image

冴えない彼女の育てかた, Saenai Heroine No Sodatekata Episode 2

ある 春 の 日

俺 は 運命 と 出合い 昔 から の 夢 を 思い出し た

笑え て 萌 え て 感動 する ギャルゲー を 作る こと

そして 誰 も が 胸 を ときめか せる メイン ヒロイン を 生み出す こと

そう あの 時 の 彼女 の よう な

そんな 夢 に 目覚め た 俺 に 最初 周囲 の 反応 は 冷たかった

けれど 諦め ず 夢 を 語り 続ける うち

一 人 また 一 人 と 戻って き て くれ た 仲間 たち

やがて 運命 の 彼女 と も 劇的 な 再会 を 果たし た 俺 は

その 壮大 なる 夢 へ の 一 歩 を 踏みだし …

前回 の 粗筋 で いきなり 大 嘘 つい てん じゃ な いわ よ

お前 こそ ナレーション に キャラクター が ツッコ む と か

アニメ の セオリー 無視 す ん な よ

放課後 二 人 で 過ごし た 教室

机 の 上 夢中 で はずむ 君 の 声

鈍感 な 君 の その 態度 が

いつも 私 を 意地悪 に さ せる の

ひとりぼっち だ と 思う 時 も ある

涙 止め られ ない 日 も ある

本当 の 私 を 見つめ て ほしい の

きっと 伝わる と 信じ て いる よ

君 は いつ だって いつ だって 変わら ない から

私 が 何 回 も 何 回 も シグナル 送って あげる

夢見 た あの 丘 目指し て

くじけ そう な 時 も 頑張れ そう だ よ

君 が いる から

なあ 加藤

うん ? 何 ?

今 まで 気付か なかった けど

加藤 って 結構 カワイイ な

ありがとう でも 安芸 君 が 気付か なかった の って

私 が カワイイ と か じゃ なく て 私 の 存在 そのもの だ よ ね

まあ な …

豊 ヶ 崎 学園 2 年 B 組 加藤 恵

1 年 の 時 から 同じ クラス で

結構 距離 の 近い 女の子

お 待た せ し まし た

レア チーズケーキ お 願い し ます

こうして 見 て みる と 間違い なく カワイイ

かしこまり まし た

目鼻立ち は 整って て 背 も 低から ず 高から ず

肌 も まあまあ きめ細かく

出る ところ は そこそこ 出 て 引っ込む ところ も なかなか 引っ込 ん でる

いや カワイイ の は 当然 だ

俺 は この 子 に 運命 さえ 感じ た ん だ から

なのに …

頼 ん で ない です けど

今 の この あまりに 薄い 存在 感 は 何 な ん だ

大変 失礼 いたし まし た

それ じゃ いただき ます

おごって もらっちゃ って 悪い ね

こっち こそ 急に 誘って 悪かった な

いい よ 今日 は 特に 用事 も なかった し

そう いえ ば さ あの 時 の 帽子 って どう し た

あれ なら 親戚 の 子 に あげ た よ

いとこ の 子 が 遊び に 来 て ね

何 か 気 に 入った みたい だ から

帰り際 に お土産 に って

俺 と の 運命 の 出会い の 価値 は 親戚 へ の 義理 以下 です か そう です か

何 ?

い や ぁ あの 時 は す っご い 偶然 だった よ なって

安芸 君 の 方 も ちゃんと 私 の こと 気付 い て くれ て たら

偶然 だった かも ね

いやいや 加藤 の 記憶 力 が すごい ん だ って

俺 み たい な 目立た ない オタク の こと なんか 覚え て た ん だ から

オタク って の は 認める けど

目立た ない って 言わ れ て も 困る よ

何で ?

だって 俺 なんか どこ に でも いる 何 の 変哲 も ない …

だって 安芸 君 うち の 学校 の 3 大 有 名人 の 一 人 に 数え られ てる し

何 それ

図書 室 に ラノベ 入れ た り

学園 祭 で アニメ 上映 会 やったり

安芸 倫也 って 名前 を 知ら ない 人 は うち の 学校 に は い ない よ

何て こと だ

これほど まで オタク 人口 が 増え た 今 に なって も

世間 は まだ 俺 たち に 対 し て 悪い 意味 で 注目 し てる と いう の か

別に オタク 全般 の 話 を し てる ん じゃ ない ん だ けど

全然 知ら なかった そんなに 有名 人 だった の か 俺

でも そんな 安芸 君 と は 逆 に

私 って 地味 な ん だ よ ね

地味 … だ と

いや だ から 頼 ん で ない って

特に 成績 が いい わけ で も ない し

部活 に も 入って ない し

申し訳 あり ませ ん 申し訳 あり ませ ん

クラス 委員 と か も やった こと ない し

友達 も そんなに いる わけ じゃ ない し

だから って 今 以上 に たくさん 作 ろ う って 気 も ない し

だから まあ 安芸 君 に 覚え て もらえ ない の も 仕方ない …

違う

加藤 お前 は 地味 なんか じゃ ない

ちょっと 急に どう し た の

自分 の こと 地味 だ なんて 言う な

そんな ふう に 間違った イメージ で 自分 を 決め付ける の は やめろ

加藤 俺 が 保証 して やる

お前 は 地味 なんか じゃ ない

安芸 君 …

お前 は キャラ が 死 ん でる ん だ よ

ただ 単に キャラ が 立って ない だけ な ん だ よ

中途半端 な ん だ よ

だから 目立た ない ん だ よ

あの … ちょっと いい かな

何 だ

それ 地味 って より も ひどく ない ?

