image

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, Yahari Ore no Seishun Love Come wa Machigatteiru Episode 7

( メール 受信 )

( 比企 谷 ) うん ?

< これ で よし あと は 深夜 に >

< 「 ご め ~ ん 電池 切れ て た 」 と か >

< 「 ちょっと 圏 外 だった みたい 」 と か 返せ ば 大丈夫 >

< こう 返さ れ たら 向こう も 責める こと は でき まい >

< ソース は 俺 中学 時代 >

< 勇気 を 振りしぼって 女子 に メール し たら >

< 4 割 の 確率 で これ が 返って き た >

< ちなみに 3 割 は 返信 が なく 残り の 3 割 は >

< メーラーダエモン さん と か いう 外国 人 から メール が 来 た >

( 携帯 着信 )

( メール 受信 が 4 回 )

( メール 受信 )

怖い 怖い よ

< 平塚 先生 が 結婚 でき ない 理由 の 一端 を かいま見 た 気 が し た >

< あの 人 俺 の こと どん だけ 好き な ん だ よ >

< こえ ~ よ 怖い >

♪♪~

( 小町 ) あ ~ 夏 休み の 宿題 終わった ~ !

お 疲れ お 兄 ちゃ ~ ん

小町 は すごく 頑張って 勉強 し まし た

まあ そう だ な 頑張った 小町 に は

自分 へ の ご ほうび が あって いい と 思う の です

お前 は 丸の内 の OL か

とにかく ご ほうび が 必要 です

だから お 兄ちゃん は 小町 と 一緒 に

千葉 に 行か ない と いけない の です

お前 の 論理 すげ え な

鳥 人間 コンテスト 優勝 できる レベル で 飛躍 し た ぞ

何 か 欲しい もの でも あん の か ?

あん ま し 高い もん は 無理 だ ぞ 財布 に 400 円 しか ない

安い の も 無理 じゃ ん 別に 物 が 欲しい ん じゃ ない よ

お 兄ちゃん と 出かけ られ れ ば それ で 十 分 だ もん

あ ッ 今 の 結構 小町 的 に ポイント 高い

う ぜ え …\ N 出かける の は いい けど 着替えろ よ

その 格好 で 外出 さ れ たら 俺 は 道 行く 男子 の 目 に

レーザー ポインター 浴びせ に ゃ なら ん

おお 今 の 八幡 的 に ポイント 高い よ な

いや ~ その シスコン ぶり は 正直 キモ い けど

千葉 で 何 する か 知ら ん が

一緒 に 行く くらい なら 別に いい ぞ

お お ッ ! ありがとう

じゃ お 兄ちゃん も 動き やすい 格好 に 着替え て

( 鼻歌 を 歌う 小町 )

よし と … よ ~ し レッツゴー !

♪♪~ ち ~ ば ち ば ち ば …\ N うん ?

( 平塚 ) さて 電話 に 出 なかった 言い訳 を 聞こ う か

まあ 無事 なら それ で 結構

色々 と 手 を 回し て 君 の 妹 に 連絡 が 取れ た ので

私 も 一安心 だ

< メール と いい 安否 確認 の 仕方 と いい 怖い >

つ ~ か 何 か 用 す か 俺 これ から 千葉 …

千葉 に 行く ん だ まだ メール 見 て なかった の か

は あ ? ( 結 衣 ) ヒッキー 遅い し

え ッ 何で お前 ら い ん の ?

「 何で 」 って 部活 じゃ ん

結 衣 さん やっ は ろ ー 小町 ちゃん やっ は ろ ー

< その 挨拶 は やって ん の か バカ っぽい から やめろ >

雪 乃 さん も やっ は ろ ー や ッ …

こんにち は 小町 さん

小町 も 呼 ん で もらって 嬉しい です

< 妹 へ の 愛情 を 利用 し て おびき出す と は 卑怯 な >

< でも 一 番 卑怯 な の は 妹 です よ ね >

≪ ( 戸塚 ) 八幡 ~ !

< いや 俺 は この こと を 予見 し て >

< あえて おびき出さ れ た ふり を し た >

< 結果 オーライ 今日 から 神 信じ ちゃ う >

戸塚 さん やっ は ろ ー やっ は ろ ー

< 何 それ カワイイ もっと はやら せよ う ぜ >

では 行 こ う 早く 乗り込み たまえ

あの ~ 千葉 駅 行く の に 何で 高速 乗る ん です か ?

逆 に 聞こ う 一体 いつ から

千葉 駅 に 向かう と 錯覚 し て い た ?

錯覚 も 何 も 「 千葉 行く 」 って 言ったら 普通 …

千葉 駅 か と 思った ? 残念 ! 千葉 村 で し た

何 す か ? その アレ な テンション

う ~ ん …

思い出し た 千葉 村 って

中学 の とき 自然 教室 で 行った とこ だ

うん ?

葉山 や あ ヒキタニ 君

お前 ら どうして ここ に ?

全員 揃った よう だ な え ッ ?

君 達 に は しばらく ボランティア 活動 を し て もらう

ボランティア ?

