image

艦隊これくしょん, Kantai Collection Episode 7

暗号 の 解読 終わり まし た

FS 作戦 に 次 なる 目標 と 作戦 詳細 の 通達 です

報告 を

はい

作戦 目標 は 棲 地 MO

本 鎮守 府 に は 空母 機動 部隊 と 攻略 支援 部隊 の 出撃 命令 が 出 て い ます

了解 し た

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

Burning Love

Hit

北上 さん 左

は ー い

お … お 二 人 と も あんまり 無 茶 し ない で ください ね

明日 に は MO 攻略 に 出撃 し ない と いけない ん です から

分かって る よ

そう そう 明日 は もっと 素敵 な 北上 さん を 見せ て あげる から ね

楽しみ です

装備 の 調整 に 出 て ばったり 遭遇 戦 に なっちゃ っ た 時 は

どう しよ う か と 思った けど

よかった これ なら

邪魔 よ そこ の 元 戦艦

五 航 戦 如き に 譲る 進路 は あり ませ ん

いい から 退 い て

いただき

よし そのまま 魚雷 を

よし 決まった

あたし の 獲物

すごい です ね

みんな 優秀 な 子 たち です から

もう あんた の 言い 方 すごく 癇 に 障る の よ ね いつも

事実 だ から でしょ う

って いう か 空母 の お 二 人 は 早く 下がって ください

こんな 接近 戦 は …

大丈夫 よ この くらい

見 て なさい 私 の 艦載機 だって

瑞鶴 さん 魚雷

加賀 さん

本当 に そう 思い な の です か 提督

それ なら ば 確かに ウ 島 の 奇襲 が 失敗 し た の も 納得 です が

しかし

何 だ 取り込み 中 だ ぞ

鎮守 府 沖 に 出 て い た 第 五 遊撃 部隊 から 緊急 な 打電 です

何 ?

加賀 さん 痛 そう な の です

加賀

ずいぶん 派手 に やら れ ちゃ った わ ね

私 の ミス です

旗 艦 な のに みんな に 的確 な 指示 を 出せ なく て

本当 に すみ ませ ん

いえ 遭遇 戦 に なった の は 事故 の よう な も の

そこ で 出 すぎ て 被弾 し た の は 私 の 失態 です

面目 次第 も あり ませ ん

格好 つけ ない で よ

あんた は 私 の 代わり に 被弾 し た ん じゃ ない

一 番 悪い の は 油断 し て 出 すぎ た 私 な のに

どうして 責め ない の よ

勘違い し ない で

あなた が あの 無防備 な 態勢 で 被弾 し たら

おそらく 轟 沈 し て い た わ

でも 私 は 被弾 箇所 を 選べ た し それ で 沈ま ず に 耐える 自信 も あった

それ が たとえ 五 航 戦 でも 提督 の 大事 な 戦力 を 失う わけ に は いき ませ ん

私 は あの 絶望 的 な 瞬間 に 見え た わずか な 希望 に 賭け た だけ

そして 勝った わ

何 よ そんな ぼろぼろ の くせ に

なんで そんな 偉 そう に

Hey Hey Everybody

落ち着き ま しょ う

被弾 し た の は Bad work だ けど

高速 修復 剤 を 使え ば

お 湯 を 沸かす 前 に tea time は 終わり ネー

すま ん が それ は 無理 じゃ な

どうして Why

FS 作戦 の 発動 以来 こちら の 勢力 範囲 そのもの は 拡大 し てる ん だ けど

同時に 補給 線 も 伸び て おる じゃ ろ う

燃料 や 鋼材 は まだ 逼迫 し て おら ん が

出撃 が 増え て いる せい も あって

高速 修復 剤 が 底 を つい て おる の だ

先日 被弾 し た 赤城 も

おかげ で 未 だに 入 渠 し て いる よう な 有り様 じゃ から な

Supply は 大切 な の に

加賀 も この 様子 で は 絶対 に 間に合わ ない わ

どう する

MO 攻略 本 隊 は 今頃 出発 し て いる はず よ

私 が 参り ます

翔 鶴 姉

加賀 さん 瑞鶴 を 守って くださった こと 本当 に 感謝 し て い ます

さっき も 言い まし た が 別に お 礼 を 言わ れる よう な こと で は あり ませ ん

長門 秘書 艦 どうか 提督 に 具申 し て ください

この 翔 鶴 を 加賀 さん の 代わり に 出撃 さ せ て ください と

吹雪 ちゃん 大丈夫 ?

