image

艦隊これくしょん, Kantai Collection Episode 12

赤城 さん 直 上 を

加賀 さん

どうして こんな 事態 だけ は 避けよ う と …

なのに …

赤城 先輩 直 上

やっぱり 抗 え ない の

運命 に は …

先輩 大丈夫 です か

吹雪 さん

あなた なぜ

それ は あと です

早く

でも …

加賀 さん

一 航 戦 の 誇り に 賭け て

稼働 機 全 機 発 艦

加賀 さん と 比 叡 さん が 至急 退避 を

平気 よ この くらい

そう です この くらい で 逃げ 帰ったら お 姉 様 に 叱ら れ ます

よくぞ 言った ねえ

お 姉 様 来 て くれ た ん です ね

私 たち の 出番 ね Follow me

皆さん も つい て き て ください ねえ

榛名 に 霧島 まで

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん

高速 修復 材 が なんか 急に 手配 さ れ て さ

大和 さん に 追い つい ちゃ い まし た

大和 さん は …

それ は また あと で 説明 し ます

MI 攻略 主力 艦 隊

旗 艦 大和 押して まいり ます

五 航 戦 瑞鶴

五 航 戦 翔 鶴

全 航空 隊 発 艦 始め

さあ 赤城 先輩 も

えっ ええ

一撃 いいえ

それ に 至る 今 まで の すべて の 行動 で この 子 は 変え て しまった

私 たち が 必死 に 抗 お う と して でき なかった 何 か を

この 子 は いったい …

やっと この 時 が 来 まし た

ずっと ずっと 悠久 の 昔 から

私 は この 時 を 待ち望 ん で い た 気 が し ます

皆さん と 手 を 取り合い 戦う この 時 を

左舷 砲戦 用意

三 式 弾 装填

第 一 第 二 主砲 斉 射

やった

まだ です

何度 でも 何度 でも 沈 ん で いき なさい

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

本気 に さ せ た っぽい

敵 艦載機 は 私 たち が 迎撃 し ます

第 一 機動 部隊 は その 隙 を つい て 敵 機動 部隊 を

大和 さん たち 主力 艦 隊 は 飛行 場 姫 の 撃破 に 向かって ください

分かり まし た

吹雪 さん

はい

榛名 全力 で 参り ます

ヒエ ~ なんて 言って る 場合 じゃ なく て

気合 入れ て 撃ち ます

負け て られ ませ ん ね

マイク チェック も 十分 済 ん だ よう です し

霧島 後ろ

分 って ます

霧島 が …

メガネ を 取った

さあ 砲撃 開始 です

よく でき まし た

これ じゃ 魚雷 を 撃つ 隙 も ない

うそ

大井 っち

大井 っち

私 の 北上 さん に 何 し て け つかる の よ

消え なさい

なんか キモ い の つい た キモ い の つい た

大井 っち

北上 さん もう 安心

大井 っち

怖かった の ?

うん

なな … 何という 可愛 さ 健 気 さ

いいえ そんな 言葉 で は 語り 尽くせ ない この 美し さ を 何 に 例え ま しょ う

まるで 春 に 萌 える 若葉 の よう な

ああ そう 萌 えよ

この 可愛 さ を 私 は 萌 え と 名づけ …

大井 っち

あ はい 何 ?

敵 が

でも 大丈夫

恐れる こと は ない よ

大井 っち と 一緒 だ から

今 は スーパー 北上 様 だ よ

です ね

二 人 合わせ て 片 舷 40 門

両 舷 合わせ て 80 門 の 魚雷 は 伊達 じゃ ない わ

海 の 藻屑 と なり なさい な

さあ 敵 の 機動 部隊 は すぐ そこ です

うん まだまだ 筑摩 に は 負け ん

敵 の 護衛 部隊 を

任せ と い て

パーティー 始めよ う

金剛 さん 比 叡 さん

行き ます

Burning Love

あと 少し

その 艦 もらった

赤城 さん

矢 が …

一 航 戦 の 先輩 方

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん

きっと ヘマ を する 空母 が 一杯 や 二 杯 いる か と 思って ね

持って き た

瑞鶴 が 渡す よう に と

少し 頭 に 来 まし た

です ね

行き ま しょ う 私 たち も

飛行 場 姫 の 滑走 路 を 無力 化 し まし た

制 空 権 確保 し まし た

私 が 参り ます

砲戦 用意

仰 角 合わせ 全 砲門 発射 用意

撃て

沈め 皆 沈め

やった

倒し た の ?