奉仕 部 の 合宿 を 兼ねて

林間 学校 サポート スタッフ と して 働 い て もらう

[ スピ ー カ ] ( 教師 A ) 最後 に 皆さん の お 手伝い を し て くれる

[ スピ ー カ ] お にいさん お ねえさん に 挨拶 し ま しょ う

( 子供 達 ) よろしく お 願い し ます

[ スピ ー カ ] 何 か あったら いつ でも 僕達 に 言って ください

[ スピ ー カ ] この 林間 学校 で 素敵 な 思い出 を

[ スピ ー カ ] たくさん つくって ください よろしく お 願い し ます

あの なぜ 葉山 君 達 まで いる ん でしょ う か

人手 が 足り ない から →

内 申 点 を エサ に 募集 を かけ て い た の だ よ

これ も いい 機会 だ ろ 君 達 は 別 の コミュニティー と

うまく やる 術 を 身 に つけ た 方 が いい

無理 です よ あの 辺 と 仲良く する なんて

≪ ( 平塚 ) 違う よ 仲良く する 必要 は ない

「 うまく やれ 」 と 言って いる ん だ

敵対 でも 無視 でも なく

さらっと 無難 に やり過ごす 術 を 身 に つけ たまえ

それ が 社会 に 適応 する と いう こと さ

[ スピ ー カ ] ( 教師 A ) で は オリエンテーリング スタート

さて 君 達 の 最初 の 仕事 は オリエンテーリング の サポート だ

一緒 に 行動 し て トラブル の ない よう 見守って くれ

≪ ( 戸部 ) い ~ や 小学生 マジ 若い わ →

俺 ら 高校 生 と か もう オッサン じゃ ね ?

( 優美子 ) やめ て あー し が ババア み たい じゃ ん

でも 僕 が 小学生 くらい の 頃 って

高校 生 は すごく 大人 に 見え た な

小町 から 見 て も 高校 生 って

大人 って 感じ し ます よ 兄 を 除 い て

オイ 俺 メチャクチャ 大人っぽい だ ろ う が

グチ を こぼし た り 汚い 嘘 つい たり

卑怯 な こと を し たり

ヒッキー の 大人 の イメージ って そんな 悲しい もの な ん だ

ねえ あの 子 達 何 し てる の かしら ?

( 女子 達 ) う わ ~\ N 見 て こよ う

≪ 怖い よ ~

大丈夫 ただ の アオダイショウ だ よ

( 由香 ) お にいさん すご ~ い !

( 仁美 ) よく 触れる ね 平気 だ よ

噛ま ない し 毒 も ない から

噛ま なく て も 触り たく ない し

( 女子 達 ) ねえ ~\ N うん ?

は あ …\ N うん ?

< スタンド 使い と スタンド 使い が ひか れ 合う よう に >

< ぼ っち は ぼ っち を 発見 する 能力 に 長 け てる らしい >

( 由香 ) お にいさん チェック ポイント どこ に ある の

どこ だ ろ う ( 仁美 ) 一緒 に 探し て よ

じゃ ここ だけ 手伝う よ

でも 他の みんな に は 内緒 な わ ~ い !

< さすが 葉山 コミュ 力 高い 秘密 の 共有 も >

< 人 と うまく やる ため の テクニック な ん だ ろ う >

お 兄ちゃん 大変 大変 ! ど し た ?

あの イケメン 相手 に し たら お 兄ちゃん に 勝ち目 ゼロ

危険 信号 だ よ うる せ ほっとけ

( 海老名 ) 確かに 大変 かも しれ ない

ヒキタニ 君 受け オーラ すごい し ヘタレ 受け って 感じ だ から

葉山 君 に 迫ら れ たら 即 落ち そう

そ … そう か 気 を つける

チェック ポイント 見つかった ?

( 留美 ) いいえ そ っか

じゃ みんな で 探 そ う 名前 は ?

鶴見 … 留美

俺 は 葉山 隼人 よろしく ね

あっ ち の 方 と か 隠れ て そう じゃ ない ?

見 た ? 今 の

アイツ 超 ナチュラル に 誘った ぞ

さりげなく 名前 聞き出し てる し

あなた に は 一生 かかって も でき ない 芸当 ね

けれど … あまり いい やり 方 と は 言え な いわ ね

やっぱり ね …

小学生 でも ああいう の ある もん だ な

小学生 も 高校 生 も 変わら ない わ よ

等しく 同じ 人間 な の だ から

ざっと こんな ところ だ な

何 か メチャクチャ 手慣れ て ます ね

これ でも 大学 時代 は よく サークル で バーベキュー を し た もの さ

私 が 火 を つけ てる 間 カップル 達 が イチャ こら …

チッ 気 分 が 悪く なった →

男子 は 火 の 準備 女子 は 食 材 を 取り に いき たまえ

は ~ い !

< ここ で 男女 を 引き離す の は >

< 過去 の 恨み が 入って ませ ん か 大丈夫 です か >

まあ 小学 6 年生 の 野外 炊飯 で ある こと を 考え れ ば

妥当 な メニュー ね

家 カレー だ と 作る 人 に よって 個性 出る よ な

母ちゃん の 作る カレー な ん か 色々 入って て

厚 揚げ と か ある ある !

