image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 9

ごめんなさい

先輩 これ は これ って

どういう こと な ん です か

何 が あった ん です か

って か 大丈夫 です か

すべて 私 の せい な の

私 は 私 は

ねえ 皆 どこ

姉ちゃん

皆 どこ

え 何

これ って

ここ

ここ は

そう だ

俺 は

た 貴 月 先輩

私 は

この 船 に 乗って

この 星 に やって き まし た

私 は この 星 の 人間 で は あり ませ ん

そう だ 僕 は その こと を 知って い た の だ

だから 驚 い たり し ない

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

何 っ つ う か

SF だ よ な

うん

これ 動か ない の

この 星 に 来る 途中 で 事故 に 遭って

今 は 航行 でき ない 状態 で

システム に も 不 具合 出 て て

本来 なら ここ で 生活 する 予定 だった ん だ けど

それ で 霧島 君 の 家 に

他 に も 理由 が ある ん だ けど

で さっき の メカ メカ しい の 何 です

あなた 襲って き た と か

ち 違う の

あれ は 緊急 用 の 救助 ボット で

この 船 が その

自動 的 に 発信 し た 救難 信号 を うけ て

私 を 救助 し に 来 た の

それ 壊し ちゃ った ん です か

その 成り行き で

成り行き

この 船 は 動か ない ん です よ ね

救助 さ れ なく て よかった ん です か

よく は ない ん だ けど でも

まだ この 星 に い たかった から

どうして

私 は この 星 に ある

ある 場所 を 探し に 来 た の

ある 場所

私 の 記憶 の 中 に ある 場所

本当 に ある かど かも 分から ない ん だ けど

行って み たく て

だから その

安心 し て ください 先輩

先輩 が 宇宙 人 だ なんて 誰 に も 言ったり し ませ ん から

ま まあ な

つ う か 先輩 が 宇宙 人 だって 言った って

誰 も 信じ ねえ よ

でも メン イン ブラック に 知ら れ たら

あれ

そんな 組織 あり ませ ん よ

か 解剖 と か

さ れ ませ ん

そんな こと を 心配 し て た ん です か

だ だって

貴 月 先輩 私 も 誰 に も 言い ませ ん

私 も

誰 に も 言い ませ ん

ありがとう

迷惑 かけ て ごめんなさい

謝る 必要な い です

うん

あの せっかく だ から

ここ 見学 し て て いい です か

哲郎 こんな 時 に 何 を

だって こんな チャンス めったに ない ぜ

美 桜 だって 思う だ ろ う

まあ そう かもし れ ない けど

確かに 興味深い わ ね

でしょう

わ あ や っぱ すげ え な これ 超 便利

哲郎 君

もう こんな 時間

ママ たち 絶対 心配 し てる

しかた ねえ から 送って て やる よ

で 姉ちゃん 忘れ て た

ごめんなさい

こんな 遅い 時間 まで 引き止め て

話 を 聞い て もらって

心配 し ない で イチカ は いつも 通り で いれ ば いい の よ

うん

驚き だ よ ね

貴 月 先輩 が 宇宙 人 だ なんて

って いう か 未 だに 信じ られ ない

ど っきり だって 言わ れ た ほう が 信じ ちゃ い そう

あら 私 は 薄 々 感づ い て い た けど

本当 です か

ウソ っぽい けど 完全 に 否定 でき ない 感じ

本当 よ だって 私

メン イン ブラック の エージェント だ も の

それ は ウソ です

って いう か 何 な ん です その 冗談

貴 月 先輩 怖がっちゃ い ます

海 の やつ どう する つもり だ

そう そう

なんか いろいろ あって すごい 一 日 で し た ね

早く 帰って

海人 君

私 海人 君 に まだ 言って ない こと が ある

何 です

宇宙 船 で 初めて この 星 に 来 た とき

私 海人 君 に

助かり まし た

あの とき 先輩 が い て くれ なかったら

俺 死 ん で た かも しれ ない ん です よ ね

知って た の

知って い た と いう か

思い出し た と いう か

私 の 星 の 技術 で 治療 し た から

何 が 問題 が ある かも しれ ない と 思って

それ で 俺 ん ち に

ごめんなさい

ああ 気 に し ない で ください

事故 だ ろ う が な ん だ ろ う が

それ で 先輩 に 会う こと が でき て

