image

月刊少女野崎くん, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 11

劍 さん から だ

さすが 劍 さん 良く 見 てる なぁ

こんな 細かい ところ まで

野崎 くん 劍 さん が 担当 に なって どれ くらい 経つ ん だ っけ

え ー と 1 年 くらい かな

もう 何度 も 会って る のに 未 だに どんな 人 か よく わかって ない ん だ けど

そう か

年齢 と か ナゾ だ し

27 歳 だって

趣味 と か 全く 把握 でき ない し

読書 と 映画 だって

ちなみに 前野 さん と 同じ 歳 らしい けど

大学 受験 で 二 浪 し た から 後輩 な ん だ と 聞い た

そんな こと まで 知って る なんて 意外 と 仲 良かった ん だ ね ー

ま ぁ な 全部 都 さん から 聞い た ん だ

それ 情報 漏洩 じゃ ない

ちなみに 初めて 会った 時 は どんな 感じ だった の

そう だ な 出会った 頃 は 距離 を 取って た よ

意外 と 大人 の 対応 だ ね

初め まして 夢野 です それ 以上 近づ い たら 帰り ます

距離 を 取る って そういう ?

そう いえ ば 夢野 先生 も なんだか んだ で 慣れ て き た な

始め は どう なる か と 思った けど

今日 は 顔合わせ で 担当 の 引き続き が メイン な ん です が

前野 が 来 ねぇ

ま ぁ いい か 他 と 違って 男 同士 だ し 気楽 に やる か

夢野 さん 何 か 食い ます

いっ いいえ 結構 です

ご飯 一緒 に 食べ た から って 友達 感覚 に なら れ て も 困り ます から

なんか ガード の 固い 女 み て ぇ で ムカ つく な コイツ

鈴木 くん は 正統 派 ヒーロー で 読者 さん に 人気 あり ます よ ね

まずは キャラクター から 取り入る 気 です か その 手 に は 乗り ませ ん よ

子供 から 手懐ける 気 です か その 手 に は 乗り ませ ん よ

いや

これ から は 夢野 さん の 作品 作り に 俺 も 協力 でき れ ば と 思って ます

まさか 俺 の 話 作り に 口 を 出す 気 です か 出会った ばかり な のに

子育て に 口 を 出す 気 です か 私 なり の やり 方 が ある ん です

なんか 子連れ の 女 口説 い てる みたい で 嫌 だ な ー

どう しよ う この 人 気 ィ 合わ な そう だ し 親しく なる の 大変 そう だ な

じゃ 鈴木 と マミコ は 今後 そういう 流れ で

後 この 長谷川 さん な ん です が

長谷川 さん を ご存知 で

1 話 から いる じゃ ない です か この 子

ど い て よ

ごめん 長谷川 さん …

じゃ これ は

マミコ の 友人 の 大橋 さん です ね

これ は

鈴木 の 幼馴染 の 龍 之介 くん です ね 応援 部 の

すごい キャラ の 名前 五 人 も 言え る なんて

もし かして 俺 の マンガ 読 ん で くれ た ん です か びっくり

それ で 仲良く なった ん だ

この 展開 じゃ ダメ だ

あれ 野崎 くん が お 話 作り で 悩む なんて 珍しい ね

いや どうも ラブ ストーリー に し て は 盛り上がり シーン が 地味 で な

もっと 派手 に し たい

そう かな 鈴木 くん 格好良い と 思う けど

君 は 俺 が 守る から

鈴木 くん …

違う ん だ 表情 と か 台詞 じゃ なく て

もっと こ う 盛り上がって る ー って 感じ の エピソード が 欲しい ん だ

日常 を 上手く 使って 派手 な シーン を 作れ ない もの か と

日常 か ぁ … 例えば どんな 感じ

こんな 感じ かな

マミッコー

鈴木 っく ー ん

日常 感 ゼロ

もしくは 印象 的 な 小道具 を 使う と か

小道具 ?

例えば

す っ … 鈴木 くん は 渡さ ない ん だ から っ

確かに 一気に 緊迫 感 で た ね

力強 さ を 出し たい 時 は

俺 が 支え て いる うち に … っ 早く !

