image

月刊少女野崎くん, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 3

何 みこ りん

しょうが ねぇ から 昨日 言って た 少女 漫画 っぽい の を 紹介 して やる よ

新 キャラ の モデル どんな 子 ?

聞い て 驚け

奴 の 通称 は 「 学園 の 王子 様 」 だ

ヒロインマミコ から 直々 の 王子 様 の 紹介

そ … そんな

マミコ に は もう 鈴木 君 が いる のに …

みこ りん の 浮気 者 !

なんで だ よ !

佐倉 … ?

野崎 くん …

どう し た

み っ … みこ りん が … っ

もう ちゃんと 彼 氏 が いる のに 他の 男の子 と も いい 感じ な の !

待て 誤解 だ そんな 目 で 見る な !

何 騒 い で ん の 御子柴

鹿島 いい ところ に …

鹿島 くん

かっこいい

ステキー

見ろ おまえ ら こいつ が 学園 の 王子 様 だ

よかった 男の子 と 浮気 じゃ なかった …

なんで そう なる ん だ よ

大体 本命 の 男 も い ねぇ から な

どうも ー 2 - G の 鹿島 遊 です 演劇 部 所属 です

どうも

ど っ … どうも

もし かして 演劇 部 だ から 「 学園 の 王子 様 」 ?

いや それ も ある けど よ

鹿島 く ー ん

あれ シャンプー 替え た

うん っ 変 … かな

いや … 一瞬 バラ の 妖精 が 現れ た の か と 想った よ

アレ を 素 で やってのける 勇敢 さ を 称え て 我々 は 王子 と 呼 ん で いる

王子 …

王子 …

王子 …

男子 が 呼 ん でる の

鹿島 くん

放課後 ケーキ 食べ に 行か ない

喜んで 付き合う よ お姫様 方

すげ ー だ ろ 日常 生活 で 姫 って 使わ ねぇ よ な ふつう

でも ちょっと 呼ば れ て み たい かも

鹿島 くん 久しぶり 私 の こと 覚え てる

もちろん 君 の かわいい 顔 は 覚え て いる よ

も う っ 名前 で 呼 ん で

それ じゃ ぁ … お姫様

誤 魔 化 し た … !

すげ ー だ ろ あいつ と は 一 年 の 時 から 同じ クラス で

初め は お互い ライバル 視 し て た ん だ けど よ

今 で は すっかり 友達 に

今 で は すっかり 友達 に

相手 に なら なかった ん だ ね みこ りん !

でも 私 結構 有名 だ と 思って た ん だ けど なぁ …

ちょっと ショック だ な …

わ … 私 は その …

野崎 くん しか 見 て なかった から …

なぁ ー ん て 言え る わけな い です よ ね

でも 鹿島 くん 確かに かっこいい なぁ

… って 何 ここ 右 向 い て も 左 向 い て も 心臓 に 悪 すぎる

みこ りん の 傍 って 落ち着く ね

なん だ よ 褒め て も 何も 出 ねぇ ぞ

それ で 君 たち って どんな 集まり な の 全員 クラス 違う よ ね

なんて 言えば いい の か な 友達 …

でも 野崎 くん の 口 から 友達 って 宣言 さ れる の は なん かこ う …

望み 薄い 感じ で それ は それ で ショック と いう か …

マンガ 家 が どう と か は 言う ん じゃ ねぇ ぞ

言う なら … そうだ な 同士 と か 運命 共同 体 と か 盟友 って とこ か

マンション の 一室 で アレ や コレ や する 仲 だ

いかがわし すぎる だ ろ !

いかがわし すぎる だ ろ !

もう こんな 時間 か

早く し ねぇ と 迎え が 来る ぞ

行っちゃ う の ー

いや でも そろそろ 行か ない と

まだ 大丈夫 だ よ

お迎え って

あいつ サボり 魔 だ から な 演劇 部 の 部長 直々 に 毎日 来る ん だ よ

すげ ぇ ぞ 演劇 部 の お迎え は よく 見 て な

もし かして …

て め ぇ 鹿島 ! 遅れ てん じゃ ねぇ よ !

力 技 だ から

バイオレンス !

邪魔 し た な

ち ょ … 部長 歩 ける から … っ

そのまま 腹筋 でも し て ろ

鹿島 くん 放課後 の ケーキ の 約束 どう しよ う

泣か ない で 必ず 抜け出し て 迎え に 行く よ

か ー し ー ま ー !

お ー ま ー え ー は ー !

