image

ごん狐, 第二章

十 日 ( とお か ) ほど たって 、 ご ん が 、 弥 助 ( や すけ ) と いう お 百姓 の 家 の 裏 を 通りかかります と 、 そこ の 、 いちじく の 木 の かげ で 、 弥 助 の 家内 ( かない ) が 、 お はぐ ろ を つけて いました 。 鍛冶屋 ( かじ や ) の 新 兵衛 ( し ん べ え ) の 家 の うら を 通る と 、 新 兵衛 の 家内 が 髪 を すいて いました 。 ご ん は 、   「 ふ ふん 、 村 に 何 か ある んだ な 」 と 、 思いました 。 「 何 ( なん ) だろう 、 秋 祭 か な 。 祭 なら 、 太鼓 や 笛 の 音 が し そうな もの だ 。 それ に 第 一 、 お 宮 に のぼり が 立つ はずだ が 」   こんな こと を 考え ながら やって 来ます と 、 いつ の 間 ( ま ) に か 、 表 に 赤い 井戸 の ある 、 兵 十 の 家 の 前 へ 来ました 。 その 小さ な 、 こわれ かけた 家 の 中 に は 、 大勢 ( おおぜい ) の 人 が あつまって いました 。 よそいき の 着物 を 着て 、 腰 に 手拭 ( てぬぐい ) を さげたり した 女 たち が 、 表 の かまど で 火 をたいて います 。 大きな 鍋 ( なべ ) の 中 で は 、 何 か ぐずぐず 煮えて いました 。 「 ああ 、 葬式 だ 」 と 、 ご ん は 思いました 。 「 兵 十 の 家 の だれ が 死んだ んだろう 」   お 午 ( ひる ) が すぎる と 、 ご ん は 、 村 の 墓地 へ 行って 、 六 地蔵 ( ろく じぞう ) さん の かげ に かくれて いました 。 いい お 天気 で 、 遠く 向 うに は 、 お 城 の 屋根 瓦 ( やね が わら ) が 光って います 。 墓地 に は 、 ひがん 花 ( ば な ) が 、 赤い 布 ( きれ ) の ように さき つづいて いました 。 と 、 村 の 方 から 、 カーン 、 カーン 、 と 、 鐘 ( かね ) が 鳴って 来ました 。 葬式 の 出る 合図 ( あいず ) です 。 やがて 、 白い 着物 を 着た 葬 列 の もの たち が やって 来る の が ちらちら 見え はじめました 。 話 声 ( はなしごえ ) も 近く なりました 。 葬 列 は 墓地 へ は いって 来ました 。 人々 が 通った あと に は 、 ひがん 花 が 、 ふみ おられて いました 。 ご ん は のびあがって 見ました 。 兵 十 が 、 白い かみしも を つけて 、 位牌 ( いはい ) を ささげて います 。 いつも は 、 赤い さつま芋 ( いも ) みたいな 元気 の いい 顔 が 、 きょう は 何だか しおれて いました 。 「 は はん 、 死んだ の は 兵 十 の おっ母 ( か あ ) だ 」   ご ん は そう 思い ながら 、 頭 を ひっこめました 。 その 晩 、 ご ん は 、 穴 の 中 で 考えました 。 「 兵 十 の おっ母 は 、 床 ( とこ ) に ついて いて 、 うなぎ が 食べたい と 言った に ちがいない 。 それ で 兵 十 が はりきり 網 を もち出した んだ 。 ところが 、 わし が いたずら を して 、 うなぎ を とって 来て しまった 。 だから 兵 十 は 、 おっ母 に うなぎ を 食べ させる こと が でき なかった 。 そのまま おっ母 は 、 死んじゃった に ちがいない 。 ああ 、 うなぎ が 食べたい 、 うなぎ が 食べたい と おもい ながら 、 死んだ んだろう 。 ちょ ッ 、 あんな いたずら を し なけりゃ よかった 。」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