こ っ … 小道具 ?

家庭 的 な 部分 を 出し たい 時 は

君 は ステキ な 女性 だ ね

こ っ … 小道具 ! ?

私 と して は びっくり と か ドッキリ と か する 展開 が 見 たい か な

びっくり し て ドッキリ か

でき た

やっと 授業 終わった ー

慌ただしく 過ぎ て いく 毎日 だ けど

な っ … なんか やたら と バスト アップ の マミコ だらけ だ けど

いい 風 …

今日 も 一 日 楽しかった なぁ …

何も ない まま あと 1 ページ で 終わっちゃ う ん だ けど

あぁ そう だ ね

ずっと 下 に い た の ! ?

びっくり し た 後 「 えっ 何 やって ん の ! ? この 人 」 と ドッキリ し た だ ろ う

そういう ドッキリ は 求め て なかった よ

じゃあ どんな の が ドッキリ な ん だ

思いがけない 物 を 貰う と か 強引 な 行動 を さ れる と か かな

やる

たしかに 思いがけない 物 だ けれど も

よし 持って け ほら 持って け

たしかに 強引 だ けれど も

じゃあ 明日 佐倉 に ドッキリ な 展開 を 仕掛ける から 感想 よろしく

と か 言って た けど 一体 何 を する 気 な の 野崎 くん

ま ぁ でも ドッキリ なんて 予告 さ れ たら 驚 い たり し ない だ ろ う し

変 な どころ で 真面目 だ なぁ 野崎 くん は

なな な 何 やって る の 野崎 くん ! ?

ちょっと し た サプライズ を と 思って

で 本番 は こっち

すご ー い キレーイ 貰って いい の

嬉しい ありがとう

よし

佐倉 荷物 運び か

うん 職員 室 まで

どれ かし て みろ

そう だ よ 野崎 くん そういう ちょっと し た ドッキリ で いい ん だ よ

かっこいい な ー もう

しまった

俺 が 全部 持って行ったら 職員 室 で の ドッキリ が でき ない

佐倉 も 一緒 に 行 こ う

だから そういう の いら ない って

難しい なぁ ドキドキ は

そう だ ね

ちなみに 職員 室 で の ドッキリ って なん だった の

クラス の 集合 写真 を 加工 し て 作った これ を 先生 の 机 の 上 に 置 い て おこ う か と

偽物 と 分かった 今 でも ドキドキ する ね 早く しまって

じゃあ これ

お 弁当 ? 貰っちゃ って いい の

やった 何 かな 何 かな

じゃあ いただき ま ー す

白米

カレー だ !

びっくり し た か

うん すご ー い

この 下 に は 卵 も 入って る ぞ

すご ー い

そう いえ ば 私 今 野崎 くん と お 昼 を 一緒 に 食べ て いる ー

少し 前 まで 考え られ なかった こと だ よ ね

しかも 野崎 くん の 手作り

佐倉 お茶

となり に は お茶 を 注 い で くれる 野崎 くん が いる

ありがとう

おかわり も ある ぞ

おかわり を よ そって くれる 野崎 くん が いる

最後 は デザート だ

デザート まで 用意 し て くれる 野崎 くん が いる

もう ちょっと 頑張れ よ 私 ー

で ね そ したら みこ りん が また 後ろ から 付い てき ちゃ った ん だ よ

もう しようがな いっ

野崎 おまえ 小学生 じゃ ない ん だ から アレ は ない だ ろ

逆 効果 だ ぞ

何 が だ

A 組 の 子 だ よ さっき 思いっきり イタズラ し て た だ ろ

一応 お互い 了承 し た 上 で やって る ぞ だめ な の

一体 なんの プレイ だ よ

むしろ もう ネタ が 尽き そう だ から おまえ も 考え て くれ ない か

佐倉 に 飽き られ ちゃ う

主導 権 は あ っち な の か

佐倉 一緒 に 帰って も いい か

放課後 まで ドッキリ 続く ん だ

どう し た

夏 だ な

夏 … だ ね

じゃ ここ で

なんで ドッキリ は

なん で って 一緒 に 帰り たかった だけ だ けど

と いう わけ で 今回 は 現役 女子 高 生 の 反応 を 参考 に ネーム を 描 い て 見 まし た

なるほど それ は リアル で いい っす ね

では

そんな … っ 白 飯 ? 白 飯 だけ だ と いう の ! ?

