×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます クッキーポリシー.


image

Gegege no Kitaro (1996), S01E08 GeGeGe no Kitarō

S01E08 GeGeGe no Kitarō

俺 は この 河童 淵 の ような

しず

ぬま

そこ

静かで キレイ な 沼 の 底 で・

へいわ

平和に 暮らして いた。・

もの

そこ は 食べ物 も いっぱい あって

てんごく

天国 みたいな ところ だった。

おと

(ブルド ー ザ ー の 音)

ぼうず

にんげん

(か に 坊主 )しかし 人間 ども が

じぶん

つごう

自分 たち の 都合 だけ で・

かって

やま

くず

勝手に 山 を 切り崩し

はかい

わし の 住まい を 破壊 し・

ぬま

沼 を 埋め尽くした。

かっぱ ぶち

だから この 河童 淵 に

うつ

移り 住んで きた のじゃ。

ぼうず

かに 坊主 だからって

かっぱ

へいわ

せいかつ

河童 たち の 平和な 生活 を

やぶ

おも

破って いい と 思う の か?

ぼうず

(か に 坊主 )う ー む … なに!?

ほんとう

てき

たお

本当の 敵 を 倒す ため ここ まで

だま

黙って 連れて こられた んだ。

ぼうず

かみ

け ば り

いく ぞ か に 坊主 ! 髪 の 毛針 だ!

む む … こんな もの が

つう

おも

この わし に 通じる と 思う の か?

なに!?

ぼうず

まえ

(か に 坊主 )お前 も・

かっぱ

河童 たち と

お な

あやつ

同じ よう に 操って やる!

うわ~!

からだ

うご

か … 体 が 動か ない…。

う う う…。

うご

し … しびれて 動か ない。

ぼうず

なべ

(か に 坊主 )鍋 に する まで も ない。

づく

生け 作り で 食べて やる!

ん ん … うわ~!

だっ…。

こがっぱ

(子 河童 3)ぱ~!

なかま

まだ 仲間 が いた の か

こがっぱ

子 河童 ども。・

まえ

いっしょ

お前たち も 一緒に

なべ もの

鍋 物 に して やる か?

こがっぱ

(子 河童 たち )う … う う…。

ぼうず

(か に 坊主 )逃がす な!

かっぱ

(河童 たち )て や あっ!

こがっぱ

お ー い 子 河童 たち

どこ へ 消えた んだ よう。

はや

もど

早く 戻って きて くれよ。

かっぱ

チッ 河童…。

かっぱ

えいご

あの 河童って の は 英語 で 言ったら

やっぱ レインコートって

言う んだろう な。

こがっぱ

(子 河童 3)ぱ~!

うわ あっ!

なに

何 して や がった んだ

かっぱ

河童 バカ この!

こがっぱ

(子 河童 3)う う…。

お め えら いや かっぱ か ぱ~。

ただ もん で は ない と

おも

思って た んだ よ。

おれ さま

まか

あと は この 俺 様 に 任し とき な。

ぼうず

(か に 坊主 )ジョキーン!

なん

もの

やや や … 何 だ あの 化け物 は?

まか

やっぱ お め えら に 任す わ。

ぼうず

(か に 坊主 )待て ! 待て~!・

ジョキン!・

ジョキン ! ジョキーン!

こがっぱ

(子 河童 たち )うわっ!

きみ

ぼく

君 たち 僕 の こと は いい。

逃げて くれ。

そんな こと でき ないだっぱ。

こがっぱ

(子 河童1)

そう だっぱ そうだっぱ。

こがっぱ

(子 河童 3)ぱっぱ ぱっぱ。

ぼうず

(か に 坊主 )ジョキン ! ジョキン!

きたろう

かく

鬼 太郎 さん ここ に 隠れて て。

ぼうず

(か に 坊主 )ジョキーン!・

ジョキ!

きたろう

かく

鬼 太郎 隠れて いる の は

分かって おる ぞ。

きたろう

いま

たす

鬼 太郎 今 助け に 行く ぞ。

いったん

(一 反 もめん)

かっぱ

また 河童 で ご わす。

じゃま

みんな 邪魔 する で ない。

きたろう

あぶ

鬼 太郎 が 危ない んじゃ。

ど いて くれ。

かっぱ

ご え

(河童 の うなり 声)

すな

ばば あ

(砂 かけ 婆 )ダメじゃ。

こや つら

あやつ

やはり 操られて おる ぞ。・

やる しか ある まい。

こがっぱ

(子 河童 1)ダメだっぱ~!

