image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 7

敵 の 侵攻 状況 は 7 割

こちら の 遅滞 作戦 も そろそろ 限界 だ

御 芍 神 紫 に 五條 スクナ

ヤツ ら の 行動 は 単純 で 力任せ だ が

それ だけ 個々 の 能力 に 自信 が ある って こと か

ち っ な め や がって

あら またしても 時間 稼ぎ

さすが に 少し 飽き て き た わ

私 たち の 王様 の ため に

トラップ は できる だけ 潰し て おく こと

それ も お 仕事 の うち と は 分かって いる けれど

オシゴト オシゴト

でも ね

私 は もっと 華 の ある 戦い が し たい の

お 望み どおり に して やろ う じゃ ねぇ か

お め ぇ は ここ で 花 と 散れ や

JUNGLE 撃退 計画 第 2 フェイズ

75 階 クラウド ホール に 戦力 を 集中 し

緑 の クランズマン を 各 個 撃破

ここ まで は 計画 どおり だ が

地上 階 付近 に 大規模 な ヴァイス マン 偏 差 を 確認

移動 し て い ます

ち っ 来 た か

緑 の 王

俺 です 出陣 です

結構 結構 元気 で 結構

黄金 の 王 國常 路 大 覚 と やり合って 9 年

迦 具 都 の 一 件 から 数えりゃ 十 う ん 年

思え ば 長 ぇ 日陰 暮らし だった よ な

あの じ じい が 長生き し や が って よ ぉ

しかし 今や 國常 路 の じ じい は この世 に い ねぇ

つまり フル パワー の お前 を 止め られる ヤツ は

この 地上 に 存在 し ねぇ って こと だ ぜ 流

いい ぞ 流 思いっ切り 走れ

この イワ さん が 見 て て やっ から

力いっぱい 遊 ん で こい

なん だ よ あっ ぶ ねぇ なぁ

今 の 音 新手 か

おい 青 服 ども 早く 持ち場 に 就き や がれ

あら お 早い お出まし ね

お出まし まさか

ええ 来る の よ あの 子 が

ああ 残念 ね とても 残念 だ わ

せっかく 楽しく なって き た ところ だって いう のに

もう おしまい だ なんて

オシマイ オシマイ

おしまい って

緑 の 王 か 想定 より 早い が

みんな びび って ん じゃ ねぇ ぜ

王様 だ ろ う が 家来 だ ろ う が 誰 が 来 よ う が 関係 ねぇ

片っ端から ぶ っ 飛ばし て やりゃ あ いい ん だ から よ

気合い だ

あら かっこいい わ よ 熱血 君

でも 私 が 残念 って 言って る の は

あっ て め ぇ

私 の 出番 が もう おし まい って こと

シロ

うん どうやら あちら も 勝負 に 出 た みたい だ ね

思った より も 早い かな

どう する シロ

何 のんき に 相談 し て ん だ よ

くそ っ さっき から ちょ ろ ちょ ろ と

真面目 に 勝負 しろ

五條 スクナ

この 戦い は 個人 の 雌雄 を 決 する ため の もの で は ない

ゲーム に 勝ち負け より 大事 な こと なんて ある か よ

命 懸けろ よ 俺 は 懸けて る

命 の 押し売り と いう わけ か ならば 致し 方 なし

大技 が 来る よ

振りかぶる 瞬間 に カウンター

了解 だ

まとめ て ぶ っ 潰し て やる よ

ひ が くれ て ね や を たつ もの かえる もの

御 芍 神 紫

紫 何 乱入 し て ん だ よ

ランニュウ ランニュウ

狗 朗 ちゃん 白銀 の 王 と 再会 し て

また 一 段 と いい 顔 に なった わ

なんといっても 主 の ため に 振るう 無私 の 剣 こそ が

あなた の あなた らし さ です もの ね

仲間 の 加勢 を する つもり か 御 芍 神 紫

卑怯 なり

ヘルプ なんか いら ねぇ よ

加勢 ヘルプ

そんな 野暮 な こと 私 が する わけない じゃ ない

私 は ただ うち の 子 を 迎え に 来 た だけ

潮時 よ スクナ ちゃん

テッタイ テッタイ

嫌 だ ね 俺 は まだ やる

聞き分け なさい スクナ

お 子 様 が だ だ を こねる 姿 美しく ない わ

