image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 22

せっかく の 気分 を ぶち壊し て 悪い が な シン イチ

まさか

嘘 だ ろ

ただちに 逃走 開始 だ

本当 に あいつ な の か

この 強力 な 波長 は ザコ と は 違う

しかも スピード から 考え て 車 に 乗って いる

その 角 を 右 に 曲がれ

くそ っ これ じゃ 泥棒 じゃ ない か

ご ちゃ ご ちゃ 言って いる 場合 か

それにしても いつの間に 車 の 運転 なんか

私 は 1 日 で 日本 語 を マスター し た ん だ ぞ

ミギー 頼み が ある

なるべく 人 の い ない 場所 に 行って くれ

街 中 で 戦え ば 大勢 の 人 が 死ぬ

いい だ ろ う

私 も 一 か 八 か の 手 を 思い つい た

どう だ

ダメ だ な

生き て いる

頑丈 な やつ だ

行 こ う

行く って ?

逃げよ う

よし ストップ だ

なんで 止まる ん だ

こんな 所 で 道草 食って る 場合 じゃ ない だ ろ

落ち着けよ

ともかく 奴 が 来る まで 打ち合わせ を し て おこ う

打ち合わせ だって

これ から 切り 刻ま れる かも しれ ない ん だ ぞ

シン イチ 気持ち は わかる

殺さ れる の は 誰 でも 怖い

私 だって そう だ

しかし ここ が 正念場 な の だ

君 に は 普通 の 人間 に は ない 強 さ が ある はず だ

どんな 時 でも 冷静 に なれる と いう 強 さ が

さあ いつも やる よう に 胸 に 手 を 置 い て 深呼吸 しろ

よし 大した もん だ

いい か 確かに 後藤 の 能力 は すべて の 点 で 我々 より 上 だ

単純 計算 で いく なら 100 % 勝ち目 が ない の かも しれ ん

しかし こんな 時 は ちょっと 発想 を 変え て みよ う

我々 2 人 が 力 を 合わせ て も 勝ち目 が ない の なら

いっそ 力 を 合わせ ない で やって み ない か

戦 は 兵力 より 勝機 だ よ シン イチ

勝機 ?

