image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 6

柑 菜 は お前 の こと 好き だ ぜ

谷川 が 俺 の こと を

ああ

そう 言って くれ って

谷川 に 頼ま れ た の か

いや 俺 の 独断

谷川 さん が 海人 君 の こと

海人 君 は

どう する 気 な ん だ ろ う

けど 谷川 さん から 直接 告白 さ れ た わけ じゃ ない し

普段 通り に し て いる しか ない よ ね

石垣 君 どうして 海人 君 に

ああ 疲れ た 疲れ た

あれ い た の

ま ー た 暗い こと し てる わ ね

そっち は また さとし さん と 喧嘩

違う わ よ

高校 時 の 仲間 と 旅行 する 予定 だった ん だ けど

急に 皆 の 都合 が 悪く なって ね

せっかく 帰って き た のに さ

そう

何 よ 元気 な いわ ね

柑 菜 ちゃん と 喧嘩 でも し た

なんで 柑 菜 が 出 て くる ん だ か

何 する ん だ

あげる

皆 で 楽し ん で 来 な よ

オ キ ナ ワ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

へえ 沖縄

明後日 から ただ で

もちろん 行く

皆 と 一緒 なら

ママ や パパ も 許し て くれる と 思う し

檸檬 先輩 に は 俺 から 連絡 し とく から

美 桜 や 海 に 知らせ とい て くる ね

い いい けど

チャンス だ な

や やめ て って ば

そういう こと ナシ って 言った でしょ う もう

じゃ ね

はい 霧島

えっ た 谷川

ど どう し た こんな 時間 に

谷川 さん から

旅行 沖縄 に

え ああ なん だ そういう こと

うん 分かった

そう する じゃあ

今 の 電話 谷川 さん から

ええ 旅行 に 誘わ れ て

行く の

行 こ う と 思い ます けど

そんな 簡単 に

先輩 なんか 予定 入って たり し ます

映画 撮影 も 兼ねて

皆 で 行 こ う って

ああ そう な ん だ

旅行 先 沖縄 です よ

ええ 沖縄

こ これ が 沖縄

こんな 綺麗 な 場所 が リブ ライ さ れ てる なんて

リブ ライ

ええ と よく 分か ん ない けど

気 に 入り まし た

すごく

行き ます

絶対 行く

いつ 行く の 明日 これ から

うまく 言え ない けど

ああ す っ ごく 嬉しい 楽しい

あの 時 の 僕 は

正直 ほっと して い た

難しい こと あんまり 考え ず

皆 で 旅行 を 楽しめ ば いい ん だ って

そう 思って

来 ちゃ った な 沖縄

ああ 来 ちゃ った な

来 てる ぜ

ああ 来 てる

何 が 来 てる の

な 何

いや 気合 入って る な って

そ そんな じゃ な いわ よ

て 店員 さん に これ 流行って る って 勧め られ て それ で

そう だった かな

美 桜

ごめん 嘘 です 嘘 で し た 許し て

いい じゃ ん 似合って る よ

ホント

うん

ありがとう

いや 別に

美 桜 は どんな 水着 な ん だ

べ 別に 普通 の だ よ

でも 私 肌 弱く て パーカー 脱げ ない から

せっかく スタイル いい のに

あんまり 見 ちゃ ダメ

で 先輩 たち は

お 待た せ

ごめんなさい

ちょっと 着替え に 手間取っちゃ っ て

お 待た せ

来 て よかった な

石垣 君 私 は どう かしら

ある 一定 層 に は 効果 が ある と 思い ます

世界 は 狙え る

ちょっと 大人っぽ すぎる かな

ああ すみません

姉さん の 水着 そういう の しか なく て

貸し て もらえ て 感謝 し て わ

かなり 覚 悟った のに

ドンマイ

なんか 無駄 に 大作 だ な

これ から これ から

これ から

海人 君 も 埋め て あげよ う か

いや 俺 は いい よ

そう 楽しい のに

霧島 君 なんか 様子 が 変な 気 し ない

かも な

ところで これ から って