俺 本当 に 嬉しい ん です

そう 問題 な の は 先輩 が 宇宙 人 だって こと じゃ ない

そんな こと じゃ なく て

いい の よ 謝ら なく て

皆 に ちゃんと 話せ て かえって すっきり し た から

けど

救助 ボット を 壊さ れ た こと を 知った 連盟 保安 局 が

調査 員 を 派遣 し て くる かも しれ ない

そう なったら 皆 に 迷惑 が かかる かも しれ ない

また 傷つけ て しまう か も

時間 は 限ら れ てる

残さ れ た 時間 は

久しぶり だ ね 美 桜 が うち に 来る の

ごめん ね いきなり 泊まり たい なんて 言い出し て

それ は いい ん だ けど どうして

柑 菜 が 戸惑って る だ ろ うなって 思って

そりゃ ね 貴 月 先輩 が 宇宙 人 だ なんて 聞か さ れ たら

そう じゃ なく て

霧島 君 の こと

霧島 君 どう する ん だ ろ う

貴 月 先輩 が 宇宙 人 だって こと は 先輩 は いつか

言わ ない で

それ を 考え たら 私 すごく 嫌 な 子 に なる

ずるい 子 に なる

ずるく て いい よ

好き は 止まら ない よ

止まって くれ ない ん だ

って いう か どうして 私 の 気持ち 知って る の

バレバレ でしょ う

海人 君 今 まで 本当 に お 世話 に なり まし た

私 実家 に 帰り ます

海人 君 の こと ここ で 過ごし た 意味

絶対 絶対 に 忘れ ない ね

先輩 俺 バイト でも 何でも し て

必ず 会い に 行き ます から

でも 私 の 実家 アンドロメダ だ よ

230 万 光年 か

宇宙 って 広い ん だ な

先輩

おはよう 海人 君

私 ちょっと 出かけ て くる ね

えっ 出かける って

もし かして あの 場 所 って ところ を

うん 朝食 作って おい た から

夕 ご飯 まで に は 帰って くる ね

じゃあ

何 し てる ん だ ろ う

この 星 に 居 続け たら

皆 に 迷惑 かける のに

今 すぐ 救助 を 呼 ん だ ほう が いい のに

どうして 私 帰ら ない ん だ ろ う

ねえ 美 桜 やっぱり やめ と か ない

どうして

だって 昨日 の 今日 だ よ

正確 に 言う と 今日 の 今日

どんな 風 に 貴 月 先輩 と 接し て いい か 分か ん ない し

余計 な こと 考え ない で

普段 通り に すれ ば いい の

考え ちゃ う の

いい から いい から

美 桜 髪 切って から 性格 変わって ない

何 が あった

別に

何も ない です よ

あれ 何 してん の お前 ら

そう か 貴 月 先輩 出かけ てる ん だ

昨日 言って た 場所 を 探し に 行く って

一 人 で 行った ん だ と 水くさい よ な

いって くれりゃ 俺 ら も 協力 する のに

いろいろ 考える こと が ある ん じゃ ない か な やっぱり

撮影 っす か

おう

よい あそこ 行って

はい 攻撃 受け て

彼 の こと を 知った の は クラスメート の うわさ 話 が きっかけ だった

転入 生

役場 に 行った 霧島 の 爺さん の 孫 だって

は あ あの 偏屈 な

両親 が 事故 で 無くなって

こっち に 戻って き た って ママ が 言って た

ああ 可哀想

皆 席 に 付い て

今日 から 皆 と 一緒 に 勉強 する

転入 生 を 紹介 する わ ね

東京 から 来 た 霧島 海人 です

よろしく お 願い し ます

そう 言って 微笑 ん だ 彼 は

とても 両親 を 失った ばかり と は 思え なく て

自分 の 身 に なって みる と

とても 笑える 状況 じゃ ない のに

それ でも 笑 お う と して いる 彼 が

多分 もう あの 時 から

意識 し て いた ん だ と 思う

あの 時 の 表情 が

今 の 海人 君 と

ダブる

フィルム が 足りなきゃ 売買 し

あと は 一応 傘 と か も

ああ おはよう ございます 先輩

お おはよう

今日 は 早い ん だ ね

今日 も 探し に 行く ん です よ ね

俺 に も 手伝わ せ て ください

映画 の 撮影 も 皆 に 頼 ん で

しばらく 休み に し まし た から

これ から は

あの 私 一 人 で 行く から

海人 君 に 迷惑 を かけ られ ない わ

これ は 私 個人 の 問題 だ し

でも

ありがとう

でも ごめんなさい

映画 頑張って じゃあ

先輩

今日 は 撮影 なし だって 言った ろ

来 ちゃ まずい の か よ

まずく は ない けど

うまい ぜ