わる

みんな 悪 さ は やめる だっぱ!

かっぱ

ご え

(河童 の うなり 声)

ぱっぱ~!

ぱっぱ ぱっぱ~!

かっぱ

(河童 )う う う…!

とう

父ちゃん

目 を 覚まして くれっぱ!

ぱっぱ~。

かっぱ

(河童 )う う う…。

いま

すな

ばば あ

今 じゃ 砂 かけ 婆!

すな

ばば あ

(砂 かけ 婆 )うむ。

ぐ すり

気つけ薬 じゃ ! ほりゃ!

かっぱ

河童 ども よ 目 を 覚ます んじゃ!

目 を!

かっぱ

(河童 たち )ああ … あれ?

かっぱ

(河童 )う う う…。

ああ…。

なに

何 して た んだ パッパ?

ぱっぱ ~ ぱっぱ~。

とう

分かるっぱ ? 父ちゃん。

まえ

当たり前だっぱ。

じぶん

かお

自分 の 子ども の 顔 を

わす

おや

忘れる 親 は いないっぱ。

とう

父ちゃん!

こがっぱ

(子 河童 3)ぱっぱ~!

いちどう

(一同 )ハハハ…。

かっぱ

きょうりょく

河童 たち よ 協力 して くれ。

きたろう

鬼 太郎 が

やられ かけて おる んじゃ。

ぼうず

さけ

ご え

(か に 坊主 の 叫び声)

かっぱ

(河童 たち )えっ?

ガニ ガニ ガニ ガニ…!

《う う う…

からだ

うご

体 が しびれて 動け ない。》

ぼうず

(か に 坊主 )ハハハ…。・

さあ さ いただく と する かな。・

なん

おっ! 何 だ?

かっぱ

(河童 たち )えいっ! えいっ!

なに

て め えら 何 を する?

さ か

ゆる

逆らう ヤツ は 許さ ん!

かっぱ

(河童 たち )えいっ…。

ぼうず

(か に 坊主)

待て 待て 待て 待て~!

こがっぱ

(子 河童 たち )う う … あっ!

ぼうず

(か に 坊主)

ゆる

う うっ… もう 許さ ん!

おお…

こんなに なって し も うて…。

どく

あらゆる 毒 に

どく け

効く 毒 消し じゃ 。 ほら。

きたろう

あっき … 鬼 太郎!

うご

あっ… う … 動く!

からだ

うご

か … 体 が 動く!

とう

からだ

父さん 体 の しびれ が

なくなりました。

かっぱ

(河童 たち )ああ…。

まえ

おのれ お前 ら。

こんど

あやつ

今度 は 操る なんて

なま

生ぬるい こと じゃ 済まさ ん ぞ。・

まえ

お前たち を 食って やる!・

ブワ ~ッ!

(ぬり かべ )ぬり かべ。

ぼうず

やい か に 坊主!

まえ

あいて

ぼく

お前 の 相手 は この 僕 だ!

かっぱ

河童 たち ありがとう。

まか

あと は 任せて くれ。

かっぱ

(河童 たち )た ~っ!

きたろう

おのれ 鬼 太郎 ブワッ!

ふっ! うりゃ~!

ふっ!

ほ ー ら ほら

なに

ぼうず

何 を して る か に 坊主!

こっち だ こっち!

ぼうず

(か に 坊主 )おい この ! 待て!

こっち こっち!

おら おら おら!

ぼうず

(か に 坊主 )おのれ!

ふっ! とりゃ~!

ぼうず

(か に 坊主 )おっ! ああ…。

いま

きたろう

今 じゃ 鬼 太郎!

とう

はい 父さん!

かみ

け つな

髪 の 毛 綱!

ぼうず

(か に 坊主 )う う う…。・

く ぅ…。

ぼうず

見ろ ! か に 坊主 が…。

すな

ばば あ

ぼうず

なか

(砂 かけ 婆 )か に 坊主 の 中 の

よう りき

妖力 が 噴き出して おる。

ちょうし

その 調子 じゃ!