君 の ポケット に 車 内 に あった ライター を いれ て おい た

上 か

枝 に 沿って 四方 に 広 がって 隠れ て いる

つまら ん な

これ は 時間 と の 勝負 だ

ボディ は 我々 の 命綱 で ある と 同時に 最大 の 弱点

シン イチ の 体 内 に 溶け込 ん だ 私 の 細胞 は

完全 に シン イチ の 肉体 と 結びつき 変質 化 し て いる から

後藤 に は 探知 でき ない

ヤツ は 君 の 存在 に 気付か ず まっすぐ 私 の ほう へ 来る

戦い が 長引け ば 私 は 干からび て 死 ん で しまう

かなり 無 茶 な 作戦 だ

だが だ から こそ 後藤 に も 予想 でき ない はず だ

なん だ まるで 反撃 な しか

人間 の 小僧 は どこ だ

ボディ さえ 見つけ て 破壊 すれ ば 勝ち な の だ

ヤツ の ボディ 反 硬質 化 し た 寄生 細胞 で プロテクト さ れ て いる が

その 鎧 が 全体 を 固め て いる と は 考え にくい

だが 鎧 の 隙間 を 探し て いる 余裕 は ない

硬質 化 さ れ て いる 可能 性 が 少なく 最も 効果 的 と 思わ れる 攻撃 目標 は

頭 だ

胴 や 手足 に 広がる 数 匹 分 の 寄生 生物 を 1 つ に 統率 する エネルギー は 大変 な も の

ゆえに 頭 は 頭 で ある だけ で 手一杯

その 頭 を 切り離せ ば 統制 は なく なり

プロテクター も 分裂 解除 さ れ

ボディ を 粉砕 できる はず

ミギー まだ か

早く し ない と お前 の 体 が

勝負 は 一 度 きり

パワー と スピード に おい て はるか に 勝る 後藤 の 首 を 切り落とす に は

なんて こと だ もう 意識 が ぼんやり し て き た

急が ね ば

だが まだ 角度 が 悪い

おい 貴 様 ら そんなに 俺 が 怖い か

いくら 四方 に 広 が ろ う と

大した カモフラージュ に は なら ん ぞ

逃げる 工夫 より 戦う 工夫 を しろ

今 だ やれ

俺 の 声

そこ か

火 を 近づけ られ た 表面 細胞 だけ が 反射 的 に 後藤 の 統制 を 離れ

結果 …

くそ 浅い

ダメ か

ミギー

来る な シン イチ

失敗 だ

こいつ は 驚 い た やる な

早く 逃げろ

でも

来る な

二 人 と も 死ぬ こと は ない

だって ミギー …

何 やって る 早く 行け

さようなら シン イチ

これ で お 別れ だ シン イチ

一 番 はじめ に 君 に 出会って

君 の 脳 を 奪わ なく て よかった よ

おかげ で 友達 と して いろいろ な 楽しい 思い出 を …

意識 が 薄れ て ゆく 妙に 眠い

それなのに 孤独 感 だけ が くっきり と 大きく …

これ が … 死 か

だ ー れ

すみません

ど 泥棒 ?

違い ます

違い ます けど

いい です それ で

は あ ?

水 を 勝手 に 飲 も う と し た の は 確か だ し

なるほど ね

水 だって ただ じゃ ない から ね

す すみません

じゃあ あの 失礼 し ます

ご 迷惑 を お かけ し まし た

ちょっと 待ち なさい

はい

怪我 し てん じゃ ない の よ

いえ これ は

違う 頭 よ

右腕 の ほう は だいぶ 昔 の 話 だ ろ

大丈夫 です

もう 乾 い てる みたい だ し

いい から 上がって よく 見せ なさい

でも

早く

泥棒 が そんな 礼儀正しい わきゃ ない よ

それ に 泣きべそ かい て

あ たしゃ 長い こと 客 商売 やって たから ね

一目 見 て そい つ が どんな 人間 か は だいたい わかっちゃ う の よ

これ は 喧嘩 って より も 一方的 に いじめ られ た 傷 ね

そう でしょ

それ に し ちゃ あ 傷 が 深い

世の中 に ゃ ひどい こと する やつ が いる ね ー

見ず知らず の 人 に こんな お 世話 に なる なんて

いろいろ ありがとう ござい まし た

今夜 泊まって いき なさい よ

いくら なんでも そんな

こんな 遅く に どこ 行 こ う って の よ

ここ い ら に ホテル なんて な いわ よ

あの お 婆さん は この 家 に 一 人 で

あんた み たい な 孫 は い ない よ

あ おばさん は

甥 も い ませ ん

美津代 と いい ます

失礼 し まし た

俺 泉 新 一 と いい ます

新一 か

新 ちゃん だ ね

悪い ね 買い物 に 付き合わ せ ち まって

いえ い い ん です

その くらい の こと

あんた は 私 の 甥 って ことに し て おく よ

甥 ?

最近 変な こと が 多く て ね

余所者 に は うるさい ん だ よ

変な こと ?