ちくわ と か 入って る べ あれ おお …

< いきなり 気 安く す ん な よ 友達 な の か と 思っちゃ う だ ろ >

ママ カレー って そういう の ある よ ね

こない だ も 変 な 葉っぱ 入って て さ

ウチ の ママ 結構 ボー っと し てる とこ ある から な

その 葉っぱ って ローリエ だった ん じゃ ない かしら

< 何 ロリエ ! ? >

ふえ ~ カレー に 葉っぱ 入っちゃ っ た よ ~

念のため に 言って おく けれど

ローリエ は 月桂樹 の 葉 の こと よ

ローリエ って ティッシュ の こと じゃ ない ん だ

あと は 火 が 通る の を 待つ だけ と

暇 なら 見回って 手伝い で も する か ね

まあ 小学生 と 話す 機会 なんて そう そう ないし

行 こ う か ? 俺 鍋 見 てる わ

( 平塚 ) 気 に する な 比企 谷

私 が 見 て て やろ う

カレー 好き ?

は あ …

< 同感 だ ぼ っち に 声 を かける とき は >

< あくまで 秘密裏 に ひそか に やる べき だ >

< さらし 者 に なら ない よう に 最大 限 の 配慮 を する 必要 が ある >

別に カレー に 興味 ない し

< いい 答え だ >

< 好意 的 に 答え れ ば まわり から 調子 乗って る と 思わ れ >

< すげなく 答え れ ば 何 様 調子 乗って る と なる >

< この 場 は 戦略 的 撤退 しか ない >

せっかく だ し 隠し 味 入れる か 何 か 入れ たい もの ある 人

は ~ い ! はい !

私 フルーツ が いい と 思う 桃 と か !

アイツ バカ か ホント バカ ばっ か

まあ 世の中 は 大概 そう だ

早く 気 が つい て よかった な

あなた も その 大概 でしょ

あまり 俺 を ナメ る な 大概 と か その 他 大勢 の 中 で すら

1 人 に なれる 逸材 だ ぞ 俺 は

そんな こと を そこ まで

誇らし げ に 言え る の は あなた くらい でしょ う ね

あきれる の を 通り越し て 軽蔑 する わ

通り越し たら 尊敬 し ねえ か 普通

名前 ああ ? 名前 が 何 だ よ

名前 を 聞い てん の 普通 さっき の で 伝わる でしょ

人 に 名前 を 尋ねる とき は まず 自分 から 名乗る もの よ

鶴見 留美

私 は 雪ノ下 雪 乃

そこ の は ヒキ …\ N ヒキガ …

ヒキガエル 君 だった かしら

何で 俺 の 小 4 の 頃 の あだ名 知って ん だ よ

最後 の 方 は 「 ヒキ 」 も 取れ て ただ の 「 カエル 」 と 呼ば れ て い た

《 ≪ ( 子供 A ) カエル もう カエル の か よ 》

《 ≪ ( 子供 達 ) ギャハハ … 》

比企 谷 八幡 だ

で これ が 由比 ヶ 浜 結 衣 な

鶴見 … 留美 ちゃん だ よ ね ? よろしく ね

何 か … そっち の 2 人 は 違う 感じ する

あの 辺 の 人 達 と

私 も 違う の あの 辺 と

「 違う 」 って 何 が ?

みんな ガキ な ん だ もん

だから 別に 1 人 で も いい か な って

でも 小学生 の とき の 友達 と か 思い出 って 大事 だ と 思う な

思い出 と か いら ない

中学 入れ ば よそ から 来 た 人 と 友達 に なれ ば いい し

残念 だ けど そう は なら ない わ

あなた を 仲間 は ずれ に し てる子 も 同じ 中学 へ 進学 する の でしょ

なら 同じ こと が 起きる だけ よ 今度 は その

よそ から 来 た 人 と やら も 一緒 に なって

やっぱり … そう な ん だ →

ホント バカ みたい な こと し て た

何 が あった の ?

誰 か を ハブ る の は 何 回 か あって

けど その うち 終わる し

そ したら また 話し たり する →

いつも 誰 か が 言い出し て →

何となく みんな そういう 雰囲気 に なんの →

そんな こと し て たら いつの間にか →

今度 は 私 が そう なって た

別に …\ N 何 か し た わけ じゃ ない のに →

中学 でも こんな ふう に なっちゃ う の か な ?

大丈夫 かな ?

ふむ … 何 か 心配事 か ね ?

ちょっと 孤立 し ちゃ って る 子 が い た ので

かわいそう だ よ ね ~

< 違う 問題 の 本質 を 理解 し て い ない >

< 孤立 する こと 1 人 で いる こと 自体 は >

< 別に いい ん だ 問題 な の は >

< 悪意 に よって 孤立 さ せ られ てる こと だ >

それ で 君 達 は どう し たい ?

俺 は 可能 な 範囲 で 何とか し て あげ たい です

「 可能 な 範囲 で 」 … ね

あなた で は 無理 よ そう だった でしょ

雪ノ下 君 は ? これ は

「 奉仕 部 の 合宿 も 兼ね てる 」 と 言って い まし た が

彼女 の 案件 も 活動 内容 に 含ま れ ます か

林間 学校 の サポート ボランティア を 部活 動 の 一環 と し た わけ だ

原理 原則 から いえ ば その 範ちゅう に 入れ て も よか ろ う

そう です か で は 彼女 が 助け を 求める なら

あらゆる 手段 を もって 解決 に 努め ます

( 平塚 ) で 助け は 求め られ てる の か ね

それ は 分かり ませ …\ N ゆき の ん

あの 子 さ 言い たく て も 言え ない ん じゃ ない か な

留美 ちゃん 言って た じゃ ん 「 自分 も 同じ こと し て た 」 って

だから 自分 だけ 助け て もらう の は 許せ ない ん じゃ ない か な

みんな たぶん そう 話しかけ たく て も

仲良く し たく て も そう でき ない 環境 って ある ん だ よ

反対 の 者 は いる か ね ?