きたろう

よう りき

鬼 太郎 すべて の 妖力 を

噴き出 させる のじゃ。

とう

はい 父さん ! は あっ!

うり ゃあ!

ぼうず

まわ

(か に 坊主 )おお … 目 が 回る…。

そりゃ あ ~! うり ゃあ!

ぼうず

まわ

(か に 坊主 )ぐ る ん ぐ る ん 目 が 回る。

うり ゃあ~!

ぼうず

(か に 坊主 )うわ~!

こがっぱ

(子 河童 3)ぱっぱ~!

シャンハイ

上海 ガニ!?

しる

これ みそ汁 に 入れる と

うまい んだ ぜ。

いた

トウバンジャン で 炒めて も

おれ

うまい しな 。 俺 に 食わして くれよ。

すな

ばば あ

よう か いにん べつ ちょう

砂 かけ 婆 妖怪 人 別 帳 を!

ぼうず

しょうたい

かに 坊主 の 正体 は・

こだい

じょ ふく

古代 徐福 と いう

ほうし

方 士 と ともに・

ちゅう ごく

わた

中国 から 渡って きた

シャンハイ

上海 ガニ じゃった んじゃ よ。・

ねん いじょう

あいだ

2,000年 以上 も の 間

生きて いく うち に・

よう りき

妖力 を 手 に 入れて

ようかい

妖怪 に なった んじゃ な。

とう

どう しましょう 父さん。

ぼうず

かに 坊主 も 住まい を

おび や

脅かさ れ なければ

おとなしく して おった のじゃ。

やま

ぬま

はな

山 の 沼 に 放して やろう。

うん それ が いい。

なべ

チェッ また カニ 鍋 に

おも

ありつける と 思った のに。

いや … イテテテ…。

いちどう

(一同 )ハハハ…。

あっお じい ちゃん これ。

かっぱ

河童 たち イタズラ の

おわび の つもりじゃ ろう て・

むら

村 の みんな に も 分けて

いただく と する か。

しょうねん

(少年 )うん。

こがっぱ

(子 河童 たち )フフッ。

なか

みんな 仲よく

暮らして る みたいです ね。

かっぱ

(河童 たち )あっ? お ー い!

とう

よかった で すね 父さん。

かっぱ

うん 河童 たち も

にんげん

また 人間 と ともに

なか

仲よく 生きて いく じゃ ろう。

こがっぱ

きたろう

(子 河童 たち )鬼 太郎 さん!・

ありがとう!

どうも ありがとう!

ぱ~!

・(エンディングテ ー マ)

・~

・~

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ おばけ の ポスト に

てがみ

手紙 を 入れりゃ

きたろう

おと

・ どこ か で 鬼 太郎 の ゲタ の 音

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ カランコロン

カランカラン コロン

きたろう

・ ゲゲゲ の 鬼 太郎

むし

たたえる 虫 たち

きたろう

・ どこ か へ 鬼 太郎 は

・ 消えて 行く

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ カランコロン

カランカラン コロン……

・~

ゆきどまり むら

う つく

〈雪 泊村 か こんな 美しい

なまえ

しゅうちゃく えき

むら

名前 の 終着 駅 の 村 に・

おそ

恐ろしい こと が

起こった もん じゃ。〉

おとこ

〈ハッ ねずみ 男 まで

やられて しまいました。〉

いったい

だれ

しわざ

〈ええ い 一体 誰 の 仕業 じゃ。〉

〈く ぅ…。〉

きたろう

〈き … 鬼 太郎 も … もしや!?〉

〈血 … 血 を くれ~!〉

じかい

きたろう

〈次回 『ゲゲゲ の 鬼 太郎』…〉

きみ

うし

くろ

かげ

〈君 の 後ろ に 黒い 影。〉

S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGeGeGe의 키타로 S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 GeGeGe no Kitarō S01E08 鬼太郎 S01E08 鬼太郎

俺 は この 河童 淵 の ような おれ|||かっぱ|ふち||

しず

ぬま

そこ

静かで キレイ な 沼 の 底 で・ しずかで|||ぬま||そこ|

へいわ

平和に 暮らして いた。・ へいわに|くらして|

もの

そこ は 食べ物 も いっぱい あって ||たべもの|||

てんごく

天国 みたいな ところ だった。 てんごく||| It was like heaven.