これ だ よ

トラック 何 杯 分 も の ゴミ を 勝手 に 捨て て いく 輩 が いる ん だ

それ に 火 が 付い て

山 火事 に なり かけ て 大騒ぎ だった ん だ よ

たしかに 都会 じゃ ゴミ の 捨て場 に 困って る そう だ けど

いくら なんでも こりゃ ない だ ろ

はい

ここ い ら に 住む みんな で 何 日 も 徹夜 で 見張って さ

でも 見張って る 日 に ゃ こ ない

なのに 眠って る と 来る ん だ よ

美津代 さん が 口 は 乱暴 だ けど 親切 な 人 だった

でも お 礼 を 言って さよなら を しよ う と する と

機関 銃 の よう に しゃべり 出し て 引き留めよ う と する

ミギー が い なく なって この先 どうして いい か 分から ない まま

つい 数 日 が 過ぎ て しまった

けれど いつ まで も 厄介 に なって る わけ に は いか ない

明日 に は 帰って 今度 こそ 父さん に すべて を 話 そ う

右腕 を なく し た わけ

ミギー と いう 名 の 友達 が い た こと

ミギー が 初めて 現れ た 日 の こと

俺 と 過ごし た 毎日

そして あいつ が どんなに いい やつ だった か

俺 を 助ける ため に

あいつ の 知力 勇気

何 を とって も 俺 は 到底 敵 わ ない

あいつ こそ 本当 の ヒーロー だ

ここ は … 前 に も 来 た こと が ある よう な

なんだ あれ は

えっ と お前 は

どう し た 探し物 か

探し物

そう だ 友達 を 探し てる

友達 それ は どんな 顔 の やつ だ

顔 … 顔 は よく 思い出せ ない

じゃあ 知ら ん

えっ と 待て よ

お前 に 似 て た よう な

そう だ 思い出し た

そい つ そい つ 死 ん だ ん だ

なに 死 ん だ ?

うん

違う な 生き てる よ そい つ

私 に は わかる

本当 は そい つ の 名 も 知って いる

そい つ の 名

そい つ の 名 …

ミギー

ミ … ミギー

細胞 が 少し 残って る ん だ

おい 俺 だ よ 分かる か

うるさい ね

何 寝ぼけ て ん の よ

ダメ か

小さな 目 は 作れ て も 考え た り 喋れ る ほど じゃ ない ん だ

ミギー …

ミギー …

そう かい しょうがない ねえ

いつ まで も 引き留める わけ に は いか ない か

本当 に なんと お礼 を 言ったら いい か

どう した ん だい

こんな 朝っぱら から

おい あんた

本当 に 美津代 さん の 甥 な の か

ん な こ た どう だって いい だ ろ

この 子 は もう 帰る ところ な ん だ から

そう は いか ん

最近 妙 な こと が 起こり すぎる

無断 で 捨て られ た ゴミ

無人 の 車 2 台 の 激突 事故

そして 今度 は 殺人 だ

おい 犯人 って の が 余所者 な ん だ ろ

たとえば こんな

だから 余所者 だ と か そういう 問題 じゃ ねえ って の

この 子 は あたし ん 家 に ずっと いたん だ

人間 じゃ ねえ ん だ よ

見 間違い でも なんでも ねえ

大き さ だって 3 メートル だ

足 …

そう だ 足 が 前足 だけ で 4 本

目 だって 3 つ 以上 あった ん だ

後藤 だ 間違い ない

そう やって 笑って りゃ いい さ

でも なあ この 血 は 全部 北山 の 血 な ん だ ぜ

こっか ら そう 遠く ない 場所 で 人 が 化け物 に 食い 殺さ れ た ん だ

現場 は この 辺り な ん です ね

そ そうです

こりゃ ひで え

そう いえ ば こういう の が 以前 …

ミンチ 殺人

あ そう

はい 分かった

明日 に なりゃ ハンター が 大勢 集まる そう だ から

その 化け もん と やら も 退治 できる だ ろ う って さ

猟銃 じゃ あいつ は 倒せ ない

あいつ って

あんた 化け もん の こと 知って ん の

俺 を 追って き た ん です よ

俺 を 殺す ため に

は ー ?