鹿島 くん って バカ な の

やっぱり マミコ は 鈴木 くん 一筋 だ よ ね

マスター す ん の 早い じゃ ね ー か

ま ぁ ね 初め は なん だ コレ って 思った けど

ベタ 指定 の こと なら 完璧

な っ … なん だ コレ

それ は 背景 担当 の 人 の ベタ 指定 マーク だ な

× マーク と 意味 は いっしょ だ

背景 担当 ?

そう いや 俺 未 だ に 会った こと ねぇ な … 学校 の 奴 ?

部活 やって る 人 だ から な いつも 夜 遅く に 手伝い に 来 て くれる ん だ

夜 遅く 二 人 っきり で ! ?

そんな … こんな かわいい マーク 使う 人 なんて 女 の 人 以外 …

いや … どっち だ

結局 教え て もらえ なかった な …

口止め さ れ てる から

でも 女 の 人 が ブリーフ の 絵 なんて 描く 訳ない じゃ ない

ね ー 結 月 だったら どっち を 自分 の マーク に し たい ?

そう だ な その 2 つ なら ブリーフ

直線 で 書き やす そう

結 月 の バカ 今日 から 結 月 の こと ブリーフ って 呼 ん で やる

いや … 千 代 が 恥ずかしく ない なら それ でも いい けど … ブリーフ でも モモヒキ でも

千 代 ちゃん いる ?

お 願い 千 代 ちゃん って 美術 部 だった よ ね

ちょっと 大道具 の 色 塗り 手伝って くれ ない か な

いい けど 鹿島 くん 顔 どう し た の

役者 な のに …

い や ー 初め は 周り の 女の子 達 に 手伝い 頼 ん だ ん だ けど ね

はみ出し ちゃ った

しょうがない 子 だ ね 一緒 に 塗 ろ う か

鹿島 くん

こぼし ちゃ った

汚れ ちゃ った ぁ

鹿島 く ー ん

仕事 増やし て どう する

で 私 を 殴った 備品 も 壊れ た 共倒れ だ ね

ごめん ちょっと そこ の 道具 取って くん ない

もう ちょっと 俺 終わる から ちょっと 待って

重い の 通る よ

手伝わ せ て 悪い な

部長 の 堀 だ 大道具 を 担当 し て いる

大丈夫 です よ

面目ない

あれ 大道具 って こと は 先輩 は 劇 に は 出 ない ん です か

あぁ 前 は 出 て た ん だ けど 今 は こっち の 方 が 好き だ し

いやいや 堀 ちゃん 先輩 は 3 年生 まで に 背 を 伸ばし て 主役 やる つもり だった ん だ よ

主役 ?

でも 結局

成長 止まっちゃ っ た 悲しい 人 な ん だ よ

鹿島 くん は バカ な の

いや … これ でも 学年 上 位 な ん だ けど ね

でも 本当 は 先輩 すごい 演技 が 上手い ん だ よ ね

身長 あれ ば なぁ ー

小さい 人 の 役 じゃ ダメ な の ?

いや … 下手 に 交ざる と 上手 すぎ て 逆 に 浮く って いう か …

そ っか ぁ …

竹馬 で 身長 補強 と か どう だ ろ う

竹 の 存在 感 ハンパ な いよ

じゃあ ずっと 馬 に 乗り っぱなし と か …

競馬 の ジョッキー の 話 なら …

じゃあ … 私 が 持ち 上げ 続ける って の は どう

とりあえず 今 すぐ 手 を 放し て 逃げ て

じゃあ 佐倉 コレ 塗りつぶす 所 印 つけ とい た から

指定 の 通り に よろしく

はい

こ っ … この マーク は

もし かして 堀 先輩 が 背景 を …

先輩 …

部長 ー 鹿島 くん を 取り合って 女の子 達 が ケンカ を !

鹿島 ー っ !

堀 ちゃん 鹿島 くん を 取り合った 女子 が 階段 を !

なん だ と 鹿島 !

これ 作り 直す しか ない

いい加減 に しろ て め ー っ !

こら 鹿島

なんか パーツ なくなって る

て め ぇ は いつも いつも いつも ー !

待って 鹿島 おい ウロチョロ す ん な こ ら 鹿島 !

もう 鹿島 くん じっと し て て 先輩 の 邪魔 !

佐倉 … いい 奴 …

鹿島 それ 終わる まで 動く ん じゃ ねぇ ぞ

はい はい

あの … 堀 先輩 ちょっと いい です か

なん だ 佐倉

その … 堀 先輩 って …

ブリーフ な ん です か

ちょ っ … 千 代 ちゃん ! ?