おと sound

(ブルド ー ザ ー の 音) |||||おと

ぼうず

にんげん

(か に 坊主 )しかし 人間 ども が ||ぼうず||にんげん||

じぶん

つごう

自分 たち の 都合 だけ で・ じぶん|||つごう||

かって

やま

くず

勝手に 山 を 切り崩し かってに|やま||きりくずし

はかい

わし の 住まい を 破壊 し・ ||すまい||はかい|

ぬま

沼 を 埋め尽くした。 ぬま||うずめつくした

かっぱ ぶち

だから この 河童 淵 に ||かっぱ|ふち|

うつ

移り 住んで きた のじゃ。 うつり|すんで||

ぼうず

かに 坊主 だからって |ぼうず|

かっぱ

へいわ

せいかつ

河童 たち の 平和な 生活 を かっぱ|||へいわな|せいかつ|

やぶ

おも

破って いい と 思う の か? やぶって|||おもう||

ぼうず

(か に 坊主 )う ー む … なに!? ||ぼうず||-||

ほんとう

てき

たお

本当の 敵 を 倒す ため ここ まで ほんとうの|てき||たおす|||

だま

黙って 連れて こられた んだ。 だまって|つれて||

ぼうず

かみ

け ば り

いく ぞ か に 坊主 ! 髪 の 毛針 だ! ||||ぼうず|かみ||けばり|

む む … こんな もの が

つう

おも

この わし に 通じる と 思う の か? |||つうじる||おもう||

なに!?

ぼうず

まえ

(か に 坊主 )お前 も・ ||ぼうず|おまえ|

かっぱ

河童 たち と かっぱ||

お な

あやつ

同じ よう に 操って やる! おなじ|||あやつって|

うわ~!

からだ

うご

か … 体 が 動か ない…。 |からだ||うごか|

う う う…。

うご

し … しびれて 動か ない。 ||うごか|

ぼうず

なべ

(か に 坊主 )鍋 に する まで も ない。 ||ぼうず|なべ|||||

づく

生け 作り で 食べて やる! いけ|つくり||たべて|

ん ん … うわ~!

だっ…。

こがっぱ

(子 河童 3)ぱ~! こ|かっぱ|

なかま

まだ 仲間 が いた の か |なかま||||

こがっぱ

子 河童 ども。・ こ|かっぱ|

まえ

いっしょ

お前たち も 一緒に おまえたち||いっしょに

なべ もの

鍋 物 に して やる か? なべ|ぶつ||||

こがっぱ

(子 河童 たち )う … う う…。 こ|かっぱ||||

ぼうず

(か に 坊主 )逃がす な! ||ぼうず|にがす|

かっぱ

(河童 たち )て や あっ! かっぱ||||

こがっぱ

お ー い 子 河童 たち |-||こ|かっぱ|

どこ へ 消えた んだ よう。 ||きえた||

はや

もど

早く 戻って きて くれよ。 はやく|もどって||

かっぱ

チッ 河童…。 |かっぱ

かっぱ

えいご

あの 河童って の は 英語 で 言ったら |かっぱって|||えいご||いったら

やっぱ レインコートって

言う んだろう な。 いう||

こがっぱ

(子 河童 3)ぱ~! こ|かっぱ|

うわ あっ!

なに

何 して や がった んだ なん||||

かっぱ

河童 バカ この! かっぱ|ばか|

こがっぱ

(子 河童 3)う う…。 こ|かっぱ||

お め えら いや かっぱ か ぱ~。

ただ もん で は ない と

おも

思って た んだ よ。 おもって|||

おれ さま

まか

あと は この 俺 様 に 任し とき な。 |||おれ|さま||まかし||

ぼうず

(か に 坊主 )ジョキーン! ||ぼうず|

なん

もの

やや や … 何 だ あの 化け物 は? ||なん|||ばけもの|

まか

やっぱ お め えら に 任す わ。 |||||まかす|

ぼうず

(か に 坊主 )待て ! 待て~!・ ||ぼうず|まて|まて

ジョキン!・

ジョキン ! ジョキーン!