それ に

狗 朗 ちゃん は いずれ しかるべき とき に

私 が おいしく 頂く と 決め てる ん だ から

ち ぇっ あんた の 方 が よっぽど 自分勝手 じゃ ねぇ か

狗 朗 ちゃん

今夜 は あなた と 立ち合う 運命 じゃ なかった みたい ね

でも きっと また すぐに 会え る わ

私 たち の 決着 を つける 運命 の 日 に

なん だ よ あの オネエ 野郎

大騒ぎ し て 上って き た くせ に あっさり 逃げ や がって

拍子抜け も いい とこ だ ぜ

俺 の たまり に たまった この 気合い を どうして くれ ん だ よ

は あ ほ な そちら さん で 当たって た ガキ

そう そう 五條 スクナ

そい つ も 御 芍 神 紫 が 連れ て 撤退 し て いった と

分かり まし た 予定 より ちょ い 早い です が

第 3 フェイズ に 移行 と いう こと で

ほ な シロ さん 俺 ら は 上 で 待って ます

どうぞ お 気 を つけ て

伏見 第 3 フェイズ 開始 だ

準備 は いい か

とっくに 済 ん で ます

今 から 御 柱 タワー 全館 を 情報 動力 システム ごと 閉鎖 し

緑 の 王 を 孤立 さ せ ます

以降 の 通信 は 赤 の 王 の 感応 能力 を 介 する もの のみ に 限定 さ れ ます ので

ご 注意 を

了解 だ

では 全館 緊急 閉鎖

了解 全館 緊急 閉鎖

手下 ども の 開 い た ルート は 使わ せ ねぇ よ 緑 の 王

道 を 照らす 明かり も なく

耳 に 届く 声 とて なく

更に 何 重 も の 厚い 隔壁 が あなた の 行く手 を 阻む

この 御 柱 タワー 全体 が

あなた の ため の 牢獄 と いう わけ です

無論 この 程度 の 仕掛け で 王権 者 を 拘束 する こと など

できよ う はず も あり ませ ん が

仕掛け の 一つ一つ が

あなた の 限ら れ た 時間 と 体力 を 確実 に 奪って いく

100 枚 の 壁 と 二 人 の 王権 者 を 乗り越え

果たして ここ まで たどりつけ ます か

緑 の 王 比 水流

これ は 比 水流 が 通過 し た 跡 か

すさまじい 破壊 力 だ な

うん 彼 すごい 勢い で パワー を 使って る

う お 高い お 外 綺麗

速度 も 予想 より ずっと 速い

でも これ じゃあ スタミナ が もつ わけ が ない

それ は お前 の もくろみ どおり と いう こと で は ない の か

いや 予想 以上 って いう か

セーブ する つもり が ない みたい だ

どういう つもり だ ろ う

おかしい よ これ は

シロ シロ 早く

と いう こと は

もう 早く って ば

アンナ が 危ない

早く

ええ か あくまで 主役 は アンナ や

王 同士 の 戦い の 周り で 俺 ら 小物 が うろちょろ し て も

足手まとい に し か なら へん

じきに 伊 佐 那 社 白銀 の 王 さん が 来 はる

シロ さん が 防御 で アンナ が 攻撃

俺 ら は 全員 で 陽動 と 支援 や

おう お前 ら 分かった か

う っす

八田 ちゃん 自分 は 分 か っと ん の やろ な

調子 乗って 前 に 出 過ぎ ん な って こと っす よ ね

こんな とき だって いう のに

吠 舞 羅 は 気力 十分 ね

失礼 し まし た 赤 の 王

つながって る から

私 たち は みんな 深い ところ で つながって る から

だから 私 たち の 火 は 消え ない

それにしても 納得 いか ねぇ の は 青 の 王 だ ぜ

アンナ に

俺 ら 吠 舞 羅 の 頭 に 体 張ら せ て おい て

自分 は 上 の 本陣 で ふんぞり返って ん だ ぜ

あの 野郎 一体 何 様 の お つもり です かって ん だ

八田 それ は 作戦 で 決まった こと や

緑 の 王 を 石 盤 の 間 まで 引き込む わけ に は いかん し

全員 で ここ に 詰め て 突破 さ れ でも し たら もっと あか ん

せ や から アンナ と シロ さん で 敵 の 力 を そい で