西瓜 じゃ ねえ よ

イチカ 先輩 また 出かけ て ん の か

なんで 手伝って やら ねえ ん だ よ

個人 の 問題 だ から って 断ら れ た

映画 頑張って って さ

そう か えっ どう し た

撮って ない 風景 カット 思いだし た

ちょっと 軽井沢 行って くる

帰る ん なら 戸締り 頼む な

ちょ っ 海

鍵 は いつ もん とこ で いい から

いい から って

どう する ん だ よ これ

あれ

哲郎

何 だ

また 西瓜 か よ

海人 君 は

風景 カット 撮って くる って さ

貴 月 先輩 は

出かけ てる って

それ で あんた は 何 して ん の

柑 菜

え 何 何

これ 軽井沢 の とき の

可愛く 撮れ てる

貴 月 先輩

ええ こんな の 撮って た の か

柑 菜

え ああ ごめん

何でもない 何でもない

そう

それ より 西瓜 食べよ 西瓜

暑い ね

ええ

可愛らしい 坊や ね

私 と デート し ない

心 より 遠慮 し ます

いらいら し てる

そう 見え ます

理由 は

そう ね イチカ と 何 か あった と か

何も あり ませ ん よ

と いう か 何も さ せ て もらえ ない ん です

先輩 に 俺 の 気持ち は 分かり ませ ん よ

ガキ ね 自分 の 思い通り に なら ない から 不貞腐れ てる

そう なん じゃ ない ん です

じゃあ あなた に イチカ の 気持ち が 分かる の

イチカ が 何 を 考え て どう 思って

一 人 で この 星 に 来 た と 思う

今 何 を 考え

どう 思って 行動 し て いる か

霧島 君 は 考え た こと が ある の かしら

勇気 を 出し て

自分 の 正体 を 打ち上げ た イチカ に

あなた は 何 か 答え て あげ た

俺 は 何 を すれ ば

それ を 考え なさい と 言った の

イチカ の ため に 何 が できる か

何 を し たら いい か

イチカ の こと を 思って いる なら

答え は 出る はず よ

ありがとう ござい ます

考え て い ます

そう 動く の よ

止まら ず に 前 に

海 の やつ 何 やって ん だ

ここ の とこ ずっと うち に も い ねえ し

電話 に も 出 ねえ

さとし の バカ 帰ら ない もん

つ う か いい加減 に 帰れ よ 姉ちゃん

海人 君

私 の 好き な 人 は

私 の

FD 32 は 調べ た から

次 は BF

どこ 行く ん です か

谷川 さん

また 場所 って いう の を 探し に 行く ん です か

え ええ

で それ を 見つけ たら

さよなら って 感じ で 自分 の 星 に 帰って 行く ん です ね

いい です よ 別に

私 に とって は ラッキー です

だって 私 海人 君 が 好き です から

ライバル が い なく て へ へ へ へって もん です

谷川 さん

先輩 気 づい てる でしょ う

海人 君 の 気持ち

私 が 分かっちゃ う ぐらい な ん だ から

先輩 だって 気づ い てる はず です

そして もう 一 つ 気づ い てる ん です

先輩 も 海人 君 の こと が 好き だって

そう な ん でしょ う

な 何 言って る の

私 は

宇宙 人 だ から ダメ って いう ん です か

いつ まで も 一緒 に い られ ない から 海人 君 の 気持ち に 答え られ ない って いう ん です か

そういう の 言い訳 に し て

海人 君 から ずっと 逃げ 続ける 気 です か

逃げる ん だ なんて そんな

現に 今 そうして い ます

私 は あの 場所 を

探す こと に 一生懸命 の 振り し て

海人 君 から 目 を 背け てる 逃げ てる

だって どう しよう も ない じゃ ない

私 は いつ まで も この 星 に

どう しよ う も ある

何 が

好き だって 言え ば いい

なんで 言わ ない の

好き な 人 と 結ばれる ん だ よ

素敵 な こと じゃ ない

私 が どんなに 望 ん で も

手 に 入ら ない もの が

すぐ そこ に ある のに

こじつけ ばっ か で

逃げ て ばっ か で

海人 君 が 今 何 を し てる かも 知ら ない くせ に

海人 君 海人 君 は 何

それ ぐらい 自分 で 調べよ バッカ

なんで

どうして あんた が ここ に いる の よ

振ら れ た 私 を 見る の が そんなに 楽しい

応援 する 振り を し て

こう なる の が 見 たかった わけ

悪 趣味 だ よ

バカ 行って よ

帰って よ

泣か せ て よ

頼む よ 柑 菜

泣く な よ