そ っ … それ は …

部長 待って … っ

まさか おまえ も … ?

ハイ !

はい てん の ! ?

いや ブリーフ か

ブリーフ です よ ね

ブリーフ だ よ なぁ

下着 ひと つ で そこ まで

でも そう か 先輩 は 下 ネタ 振る と あんな ご機嫌 に なる ん だ なぁ なるほど

鹿島 なん だ こりゃ ぐちゃぐちゃ じゃ ねぇ か !

先輩 の パンツ って ブリーフ な ん です か

セクハラ か よ

野崎 君 昨日 ね

堀 先輩 に 会った ん だ ろ う

何で 知って る の

先輩 が 原稿 に 書 い て 行った から な

本当 だ

でも ホッと し た なぁ 先輩 が 男 で

じゃ 早速 返事 を

佐倉 そこ は ベタ し て くれ

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

堀 先輩

よっ 佐倉

背景 描き に 来 た ん です か

いや 今日 は 野崎 に 台本 を 頼み に 来 た ん だ

台本 って 演劇 部 の

そう うち の 花形 は 鹿島 な ん だ が

王子 の 出番 が 多い 話 って あんまり なく て なぁ …

それ で 野崎 に 書 い て もらって る ん だ

で その 代わり に こっち は 背景 を お 願い し て いる ん だ

そう そう ギブ アンド テイク な

なるほど 要するに 先輩 は 鹿島 君 の ため に 労働 し てる わけ です ね

その 言い 方 は やめ て くれ

ところで 野崎 鹿島 と 会った の か

はい うっかり … 失敗 し まし た

会ったら まずかった の

いや … 今 まで 王子 の イメージ だけ で 書 い て た から …

こう … 本人 を 見る と どうも な …

そ っか 鹿島 君 女の子 だ から

ハーイ お 姉さん 黒い 衣装 が セクシー だ ね

王子 チャラ いな

ただ の ナンパ 男 に しか なら なく なった

悪い が 野崎 普通 の 王子 に 直し て もらえ る か

はい

ね ー ね ー 千 代 ちゃん

野崎 と 部長 って 仲 よかった っけ

ほら

まだ ダメ です か

そう だ なぁ

もう 一 度 考え て み ます

なんか 最近 一緒 に いる の 見かける ん だ けど

あの 二 人 って どんな 関係 な の か な 共通 点 が な いよ ね

えっ と

ど … どう しよ う … 野崎 君 の お 仕事 と か 先輩 の お 手伝い と か 言っちゃ ダメ だ よ ね

あの … その …

野崎 君 は 先輩 へ の お 礼 を 身体 で 払って る だけ な の !

何 その 爛れ た 関係 !

なんて こと だ … 可愛い 後輩 の 地位 が 危 い

鹿島 君 いつ 可愛がら れ て た の

だって 私 に だけ 部活 の お迎え 来る よ !

鹿島 君 しか サボら ない から だ よ !

いつも いい 役 が 回って くる よ !

普通 に 実力 だ よ !

そんな … てっきり 私 が 先輩 の 一 番 だ と 思って い た のに …

いや 待て もう 一 つ 特別 な こと が ある じゃ ない か

先輩 が 躊躇 なく 殴る の は 私 だけ だ !

それ 絶対 好意 じゃ ない

もう … 直接 聞く よ

部長 ー 私 と 野崎 どっち が 可愛い です か

野崎

千代 ちゃ ー ん

鹿島 君

でも 私 も 野崎 君 かな

慰め て よ !

今日 は とても 傷つ い た ので 部活 を サボ ろ う

パフェ 食べよ う か

そんな こと やって る から 野崎 君 に 負け ちゃ う ん だ よ

大体 鹿島 君 は 先輩 と どう なり たい の

どう って …

そう だ な ー …

結婚

け … 結婚 ! ?

結婚 式 に 呼ば れ て 出し物 する くらい の 仲 か なぁ

目標 低 っ !

って 鹿島 君 が 言って まし た そして パフェ 食べ まし た

食った の か

結婚 式 なぁ … 絶対 に 呼び たく ねぇ なぁ …

と いう か 彼女 でき て も 絶対 教え ね ー よ

先輩 なんで そこ まで

鹿島 君 ー

取ら れる から なぁ

なるほど

暇 なら 二 人 と も ちょっと 読 ん で くれ ない か

鹿島 から イメージ を 変え たい

私 も ?