こがっぱ

(子 河童 たち )うわっ! こ|かっぱ||

きみ

ぼく

君 たち 僕 の こと は いい。 きみ||ぼく||||

逃げて くれ。 にげて|

そんな こと でき ないだっぱ。

こがっぱ

(子 河童1) こ|かっぱ

そう だっぱ そうだっぱ。 ||そう だっぱ

こがっぱ

(子 河童 3)ぱっぱ ぱっぱ。 こ|かっぱ||

ぼうず

(か に 坊主 )ジョキン ! ジョキン! ||ぼうず||

きたろう

かく

鬼 太郎 さん ここ に 隠れて て。 おに|たろう||||かくれて|

ぼうず

(か に 坊主 )ジョキーン!・ ||ぼうず|

ジョキ!

きたろう

かく

鬼 太郎 隠れて いる の は おに|たろう|かくれて|||

分かって おる ぞ。 わかって||

きたろう

いま

たす

鬼 太郎 今 助け に 行く ぞ。 おに|たろう|いま|たすけ||いく|

いったん

(一 反 もめん) ひと|はん|

かっぱ

また 河童 で ご わす。 |かっぱ|||

じゃま

みんな 邪魔 する で ない。 |じゃま|||

きたろう

あぶ

鬼 太郎 が 危ない んじゃ。 おに|たろう||あぶない|

ど いて くれ。

かっぱ

ご え

(河童 の うなり 声) かっぱ|||こえ

すな

ばば あ

(砂 かけ 婆 )ダメじゃ。 すな||ばあ|だめじゃ

こや つら

あやつ

やはり 操られて おる ぞ。・ |あやつられて||

やる しか ある まい。

こがっぱ

(子 河童 1)ダメだっぱ~! こ|かっぱ|だめだっぱ

わる

みんな 悪 さ は やめる だっぱ! |あく||||

かっぱ

ご え

(河童 の うなり 声) かっぱ|||こえ

ぱっぱ~!

ぱっぱ ぱっぱ~!

かっぱ

(河童 )う う う…! かっぱ|||

とう

父ちゃん とうちゃん

目 を 覚まして くれっぱ! め||さまして|

ぱっぱ~。

かっぱ

(河童 )う う う…。 かっぱ|||

いま

すな

ばば あ

今 じゃ 砂 かけ 婆! いま||すな||ばあ

すな

ばば あ

(砂 かけ 婆 )うむ。 すな||ばあ|

ぐ すり

気つけ薬 じゃ ! ほりゃ! きつけぐすり||

かっぱ

河童 ども よ 目 を 覚ます んじゃ! かっぱ|||め||さます|

目 を! め|

かっぱ

(河童 たち )ああ … あれ? かっぱ|||

かっぱ

(河童 )う う う…。 かっぱ|||

ああ…。

なに

何 して た んだ パッパ? なん||||

ぱっぱ ~ ぱっぱ~。

とう

分かるっぱ ? 父ちゃん。 わかるっぱ|とうちゃん

まえ

当たり前だっぱ。 あたりまえだっぱ

じぶん

かお

自分 の 子ども の 顔 を じぶん||こども||かお|

わす

おや

忘れる 親 は いないっぱ。 わすれる|おや||いな いっぱ

とう

父ちゃん! とうちゃん

こがっぱ

(子 河童 3)ぱっぱ~! こ|かっぱ|

いちどう

(一同 )ハハハ…。 いちどう|

かっぱ

きょうりょく

河童 たち よ 協力 して くれ。 かっぱ|||きょうりょく||

きたろう

鬼 太郎 が おに|たろう|

やられ かけて おる んじゃ。

ぼうず

さけ

ご え

(か に 坊主 の 叫び声) ||ぼうず||さけびごえ

かっぱ

(河童 たち )えっ? かっぱ||

ガニ ガニ ガニ ガニ…!