海人 君 が 好き

好き な の

木 が あって 池 が あって

何 が ある ん だ ろ う な そこ に

こんな もん かな

次 は

せ 先輩

なんで

もう 格好いい こと しっちゃ っ て

探し て くれ て たん だ よ ね

ありがとう

すみません 勝手 な こと を

私 ね 帰ら なきゃ いけない って 思って た

私 の せい で 皆 に 迷惑 が かかる から

でも 帰り たく なかった

谷川 さん が 気づか せ て くれ た の

帰り たく ない 理由 は

あの 場所 に 行き たい から だけ じゃ なく て

そう じゃ なく て

あ あの

宇宙 人 で いい です か

私 な ん か で いい です

はい

告白 し て も いい です か

ダメ

俺 から し ます

好き です ずっと 好き で し た

ずっと 好き で し た

きっと 初めて 会った とき から

私 は 分から なかった

でも 好き に なって た

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

あの 何 っ つ う か

俺 初めて だった から その

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

私 は 四 回 目 よ

一 回 目 は ダム で

片 結び は ひどく なって た

二 回 目 は 玄関 で 倒れ た とき

三 回 目 は 救助 ボット に 襲わ れ た とき

全部 俺

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

私 の 中 の 治療 用 の マシーン を

海人 君 に 送り込む ため に

うまく 合致 し て くれ て よかった

君 は もう 永 ら え ん の

嘘 だ ろ う

全然 ロマンティック じゃ ない

それ から

まだ ある ん です か

雲 の 形 突き抜ける

これ で 五 回 目

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

悲し み が ある から 喜び が ある よう に

誰 か の 幸せ の かげ で

誰 か が 涙 を こぼす

それ が 分かって い て も

強い 思い は たまらない



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

ごめんなさい

先輩 これ は これ って

どういう こと な ん です か

何 が あった ん です か

って か 大丈夫 です か

すべて 私 の せい な の

私 は 私 は

ねえ 皆 どこ

姉ちゃん

皆 どこ

え 何

これ って

ここ

ここ は

そう だ

俺 は

た 貴 月 先輩

私 は

この 船 に 乗って

この 星 に やって き まし た

私 は この 星 の 人間 で は あり ませ ん

そう だ 僕 は その こと を 知って い た の だ

だから 驚 い たり し ない

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

何 っ つ う か

SF だ よ な

うん

これ 動か ない の

この 星 に 来る 途中 で 事故 に 遭って

今 は 航行 でき ない 状態 で

システム に も 不 具合 出 て て

本来 なら ここ で 生活 する 予定 だった ん だ けど

それ で 霧島 君 の 家 に

他 に も 理由 が ある ん だ けど

で さっき の メカ メカ しい の 何 です

あなた 襲って き た と か

ち 違う の

あれ は 緊急 用 の 救助 ボット で

この 船 が その

自動 的 に 発信 し た 救難 信号 を うけ て

私 を 救助 し に 来 た の

それ 壊し ちゃ った ん です か

その 成り行き で

成り行き

この 船 は 動か ない ん です よ ね

救助 さ れ なく て よかった ん です か

よく は ない ん だ けど でも

まだ この 星 に い たかった から

どうして

私 は この 星 に ある

ある 場所 を 探し に 来 た の

ある 場所

私 の 記憶 の 中 に ある 場所

本当 に ある かど かも 分から ない ん だ けど

行って み たく て

だから その

安心 し て ください 先輩

先輩 が 宇宙 人 だ なんて 誰 に も 言ったり し ませ ん から

ま まあ な

つ う か 先輩 が 宇宙 人 だって 言った って

誰 も 信じ ねえ よ

でも メン イン ブラック に 知ら れ たら

あれ

そんな 組織 あり ませ ん よ

か 解剖 と か

さ れ ませ ん

