~ ン !

ずっと 2 人 だ よ 。 ほら   ずっと 2 人 だ よ 。

ブ ~ ン ! アホ   現れた 。  アホ   現れた 。

ハッハッハッ !  どう だ ?  どれ が 本物 か 見分け が つか ない だろう 。

わかる よ 。  お前 じゃ ねえ か   ほら 。

ブ ~ ン ! ブ ~ ン !

ほら   ここ だ よ 。 ブ ~ ン ! ブ ~ ン !

ノリ ノリ じゃ ねえ か 。  なんで 楽し そうな んだ   お前   そんなに 。

( ムラサキ ) ヨシヒコ   ほら   もう 斬れ って 。

気づけ よ   早く !  ヨシヒコ ! ( メレブ ) 楽し そうな んだ よ   お前 は 。

はっ !  で や ~ っ ! うわ ~ っ !

貴 様 ら …。

魔 王 の 城 に 渡って も …。

死ぬ だけ …  だ ぞ …。

狭 っ 。 近い 。 ちょ …  狭 っ 。

よっ ! 押す な よ 。

ここ が 魔 王 の 城 か …。

行け   勇者 ヨシヒコ よ 。

私 が 案内 できる の は   ここ まで だ 。

行き ましょう 。



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

( ムラサキ ) 空 飛ぶ 絨毯 か …。

今 まで の 武器 と か 防 具 は 信憑性 あった けど →

空 飛ぶ 絨毯 は なぁ …。

( メレブ ) ただ   あの 仏 いいかげん だ けど →

ウソ は つか ねえ んだ よ な 。

( ヨシヒコ ) それ が ない と 魔 王 の 城 へ は 行け ない 。

で   アマネ の 村 が 。 ( メレブ ) ここ か …。

( ダンジョー ) ここ は   どうやら 文化 が 違う ようだ な 。

魔 王 の 手 の 者 が こちら に 文化 を 持ち込んで いる か 。

魔物 を 送り込む だけ で なく 侵略 を 始めよう と して いる の か 。

オークション が 始まる よ ~!

世界 の 珍品 を 集めた オークション だ よ ! 世界 の 珍品 か 。

売って ます か ね ? 空 飛ぶ 絨毯 。

売り物 って こと は ないだ ろ 。

間違い なく 化け物 が 持って る と か でしょ 。

行って み ましょう か 。 うむ 。

話題 の 流れ   無視 で いく のな 。

それでは 水切 り で 20 発 くらい いき そうな →

なんか いい 感じ に 平らな 石 12 ゴールド で 落札 。

続いて は 世にも 珍しい お茶 の 葉 です 。

お茶 いれた とき 茶柱 が 立つ 確率  56%。

半端 ! お 買い求め に なって →

1 日 おき に   ハッピーな 気分 に なって は いかがでしょう 。

1 ゴールド 。 2 ゴールド 。 いい よ   買わ なくて 。

なんで お茶   買おう と する んだ よ 。

おい   ヨシヒコ 。 お茶 やら 石 やら →

四葉 の クローバー の 束 やら そんな 流れだ ぞ 。

ここ は   あきらめて 洋風 の 食事 で もし に 行か ない かい ?

この お茶 の 葉 そちら の 男性 が  5 ゴールド で 落札 。

何   悔しがって んだ 。 続いて は   こちら の 魔法 の 絨毯 。

空 が 飛べ ます ! きた ね !

流れ 関係なく   きた ね ! 買い ましょう 。

それでは   この 魔法 の 絨毯 1億 ゴールド から 。

なんだ と ! 1億 ゴールド !?

どう する ? 魔物 でも 倒し に 行く か !?

いや … 3 年間   休み なく 倒し 続けて も →

貯 め られ ない 金額 です 。 ああ 。

1億 ゴールド 持って る やつ は そう そう お らんだ ろ 。

買い手 が なければ   チャンス は くる 。 さ ぁ  1億 から   ないか ?

3億 ゴールド 。

3億!?