佐倉 は ヒロイン で

は … はい

はい じゃ ヒロイン から

はい

私 は キャロル キャロル 姫 と 呼ば れ て い ます

あなた の 名前 は

私 は レミ リオ 初め まして 美しい お 嬢 様

上手い 先輩 本当 に 上手い ん だ

姫 も 魔女 も 魅力 的 だ から 俺 は 両方 いただき たい よろしい か

セリフ ひ っ ど い けど

そう か 読み合わせ と いえ ども 先輩 も 野崎 君 も 皆 本気 な ん だ

私 も 頑張ら なく ちゃ

なん です か その 女 っ ! 私 の こと 遊び だった の です か !

いや 本気 だ 本気 で 愛し て いる

ただ その 愛 の 花 が たくさん 蕾 を つけ て しまった だけ だ !

もう いや 私 耐え られ ませ ん !

待って くれ

来 ない で

私 の こと は ほうって おい て

君 の 事 も 大事 な ん だ

いや あなた が 憎い … あんな いろんな こと あなた が 言って くれ た のに

なぜ 野崎 の 家 で 佐倉 が 修羅場 を

その 言葉 は 本当 だ

ちょうど いい や 御子柴 は コレ で

知って いる ん だ 園芸 の 人 と 愛 を 語って いる

メイド の ミサ だ

メ … メイド ?

嘘 嘘 嘘 あなた の 言葉 は 皆 嘘

嘘つき は 君 だ

ただ これ を 読 ん で た だけ か

メイド が 見て い た ん だ

ミサ セリフ !

ミサ セリフ !

えっ と お 二 人 と も それ くらい に … なさって ください

いい加減 に し ない と 私 も 黙って い ませ ん から ね

そんな セリフ で ケンカ が 止まる か ! 続行 だ !

そんな セリフ で ケンカ が 止まる か ! 続行 だ !

止めろ よ 台本 守れ よ !

よし じゃ ミサ から 行く ぞ

ご … ご機嫌よう 旦那 様

大体 な ん だ その 声 は 腹 から 声 出せ

ちゃんと 息 吸って 腹 に 力 入れ て みろ

ご … ご機嫌よう 旦那 様

違う ! もっと なり きれ メイド の ミサ に なり き って はい セリフ

ご機嫌よう 旦那 様

もう 一 回

ご機嫌よう 旦那 様

ダメ だ ダメ だ もう 一 回 !

目の前 に 仕え てる 主人 が いる と 思って

ご機嫌よう 旦那 様

ラスト もう 一 回

ご機嫌よう 旦那 様

やれ ば できる じゃ ねぇ か

先輩 !

いつも の 癖 で つい 御子柴 を ヒロイン に し て しまった …

ま ぁ いい か

じゃ これ ありがとう なぁ

そう いえ ば 先輩 御子柴 と あった の 初めて で し た っけ

あっ みこ りん この キャラ 「 ボウフラ 」 って 名前 だ よ

鹿島 の 友達 だ と 思って た ん だ が こんな ところ で 会う と は なぁ

マジ か よ ホント 名前 センス ねぇ よ なぁ

ボウフラ って 何 か の 虫 だった よ ね

蚊 の 子供 じゃ なかった か

うち の 鹿島 の ほう が イケメン だ よ な

先輩 なんだか んだ で 鹿島 の 顔 大好き です よ ね

じゃ 次 台本 32 ページ

堀 先輩

はい

野崎 珍しい なぁ 見学 か

はい

実際 演技 を 見 たら イメージ も 変わる 気 が し た ので

そ っか 悪い なぁ

そし たら 僕 が 血相 を 変え て 上手 から 走って くる ん です ね

先輩 は 演技 し たく なら ない ん です か

その後 の シーン で 私 も 上手 から 入って くる から

俺 ? 俺 は … そう だ なぁ

はい

それ から 中央 で 三 人 が 鉢 あって メイド が 男 へ の 異変 に 気づく

「 どう し た の そんなに 慌て て 」 こんな 感じ で よかった の ?

あいつが いる から なぁ こっか ら 見 てる ほう が いい わ

さ ぁ 野崎 見 て いけ よ わが 部 自慢 の 王子 様 の 演技 を よ

堀 先輩 私 野崎 に 可愛い 後輩 の 座 を 譲り ませ ん から

誰 が 可愛い 後輩 だ 初耳 だ よ

次回 男 に は 戦わ ね ば なら ない 時 が ある

私 も 戦う ぞ ー

何と 戦う ん だ よ

戦う ぞ ー



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

何 みこ りん

しょうが ねぇ から 昨日 言って た 少女 漫画 っぽい の を 紹介 して やる よ

新 キャラ の モデル どんな 子 ?