はい これ で あの 夢 は …

新た な 敵 空母 です

一 二 三

いつの間に

大和 さん

敵 の 拠点 は すでに 叩 い た わ

一 度 退却 し て 態勢 を 立て直し て から でも

だめ です

大和 さん

感じ ませ ん か

まだ 何 か 強い 力 が 働 い て いる こと に

強い 力 ?

そう です

私 が ここ に 遅れ て しまった の も 新た な 敵 が 現れ た の も

まるで かつて あった もの を あった 通り に し て おこ う と する 力

退却 し たら その 力 は より 強く なる よう な 気 が する ん です

でも

ここ で 打ち破ら なく て は いけない

私 たち を 縛りつけ て いる 何 か を

その 通り です

何 ?

何 じゃ

そんな …

また 最初 に 戻った だけ っぽい

今 まで の 攻撃 は すべて 無駄 だった と いう の です か

これ が 力

どう やって も 逃げ られ ない と いう の です か

だめ です

吹雪 ちゃん

そんな もの に 負け ちゃ だめ です

みんな が 私 たち の 勝利 を 信じ て 待って る ん です

私 司令 官 に 初めて 会った 時 に 言わ れ た ん です

ここ から 始めよ う って

何も ない ところ から すべて は 始まる ん です

何にも とらわれ ず 立ち向かわ なきゃ だめ です

それ が すべて を 変える ん です

吹雪 さん

その 通り だ

怯 む な

運命 に 抗 う と いう こと は 簡単 な こと で は ない

しかし だ から こそ 価値 が ある

成し遂げる 意義 が ある

艦隊 この 長門 に 続け

退避

すごい 火力 っぽい

まだまだ いる っぽい

苦戦 し てる ?

あれ どうして

長門 秘書 艦 と ともに 援軍 で 来 た の

やっぱり センター に は 那珂 ちゃん が い ない と ね

私 たち だけ じゃ ない ない わ

どうやら 私 の 出番 ね

陸奥 さん

さあ 私 たち も 負け て い られ ませ ん

水 雷 魂 見せる よ

那珂 ちゃん は 対空 防御 を

那珂 ちゃん に お 任せ

まだ こんなに

わ 私 たち を 頼って くれ て も いい の よ

雷 ちゃん

な の です

どうして 棲 地 AL に 向かった ん じゃ なかった の

ちゃんと し た レディー は 少し 遅れ て くる もの よ

Извините

イズ ヴィニー チェ

まさか 長門 秘書 艦 が

な の です

司令 官 の 作戦 書 に 書 い て あった の

全て は 見せかけ だ

それ を 見 て 長門 さん は 考え た の

想定 さ れる すべて の 作戦 を 遂行 し た よう に 見せかけ て

全軍 を この MI に 集結 さ せる

それ が ハラ ショー な 決断

だから

お 待た せ

僕 も いる よ

クマ

ニャン

みんな

何 か を 変える に は 決め られ た 何 か に 抗 う に は それ しか ない

長門 さん は その こと に 気づ い て

すごい です

吹雪 さん 直 掩 を

はい

多摩 も 働く ニャン

ここ が 見せ場 だ クマ

油断 し まし た ね

次 発 装填 済み です

私 と 夜 戦 する ?

