image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 12

何事

り の ん

先輩

うん

霧島 君

ここ は 私 に 任せ て

でも

先輩 の 言う こと を 聞き なさい

こう 見え て も

逃げ足 に は 自信 が ある の

檸檬

先輩

さて

初めて 出会った 宇宙 人 は

とても いい 子 だ ね

私 の 親友 な の

あの 子 の 邪魔 を する と いう なら

すごい こと する わ よ

檸檬

先輩

うん

もう 無理

走れ な っ

柑 菜 ちゃん

ええ ?

真奈美 さん どうして

なんか 旦那 に いきなり ここ に 来る よう に 言わ れ て

はい ?

車 出し て ください ストーカー に 追わ れ てる ん です

ストーカー ?

そんな の この あたし が ちゃ ちゃ っと

ストーカー 大き すぎ

追 手 は

つい てき てる

よしゃ

皆 大丈夫 かな

何 もう ついて る 頃 じゃ ねえ の

うん そう だ よ ね

先輩 大丈夫 です か

私 は 大丈夫

この 山 を 超え れ ば すぐ 駅 に 出る はず です

そ したら

そんな また

先輩

先輩

りん な じゃ ない

これ って

お 姉ちゃん

アンチ フィールド が ある から

これ ぐらい しか でき ない けど

行き なさい イチカ

せめて 後悔 を ない よう に

ありがとう

あいつ まだ

り の ん

り の ん

行き ま しょ う 海人 君

はい

り の ん

これ で 目的 地 まで 行け ます

私 の せい で

私 の わがまま の せい で

谷川 さん

石垣 君 北原 さん

檸檬 り の ん も

皆 ごめんなさい

謝ったら ダメ です

皆 先輩 の 願い を 叶い たい ん です

でも

皆 の ため に も

その 場所 に 行って 異 星 人 の 痕跡 を 見つけ て

そう すれ ば 先輩 は 宇宙 に 行か なく て すむ

皆 一緒 に い られる

大丈夫 うまく いき ます よ

うん

もし 全部 が うまく 行ったら

いつか 先輩 の 星 に も 行ける よう に なる ん です か ね

興味 ある の

そりゃ あり ます よ

先輩 が どんな ところ で 暮らし て た の か

家族 が どんな 人 な の か

知り たい し 会い たい

私 も 紹介 し たい な

何 って 言って 紹介 し て くれる ん です か

バカ

俺 も 先輩 を 両親 に 紹介 し たかった な

両親 の こと は もう 平気 です から

姉ちゃん も いる し

でも 思い出 と か もっと 作って おけ ば よかった って

思う とき も あり ます けど

でも だ から こいつ で

いっぱい いろんな もの 残し てる ん です

ちっちゃな 些細 な こと でも

後 で 後悔 し ない よう に

ここ に 海人 君 の 思い出 が 詰まって る ん だ ね

はい 哲郎 谷川

北原 檸檬 先輩

姉ちゃん も

皆 が 入って ます

私 も

もちろん です

ヒロイン です から

この 星 に 来 て ね

本当 に よかった と 思って る

皆 と 出会え て

遊 ん だ り 映画 を 撮ったり

そういう の が 楽しく て

ずっと このまま 夏 が 終わ ん なきゃ いい な

なんて 思ったり し て

好き な 人 も でき ちゃ った

いつの間にか 海人 君 が 私 の 中心 に なって た

俺 も 真ん中 に い ます

楽しい こと ばかり じゃ なかった

つらい こと だって あった

怒ったり 泣 い た り

これ から 先 も いろいろ あり ます ょ

喧嘩 だって する かも しれ ない し

その とき は どう する

仲直り し ます

絶対 し ます

好き な 気持ち が あれ ば どんな こと だって 乗り越え られ ます

ずっと 好き で い て くれる

もちろん です

私 も 海人 君 に 恋し てる

ずっと 好き で いる

約束 する

今 の を もう 一 度 お 願い し ます

え ?

私 は 海人 君 を ずっと 好き で い ます

だから

ずっと 好き て い て ね

はい

誓い ます

さすが に 手強い

でも ね まだ 諦める わけ に は

遅い わ よ

て 哲郎 君

悪い 美 桜

ガス 欠 だ

ええ ?