十 日 ( とお か ) ほど たって 、 ご ん が 、 弥 助 ( や すけ ) と いう お 百姓 の 家 の 裏 を 通りかかります と 、 そこ の 、 いちじく の 木 の かげ で 、 弥 助 の 家内 ( かない ) が 、 お はぐ ろ を つけて いました 。 鍛冶屋 ( かじ や ) の 新 兵衛 ( し ん べ え ) の 家 の うら を 通る と 、 新 兵衛 の 家内 が 髪 を すいて いました 。 ご ん は 、   「 ふ ふん 、 村 に 何 か ある んだ な 」 と 、 思いました 。 「 何 ( なん ) だろう 、 秋 祭 か な 。 祭 なら 、 太鼓 や 笛 の 音 が し そうな もの だ 。 それ に 第 一 、 お 宮 に のぼり が 立つ はずだ が 」   こんな こと を 考え ながら やって 来ます と 、 いつ の 間 ( ま ) に か 、 表 に 赤い 井戸 の ある 、 兵 十 の 家 の 前 へ 来ました 。 その 小さ な 、 こわれ かけた 家 の 中 に は 、 大勢 ( おおぜい ) の 人 が あつまって いました 。 よそいき の 着物 を 着て 、 腰 に 手拭 ( てぬぐい ) を さげたり した 女 たち が 、 表 の かまど で 火 をたいて います 。 大きな 鍋 ( なべ ) の 中 で は 、 何 か ぐずぐず 煮えて いました 。 「 ああ 、 葬式 だ 」 と 、 ご ん は 思いました 。 「 兵 十 の 家 の だれ が 死んだ んだろう 」   お 午 ( ひる ) が すぎる と 、 ご ん は 、 村 の 墓地 へ 行って 、 六 地蔵 ( ろく じぞう ) さん の かげ に かくれて いました 。 いい お 天気 で 、 遠く 向 うに は 、 お 城 の 屋根 瓦 ( やね が わら ) が 光って います 。 墓地 に は 、 ひがん 花 ( ば な ) が 、 赤い 布 ( きれ ) の ように さき つづいて いました 。 と 、 村 の 方 から 、 カーン 、 カーン 、 と 、 鐘 ( かね ) が 鳴って 来ました 。 葬式 の 出る 合図 ( あいず ) です 。 やがて 、 白い 着物 を 着た 葬 列 の もの たち が やって 来る の が ちらちら 見え はじめました 。 話 声 ( はなしごえ ) も 近く なりました 。 葬 列 は 墓地 へ は いって 来ました 。 人々 が 通った あと に は 、 ひがん 花 が 、 ふみ おられて いました 。 ご ん は のびあがって 見ました 。 兵 十 が 、 白い かみしも を つけて 、 位牌 ( いはい ) を ささげて います 。 いつも は 、 赤い さつま芋 ( いも ) みたいな 元気 の いい 顔 が 、 きょう は 何だか しおれて いました 。 「 は はん 、 死んだ の は 兵 十 の おっ母 ( か あ ) だ 」   ご ん は そう 思い ながら 、 頭 を ひっこめました 。 その 晩 、 ご ん は 、 穴 の 中 で 考えました 。 「 兵 十 の おっ母 は 、 床 ( とこ ) に ついて いて 、 うなぎ が 食べたい と 言った に ちがいない 。 それ で 兵 十 が はりきり 網 を もち出した んだ 。 ところが 、 わし が いたずら を して 、 うなぎ を とって 来て しまった 。 だから 兵 十 は 、 おっ母 に うなぎ を 食べ させる こと が でき なかった 。 そのまま おっ母 は 、 死んじゃった に ちがいない 。 ああ 、 うなぎ が 食べたい 、 うなぎ が 食べたい と おもい ながら 、 死んだ んだろう 。 ちょ ッ 、 あんな いたずら を し なけりゃ よかった 。」


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.