そんな こと を 心配 し て た ん です か

だ だって

貴 月 先輩 私 も 誰 に も 言い ませ ん

私 も

誰 に も 言い ませ ん

ありがとう

迷惑 かけ て ごめんなさい

謝る 必要な い です

うん

あの せっかく だ から

ここ 見学 し て て いい です か

哲郎 こんな 時 に 何 を

だって こんな チャンス めったに ない ぜ

美 桜 だって 思う だ ろ う

まあ そう かもし れ ない けど

確かに 興味深い わ ね

でしょう

わ あ や っぱ すげ え な これ 超 便利

哲郎 君

もう こんな 時間

ママ たち 絶対 心配 し てる

しかた ねえ から 送って て やる よ

で 姉ちゃん 忘れ て た

ごめんなさい

こんな 遅い 時間 まで 引き止め て

話 を 聞い て もらって

心配 し ない で イチカ は いつも 通り で いれ ば いい の よ

うん

驚き だ よ ね

貴 月 先輩 が 宇宙 人 だ なんて

って いう か 未 だに 信じ られ ない

ど っきり だって 言わ れ た ほう が 信じ ちゃ い そう

あら 私 は 薄 々 感づ い て い た けど

本当 です か

ウソ っぽい けど 完全 に 否定 でき ない 感じ

本当 よ だって 私

メン イン ブラック の エージェント だ も の

それ は ウソ です

って いう か 何 な ん です その 冗談

貴 月 先輩 怖がっちゃ い ます

海 の やつ どう する つもり だ

そう そう

なんか いろいろ あって すごい 一 日 で し た ね

早く 帰って

海人 君

私 海人 君 に まだ 言って ない こと が ある

何 です

宇宙 船 で 初めて この 星 に 来 た とき

私 海人 君 に

助かり まし た

あの とき 先輩 が い て くれ なかったら

俺 死 ん で た かも しれ ない ん です よ ね

知って た の

知って い た と いう か

思い出し た と いう か

私 の 星 の 技術 で 治療 し た から

何 が 問題 が ある かも しれ ない と 思って

それ で 俺 ん ち に

ごめんなさい

ああ 気 に し ない で ください

事故 だ ろ う が な ん だ ろ う が

それ で 先輩 に 会う こと が でき て

俺 本当 に 嬉しい ん です

そう 問題 な の は 先輩 が 宇宙 人 だって こと じゃ ない

そんな こと じゃ なく て

いい の よ 謝ら なく て

皆 に ちゃんと 話せ て かえって すっきり し た から

けど

救助 ボット を 壊さ れ た こと を 知った 連盟 保安 局 が

調査 員 を 派遣 し て くる かも しれ ない

そう なったら 皆 に 迷惑 が かかる かも しれ ない

また 傷つけ て しまう か も

時間 は 限ら れ てる

残さ れ た 時間 は

久しぶり だ ね 美 桜 が うち に 来る の

ごめん ね いきなり 泊まり たい なんて 言い出し て

それ は いい ん だ けど どうして

柑 菜 が 戸惑って る だ ろ うなって 思って

そりゃ ね 貴 月 先輩 が 宇宙 人 だ なんて 聞か さ れ たら

そう じゃ なく て

霧島 君 の こと

霧島 君 どう する ん だ ろ う

貴 月 先輩 が 宇宙 人 だって こと は 先輩 は いつか

言わ ない で

それ を 考え たら 私 すごく 嫌 な 子 に なる

ずるい 子 に なる

ずるく て いい よ

好き は 止まら ない よ

止まって くれ ない ん だ

って いう か どうして 私 の 気持ち 知って る の

バレバレ でしょ う

海人 君 今 まで 本当 に お 世話 に なり まし た

私 実家 に 帰り ます

海人 君 の こと ここ で 過ごし た 意味

絶対 絶対 に 忘れ ない ね

先輩 俺 バイト でも 何でも し て

必ず 会い に 行き ます から

でも 私 の 実家 アンドロメダ だ よ

230 万 光年 か

宇宙 って 広い ん だ な

先輩

おはよう 海人 君

私 ちょっと 出かけ て くる ね

えっ 出かける って

もし かして あの 場 所 って ところ を

うん 朝食 作って おい た から

夕 ご飯 まで に は 帰って くる ね

じゃあ

何 し てる ん だ ろ う

この 星 に 居 続け たら

皆 に 迷惑 かける のに

今 すぐ 救助 を 呼 ん だ ほう が いい のに

どうして 私 帰ら ない ん だ ろ う

ねえ 美 桜 やっぱり やめ と か ない

どうして

だって 昨日 の 今日 だ よ

正確 に 言う と 今日 の 今日

どんな 風 に 貴 月 先輩 と 接し て いい か 分か ん ない し