大丈夫 かい 哲郎 君

その 声 まさか 聡 さん

聡 さん って 真奈美 さん の

助け て 聡

犯さ れる

何事

分か ん ない けど このまま 行 こ う よ

本当 に

本当 に あった

じゃあ

うん

ここ よ

私 の 中 に ある イメージ の 場所

やっと 来 られ た

やっと 見つけ た

ありがとう

海人 君

先輩

痕跡 を 探し ま しょ う

うん

何 だ

あれ は

あれ が 異 星 人 の

でも これ は

この 反応 やっぱり

でも なんで

せ 先輩

これ 何 な ん です か

見える の

はい

だって これ は 私 の イメージ の 中 の

治療 に 使った 私 の セル

痕跡 って

これ

うん

先輩

そんな

なんで

せっかく せっかく

あれ は イチカ たち が 向かって た 場所

空間 の シー ルト が 破ら れ た の

だめ よ イチカ

はやく そこ から 逃げ なさい

海人 君

先輩

やめ て

その 人 を 傷つけ ない で

もう 逃げ たり し ない から

ダメ です 先輩

やめ て

お 願い

もう やめ て

先輩

ごめんなさい 海人 君

やっぱり

私 もう

何 を

私 の せい で

海人 君 を 皆 を 危険 な 目 に あわせて

全部 私 の わがまま です

違う

違い ます よ 先輩

言った でしょ う

皆 少なくとも 俺 は

そんな ふう に 思って ない

むしろ これ は 俺 の わがまま です

行か せ たく ない 先輩 を

ありがとう

海人 君

先輩

私 この 星 に 来 た こ と 後悔 しかけ て た

私 の 勝手 な 思い が 皆 を 巻き込 ん で

結局 何も 成し遂げ られ なく て

でも やっと 分かった

私 達 何 か を 始め たい と 思って

お互い を 見つけ た

ちゃんと 見つける こと が でき た

私 の 中 に 生まれ た この 思い は

ずっと 続く わ

絶対 に 消え ない って

信じ られる

そんな の

大好き だ よ

海人 君

俺 だって

ずっと ずっと

迎え に 行き ます

絶対 に 行き ます

うん 待って る

先輩 ! ! !

あれ から

どれほど の とき が 流れ た の でしょ う

でも

見つけ て くれ て ありがとう

これ は イン グローブ から 直接 聞こえる

私 は 宇宙 船 を 乗って

受け継が れ た 先祖 の データ が 解放 さ れ て

この 星 に 不時着 し て

この 星 の 人 に 助け て もらい まし た

いつしか その 人 は 私 の 大切 な 人 に なって

でも この 星 は 原生 住民 と の 接触 が 許さ れ ない 辺境 惑星

まもなく 迎え が やって き ます

秘密 保持 の ため

この 星 で の 記憶 は 封鎖 さ れ て しまう でしょ う

でも

どうして も

あの 人 と の 思い出 を 残し て おき たかった

私 の 記憶 が 無くなって も

思い出せ なく て も

残し て おき たかった の

見つけ て くれ て ありがとう

私 の 記憶 が せめて あなた の 思い出 に なり ます よ ね

お 願い 忘れ ない で

忘れ ない よ

忘れ られる わけ ない

ずっと 待って る ね

それ は ほんの 数 ヶ月 の 出来事

一 夏 の 出来事

あの 時 の 私 達 は

まだ 何も し て なく て

でも 何 か し たい と 思って い て

そんな とき イチカ 先輩 が 現れ て

私 達 の 夏 を 特別 に し て くれ た ん です

喜び や 悲しみ

すべて が 詰まって る

あの 夏 を

俺 達 は

あの 夏 を 忘れ ない

哲郎 これ

隣 の クラス の 子 に 頼ま れ た

受け取る な よ

仕方ない でしょ う

ちゃんと 返事 し なさい よ

って いう か いい加減 彼女 作れ

つって も さあ

美 桜 で いい でしょ う 美 桜 で

ウェルカム だ よ

いや まあ それ は だ な

笑って ん じゃ ねえ よ 海

じゃあ また 明日

気 を つけ て な

うん

じゃあ 俺 も

また ね

なあ

帰 ろ う

おう

あれ 鍵 締め 忘れ た っけ

お 帰り なさい

お 姉さん

ただいま 帰り まし た

どう だった ボリビア

大変 だった わ

でも 楽しかった

よかった

あ そう そう

はい おみやげ

趣味 悪く ない

あら 願い が 叶う 人形 って 向こう じゃ 有名 な の よ

で これ が イチカ ちゃん の 分

そう いえ ば イチカ ちゃん は

せ 先輩 は その

留学 期間 が 終わって さ 故郷 に 戻った ん だ

ええ そう な の

残念 だ わ

うん

じゃあ 送って あげて よ

住所 は 知って る ん でしょ う

うん そう する

願い 事 か

へえ ?