いい や それ を めくって ごらん

こっこ れ は …

カレー ! カレー が 隠れ て いる の ね 鈴木 君 !

これ は グルメ 漫画 です ね

月刊 少女 … 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

降って き た な

今日 大雨 で し た っけ

泊まり で よかった よ

で 原稿 は …

野崎 先輩 傘 貸し て ください すごい 雨

野崎 電車 止まった 避難 さ せろ

あれ ?

初め まして 俺 若松 って 言い ます 一 年 です

もし かして こいつ も 野崎 の 手伝い な の か どん くさ そう だ し

バスケ 部 です

違った

くそ 運動 部 か よ

ぜ って ぇ 分かり 合え ねぇ な きらきら し や がって

それにしても 御子柴 先輩 って かっこいい です ね びっくり し まし た

本当 に かっこいい か

はい

本当 に 本当 に そう 思う か

はい

おい どう す ん だ これ じゃ 原稿 でき ねぇ ぞ

御子柴 は 堀 先輩 が 背景 担当 だって 知ら ない です もん ね

そう いえ ば どうして 内緒 に し てる ん でし た っけ

そりゃ 鹿島 に ばれ たら 困る から だ よ

いい か あいつ に ばれ たら

先輩 野崎 の 漫画 手伝って た ん です か

その 代わり に 私 の ため の シナリオ を 描 い て もらって た ん です か

先輩 私 も 手伝って あげ ます

鹿島 君 ~

すま ん 野崎 お前 の 家 が …

いや 先輩 さすが に そこ まで は 大げさ です

とりあえず 俺 は 夕飯 作る から 皆 は 適当 に くつろ い で い て くれ

くつろぐ った って なぁ

なんか し ま しょ う か

とりあえず テレビ で もつ けっか

習慣 で つい 漫画 道具 を …

習慣 で つい 漫画 道具 を …

習慣 で つい 漫画 道具 を …

いや 腹 減り まし た ね

そ … そうだ な

先輩 の ご飯 楽しみ だ な

御子柴 先輩 は 普段 野崎 先輩 と どんな こと し てる ん です か 友達 です よ ね

ゲゲ … ゲーム し たり と か

どんな の です か

そう だ な コミュニケーション 能力 を 高め て 他人 の こと を 垣間見る ヒューマン ドラマ だ

なんか 深 そう だ な

本当 は ギャルゲー な ん だ けど

やり たい なら ゲーム 機 ある けど

いや 今 は いい 会話 を 楽しみ たい から な

しかし 男 が 集まった 時 の 普通 の 話題 つ ー と

お前 どれ 好き

俺 この 子

野崎 女 が たくさん 載って る 雑誌 って ある か

はい

やっぱり マミコ が 一 番 可愛い ん じゃ ねぇ の ヒロイン だ し

でも この 脇役 の 子 も 可愛い です よ 美 少女 設定 です し

なんか 違う

そう じゃ なく て

え ー と そう カラー だ 色 の 付い た モン は ねぇ の か

はい

マミコ は もう いい よ

そう じゃ なく て

こう … 実写 つ ー か リアル な 人間 の 写真 つ ー か な

リアル か

はい

リアル すぎる

しょうが ねぇ これ で やる か

先輩 先輩 は どんな 子 が タイプ です か

そう だ な 足 の 綺麗 な 子 かな

下半身 ! ? 載って ねぇ だ ろ う !