まっすぐ 潮 が 満ちる から

そし たら 本物 み たい に 水 に 浮かぶ

今 すぐ 出し て くれ

海 助け て

さ って 沖縄 の 海 も 堪能 し た ところ で

撮影 に 入る わ よ

ええ

初日 から

アイデア は 練って おい た わ

迫る 追 手 から 逃れる ため に

ヒロイン は 一時的 に 沖縄 に 身 を 隠す の

その アイデア 本当 に 練った ん です か

考え 過ぎ て 徹夜 する ほど に ね

肌 ツヤツヤ です よ

なんだか 注目 さ れ てる よう な

それ は あなた が 美しい から よ

いや そう じゃ なく て

撮影 許可 と か 取ら なく て いい ん です か

谷川 さん 海 は 誰 の もの で も ない わ

知り ませ ん よ

あの う 何 し てる ん です か

ああ えっ と 自主 映画 を

へえ すごい

佳織 邪魔 し ちゃ 悪い って

ちょっと 聞い た だけ じゃ ん

あれ も しか して 海 ちゃん

えっ なんで ガキ ん 頃 の あだ名 を

あっ ぱ り 私 よ 私 佳織

樹 下 佳織

樹 下 って へえ 樹 下 ホント に

何 だ

すごい 久しぶり

何 年 ぶり だ ろ う

でも すぐ 分かった よ

だって ぜんぜん 変わって ない ん だ もん

その 癖 っ 毛 に 大きな メガネ

樹 下 は だいぶ 変わった な

そう まあ 高校 に 入って から

女子 力 高め まし た から

でも こんな とこ で 会え る なんて す っ ごい 偶然

あ 本当

霧島 君 この 方 は

ああ 俺 の 小学 生 ん 時 の

婚約 者 です

約 者

それ は 興味 ぶ かい 関係 ね

違い ます ガキ の 頃 カップル を 決める よう な 感じ の 遊び が 流行って て

俺 ら 席 が 隣 同士 だった から

クラス の やつ ら が そういう 感じ に 仕立て上げ て

つれない 私 は かなり 本気 だった のに

卒業 式 の とき 手紙 あげ た じゃ ない

そう だ っけ

すごい じゃ ない

初恋 の 人 と 再会 する なんて

やっぱり

しかも 沖縄 で

運命 的 だ よ ね

いや それ は

やる ね 海 先生

ああ あの お 名前 は

石垣 哲郎 だ けど

石垣 さん

彼女 と か いたり し ます

ああ いや い ない けど

そう です か

私 有沢 千春 で

いい加減 離れ て くれる

ええ い い ん じゃ ん

皆 いい 顔 し てる わ

う ふ ふ ふ ふ ふ ふ ふ

素敵 な お 部屋 よ ね

ご飯 も 美味しかった し

私 バーベキュー って 初めて だった わ

そう だった ん です か

ホント 沖縄 に 来る こと が でき て

良かった ね

海人 君

そ そうです ね

しかも 小学校 時代 の クラスメート と 運命 的 に 出会え ちゃ う し

活発 で 可愛らしい 人 だった わ ね

結婚 の 約束 まで し た 初恋 の 人 と の 再会

素敵 な ハプニング よ ね

あの う 初恋 なんか じゃ ない です よ

あいつ と は

先輩

あいつ 呼ばわり し まし た よ

一瞬 で 二 人 の 時間 を 埋め て しまった みたい ね

いや 本当 に 樹 下 と は 何も あり ませ ん から

つ う か 何で 俺 こんなに 責め られ てる ん だ

それ は 貴 月 先輩 が 七海 さん に

海人 君 の こと を よろしく と 頼ま れ て いる から です

旅先 で 出会った 女の子 と の アバンチュール に 身 を 委ねる

なんて こと を さ せ ない ため です

し ませ ん って

どう だ か

頼み ます から 俺 の 説明 を 聞い て ください

言い訳 する よう な こと を し た の

違い ます 事情 の 説明 です

情 情事

海人 君 の やつ 大変 だ な

哲郎 君 は どう な の か な

何 が

有沢 さん って 子 かなり 可愛かった よ

スタイル も 良かった な

アドレス も 交換 し て た

可愛い 女の子 の 頼み は 断ら ない よう に し てる

ホント です か

ど どうして

