image

ごん狐, 第一章

これ は 、 私 ( わたし ) が 小さい とき に 、 村 の 茂平 ( も へい ) と いう お じいさん から きいた お 話 です 。 むかし は 、 私 たち の 村 の ちかく の 、 中山 ( なか やま ) と いう ところ に 小さな お 城 が あって 、 中山 さま と いう お とのさま が 、 おら れた そうです 。 その 中山 から 、 少し は なれた 山 の 中 に 、「 ご ん 狐 ( ぎ つ ね )」 と いう 狐 が いました 。 ご ん は 、 一 人 ( ひと り ) ぼっち の 小 狐 で 、 しだ の 一 ぱい しげった 森 の 中 に 穴 を ほって 住んで いました 。 そして 、 夜 でも 昼 でも 、 あたり の 村 へ 出て きて 、 いたずら ばかり しました 。 はたけ へ 入って 芋 を ほり ちらしたり 、 菜種 ( なたね ) がら の 、 ほして ある の へ 火 を つけたり 、 百姓 家 ( ひゃくしょう や ) の 裏手 に つるして ある とんがら し を むしり とって 、 いったり 、 いろんな こと を しました 。 或 ( ある ) 秋 ( あき ) の こと でした 。 二 、 三 日 雨 が ふりつづいた その 間 ( あいだ )、 ご ん は 、 外 へ も 出られ なくて 穴 の 中 に しゃがんで いました 。 雨 が あがる と 、 ご ん は 、 ほっと して 穴 から はい出ました 。 空 は からっと 晴れて いて 、 百舌 鳥 ( もず ) の 声 が き ん きん 、 ひびいて いました 。 ご ん は 、 村 の 小川 ( おがわ ) の 堤 ( つつみ ) まで 出て 来ました 。 あたり の 、 すすきの 穂 に は 、 まだ 雨 の しずく が 光って いました 。 川 は 、 いつも は 水 が 少 ( すく な ) い のです が 、 三 日 も の 雨 で 、 水 が 、 どっと まして いました 。 ただ の とき は 水 に つかる こと の ない 、 川べり の すすき や 、 萩 ( はぎ ) の 株 が 、 黄いろく にごった 水 に 横だおし に なって 、 もまれて います 。 ご ん は 川下 ( かわしも ) の 方 へ と 、 ぬかるみ みち を 歩いて いきました 。 ふと 見る と 、 川 の 中 に 人 が いて 、 何 か やって います 。 ご ん は 、 見つから ない ように 、 そうっと 草 の 深い ところ へ 歩き よって 、 そこ から じっと のぞいて みました 。 「 兵 十 ( ひょう じゅう ) だ な 」 と 、 ご ん は 思いました 。 兵 十 は ぼろぼろ の 黒い きもの を まく し 上げて 、 腰 の ところ まで 水 に ひたり ながら 、 魚 を とる 、 はりきり と いう 、 網 を ゆすぶって いました 。 