じゃ 若松 は どんな 子 が 好み だ

俺 です か

えっ と

心 の 綺麗 な 人 が いい です

お前 ら ち っと は 写真 見ろ よ

ご馳走様 で し た

通勤 通学 の 時間 に あたった ため 駅 は 大 混雑 し て いる 模様 です

なんか 電車 止まった まま 動か ない みたい だ し

二 人 と も 今日 は 泊まって いく か

すいません 先輩

悪い な 野崎 助かる ぜ

なんでも 手伝い ます よ 俺

困った 時 は お互い様 だ

野崎

先輩

あり が と な

助かり ます

何 言って る ん だ 俺 達 は 友達 だ ろ う

次回 案 「 マミコ & 女 友達 パジャマ パーティー 」

大雨 から 泊まる こと に …

好き な タイプ に つい て 話す

ご飯 を みんな で ☆

野崎 …

お 風呂 いただき まし た

雨 止み ませ ん ね

お前 意外 と 筋肉 付 い て ん な

そう です か

くそ 運動 部 が

腕 立て やって る から です か ね

意外 と 胸 大きい の ね

そう

怖 え 会話 する と 女子 トーク に さ れる の か

な … なん だ よ 俺 は 何も 言って ねぇ ぞ

あら 前髪 下ろす と かわいい わ よ

やめ て よ ー

やめろ

ほら もう 寝る から お前 も 部屋 に 戻れ 自分 の ベッド ある だ ろ う

もう 寝る ん です か

じゃ 家 主として 皆 が 寝る まで 見守り ます ので

安心 し て わ いわい 盛り上がって ください

寝る っ つ っ て ん だ ろ 盛り上が ん ねぇ よ

御子柴 喉 渇か ない か

若松 いつも 眠れ ない お前 が どう し た

恋 バナ と か する と よく 眠 れる と 思う ぞ さ ぁ 話せ 話せ

寝 させろ よ

野崎 先輩 は 俺 達 に なんか し て ほしい こと が ある ん です か

出来る こと なら 協力 し ます けど

お 泊り 会 ネタ でも 描 こ う か と 思って 参考 に

でも それ って どう やって 漫画 で 盛り上げる ん です か

ずっと トーク ?