万が一 ここ を 抜か れ て も 後 に 控え た 青 の 王 が 確実 に 止める

そういう 手はず や

いや 別に 作戦 と か そういう 話 じゃ ねぇ っす よ

俺 の 言って ん の は もっと

気持ち って いう か 筋 って いう か

あんな 腹 の 見え ねぇ 野郎 の 下 に 付い てる ヤツ の …

気 が 知れ ねぇ や

あ 痛 っ

アホ 人 ん 家 の こと あれこれ 言い過ぎ や

ごめん なぁ 世 理 ちゃん

べ … 別に あんた の こと じゃ

また か ぁ

みんな 下がって

なん や て

あいつ が 来る

いって て て くそ っ 油断 し た

あれ が 緑 の 王

アンナ

ケガ ない か

行く あいつ を 止める

アンナ

や あ 赤 の 王 櫛 名 アンナ

先ほど は 道 を 急 い で い た もの で 失礼

陳謝 です

緑 の 王 比 水流

もう やめ て あなた に あれ は 渡せ ない

あの 石 盤 は あなた の おもちゃ じゃ ない

確かに あれ は 俺 の おもちゃ で は あり ませ ん

同意 です

人間 を 超える 力 を 覚醒 さ せ られ た プレーヤー たち が

頂点 を 目指し て しのぎ 合う

ドレスデン 石 盤 と は その ため の システム です

つまり あれ は 俺 一 人 で は なく みんな の おもちゃ です

止まって

俺 は 止まり ませ ん 止め られ ませ ん

櫛 名 アンナ 俺 は 俺 の 目的 を 果たし ます

止まって

ほう 君 は 覚醒 し て まだ 間 も ない と いう のに

王 の 力 を なかなか 使いこなし て い ます

感心 です

この 力 の 意味 あなた に は 分から ない

力 そのもの に 意味 など あり ませ ん

力 を 持つ 者 それぞれ が そこ に 意味 を 与える の です

そう じゃ ない

よろしい 俺 たち は 意見 の 対立 を 確認 し まし た

では ゲーム スタート です

雷 の 獣

アンナ と 比 水流 が 戦って る

シロ あれ を

俺 は ついに たどりつき まし た

ゴール です

いいえ ノー ゴール です

来 た 電池 切れ だ

アンナ 宗像 さん

どう です 比 水流

好き な だけ 暴れ て 楽しかった です か

知性 も なけ れ ば 秩序 も ない

まるで ケダモノ の よう な あり さま で し た よ あなた は

や あ とても 楽しかった です よ 宗像 礼司

そして 全て の 人間 は ケダモノ です

皆 それぞれ に 違った ただ 一 匹 の 生き物 です

君 も そう でしょ う

雨 乃 雅 日

えっ 我が 輩

我が 輩 は ネコ で ある

雨 乃 雅 日

セプター 4 の 調査 を もって し て も

到達 し え なかった あの 娘 の 本名 です か

しかし 人間 一般 の 例 と する に は

彼女 は あまり に 特殊 な 存在 で は あり ませ ん か

そう 思う の は 君 が 愚 鈍 だ から です

彼女 は 俺 の 同胞 です

俺 たち は お 仕 着せ の 人間 らし さ など に とらわれ ず に

自分 自身 を 再 定義 し ます

その 自由 な 精神 の あり 方 こそ が 人間 の 持つ 可能 性 です

そして 今 その 理想 に 最も 近い 俺 が

石 盤 を 受け取り に 来 た の です

自分 こそ が 石 盤 の 管理 者 に ふさわしい … と でも 言う つもり です か

実に 傲慢 だ

それ は 誤解 です 宗像 礼司

ドレスデン 石 盤 に 対 し ふさわしい 管理 者 など と いう もの は あり え ませ ん

可能 性 の 源 で ある それ を 恣意 的 に 管理 しよ う と する こと 自体 が

その 本質 に 対 する 不 理解 を 示し て い ます

笑 止 です

なるほど 力 を 管理 せ ず ただ 開放 する

無秩序 を 招く こと こそ が 石 盤 の 存在 意義 で ある と

あなた は そう 言い たい の です か

意義 など あり ませ ん

力 ある 者 が その 力 を 欲しい まま に 振るう のみ です

しかし そういう あなた は 今 力 を 使い果たし て いる