転校 です か

ええ 家 の 事情 で ね

そんな 檸檬 先輩 まで い なく っ

それ で いつ 転校 する ん です か

今 から

餞別 と いう わけ で は ない けど

あなた たち に

な ん です

これ

フィルム

なんで

檸檬 先輩

本当 素敵 な 夏 だった わ

でも ね

映画 は 未完成

ラスト シーン を 飾る の は あなた よ

悪い な 海

急に 押しかけ て

いい よ 今日 お 姉さん 遅い し

でも 久しぶり だ ね

皆 で ここ に 集まる の

じゃあ 電気 消す ね

ああ

いい か

回す よ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

人 が 死 ん だ ら

レンズ 越し に 眺め て た 世界 は

天国 に 行ける と いう

でも 僕 は そう と は 思わ ない

他人事 の よう に 映り

死 ん だ 人間 は きっと 誰 か の 心 へ と 旅立つ の だ

失 くし て い た 気持ち を 知った 時

思い出 と なって 生き 続ける の だ

僕ら の 時間 動き出し た

けれど

それ も やがて は 消え て いく

だから 人 は 何 か を 残し たい と 願う の だ

秤 に かける 恋 の 質量

忘れ て しまわ ない よう に

どう し た って 釣り合わ ない

忘れ ない よう に

僕 は カメラ を 回し 続ける

空 の 形 焼き付ける

フィルム に 焼き付け た あの 夏 を

銀 の 向こう まで

その 続き を

日差し の 眩 し さ 温度 も

残らず 全部 欲しい

確かに あった あの 夏 を

幼い 記憶 を

閉じ込め 遠く 海 へ 飛ば そ う

今年 も やって ん だ この 映画

卒業 生 が 残し て た って やつ

俺 去年 見 た よ すごかった

宇宙 船 と か メカ と か

特撮 ばりばり で

あと ヒロイン が 美人

結局 は そこ か よ

住む 場所 が ない

そ そう な の

だったら 俺 の 家 に 行き ませ ん か

俺 一 人 暮らし だ し

家 に 部屋 余って ます から

で 宇宙 船 は どう し た ん です か

は ? 壊れ た

また ?

皆さん 応援 ありがとう ござい まし た

ありがとう ござい まし た



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

何事

り の ん

先輩

うん

霧島 君

ここ は 私 に 任せ て

でも

先輩 の 言う こと を 聞き なさい

こう 見え て も

逃げ足 に は 自信 が ある の

檸檬

先輩

さて

初めて 出会った 宇宙 人 は

とても いい 子 だ ね

私 の 親友 な の

あの 子 の 邪魔 を する と いう なら

すごい こと する わ よ

檸檬

先輩

うん

もう 無理

走れ な っ

柑 菜 ちゃん

ええ ?

真奈美 さん どうして

なんか 旦那 に いきなり ここ に 来る よう に 言わ れ て

はい ?

車 出し て ください ストーカー に 追わ れ てる ん です

ストーカー ?