紹介 する わ

私 たち の 映画 に 出演 し て くれる こと に なった

樹 下 佳織 さん よ

よろしく お ねがい し ます

檸檬 どういう つもり

沖縄 編 に ゲスト が 欲しかった の

快諾 し て くれ て 助かった わ

すごく 作為 的 な もの を 感じる ん です けど

彼女 は 私 の イメージ に ぴったり な の

それ が 作為 的 な ん です

何 し てる の 海 ちゃん

なん か の 罰 ゲーム

いや これ は

で さ どっち が 海 ちゃん の 恋人

違う って そんな ん じゃ ない よ

そう な ん だ

だったら 映画 出 て も いい よ ね

海 ちゃん 監督 な ん でしょ う

どんな の 撮る の

や っぱ 沖縄 だ から 水着 と か

あ そうだ な

違い ます 何でも あり ませ ん なんでも

哲郎 さん は 二十四 日 生まれ な ん です か

なら 守護 樹 は 林檎 守護 動物 は 白鳥

守護 神 は エーディン って 事 に なり ます ね

冷静 沈着 な 性格 で

年齢 より も 上 に 見 られ がち だ けど

実は とても 繊細 な 人 な ん です

その 理想 の 相手 と なる と

あなた を 強引 に 引っ張って 行く よう な 大胆 で 快活 な 女性 が いい らしい です

なんだか 私 と

すげ え 女の子 たち だった な

ああ でも 樹 下 の やつ

前 は あんな 感じ じゃ なかった のに

しかも 映画 に 出る って

楽しみ だ な 明日 の 撮影

おまえ 人 を お ちょ く って

お 休み

おい

った く

う うん なんでもない の

なんか 調子 狂っちゃ って

海人 君 め

全然 はっきり し ない ん だ から

はっきり さ せ て

そし たら 私

何 考え てる ん だ か

こんな こと 考え た って しょうがない じゃ ない

だって だって 私 は

私 は

檸檬 いつ から

良い 匂い が する と 思って

私 に も もらえ る かしら

ええ ちょっと 待って て

えっ と 砂糖 は 入れる ん だ っけ

要ら ない わ

でも ミルク は たっぷり ね

ねえ イチカ

あの 子 たち も 大概 だ けど

あなた も 少し 素直 に なって み れ ば

郷 に 入って は 郷 に 従え って こと よ

あなた いったい

あら 沖縄 流 って こと よ

これ も 違う

まだ 決まら ない の

なんか いまいち

こう ピンと 来 ない って いう か

可愛い な 柑 菜 は

は あ 何 それ ちょ っ

お 休み

また そのまま 寝る の

わ 私 これ じゃ ない と ちゃんと 寝 れ ない の を 知って る でしょ う

彼 を 返し て

いい わ よ

あなた が 大人 しく 私 に 捕まれ ば ね

な 何者 な の

あなた は 未 開発 の この 星 で 自分 の 正体 を 晒し た

よって 連邦 法 に 従い 私 は あなた を 拘束 する

銀 銀河 警察 の エージェント

だ と し たら

カット

難しい ね 演技 って

いい から 離れろ って

照れ なく て も いい じゃ ない

暑い ん だって ば

熱く なけ れ ば イチャ 付 い て も いい の

そういう ん じゃ なく て

もう 照れ ちゃ って

しょうがない です ね

そう

れ 檸檬 後 どの くらい 撮影 する の

そう ね あと 五 シーン らしい ね

そ そう

美 桜

撮影 って 面白い です ね 哲郎 さん

そ そう

私 断然 興味 が 湧 い てき ちゃ い まし た

檸檬 先輩 コテージ に 小道具 忘れ た んで

取り に 行って き て いい っす か

急 い で ね

了解

哲郎 さん

なんか 意外 で れ で れ し まくる か と 思って た のに

繊細 だ から 哲郎 君 は

繊細 哲郎 が

近く に い すぎる から 気付か ない ん だ よ 柑 菜 は

うん そう かな

あれ 海人 君 と 樹 下 さん は

あ ちっちゃ い ほう も いな いわ よ

ま まさか

まさか って

まさか です よ

まさか