聞い て 驚け

奴 の 通称 は 「 学園 の 王子 様 」 だ

ヒロインマミコ から 直々 の 王子 様 の 紹介

そ … そんな

マミコ に は もう 鈴木 君 が いる のに …

みこ りん の 浮気 者 !

なんで だ よ !

佐倉 … ?

野崎 くん …

どう し た

み っ … みこ りん が … っ

もう ちゃんと 彼 氏 が いる のに 他の 男の子 と も いい 感じ な の !

待て 誤解 だ そんな 目 で 見る な !

何 騒 い で ん の 御子柴

鹿島 いい ところ に …

鹿島 くん

かっこいい

ステキー

見ろ おまえ ら こいつ が 学園 の 王子 様 だ

よかった 男の子 と 浮気 じゃ なかった …

なんで そう なる ん だ よ

大体 本命 の 男 も い ねぇ から な

どうも ー 2 - G の 鹿島 遊 です 演劇 部 所属 です

どうも

ど っ … どうも

もし かして 演劇 部 だ から 「 学園 の 王子 様 」 ?

いや それ も ある けど よ

鹿島 く ー ん

あれ シャンプー 替え た

うん っ 変 … かな

いや … 一瞬 バラ の 妖精 が 現れ た の か と 想った よ

アレ を 素 で やってのける 勇敢 さ を 称え て 我々 は 王子 と 呼 ん で いる

王子 …

王子 …

王子 …

男子 が 呼 ん でる の

鹿島 くん

放課後 ケーキ 食べ に 行か ない

喜んで 付き合う よ お姫様 方

すげ ー だ ろ 日常 生活 で 姫 って 使わ ねぇ よ な ふつう

でも ちょっと 呼ば れ て み たい かも

鹿島 くん 久しぶり 私 の こと 覚え てる

もちろん 君 の かわいい 顔 は 覚え て いる よ

も う っ 名前 で 呼 ん で

それ じゃ ぁ … お姫様

誤 魔 化 し た … !

すげ ー だ ろ あいつ と は 一 年 の 時 から 同じ クラス で

初め は お互い ライバル 視 し て た ん だ けど よ

今 で は すっかり 友達 に

今 で は すっかり 友達 に

相手 に なら なかった ん だ ね みこ りん !

でも 私 結構 有名 だ と 思って た ん だ けど なぁ …

ちょっと ショック だ な …

わ … 私 は その …

野崎 くん しか 見 て なかった から …

なぁ ー ん て 言え る わけな い です よ ね

でも 鹿島 くん 確かに かっこいい なぁ

… って 何 ここ 右 向 い て も 左 向 い て も 心臓 に 悪 すぎる

みこ りん の 傍 って 落ち着く ね

なん だ よ 褒め て も 何も 出 ねぇ ぞ

それ で 君 たち って どんな 集まり な の 全員 クラス 違う よ ね

なんて 言えば いい の か な 友達 …

でも 野崎 くん の 口 から 友達 って 宣言 さ れる の は なん かこ う …

望み 薄い 感じ で それ は それ で ショック と いう か …

マンガ 家 が どう と か は 言う ん じゃ ねぇ ぞ

言う なら … そうだ な 同士 と か 運命 共同 体 と か 盟友 って とこ か

マンション の 一室 で アレ や コレ や する 仲 だ

いかがわし すぎる だ ろ !

いかがわし すぎる だ ろ !

もう こんな 時間 か

早く し ねぇ と 迎え が 来る ぞ

行っちゃ う の ー

いや でも そろそろ 行か ない と

まだ 大丈夫 だ よ

お迎え って

あいつ サボり 魔 だ から な 演劇 部 の 部長 直々 に 毎日 来る ん だ よ

すげ ぇ ぞ 演劇 部 の お迎え は よく 見 て な

もし かして …

て め ぇ 鹿島 ! 遅れ てん じゃ ねぇ よ !

力 技 だ から

バイオレンス !

邪魔 し た な

ち ょ … 部長 歩 ける から … っ

そのまま 腹筋 でも し て ろ

鹿島 くん 放課後 の ケーキ の 約束 どう しよ う

泣か ない で 必ず 抜け出し て 迎え に 行く よ

か ー し ー ま ー !

お ー ま ー え ー は ー !