はい   即決 ! 魔法 の 絨毯   そちら の 女性 に 落札 。

かわいい …。

ヒサ ! 誰 ?  誰 ?

カボイ の 村 に 残して きた 私 の 妹 です 。

(3 人 ) 妹 !?

ヒサ !

( ヒサ ) あら 兄 様 で は ございませ ん か 。

何 を して る んだ   こんな ところ で 。

私 は …。 これ は これ は   ご 主人 様 。

私 は   この 方 の 妻 と なり ました 。

( カイザー ) そうです 。  この カイザー 伯爵 の 妻 と なった のです 。  ねぇ ~。

伯爵 …。

あなた が   ヒサ の 兄 様 …。 なんて 汚い 格好 を 。

そんな 格好じゃ お 屋敷 に 入れ ない よ 。

ヒサ   その 絨毯 を 譲って くれ ない か 。

その 絨毯 さえ あれば 魔 王 の 城 へ 渡る こと が できる んだ 。

そして   魔 王 を 倒せば 世界 の 平和 を 取り戻せる んだ 。

妹 な んだ もん 。 譲って くれる よ ね ?

さ ぁ   ヒサ は なんて 答える かな ? 嫌です 。

( ヨシヒコ たち ) え ? なぜ だ ?  なぜ な んだ   ヒサ !

嫌な もん は 嫌な んです 。 さっさと お 帰り なさい 。

じゃあ  3億 ゴールド 出して 買った けど 台所 マット に でも しちゃ おう か 。

台所 で 飛びまわっちゃ おう か 。 もし   これ が 欲しければ →

10億 ゴールド   持って らっしゃい 。

どうした ん だ   ヒサ 。

お前 は そんな 子 じゃ なかった はずだ !

そんな 子 ?  私 は もう 子供 じゃ なく って よ   兄 様 。

待って くれ   ヒサ ! それ でも 妹 かよ !

それ じゃあ   チャンス を 与え ます 。

与え ます って … 妹 の 分 際 で 偉 そうに 。

明日 の 夕食   カイザー 家 の シェフ より →

おいしい 料理 を 私 に 食べ させる こと が できたら →

譲って あげて も いい わ 。

それ は 難しい ね 。 ヒサ は グルメ だ から ね   グルグルメ だ から ね 。

明日   夜   シェフ と の 対決 。

楽しみに 待って ます から 。

では で は   兄 様 ゆえ の 大 サービス 。

ヒサ 様 は 南 の 山 に 棲 む   ハロハロ 鳥 の ロースト に →

東 の 山 に 咲く 幻 の 花 ポクチー を 添えた もの が →

大 好物 で ございます 。

こちら に 詳細 を 。

では   ご 健闘 を お 祈り いたし ます 。

ヒサ   どうして …。

ハロハロ 鳥 って なんだ ? 聞いた こと ねえ ぞ 。

どうせ   上流 階級 が 好む ような 食 材 な のだろう 。

そのへん の スズメ と か   と っ 捕まえて 食わせた って   わかん ねえ だ ろ 。

甘い ! 彼女 は 超 グルメ と 言って た 。

そう な の ?  ヨシヒコ 。 いや …  そんな 印象 は ない 。

人間 の 舌 は   生活 で 変わる 。 スズメ じゃ ごまかせ ん 。

おい   さすが に 魔 王 の 城 の 近く に なる と   強そうな の 揃う な 。

もう   本当に いる の か よ ~ ハロハロ 鳥 なんて よ ~。

高級 食 材 って 時点 で 数 は 少ない だろう 。

粘り強く   探す しか ない !

お やおや ?  あれ   どう だ ?

いた じゃ ん ! 捕まえ ましょう 。

お ぉ !  捕まえよう !

あれ ?  万が一 に も ない と 思う けど …。

鳥   捕まえる 方法   ノープラン ?

あ …  網 と か 。

網 …  誰 が ?

え ~ っ !  鳥   そう 簡単に 捕ま ん ない ぜ   鳥 !  飛ぶ ぜ ~。

バッサ ~ する ぜ !