当たり前 だ

地味 キャラ を なめる な よ 加藤

あれほど 立った キャラクター って の も なかなか ない ん だ ぞ

例えば 三 つ 編み 眼鏡 そば かす

そんな 地味 で 地味 で しょうがない 要素 が 積み重なって いけ ば

それ は 人 を 引きつける 魅力 に なる ん だ

キャラクター が 立つ ん だ よ

加藤

お前 に そんな 一 度 見 たら 忘れ られ ない 特徴 が ある と でも いう の か

ない じゃ ん 全然 ない じゃ ん

お前 最初 から そこそこ カワイイ じゃ ん

ギャップ と か 何も ない じゃ ん

それ で 無 個性 と か もう どう し たら い い ん だ よ

えっ と … もう 一 個 いい かな

何 だ よ

そこ まで 言わ れる 筋合い は ない って の は さておき

これ で どう だ

違い ます よ

私 が 無 個性 で 安芸 君 が 困る こと が ある の

注文 確認 し た ほう が

困る よ 超 困る

加藤 お前 は 特別 じゃ なきゃ 駄目 な ん だ よ

キャラ が 立って なく ちゃ いけない ん だ よ

それ って どういう 理由 で

だって お前 は

俺 の メイン ヒロイン に なる はず の 女の子 だった ん だ から

えっ と 今 私 って 告白 さ れ てる

俺 が 加藤 に ? 何で

だ よ ね

今 の 安芸 君 私 に 話し掛け て て も

どこ か 遠く を 見 てる よう な 感じ だった し

遠い の は 距離 じゃ なく て 次元 な ん だ よ

加藤 俺 の 創作 意欲 を 返せ

ごめん いくら なんでも その 流れ は 理解 でき ない

俺 の 嫁 を いや 夢 を 返し て くれよ

それ は ともかく 安芸 君

話 を 逸ら す な よ

安芸 君 って さ も しか して 学校 一 の 美 少女 と 付き合って たり する

それ も 2 人 も

加藤 今 の お前 の 発言 に は 3 つ 間違い が ある

一 つ は 学校 一 の 美 少女 と いう 現実 に は 存在 し ない ギャルゲー 設定

一 つ は その 学校 一 の 美 少女 が 2 人 も いる と いう 設定 的 矛盾

で もう 一 つ は

俺 みたい な 二 次 オタ に 三 次元 の 彼女 が いる かも と いう 間違い だらけ の 認識 だ

じゃあ … 窓 の 外 の あの 人 たち は 何

あの 安芸 君

何 だ よ

どうして ここ に 澤村 さん と 霞 ヶ 丘 先輩 が

そう か 2 人 の こと を 知って る なら 話 は 早い な

てい うか うち の 生徒 で 知ら ない 人 な ん か い ない と 思う けど

だって 豊 ヶ 崎 2 大 美女 だ よ

だから その ギャルゲー 設定 みたい な 呼び 方 やめよ う ぜ

安芸 君 も 入れ たら 豊 ヶ 崎 3 大 有 名人 勢揃い だ よ

狭い な 世間

そんな わけ で 私 だけ 場 違い 過ぎ て 困って る ん だ けど

心配 する な

2 人 と も 見た目 は 敷居 高 そう だ けど

実際 は そこ まで じゃ ない

そう な の

ああ どっち も 口 が 悪く て 性格 黒い 上 に

俺 と 同等 以上 の オタク だ から な

紹介 しよ う 加藤

この 2 人 こそ 俺 の ゲーム 制作 サークル の メンバー

原画 の 澤村 ・ スペンサー ・ 英 梨 々 と

シナリオ の 霞 ヶ 丘 詩 羽 先輩 だ

ごめん 意味 分から ない

本当 に 意味 分から ない わ ね 倫理 君

それ が 人 と の 約束 を す っぽ かし て 他 の 女 と デート し て た 男 の 言い分 かしら ?

それ で こっち が 加藤 恵

サークル の 新 メンバー に し て

俺 たち が 作る ゲーム の メイン ヒロイン

ヒロイン ?

それ 今 初めて 聞い た 上 に

とんでもなく あれ な 肩書 を 付け られ てる よう な 気 が する の は 気のせい

この 子 が

あの 安芸 君

何 か 私 澤村 さん に 睨ま れ てる みたい な ん だ けど

気 に する な そい つ 超 近眼 だ から

目つき が 悪く 見える だけ で

今 は コンタクト 付け てる けど ね

人 が せっかく フォロー して やった のに 台無し に する な よ

そう あんた が 倫也 の

えっ と クラスメート です

別に クラスメート でも 彼女 でも オタ 友 でも セフレ でも 興味 ない けど

えっ と 最後 の は さすが に ひどい ん じゃ ない か と 私 に

それ が そい つ の 本性 だ

学校 じゃ 完璧 に 猫 かぶって る けど …

やかましい

あたし の こと そう やって 分かった よう に 言わ ない で

ちょっと 昔 から 顔見知り って だけ の くせ に

ちょっと 昔 から 顔見知り って だけ の やつ に しつこく 絡む な よ

何 よ

何 だ よ

みっともない 真似 は お やめ な さ い 澤村 さん

こいつ に 何 を しよ う と 私 の 勝手 でしょ

さっき まで 同じ くらい みっともない 真似 を し て た 人 が 何 か 言って る

もし ここ に うち の 生徒 が い たら 後 で 困る ん じゃ ない

猫 か ぶり の 澤村 さん

そんな の 霞 ヶ 丘 詩 羽 に は 関係ない

やめ て やめ て

またしても 0 点

今回 も 話 に なら ない

まだ 駄目

ユーザー に 何 を 見せ たい の か どんな 気持ち に さ せ たい の か

これ じゃ 全然 伝わって こ ない

それ って 自分 が 本当 に 作り たい もの が 何 な の か

まだ 見え て い ない ん じゃ ない の かしら

何 か 2 人 し て クリエーター っぽい こ と 言って る

クリエーター な の よ

あんた ら ホント は 仲 が いい ん だ ろ そう な ん だ ろ

とにかく このまま じゃ ゲーム を 作 ろ う なんて 夢のまた夢 ね

どう する ?

まだ 直す ? それとも 諦める ?