で なん だ よ 樹 下

こんな とこ を 連れ て き て

分かって る でしょ う

二 人 っきり に なり たかった の

迷惑

なんか あった の

いや 分か ん ない けど 妙に テンション 高い し

海 ちゃん と 会え て は しゃい じゃ って る から

そのくせ

お前 さ ガギ ん ごろ も

困った こと と か 都合 悪い こと ある と

そう やって 指 咥 え て た よ な

なんか あった ん だ ろ う

だから 無理 し て その

俺 に

良かったら 話し て くれよ

本気 なら

本気 だ と し たら

はい

えっ と

忘れ物 忘れ物

ホント は ない けど

忘れ物

ま 適当 に 潰す か

おう 海 か どう し た まさか お前 も

見つかり まし た か 忘れ物

有沢 さん どうして

そんな の

決まって る じゃ ない です か

私 が 本気 で まだ 海 ちゃん を 好き だ と し たら

そんな いきなり

時間 なんて 関係ない でしょ う

昨夜 好き な 人 い ない って 言った よ ね

それ は

恋人 が い ない って 言った ん だ よ

好き な 人 は いる ん だ

割り と マジ で

だから

てっ

ちょ っ どう し た の か な

有沢 さん

私 結構 わがまま な ん です

そう なん だ

我慢 も 足り ませ ん

それ に 肉食 な ん です

ち ょ ちょっと

意外に 力 が

女の子 に

恥 かか せ ない で ください

だめ め め め め

どこ 行っちゃ っ た の よ もう

勢い で 来 ちゃ った けど

探し て 私 どう する ん だ ろ う

海人 君

美 桜

海 ちゃん

樹 下

先 輩

誰 も

帰って こ ない わ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

教えろ よ 檸檬

海人 君 の 気持ち を

彼 は きっと 何 を 考え てる わ

それ は すごい 真奈美



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

柑 菜 は お前 の こと 好き だ ぜ

谷川 が 俺 の こと を

ああ

そう 言って くれ って

谷川 に 頼ま れ た の か

いや 俺 の 独断

谷川 さん が 海人 君 の こと

海人 君 は

どう する 気 な ん だ ろ う

けど 谷川 さん から 直接 告白 さ れ た わけ じゃ ない し

普段 通り に し て いる しか ない よ ね

石垣 君 どうして 海人 君 に

ああ 疲れ た 疲れ た

あれ い た の

ま ー た 暗い こと し てる わ ね

そっち は また さとし さん と 喧嘩

違う わ よ

高校 時 の 仲間 と 旅行 する 予定 だった ん だ けど

急に 皆 の 都合 が 悪く なって ね

せっかく 帰って き た のに さ

そう

何 よ 元気 な いわ ね

柑 菜 ちゃん と 喧嘩 でも し た

なんで 柑 菜 が 出 て くる ん だ か

何 する ん だ

あげる

皆 で 楽し ん で 来 な よ

オ キ ナ ワ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

へえ 沖縄

明後日 から ただ で

もちろん 行く

皆 と 一緒 なら

ママ や パパ も 許し て くれる と 思う し

檸檬 先輩 に は 俺 から 連絡 し とく から

美 桜 や 海 に 知らせ とい て くる ね

い いい けど

チャンス だ な

や やめ て って ば

そういう こと ナシ って 言った でしょ う もう

じゃ ね

はい 霧島

えっ た 谷川

ど どう し た こんな 時間 に

谷川 さん から

旅行 沖縄 に

え ああ なん だ そういう こと

うん 分かった

そう する じゃあ

今 の 電話 谷川 さん から

ええ 旅行 に 誘わ れ て

行く の

行 こ う と 思い ます けど

そんな 簡単 に

先輩 なんか 予定 入って たり し ます

映画 撮影 も 兼ねて

皆 で 行 こ う って