制 空 権 とり まし た

敵 防衛 線 も 寸断 し まし た

飛行 場 姫 射程 内 です

よし みんな よく 頑張った

これ で 変える

全 艦 砲撃 用意

撃て

撃て 撃て

そんな

再生 し て いる

バカ な

敵 は 無敵 な の か ニャン

こんな の 勝て る わけない クマ

空母 です

なん だ と

司令 官 は おっしゃい まし た

敵 機動 部隊 を たたき 棲 地 MI を 攻略 せよ と

駆逐 艦 吹雪 夕立 最上 川内 神 通 那珂 と ともに

敵 空母 を 撃沈 せよ

はい

対空 防御 は 私 が 皆さん は 空母 を

任せ て

撃て

甘い 甘い

行け

何 から 撃 と う かしら

よし 今度 こそ 撃て

あら ら ダメ な の

空母 を 倒せ ば 何 か が 変わる ん じゃ なかった の

やはり 抗 う こと は でき ない の

翔 鶴 姉 残り の 矢 は

提督 …

誰 だ

あれ

優秀 な 子 たち 力 を 見せ て

誰 な の です

レディー ?

本日 付 で 鎮守 府 に 配属 に なった 装甲 空母 大 鳳 です

無線 封鎖 の 解除 を

大 鳳 長門 が 連れ て き た の

いや

聞こえ ます か

鎮守 府 全 艦隊 に 全 艦 娘 に 告げ ます

提督 が 提督 が 鎮守 府 に 着任 し まし た

提督 が

司令 官 が

生き てる

提督 提督

提督 から の 伝言 です

敵 機動 部隊 を 殲滅 せよ

繰り返す 敵 機動 部隊 を 殲滅 せよ

それ が MI 攻略 の

いや この 戦い に 勝利 する 唯一 の 手段 だ

しかし 敵 の 空母 は もう

長門 秘書 艦 もう 1 杯 現れ まし た

空母 です

なに

一体 いく つ いる っぽい ?

サイン は 勘弁 だ よ キリ ない から

きっと これ が 最後 です 最後 の 1 杯

どうして そう 言い 切れる の

わかり ませ ん

でも 敵 の 主力 空母 は 三 杯 そんな 気 が する ん です

ぶ っき ー

いい だ ろ う

金剛 と ともに あの 空母 を 撃破 せよ

金剛 さん 援護 お 願い でき ます か

ぶ っき ー わかった ね

この 戦い が いつ 終わる の か どう すれ ば 終わる の か

それ は 誰 に も わから ない

でも 静か な 海 を 取り戻す に は

Burning Love

戦って 勝つ しか ない

今 は … 吹雪 さん

空母 撃沈 し た っぽい

長門

全 砲門 構え

撃て

ダメージ が

効 い てる

ビッグ セブン の 力 侮る な よ

私 も いる の よ

やった の か

「 やった の か 」 は 禁句 よ

返し て 返し て 返し て 返し て

吹雪 ちゃん

やった よ 勝った っぽい

変え た の です 定 め の くびき に 抗 い

変わる はず も ない 何 か を 私 たち は 変え た の です

はい

これ より 全 艦 鎮守 府 に 帰 投 する

提督 が 待って る ぞ

提督

水平 線 陽 が 落ち て

夕焼け 君 を 染める ねぇ

ずっと このまま なんて

いい じゃ ない 想う だけ なら

けど きっと 違う の

いか なきゃ だめ な の ?