何 を 言い出す やら

これ は 俺 の 責任 です

俺 が あいつ を 連れ て き た

そして 人 が 殺さ れ た

このまま じゃ 明日 また 大勢 人 が 死ぬ

新 ちゃん …

なんと して も 生きる

生き抜く つもり で し た

俺 の ため に 死 ん で いった 友達 も いる

でも もう 俺 一 人 逃げる わけ に は いか ない ん です

どうして

いい じゃ ない 生き れ ば

逃げ れ ば いい じゃ ない

自分 一 人 でも 生きる ため に 逃げる

ちっとも 恥ずかしい こと じゃ ない よ

美津代 さん 俺 は まだ やる だけ の こと を やって い ない

明日 大勢 の 人 が あの 化け物 と 出会う 前 に 俺 の 命 を 使わ なきゃ なら ない ん だ

バカ ふざけ ん な

何 が 俺 の 命 を 使う だ

そんな こと 軽々しく

あんた 何 様 の つもり だ よ

命 を 使う だって

笑わ せ ん じゃ ない よ

あんた み たい な ガキ に 何 が できる って ん だ

どんな 事情 か は 知ら ない けど ね

ともかく こういう こと は 大人 たち に 任せる ん だ

どうしても 行く の かい

あんた に は 誰 か 心 に 気 に かかる 人 は い ない の かい

たとえ 見ず知らず の 相手 でも

1 度 かかわり を も っち まえ ば 放って は おけ ない

それ が 人間 って もん な ん だ

それ を あんた は

あんた に あと どれほど の 時間 が 残って いる か は 知ら ない けれど

でも できる だけ 多く の こと を 考え を 巡らせ て み て おくれ

物事 すべて 投げ ちゃ おしまい な ん だ から さ

どんな こと が あ ろ う と も 決して 諦め ず 臨機応変 に ね

お 待ち

何 か 使え そう な もの は ない か ね

たとえば 武器 だ

じゃあ これ を

なん だ ずいぶん 錆び 付い てる ね

まっ ない より マシ か

あんた どうか あの 子 を …

もしも 後藤 が まったく 別 の 人間 の 姿 を し て い たら

俺 に は 見分ける 術 が ない

でも その 時 は その 時 だ

次回 「 生 と 誓 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

せっかく の 気分 を ぶち壊し て 悪い が な シン イチ

まさか

嘘 だ ろ

ただちに 逃走 開始 だ

本当 に あいつ な の か

この 強力 な 波長 は ザコ と は 違う

しかも スピード から 考え て 車 に 乗って いる

その 角 を 右 に 曲がれ

くそ っ これ じゃ 泥棒 じゃ ない か

ご ちゃ ご ちゃ 言って いる 場合 か

それにしても いつの間に 車 の 運転 なんか

私 は 1 日 で 日本 語 を マスター し た ん だ ぞ

ミギー 頼み が ある

なるべく 人 の い ない 場所 に 行って くれ

街 中 で 戦え ば 大勢 の 人 が 死ぬ

いい だ ろ う

私 も 一 か 八 か の 手 を 思い つい た

どう だ

ダメ だ な

生き て いる

頑丈 な やつ だ

行 こ う

行く って ?

逃げよ う

よし ストップ だ

なんで 止まる ん だ

こんな 所 で 道草 食って る 場合 じゃ ない だ ろ

落ち着けよ

ともかく 奴 が 来る まで 打ち合わせ を し て おこ う

打ち合わせ だって

これ から 切り 刻ま れる かも しれ ない ん だ ぞ

シン イチ 気持ち は わかる

殺さ れる の は 誰 でも 怖い

私 だって そう だ

しかし ここ が 正念場 な の だ

君 に は 普通 の 人間 に は ない 強 さ が ある はず だ

どんな 時 でも 冷静 に なれる と いう 強 さ が

さあ いつも やる よう に 胸 に 手 を 置 い て 深呼吸 しろ

よし 大した もん だ

いい か 確かに 後藤 の 能力 は すべて の 点 で 我々 より 上 だ

単純 計算 で いく なら 100 % 勝ち目 が ない の かも しれ ん

しかし こんな 時 は ちょっと 発想 を 変え て みよ う

我々 2 人 が 力 を 合わせ て も 勝ち目 が ない の なら

いっそ 力 を 合わせ ない で やって み ない か

戦 は 兵力 より 勝機 だ よ シン イチ

勝機 ?