たぶん

たぶん って

だって だって 旗 艦 やれ って 言わ れ て す っ ごく 悩 ん で

それ でも 最近 ちょっと うまく いく よう に なった か な って 思って たら

初めて の 作戦 の 直前 に これ だ もん

あ あって なる よ

なん かね 口 喧嘩 ばっかり し てる けど

加賀 さん と 瑞鶴 さん って いつか す っ ごく いい コンビ に なる ん じゃ な いか って

勝手 に 思って た ん だ けど な

やっぱり 無理 だった の か な 私 に 旗 艦 なんて

それ は ない っぽい

うん 私 も そう 思う よ

だって 吹雪 ちゃん 頑張って た もん

私 も 夕立 ちゃん も 知って る し

きっと 私 たち なんか より

第 五 の みんな の ほう が もっと いっぱい 気づ い てる よ

そう かな

そう だ よ

じゃ なきゃ あの す っ ごい 曲者 っぽい たち なんて 即 行 解散 し てる っぽい

うん

ありがとう 睦月 ちゃん 夕立 ちゃん

やっぱり 友達 って 嬉しい ね

あの

な … 何

いえ どう して る か な って

私 は 誰 か さん の お節 介 で 無傷 だ も の

全然 大丈夫 よ

瑞鶴 …

通達 です

第 五 遊撃 部隊 駆逐 艦 吹雪

提督 室 に 出頭 し て ください

司令 官 から 怒ら れる の か な 加賀 さん の こと

でも 仕方ない よ ね 私 が 旗 艦 な ん だ から

駆逐 艦 吹雪 入り ます

手 と 足 が 一緒 に 出 て いる ぞ

そう 緊張 する な

提督 は お前 を 譴責 する ため に 呼ば れ た の で は ない

逆 に あの 面子 を よく まとめ て いる と 褒め て おいで だ

本当 です か

だからこそ お前 に 聞く 提督 は 明日 の 作戦

加賀 の 代わり に 翔 鶴 を 入れる か 否 か を お前 の 判断 に 任せる そう だ

先ほど の 様子 を 見る に 瑞鶴 の メンタル も 気 に なる

どう だ やれ る か

それ は …

やれ ます

分かった

よろしい です か 提督

では 改めて 出撃 が 決まった こと でも う 一 点 話し て おき たい こと が ある

はい

明日 の 作戦 に つい て

いや 昨今 の 深海 棲 艦 と の 戦闘 に おい て

提督 が ある 深刻 な 懸念 を 抱 い て おら れる から だ

これ は 旗 艦 で ある お前 に のみ 話し て おく が

第 三 艦隊 旗 艦 夕張 出撃 し ます

MO 攻略 支援 隊 が 出撃 し まし た

ほか の 鎮守 府 から は ?