よし   呼んで もらおう 。 誰 に ?

鳥 同士 なら   話せる でしょ 。 ねっ ?  キロ 。

生きて た の   その 鳥 !? うん   当たり前じゃ ん 。

私 の ペット だ よ 。 飾り じゃ ない の !?

鳴いて る … 鳴いて る の   見た こと ない よ !

あぁ   無口な 鳥 な んだ 。 無口な 鳥 …。

頼む   ムラサキ 。 うん 。

さ ぁ   キロ   呼んで !

ピ ~ ヨ ~!  ピヨ   ピヨ   ピヨピヨ !

ウソ だ ろ !? ピヨヨヨ ~  ピ ~  ピ ~  ピ ~。

お前 が 口 で 言って る よ ね ? 口 で …  お前 …。

う っせ え な ! キロ が 鳴いて んじゃ ん よ !

何 言って ん の ?

ピ ~  ピッ   ピッ 。  ピヨヨヨ 。

ウソ だ ろ !? キロ !  よく やった ぞ   キロ !

ピヨピヨピヨ   ピ ~  ピ ~。

幻 の 花   ポクチー か 。 ま ぁ   幻 と は いえ   植物 だ 。

鳥 ほど は 苦労 せ んだろう 。

しかし   この 紙 に よる と その 花 が 咲く 場所 に 行く に は →

死 の 谷 と いう 谷 を 越える 必要 が ある と …。

死 の 谷 ?

「 そこ に は たった 1 つ の 吊り橋 が 架かり →

たもと に 立つ 仙人 が 出す 無理 難題 に →

答える こと が でき なければ 渡る こと が でき ませ ん 」。

そう 書いて ある ね 。 あぁ   仙人 が 出す 無理 難題 か 。

こりゃ   手強 そうだ な 。

いま した ね 。

おそらく   あの 方 が 吊り橋 仙人 でしょう 。

ここ から 先 は   植物 の 楽園 。

やましい 心 を 持った 人間 を 通す わけに は いか ん 。

我々 は 魔 王 を 倒し   世界 の 平和 を 取り戻す ため   戦う 者 。

なんとか 通して いただけ ない でしょう か ?

そんな ウソ なら   誰 でも 言える 。 私 は   ウソ は つき ませ ん 。

ならば   これ から 私 の する 質問 に 正直に 答えよ 。

まず   その 女 。 私 ?

好きな 男子 の 名前 を 言い なさい 。

え ?  なんだ よ   それ 。 まいっちゃ う なぁ 。

私 も 含めて 。 なんで 仙人 まで 入れる …。

男子 は 黙って なさい ! はい !

え ~  ちょっと 無理だ よ 。 ハズ い じゃ ん 。

おい !  魔 王 を 倒す ため な んだ から 言えよ 。

やめろ よ 。 別に 誰 も 気 に して ない から →

言い なさい 。 え ~  もう や だ よ   そんな の さ 。

よし わかった 。  男子 は 目 を つぶれ 。 はい !

ほら   そこ の ホクロ 。  薄 目 を 開ける な 。 バレ た   バレ た !

はい   で は   指さして 。

はい   わかり ました !  そんな …。

誰 だった んだ   おい ! 言え   言え !  誰 だった んだ !

通って よし 。 はい ! 誰 だ よ 。

( ダンジョー ) 俺 だ と したら かなり の 年 の 差 婚 だ 。

悪い が 断っちゃ うよ   ムラサキ 。  ワハハハ !

続いて   そこ の 大 男 !

名前 を 言い なさい 。 俺 の 名 は   ダンジョー 。

正直だ 。  通って よし 。

えっ   そんな ん で いい の ? おい   案外 チョロ いな   仙人 な 。

続いて   勇者 よ 。 はい 。

勇者 の 使命 と は   なんだ ? 私 の 使命 は   魔 王 を 倒す こと です 。

うん   正直だ 。  通って よし 。

それ   最初に 言った じゃ ん 。 そ したら 疑った じゃ ん   あなた 。

最後に   ホクロ 。

なんだ ?  歳 でも 言えば いい の か ? え ?  おい 。

わし を 大 爆笑 さ せろ 。

なぜに   前 の 3 人 より ハードル が 高い ?