呼吸 揃え たら 飛 沫 の 中 へ

君 と 君 と 唄って い たい

戦 の 日 それ は きっと 全て で なく て

帰り道 見失わ ぬ よ う

聴 い て 聴 い て その 声 聴 い て

繋 い で この 手 を 還る よ 明日 に

きっと 懐かしい あの 場 所 へ

時 の 嵐 の 中 で 今

舞い 散る 花 の 涙

向かい風 今 宵 花 吹雪

積る 積る 白雪 み たい に

優しく 透きとおる 時間 の よう な

きっと きっと 初雪 み たい に

忘れ ない よ 一瞬 を

深く 深く 深雪 の よう な

そう 始まる 前 に 知って い た この 痛み

今 なら もっと ずっと 深く

強く 強く 思い 紡 い で

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

静か な 優しい 海 へ きっと 届け

君 へ と 届け

お 帰り なさい 司令 官



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

赤城 さん 直 上 を

加賀 さん

どうして こんな 事態 だけ は 避けよ う と …

なのに …

赤城 先輩 直 上

やっぱり 抗 え ない の

運命 に は …

先輩 大丈夫 です か

吹雪 さん

あなた なぜ

それ は あと です

早く

でも …

加賀 さん

一 航 戦 の 誇り に 賭け て

稼働 機 全 機 発 艦

加賀 さん と 比 叡 さん が 至急 退避 を

平気 よ この くらい

そう です この くらい で 逃げ 帰ったら お 姉 様 に 叱ら れ ます

よくぞ 言った ねえ

お 姉 様 来 て くれ た ん です ね

私 たち の 出番 ね Follow me

皆さん も つい て き て ください ねえ

榛名 に 霧島 まで

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん

高速 修復 材 が なんか 急に 手配 さ れ て さ

大和 さん に 追い つい ちゃ い まし た

大和 さん は …

それ は また あと で 説明 し ます

MI 攻略 主力 艦 隊

旗 艦 大和 押して まいり ます

五 航 戦 瑞鶴

五 航 戦 翔 鶴

全 航空 隊 発 艦 始め

さあ 赤城 先輩 も

えっ ええ

一撃 いいえ

それ に 至る 今 まで の すべて の 行動 で この 子 は 変え て しまった

私 たち が 必死 に 抗 お う と して でき なかった 何 か を

この 子 は いったい …

やっと この 時 が 来 まし た

ずっと ずっと 悠久 の 昔 から

私 は この 時 を 待ち望 ん で い た 気 が し ます

皆さん と 手 を 取り合い 戦う この 時 を

左舷 砲戦 用意

三 式 弾 装填

第 一 第 二 主砲 斉 射

やった

まだ です

何度 でも 何度 でも 沈 ん で いき なさい

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

本気 に さ せ た っぽい

敵 艦載機 は 私 たち が 迎撃 し ます

第 一 機動 部隊 は その 隙 を つい て 敵 機動 部隊 を

大和 さん たち 主力 艦 隊 は 飛行 場 姫 の 撃破 に 向かって ください

分かり まし た

吹雪 さん

はい

榛名 全力 で 参り ます

ヒエ ~ なんて 言って る 場合 じゃ なく て

気合 入れ て 撃ち ます

負け て られ ませ ん ね

マイク チェック も 十分 済 ん だ よう です し

霧島 後ろ

分 って ます

霧島 が …

メガネ を 取った

さあ 砲撃 開始 です

よく でき まし た

これ じゃ 魚雷 を 撃つ 隙 も ない

うそ

大井 っち

大井 っち

私 の 北上 さん に 何 し て け つかる の よ

消え なさい

なんか キモ い の つい た キモ い の つい た

大井 っち

北上 さん もう 安心

大井 っち

怖かった の ?

うん

なな … 何という 可愛 さ 健 気 さ

いいえ そんな 言葉 で は 語り 尽くせ ない この 美し さ を 何 に 例え ま しょ う

まるで 春 に 萌 える 若葉 の よう な

ああ そう 萌 えよ

この 可愛 さ を 私 は 萌 え と 名づけ …

大井 っち

あ はい 何 ?

敵 が

でも 大丈夫

恐れる こと は ない よ

大井 っち と 一緒 だ から

今 は スーパー 北上 様 だ よ

です ね

二 人 合わせ て 片 舷 40 門

両 舷 合わせ て 80 門 の 魚雷 は 伊達 じゃ ない わ

海 の 藻屑 と なり なさい な

さあ 敵 の 機動 部隊 は すぐ そこ です

うん まだまだ 筑摩 に は 負け ん

敵 の 護衛 部隊 を

任せ と い て

パーティー 始めよ う

金剛 さん 比 叡 さん

行き ます

Burning Love

あと 少し

その 艦 もらった

赤城 さん

矢 が …

一 航 戦 の 先輩 方

翔 鶴 さん 瑞鶴 さん

きっと ヘマ を する 空母 が 一杯 や 二 杯 いる か と 思って ね

持って き た

瑞鶴 が 渡す よう に と

少し 頭 に 来 まし た

です ね

行き ま しょ う 私 たち も

飛行 場 姫 の 滑走 路 を 無力 化 し まし た

制 空 権 確保 し まし た

私 が 参り ます

砲戦 用意

仰 角 合わせ 全 砲門 発射 用意

撃て

沈め 皆 沈め

やった

倒し た の ?