ああ そう な ん だ

旅行 先 沖縄 です よ

ええ 沖縄

こ これ が 沖縄

こんな 綺麗 な 場所 が リブ ライ さ れ てる なんて

リブ ライ

ええ と よく 分か ん ない けど

気 に 入り まし た

すごく

行き ます

絶対 行く

いつ 行く の 明日 これ から

うまく 言え ない けど

ああ す っ ごく 嬉しい 楽しい

あの 時 の 僕 は

正直 ほっと して い た

難しい こと あんまり 考え ず

皆 で 旅行 を 楽しめ ば いい ん だ って

そう 思って

来 ちゃ った な 沖縄

ああ 来 ちゃ った な

来 てる ぜ

ああ 来 てる

何 が 来 てる の

な 何

いや 気合 入って る な って

そ そんな じゃ な いわ よ

て 店員 さん に これ 流行って る って 勧め られ て それ で

そう だった かな

美 桜

ごめん 嘘 です 嘘 で し た 許し て

いい じゃ ん 似合って る よ

ホント

うん

ありがとう

いや 別に

美 桜 は どんな 水着 な ん だ

べ 別に 普通 の だ よ

でも 私 肌 弱く て パーカー 脱げ ない から

せっかく スタイル いい のに

あんまり 見 ちゃ ダメ

で 先輩 たち は

お 待た せ

ごめんなさい

ちょっと 着替え に 手間取っちゃ っ て

お 待た せ

来 て よかった な

石垣 君 私 は どう かしら

ある 一定 層 に は 効果 が ある と 思い ます

世界 は 狙え る

ちょっと 大人っぽ すぎる かな

ああ すみません

姉さん の 水着 そういう の しか なく て

貸し て もらえ て 感謝 し て わ

かなり 覚 悟った のに

ドンマイ

なんか 無駄 に 大作 だ な

これ から これ から

これ から

海人 君 も 埋め て あげよ う か

いや 俺 は いい よ

そう 楽しい のに

霧島 君 なんか 様子 が 変な 気 し ない

かも な

ところで これ から って

まっすぐ 潮 が 満ちる から

そし たら 本物 み たい に 水 に 浮かぶ

今 すぐ 出し て くれ

海 助け て

さ って 沖縄 の 海 も 堪能 し た ところ で

撮影 に 入る わ よ

ええ

初日 から

アイデア は 練って おい た わ

迫る 追 手 から 逃れる ため に

ヒロイン は 一時的 に 沖縄 に 身 を 隠す の

その アイデア 本当 に 練った ん です か

考え 過ぎ て 徹夜 する ほど に ね

肌 ツヤツヤ です よ

なんだか 注目 さ れ てる よう な

それ は あなた が 美しい から よ

いや そう じゃ なく て

撮影 許可 と か 取ら なく て いい ん です か

谷川 さん 海 は 誰 の もの で も ない わ

知り ませ ん よ

あの う 何 し てる ん です か

ああ えっ と 自主 映画 を

へえ すごい

佳織 邪魔 し ちゃ 悪い って

ちょっと 聞い た だけ じゃ ん

あれ も しか して 海 ちゃん

えっ なんで ガキ ん 頃 の あだ名 を

あっ ぱ り 私 よ 私 佳織

樹 下 佳織

樹 下 って へえ 樹 下 ホント に

何 だ

すごい 久しぶり

何 年 ぶり だ ろ う

でも すぐ 分かった よ

だって ぜんぜん 変わって ない ん だ もん

その 癖 っ 毛 に 大きな メガネ

樹 下 は だいぶ 変わった な

そう まあ 高校 に 入って から

女子 力 高め まし た から

でも こんな とこ で 会え る なんて す っ ごい 偶然

あ 本当

霧島 君 この 方 は

ああ 俺 の 小学 生 ん 時 の

婚約 者 です

約 者

それ は 興味 ぶ かい 関係 ね

違い ます ガキ の 頃 カップル を 決める よう な 感じ の 遊び が 流行って て

俺 ら 席 が 隣 同士 だった から

クラス の やつ ら が そういう 感じ に 仕立て上げ て

つれない 私 は かなり 本気 だった のに

卒業 式 の とき 手紙 あげ た じゃ ない

そう だ っけ

すごい じゃ ない

初恋 の 人 と 再会 する なんて

やっぱり