言わ れ て み れ ば 女 友達 と 会話 する だけ で 読者 が 満足 する わけ が ない

もっと 派手 に 盛り上げ れ ば

とりあえず そこ の 二 人 殴りあい し て み ない か

友情 を 壊す 方向 です か

じゃ 野崎 先輩 の 為 に 頑張って 恋愛 系 の 話 でも し て み ま しょ う

しょうが ねぇ な なんか それ っぽい こ と 言う か

そう いや 先輩 って 鹿島 の こと どう 思って ん です か

何で いきなり 鹿島 の 話 振る ん だ よ

そう いや 若松 は あの あと ローレライ と どう なん だ

はい まだ 会え て ませ ん

元気 いい な

あと は 恋 の 話 っ つ ー たら 佐倉 か

佐倉 先輩 が どう し た ん です か

野崎 君

野崎 君

野崎 君

な ん です

ちょうど いい から 聞い て み ま しょ う よ

おい 野崎 お前 は 佐倉 の こと どう 思って …

寝る な よ

おい 野崎

起き ねぇ な こりゃ

しょうが ねぇ 引きずって っ か

俺 が 運 ぼ う か

こん 中 なら 俺 が 一 番 力 ある と 思う ので 俺 やり ます よ

言った な て め ー なら 腕相撲 で 勝負 だ

マミ … コシバ は ハンデ つける か

いり ませ ん よ

よしゃ 行く ぞ

やった ー

くそ もう 一 回 だ

今度 俺 と やろ う ぜ

よしゃ 行き ます よ

って いう か もう こんな 時間 か よ

つい は しゃい じゃ い まし た ね

もう 寝る か

はい じゃ お やすみ なさい

お やすみ

くそ … 全敗 か よ

一緒 に 帰り たかった だけ だ けど

あれ な ん だった ん だ ろ

なん だ これ

野崎 くん へ

好き です

マミコ いよいよ 来週 は 最終 回 だ ね

そんな 鈴木 君 千 代 ちゃん と 野崎 くん どう なる の

ここ まで お 付き合い くださった 皆様 ありがとう ござい まし た

次回 この 気持ち が 恋 じゃ ない なら きっと 世界 に 恋 は ない



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

劍 さん から だ

さすが 劍 さん 良く 見 てる なぁ

こんな 細かい ところ まで

野崎 くん 劍 さん が 担当 に なって どれ くらい 経つ ん だ っけ

え ー と 1 年 くらい かな

もう 何度 も 会って る のに 未 だに どんな 人 か よく わかって ない ん だ けど

そう か

年齢 と か ナゾ だ し

27 歳 だって

趣味 と か 全く 把握 でき ない し

読書 と 映画 だって

ちなみに 前野 さん と 同じ 歳 らしい けど

大学 受験 で 二 浪 し た から 後輩 な ん だ と 聞い た

そんな こと まで 知って る なんて 意外 と 仲 良かった ん だ ね ー

ま ぁ な 全部 都 さん から 聞い た ん だ

それ 情報 漏洩 じゃ ない

ちなみに 初めて 会った 時 は どんな 感じ だった の

そう だ な 出会った 頃 は 距離 を 取って た よ

意外 と 大人 の 対応 だ ね

初め まして 夢野 です それ 以上 近づ い たら 帰り ます

距離 を 取る って そういう ?

そう いえ ば 夢野 先生 も なんだか んだ で 慣れ て き た な

始め は どう なる か と 思った けど

今日 は 顔合わせ で 担当 の 引き続き が メイン な ん です が

前野 が 来 ねぇ

ま ぁ いい か 他 と 違って 男 同士 だ し 気楽 に やる か

夢野 さん 何 か 食い ます

いっ いいえ 結構 です

ご飯 一緒 に 食べ た から って 友達 感覚 に なら れ て も 困り ます から

なんか ガード の 固い 女 み て ぇ で ムカ つく な コイツ

鈴木 くん は 正統 派 ヒーロー で 読者 さん に 人気 あり ます よ ね

まずは キャラクター から 取り入る 気 です か その 手 に は 乗り ませ ん よ

子供 から 手懐ける 気 です か その 手 に は 乗り ませ ん よ

いや

これ から は 夢野 さん の 作品 作り に 俺 も 協力 でき れ ば と 思って ます

まさか 俺 の 話 作り に 口 を 出す 気 です か 出会った ばかり な のに

子育て に 口 を 出す 気 です か 私 なり の やり 方 が ある ん です

なんか 子連れ の 女 口説 い てる みたい で 嫌 だ な ー

どう しよ う この 人 気 ィ 合わ な そう だ し 親しく なる の 大変 そう だ な

じゃ 鈴木 と マミコ は 今後 そういう 流れ で

後 この 長谷川 さん な ん です が

長谷川 さん を ご存知 で

1 話 から いる じゃ ない です か この 子

ど い て よ

ごめん 長谷川 さん …

じゃ これ は

マミコ の 友人 の 大橋 さん です ね

これ は

鈴木 の 幼馴染 の 龍 之介 くん です ね 応援 部 の

すごい キャラ の 名前 五 人 も 言え る なんて

もし かして 俺 の マンガ 読 ん で くれ た ん です か びっくり

それ で 仲良く なった ん だ

この 展開 じゃ ダメ だ

あれ 野崎 くん が お 話 作り で 悩む なんて 珍しい ね

いや どうも ラブ ストーリー に し て は 盛り上がり シーン が 地味 で な

もっと 派手 に し たい

そう かな 鈴木 くん 格好良い と 思う けど

君 は 俺 が 守る から

鈴木 くん …

違う ん だ 表情 と か 台詞 じゃ なく て

もっと こ う 盛り上がって る ー って 感じ の エピソード が 欲しい ん だ

日常 を 上手く 使って 派手 な シーン を 作れ ない もの か と

日常 か ぁ … 例えば どんな 感じ

こんな 感じ かな

マミッコー

鈴木 っく ー ん

日常 感 ゼロ

もしくは 印象 的 な 小道具 を 使う と か

小道具 ?

例えば

す っ … 鈴木 くん は 渡さ ない ん だ から っ

確かに 一気に 緊迫 感 で た ね

力強 さ を 出し たい 時 は

俺 が 支え て いる うち に … っ 早く !