はい これ で あの 夢 は …

新た な 敵 空母 です

一 二 三

いつの間に

大和 さん

敵 の 拠点 は すでに 叩 い た わ

一 度 退却 し て 態勢 を 立て直し て から でも

だめ です

大和 さん

感じ ませ ん か

まだ 何 か 強い 力 が 働 い て いる こと に

強い 力 ?

そう です

私 が ここ に 遅れ て しまった の も 新た な 敵 が 現れ た の も

まるで かつて あった もの を あった 通り に し て おこ う と する 力

退却 し たら その 力 は より 強く なる よう な 気 が する ん です

でも

ここ で 打ち破ら なく て は いけない

私 たち を 縛りつけ て いる 何 か を

その 通り です

何 ?

何 じゃ

そんな …

また 最初 に 戻った だけ っぽい

今 まで の 攻撃 は すべて 無駄 だった と いう の です か

これ が 力

どう やって も 逃げ られ ない と いう の です か

だめ です

吹雪 ちゃん

そんな もの に 負け ちゃ だめ です

みんな が 私 たち の 勝利 を 信じ て 待って る ん です

私 司令 官 に 初めて 会った 時 に 言わ れ た ん です

ここ から 始めよ う って

何も ない ところ から すべて は 始まる ん です

何にも とらわれ ず 立ち向かわ なきゃ だめ です

それ が すべて を 変える ん です

吹雪 さん

その 通り だ

怯 む な

運命 に 抗 う と いう こと は 簡単 な こと で は ない

しかし だ から こそ 価値 が ある

成し遂げる 意義 が ある

艦隊 この 長門 に 続け

退避

すごい 火力 っぽい

まだまだ いる っぽい

苦戦 し てる ?

あれ どうして

長門 秘書 艦 と ともに 援軍 で 来 た の

やっぱり センター に は 那珂 ちゃん が い ない と ね

私 たち だけ じゃ ない ない わ

どうやら 私 の 出番 ね

陸奥 さん

さあ 私 たち も 負け て い られ ませ ん

水 雷 魂 見せる よ

那珂 ちゃん は 対空 防御 を

那珂 ちゃん に お 任せ

まだ こんなに

わ 私 たち を 頼って くれ て も いい の よ

雷 ちゃん

な の です

どうして 棲 地 AL に 向かった ん じゃ なかった の

ちゃんと し た レディー は 少し 遅れ て くる もの よ

Извините

イズ ヴィニー チェ

まさか 長門 秘書 艦 が

な の です

司令 官 の 作戦 書 に 書 い て あった の

全て は 見せかけ だ

それ を 見 て 長門 さん は 考え た の

想定 さ れる すべて の 作戦 を 遂行 し た よう に 見せかけ て

全軍 を この MI に 集結 さ せる

それ が ハラ ショー な 決断

だから

お 待た せ

僕 も いる よ

クマ

ニャン

みんな

何 か を 変える に は 決め られ た 何 か に 抗 う に は それ しか ない

長門 さん は その こと に 気づ い て

すごい です

吹雪 さん 直 掩 を

はい

多摩 も 働く ニャン

ここ が 見せ場 だ クマ

油断 し まし た ね

次 発 装填 済み です

私 と 夜 戦 する ?