はちまき を した 顔 の 横っちょう に 、 まるい 萩 の 葉 が 一 まい 、 大きな 黒 子 ( ほくろ ) みたいに へばりついて いました 。 しばらく する と 、 兵 十 は 、 はりきり 網 の 一ばん うしろ の 、 袋 の ように なった ところ を 、 水 の 中 から もちあげました 。 その 中 に は 、 芝 の 根 や 、 草 の 葉 や 、 くさった 木ぎれ など が 、 ご ちゃ ご ちゃ は いって いました が 、 でも ところどころ 、 白い もの が きらきら 光って います 。 それ は 、 ふとい うなぎ の 腹 や 、 大きな きす の 腹 でした 。 兵 十 は 、 び く の 中 へ 、 その うなぎ や きす を 、 ごみ と 一しょに ぶち こみました 。 そして 、 また 、 袋 の 口 を しばって 、 水 の 中 へ 入れました 。 兵 十 は それ から 、 び く を もって 川 から 上 ( あが ) り び く を 土手 ( どて ) に おい といて 、 何 を さがし に か 、 川上 ( かわかみ ) の 方 へ かけて いきました 。 兵 十 が い なく なる と 、 ご ん は 、 ぴょ いと 草 の 中 から とび出して 、 び く の そば へ かけつけました 。 ちょいと 、 いたずら が し たく なった のです 。 ご ん は び く の 中 の 魚 を つかみ 出して は 、 はりきり 網 の かかって いる ところ より 下手 ( し もて ) の 川 の 中 を 目がけて 、 ぽんぽん なげこみました 。 どの 魚 も 、「 と ぼん 」 と 音 を 立て ながら 、 にごった 水 の 中 へ もぐりこみました 。 一ばん しまい に 、 太い うなぎ を つかみ に かかりました が 、 何しろ ぬるぬる と すべり ぬける ので 、 手 で は つかめません 。 ご ん は じれったく なって 、 頭 を び く の 中 に つ ッ こんで 、 うなぎ の 頭 を 口 に くわえました 。 うなぎ は 、 キュッ と 言って ご ん の 首 へ まきつきました 。 その とたん に 兵 十 が 、 向 う から 、   「 うわ ア ぬす と 狐 め 」 と 、 どなりたてました 。 ご ん は 、 びっくり して とびあがりました 。 うなぎ を ふりすてて にげよう と しました が 、 うなぎ は 、 ご ん の 首 に まきついた まま は なれません 。 ご ん は そのまま 横っと び に とび出して 一しょう けんめい に 、 にげて いきました 。 ほら 穴 の 近く の 、 はん の 木 の 下 で ふりかえって 見ました が 、 兵 十 は 追っかけて は 来ません でした 。 ご ん は 、 ほっと して 、 うなぎ の 頭 を かみくだき 、 やっと はずして 穴 の そと の 、 草 の 葉 の 上 に のせて おきました 。