俺 は …

まっ そろそろ 潮時 な ん じゃ ない

そう ね どうやら 倫理 君 も 理想 と 現実 の ギャップ で

心 が 折れ そう に なって る みたい だ し

だいたい 「 運命 の 出会い 」 と か

そんな 絵 が カワイイ だけ で 中身 の ない ラノベ じゃ ない ん だ から

あら 私 それ に 関して は 否定 する つもり は ない わ よ

出会い に 運命 や 偶然 が なかったら

世 の カップル は みんな 幼なじみ ばかり に なって しまう じゃ ない

それ の 何 が 悪い の

じゃ なく て そんな こと 言って ない

うん 俺 決め た よ

どっち に

まだ 諦め ない

2 人 に 認め られる まで 何度 だって 書き 直し て やる さ

そっち ね

そして いつか 必ず

誰 も が 胸 を ときめか せる 最高 の ギャルゲー を 作って み せる

そう この 加藤 恵 を

胸 が キュン キュン する よう な メイン ヒロイン に …

いつの間に …

全然 気付か なかった

ステルス 性能 高 過ぎ だ ろ

お 待た せ

晴れて よかった ね 今日

予報 ちょっと 微妙 だった から 心配 し て た ん だ

安芸 君 の 家 って この 辺 な ん だ

私 時々 通り掛かる よ

なあ 加藤

お前 ここ が どういう 場所 な の か 覚え てる の か

うん 確か 地元 の 人 たち は 探偵 坂 って 呼 ん でる よ ね

そこ に 興信 所 が ある から

そういう こと じゃ なく て さ

俺 が ここ を 待ち合わせ に 選 ん だ こと に どんな 意味 が ある と 思う

家 の 近く な ん でしょ

そう じゃ ない だ ろ 全然 そう じゃ ない だ ろ

遠い の

だ か ら

ここ は 俺 と 加藤 が 初めて 出会った 場所 だ ろ

本当 に 初めて 会った の は 1 年 前 の 入学 式 だ けど ね

だいたい お前 今日 の 目的 が 何 な の か ちゃん と 理解 し てる の か

そりゃ あ 「 話 が ある から 家 に 来い 」 って 安芸 君 が 言った から

まず そこ から 問題 だ ろ

知り合った ばかり の 男 の 家 に ほ い ほ い ついてくる か

しかも 普通 に おしゃれ し てん じゃ ねえ よ

俺 ん ち に そんな まとも な 格好 で 来 た やつ な ん かい ねえ よ

うん 意外 だった よ ね

安芸 君 って リアル な 女の子 は 誘わ ない と 思って た し

意外 だったら 誘い に 乗る の か

相手 が オタク だったら 平気 で 家 に 上がる の か

誘って き た 張本人 に そういう 説教 さ れる の は

さすが に 想定 し て なかった よ

いい か 加藤

今日 は そんな ふう に 日々 適当 に 生き てる お前 に

現実 と いう もの を 教え て やる

もし かして 安芸 君 の 部屋 って

助け を 呼 ん で も 誰 も 来 ない 造り に なって る

ああ 覚悟 し て おけ

俺 が 萌 え コンテンツ の お 約束 と いう もの を

骨 の 髄 まで 叩き込 ん で やる

それ 思いっ切り 現実 じゃ なく ない

どうぞ 少し 散らかって る けど 気 に し ない で くれ

お邪魔 しま …

絵 に 描 い た よう な オタク 部屋 だ ね

だから そこ も 違う だ ろ

何 思いっ切り リラックス し て ん だ よ

「 暑い な 」 って わざとらしく 言い訳 し ながら 窓 開け た り

ついつい いつも の 癖 で ベッド に 座っちゃ っ て

真っ赤 に なって 照れ た り

もっと ヒロイン らしい 行動 パターン って もの が ある だ ろ

いきなり そんな どん 引き な 態度 取ら れ て

どう やって 緊張 しろ って いう の か な

まあ いい

どうせ すぐに そういう リアクション が 取れる よう に なる

何 しろ 今日 は 二 次元 ヒロイン と して の 感性 を 磨く ため の 特訓 だ

私 に 選択 権 は ない ん だ ね

さあ どれ を プレー する

ここ に ある の は どれ も 笑え て 泣け て 萌 える

当代 一 の 美 少女 コンテンツ だ ぞ

えっ と でき れ ば 一 番 短い の を

そう だ これ に しよ う

累計 販売 本数 30 万 本

アニメ 化 を はじめ 様々 な メディア ミックス 展開 も さ れ た

伝説 の ギャルゲー

やっぱり 選択 権 は ない ん だ ね

今日 は 楽しかった ね

いや そこ の 選択肢 は 違う だ ろ

ありがとう

ここ は プレゼント あげ とけ ば 間違い ない ん じゃ ない

デート の 記念 な ん だ し

分かって ない 本当 に 分かって ない な 加藤

でも いまさら 夜景 見 に 行った って

いい か

この デート イベント で 彼女 が 求め て いる の は 品物 じゃ ない ん だ

もらえ る 物 は もらって おけ ば いい と 思う ん だ けど なぁ

そんな 軽い 気持ち じゃ ない ん だ よ

大切 な の は 物 じゃ ない 思い出 の 共有 な ん だ よ

ああ … そ っか

確かに プレゼント もらっちゃ う と 別れ た 後 で 扱い に 困る もん ね

加藤 ちょっと コント ローラー 置け

休憩 アンド 説教 タイム だ

一休み は ともかく 何で 説教

加藤 お前 は ギャルゲー の ヒロイン と いう もの が 分かって ない

彼女 たち は 単なる 記号 でも

決まった 所 を 押せ ば 必ず 同じ 反応 を 返す 装置 で も ない

ちゃんと 温かい 血 の 通った 現実 の 女の子 以上 に 魅力 的 な 人間 そのもの で なけ れ ば なら ない ん だ