しかも 沖縄 で

運命 的 だ よ ね

いや それ は

やる ね 海 先生

ああ あの お 名前 は

石垣 哲郎 だ けど

石垣 さん

彼女 と か いたり し ます

ああ いや い ない けど

そう です か

私 有沢 千春 で

いい加減 離れ て くれる

ええ い い ん じゃ ん

皆 いい 顔 し てる わ

う ふ ふ ふ ふ ふ ふ ふ

素敵 な お 部屋 よ ね

ご飯 も 美味しかった し

私 バーベキュー って 初めて だった わ

そう だった ん です か

ホント 沖縄 に 来る こと が でき て

良かった ね

海人 君

そ そうです ね

しかも 小学校 時代 の クラスメート と 運命 的 に 出会え ちゃ う し

活発 で 可愛らしい 人 だった わ ね

結婚 の 約束 まで し た 初恋 の 人 と の 再会

素敵 な ハプニング よ ね

あの う 初恋 なんか じゃ ない です よ

あいつ と は

先輩

あいつ 呼ばわり し まし た よ

一瞬 で 二 人 の 時間 を 埋め て しまった みたい ね

いや 本当 に 樹 下 と は 何も あり ませ ん から

つ う か 何で 俺 こんなに 責め られ てる ん だ

それ は 貴 月 先輩 が 七海 さん に

海人 君 の こと を よろしく と 頼ま れ て いる から です

旅先 で 出会った 女の子 と の アバンチュール に 身 を 委ねる

なんて こと を さ せ ない ため です

し ませ ん って

どう だ か

頼み ます から 俺 の 説明 を 聞い て ください

言い訳 する よう な こと を し た の

違い ます 事情 の 説明 です

情 情事

海人 君 の やつ 大変 だ な

哲郎 君 は どう な の か な

何 が

有沢 さん って 子 かなり 可愛かった よ

スタイル も 良かった な

アドレス も 交換 し て た

可愛い 女の子 の 頼み は 断ら ない よう に し てる

ホント です か

ど どうして

紹介 する わ

私 たち の 映画 に 出演 し て くれる こと に なった

樹 下 佳織 さん よ

よろしく お ねがい し ます

檸檬 どういう つもり

沖縄 編 に ゲスト が 欲しかった の

快諾 し て くれ て 助かった わ

すごく 作為 的 な もの を 感じる ん です けど

彼女 は 私 の イメージ に ぴったり な の

それ が 作為 的 な ん です

何 し てる の 海 ちゃん

なん か の 罰 ゲーム

いや これ は

で さ どっち が 海 ちゃん の 恋人

違う って そんな ん じゃ ない よ

そう な ん だ

だったら 映画 出 て も いい よ ね

海 ちゃん 監督 な ん でしょ う

どんな の 撮る の

や っぱ 沖縄 だ から 水着 と か

あ そうだ な

違い ます 何でも あり ませ ん なんでも

哲郎 さん は 二十四 日 生まれ な ん です か

なら 守護 樹 は 林檎 守護 動物 は 白鳥

守護 神 は エーディン って 事 に なり ます ね

冷静 沈着 な 性格 で

年齢 より も 上 に 見 られ がち だ けど

実は とても 繊細 な 人 な ん です

その 理想 の 相手 と なる と

あなた を 強引 に 引っ張って 行く よう な 大胆 で 快活 な 女性 が いい らしい です

なんだか 私 と

すげ え 女の子 たち だった な

ああ でも 樹 下 の やつ

前 は あんな 感じ じゃ なかった のに

しかも 映画 に 出る って

楽しみ だ な 明日 の 撮影

おまえ 人 を お ちょ く って

お 休み

おい

った く

う うん なんでもない の

なんか 調子 狂っちゃ って

海人 君 め

全然 はっきり し ない ん だ から

はっきり さ せ て

そし たら 私

何 考え てる ん だ か

こんな こと 考え た って しょうがない じゃ ない

だって だって 私 は

私 は

檸檬 いつ から

良い 匂い が する と 思って

私 に も もらえ る かしら

ええ ちょっと 待って て

えっ と 砂糖 は 入れる ん だ っけ