はい 予定 通り MO 攻略 本 隊 と して

軽 空母 鳳翔 と 青葉 古 鷹 加古 衣笠

また 援護 部隊 の 天龍 龍田 ら も すでに 先行 し て いる と の こと です

よし 続 い て 第 五 遊撃 部隊 に 出撃 命令 を

第 五 遊撃 部隊 出撃 準備

皆さん 頑張り ま しょ う

翔 鶴 姉 ごめん ね

もう 何 言って る の

私 は 瑞鶴 と 一緒 に 出撃 でき て 本当 に 嬉しい の よ

一 航 戦 の 皆さん が 出撃 でき ない 今 こそ

私 たち 五 航 戦 が 頑張ら なく て は ね

さあ 行く わ よ 瑞鶴

はい 翔 鶴 姉

第 五 遊撃 部隊 出撃 し ます

そろそろ 出撃 し て いる 頃 です よ ね

そう 私 は 特に 気 に し なかった の だ けれど

大丈夫 あなた が 守った 子 たち です もの

きっと 戦果 を 挙げて くれる でしょ う

別に 守った つもり など

それにしても あの 子 達 に 感謝 し ない と ね

久しぶり です も の あなた と の こういう 時間 は

な 何 を 言う の

そろそろ 珊瑚 諸島 海域 です ね

綺麗 な 海 と 空

まるで 私 と 北上 さん の 行く末 を 祝福 し て いる よう ね

いや 残念 だ けど 大井 っち ちょっと 雲行き 怪しい よ

空 の くせ に 空気 を 読ま ない なんて

まあ 大井 っち と 一緒 なら 嵐 でも 安心 だ けど ね

北上 さん

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん 索 敵機 を 出し て もらえ ます か

いい けど 作戦 海域 は まだ 先 だ し

風上 に 進路 を 変え なきゃ

夕張 さん たち に は 先行 し て もらす ます

あくまで 念のため です から

大丈夫 だ と わかれ ば 全 速 で 追いつき ます

いい の 瑞鶴

大丈夫 です

ぶ っき ー は 自分 が やる こと の 意味 を ちゃんと 理解 し てる子 ね

まあ そう だ よ ね

だから 旗 艦 に し て あげ てる の よ

本当 は 北上 さん の 方 が 似合う のに

みなさん

まっ 戦闘 そのもの は 旗 艦 の くせ に 勢い で 突っ込み すぎ た り で

ちょっと って いう か かなり 危な か しい けど ね

それ は 私 も 同感 です

もう 金剛 さん

どう し た の 翔 鶴 姉

なんでもない わ 今出 す わ ね

ここ から 南 へ 30 度 毎 に

わかった わ

Beautiful

さすが 翔 鶴 姉

何 を し て いる の 瑞鶴 あなた も よ

でしょ 吹雪 さん

はい 二 段 索敵 で お 願い し ます

確実 を 期し たい ん です

了解

でも いきなり こんなに 密 な 索敵 を する なんて

何 か ある かも しれ ない の です ね

なければ 一 番 な ん です けど

深海 棲 艦 が 私 たち の 使って いる 暗号 を ?

確証 は ない

だが 疑念 が ある 以上

常に 最悪 の ケース を 想定 し て 行動 しろ

つまり …

必要 な の は 私 たち の 作戦 目標 や

艦隊 の 動向 が 敵 に 漏れ て いる 可能 性 を 考える こと

だ と すれば 敵 の 仕掛け は …

MO 攻略 本 隊 の 祥 鳳 さん が …

多数 の 敵 艦載機 に よる 急 降下 爆撃 で 大破 炎上 中 ?