余計 な こと 考え ない で

普段 通り に すれ ば いい の

考え ちゃ う の

いい から いい から

美 桜 髪 切って から 性格 変わって ない

何 が あった

別に

何も ない です よ

あれ 何 してん の お前 ら

そう か 貴 月 先輩 出かけ てる ん だ

昨日 言って た 場所 を 探し に 行く って

一 人 で 行った ん だ と 水くさい よ な

いって くれりゃ 俺 ら も 協力 する のに

いろいろ 考える こと が ある ん じゃ ない か な やっぱり

撮影 っす か

おう

よい あそこ 行って

はい 攻撃 受け て

彼 の こと を 知った の は クラスメート の うわさ 話 が きっかけ だった

転入 生

役場 に 行った 霧島 の 爺さん の 孫 だって

は あ あの 偏屈 な

両親 が 事故 で 無くなって

こっち に 戻って き た って ママ が 言って た

ああ 可哀想

皆 席 に 付い て

今日 から 皆 と 一緒 に 勉強 する

転入 生 を 紹介 する わ ね

東京 から 来 た 霧島 海人 です

よろしく お 願い し ます

そう 言って 微笑 ん だ 彼 は

とても 両親 を 失った ばかり と は 思え なく て

自分 の 身 に なって みる と

とても 笑える 状況 じゃ ない のに

それ でも 笑 お う と して いる 彼 が

多分 もう あの 時 から

意識 し て いた ん だ と 思う

あの 時 の 表情 が

今 の 海人 君 と

ダブる

フィルム が 足りなきゃ 売買 し

あと は 一応 傘 と か も

ああ おはよう ございます 先輩

お おはよう

今日 は 早い ん だ ね

今日 も 探し に 行く ん です よ ね

俺 に も 手伝わ せ て ください

映画 の 撮影 も 皆 に 頼 ん で

しばらく 休み に し まし た から

これ から は

あの 私 一 人 で 行く から

海人 君 に 迷惑 を かけ られ ない わ

これ は 私 個人 の 問題 だ し

でも

ありがとう

でも ごめんなさい

映画 頑張って じゃあ

先輩

今日 は 撮影 なし だって 言った ろ

来 ちゃ まずい の か よ

まずく は ない けど

うまい ぜ

西瓜 じゃ ねえ よ

イチカ 先輩 また 出かけ て ん の か

なんで 手伝って やら ねえ ん だ よ

個人 の 問題 だ から って 断ら れ た

映画 頑張って って さ

そう か えっ どう し た

撮って ない 風景 カット 思いだし た

ちょっと 軽井沢 行って くる

帰る ん なら 戸締り 頼む な

ちょ っ 海

鍵 は いつ もん とこ で いい から

いい から って

どう する ん だ よ これ

あれ

哲郎

何 だ

また 西瓜 か よ

海人 君 は

風景 カット 撮って くる って さ

貴 月 先輩 は

出かけ てる って

それ で あんた は 何 して ん の

柑 菜

え 何 何

これ 軽井沢 の とき の

可愛く 撮れ てる

貴 月 先輩

ええ こんな の 撮って た の か

柑 菜

え ああ ごめん

何でもない 何でもない

そう

それ より 西瓜 食べよ 西瓜

暑い ね

ええ

可愛らしい 坊や ね

私 と デート し ない

心 より 遠慮 し ます

いらいら し てる

そう 見え ます

理由 は

そう ね イチカ と 何 か あった と か

何も あり ませ ん よ

と いう か 何も さ せ て もらえ ない ん です

先輩 に 俺 の 気持ち は 分かり ませ ん よ

ガキ ね 自分 の 思い通り に なら ない から 不貞腐れ てる

そう なん じゃ ない ん です

じゃあ あなた に イチカ の 気持ち が 分かる の

イチカ が 何 を 考え て どう 思って

一 人 で この 星 に 来 た と 思う

今 何 を 考え

どう 思って 行動 し て いる か

霧島 君 は 考え た こと が ある の かしら

勇気 を 出し て

自分 の 正体 を 打ち上げ た イチカ に

あなた は 何 か 答え て あげ た

俺 は 何 を すれ ば

それ を 考え なさい と 言った の

イチカ の ため に 何 が できる か

何 を し たら いい か

イチカ の こと を 思って いる なら

答え は 出る はず よ

ありがとう ござい ます

考え て い ます

そう 動く の よ

止まら ず に 前 に

海 の やつ 何 やって ん だ

ここ の とこ ずっと うち に も い ねえ し

電話 に も 出 ねえ

さとし の バカ 帰ら ない もん

つ う か いい加減 に 帰れ よ 姉ちゃん

海人 君