そんな の この あたし が ちゃ ちゃ っと

ストーカー 大き すぎ

追 手 は

つい てき てる

よしゃ

皆 大丈夫 かな

何 もう ついて る 頃 じゃ ねえ の

うん そう だ よ ね

先輩 大丈夫 です か

私 は 大丈夫

この 山 を 超え れ ば すぐ 駅 に 出る はず です

そ したら

そんな また

先輩

先輩

りん な じゃ ない

これ って

お 姉ちゃん

アンチ フィールド が ある から

これ ぐらい しか でき ない けど

行き なさい イチカ

せめて 後悔 を ない よう に

ありがとう

あいつ まだ

り の ん

り の ん

行き ま しょ う 海人 君

はい

り の ん

これ で 目的 地 まで 行け ます

私 の せい で

私 の わがまま の せい で

谷川 さん

石垣 君 北原 さん

檸檬 り の ん も

皆 ごめんなさい

謝ったら ダメ です

皆 先輩 の 願い を 叶い たい ん です

でも

皆 の ため に も

その 場所 に 行って 異 星 人 の 痕跡 を 見つけ て

そう すれ ば 先輩 は 宇宙 に 行か なく て すむ

皆 一緒 に い られる

大丈夫 うまく いき ます よ

うん

もし 全部 が うまく 行ったら

いつか 先輩 の 星 に も 行ける よう に なる ん です か ね

興味 ある の

そりゃ あり ます よ

先輩 が どんな ところ で 暮らし て た の か

家族 が どんな 人 な の か

知り たい し 会い たい

私 も 紹介 し たい な

何 って 言って 紹介 し て くれる ん です か

バカ

俺 も 先輩 を 両親 に 紹介 し たかった な

両親 の こと は もう 平気 です から

姉ちゃん も いる し

でも 思い出 と か もっと 作って おけ ば よかった って

思う とき も あり ます けど

でも だ から こいつ で

いっぱい いろんな もの 残し てる ん です

ちっちゃな 些細 な こと でも

後 で 後悔 し ない よう に

ここ に 海人 君 の 思い出 が 詰まって る ん だ ね

はい 哲郎 谷川

北原 檸檬 先輩

姉ちゃん も

皆 が 入って ます

私 も

もちろん です

ヒロイン です から

この 星 に 来 て ね

本当 に よかった と 思って る

皆 と 出会え て

遊 ん だ り 映画 を 撮ったり

そういう の が 楽しく て

ずっと このまま 夏 が 終わ ん なきゃ いい な

なんて 思ったり し て

好き な 人 も でき ちゃ った

いつの間にか 海人 君 が 私 の 中心 に なって た

俺 も 真ん中 に い ます

楽しい こと ばかり じゃ なかった

つらい こと だって あった

怒ったり 泣 い た り

これ から 先 も いろいろ あり ます ょ

喧嘩 だって する かも しれ ない し

その とき は どう する

仲直り し ます

絶対 し ます

好き な 気持ち が あれ ば どんな こと だって 乗り越え られ ます

ずっと 好き で い て くれる

もちろん です

私 も 海人 君 に 恋し てる

ずっと 好き で いる

約束 する

今 の を もう 一 度 お 願い し ます

え ?

私 は 海人 君 を ずっと 好き で い ます

だから

ずっと 好き て い て ね

はい

誓い ます

さすが に 手強い

でも ね まだ 諦める わけ に は

遅い わ よ

て 哲郎 君

悪い 美 桜

ガス 欠 だ

ええ ?

大丈夫 かい 哲郎 君

その 声 まさか 聡 さん

聡 さん って 真奈美 さん の

助け て 聡

犯さ れる

何事

分か ん ない けど このまま 行 こ う よ

本当 に

本当 に あった

じゃあ

うん

ここ よ

私 の 中 に ある イメージ の 場所

やっと 来 られ た

やっと 見つけ た

ありがとう

海人 君

先輩

痕跡 を 探し ま しょ う

うん

何 だ

あれ は

あれ が 異 星 人 の

でも これ は

この 反応 やっぱり

でも なんで

せ 先輩

これ 何 な ん です か

見える の

はい

だって これ は 私 の イメージ の 中 の

治療 に 使った 私 の セル

痕跡 って

これ

うん

先輩

そんな

なんで

せっかく せっかく

あれ は イチカ たち が 向かって た 場所

空間 の シー ルト が 破ら れ た の

だめ よ イチカ

はやく そこ から 逃げ なさい

海人 君

先輩

やめ て

その 人 を 傷つけ ない で

もう 逃げ たり し ない から

ダメ です 先輩

やめ て

お 願い

もう やめ て

先輩

ごめんなさい 海人 君

やっぱり

私 もう

何 を

私 の せい で

海人 君 を 皆 を 危険 な 目 に あわせて

全部 私 の わがまま です

違う

違い ます よ 先輩

言った でしょ う

皆 少なくとも 俺 は

そんな ふう に 思って ない

むしろ これ は 俺 の わがまま です

行か せ たく ない 先輩 を

ありがとう

海人 君

先輩

私 この 星 に 来 た こ と 後悔 しかけ て た

私 の 勝手 な 思い が 皆 を 巻き込 ん で

結局 何も 成し遂げ られ なく て

でも やっと 分かった

私 達 何 か を 始め たい と 思って

お互い を 見つけ た

ちゃんと 見つける こと が でき た

私 の 中 に 生まれ た この 思い は

ずっと 続く わ

絶対 に 消え ない って

信じ られる

そんな の

大好き だ よ

海人 君

俺 だって

ずっと ずっと

迎え に 行き ます

絶対 に 行き ます

うん 待って る

先輩 ! ! !