( ムラサキ ) あいつ   ノロ く ね ?

かすかに 聞こえた 。 大 爆笑 さ せろ と 。

それ は 無理 難題 だ ねぇ 。

( ダンジョー ) 頑張って る なぁ 。

( ムラサキ ) しかし 仙人   クスリ と も せ ず 。

ハハハハ !

来ちゃ った 。

すげ え じゃ ん 。  何   言った の ?

苦し紛れに   ゲラ の 呪文 かけて みた 。 効いた の か ?

ゲラ って   な んです か ? そう か   ヨシヒコ 知ら なかった な 。

とにかく   人 を 笑わ せる 呪文 だ 。

すごい … 敵 を 笑わ せて 倒す んです ね 。

私 に も かけて ください 。 出た よ 。

うむ   よかろう 。  ゲラ !

何 か 言って ください 。

それでは   先ほど 仙人 を 爆笑 に 陥れた   極上 の ネタ を …。

ハハハハ !

まだ だ   まだ だ ヨシヒコ   早い 早い 。

まだ だ   まだ だ   ヨシヒコ 。 おい   これ 笑われて も 怖い 。

さすが だ な   ヨシヒコ 。

食 材 は 手 に 入れた が   料理 は 腕 だ 。

調理 法 を 入念に 調べて 作る 必要 が ある ぞ 。

花 の 命 を いただいた 料理 。 絶対 に 失敗 など …。

はい   ご 注文 は ?

かけ そば を 1 杯 。

ごめん   うち   パスタ 屋 な んだ けど 。

1 杯 で いい んです 。 2 人 で 分け ます から 。

いや   あの ね …。 1 杯 で …。

ゴホッ   ゴホッ …。

お 願い し ます 。  ゴホッ …。

かしこまり ました !

今日 も   かけ そば か …。

ごめん ね 。 父ちゃん の 病気 が 治れば →

おいしい もの   たくさん 食べ させて あげ られる のに ね 。

どう やったら 治る の ?

ハロハロ 鳥 の 丸焼き と ポクチー の 花 を 食べれば →

即効 …  つか   超 即効 で 治る んだ よ 。

食べ させれば いい のに 。

なかなか 手 に 入ら ない んだ よ 。

だから 私 たち は   ずっと かけ そば 1 杯 な んだ よ 。

え ~ ん   え ~ ん 。

なんだ よ   この 超 とって つけ 話 。

カイザー も   ガキ っぽい 罠 を 仕掛けて くる もん だ 。

あんな の に ひっかかる やつ が いる と は …。

ヨシヒコ ?  あら ら ら   ヨシヒコ ?

お 母さん   これ で お 父さん を 治して あげて ください 。

これ は   ハロハロ 鳥 と ポクチー の 花 。

ダメだ   ヨシヒコ ! いい んです !

さ ぁ   持っていって ください 。

今 すぐ 帰って お 父さん を 治して あげて ください 。

ありがとう ございます 。

おい …  速い 。

えっ …  あっという間 すぎて →

何 が 起きた か わかん ない んだ けど 。

あの ね 貧しい 親子 に あげちゃ った 。

なぜ だ !

よかった 。  本当に よかった 。

あの 親子   カイザー の 差し金 な んだ よ 。

え ?

芝居   すごい ヘタ だった じゃ ん 。

そんな わけない 。

まっすぐ か …。

はい   どうぞ 。

簡単に 渡し ました よ   あの バカ 兄貴 。

わかって た 。 仕事 に 戻って いい わ よ 。

はい 。

( カイザー ) そろそろ   ゲーム は 終わり かい ?

そもそも   ハロハロ 鳥 も ポクチー も 存在 なんか し ない んだ ろ ?