君 の ポケット に 車 内 に あった ライター を いれ て おい た

上 か

枝 に 沿って 四方 に 広 がって 隠れ て いる

つまら ん な

これ は 時間 と の 勝負 だ

ボディ は 我々 の 命綱 で ある と 同時に 最大 の 弱点

シン イチ の 体 内 に 溶け込 ん だ 私 の 細胞 は

完全 に シン イチ の 肉体 と 結びつき 変質 化 し て いる から

後藤 に は 探知 でき ない

ヤツ は 君 の 存在 に 気付か ず まっすぐ 私 の ほう へ 来る

戦い が 長引け ば 私 は 干からび て 死 ん で しまう

かなり 無 茶 な 作戦 だ

だが だ から こそ 後藤 に も 予想 でき ない はず だ

なん だ まるで 反撃 な しか

人間 の 小僧 は どこ だ

ボディ さえ 見つけ て 破壊 すれ ば 勝ち な の だ

ヤツ の ボディ 反 硬質 化 し た 寄生 細胞 で プロテクト さ れ て いる が

その 鎧 が 全体 を 固め て いる と は 考え にくい

だが 鎧 の 隙間 を 探し て いる 余裕 は ない

硬質 化 さ れ て いる 可能 性 が 少なく 最も 効果 的 と 思わ れる 攻撃 目標 は

頭 だ

胴 や 手足 に 広がる 数 匹 分 の 寄生 生物 を 1 つ に 統率 する エネルギー は 大変 な も の

ゆえに 頭 は 頭 で ある だけ で 手一杯

その 頭 を 切り離せ ば 統制 は なく なり

プロテクター も 分裂 解除 さ れ

ボディ を 粉砕 できる はず

ミギー まだ か

早く し ない と お前 の 体 が

勝負 は 一 度 きり

パワー と スピード に おい て はるか に 勝る 後藤 の 首 を 切り落とす に は

なんて こと だ もう 意識 が ぼんやり し て き た

急が ね ば

だが まだ 角度 が 悪い

おい 貴 様 ら そんなに 俺 が 怖い か

いくら 四方 に 広 が ろ う と

大した カモフラージュ に は なら ん ぞ

逃げる 工夫 より 戦う 工夫 を しろ

今 だ やれ

俺 の 声

そこ か

火 を 近づけ られ た 表面 細胞 だけ が 反射 的 に 後藤 の 統制 を 離れ

結果 …

くそ 浅い

ダメ か

ミギー

来る な シン イチ

失敗 だ

こいつ は 驚 い た やる な

早く 逃げろ

でも

来る な

二 人 と も 死ぬ こと は ない

だって ミギー …

何 やって る 早く 行け

さようなら シン イチ

これ で お 別れ だ シン イチ

一 番 はじめ に 君 に 出会って

君 の 脳 を 奪わ なく て よかった よ

おかげ で 友達 と して いろいろ な 楽しい 思い出 を …

意識 が 薄れ て ゆく 妙に 眠い

それなのに 孤独 感 だけ が くっきり と 大きく …

これ が … 死 か

だ ー れ

すみません

ど 泥棒 ?

違い ます

違い ます けど

いい です それ で

は あ ?