だ と し たら 余計 に 心変わり し て 別れる こと だって ある ん じゃ ない

もう 終わり に しよ …

やめ て やめ て やめ て

二 次元 ヒロイン に まで 相手 に さ れ なく なったら

俺 は これ から 何 を 頼り に 生き て いけ ば いい ん だ よ

あ ~ ごめん 今 の はなし で いい よ

今 まで ありがとう …

泣ける だ ろ

なあ この シーン 泣ける よ な

うん まあ 確かに 感動 的 だ よ ね

分かって くれ た か 加藤

そう ここ の セリフ から 挿入 歌 に つながる 流れ が 神 な ん だ よ な

でも な でも ここ は 本当 の クライマックス じゃ ない ん だ

この 後 さらに 驚愕 の 展開 が

あ ~ そう な ん だ それ は 楽しみ だ ね

聞い て 驚け 加藤

私 が 決め た こと だ から … もう 行く ね

彼女 は な この 後 主人公 を 庇って 自ら …

うん ホント 面白い よ

解説 も ネタバレ も なし に

一 人 で 静か に プレー し て たら 泣 い た かも しれ ない ね

終わった ね

うん …

そ っか 最後 こんな 終わり 方 を する ん だ

ちょっと びっくり し た

俺 も 加藤 が こんな 付き合い の いい やつ だって ことに ちょっと びっくり し た

いや 俺 が こんな こと 言う の も 何 だ けど さ

それ 本当 に 何 だ かな だ ね

それ で 最後 まで プレー し て み て どう だった

う ~ ん まあ 色々 あった けど 面白かった よ

だ ろ だ ろ

絵 も す っ ごく かわいかった し 声優 さん も 熱演 し て たし

音楽 も よかった し もちろん ストーリー も 面白かった し

加藤 …

こういう 萌 え と か いって る ゲーム や アニメ って

今 まで 触った こと なかった けど バカ に し た もの じゃ ない ね

加藤 …

お前 は やっぱり 俺 の 見込 ん だ とおり の 女の子 だった よ

あっ お構い なく

いい や お構い する と も

と いう わけ で お前 に は こんな 感じ の メイン ヒロイン に なって もらう

てこ と は 私 この ゲーム み たい に 最後 は ころ っと 死 ん じゃ う の

加藤 も しか して お前 この ゲーム の こと

ヒロイン を 殺す こと で お 涙 頂 戴 を 狙った 安っぽい 泣き ゲー って

バカ に し てる な ?

分かって ない

それ 全然 分かって ない ぞ 加藤

うん 分かって ない かも

安芸 君 が 何 言って る の か 全然

ちょっと そこ に 座り なさい

もう 座って る よ

いい か

どれ だけ 安易 で 使い古さ れ た 飛び道具 だ と して も

それ が 今 でも 多く の ユーザー の 支持 を 集める の なら

ちゅうちょ なく 使う べき な ん だ よ

あの 私 そこ まで 深く 考え て ない ん だ けど

創作 に おい て バカ の 一 つ 覚え ほど 強い 武器 は ない ん だ

一部 の 批判 に 惑わさ れる な

大きな 目 で 全体 を 見ろ

総合 的 に 何 が 一 番 ユーザー に 突き刺さる の か を 見極める ん だ

ユーザー に 何 を 見せ たい の か どんな 気持ち に さ せ たい の か

これ じゃ 全然 伝わって こ ない

本当 に 作り たい もの が 何 な の か

まだ 見え て い ない ん じゃ ない の かしら

そう か 分かって なかった の は 俺 の 方 だった の か

あり が と な 加藤

お前 の おかげ で 一 番 大事 な ことに 気付 い た よ

そう それ は よかった ね

まあ そんな わけ で

今日 の 勉強 会 は めでたく お開き だ ね

それ じゃあ 安芸 君 また 学校 で

待て

実は この ゲーム に は 続編 が あって だ な

ヒロイン 死亡 と いう まさか の バッド エンド から 3 年

満 を 持し て 発売 さ れ た シリーズ 完結 編 に し て 真骨頂

再生 の そして 復活 の 物語 の 始まり だ

えっ ? あの 子 生き返る の

もう ネタバレ は し ない 絶対 に 口出し し ない

だから 加藤 あと は 自分 の 目 で 見届ける ん だ

でも 今 から 新しい ゲーム 始め たら

終わる の 夜中 に なっちゃ う よ

大丈夫 今日 俺 の 親 たち 泊まり で 旅行 行って る から

全然 大丈夫 じゃ なく ない

それ に 今日 は 土曜 だ 明日 も 休み だ ろ

だから そういう 問題 じゃ

お 願い だ 加藤 帰ら ない で くれ

安芸 君

俺 の いや 俺 たち の 夢 の ため に も

今夜 は ずっと 一緒 に い て くれ

俺 を 男 に し て くれ

まあ 別に 家 に は 今日 遅く なる かも って 言って ある から いい けど

いい ん だ ! ?

いや 加藤 ちょっと 待て ホント に それ で いい の か

ぶっちゃ け 今 の 流れ だ と

何 か あって も 言い訳 でき ない レベル だ ぞ

でも 安芸 君 だ し

どうせ 徹夜 で ゲーム やる だけ だ よ ね

そう だ けど 確かに その とおり な ん だ けど

でも お前

その 投げやり な まで の 気 安 さ は 三 次元 の 女の子 と して も どう か と 思う ぞ

いや 俺 が 言う の も 何 だ けど さ

本当 に 何 だ かな だ よ ね

バイバイ の あと 冷め ない 微熱

夜風 に 吹か れ 考える

好き 嫌い 嫌い 好き 繰り返す

その 瞳 に うつって いる の は

現実 ( リアル ) ? それとも 虚像 ( 二 次元 ) ?