私 の 好き な 人 は

私 の

FD 32 は 調べ た から

次 は BF

どこ 行く ん です か

谷川 さん

また 場所 って いう の を 探し に 行く ん です か

え ええ

で それ を 見つけ たら

さよなら って 感じ で 自分 の 星 に 帰って 行く ん です ね

いい です よ 別に

私 に とって は ラッキー です

だって 私 海人 君 が 好き です から

ライバル が い なく て へ へ へ へって もん です

谷川 さん

先輩 気 づい てる でしょ う

海人 君 の 気持ち

私 が 分かっちゃ う ぐらい な ん だ から

先輩 だって 気づ い てる はず です

そして もう 一 つ 気づ い てる ん です

先輩 も 海人 君 の こと が 好き だって

そう な ん でしょ う

な 何 言って る の

私 は

宇宙 人 だ から ダメ って いう ん です か

いつ まで も 一緒 に い られ ない から 海人 君 の 気持ち に 答え られ ない って いう ん です か

そういう の 言い訳 に し て

海人 君 から ずっと 逃げ 続ける 気 です か

逃げる ん だ なんて そんな

現に 今 そうして い ます

私 は あの 場所 を

探す こと に 一生懸命 の 振り し て

海人 君 から 目 を 背け てる 逃げ てる

だって どう しよう も ない じゃ ない

私 は いつ まで も この 星 に

どう しよ う も ある

何 が

好き だって 言え ば いい

なんで 言わ ない の

好き な 人 と 結ばれる ん だ よ

素敵 な こと じゃ ない

私 が どんなに 望 ん で も

手 に 入ら ない もの が

すぐ そこ に ある のに

こじつけ ばっ か で

逃げ て ばっ か で

海人 君 が 今 何 を し てる かも 知ら ない くせ に

海人 君 海人 君 は 何

それ ぐらい 自分 で 調べよ バッカ

なんで

どうして あんた が ここ に いる の よ

振ら れ た 私 を 見る の が そんなに 楽しい

応援 する 振り を し て

こう なる の が 見 たかった わけ

悪 趣味 だ よ

バカ 行って よ

帰って よ

泣か せ て よ

頼む よ 柑 菜

泣く な よ

海人 君 が 好き

好き な の

木 が あって 池 が あって

何 が ある ん だ ろ う な そこ に

こんな もん かな

次 は

せ 先輩

なんで

もう 格好いい こと しっちゃ っ て

探し て くれ て たん だ よ ね

ありがとう

すみません 勝手 な こと を

私 ね 帰ら なきゃ いけない って 思って た

私 の せい で 皆 に 迷惑 が かかる から

でも 帰り たく なかった

谷川 さん が 気づか せ て くれ た の

帰り たく ない 理由 は

あの 場所 に 行き たい から だけ じゃ なく て

そう じゃ なく て

あ あの

宇宙 人 で いい です か

私 な ん か で いい です

はい

告白 し て も いい です か

ダメ

俺 から し ます

好き です ずっと 好き で し た

ずっと 好き で し た

きっと 初めて 会った とき から

私 は 分から なかった

でも 好き に なって た

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

あの 何 っ つ う か

俺 初めて だった から その

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

私 は 四 回 目 よ

一 回 目 は ダム で

片 結び は ひどく なって た

二 回 目 は 玄関 で 倒れ た とき

三 回 目 は 救助 ボット に 襲わ れ た とき

全部 俺

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

私 の 中 の 治療 用 の マシーン を

海人 君 に 送り込む ため に

うまく 合致 し て くれ て よかった

君 は もう 永 ら え ん の

嘘 だ ろ う

全然 ロマンティック じゃ ない

それ から

まだ ある ん です か

雲 の 形 突き抜ける

これ で 五 回 目

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

悲し み が ある から 喜び が ある よう に

誰 か の 幸せ の かげ で

誰 か が 涙 を こぼす

それ が 分かって い て も

強い 思い は たまらない


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.