水 を 勝手 に 飲 も う と し た の は 確か だ し

なるほど ね

水 だって ただ じゃ ない から ね

す すみません

じゃあ あの 失礼 し ます

ご 迷惑 を お かけ し まし た

ちょっと 待ち なさい

はい

怪我 し てん じゃ ない の よ

いえ これ は

違う 頭 よ

右腕 の ほう は だいぶ 昔 の 話 だ ろ

大丈夫 です

もう 乾 い てる みたい だ し

いい から 上がって よく 見せ なさい

でも

早く

泥棒 が そんな 礼儀正しい わきゃ ない よ

それ に 泣きべそ かい て

あ たしゃ 長い こと 客 商売 やって たから ね

一目 見 て そい つ が どんな 人間 か は だいたい わかっちゃ う の よ

これ は 喧嘩 って より も 一方的 に いじめ られ た 傷 ね

そう でしょ

それ に し ちゃ あ 傷 が 深い

世の中 に ゃ ひどい こと する やつ が いる ね ー

見ず知らず の 人 に こんな お 世話 に なる なんて

いろいろ ありがとう ござい まし た

今夜 泊まって いき なさい よ

いくら なんでも そんな

こんな 遅く に どこ 行 こ う って の よ

ここ い ら に ホテル なんて な いわ よ

あの お 婆さん は この 家 に 一 人 で

あんた み たい な 孫 は い ない よ

あ おばさん は

甥 も い ませ ん

美津代 と いい ます

失礼 し まし た

俺 泉 新 一 と いい ます

新一 か

新 ちゃん だ ね

悪い ね 買い物 に 付き合わ せ ち まって

いえ い い ん です

その くらい の こと

あんた は 私 の 甥 って ことに し て おく よ

甥 ?

最近 変な こと が 多く て ね

余所者 に は うるさい ん だ よ

変な こと ?

これ だ よ

トラック 何 杯 分 も の ゴミ を 勝手 に 捨て て いく 輩 が いる ん だ

それ に 火 が 付い て

山 火事 に なり かけ て 大騒ぎ だった ん だ よ

たしかに 都会 じゃ ゴミ の 捨て場 に 困って る そう だ けど

いくら なんでも こりゃ ない だ ろ

はい

ここ い ら に 住む みんな で 何 日 も 徹夜 で 見張って さ

でも 見張って る 日 に ゃ こ ない

なのに 眠って る と 来る ん だ よ

美津代 さん が 口 は 乱暴 だ けど 親切 な 人 だった

でも お 礼 を 言って さよなら を しよ う と する と

機関 銃 の よう に しゃべり 出し て 引き留めよ う と する

ミギー が い なく なって この先 どうして いい か 分から ない まま

つい 数 日 が 過ぎ て しまった

けれど いつ まで も 厄介 に なって る わけ に は いか ない

明日 に は 帰って 今度 こそ 父さん に すべて を 話 そ う

右腕 を なく し た わけ

ミギー と いう 名 の 友達 が い た こと

ミギー が 初めて 現れ た 日 の こと

俺 と 過ごし た 毎日

そして あいつ が どんなに いい やつ だった か

俺 を 助ける ため に

あいつ の 知力 勇気

何 を とって も 俺 は 到底 敵 わ ない

あいつ こそ 本当 の ヒーロー だ

ここ は … 前 に も 来 た こと が ある よう な

なんだ あれ は

えっ と お前 は

どう し た 探し物 か

探し物

そう だ 友達 を 探し てる

友達 それ は どんな 顔 の やつ だ

顔 … 顔 は よく 思い出せ ない

じゃあ 知ら ん

えっ と 待て よ

お前 に 似 て た よう な

そう だ 思い出し た

そい つ そい つ 死 ん だ ん だ

なに 死 ん だ ?