よろしい

では どう し たら いい か 君 達 で 考え たまえ →

私 は 寝る

つ ~ かさ あの 子 結構 カワイイ し

他の カワイイ 子 と つるめ ば よく ない

試しに 話しかけ て み ん じゃ ん

仲良く なる じゃ ん 余裕 じゃ ん

それ だ わ ! 優美子 さえ てる わ ~

ふん … だっし ょ ?

それ は 優美子 だ から できる ん だ よ

足がかり を つくる って 意味 で は 優美子 の 言う こと は 正しい な

けど 今 の 状況 下 だ と そもそも

話しかける ハードル が 高い かも しれ ない

≪ ( 優美子 ) そ っか ~\ N は い

( 葉山 ) 姫 菜 言って み て

大丈夫 趣味 に 生き れ ば いい ん だ よ

趣味 に 打ち込 ん でる と イベント と か 行く よう に なって

色々 交友 広がる でしょ きっと 本当 の

自分 の 居場所 み たい な の が 見つかる と 思う →

学校 だけ が 全て じゃ ない って 気づく よ ね

私 は BL で 友達 が でき まし た ! は あ ! ?

ホモ が 嫌い な 女子 なんて い ませ ん だ から

雪ノ下 さん も …\ N ≪ ( 葉山 ) 優美子 →

姫 菜 と 一緒 に お茶 取って き て \ NOK

ほら ほら 海老名 行く よ ああ ッ !

まだ 布教 の 途中 な のに !

やっぱり みんな で 仲良く できる 方法 を 考え ない と

解決 に なら ない か ふ ッ … みんな ね

そんな こと は 不可能 よ

ひと かけら の 可能 性 も ない わ

ちょっと 雪ノ下 さん アンタ 何 何 が

せっかく みんな で 仲良く やろ うって の に

何で そういう こと 言う わけ

別に アンタ の こと 全然 好き じゃ ない けど

旅行 だ から 我慢 し てん じゃ ん まあまあ 優美子

あら 意外に 好 印象 だった の ね

私 は あなた の こと 嫌い だ けれど

ゆき の ん も 抑え て 抑え て

でも 留美 ちゃん 性格 キツ そう です から

溶け込む の は 難しい かも です ね

確かに 少し 冷め てる と いう か 冷たい 感じ は ある な

冷 た いっ つ ~ か 超 上 から 目線 な だけ じゃ ない の

まわり 見下し た よう な 態度 取って っ から

ハブ られる ん でしょ 誰 かさん み たい に

それ は あなた 達 の 被害 妄想 よ

劣って いる と いう 自覚 が ある から

見 下され てる と 感じる だけ で は ?

あん さ ~\ N そういう こと 言って っ から

優美子 やめろ フン !

あ ッ …

八 … 幡

< こりゃ 寝 れる 気 が し ねえ な >

うん ?

( 「 きらきら 星 」 の 鼻歌 を 歌う 雪 乃 )

誰 ! ?

俺 だ よ 誰 ?

何で さっき と 同じ 問い な ん だ よ

一応 顔見知り だ ろ う が

こんな 時間 に どう し た の 永眠 は しっかり 取った 方 が いい わ

優し さ に 見せかけ た 死 の 宣告 やめ て くん ない

星 でも 見 て た の か ?

ちょっと 三浦 さん が 突っかかって き て ね

30 分 ほど かけ て 論破 し て 泣か せ て しまった

気まずく なって 出 て き た の か

まさか 泣 い て しまう と は 思わ なかった から

とりあえず 由比 ヶ 浜 さん が なぐさめ て くれ てる わ

さしも の 雪ノ下 も 涙 に は 弱い の か

< 何 だ よ 俺 も 今度 から ワンワン 泣 こ う >

あの 子 の こと 何とか し なけ れ ばね

知ら ん 子 の ため に やけに やる 気 だ な

今 まで だって 知ら ない 人 ばかり だった わ

私 は 知己 の 仲 だ から って 手 を 差し伸べる わけ で は ない もの

それ に … 由比 ヶ 浜 さん と どこ か 似 てる 気 が し ない ?

そう か ? たぶん …

由比 ヶ 浜 さん に も ああいう 経験 が ある ん じゃ ない か と 思った の よ

それ と …

たぶん 葉山 君 も ずっと 気 に し て いる

お前 葉山 と 何 か あん の ?

小学校 が 同じ だけ よ それ と 親 同士 が 知り合い

彼 の 父親 が ウチ の 会社 の 顧問 弁護 士 を し てる の

へえ しかし 家 ぐるみ の 付き合い って の も 大変 そう だ な

そう な の でしょ う ね

えらい 他人事 だ な

そういった 外 向き の 場 に 出る の は 姉 の 役割 だ から

私 は … 代役 で しか ない の

( 風 の 音 )

それ でも 今日 は 来 られ て よかった わ

無理 だ と 思って い た から

は あ ? 何で ?