こ っ … 小道具 ?

家庭 的 な 部分 を 出し たい 時 は

君 は ステキ な 女性 だ ね

こ っ … 小道具 ! ?

私 と して は びっくり と か ドッキリ と か する 展開 が 見 たい か な

びっくり し て ドッキリ か

でき た

やっと 授業 終わった ー

慌ただしく 過ぎ て いく 毎日 だ けど

な っ … なんか やたら と バスト アップ の マミコ だらけ だ けど

いい 風 …

今日 も 一 日 楽しかった なぁ …

何も ない まま あと 1 ページ で 終わっちゃ う ん だ けど

あぁ そう だ ね

ずっと 下 に い た の ! ?

びっくり し た 後 「 えっ 何 やって ん の ! ? この 人 」 と ドッキリ し た だ ろ う

そういう ドッキリ は 求め て なかった よ

じゃあ どんな の が ドッキリ な ん だ

思いがけない 物 を 貰う と か 強引 な 行動 を さ れる と か かな

やる

たしかに 思いがけない 物 だ けれど も

よし 持って け ほら 持って け

たしかに 強引 だ けれど も

じゃあ 明日 佐倉 に ドッキリ な 展開 を 仕掛ける から 感想 よろしく

と か 言って た けど 一体 何 を する 気 な の 野崎 くん

ま ぁ でも ドッキリ なんて 予告 さ れ たら 驚 い たり し ない だ ろ う し

変 な どころ で 真面目 だ なぁ 野崎 くん は

なな な 何 やって る の 野崎 くん ! ?

ちょっと し た サプライズ を と 思って

で 本番 は こっち

すご ー い キレーイ 貰って いい の

嬉しい ありがとう

よし

佐倉 荷物 運び か

うん 職員 室 まで

どれ かし て みろ

そう だ よ 野崎 くん そういう ちょっと し た ドッキリ で いい ん だ よ

かっこいい な ー もう

しまった

俺 が 全部 持って行ったら 職員 室 で の ドッキリ が でき ない

佐倉 も 一緒 に 行 こ う

だから そういう の いら ない って

難しい なぁ ドキドキ は

そう だ ね

ちなみに 職員 室 で の ドッキリ って なん だった の

クラス の 集合 写真 を 加工 し て 作った これ を 先生 の 机 の 上 に 置 い て おこ う か と

偽物 と 分かった 今 でも ドキドキ する ね 早く しまって

じゃあ これ

お 弁当 ? 貰っちゃ って いい の

やった 何 かな 何 かな

じゃあ いただき ま ー す

白米

カレー だ !

びっくり し た か

うん すご ー い

この 下 に は 卵 も 入って る ぞ

すご ー い

そう いえ ば 私 今 野崎 くん と お 昼 を 一緒 に 食べ て いる ー

少し 前 まで 考え られ なかった こと だ よ ね

しかも 野崎 くん の 手作り

佐倉 お茶

となり に は お茶 を 注 い で くれる 野崎 くん が いる

ありがとう

おかわり も ある ぞ

おかわり を よ そって くれる 野崎 くん が いる

最後 は デザート だ

デザート まで 用意 し て くれる 野崎 くん が いる

もう ちょっと 頑張れ よ 私 ー

で ね そ したら みこ りん が また 後ろ から 付い てき ちゃ った ん だ よ

もう しようがな いっ

野崎 おまえ 小学生 じゃ ない ん だ から アレ は ない だ ろ

逆 効果 だ ぞ

何 が だ

A 組 の 子 だ よ さっき 思いっきり イタズラ し て た だ ろ

一応 お互い 了承 し た 上 で やって る ぞ だめ な の

一体 なんの プレイ だ よ

むしろ もう ネタ が 尽き そう だ から おまえ も 考え て くれ ない か

佐倉 に 飽き られ ちゃ う

主導 権 は あ っち な の か

佐倉 一緒 に 帰って も いい か

放課後 まで ドッキリ 続く ん だ

どう し た

夏 だ な

夏 … だ ね

じゃ ここ で

なんで ドッキリ は

なん で って 一緒 に 帰り たかった だけ だ けど

と いう わけ で 今回 は 現役 女子 高 生 の 反応 を 参考 に ネーム を 描 い て 見 まし た

なるほど それ は リアル で いい っす ね

では

そんな … っ 白 飯 ? 白 飯 だけ だ と いう の ! ?