うん

違う な 生き てる よ そい つ

私 に は わかる

本当 は そい つ の 名 も 知って いる

そい つ の 名

そい つ の 名 …

ミギー

ミ … ミギー

細胞 が 少し 残って る ん だ

おい 俺 だ よ 分かる か

うるさい ね

何 寝ぼけ て ん の よ

ダメ か

小さな 目 は 作れ て も 考え た り 喋れ る ほど じゃ ない ん だ

ミギー …

ミギー …

そう かい しょうがない ねえ

いつ まで も 引き留める わけ に は いか ない か

本当 に なんと お礼 を 言ったら いい か

どう した ん だい

こんな 朝っぱら から

おい あんた

本当 に 美津代 さん の 甥 な の か

ん な こ た どう だって いい だ ろ

この 子 は もう 帰る ところ な ん だ から

そう は いか ん

最近 妙 な こと が 起こり すぎる

無断 で 捨て られ た ゴミ

無人 の 車 2 台 の 激突 事故

そして 今度 は 殺人 だ

おい 犯人 って の が 余所者 な ん だ ろ

たとえば こんな

だから 余所者 だ と か そういう 問題 じゃ ねえ って の

この 子 は あたし ん 家 に ずっと いたん だ

人間 じゃ ねえ ん だ よ

見 間違い でも なんでも ねえ

大き さ だって 3 メートル だ

足 …

そう だ 足 が 前足 だけ で 4 本

目 だって 3 つ 以上 あった ん だ

後藤 だ 間違い ない

そう やって 笑って りゃ いい さ

でも なあ この 血 は 全部 北山 の 血 な ん だ ぜ

こっか ら そう 遠く ない 場所 で 人 が 化け物 に 食い 殺さ れ た ん だ

現場 は この 辺り な ん です ね

そ そうです

こりゃ ひで え

そう いえ ば こういう の が 以前 …

ミンチ 殺人

あ そう

はい 分かった

明日 に なりゃ ハンター が 大勢 集まる そう だ から

その 化け もん と やら も 退治 できる だ ろ う って さ

猟銃 じゃ あいつ は 倒せ ない

あいつ って

あんた 化け もん の こと 知って ん の

俺 を 追って き た ん です よ

俺 を 殺す ため に

は ー ?

何 を 言い出す やら

これ は 俺 の 責任 です

俺 が あいつ を 連れ て き た

そして 人 が 殺さ れ た

このまま じゃ 明日 また 大勢 人 が 死ぬ

新 ちゃん …

なんと して も 生きる

生き抜く つもり で し た

俺 の ため に 死 ん で いった 友達 も いる

でも もう 俺 一 人 逃げる わけ に は いか ない ん です

どうして

いい じゃ ない 生き れ ば

逃げ れ ば いい じゃ ない

自分 一 人 でも 生きる ため に 逃げる

ちっとも 恥ずかしい こと じゃ ない よ

美津代 さん 俺 は まだ やる だけ の こと を やって い ない

明日 大勢 の 人 が あの 化け物 と 出会う 前 に 俺 の 命 を 使わ なきゃ なら ない ん だ

バカ ふざけ ん な

何 が 俺 の 命 を 使う だ

そんな こと 軽々しく

あんた 何 様 の つもり だ よ

命 を 使う だって

笑わ せ ん じゃ ない よ

あんた み たい な ガキ に 何 が できる って ん だ

どんな 事情 か は 知ら ない けど ね

ともかく こういう こと は 大人 たち に 任せる ん だ

どうしても 行く の かい

あんた に は 誰 か 心 に 気 に かかる 人 は い ない の かい

たとえ 見ず知らず の 相手 でも

1 度 かかわり を も っち まえ ば 放って は おけ ない

それ が 人間 って もん な ん だ

それ を あんた は

あんた に あと どれほど の 時間 が 残って いる か は 知ら ない けれど

でも できる だけ 多く の こと を 考え を 巡らせ て み て おくれ

物事 すべて 投げ ちゃ おしまい な ん だ から さ

どんな こと が あ ろ う と も 決して 諦め ず 臨機応変 に ね

お 待ち

何 か 使え そう な もの は ない か ね

たとえば 武器 だ

じゃあ これ を

なん だ ずいぶん 錆び 付い てる ね

まっ ない より マシ か

あんた どうか あの 子 を …

もしも 後藤 が まったく 別 の 人間 の 姿 を し て い たら

俺 に は 見分ける 術 が ない

でも その 時 は その 時 だ

次回 「 生 と 誓 」


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.