現在 も 尚 攻撃 は 継続 中

されど 敵 空母 の 位置 は 不明 なり

速やか な 発見 と 撃破 を 求め か

これ な の ね

はい 司令 官 は 予想 さ れ て い まし た

翔 鶴 姉 もっと 索 敵機 を 出 そ う よ

早く 敵 の 空母 を 見つけ なきゃ

落ち着 い て 瑞鶴

いたずらに 数 を 出し て も 意味 が ない わ

索敵 は 根気 の 勝負

慌て た 方 が 負けよ

翔 鶴 姉

と は 言って も 待つ だけ って や っぱ いや だ よ ね

search & strike 先 に 見つけ た 方 の 勝ち です か

頑張って ください 艦載機 さん たち

天気 も かなり 崩れ てき てる

これ 以上 は 艦載機 たち も

4 番 機 より 入電

我 敵 空母 機動 部隊 を 発見 す

編成 は 空母 1 重 巡 1 軽 巡 2 駆逐 2 の 計 6 隻

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん

行く わ よ 瑞鶴

はい

攻撃 隊 より 入電 敵 空母 一 隻 を 中破

よし 先手 打った わ

これ で 敵 は 艦載機 を 出せ ない

それでは 私 たち は 残 敵 の 掃討 に 向かい ま しょ う

ただし 空母 の お 二 人 は このまま 棲 地 MO へ 向かって

夕張 さん たち の 支援 隊 に 追い つい て ください

でも 私 まだ 戦え る の に

私 たち の 作戦 目標 は あくまで 棲 地 MO です

お 二 人 に は まだ たくさん お 仕事 を し て いただか なく ちゃ いけ ませ ん から

そう そう ここ から は 私 たち に も flower を take さ せ て ください ね

わかった わ

でも 直 掩 機 は 出さ せ て

それ ぐらい は いい でしょ う

お 願い し ます

あと 再度 合流 できる まで 無線 封鎖 を 徹底 し ま しょ う

それ じゃ 行き ます

あの 子 達

お 疲れ 様 頑張った わ ね

スコール が 近づ い て き た わ

追いつか れ ない うち に 行き ま しょ う

うん

でも 加賀 に 見せ て やり たかった な

私 たち 五 航 戦 の 艦載機 が 敵 の 空母 を 撃破 し た ところ

瑞鶴 は 本当 に 加賀 さん と 仲良し に なった の ね

私 も 嬉しい わ

ない な い ない ない ない よ そんな の

私 は あんな お 高く とまった か っち か ち 釣り 目 の 一 航 戦 なんて 大 っ 嫌い な ん だ から

は いはい

信じ て ない

もう 翔 鶴 姉 って ば

翔 鶴 姉

どうして この 艦載機 は どこ から 来 た の

よくも

ダメ 直 掩 機 も 出せ ない

瑞鶴 私 を 置 い て 逃げ なさい

そんな の できる わけ ない

吹雪 たち に …

ダメ だ 無線 封鎖 し てる し

他の 敵 まで 呼び寄せ かね ない

一瞬 で いい 艦載機 を 出す チャンス が あれ ば

どう する どう すれ ば いい

あの 絶望 的 な 瞬間 に 見え た わずか な 希望 に 賭け た だけ

絶望 の 瞬間 の わずか な 希望

翔 鶴 姉 スコール に 入 ろ う

そし たら 向こう も 追って こ れ ない

でも 私 たち だって 発 着 艦 が でき なく なる わ

それ より 私 を 囮 に し て

大丈夫 永遠 に 続く スコール は ない

必ず 切れ目 が ある

その 一瞬 が あれ ば 発 着 艦 は 可能 だ よ

でも やっぱり 無理 よ

スコール を 出 た 瞬間 に 敵 の 餌食 に

きっと チャンス は 来る

信じよ う 翔 鶴 姉

行き ま しょ う

空母 が 一 隻 で よかった な

司令 官 が おっしゃって た 最悪 の 事態 は これ で

最悪 … これ が ?

敵 が 本当 に こっち の 作戦 を 全部 知って た と し たら

まさか

翔 鶴 姉

もし ダメ でも 最後 に 一 矢 報い て み せる

あの 子 達 は

翔 鶴 姉

はい

行け

お 願い 一 発 だけ でも いい

五 航 戦 の 意地 を 見せ て

ファイヤー

海 の 藻屑 と

なり な よ

みんな

第 五 遊撃 部隊 から 入電

我 珊瑚 諸島 海域 にて 敵 機動 部隊 と 遭遇

空母 ヲ 級 を 一 隻 大破 一 隻 轟 沈

すごい じゃ ない

ヲ 級 を 大破 に 撃沈

やり まし た ね あの 子 達

はい

でも それほど 驚く こと で は ない の かも しれ ませ ん

だって …

みんな 優秀 な 子 達 です から

届け 届け

想い よ 届け

そう あの 日 笑顔 私 の 願い 全て

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 しい

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 の 笑顔 も !