そろそろ 戻る わ そう か … じゃあ な

ええ お やすみ なさい

♪♪~

< 次回 …>



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

( メール 受信 )

( 比企 谷 ) うん ?

< これ で よし あと は 深夜 に >

< 「 ご め ~ ん 電池 切れ て た 」 と か >

< 「 ちょっと 圏 外 だった みたい 」 と か 返せ ば 大丈夫 >

< こう 返さ れ たら 向こう も 責める こと は でき まい >

< ソース は 俺 中学 時代 >

< 勇気 を 振りしぼって 女子 に メール し たら >

< 4 割 の 確率 で これ が 返って き た >

< ちなみに 3 割 は 返信 が なく 残り の 3 割 は >

< メーラーダエモン さん と か いう 外国 人 から メール が 来 た >

( 携帯 着信 )

( メール 受信 が 4 回 )

( メール 受信 )

怖い 怖い よ

< 平塚 先生 が 結婚 でき ない 理由 の 一端 を かいま見 た 気 が し た >

< あの 人 俺 の こと どん だけ 好き な ん だ よ >

< こえ ~ よ 怖い >

♪♪~

( 小町 ) あ ~ 夏 休み の 宿題 終わった ~ !

お 疲れ お 兄 ちゃ ~ ん

小町 は すごく 頑張って 勉強 し まし た

まあ そう だ な 頑張った 小町 に は

自分 へ の ご ほうび が あって いい と 思う の です

お前 は 丸の内 の OL か

とにかく ご ほうび が 必要 です

だから お 兄ちゃん は 小町 と 一緒 に

千葉 に 行か ない と いけない の です

お前 の 論理 すげ え な

鳥 人間 コンテスト 優勝 できる レベル で 飛躍 し た ぞ

何 か 欲しい もの でも あん の か ?

あん ま し 高い もん は 無理 だ ぞ 財布 に 400 円 しか ない

安い の も 無理 じゃ ん 別に 物 が 欲しい ん じゃ ない よ

お 兄ちゃん と 出かけ られ れ ば それ で 十 分 だ もん

あ ッ 今 の 結構 小町 的 に ポイント 高い

う ぜ え …\ N 出かける の は いい けど 着替えろ よ

その 格好 で 外出 さ れ たら 俺 は 道 行く 男子 の 目 に

レーザー ポインター 浴びせ に ゃ なら ん

おお 今 の 八幡 的 に ポイント 高い よ な

いや ~ その シスコン ぶり は 正直 キモ い けど

千葉 で 何 する か 知ら ん が

一緒 に 行く くらい なら 別に いい ぞ

お お ッ ! ありがとう

じゃ お 兄ちゃん も 動き やすい 格好 に 着替え て

( 鼻歌 を 歌う 小町 )

よし と … よ ~ し レッツゴー !

♪♪~ ち ~ ば ち ば ち ば …\ N うん ?

( 平塚 ) さて 電話 に 出 なかった 言い訳 を 聞こ う か

まあ 無事 なら それ で 結構

色々 と 手 を 回し て 君 の 妹 に 連絡 が 取れ た ので

私 も 一安心 だ

< メール と いい 安否 確認 の 仕方 と いい 怖い >

つ ~ か 何 か 用 す か 俺 これ から 千葉 …

千葉 に 行く ん だ まだ メール 見 て なかった の か

は あ ? ( 結 衣 ) ヒッキー 遅い し

え ッ 何で お前 ら い ん の ?

「 何で 」 って 部活 じゃ ん

結 衣 さん やっ は ろ ー 小町 ちゃん やっ は ろ ー

< その 挨拶 は やって ん の か バカ っぽい から やめろ >

雪 乃 さん も やっ は ろ ー や ッ …

こんにち は 小町 さん

小町 も 呼 ん で もらって 嬉しい です

< 妹 へ の 愛情 を 利用 し て おびき出す と は 卑怯 な >

< でも 一 番 卑怯 な の は 妹 です よ ね >

≪ ( 戸塚 ) 八幡 ~ !

< いや 俺 は この こと を 予見 し て >

< あえて おびき出さ れ た ふり を し た >

< 結果 オーライ 今日 から 神 信じ ちゃ う >

戸塚 さん やっ は ろ ー やっ は ろ ー

< 何 それ カワイイ もっと はやら せよ う ぜ >

では 行 こ う 早く 乗り込み たまえ

あの ~ 千葉 駅 行く の に 何で 高速 乗る ん です か ?

逆 に 聞こ う 一体 いつ から

千葉 駅 に 向かう と 錯覚 し て い た ?

錯覚 も 何 も 「 千葉 行く 」 って 言ったら 普通 …

千葉 駅 か と 思った ? 残念 ! 千葉 村 で し た

何 す か ? その アレ な テンション

う ~ ん …

思い出し た 千葉 村 って

中学 の とき 自然 教室 で 行った とこ だ

うん ?

葉山 や あ ヒキタニ 君

お前 ら どうして ここ に ?

全員 揃った よう だ な え ッ ?

君 達 に は しばらく ボランティア 活動 を し て もらう

ボランティア ?