《う う う…

からだ

うご

体 が しびれて 動け ない。》 からだ|||うごけ|

ぼうず

(か に 坊主 )ハハハ…。・ ||ぼうず|

さあ さ いただく と する かな。・

なん

おっ! 何 だ? |なん|

かっぱ

(河童 たち )えいっ! えいっ! かっぱ||え いっ|え いっ

なに

て め えら 何 を する? |||なん||

さ か

ゆる

逆らう ヤツ は 許さ ん! さからう|やつ||ゆるさ|

かっぱ

(河童 たち )えいっ…。 かっぱ||え いっ

ぼうず

(か に 坊主) ||ぼうず

待て 待て 待て 待て~! まて|まて|まて|まて

こがっぱ

(子 河童 たち )う う … あっ! こ|かっぱ||||

ぼうず

(か に 坊主) ||ぼうず

ゆる

う うっ… もう 許さ ん! |||ゆるさ|

おお…

こんなに なって し も うて…。

どく

あらゆる 毒 に |どく|

どく け

効く 毒 消し じゃ 。 ほら。 きく|どく|けし||

きたろう

あっき … 鬼 太郎! |おに|たろう

うご

あっ… う … 動く! ||うごく

からだ

うご

か … 体 が 動く! |からだ||うごく

とう

からだ

父さん 体 の しびれ が とうさん|からだ|||

なくなりました。

かっぱ

(河童 たち )ああ…。 かっぱ||

まえ

おのれ お前 ら。 |おまえ|

こんど

あやつ

今度 は 操る なんて こんど||あやつる|

なま

生ぬるい こと じゃ 済まさ ん ぞ。・ なまぬるい|||すまさ||

まえ

お前たち を 食って やる!・ おまえたち||くって|

ブワ ~ッ!

(ぬり かべ )ぬり かべ。

ぼうず

やい か に 坊主! |||ぼうず

まえ

あいて

ぼく

お前 の 相手 は この 僕 だ! おまえ||あいて|||ぼく|

かっぱ

河童 たち ありがとう。 かっぱ||

まか

あと は 任せて くれ。 ||まかせて|

かっぱ

(河童 たち )た ~っ! かっぱ|||

きたろう

おのれ 鬼 太郎 ブワッ! |おに|たろう|

ふっ! うりゃ~!

ふっ!

ほ ー ら ほら |-||

なに

ぼうず

何 を して る か に 坊主! なん||||||ぼうず

こっち だ こっち!

ぼうず

(か に 坊主 )おい この ! 待て! ||ぼうず|||まて

こっち こっち!

おら おら おら!

ぼうず

(か に 坊主 )おのれ! ||ぼうず|

ふっ! とりゃ~!

ぼうず

(か に 坊主 )おっ! ああ…。 ||ぼうず||

いま

きたろう

今 じゃ 鬼 太郎! いま||おに|たろう

とう

はい 父さん! |とうさん

かみ

け つな

髪 の 毛 綱! かみ||け|つな

ぼうず

(か に 坊主 )う う う…。・ ||ぼうず|||

く ぅ…。

ぼうず

見ろ ! か に 坊主 が…。 みろ|||ぼうず|

すな

ばば あ

ぼうず

なか

(砂 かけ 婆 )か に 坊主 の 中 の すな||ばあ|||ぼうず||なか|

よう りき

妖力 が 噴き出して おる。 ようりょく||ふきだして|

ちょうし

その 調子 じゃ! |ちょうし|

きたろう

よう りき

鬼 太郎 すべて の 妖力 を おに|たろう|||ようりょく|

噴き出 させる のじゃ。 ふきで|さ せる|

とう

はい 父さん ! は あっ! |とうさん||

うり ゃあ!

ぼうず

まわ

(か に 坊主 )おお … 目 が 回る…。 ||ぼうず||め||まわる

そりゃ あ ~! うり ゃあ!

ぼうず

まわ

(か に 坊主 )ぐ る ん ぐ る ん 目 が 回る。 ||ぼうず|||||||め||まわる

うり ゃあ~!