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 、 出逢う 前 から 解って た この 想い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い は 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

暗号 の 解読 終わり まし た

FS 作戦 に 次 なる 目標 と 作戦 詳細 の 通達 です

報告 を

はい

作戦 目標 は 棲 地 MO

本 鎮守 府 に は 空母 機動 部隊 と 攻略 支援 部隊 の 出撃 命令 が 出 て い ます

了解 し た

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

Burning Love

Hit

北上 さん 左

は ー い

お … お 二 人 と も あんまり 無 茶 し ない で ください ね

明日 に は MO 攻略 に 出撃 し ない と いけない ん です から

分かって る よ

そう そう 明日 は もっと 素敵 な 北上 さん を 見せ て あげる から ね

楽しみ です

装備 の 調整 に 出 て ばったり 遭遇 戦 に なっちゃ っ た 時 は

どう しよ う か と 思った けど

よかった これ なら

邪魔 よ そこ の 元 戦艦

五 航 戦 如き に 譲る 進路 は あり ませ ん

いい から 退 い て

いただき

よし そのまま 魚雷 を

よし 決まった

あたし の 獲物

すごい です ね

みんな 優秀 な 子 たち です から

もう あんた の 言い 方 すごく 癇 に 障る の よ ね いつも

事実 だ から でしょ う

って いう か 空母 の お 二 人 は 早く 下がって ください

こんな 接近 戦 は …

大丈夫 よ この くらい

見 て なさい 私 の 艦載機 だって

瑞鶴 さん 魚雷

加賀 さん

本当 に そう 思い な の です か 提督

それ なら ば 確かに ウ 島 の 奇襲 が 失敗 し た の も 納得 です が

しかし

何 だ 取り込み 中 だ ぞ

鎮守 府 沖 に 出 て い た 第 五 遊撃 部隊 から 緊急 な 打電 です

何 ?

加賀 さん 痛 そう な の です

加賀

ずいぶん 派手 に やら れ ちゃ った わ ね

私 の ミス です

旗 艦 な のに みんな に 的確 な 指示 を 出せ なく て

本当 に すみ ませ ん

いえ 遭遇 戦 に なった の は 事故 の よう な も の

そこ で 出 すぎ て 被弾 し た の は 私 の 失態 です

面目 次第 も あり ませ ん

格好 つけ ない で よ

あんた は 私 の 代わり に 被弾 し た ん じゃ ない

一 番 悪い の は 油断 し て 出 すぎ た 私 な のに

どうして 責め ない の よ

勘違い し ない で

あなた が あの 無防備 な 態勢 で 被弾 し たら

おそらく 轟 沈 し て い た わ

でも 私 は 被弾 箇所 を 選べ た し それ で 沈ま ず に 耐える 自信 も あった

それ が たとえ 五 航 戦 でも 提督 の 大事 な 戦力 を 失う わけ に は いき ませ ん

私 は あの 絶望 的 な 瞬間 に 見え た わずか な 希望 に 賭け た だけ

そして 勝った わ

何 よ そんな ぼろぼろ の くせ に

なんで そんな 偉 そう に

Hey Hey Everybody

落ち着き ま しょ う

被弾 し た の は Bad work だ けど

高速 修復 剤 を 使え ば

お 湯 を 沸かす 前 に tea time は 終わり ネー

すま ん が それ は 無理 じゃ な

どうして Why

FS 作戦 の 発動 以来 こちら の 勢力 範囲 そのもの は 拡大 し てる ん だ けど

同時に 補給 線 も 伸び て おる じゃ ろ う

燃料 や 鋼材 は まだ 逼迫 し て おら ん が

出撃 が 増え て いる せい も あって

高速 修復 剤 が 底 を つい て おる の だ

先日 被弾 し た 赤城 も

おかげ で 未 だに 入 渠 し て いる よう な 有り様 じゃ から な

Supply は 大切 な の に

加賀 も この 様子 で は 絶対 に 間に合わ ない わ

どう する

MO 攻略 本 隊 は 今頃 出発 し て いる はず よ

私 が 参り ます

翔 鶴 姉

加賀 さん 瑞鶴 を 守って くださった こと 本当 に 感謝 し て い ます

さっき も 言い まし た が 別に お 礼 を 言わ れる よう な こと で は あり ませ ん

長門 秘書 艦 どうか 提督 に 具申 し て ください

この 翔 鶴 を 加賀 さん の 代わり に 出撃 さ せ て ください と

吹雪 ちゃん 大丈夫 ?