奉仕 部 の 合宿 を 兼ねて

林間 学校 サポート スタッフ と して 働 い て もらう

[ スピ ー カ ] ( 教師 A ) 最後 に 皆さん の お 手伝い を し て くれる

[ スピ ー カ ] お にいさん お ねえさん に 挨拶 し ま しょ う

( 子供 達 ) よろしく お 願い し ます

[ スピ ー カ ] 何 か あったら いつ でも 僕達 に 言って ください

[ スピ ー カ ] この 林間 学校 で 素敵 な 思い出 を

[ スピ ー カ ] たくさん つくって ください よろしく お 願い し ます

あの なぜ 葉山 君 達 まで いる ん でしょ う か

人手 が 足り ない から →

内 申 点 を エサ に 募集 を かけ て い た の だ よ

これ も いい 機会 だ ろ 君 達 は 別 の コミュニティー と

うまく やる 術 を 身 に つけ た 方 が いい

無理 です よ あの 辺 と 仲良く する なんて

≪ ( 平塚 ) 違う よ 仲良く する 必要 は ない

「 うまく やれ 」 と 言って いる ん だ

敵対 でも 無視 でも なく

さらっと 無難 に やり過ごす 術 を 身 に つけ たまえ

それ が 社会 に 適応 する と いう こと さ

[ スピ ー カ ] ( 教師 A ) で は オリエンテーリング スタート

さて 君 達 の 最初 の 仕事 は オリエンテーリング の サポート だ

一緒 に 行動 し て トラブル の ない よう 見守って くれ

≪ ( 戸部 ) い ~ や 小学生 マジ 若い わ →

俺 ら 高校 生 と か もう オッサン じゃ ね ?

( 優美子 ) やめ て あー し が ババア み たい じゃ ん

でも 僕 が 小学生 くらい の 頃 って

高校 生 は すごく 大人 に 見え た な

小町 から 見 て も 高校 生 って

大人 って 感じ し ます よ 兄 を 除 い て

オイ 俺 メチャクチャ 大人っぽい だ ろ う が

グチ を こぼし た り 汚い 嘘 つい たり

卑怯 な こと を し たり

ヒッキー の 大人 の イメージ って そんな 悲しい もの な ん だ

ねえ あの 子 達 何 し てる の かしら ?

( 女子 達 ) う わ ~\ N 見 て こよ う

≪ 怖い よ ~

大丈夫 ただ の アオダイショウ だ よ

( 由香 ) お にいさん すご ~ い !

( 仁美 ) よく 触れる ね 平気 だ よ

噛ま ない し 毒 も ない から

噛ま なく て も 触り たく ない し

( 女子 達 ) ねえ ~\ N うん ?

は あ …\ N うん ?

< スタンド 使い と スタンド 使い が ひか れ 合う よう に >

< ぼ っち は ぼ っち を 発見 する 能力 に 長 け てる らしい >

( 由香 ) お にいさん チェック ポイント どこ に ある の

どこ だ ろ う ( 仁美 ) 一緒 に 探し て よ

じゃ ここ だけ 手伝う よ

でも 他の みんな に は 内緒 な わ ~ い !

< さすが 葉山 コミュ 力 高い 秘密 の 共有 も >

< 人 と うまく やる ため の テクニック な ん だ ろ う >

お 兄ちゃん 大変 大変 ! ど し た ?

あの イケメン 相手 に し たら お 兄ちゃん に 勝ち目 ゼロ

危険 信号 だ よ うる せ ほっとけ

( 海老名 ) 確かに 大変 かも しれ ない

ヒキタニ 君 受け オーラ すごい し ヘタレ 受け って 感じ だ から

葉山 君 に 迫ら れ たら 即 落ち そう

そ … そう か 気 を つける

チェック ポイント 見つかった ?

( 留美 ) いいえ そ っか

じゃ みんな で 探 そ う 名前 は ?

鶴見 … 留美

俺 は 葉山 隼人 よろしく ね

あっ ち の 方 と か 隠れ て そう じゃ ない ?

見 た ? 今 の

アイツ 超 ナチュラル に 誘った ぞ

さりげなく 名前 聞き出し てる し

あなた に は 一生 かかって も でき ない 芸当 ね

けれど … あまり いい やり 方 と は 言え な いわ ね

やっぱり ね …

小学生 でも ああいう の ある もん だ な

小学生 も 高校 生 も 変わら ない わ よ

等しく 同じ 人間 な の だ から

ざっと こんな ところ だ な

何 か メチャクチャ 手慣れ て ます ね

これ でも 大学 時代 は よく サークル で バーベキュー を し た もの さ

私 が 火 を つけ てる 間 カップル 達 が イチャ こら …

チッ 気 分 が 悪く なった →

男子 は 火 の 準備 女子 は 食 材 を 取り に いき たまえ

は ~ い !

< ここ で 男女 を 引き離す の は >

< 過去 の 恨み が 入って ませ ん か 大丈夫 です か >

まあ 小学 6 年生 の 野外 炊飯 で ある こと を 考え れ ば

妥当 な メニュー ね

家 カレー だ と 作る 人 に よって 個性 出る よ な

母ちゃん の 作る カレー な ん か 色々 入って て

厚 揚げ と か ある ある !