いい や それ を めくって ごらん

こっこ れ は …

カレー ! カレー が 隠れ て いる の ね 鈴木 君 !

これ は グルメ 漫画 です ね

月刊 少女 … 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

降って き た な

今日 大雨 で し た っけ

泊まり で よかった よ

で 原稿 は …

野崎 先輩 傘 貸し て ください すごい 雨

野崎 電車 止まった 避難 さ せろ

あれ ?

初め まして 俺 若松 って 言い ます 一 年 です

もし かして こいつ も 野崎 の 手伝い な の か どん くさ そう だ し

バスケ 部 です

違った

くそ 運動 部 か よ

ぜ って ぇ 分かり 合え ねぇ な きらきら し や がって

それにしても 御子柴 先輩 って かっこいい です ね びっくり し まし た

本当 に かっこいい か

はい

本当 に 本当 に そう 思う か

はい

おい どう す ん だ これ じゃ 原稿 でき ねぇ ぞ

御子柴 は 堀 先輩 が 背景 担当 だって 知ら ない です もん ね

そう いえ ば どうして 内緒 に し てる ん でし た っけ

そりゃ 鹿島 に ばれ たら 困る から だ よ

いい か あいつ に ばれ たら

先輩 野崎 の 漫画 手伝って た ん です か

その 代わり に 私 の ため の シナリオ を 描 い て もらって た ん です か

先輩 私 も 手伝って あげ ます

鹿島 君 ~

すま ん 野崎 お前 の 家 が …

いや 先輩 さすが に そこ まで は 大げさ です

とりあえず 俺 は 夕飯 作る から 皆 は 適当 に くつろ い で い て くれ

くつろぐ った って なぁ

なんか し ま しょ う か

とりあえず テレビ で もつ けっか

習慣 で つい 漫画 道具 を …

習慣 で つい 漫画 道具 を …

習慣 で つい 漫画 道具 を …

いや 腹 減り まし た ね

そ … そうだ な

先輩 の ご飯 楽しみ だ な

御子柴 先輩 は 普段 野崎 先輩 と どんな こと し てる ん です か 友達 です よ ね

ゲゲ … ゲーム し たり と か

どんな の です か

そう だ な コミュニケーション 能力 を 高め て 他人 の こと を 垣間見る ヒューマン ドラマ だ

なんか 深 そう だ な

本当 は ギャルゲー な ん だ けど

やり たい なら ゲーム 機 ある けど

いや 今 は いい 会話 を 楽しみ たい から な

しかし 男 が 集まった 時 の 普通 の 話題 つ ー と

お前 どれ 好き

俺 この 子

野崎 女 が たくさん 載って る 雑誌 って ある か

はい

やっぱり マミコ が 一 番 可愛い ん じゃ ねぇ の ヒロイン だ し

でも この 脇役 の 子 も 可愛い です よ 美 少女 設定 です し

なんか 違う

そう じゃ なく て

え ー と そう カラー だ 色 の 付い た モン は ねぇ の か

はい

マミコ は もう いい よ

そう じゃ なく て

こう … 実写 つ ー か リアル な 人間 の 写真 つ ー か な

リアル か

はい

リアル すぎる

しょうが ねぇ これ で やる か

先輩 先輩 は どんな 子 が タイプ です か

そう だ な 足 の 綺麗 な 子 かな

下半身 ! ? 載って ねぇ だ ろ う !