たぶん

たぶん って

だって だって 旗 艦 やれ って 言わ れ て す っ ごく 悩 ん で

それ でも 最近 ちょっと うまく いく よう に なった か な って 思って たら

初めて の 作戦 の 直前 に これ だ もん

あ あって なる よ

なん かね 口 喧嘩 ばっかり し てる けど

加賀 さん と 瑞鶴 さん って いつか す っ ごく いい コンビ に なる ん じゃ な いか って

勝手 に 思って た ん だ けど な

やっぱり 無理 だった の か な 私 に 旗 艦 なんて

それ は ない っぽい

うん 私 も そう 思う よ

だって 吹雪 ちゃん 頑張って た もん

私 も 夕立 ちゃん も 知って る し

きっと 私 たち なんか より

第 五 の みんな の ほう が もっと いっぱい 気づ い てる よ

そう かな

そう だ よ

じゃ なきゃ あの す っ ごい 曲者 っぽい たち なんて 即 行 解散 し てる っぽい

うん

ありがとう 睦月 ちゃん 夕立 ちゃん

やっぱり 友達 って 嬉しい ね

あの

な … 何

いえ どう して る か な って

私 は 誰 か さん の お節 介 で 無傷 だ も の

全然 大丈夫 よ

瑞鶴 …

通達 です

第 五 遊撃 部隊 駆逐 艦 吹雪

提督 室 に 出頭 し て ください

司令 官 から 怒ら れる の か な 加賀 さん の こと

でも 仕方ない よ ね 私 が 旗 艦 な ん だ から

駆逐 艦 吹雪 入り ます

手 と 足 が 一緒 に 出 て いる ぞ

そう 緊張 する な

提督 は お前 を 譴責 する ため に 呼ば れ た の で は ない

逆 に あの 面子 を よく まとめ て いる と 褒め て おいで だ

本当 です か

だからこそ お前 に 聞く 提督 は 明日 の 作戦

加賀 の 代わり に 翔 鶴 を 入れる か 否 か を お前 の 判断 に 任せる そう だ

先ほど の 様子 を 見る に 瑞鶴 の メンタル も 気 に なる

どう だ やれ る か

それ は …

やれ ます

分かった

よろしい です か 提督

では 改めて 出撃 が 決まった こと でも う 一 点 話し て おき たい こと が ある

はい

明日 の 作戦 に つい て

いや 昨今 の 深海 棲 艦 と の 戦闘 に おい て

提督 が ある 深刻 な 懸念 を 抱 い て おら れる から だ

これ は 旗 艦 で ある お前 に のみ 話し て おく が

第 三 艦隊 旗 艦 夕張 出撃 し ます

MO 攻略 支援 隊 が 出撃 し まし た

ほか の 鎮守 府 から は ?