だって これ   どう 見て も オウム だ ぜ 。

ねぇ ヒサ   バカな 兄貴 を もてあそんで そんなに 楽しい の かい ?

まだ よ 。

絶対 に … 絶対 に 許さ ない んだ から 。

どう する んだ   ヨシヒコ 何も 作ら ん わけに は いかん ぞ 。

わかって ます 。

逆に   魔法 の 絨毯 あきらめる ?

何の 逆だ よ ? 適当な こと   言って んじゃ ねえ ぞ 。

ん ~  ヨシヒコ   どう する んだ ?

それでは   先 に シェフ から 。

はい 。 ハロハロ 鳥 の ロースト   ポクチー 添え です 。

出た 。

ま ぁ   私 の 大 好物 よ 。

う ~ ん   いただき ます 。

うん 。

なんて   おいしい の かしら 。

ヒサ は   これ が 大 好物 だ から ね 。

これ 以上 おいしい もの が ある かしら ?

続いて   ヨシヒコ 様 。

マジ   にぎりめし か ?

ん ?  何 ?

これ   クソデカ い にぎりめし じゃ ない 。 勘弁 して よ 。

私 に は これ しか 作れ ませ ん でした 。

どう すんだ よ   魔法 の 絨毯 。

何 これ   もう 塩 の 味 しか しね え じゃ ん 。

ヒサ   食べ なくて いい から 。 塩 で 握って る だけ な んだ ぜ 。

具 も 入って ない んだ ぜ 。

もう マジ   ペッ て して いい から 。 まずい から 。

ん ?

兄 様 の …  おにぎり だ 。

いつも   兄 様 が 握って くれた … おにぎり だ 。

(( お腹 が 空いた よ ぉ 。 ヒサ   これ でも 食べろ 。

兄 様 。

おいしい 。

誕生日 おめでとう って みんな が 花 くれた 。

そう か 。  よし   俺 から も 誕生日 の お 祝い だ 。

わ ぁ   兄 様 の にぎりめし だ 。

大丈夫 か   ヒサ 。 これ でも 食べて 元気だ せ 。

兄 様 ))

兄 様 。 ヒサ 。

ん ?  これ は   でも うち の シェフ の 勝ち だ よ ね 。

ヒサ は …。

ヒサ は 兄 様 に 魔法 の 絨毯 を お 渡し し ませ ん 。

はい 。  君 たち   負け ~!

だって   魔 王 の ところ に なんか 行ったら …。

兄 様 が 死んじゃ う …。 ヒサ …。

兄 様 を 魔 王 の ところ に なんか 行か せ たく ない !

それ で 魔法 の 絨毯 を 買い取った の か よ 。

ヒサ は   ずっと …。

ずっと 兄 様 と 一緒だった のです よ 。

ヒサ …。

私 は 勇者 だ 。

魔 王 を 倒し   必ず 故郷 へ 帰る 。

ウソ です !

魔 王 は   今 まで の 敵 と は 違い ます 。

違って も 倒す !

その ため に 装備 も 揃えて きた 。

ヒサ …。

私 は 絶対 に お前 を ひとり に は し ない 。

私 は 勇者 だ 。

行か せて くれ …。

世界 の 平和 の ため な んだ 。

兄 様 …。

約束 です よ 。

( ムラサキ ) オークション で 見た の と 違う 。

あれ は   盗難 防止 の レプリカ です 。

これ が   本物 の 魔法 の 絨毯 …。

ありがとう   ヒサ …。

一 足先 に   カボイ に 帰り お 待ち して おり ます 。

あれ ?  僕たち … 愛 の ない 結婚 だった の ?

はい 。 あっ …。

兄 様 …。

必ず 生きて …。

生きて   お 戻り ください 。

ああ …  必ず 。

必ず だ 。

これ   全員   乗れる ?

ま ぁ   立ち じゃ ん ? 立ち か ぁ 。

しんどい なぁ 。 贅沢   言う な 。

この 辺り で 乗って み ます か ? ああ   そう だ な 。

そう 簡単に 魔 王 の 城 に 渡れる と 思う な よ 。

何者 だ ?