ちくわ と か 入って る べ あれ おお …

< いきなり 気 安く す ん な よ 友達 な の か と 思っちゃ う だ ろ >

ママ カレー って そういう の ある よ ね

こない だ も 変 な 葉っぱ 入って て さ

ウチ の ママ 結構 ボー っと し てる とこ ある から な

その 葉っぱ って ローリエ だった ん じゃ ない かしら

< 何 ロリエ ! ? >

ふえ ~ カレー に 葉っぱ 入っちゃ っ た よ ~

念のため に 言って おく けれど

ローリエ は 月桂樹 の 葉 の こと よ

ローリエ って ティッシュ の こと じゃ ない ん だ

あと は 火 が 通る の を 待つ だけ と

暇 なら 見回って 手伝い で も する か ね

まあ 小学生 と 話す 機会 なんて そう そう ないし

行 こ う か ? 俺 鍋 見 てる わ

( 平塚 ) 気 に する な 比企 谷

私 が 見 て て やろ う

カレー 好き ?

は あ …

< 同感 だ ぼ っち に 声 を かける とき は >

< あくまで 秘密裏 に ひそか に やる べき だ >

< さらし 者 に なら ない よう に 最大 限 の 配慮 を する 必要 が ある >

別に カレー に 興味 ない し

< いい 答え だ >

< 好意 的 に 答え れ ば まわり から 調子 乗って る と 思わ れ >

< すげなく 答え れ ば 何 様 調子 乗って る と なる >

< この 場 は 戦略 的 撤退 しか ない >

せっかく だ し 隠し 味 入れる か 何 か 入れ たい もの ある 人

は ~ い ! はい !

私 フルーツ が いい と 思う 桃 と か !

アイツ バカ か ホント バカ ばっ か

まあ 世の中 は 大概 そう だ

早く 気 が つい て よかった な

あなた も その 大概 でしょ

あまり 俺 を ナメ る な 大概 と か その 他 大勢 の 中 で すら

1 人 に なれる 逸材 だ ぞ 俺 は

そんな こと を そこ まで

誇らし げ に 言え る の は あなた くらい でしょ う ね

あきれる の を 通り越し て 軽蔑 する わ

通り越し たら 尊敬 し ねえ か 普通

名前 ああ ? 名前 が 何 だ よ

名前 を 聞い てん の 普通 さっき の で 伝わる でしょ

人 に 名前 を 尋ねる とき は まず 自分 から 名乗る もの よ

鶴見 留美

私 は 雪ノ下 雪 乃

そこ の は ヒキ …\ N ヒキガ …

ヒキガエル 君 だった かしら

何で 俺 の 小 4 の 頃 の あだ名 知って ん だ よ

最後 の 方 は 「 ヒキ 」 も 取れ て ただ の 「 カエル 」 と 呼ば れ て い た

《 ≪ ( 子供 A ) カエル もう カエル の か よ 》

《 ≪ ( 子供 達 ) ギャハハ … 》

比企 谷 八幡 だ

で これ が 由比 ヶ 浜 結 衣 な

鶴見 … 留美 ちゃん だ よ ね ? よろしく ね

何 か … そっち の 2 人 は 違う 感じ する

あの 辺 の 人 達 と

私 も 違う の あの 辺 と

「 違う 」 って 何 が ?

みんな ガキ な ん だ もん

だから 別に 1 人 で も いい か な って

でも 小学生 の とき の 友達 と か 思い出 って 大事 だ と 思う な

思い出 と か いら ない

中学 入れ ば よそ から 来 た 人 と 友達 に なれ ば いい し

残念 だ けど そう は なら ない わ

あなた を 仲間 は ずれ に し てる子 も 同じ 中学 へ 進学 する の でしょ

なら 同じ こと が 起きる だけ よ 今度 は その

よそ から 来 た 人 と やら も 一緒 に なって

やっぱり … そう な ん だ →

ホント バカ みたい な こと し て た

何 が あった の ?

誰 か を ハブ る の は 何 回 か あって

けど その うち 終わる し

そ したら また 話し たり する →

いつも 誰 か が 言い出し て →

何となく みんな そういう 雰囲気 に なんの →

そんな こと し て たら いつの間にか →

今度 は 私 が そう なって た

別に …\ N 何 か し た わけ じゃ ない のに →

中学 でも こんな ふう に なっちゃ う の か な ?

大丈夫 かな ?

ふむ … 何 か 心配事 か ね ?

ちょっと 孤立 し ちゃ って る 子 が い た ので

かわいそう だ よ ね ~

< 違う 問題 の 本質 を 理解 し て い ない >

< 孤立 する こと 1 人 で いる こと 自体 は >

< 別に いい ん だ 問題 な の は >

< 悪意 に よって 孤立 さ せ られ てる こと だ >

それ で 君 達 は どう し たい ?

俺 は 可能 な 範囲 で 何とか し て あげ たい です

「 可能 な 範囲 で 」 … ね

あなた で は 無理 よ そう だった でしょ

雪ノ下 君 は ? これ は

「 奉仕 部 の 合宿 も 兼ね てる 」 と 言って い まし た が

彼女 の 案件 も 活動 内容 に 含ま れ ます か

林間 学校 の サポート ボランティア を 部活 動 の 一環 と し た わけ だ

原理 原則 から いえ ば その 範ちゅう に 入れ て も よか ろ う

そう です か で は 彼女 が 助け を 求める なら

あらゆる 手段 を もって 解決 に 努め ます

( 平塚 ) で 助け は 求め られ てる の か ね

それ は 分かり ませ …\ N ゆき の ん

あの 子 さ 言い たく て も 言え ない ん じゃ ない か な

留美 ちゃん 言って た じゃ ん 「 自分 も 同じ こと し て た 」 って

だから 自分 だけ 助け て もらう の は 許せ ない ん じゃ ない か な

みんな たぶん そう 話しかけ たく て も

仲良く し たく て も そう でき ない 環境 って ある ん だ よ

反対 の 者 は いる か ね ?