容易 く 可愛い だ なんて 言わ ない で よ ね

明日 も 目 を こす って 「 おはよう 」 を 言って

他 愛 も ない こと たくさん 教え て

少しずつ 近づ い て く 距離 に どう しよ う

自分 じゃ ない みたい だ

メリーゴーランド が 止まら なく て

廻る 廻る 景色 が 変わって く

カラフル な 夢 を 見る

ど くどく し て 身体 中 を

巡る 巡る 気持ち まだ 言葉 に 出来 なく て

ひとこと それ で 十 分 な のに

終わった な

終わった ね

それ で どう だった 真 の エンディング を 迎え て

眠い

お前 感想 が それ だけ なんて 許さ ない ぞ

今 は 勘弁 し て よ

いい か 加藤 もし この ゲーム で 何 か を 感じ た の なら

お前 は 俺 の サークル に 入る ん だ

うん 入る 入る から だ から ちょっと だけ 寝かせ て

お前 な

人生 を 左右 する かも しれ ない 重大 な 決断 を

眠い から と か 暇 だ から と か で 決める な よ

もう めん どくさい なぁ 安芸 君 は

どうせ ゲーム なんか 作ら ず に

毎日 だらだら 遊 ん でる だけ の サークル に なる ん でしょ

お前 俺 を そんな 志 の 低い や つら と 一緒 に する な



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

ある 春 の 日

俺 は 運命 と 出合い 昔 から の 夢 を 思い出し た

笑え て 萌 え て 感動 する ギャルゲー を 作る こと

そして 誰 も が 胸 を ときめか せる メイン ヒロイン を 生み出す こと

そう あの 時 の 彼女 の よう な

そんな 夢 に 目覚め た 俺 に 最初 周囲 の 反応 は 冷たかった

けれど 諦め ず 夢 を 語り 続ける うち

一 人 また 一 人 と 戻って き て くれ た 仲間 たち

やがて 運命 の 彼女 と も 劇的 な 再会 を 果たし た 俺 は

その 壮大 なる 夢 へ の 一 歩 を 踏みだし …

前回 の 粗筋 で いきなり 大 嘘 つい てん じゃ な いわ よ

お前 こそ ナレーション に キャラクター が ツッコ む と か

アニメ の セオリー 無視 す ん な よ

放課後 二 人 で 過ごし た 教室

机 の 上 夢中 で はずむ 君 の 声

鈍感 な 君 の その 態度 が

いつも 私 を 意地悪 に さ せる の

ひとりぼっち だ と 思う 時 も ある

涙 止め られ ない 日 も ある

本当 の 私 を 見つめ て ほしい の

きっと 伝わる と 信じ て いる よ

君 は いつ だって いつ だって 変わら ない から

私 が 何 回 も 何 回 も シグナル 送って あげる

夢見 た あの 丘 目指し て

くじけ そう な 時 も 頑張れ そう だ よ

君 が いる から

なあ 加藤

うん ? 何 ?

今 まで 気付か なかった けど

加藤 って 結構 カワイイ な

ありがとう でも 安芸 君 が 気付か なかった の って

私 が カワイイ と か じゃ なく て 私 の 存在 そのもの だ よ ね

まあ な …

豊 ヶ 崎 学園 2 年 B 組 加藤 恵

1 年 の 時 から 同じ クラス で

結構 距離 の 近い 女の子

お 待た せ し まし た

レア チーズケーキ お 願い し ます

こうして 見 て みる と 間違い なく カワイイ

かしこまり まし た

目鼻立ち は 整って て 背 も 低から ず 高から ず

肌 も まあまあ きめ細かく

出る ところ は そこそこ 出 て 引っ込む ところ も なかなか 引っ込 ん でる

いや カワイイ の は 当然 だ

俺 は この 子 に 運命 さえ 感じ た ん だ から

なのに …

頼 ん で ない です けど

今 の この あまりに 薄い 存在 感 は 何 な ん だ

大変 失礼 いたし まし た

それ じゃ いただき ます

おごって もらっちゃ って 悪い ね

こっち こそ 急に 誘って 悪かった な

いい よ 今日 は 特に 用事 も なかった し

そう いえ ば さ あの 時 の 帽子 って どう し た

あれ なら 親戚 の 子 に あげ た よ

いとこ の 子 が 遊び に 来 て ね

何 か 気 に 入った みたい だ から

帰り際 に お土産 に って

俺 と の 運命 の 出会い の 価値 は 親戚 へ の 義理 以下 です か そう です か

何 ?

い や ぁ あの 時 は す っご い 偶然 だった よ なって

安芸 君 の 方 も ちゃんと 私 の こと 気付 い て くれ て たら

偶然 だった かも ね

いやいや 加藤 の 記憶 力 が すごい ん だ って

俺 み たい な 目立た ない オタク の こと なんか 覚え て た ん だ から

オタク って の は 認める けど

目立た ない って 言わ れ て も 困る よ

何で ?

だって 俺 なんか どこ に でも いる 何 の 変哲 も ない …

だって 安芸 君 うち の 学校 の 3 大 有 名人 の 一 人 に 数え られ てる し

何 それ

図書 室 に ラノベ 入れ た り

学園 祭 で アニメ 上映 会 やったり

安芸 倫也 って 名前 を 知ら ない 人 は うち の 学校 に は い ない よ

何て こと だ

これほど まで オタク 人口 が 増え た 今 に なって も

世間 は まだ 俺 たち に 対 し て 悪い 意味 で 注目 し てる と いう の か

別に オタク 全般 の 話 を し てる ん じゃ ない ん だ けど

全然 知ら なかった そんなに 有名 人 だった の か 俺

でも そんな 安芸 君 と は 逆 に

私 って 地味 な ん だ よ ね

地味 … だ と

いや だ から 頼 ん で ない って

特に 成績 が いい わけ で も ない し

部活 に も 入って ない し

申し訳 あり ませ ん 申し訳 あり ませ ん

クラス 委員 と か も やった こと ない し

友達 も そんなに いる わけ じゃ ない し

だから って 今 以上 に たくさん 作 ろ う って 気 も ない し

だから まあ 安芸 君 に 覚え て もらえ ない の も 仕方ない …

違う

加藤 お前 は 地味 なんか じゃ ない

ちょっと 急に どう し た の

自分 の こと 地味 だ なんて 言う な

そんな ふう に 間違った イメージ で 自分 を 決め付ける の は やめろ

加藤 俺 が 保証 して やる

お前 は 地味 なんか じゃ ない

安芸 君 …

お前 は キャラ が 死 ん でる ん だ よ

ただ 単に キャラ が 立って ない だけ な ん だ よ

中途半端 な ん だ よ

だから 目立た ない ん だ よ

あの … ちょっと いい かな

何 だ

それ 地味 って より も ひどく ない ?