この 状況 を どう 見 ます か

比 水流

あなた は すでに 死 ん で いる 人間 だ

白銀 の 王 の 情報 に よれ ば

かつて 迦 具 都 事件 の 際 に 失った 心臓 を

自ら の 異 能 に よって 辛うじて 維持 し て いる そう です ね

自身 の 運動 能力 を 自在 に 調整 できる の も

その ため でしょ う

しかし 力 を 使い果たし て しまえ ば

この とおり 電池 の 切れ た 玩具

いや 本来 ある べき 姿 ただ の 死体 に 等しい

私 と 力 を 競い 石 盤 の 所有 権 を 争う 資格 が ある と は とても 思え ませ ん ね

その とおり

しかし 君 と 戦う の は 俺 で は あり ませ ん

俺 の 開 い た 道 を 通って 彼 が やって き ます

俺 の 切り札 です

おら ぁ アンナ の ピンチ だ

お め ぇ ら 根性 見せろ

う っす

こういう とき は 八田 ちゃん や な

なん や この 霧

みんな 気 ぃ つけ ぇ や

八田 鎌 本 世 理 ちゃん

自分 誰 や

なん や あいつ は

くそ っ アンナ

タワー 内 に 未知 の サンクトゥム が 発生

王権 者 クラス です

ヴァーティカル オーバー ダモクレス の 剣 が 出現 し ます

バカ な 五 人 目 の 王 だ と

宗像 さん

なるほど

比 水流 の 無謀 な 行動 と 不可解 な 自信

その 背後 に は あなた の 存在 が あった と いう わけ です か

かつて 迦 具 都 事件 の 際 に 死亡 し た と さ れる

第 六 王権 者 灰色 の 王

お おっと ちょっと 待て 宗像

人間 関係 は 最初 が 肝心

お前 に 一 つ 言って おく こと が ある

俺 の こと なら イワ さん って 呼 ん で くれ

隠さ れ て い た 最後 の 剣 灰色

次回 K RETURN OF KINGS

第 八 話 KAPUT

あなた は 少し 卑怯 な 人

けれど とても 悲しい 人



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

敵 の 侵攻 状況 は 7 割

こちら の 遅滞 作戦 も そろそろ 限界 だ

御 芍 神 紫 に 五條 スクナ

ヤツ ら の 行動 は 単純 で 力任せ だ が

それ だけ 個々 の 能力 に 自信 が ある って こと か

ち っ な め や がって

あら またしても 時間 稼ぎ

さすが に 少し 飽き て き た わ

私 たち の 王様 の ため に

トラップ は できる だけ 潰し て おく こと

それ も お 仕事 の うち と は 分かって いる けれど

オシゴト オシゴト

でも ね

私 は もっと 華 の ある 戦い が し たい の

お 望み どおり に して やろ う じゃ ねぇ か

お め ぇ は ここ で 花 と 散れ や

JUNGLE 撃退 計画 第 2 フェイズ

75 階 クラウド ホール に 戦力 を 集中 し

緑 の クランズマン を 各 個 撃破

ここ まで は 計画 どおり だ が

地上 階 付近 に 大規模 な ヴァイス マン 偏 差 を 確認

移動 し て い ます

ち っ 来 た か

緑 の 王

俺 です 出陣 です

結構 結構 元気 で 結構

黄金 の 王 國常 路 大 覚 と やり合って 9 年

迦 具 都 の 一 件 から 数えりゃ 十 う ん 年

思え ば 長 ぇ 日陰 暮らし だった よ な

あの じ じい が 長生き し や が って よ ぉ

しかし 今や 國常 路 の じ じい は この世 に い ねぇ

つまり フル パワー の お前 を 止め られる ヤツ は

この 地上 に 存在 し ねぇ って こと だ ぜ 流

いい ぞ 流 思いっ切り 走れ

この イワ さん が 見 て て やっ から

力いっぱい 遊 ん で こい

なん だ よ あっ ぶ ねぇ なぁ

今 の 音 新手 か

おい 青 服 ども 早く 持ち場 に 就き や がれ

あら お 早い お出まし ね

お出まし まさか

ええ 来る の よ あの 子 が

ああ 残念 ね とても 残念 だ わ

せっかく 楽しく なって き た ところ だって いう のに