はい 予定 通り MO 攻略 本 隊 と して

軽 空母 鳳翔 と 青葉 古 鷹 加古 衣笠

また 援護 部隊 の 天龍 龍田 ら も すでに 先行 し て いる と の こと です

よし 続 い て 第 五 遊撃 部隊 に 出撃 命令 を

第 五 遊撃 部隊 出撃 準備

皆さん 頑張り ま しょ う

翔 鶴 姉 ごめん ね

もう 何 言って る の

私 は 瑞鶴 と 一緒 に 出撃 でき て 本当 に 嬉しい の よ

一 航 戦 の 皆さん が 出撃 でき ない 今 こそ

私 たち 五 航 戦 が 頑張ら なく て は ね

さあ 行く わ よ 瑞鶴

はい 翔 鶴 姉

第 五 遊撃 部隊 出撃 し ます

そろそろ 出撃 し て いる 頃 です よ ね

そう 私 は 特に 気 に し なかった の だ けれど

大丈夫 あなた が 守った 子 たち です もの

きっと 戦果 を 挙げて くれる でしょ う

別に 守った つもり など

それにしても あの 子 達 に 感謝 し ない と ね

久しぶり です も の あなた と の こういう 時間 は

な 何 を 言う の

そろそろ 珊瑚 諸島 海域 です ね

綺麗 な 海 と 空

まるで 私 と 北上 さん の 行く末 を 祝福 し て いる よう ね

いや 残念 だ けど 大井 っち ちょっと 雲行き 怪しい よ

空 の くせ に 空気 を 読ま ない なんて

まあ 大井 っち と 一緒 なら 嵐 でも 安心 だ けど ね

北上 さん

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん 索 敵機 を 出し て もらえ ます か

いい けど 作戦 海域 は まだ 先 だ し

風上 に 進路 を 変え なきゃ

夕張 さん たち に は 先行 し て もらす ます

あくまで 念のため です から

大丈夫 だ と わかれ ば 全 速 で 追いつき ます

いい の 瑞鶴

大丈夫 です

ぶ っき ー は 自分 が やる こと の 意味 を ちゃんと 理解 し てる子 ね

まあ そう だ よ ね

だから 旗 艦 に し て あげ てる の よ

本当 は 北上 さん の 方 が 似合う のに

みなさん

まっ 戦闘 そのもの は 旗 艦 の くせ に 勢い で 突っ込み すぎ た り で

ちょっと って いう か かなり 危な か しい けど ね

それ は 私 も 同感 です

もう 金剛 さん

どう し た の 翔 鶴 姉

なんでもない わ 今出 す わ ね

ここ から 南 へ 30 度 毎 に

わかった わ

Beautiful

さすが 翔 鶴 姉

何 を し て いる の 瑞鶴 あなた も よ

でしょ 吹雪 さん

はい 二 段 索敵 で お 願い し ます

確実 を 期し たい ん です

了解

でも いきなり こんなに 密 な 索敵 を する なんて

何 か ある かも しれ ない の です ね

なければ 一 番 な ん です けど

深海 棲 艦 が 私 たち の 使って いる 暗号 を ?

確証 は ない

だが 疑念 が ある 以上

常に 最悪 の ケース を 想定 し て 行動 しろ

つまり …

必要 な の は 私 たち の 作戦 目標 や

艦隊 の 動向 が 敵 に 漏れ て いる 可能 性 を 考える こと

だ と すれば 敵 の 仕掛け は …

MO 攻略 本 隊 の 祥 鳳 さん が …

多数 の 敵 艦載機 に よる 急 降下 爆撃 で 大破 炎上 中 ?