当たり前 だ

地味 キャラ を なめる な よ 加藤

あれほど 立った キャラクター って の も なかなか ない ん だ ぞ

例えば 三 つ 編み 眼鏡 そば かす

そんな 地味 で 地味 で しょうがない 要素 が 積み重なって いけ ば

それ は 人 を 引きつける 魅力 に なる ん だ

キャラクター が 立つ ん だ よ

加藤

お前 に そんな 一 度 見 たら 忘れ られ ない 特徴 が ある と でも いう の か

ない じゃ ん 全然 ない じゃ ん

お前 最初 から そこそこ カワイイ じゃ ん

ギャップ と か 何も ない じゃ ん

それ で 無 個性 と か もう どう し たら い い ん だ よ

えっ と … もう 一 個 いい かな

何 だ よ

そこ まで 言わ れる 筋合い は ない って の は さておき

これ で どう だ

違い ます よ

私 が 無 個性 で 安芸 君 が 困る こと が ある の

注文 確認 し た ほう が

困る よ 超 困る

加藤 お前 は 特別 じゃ なきゃ 駄目 な ん だ よ

キャラ が 立って なく ちゃ いけない ん だ よ

それ って どういう 理由 で

だって お前 は

俺 の メイン ヒロイン に なる はず の 女の子 だった ん だ から

えっ と 今 私 って 告白 さ れ てる

俺 が 加藤 に ? 何で

だ よ ね

今 の 安芸 君 私 に 話し掛け て て も

どこ か 遠く を 見 てる よう な 感じ だった し

遠い の は 距離 じゃ なく て 次元 な ん だ よ

加藤 俺 の 創作 意欲 を 返せ

ごめん いくら なんでも その 流れ は 理解 でき ない

俺 の 嫁 を いや 夢 を 返し て くれよ

それ は ともかく 安芸 君

話 を 逸ら す な よ

安芸 君 って さ も しか して 学校 一 の 美 少女 と 付き合って たり する

それ も 2 人 も

加藤 今 の お前 の 発言 に は 3 つ 間違い が ある

一 つ は 学校 一 の 美 少女 と いう 現実 に は 存在 し ない ギャルゲー 設定

一 つ は その 学校 一 の 美 少女 が 2 人 も いる と いう 設定 的 矛盾

で もう 一 つ は

俺 みたい な 二 次 オタ に 三 次元 の 彼女 が いる かも と いう 間違い だらけ の 認識 だ

じゃあ … 窓 の 外 の あの 人 たち は 何

あの 安芸 君

何 だ よ

どうして ここ に 澤村 さん と 霞 ヶ 丘 先輩 が

そう か 2 人 の こと を 知って る なら 話 は 早い な

てい うか うち の 生徒 で 知ら ない 人 な ん か い ない と 思う けど

だって 豊 ヶ 崎 2 大 美女 だ よ

だから その ギャルゲー 設定 みたい な 呼び 方 やめよ う ぜ

安芸 君 も 入れ たら 豊 ヶ 崎 3 大 有 名人 勢揃い だ よ

狭い な 世間

そんな わけ で 私 だけ 場 違い 過ぎ て 困って る ん だ けど

心配 する な

2 人 と も 見た目 は 敷居 高 そう だ けど

実際 は そこ まで じゃ ない

そう な の

ああ どっち も 口 が 悪く て 性格 黒い 上 に

俺 と 同等 以上 の オタク だ から な

紹介 しよ う 加藤

この 2 人 こそ 俺 の ゲーム 制作 サークル の メンバー

原画 の 澤村 ・ スペンサー ・ 英 梨 々 と

シナリオ の 霞 ヶ 丘 詩 羽 先輩 だ

ごめん 意味 分から ない

本当 に 意味 分から ない わ ね 倫理 君

それ が 人 と の 約束 を す っぽ かし て 他 の 女 と デート し て た 男 の 言い分 かしら ?

それ で こっち が 加藤 恵

サークル の 新 メンバー に し て

俺 たち が 作る ゲーム の メイン ヒロイン

ヒロイン ?

それ 今 初めて 聞い た 上 に

とんでもなく あれ な 肩書 を 付け られ てる よう な 気 が する の は 気のせい

この 子 が

あの 安芸 君

何 か 私 澤村 さん に 睨ま れ てる みたい な ん だ けど

気 に する な そい つ 超 近眼 だ から

目つき が 悪く 見える だけ で

今 は コンタクト 付け てる けど ね

人 が せっかく フォロー して やった のに 台無し に する な よ

そう あんた が 倫也 の

えっ と クラスメート です

別に クラスメート でも 彼女 でも オタ 友 でも セフレ でも 興味 ない けど

えっ と 最後 の は さすが に ひどい ん じゃ ない か と 私 に

それ が そい つ の 本性 だ

学校 じゃ 完璧 に 猫 かぶって る けど …

やかましい

あたし の こと そう やって 分かった よう に 言わ ない で

ちょっと 昔 から 顔見知り って だけ の くせ に

ちょっと 昔 から 顔見知り って だけ の やつ に しつこく 絡む な よ

何 よ

何 だ よ

みっともない 真似 は お やめ な さ い 澤村 さん

こいつ に 何 を しよ う と 私 の 勝手 でしょ

さっき まで 同じ くらい みっともない 真似 を し て た 人 が 何 か 言って る

もし ここ に うち の 生徒 が い たら 後 で 困る ん じゃ ない

猫 か ぶり の 澤村 さん

そんな の 霞 ヶ 丘 詩 羽 に は 関係ない

やめ て やめ て

またしても 0 点

今回 も 話 に なら ない

まだ 駄目

ユーザー に 何 を 見せ たい の か どんな 気持ち に さ せ たい の か

これ じゃ 全然 伝わって こ ない

それ って 自分 が 本当 に 作り たい もの が 何 な の か

まだ 見え て い ない ん じゃ ない の かしら

何 か 2 人 し て クリエーター っぽい こ と 言って る

クリエーター な の よ

あんた ら ホント は 仲 が いい ん だ ろ そう な ん だ ろ

とにかく このまま じゃ ゲーム を 作 ろ う なんて 夢のまた夢 ね

どう する ?

まだ 直す ? それとも 諦める ?