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

これ は 、 私 ( わたし ) が 小さい とき に 、 村 の 茂平 ( も へい ) と いう お じいさん から きいた お 話 です 。 むかし は 、 私 たち の 村 の ちかく の 、 中山 ( なか やま ) と いう ところ に 小さな お 城 が あって 、 中山 さま と いう お とのさま が 、 おら れた そうです 。 その 中山 から 、 少し は なれた 山 の 中 に 、「 ご ん 狐 ( ぎ つ ね )」 と いう 狐 が いました 。 ご ん は 、 一 人 ( ひと り ) ぼっち の 小 狐 で 、 しだ の 一 ぱい しげった 森 の 中 に 穴 を ほって 住んで いました 。 そして 、 夜 でも 昼 でも 、 あたり の 村 へ 出て きて 、 いたずら ばかり しました 。 はたけ へ 入って 芋 を ほり ちらしたり 、 菜種 ( なたね ) がら の 、 ほして ある の へ 火 を つけたり 、 百姓 家 ( ひゃくしょう や ) の 裏手 に つるして ある とんがら し を むしり とって 、 いったり 、 いろんな こと を しました 。 或 ( ある ) 秋 ( あき ) の こと でした 。 二 、 三 日 雨 が ふりつづいた その 間 ( あいだ )、 ご ん は 、 外 へ も 出られ なくて 穴 の 中 に しゃがんで いました 。 雨 が あがる と 、 ご ん は 、 ほっと して 穴 から はい出ました 。 空 は からっと 晴れて いて 、 百舌 鳥 ( もず ) の 声 が き ん きん 、 ひびいて いました 。 ご ん は 、 村 の 小川 ( おがわ ) の 堤 ( つつみ ) まで 出て 来ました 。 あたり の 、 すすきの 穂 に は 、 まだ 雨 の しずく が 光って いました 。 川 は 、 いつも は 水 が 少 ( すく な ) い のです が 、 三 日 も の 雨 で 、 水 が 、 どっと まして いました 。 ただ の とき は 水 に つかる こと の ない 、 川べり の すすき や 、 萩 ( はぎ ) の 株 が 、 黄いろく にごった 水 に 横だおし に なって 、 もまれて います 。 ご ん は 川下 ( かわしも ) の 方 へ と 、 ぬかるみ みち を 歩いて いきました 。 ふと 見る と 、 川 の 中 に 人 が いて 、 何 か やって います 。 ご ん は 、 見つから ない ように 、 そうっと 草 の 深い ところ へ 歩き よって 、 そこ から じっと のぞいて みました 。 「 兵 十 ( ひょう じゅう ) だ な 」 と 、 ご ん は 思いました 。 兵 十 は ぼろぼろ の 黒い きもの を まく し 上げて 、 腰 の ところ まで 水 に ひたり ながら 、 魚 を とる 、 はりきり と いう 、 網 を ゆすぶって いました 。 はちまき を した 顔 の 横っちょう に 、 まるい 萩 の 葉 が 一 まい 、 大きな 黒 子 ( ほくろ ) みたいに へばりついて いました 。 しばらく する と 、 兵 十 は 、 はりきり 網 の 一ばん うしろ の 、 袋 の ように なった ところ を 、 水 の 中 から もちあげました 。 その 中 に は 、 芝 の 根 や 、 草 の 葉 や 、 くさった 木ぎれ など が 、 ご ちゃ ご ちゃ は いって いました が 、 でも ところどころ 、 白い もの が きらきら 光って います 。 それ は 、 ふとい うなぎ の 腹 や 、 大きな きす の 腹 でした 。 兵 十 は 、 び く の 中 へ 、 その うなぎ や きす を 、 ごみ と 一しょに ぶち こみました 。 そして 、 また 、 袋 の 口 を しばって 、 水 の 中 へ 入れました 。 兵 十 は それ から 、 び く を もって 川 から 上 ( あが ) り び く を 土手 ( どて ) に おい といて 、 何 を さがし に か 、 川上 ( かわかみ ) の 方 へ かけて いきました 。 兵 十 が い なく なる と 、 ご ん は 、 ぴょ いと 草 の 中 から とび出して 、 び く の そば へ かけつけました 。 ちょいと 、 いたずら が し たく なった のです 。 ご ん は び く の 中 の 魚 を つかみ 出して は 、 はりきり 網 の かかって いる ところ より 下手 ( し もて ) の 川 の 中 を 目がけて 、 ぽんぽん なげこみました 。 どの 魚 も 、「 と ぼん 」 と 音 を 立て ながら 、 にごった 水 の 中 へ もぐりこみました 。 一ばん しまい に 、 太い うなぎ を つかみ に かかりました が 、 何しろ ぬるぬる と すべり ぬける ので 、 手 で は つかめません 。 ご ん は じれったく なって 、 頭 を び く の 中 に つ ッ こんで 、 うなぎ の 頭 を 口 に くわえました 。 うなぎ は 、 キュッ と 言って ご ん の 首 へ まきつきました 。 その とたん に 兵 十 が 、 向 う から 、   「 うわ ア ぬす と 狐 め 」 と 、 どなりたてました 。 ご ん は 、 びっくり して とびあがりました 。 うなぎ を ふりすてて にげよう と しました が 、 うなぎ は 、 ご ん の 首 に まきついた まま は なれません 。 ご ん は そのまま 横っと び に とび出して 一しょう けんめい に 、 にげて いきました 。 ほら 穴 の 近く の 、 はん の 木 の 下 で ふりかえって 見ました が 、 兵 十 は 追っかけて は 来ません でした 。 ご ん は 、 ほっと して 、 うなぎ の 頭 を かみくだき 、 やっと はずして 穴 の そと の 、 草 の 葉 の 上 に のせて おきました 。


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.