俺 は   魔 王 の 城 の 門番   バッカス だ !

魔 王 を 倒さん と する 勇者 よ 。

この 俺 を 倒さ ねば 魔 王 の 顔 は 拝め ん ぞ 。

ならば   倒す まで だ 。

いい の か な ?  俺 は 魔法 戦士 だ ぞ 。

なんだ と ?

あっ   これ は   敵 を 仲間 に 引き入れる 呪文   ルフィーン !

( ムラサキ ) ただ   力 弱 ぇ 。

( ダンジョー ) か からんで 済む な 。

だ よ ね 。  かかる と 思った 。

ハハハハ !

リーダー の 勇者 が 引っ張り 込めれば →

もう   こちら の もの だ 。 はい   バッカス 様 。

しっかり しろ   ヨシヒコ !

ダメだ 。  ヨシヒコ   ルフィーン の 呪文 に 完全に かかって る 。

気 を つけ !  休め !

気 を つけ !

こう なれば もう   俺 が 手 を 汚す まで も ない 。

やれ   ヨシヒコ 。

やって しまえ ! は はっ !

エイ !  エイ !

ん ?  どうした ?

ハッハッハッ !

そう だ   ヨシヒコ ! ドジョウ を すくう のだ !

どんどん   すくえ ! 一 匹   残らず …。

何 して ん の ?  お前 。

その 子   そういう 子 です よ 。

どうした ? なんで   ドジョウ すくい だ ?

やれ って 言わ れた から …。 宴会 芸 を 。

うん …  わかった 。

俺 の 言葉 が 悪かった のな 。

はい   悪かった です 。

よし   わかった 。

エイ !

気 を つけ !  休め !

気 を つけ !

気 を つけ !  休め !

気 を つけ !

ハッハッハッ !

やつ ら に 襲いかかる のだ ! は はっ !

イェ ~ イ !

ヨシヒコ …  やめ ん か   ヨシヒコ !

やめろ !  やめろ ~!

タイム タイム   タイム タイム ! あいつ   全部   のる な 。

さては   いい やつ だ な ?

また …  言葉   悪かった ?

悪かった です 。

襲え と 言う と ああいう こと に なり ます 。

だ よ ね ?  わかる 。

そして  2 人 と も バカだ な   これ 。

オッケー 。  なら   こう しよう 。

2 人 で   同時に 行こう 。

気 を つけ !  休め !

気 を つけ ! 気 を つけ !

気 を つけ !

ハッハッハッ !

バッカス   ヨシヒコ   分身 の 術 !

ブ ~ ン !

ブ ~ ン ! ブ ~ ン !

ずっと 2 人 だ よ 。 ほら   ずっと 2 人 だ よ 。

ブ ~ ン ! アホ   現れた 。  アホ   現れた 。

ハッハッハッ !  どう だ ?  どれ が 本物 か 見分け が つか ない だろう 。

わかる よ 。  お前 じゃ ねえ か   ほら 。

ブ ~ ン ! ブ ~ ン !

ほら   ここ だ よ 。 ブ ~ ン ! ブ ~ ン !

ノリ ノリ じゃ ねえ か 。  なんで 楽し そうな んだ   お前   そんなに 。

( ムラサキ ) ヨシヒコ   ほら   もう 斬れ って 。

気づけ よ   早く !  ヨシヒコ ! ( メレブ ) 楽し そうな んだ よ   お前 は 。

はっ !  で や ~ っ ! うわ ~ っ !

貴 様 ら …。

魔 王 の 城 に 渡って も …。

死ぬ だけ …  だ ぞ …。

狭 っ 。 近い 。 ちょ …  狭 っ 。

よっ ! 押す な よ 。

ここ が 魔 王 の 城 か …。

行け   勇者 ヨシヒコ よ 。

私 が 案内 できる の は   ここ まで だ 。

行き ましょう 。


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.