鹿島 くん って バカ な の

やっぱり マミコ は 鈴木 くん 一筋 だ よ ね

マスター す ん の 早い じゃ ね ー か

ま ぁ ね 初め は なん だ コレ って 思った けど

ベタ 指定 の こと なら 完璧

な っ … なん だ コレ

それ は 背景 担当 の 人 の ベタ 指定 マーク だ な

× マーク と 意味 は いっしょ だ

背景 担当 ?

そう いや 俺 未 だ に 会った こと ねぇ な … 学校 の 奴 ?

部活 やって る 人 だ から な いつも 夜 遅く に 手伝い に 来 て くれる ん だ

夜 遅く 二 人 っきり で ! ?

そんな … こんな かわいい マーク 使う 人 なんて 女 の 人 以外 …

いや … どっち だ

結局 教え て もらえ なかった な …

口止め さ れ てる から

でも 女 の 人 が ブリーフ の 絵 なんて 描く 訳ない じゃ ない

ね ー 結 月 だったら どっち を 自分 の マーク に し たい ?

そう だ な その 2 つ なら ブリーフ

直線 で 書き やす そう

結 月 の バカ 今日 から 結 月 の こと ブリーフ って 呼 ん で やる

いや … 千 代 が 恥ずかしく ない なら それ でも いい けど … ブリーフ でも モモヒキ でも

千 代 ちゃん いる ?

お 願い 千 代 ちゃん って 美術 部 だった よ ね

ちょっと 大道具 の 色 塗り 手伝って くれ ない か な

いい けど 鹿島 くん 顔 どう し た の

役者 な のに …

い や ー 初め は 周り の 女の子 達 に 手伝い 頼 ん だ ん だ けど ね

はみ出し ちゃ った

しょうがない 子 だ ね 一緒 に 塗 ろ う か

鹿島 くん

こぼし ちゃ った

汚れ ちゃ った ぁ

鹿島 く ー ん

仕事 増やし て どう する

で 私 を 殴った 備品 も 壊れ た 共倒れ だ ね

ごめん ちょっと そこ の 道具 取って くん ない

もう ちょっと 俺 終わる から ちょっと 待って

重い の 通る よ

手伝わ せ て 悪い な

部長 の 堀 だ 大道具 を 担当 し て いる

大丈夫 です よ

面目ない

あれ 大道具 って こと は 先輩 は 劇 に は 出 ない ん です か

あぁ 前 は 出 て た ん だ けど 今 は こっち の 方 が 好き だ し

いやいや 堀 ちゃん 先輩 は 3 年生 まで に 背 を 伸ばし て 主役 やる つもり だった ん だ よ

主役 ?

でも 結局

成長 止まっちゃ っ た 悲しい 人 な ん だ よ

鹿島 くん は バカ な の

いや … これ でも 学年 上 位 な ん だ けど ね

でも 本当 は 先輩 すごい 演技 が 上手い ん だ よ ね

身長 あれ ば なぁ ー

小さい 人 の 役 じゃ ダメ な の ?

いや … 下手 に 交ざる と 上手 すぎ て 逆 に 浮く って いう か …

そ っか ぁ …

竹馬 で 身長 補強 と か どう だ ろ う

竹 の 存在 感 ハンパ な いよ

じゃあ ずっと 馬 に 乗り っぱなし と か …

競馬 の ジョッキー の 話 なら …

じゃあ … 私 が 持ち 上げ 続ける って の は どう

とりあえず 今 すぐ 手 を 放し て 逃げ て

じゃあ 佐倉 コレ 塗りつぶす 所 印 つけ とい た から

指定 の 通り に よろしく

はい

こ っ … この マーク は

もし かして 堀 先輩 が 背景 を …

先輩 …

部長 ー 鹿島 くん を 取り合って 女の子 達 が ケンカ を !

鹿島 ー っ !

堀 ちゃん 鹿島 くん を 取り合った 女子 が 階段 を !

なん だ と 鹿島 !

これ 作り 直す しか ない

いい加減 に しろ て め ー っ !

こら 鹿島

なんか パーツ なくなって る

て め ぇ は いつも いつも いつも ー !

待って 鹿島 おい ウロチョロ す ん な こ ら 鹿島 !

もう 鹿島 くん じっと し て て 先輩 の 邪魔 !

佐倉 … いい 奴 …

鹿島 それ 終わる まで 動く ん じゃ ねぇ ぞ

はい はい

あの … 堀 先輩 ちょっと いい です か

なん だ 佐倉

その … 堀 先輩 って …

ブリーフ な ん です か

ちょ っ … 千 代 ちゃん ! ?