俺 は …

まっ そろそろ 潮時 な ん じゃ ない

そう ね どうやら 倫理 君 も 理想 と 現実 の ギャップ で

心 が 折れ そう に なって る みたい だ し

だいたい 「 運命 の 出会い 」 と か

そんな 絵 が カワイイ だけ で 中身 の ない ラノベ じゃ ない ん だ から

あら 私 それ に 関して は 否定 する つもり は ない わ よ

出会い に 運命 や 偶然 が なかったら

世 の カップル は みんな 幼なじみ ばかり に なって しまう じゃ ない

それ の 何 が 悪い の

じゃ なく て そんな こと 言って ない

うん 俺 決め た よ

どっち に

まだ 諦め ない

2 人 に 認め られる まで 何度 だって 書き 直し て やる さ

そっち ね

そして いつか 必ず

誰 も が 胸 を ときめか せる 最高 の ギャルゲー を 作って み せる

そう この 加藤 恵 を

胸 が キュン キュン する よう な メイン ヒロイン に …

いつの間に …

全然 気付か なかった

ステルス 性能 高 過ぎ だ ろ

お 待た せ

晴れて よかった ね 今日

予報 ちょっと 微妙 だった から 心配 し て た ん だ

安芸 君 の 家 って この 辺 な ん だ

私 時々 通り掛かる よ

なあ 加藤

お前 ここ が どういう 場所 な の か 覚え てる の か

うん 確か 地元 の 人 たち は 探偵 坂 って 呼 ん でる よ ね

そこ に 興信 所 が ある から

そういう こと じゃ なく て さ

俺 が ここ を 待ち合わせ に 選 ん だ こと に どんな 意味 が ある と 思う

家 の 近く な ん でしょ

そう じゃ ない だ ろ 全然 そう じゃ ない だ ろ

遠い の

だ か ら

ここ は 俺 と 加藤 が 初めて 出会った 場所 だ ろ

本当 に 初めて 会った の は 1 年 前 の 入学 式 だ けど ね

だいたい お前 今日 の 目的 が 何 な の か ちゃん と 理解 し てる の か

そりゃ あ 「 話 が ある から 家 に 来い 」 って 安芸 君 が 言った から

まず そこ から 問題 だ ろ

知り合った ばかり の 男 の 家 に ほ い ほ い ついてくる か

しかも 普通 に おしゃれ し てん じゃ ねえ よ

俺 ん ち に そんな まとも な 格好 で 来 た やつ な ん かい ねえ よ

うん 意外 だった よ ね

安芸 君 って リアル な 女の子 は 誘わ ない と 思って た し

意外 だったら 誘い に 乗る の か

相手 が オタク だったら 平気 で 家 に 上がる の か

誘って き た 張本人 に そういう 説教 さ れる の は

さすが に 想定 し て なかった よ

いい か 加藤

今日 は そんな ふう に 日々 適当 に 生き てる お前 に

現実 と いう もの を 教え て やる

もし かして 安芸 君 の 部屋 って

助け を 呼 ん で も 誰 も 来 ない 造り に なって る

ああ 覚悟 し て おけ

俺 が 萌 え コンテンツ の お 約束 と いう もの を

骨 の 髄 まで 叩き込 ん で やる

それ 思いっ切り 現実 じゃ なく ない

どうぞ 少し 散らかって る けど 気 に し ない で くれ

お邪魔 しま …

絵 に 描 い た よう な オタク 部屋 だ ね

だから そこ も 違う だ ろ

何 思いっ切り リラックス し て ん だ よ

「 暑い な 」 って わざとらしく 言い訳 し ながら 窓 開け た り

ついつい いつも の 癖 で ベッド に 座っちゃ っ て

真っ赤 に なって 照れ た り

もっと ヒロイン らしい 行動 パターン って もの が ある だ ろ

いきなり そんな どん 引き な 態度 取ら れ て

どう やって 緊張 しろ って いう の か な

まあ いい

どうせ すぐに そういう リアクション が 取れる よう に なる

何 しろ 今日 は 二 次元 ヒロイン と して の 感性 を 磨く ため の 特訓 だ

私 に 選択 権 は ない ん だ ね

さあ どれ を プレー する

ここ に ある の は どれ も 笑え て 泣け て 萌 える

当代 一 の 美 少女 コンテンツ だ ぞ

えっ と でき れ ば 一 番 短い の を

そう だ これ に しよ う

累計 販売 本数 30 万 本

アニメ 化 を はじめ 様々 な メディア ミックス 展開 も さ れ た

伝説 の ギャルゲー

やっぱり 選択 権 は ない ん だ ね

今日 は 楽しかった ね

いや そこ の 選択肢 は 違う だ ろ

ありがとう

ここ は プレゼント あげ とけ ば 間違い ない ん じゃ ない

デート の 記念 な ん だ し

分かって ない 本当 に 分かって ない な 加藤

でも いまさら 夜景 見 に 行った って

いい か

この デート イベント で 彼女 が 求め て いる の は 品物 じゃ ない ん だ

もらえ る 物 は もらって おけ ば いい と 思う ん だ けど なぁ

そんな 軽い 気持ち じゃ ない ん だ よ

大切 な の は 物 じゃ ない 思い出 の 共有 な ん だ よ

ああ … そ っか

確かに プレゼント もらっちゃ う と 別れ た 後 で 扱い に 困る もん ね

加藤 ちょっと コント ローラー 置け

休憩 アンド 説教 タイム だ

一休み は ともかく 何で 説教

加藤 お前 は ギャルゲー の ヒロイン と いう もの が 分かって ない

彼女 たち は 単なる 記号 でも

決まった 所 を 押せ ば 必ず 同じ 反応 を 返す 装置 で も ない

ちゃんと 温かい 血 の 通った 現実 の 女の子 以上 に 魅力 的 な 人間 そのもの で なけ れ ば なら ない ん だ

だ と し たら 余計 に 心変わり し て 別れる こと だって ある ん じゃ ない

もう 終わり に しよ …

やめ て やめ て やめ て

二 次元 ヒロイン に まで 相手 に さ れ なく なったら

俺 は これ から 何 を 頼り に 生き て いけ ば いい ん だ よ

あ ~ ごめん 今 の はなし で いい よ

今 まで ありがとう …

泣ける だ ろ

なあ この シーン 泣ける よ な

うん まあ 確かに 感動 的 だ よ ね

分かって くれ た か 加藤

そう ここ の セリフ から 挿入 歌 に つながる 流れ が 神 な ん だ よ な

でも な でも ここ は 本当 の クライマックス じゃ ない ん だ

