image

ごん狐, 第六章

その あくる 日 も ご ん は 、 栗 を もって 、 兵 十 の 家 へ 出かけました 。 兵 十 は 物置 で 縄 ( なわ ) を なって いました 。 それ で ご ん は 家 の 裏口 から 、 こっそり 中 へ はいりました 。 その とき 兵 十 は 、 ふと 顔 を あげました 。 と 狐 が 家 の 中 へ はいった では ありません か 。 こない だ うなぎ を ぬすみ や がった あの ご ん 狐 め が 、 また いたずら を し に 来た な 。 「 ようし 。」 兵 十 は 立ちあがって 、 納屋 ( なや ) に かけて ある 火縄銃 ( ひなわじゅう ) を とって 、 火薬 を つめました 。 そして 足音 を しのばせて ちかよって 、 今 戸口 を 出よう と する ご ん を 、 ドンと 、 うちました 。 ご ん は 、 ば たり と たおれました 。 兵 十 は かけよって 来ました 。 家 の 中 を 見る と 、 土間 ( どま ) に 栗 が 、 かためて おいて ある の が 目 に つきました 。 「 おや 」 と 兵 十 は 、 びっくり して ご ん に 目 を 落しました 。 「 ご ん 、 お前 ( まい ) だった の か 。 いつも 栗 を くれた の は 」   ご ん は 、 ぐったり と 目 を つぶった まま 、 うなずきました 。 兵 十 は 火縄銃 を ば たり と 、 とり 落しました 。 青い 煙 が 、 まだ 筒 口 ( つつ ぐち ) から 細く 出て いました 。



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

その あくる 日 も ご ん は 、 栗 を もって 、 兵 十 の 家 へ 出かけました 。 兵 十 は 物置 で 縄 ( なわ ) を なって いました 。 それ で ご ん は 家 の 裏口 から 、 こっそり 中 へ はいりました 。 その とき 兵 十 は 、 ふと 顔 を あげました 。 と 狐 が 家 の 中 へ はいった では ありません か 。 こない だ うなぎ を ぬすみ や がった あの ご ん 狐 め が 、 また いたずら を し に 来た な 。 「 ようし 。」 兵 十 は 立ちあがって 、 納屋 ( なや ) に かけて ある 火縄銃 ( ひなわじゅう ) を とって 、 火薬 を つめました 。 そして 足音 を しのばせて ちかよって 、 今 戸口 を 出よう と する ご ん を 、 ドンと 、 うちました 。 ご ん は 、 ば たり と たおれました 。 兵 十 は かけよって 来ました 。 家 の 中 を 見る と 、 土間 ( どま ) に 栗 が 、 かためて おいて ある の が 目 に つきました 。 「 おや 」 と 兵 十 は 、 びっくり して ご ん に 目 を 落しました 。 「 ご ん 、 お前 ( まい ) だった の か 。 いつも 栗 を くれた の は 」   ご ん は 、 ぐったり と 目 を つぶった まま 、 うなずきました 。 兵 十 は 火縄銃 を ば たり と 、 とり 落しました 。 青い 煙 が 、 まだ 筒 口 ( つつ ぐち ) から 細く 出て いました 。


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.