そ っ … それ は …

部長 待って … っ

まさか おまえ も … ?

ハイ !

はい てん の ! ?

いや ブリーフ か

ブリーフ です よ ね

ブリーフ だ よ なぁ

下着 ひと つ で そこ まで

でも そう か 先輩 は 下 ネタ 振る と あんな ご機嫌 に なる ん だ なぁ なるほど

鹿島 なん だ こりゃ ぐちゃぐちゃ じゃ ねぇ か !

先輩 の パンツ って ブリーフ な ん です か

セクハラ か よ

野崎 君 昨日 ね

堀 先輩 に 会った ん だ ろ う

何で 知って る の

先輩 が 原稿 に 書 い て 行った から な

本当 だ

でも ホッと し た なぁ 先輩 が 男 で

じゃ 早速 返事 を

佐倉 そこ は ベタ し て くれ

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

堀 先輩

よっ 佐倉

背景 描き に 来 た ん です か

いや 今日 は 野崎 に 台本 を 頼み に 来 た ん だ

台本 って 演劇 部 の

そう うち の 花形 は 鹿島 な ん だ が

王子 の 出番 が 多い 話 って あんまり なく て なぁ …

それ で 野崎 に 書 い て もらって る ん だ

で その 代わり に こっち は 背景 を お 願い し て いる ん だ

そう そう ギブ アンド テイク な

なるほど 要するに 先輩 は 鹿島 君 の ため に 労働 し てる わけ です ね

その 言い 方 は やめ て くれ

ところで 野崎 鹿島 と 会った の か

はい うっかり … 失敗 し まし た

会ったら まずかった の

いや … 今 まで 王子 の イメージ だけ で 書 い て た から …

こう … 本人 を 見る と どうも な …

そ っか 鹿島 君 女の子 だ から

ハーイ お 姉さん 黒い 衣装 が セクシー だ ね

王子 チャラ いな

ただ の ナンパ 男 に しか なら なく なった

悪い が 野崎 普通 の 王子 に 直し て もらえ る か

はい

ね ー ね ー 千 代 ちゃん

野崎 と 部長 って 仲 よかった っけ

ほら

まだ ダメ です か

そう だ なぁ

もう 一 度 考え て み ます

なんか 最近 一緒 に いる の 見かける ん だ けど

あの 二 人 って どんな 関係 な の か な 共通 点 が な いよ ね

えっ と

ど … どう しよ う … 野崎 君 の お 仕事 と か 先輩 の お 手伝い と か 言っちゃ ダメ だ よ ね

あの … その …

野崎 君 は 先輩 へ の お 礼 を 身体 で 払って る だけ な の !

何 その 爛れ た 関係 !

なんて こと だ … 可愛い 後輩 の 地位 が 危 い

鹿島 君 いつ 可愛がら れ て た の

だって 私 に だけ 部活 の お迎え 来る よ !

鹿島 君 しか サボら ない から だ よ !

いつも いい 役 が 回って くる よ !

普通 に 実力 だ よ !

そんな … てっきり 私 が 先輩 の 一 番 だ と 思って い た のに …

いや 待て もう 一 つ 特別 な こと が ある じゃ ない か

先輩 が 躊躇 なく 殴る の は 私 だけ だ !

それ 絶対 好意 じゃ ない

もう … 直接 聞く よ

部長 ー 私 と 野崎 どっち が 可愛い です か

野崎

千代 ちゃ ー ん

鹿島 君

でも 私 も 野崎 君 かな

慰め て よ !

今日 は とても 傷つ い た ので 部活 を サボ ろ う

パフェ 食べよ う か

そんな こと やって る から 野崎 君 に 負け ちゃ う ん だ よ

大体 鹿島 君 は 先輩 と どう なり たい の

どう って …

そう だ な ー …

結婚

け … 結婚 ! ?

結婚 式 に 呼ば れ て 出し物 する くらい の 仲 か なぁ

目標 低 っ !

って 鹿島 君 が 言って まし た そして パフェ 食べ まし た

食った の か

結婚 式 なぁ … 絶対 に 呼び たく ねぇ なぁ …

と いう か 彼女 でき て も 絶対 教え ね ー よ

先輩 なんで そこ まで

鹿島 君 ー

取ら れる から なぁ

なるほど

暇 なら 二 人 と も ちょっと 読 ん で くれ ない か

鹿島 から イメージ を 変え たい

私 も ?