現在 も 尚 攻撃 は 継続 中

されど 敵 空母 の 位置 は 不明 なり

速やか な 発見 と 撃破 を 求め か

これ な の ね

はい 司令 官 は 予想 さ れ て い まし た

翔 鶴 姉 もっと 索 敵機 を 出 そ う よ

早く 敵 の 空母 を 見つけ なきゃ

落ち着 い て 瑞鶴

いたずらに 数 を 出し て も 意味 が ない わ

索敵 は 根気 の 勝負

慌て た 方 が 負けよ

翔 鶴 姉

と は 言って も 待つ だけ って や っぱ いや だ よ ね

search & strike 先 に 見つけ た 方 の 勝ち です か

頑張って ください 艦載機 さん たち

天気 も かなり 崩れ てき てる

これ 以上 は 艦載機 たち も

4 番 機 より 入電

我 敵 空母 機動 部隊 を 発見 す

編成 は 空母 1 重 巡 1 軽 巡 2 駆逐 2 の 計 6 隻

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん

行く わ よ 瑞鶴

はい

攻撃 隊 より 入電 敵 空母 一 隻 を 中破

よし 先手 打った わ

これ で 敵 は 艦載機 を 出せ ない

それでは 私 たち は 残 敵 の 掃討 に 向かい ま しょ う

ただし 空母 の お 二 人 は このまま 棲 地 MO へ 向かって

夕張 さん たち の 支援 隊 に 追い つい て ください

でも 私 まだ 戦え る の に

私 たち の 作戦 目標 は あくまで 棲 地 MO です

お 二 人 に は まだ たくさん お 仕事 を し て いただか なく ちゃ いけ ませ ん から

そう そう ここ から は 私 たち に も flower を take さ せ て ください ね

わかった わ

でも 直 掩 機 は 出さ せ て

それ ぐらい は いい でしょ う

お 願い し ます

あと 再度 合流 できる まで 無線 封鎖 を 徹底 し ま しょ う

それ じゃ 行き ます

あの 子 達

お 疲れ 様 頑張った わ ね

スコール が 近づ い て き た わ

追いつか れ ない うち に 行き ま しょ う

うん

でも 加賀 に 見せ て やり たかった な

私 たち 五 航 戦 の 艦載機 が 敵 の 空母 を 撃破 し た ところ

瑞鶴 は 本当 に 加賀 さん と 仲良し に なった の ね

私 も 嬉しい わ

ない な い ない ない ない よ そんな の

私 は あんな お 高く とまった か っち か ち 釣り 目 の 一 航 戦 なんて 大 っ 嫌い な ん だ から

は いはい

信じ て ない

もう 翔 鶴 姉 って ば

翔 鶴 姉

どうして この 艦載機 は どこ から 来 た の

よくも

ダメ 直 掩 機 も 出せ ない

瑞鶴 私 を 置 い て 逃げ なさい

そんな の できる わけ ない

吹雪 たち に …

ダメ だ 無線 封鎖 し てる し

他の 敵 まで 呼び寄せ かね ない

一瞬 で いい 艦載機 を 出す チャンス が あれ ば

どう する どう すれ ば いい

あの 絶望 的 な 瞬間 に 見え た わずか な 希望 に 賭け た だけ

絶望 の 瞬間 の わずか な 希望

翔 鶴 姉 スコール に 入 ろ う

そし たら 向こう も 追って こ れ ない

でも 私 たち だって 発 着 艦 が でき なく なる わ

それ より 私 を 囮 に し て

大丈夫 永遠 に 続く スコール は ない

必ず 切れ目 が ある

その 一瞬 が あれ ば 発 着 艦 は 可能 だ よ

でも やっぱり 無理 よ

スコール を 出 た 瞬間 に 敵 の 餌食 に

きっと チャンス は 来る

信じよ う 翔 鶴 姉

行き ま しょ う

空母 が 一 隻 で よかった な

司令 官 が おっしゃって た 最悪 の 事態 は これ で

最悪 … これ が ?

敵 が 本当 に こっち の 作戦 を 全部 知って た と し たら

まさか

翔 鶴 姉

もし ダメ でも 最後 に 一 矢 報い て み せる

あの 子 達 は

翔 鶴 姉

はい

行け

お 願い 一 発 だけ でも いい

五 航 戦 の 意地 を 見せ て

ファイヤー

海 の 藻屑 と

なり な よ

みんな

第 五 遊撃 部隊 から 入電

我 珊瑚 諸島 海域 にて 敵 機動 部隊 と 遭遇

空母 ヲ 級 を 一 隻 大破 一 隻 轟 沈

すごい じゃ ない

ヲ 級 を 大破 に 撃沈

やり まし た ね あの 子 達

はい

でも それほど 驚く こと で は ない の かも しれ ませ ん

だって …

みんな 優秀 な 子 達 です から

届け 届け

想い よ 届け

そう あの 日 笑顔 私 の 願い 全て

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 しい

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 の 笑顔 も !

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 、 出逢う 前 から 解って た この 想い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い は 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.