よろしい

では どう し たら いい か 君 達 で 考え たまえ →

私 は 寝る

つ ~ かさ あの 子 結構 カワイイ し

他の カワイイ 子 と つるめ ば よく ない

試しに 話しかけ て み ん じゃ ん

仲良く なる じゃ ん 余裕 じゃ ん

それ だ わ ! 優美子 さえ てる わ ~

ふん … だっし ょ ?

それ は 優美子 だ から できる ん だ よ

足がかり を つくる って 意味 で は 優美子 の 言う こと は 正しい な

けど 今 の 状況 下 だ と そもそも

話しかける ハードル が 高い かも しれ ない

≪ ( 優美子 ) そ っか ~\ N は い

( 葉山 ) 姫 菜 言って み て

大丈夫 趣味 に 生き れ ば いい ん だ よ

趣味 に 打ち込 ん でる と イベント と か 行く よう に なって

色々 交友 広がる でしょ きっと 本当 の

自分 の 居場所 み たい な の が 見つかる と 思う →

学校 だけ が 全て じゃ ない って 気づく よ ね

私 は BL で 友達 が でき まし た ! は あ ! ?

ホモ が 嫌い な 女子 なんて い ませ ん だ から

雪ノ下 さん も …\ N ≪ ( 葉山 ) 優美子 →

姫 菜 と 一緒 に お茶 取って き て \ NOK

ほら ほら 海老名 行く よ ああ ッ !

まだ 布教 の 途中 な のに !

やっぱり みんな で 仲良く できる 方法 を 考え ない と

解決 に なら ない か ふ ッ … みんな ね

そんな こと は 不可能 よ

ひと かけら の 可能 性 も ない わ

ちょっと 雪ノ下 さん アンタ 何 何 が

せっかく みんな で 仲良く やろ うって の に

何で そういう こと 言う わけ

別に アンタ の こと 全然 好き じゃ ない けど

旅行 だ から 我慢 し てん じゃ ん まあまあ 優美子

あら 意外に 好 印象 だった の ね

私 は あなた の こと 嫌い だ けれど

ゆき の ん も 抑え て 抑え て

でも 留美 ちゃん 性格 キツ そう です から

溶け込む の は 難しい かも です ね

確かに 少し 冷め てる と いう か 冷たい 感じ は ある な

冷 た いっ つ ~ か 超 上 から 目線 な だけ じゃ ない の

まわり 見下し た よう な 態度 取って っ から

ハブ られる ん でしょ 誰 かさん み たい に

それ は あなた 達 の 被害 妄想 よ

劣って いる と いう 自覚 が ある から

見 下され てる と 感じる だけ で は ?

あん さ ~\ N そういう こと 言って っ から

優美子 やめろ フン !

あ ッ …

八 … 幡

< こりゃ 寝 れる 気 が し ねえ な >

うん ?

( 「 きらきら 星 」 の 鼻歌 を 歌う 雪 乃 )

誰 ! ?

俺 だ よ 誰 ?

何で さっき と 同じ 問い な ん だ よ

一応 顔見知り だ ろ う が

こんな 時間 に どう し た の 永眠 は しっかり 取った 方 が いい わ

優し さ に 見せかけ た 死 の 宣告 やめ て くん ない

星 でも 見 て た の か ?

ちょっと 三浦 さん が 突っかかって き て ね

30 分 ほど かけ て 論破 し て 泣か せ て しまった

気まずく なって 出 て き た の か

まさか 泣 い て しまう と は 思わ なかった から

とりあえず 由比 ヶ 浜 さん が なぐさめ て くれ てる わ

さしも の 雪ノ下 も 涙 に は 弱い の か

< 何 だ よ 俺 も 今度 から ワンワン 泣 こ う >

あの 子 の こと 何とか し なけ れ ばね

知ら ん 子 の ため に やけに やる 気 だ な

今 まで だって 知ら ない 人 ばかり だった わ

私 は 知己 の 仲 だ から って 手 を 差し伸べる わけ で は ない もの

それ に … 由比 ヶ 浜 さん と どこ か 似 てる 気 が し ない ?

そう か ? たぶん …

由比 ヶ 浜 さん に も ああいう 経験 が ある ん じゃ ない か と 思った の よ

それ と …

たぶん 葉山 君 も ずっと 気 に し て いる

お前 葉山 と 何 か あん の ?

小学校 が 同じ だけ よ それ と 親 同士 が 知り合い

彼 の 父親 が ウチ の 会社 の 顧問 弁護 士 を し てる の

へえ しかし 家 ぐるみ の 付き合い って の も 大変 そう だ な

そう な の でしょ う ね

えらい 他人事 だ な

そういった 外 向き の 場 に 出る の は 姉 の 役割 だ から

私 は … 代役 で しか ない の

( 風 の 音 )

それ でも 今日 は 来 られ て よかった わ

無理 だ と 思って い た から

は あ ? 何で ?

そろそろ 戻る わ そう か … じゃあ な

ええ お やすみ なさい

♪♪~

< 次回 …>


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.