佐倉 は ヒロイン で

は … はい

はい じゃ ヒロイン から

はい

私 は キャロル キャロル 姫 と 呼ば れ て い ます

あなた の 名前 は

私 は レミ リオ 初め まして 美しい お 嬢 様

上手い 先輩 本当 に 上手い ん だ

姫 も 魔女 も 魅力 的 だ から 俺 は 両方 いただき たい よろしい か

セリフ ひ っ ど い けど

そう か 読み合わせ と いえ ども 先輩 も 野崎 君 も 皆 本気 な ん だ

私 も 頑張ら なく ちゃ

なん です か その 女 っ ! 私 の こと 遊び だった の です か !

いや 本気 だ 本気 で 愛し て いる

ただ その 愛 の 花 が たくさん 蕾 を つけ て しまった だけ だ !

もう いや 私 耐え られ ませ ん !

待って くれ

来 ない で

私 の こと は ほうって おい て

君 の 事 も 大事 な ん だ

いや あなた が 憎い … あんな いろんな こと あなた が 言って くれ た のに

なぜ 野崎 の 家 で 佐倉 が 修羅場 を

その 言葉 は 本当 だ

ちょうど いい や 御子柴 は コレ で

知って いる ん だ 園芸 の 人 と 愛 を 語って いる

メイド の ミサ だ

メ … メイド ?

嘘 嘘 嘘 あなた の 言葉 は 皆 嘘

嘘つき は 君 だ

ただ これ を 読 ん で た だけ か

メイド が 見て い た ん だ

ミサ セリフ !

ミサ セリフ !

えっ と お 二 人 と も それ くらい に … なさって ください

いい加減 に し ない と 私 も 黙って い ませ ん から ね

そんな セリフ で ケンカ が 止まる か ! 続行 だ !

そんな セリフ で ケンカ が 止まる か ! 続行 だ !

止めろ よ 台本 守れ よ !

よし じゃ ミサ から 行く ぞ

ご … ご機嫌よう 旦那 様

大体 な ん だ その 声 は 腹 から 声 出せ

ちゃんと 息 吸って 腹 に 力 入れ て みろ

ご … ご機嫌よう 旦那 様

違う ! もっと なり きれ メイド の ミサ に なり き って はい セリフ

ご機嫌よう 旦那 様

もう 一 回

ご機嫌よう 旦那 様

ダメ だ ダメ だ もう 一 回 !

目の前 に 仕え てる 主人 が いる と 思って

ご機嫌よう 旦那 様

ラスト もう 一 回

ご機嫌よう 旦那 様

やれ ば できる じゃ ねぇ か

先輩 !

いつも の 癖 で つい 御子柴 を ヒロイン に し て しまった …

ま ぁ いい か

じゃ これ ありがとう なぁ

そう いえ ば 先輩 御子柴 と あった の 初めて で し た っけ

あっ みこ りん この キャラ 「 ボウフラ 」 って 名前 だ よ

鹿島 の 友達 だ と 思って た ん だ が こんな ところ で 会う と は なぁ

マジ か よ ホント 名前 センス ねぇ よ なぁ

ボウフラ って 何 か の 虫 だった よ ね

蚊 の 子供 じゃ なかった か

うち の 鹿島 の ほう が イケメン だ よ な

先輩 なんだか んだ で 鹿島 の 顔 大好き です よ ね

じゃ 次 台本 32 ページ

堀 先輩

はい

野崎 珍しい なぁ 見学 か

はい

実際 演技 を 見 たら イメージ も 変わる 気 が し た ので

そ っか 悪い なぁ

そし たら 僕 が 血相 を 変え て 上手 から 走って くる ん です ね

先輩 は 演技 し たく なら ない ん です か

その後 の シーン で 私 も 上手 から 入って くる から

俺 ? 俺 は … そう だ なぁ

はい

それ から 中央 で 三 人 が 鉢 あって メイド が 男 へ の 異変 に 気づく

「 どう し た の そんなに 慌て て 」 こんな 感じ で よかった の ?

あいつが いる から なぁ こっか ら 見 てる ほう が いい わ

さ ぁ 野崎 見 て いけ よ わが 部 自慢 の 王子 様 の 演技 を よ

堀 先輩 私 野崎 に 可愛い 後輩 の 座 を 譲り ませ ん から

誰 が 可愛い 後輩 だ 初耳 だ よ

次回 男 に は 戦わ ね ば なら ない 時 が ある

私 も 戦う ぞ ー

何と 戦う ん だ よ

戦う ぞ ー


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.