あれ から

どれほど の とき が 流れ た の でしょ う

でも

見つけ て くれ て ありがとう

これ は イン グローブ から 直接 聞こえる

私 は 宇宙 船 を 乗って

受け継が れ た 先祖 の データ が 解放 さ れ て

この 星 に 不時着 し て

この 星 の 人 に 助け て もらい まし た

いつしか その 人 は 私 の 大切 な 人 に なって

でも この 星 は 原生 住民 と の 接触 が 許さ れ ない 辺境 惑星

まもなく 迎え が やって き ます

秘密 保持 の ため

この 星 で の 記憶 は 封鎖 さ れ て しまう でしょ う

でも

どうして も

あの 人 と の 思い出 を 残し て おき たかった

私 の 記憶 が 無くなって も

思い出せ なく て も

残し て おき たかった の

見つけ て くれ て ありがとう

私 の 記憶 が せめて あなた の 思い出 に なり ます よ ね

お 願い 忘れ ない で

忘れ ない よ

忘れ られる わけ ない

ずっと 待って る ね

それ は ほんの 数 ヶ月 の 出来事

一 夏 の 出来事

あの 時 の 私 達 は

まだ 何も し て なく て

でも 何 か し たい と 思って い て

そんな とき イチカ 先輩 が 現れ て

私 達 の 夏 を 特別 に し て くれ た ん です

喜び や 悲しみ

すべて が 詰まって る

あの 夏 を

俺 達 は

あの 夏 を 忘れ ない

哲郎 これ

隣 の クラス の 子 に 頼ま れ た

受け取る な よ

仕方ない でしょ う

ちゃんと 返事 し なさい よ

って いう か いい加減 彼女 作れ

つって も さあ

美 桜 で いい でしょ う 美 桜 で

ウェルカム だ よ

いや まあ それ は だ な

笑って ん じゃ ねえ よ 海

じゃあ また 明日

気 を つけ て な

うん

じゃあ 俺 も

また ね

なあ

帰 ろ う

おう

あれ 鍵 締め 忘れ た っけ

お 帰り なさい

お 姉さん

ただいま 帰り まし た

どう だった ボリビア

大変 だった わ

でも 楽しかった

よかった

あ そう そう

はい おみやげ

趣味 悪く ない

あら 願い が 叶う 人形 って 向こう じゃ 有名 な の よ

で これ が イチカ ちゃん の 分

そう いえ ば イチカ ちゃん は

せ 先輩 は その

留学 期間 が 終わって さ 故郷 に 戻った ん だ

ええ そう な の

残念 だ わ

うん

じゃあ 送って あげて よ

住所 は 知って る ん でしょ う

うん そう する

願い 事 か

へえ ?

転校 です か

ええ 家 の 事情 で ね

そんな 檸檬 先輩 まで い なく っ

それ で いつ 転校 する ん です か

今 から

餞別 と いう わけ で は ない けど

あなた たち に

な ん です

これ

フィルム

なんで

檸檬 先輩

本当 素敵 な 夏 だった わ

でも ね

映画 は 未完成

ラスト シーン を 飾る の は あなた よ

悪い な 海

急に 押しかけ て

いい よ 今日 お 姉さん 遅い し

でも 久しぶり だ ね

皆 で ここ に 集まる の

じゃあ 電気 消す ね

ああ

いい か

回す よ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

人 が 死 ん だ ら

レンズ 越し に 眺め て た 世界 は

天国 に 行ける と いう

でも 僕 は そう と は 思わ ない

他人事 の よう に 映り

死 ん だ 人間 は きっと 誰 か の 心 へ と 旅立つ の だ

失 くし て い た 気持ち を 知った 時

思い出 と なって 生き 続ける の だ

僕ら の 時間 動き出し た

けれど

それ も やがて は 消え て いく

だから 人 は 何 か を 残し たい と 願う の だ

秤 に かける 恋 の 質量

忘れ て しまわ ない よう に

どう し た って 釣り合わ ない

忘れ ない よう に

僕 は カメラ を 回し 続ける

空 の 形 焼き付ける

フィルム に 焼き付け た あの 夏 を

銀 の 向こう まで

その 続き を

日差し の 眩 し さ 温度 も

残らず 全部 欲しい

確かに あった あの 夏 を

幼い 記憶 を

閉じ込め 遠く 海 へ 飛ば そ う

今年 も やって ん だ この 映画

卒業 生 が 残し て た って やつ

俺 去年 見 た よ すごかった

宇宙 船 と か メカ と か

特撮 ばりばり で

あと ヒロイン が 美人

結局 は そこ か よ

住む 場所 が ない

そ そう な の

だったら 俺 の 家 に 行き ませ ん か

俺 一 人 暮らし だ し

家 に 部屋 余って ます から

で 宇宙 船 は どう し た ん です か

は ? 壊れ た

また ?

皆さん 応援 ありがとう ござい まし た

ありがとう ござい まし た


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.