ぼうず

(か に 坊主 )うわ~! ||ぼうず|

こがっぱ

(子 河童 3)ぱっぱ~! こ|かっぱ|

シャンハイ

上海 ガニ!? しゃんはい|

しる

これ みそ汁 に 入れる と |みそしる||いれる|

うまい んだ ぜ。

いた

トウバンジャン で 炒めて も ||いためて|

おれ

うまい しな 。 俺 に 食わして くれよ。 ||おれ||くわして|

すな

ばば あ

よう か いにん べつ ちょう

砂 かけ 婆 妖怪 人 別 帳 を! すな||ばあ|ようかい|じん|べつ|ちょう|

ぼうず

しょうたい

かに 坊主 の 正体 は・ |ぼうず||しょうたい|

こだい

じょ ふく

古代 徐福 と いう こだい|じょふく||

ほうし

方 士 と ともに・ かた|し||

ちゅう ごく

わた

中国 から 渡って きた ちゅうごく||わたって|

シャンハイ

上海 ガニ じゃった んじゃ よ。・ しゃんはい||||

ねん いじょう

あいだ

2,000年 以上 も の 間 とし|いじょう|||あいだ

生きて いく うち に・ いきて|||

よう りき

妖力 を 手 に 入れて ようりょく||て||いれて

ようかい

妖怪 に なった んじゃ な。 ようかい||||

とう

どう しましょう 父さん。 ||とうさん

ぼうず

かに 坊主 も 住まい を |ぼうず||すまい|

おび や

脅かさ れ なければ おびやかさ||

おとなしく して おった のじゃ。

やま

ぬま

はな

山 の 沼 に 放して やろう。 やま||ぬま||はなして|

うん それ が いい。

なべ

チェッ また カニ 鍋 に ||かに|なべ|

おも

ありつける と 思った のに。 ||おもった|

いや … イテテテ…。

いちどう

(一同 )ハハハ…。 いちどう|

あっお じい ちゃん これ。

かっぱ

河童 たち イタズラ の かっぱ||いたずら|

おわび の つもりじゃ ろう て・

むら

村 の みんな に も 分けて むら|||||わけて

いただく と する か。

しょうねん

(少年 )うん。 しょうねん|

こがっぱ

(子 河童 たち )フフッ。 こ|かっぱ||

なか

みんな 仲よく |なかよく

暮らして る みたいです ね。 くらして|||

かっぱ

(河童 たち )あっ? お ー い! かっぱ||||-|

とう

よかった で すね 父さん。 |||とうさん

かっぱ

うん 河童 たち も |かっぱ||

にんげん

また 人間 と ともに |にんげん||

なか

仲よく 生きて いく じゃ ろう。 なかよく|いきて|||

こがっぱ

きたろう

(子 河童 たち )鬼 太郎 さん!・ こ|かっぱ||おに|たろう|

ありがとう!

どうも ありがとう!

ぱ~!

・(エンディングテ ー マ)

・~

・~

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ おばけ の ポスト に ||ぽすと|

てがみ

手紙 を 入れりゃ てがみ||いれりゃ

きたろう

おと

・ どこ か で 鬼 太郎 の ゲタ の 音 |||おに|たろう||げた||おと

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ カランコロン

カランカラン コロン

きたろう

・ ゲゲゲ の 鬼 太郎 ||おに|たろう

むし

たたえる 虫 たち |ちゅう|

きたろう

・ どこ か へ 鬼 太郎 は |||おに|たろう|

・ 消えて 行く きえて|いく

・ カランコロン

カランカラン コロン

・ カランコロン

カランカラン コロン……

・~

ゆきどまり むら

う つく

〈雪 泊村 か こんな 美しい ゆき|とまりそん|||うつくしい

なまえ

しゅうちゃく えき

むら

名前 の 終着 駅 の 村 に・ なまえ||しゅうちゃく|えき||むら|

おそ

恐ろしい こと が おそろしい||

起こった もん じゃ。〉 おこった||

おとこ

〈ハッ ねずみ 男 まで ||おとこ|

やられて しまいました。〉

いったい

だれ

しわざ

〈ええ い 一体 誰 の 仕業 じゃ。〉 ||いったい|だれ||しわざ|

〈く ぅ…。〉

きたろう

〈き … 鬼 太郎 も … もしや!?〉 |おに|たろう||

〈血 … 血 を くれ~!〉 ち|ち||

じかい

きたろう

〈次回 『ゲゲゲ の 鬼 太郎』…〉 じかい|||おに|たろう

きみ

うし

くろ

かげ

〈君 の 後ろ に 黒い 影。〉 きみ||うしろ||くろい|かげ