じゃ 若松 は どんな 子 が 好み だ

俺 です か

えっ と

心 の 綺麗 な 人 が いい です

お前 ら ち っと は 写真 見ろ よ

ご馳走様 で し た

通勤 通学 の 時間 に あたった ため 駅 は 大 混雑 し て いる 模様 です

なんか 電車 止まった まま 動か ない みたい だ し

二 人 と も 今日 は 泊まって いく か

すいません 先輩

悪い な 野崎 助かる ぜ

なんでも 手伝い ます よ 俺

困った 時 は お互い様 だ

野崎

先輩

あり が と な

助かり ます

何 言って る ん だ 俺 達 は 友達 だ ろ う

次回 案 「 マミコ & 女 友達 パジャマ パーティー 」

大雨 から 泊まる こと に …

好き な タイプ に つい て 話す

ご飯 を みんな で ☆

野崎 …

お 風呂 いただき まし た

雨 止み ませ ん ね

お前 意外 と 筋肉 付 い て ん な

そう です か

くそ 運動 部 が

腕 立て やって る から です か ね

意外 と 胸 大きい の ね

そう

怖 え 会話 する と 女子 トーク に さ れる の か

な … なん だ よ 俺 は 何も 言って ねぇ ぞ

あら 前髪 下ろす と かわいい わ よ

やめ て よ ー

やめろ

ほら もう 寝る から お前 も 部屋 に 戻れ 自分 の ベッド ある だ ろ う

もう 寝る ん です か

じゃ 家 主として 皆 が 寝る まで 見守り ます ので

安心 し て わ いわい 盛り上がって ください

寝る っ つ っ て ん だ ろ 盛り上が ん ねぇ よ

御子柴 喉 渇か ない か

若松 いつも 眠れ ない お前 が どう し た

恋 バナ と か する と よく 眠 れる と 思う ぞ さ ぁ 話せ 話せ

寝 させろ よ

野崎 先輩 は 俺 達 に なんか し て ほしい こと が ある ん です か

出来る こと なら 協力 し ます けど

お 泊り 会 ネタ でも 描 こ う か と 思って 参考 に

でも それ って どう やって 漫画 で 盛り上げる ん です か

ずっと トーク ?

言わ れ て み れ ば 女 友達 と 会話 する だけ で 読者 が 満足 する わけ が ない

もっと 派手 に 盛り上げ れ ば

とりあえず そこ の 二 人 殴りあい し て み ない か

友情 を 壊す 方向 です か

じゃ 野崎 先輩 の 為 に 頑張って 恋愛 系 の 話 でも し て み ま しょ う

しょうが ねぇ な なんか それ っぽい こ と 言う か

そう いや 先輩 って 鹿島 の こと どう 思って ん です か

何で いきなり 鹿島 の 話 振る ん だ よ

そう いや 若松 は あの あと ローレライ と どう なん だ

はい まだ 会え て ませ ん

元気 いい な

あと は 恋 の 話 っ つ ー たら 佐倉 か

佐倉 先輩 が どう し た ん です か

野崎 君

野崎 君

野崎 君

な ん です

ちょうど いい から 聞い て み ま しょ う よ

おい 野崎 お前 は 佐倉 の こと どう 思って …

寝る な よ

おい 野崎

起き ねぇ な こりゃ

しょうが ねぇ 引きずって っ か

俺 が 運 ぼ う か

こん 中 なら 俺 が 一 番 力 ある と 思う ので 俺 やり ます よ

言った な て め ー なら 腕相撲 で 勝負 だ

マミ … コシバ は ハンデ つける か

いり ませ ん よ

よしゃ 行く ぞ

やった ー

くそ もう 一 回 だ

今度 俺 と やろ う ぜ

よしゃ 行き ます よ

って いう か もう こんな 時間 か よ

つい は しゃい じゃ い まし た ね

もう 寝る か

はい じゃ お やすみ なさい

お やすみ

くそ … 全敗 か よ

一緒 に 帰り たかった だけ だ けど

あれ な ん だった ん だ ろ

なん だ これ

野崎 くん へ

好き です

マミコ いよいよ 来週 は 最終 回 だ ね

そんな 鈴木 君 千 代 ちゃん と 野崎 くん どう なる の

ここ まで お 付き合い くださった 皆様 ありがとう ござい まし た

次回 この 気持ち が 恋 じゃ ない なら きっと 世界 に 恋 は ない


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.