この 後 さらに 驚愕 の 展開 が

あ ~ そう な ん だ それ は 楽しみ だ ね

聞い て 驚け 加藤

私 が 決め た こと だ から … もう 行く ね

彼女 は な この 後 主人公 を 庇って 自ら …

うん ホント 面白い よ

解説 も ネタバレ も なし に

一 人 で 静か に プレー し て たら 泣 い た かも しれ ない ね

終わった ね

うん …

そ っか 最後 こんな 終わり 方 を する ん だ

ちょっと びっくり し た

俺 も 加藤 が こんな 付き合い の いい やつ だって ことに ちょっと びっくり し た

いや 俺 が こんな こと 言う の も 何 だ けど さ

それ 本当 に 何 だ かな だ ね

それ で 最後 まで プレー し て み て どう だった

う ~ ん まあ 色々 あった けど 面白かった よ

だ ろ だ ろ

絵 も す っ ごく かわいかった し 声優 さん も 熱演 し て たし

音楽 も よかった し もちろん ストーリー も 面白かった し

加藤 …

こういう 萌 え と か いって る ゲーム や アニメ って

今 まで 触った こと なかった けど バカ に し た もの じゃ ない ね

加藤 …

お前 は やっぱり 俺 の 見込 ん だ とおり の 女の子 だった よ

あっ お構い なく

いい や お構い する と も

と いう わけ で お前 に は こんな 感じ の メイン ヒロイン に なって もらう

てこ と は 私 この ゲーム み たい に 最後 は ころ っと 死 ん じゃ う の

加藤 も しか して お前 この ゲーム の こと

ヒロイン を 殺す こと で お 涙 頂 戴 を 狙った 安っぽい 泣き ゲー って

バカ に し てる な ?

分かって ない

それ 全然 分かって ない ぞ 加藤

うん 分かって ない かも

安芸 君 が 何 言って る の か 全然

ちょっと そこ に 座り なさい

もう 座って る よ

いい か

どれ だけ 安易 で 使い古さ れ た 飛び道具 だ と して も

それ が 今 でも 多く の ユーザー の 支持 を 集める の なら

ちゅうちょ なく 使う べき な ん だ よ

あの 私 そこ まで 深く 考え て ない ん だ けど

創作 に おい て バカ の 一 つ 覚え ほど 強い 武器 は ない ん だ

一部 の 批判 に 惑わさ れる な

大きな 目 で 全体 を 見ろ

総合 的 に 何 が 一 番 ユーザー に 突き刺さる の か を 見極める ん だ

ユーザー に 何 を 見せ たい の か どんな 気持ち に さ せ たい の か

これ じゃ 全然 伝わって こ ない

本当 に 作り たい もの が 何 な の か

まだ 見え て い ない ん じゃ ない の かしら

そう か 分かって なかった の は 俺 の 方 だった の か

あり が と な 加藤

お前 の おかげ で 一 番 大事 な ことに 気付 い た よ

そう それ は よかった ね

まあ そんな わけ で

今日 の 勉強 会 は めでたく お開き だ ね

それ じゃあ 安芸 君 また 学校 で

待て

実は この ゲーム に は 続編 が あって だ な

ヒロイン 死亡 と いう まさか の バッド エンド から 3 年

満 を 持し て 発売 さ れ た シリーズ 完結 編 に し て 真骨頂

再生 の そして 復活 の 物語 の 始まり だ

えっ ? あの 子 生き返る の

もう ネタバレ は し ない 絶対 に 口出し し ない

だから 加藤 あと は 自分 の 目 で 見届ける ん だ

でも 今 から 新しい ゲーム 始め たら

終わる の 夜中 に なっちゃ う よ

大丈夫 今日 俺 の 親 たち 泊まり で 旅行 行って る から

全然 大丈夫 じゃ なく ない

それ に 今日 は 土曜 だ 明日 も 休み だ ろ

だから そういう 問題 じゃ

お 願い だ 加藤 帰ら ない で くれ

安芸 君

俺 の いや 俺 たち の 夢 の ため に も

今夜 は ずっと 一緒 に い て くれ

俺 を 男 に し て くれ

まあ 別に 家 に は 今日 遅く なる かも って 言って ある から いい けど

いい ん だ ! ?

いや 加藤 ちょっと 待て ホント に それ で いい の か

ぶっちゃ け 今 の 流れ だ と

何 か あって も 言い訳 でき ない レベル だ ぞ

でも 安芸 君 だ し

どうせ 徹夜 で ゲーム やる だけ だ よ ね

そう だ けど 確かに その とおり な ん だ けど

でも お前

その 投げやり な まで の 気 安 さ は 三 次元 の 女の子 と して も どう か と 思う ぞ

いや 俺 が 言う の も 何 だ けど さ

本当 に 何 だ かな だ よ ね

バイバイ の あと 冷め ない 微熱

夜風 に 吹か れ 考える

好き 嫌い 嫌い 好き 繰り返す

その 瞳 に うつって いる の は

現実 ( リアル ) ? それとも 虚像 ( 二 次元 ) ?

容易 く 可愛い だ なんて 言わ ない で よ ね

明日 も 目 を こす って 「 おはよう 」 を 言って

他 愛 も ない こと たくさん 教え て

少しずつ 近づ い て く 距離 に どう しよ う

自分 じゃ ない みたい だ

メリーゴーランド が 止まら なく て

廻る 廻る 景色 が 変わって く

カラフル な 夢 を 見る

ど くどく し て 身体 中 を

巡る 巡る 気持ち まだ 言葉 に 出来 なく て

ひとこと それ で 十 分 な のに

終わった な

終わった ね

それ で どう だった 真 の エンディング を 迎え て

眠い

お前 感想 が それ だけ なんて 許さ ない ぞ

今 は 勘弁 し て よ

いい か 加藤 もし この ゲーム で 何 か を 感じ た の なら

お前 は 俺 の サークル に 入る ん だ

うん 入る 入る から だ から ちょっと だけ 寝かせ て

お前 な

人生 を 左右 する かも しれ ない 重大 な 決断 を

眠い から と か 暇 だ から と か で 決める な よ

もう めん どくさい なぁ 安芸 君 は

どうせ ゲーム なんか 作ら ず に

毎日 だらだら 遊 ん でる だけ の サークル に なる ん でしょ

お前 俺 を そんな 志 の 低い や つら と 一緒 に する な

×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.