制 空 権 とり まし た

敵 防衛 線 も 寸断 し まし た

飛行 場 姫 射程 内 です

よし みんな よく 頑張った

これ で 変える

全 艦 砲撃 用意

撃て

撃て 撃て

そんな

再生 し て いる

バカ な

敵 は 無敵 な の か ニャン

こんな の 勝て る わけない クマ

空母 です

なん だ と

司令 官 は おっしゃい まし た

敵 機動 部隊 を たたき 棲 地 MI を 攻略 せよ と

駆逐 艦 吹雪 夕立 最上 川内 神 通 那珂 と ともに

敵 空母 を 撃沈 せよ

はい

対空 防御 は 私 が 皆さん は 空母 を

任せ て

撃て

甘い 甘い

行け

何 から 撃 と う かしら

よし 今度 こそ 撃て

あら ら ダメ な の

空母 を 倒せ ば 何 か が 変わる ん じゃ なかった の

やはり 抗 う こと は でき ない の

翔 鶴 姉 残り の 矢 は

提督 …

誰 だ

あれ

優秀 な 子 たち 力 を 見せ て

誰 な の です

レディー ?

本日 付 で 鎮守 府 に 配属 に なった 装甲 空母 大 鳳 です

無線 封鎖 の 解除 を

大 鳳 長門 が 連れ て き た の

いや

聞こえ ます か

鎮守 府 全 艦隊 に 全 艦 娘 に 告げ ます

提督 が 提督 が 鎮守 府 に 着任 し まし た

提督 が

司令 官 が

生き てる

提督 提督

提督 から の 伝言 です

敵 機動 部隊 を 殲滅 せよ

繰り返す 敵 機動 部隊 を 殲滅 せよ

それ が MI 攻略 の

いや この 戦い に 勝利 する 唯一 の 手段 だ

しかし 敵 の 空母 は もう

長門 秘書 艦 もう 1 杯 現れ まし た

空母 です

なに

一体 いく つ いる っぽい ?

サイン は 勘弁 だ よ キリ ない から

きっと これ が 最後 です 最後 の 1 杯

どうして そう 言い 切れる の

わかり ませ ん

でも 敵 の 主力 空母 は 三 杯 そんな 気 が する ん です

ぶ っき ー

いい だ ろ う

金剛 と ともに あの 空母 を 撃破 せよ

金剛 さん 援護 お 願い でき ます か

ぶ っき ー わかった ね

この 戦い が いつ 終わる の か どう すれ ば 終わる の か

それ は 誰 に も わから ない

でも 静か な 海 を 取り戻す に は

Burning Love

戦って 勝つ しか ない

今 は … 吹雪 さん

空母 撃沈 し た っぽい

長門

全 砲門 構え

撃て

ダメージ が

効 い てる

ビッグ セブン の 力 侮る な よ

私 も いる の よ

やった の か

「 やった の か 」 は 禁句 よ

返し て 返し て 返し て 返し て

吹雪 ちゃん

やった よ 勝った っぽい

変え た の です 定 め の くびき に 抗 い

変わる はず も ない 何 か を 私 たち は 変え た の です

はい

これ より 全 艦 鎮守 府 に 帰 投 する

提督 が 待って る ぞ

提督

水平 線 陽 が 落ち て

夕焼け 君 を 染める ねぇ

ずっと このまま なんて

いい じゃ ない 想う だけ なら

けど きっと 違う の

いか なきゃ だめ な の ?

呼吸 揃え たら 飛 沫 の 中 へ

君 と 君 と 唄って い たい

戦 の 日 それ は きっと 全て で なく て

帰り道 見失わ ぬ よ う

聴 い て 聴 い て その 声 聴 い て

繋 い で この 手 を 還る よ 明日 に

きっと 懐かしい あの 場 所 へ

時 の 嵐 の 中 で 今

舞い 散る 花 の 涙

向かい風 今 宵 花 吹雪

積る 積る 白雪 み たい に

優しく 透きとおる 時間 の よう な

きっと きっと 初雪 み たい に

忘れ ない よ 一瞬 を

深く 深く 深雪 の よう な

そう 始まる 前 に 知って い た この 痛み

今 なら もっと ずっと 深く

強く 強く 思い 紡 い で

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

静か な 優しい 海 へ きっと 届け

君 へ と 届け

お 帰り なさい 司令 官


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.