要ら ない わ

でも ミルク は たっぷり ね

ねえ イチカ

あの 子 たち も 大概 だ けど

あなた も 少し 素直 に なって み れ ば

郷 に 入って は 郷 に 従え って こと よ

あなた いったい

あら 沖縄 流 って こと よ

これ も 違う

まだ 決まら ない の

なんか いまいち

こう ピンと 来 ない って いう か

可愛い な 柑 菜 は

は あ 何 それ ちょ っ

お 休み

また そのまま 寝る の

わ 私 これ じゃ ない と ちゃんと 寝 れ ない の を 知って る でしょ う

彼 を 返し て

いい わ よ

あなた が 大人 しく 私 に 捕まれ ば ね

な 何者 な の

あなた は 未 開発 の この 星 で 自分 の 正体 を 晒し た

よって 連邦 法 に 従い 私 は あなた を 拘束 する

銀 銀河 警察 の エージェント

だ と し たら

カット

難しい ね 演技 って

いい から 離れろ って

照れ なく て も いい じゃ ない

暑い ん だって ば

熱く なけ れ ば イチャ 付 い て も いい の

そういう ん じゃ なく て

もう 照れ ちゃ って

しょうがない です ね

そう

れ 檸檬 後 どの くらい 撮影 する の

そう ね あと 五 シーン らしい ね

そ そう

美 桜

撮影 って 面白い です ね 哲郎 さん

そ そう

私 断然 興味 が 湧 い てき ちゃ い まし た

檸檬 先輩 コテージ に 小道具 忘れ た んで

取り に 行って き て いい っす か

急 い で ね

了解

哲郎 さん

なんか 意外 で れ で れ し まくる か と 思って た のに

繊細 だ から 哲郎 君 は

繊細 哲郎 が

近く に い すぎる から 気付か ない ん だ よ 柑 菜 は

うん そう かな

あれ 海人 君 と 樹 下 さん は

あ ちっちゃ い ほう も いな いわ よ

ま まさか

まさか って

まさか です よ

まさか

で なん だ よ 樹 下

こんな とこ を 連れ て き て

分かって る でしょ う

二 人 っきり に なり たかった の

迷惑

なんか あった の

いや 分か ん ない けど 妙に テンション 高い し

海 ちゃん と 会え て は しゃい じゃ って る から

そのくせ

お前 さ ガギ ん ごろ も

困った こと と か 都合 悪い こと ある と

そう やって 指 咥 え て た よ な

なんか あった ん だ ろ う

だから 無理 し て その

俺 に

良かったら 話し て くれよ

本気 なら

本気 だ と し たら

はい

えっ と

忘れ物 忘れ物

ホント は ない けど

忘れ物

ま 適当 に 潰す か

おう 海 か どう し た まさか お前 も

見つかり まし た か 忘れ物

有沢 さん どうして

そんな の

決まって る じゃ ない です か

私 が 本気 で まだ 海 ちゃん を 好き だ と し たら

そんな いきなり

時間 なんて 関係ない でしょ う

昨夜 好き な 人 い ない って 言った よ ね

それ は

恋人 が い ない って 言った ん だ よ

好き な 人 は いる ん だ

割り と マジ で

だから

てっ

ちょ っ どう し た の か な

有沢 さん

私 結構 わがまま な ん です

そう なん だ

我慢 も 足り ませ ん

それ に 肉食 な ん です

ち ょ ちょっと

意外に 力 が

女の子 に

恥 かか せ ない で ください

だめ め め め め

どこ 行っちゃ っ た の よ もう

勢い で 来 ちゃ った けど

探し て 私 どう する ん だ ろ う

海人 君

美 桜

海 ちゃん

樹 下

先 輩

誰 も

帰って こ ない わ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

教えろ よ 檸檬

海人 君 の 気持ち を

彼 は きっと 何 を 考え てる わ

それ は すごい 真奈美


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.