もう おしまい だ なんて

オシマイ オシマイ

おしまい って

緑 の 王 か 想定 より 早い が

みんな びび って ん じゃ ねぇ ぜ

王様 だ ろ う が 家来 だ ろ う が 誰 が 来 よ う が 関係 ねぇ

片っ端から ぶ っ 飛ばし て やりゃ あ いい ん だ から よ

気合い だ

あら かっこいい わ よ 熱血 君

でも 私 が 残念 って 言って る の は

あっ て め ぇ

私 の 出番 が もう おし まい って こと

シロ

うん どうやら あちら も 勝負 に 出 た みたい だ ね

思った より も 早い かな

どう する シロ

何 のんき に 相談 し て ん だ よ

くそ っ さっき から ちょ ろ ちょ ろ と

真面目 に 勝負 しろ

五條 スクナ

この 戦い は 個人 の 雌雄 を 決 する ため の もの で は ない

ゲーム に 勝ち負け より 大事 な こと なんて ある か よ

命 懸けろ よ 俺 は 懸けて る

命 の 押し売り と いう わけ か ならば 致し 方 なし

大技 が 来る よ

振りかぶる 瞬間 に カウンター

了解 だ

まとめ て ぶ っ 潰し て やる よ

ひ が くれ て ね や を たつ もの かえる もの

御 芍 神 紫

紫 何 乱入 し て ん だ よ

ランニュウ ランニュウ

狗 朗 ちゃん 白銀 の 王 と 再会 し て

また 一 段 と いい 顔 に なった わ

なんといっても 主 の ため に 振るう 無私 の 剣 こそ が

あなた の あなた らし さ です もの ね

仲間 の 加勢 を する つもり か 御 芍 神 紫

卑怯 なり

ヘルプ なんか いら ねぇ よ

加勢 ヘルプ

そんな 野暮 な こと 私 が する わけない じゃ ない

私 は ただ うち の 子 を 迎え に 来 た だけ

潮時 よ スクナ ちゃん

テッタイ テッタイ

嫌 だ ね 俺 は まだ やる

聞き分け なさい スクナ

お 子 様 が だ だ を こねる 姿 美しく ない わ

それ に

狗 朗 ちゃん は いずれ しかるべき とき に

私 が おいしく 頂く と 決め てる ん だ から

ち ぇっ あんた の 方 が よっぽど 自分勝手 じゃ ねぇ か

狗 朗 ちゃん

今夜 は あなた と 立ち合う 運命 じゃ なかった みたい ね

でも きっと また すぐに 会え る わ

私 たち の 決着 を つける 運命 の 日 に

なん だ よ あの オネエ 野郎

大騒ぎ し て 上って き た くせ に あっさり 逃げ や がって

拍子抜け も いい とこ だ ぜ

俺 の たまり に たまった この 気合い を どうして くれ ん だ よ

は あ ほ な そちら さん で 当たって た ガキ

そう そう 五條 スクナ

そい つ も 御 芍 神 紫 が 連れ て 撤退 し て いった と

分かり まし た 予定 より ちょ い 早い です が

第 3 フェイズ に 移行 と いう こと で

ほ な シロ さん 俺 ら は 上 で 待って ます

どうぞ お 気 を つけ て

伏見 第 3 フェイズ 開始 だ

準備 は いい か

とっくに 済 ん で ます

今 から 御 柱 タワー 全館 を 情報 動力 システム ごと 閉鎖 し

緑 の 王 を 孤立 さ せ ます

以降 の 通信 は 赤 の 王 の 感応 能力 を 介 する もの のみ に 限定 さ れ ます ので

ご 注意 を

了解 だ

では 全館 緊急 閉鎖

了解 全館 緊急 閉鎖

手下 ども の 開 い た ルート は 使わ せ ねぇ よ 緑 の 王

道 を 照らす 明かり も なく

耳 に 届く 声 とて なく

更に 何 重 も の 厚い 隔壁 が あなた の 行く手 を 阻む

この 御 柱 タワー 全体 が

あなた の ため の 牢獄 と いう わけ です

無論 この 程度 の 仕掛け で 王権 者 を 拘束 する こと など

できよ う はず も あり ませ ん が

仕掛け の 一つ一つ が

あなた の 限ら れ た 時間 と 体力 を 確実 に 奪って いく

100 枚 の 壁 と 二 人 の 王権 者 を 乗り越え

果たして ここ まで たどりつけ ます か

緑 の 王 比 水流

これ は 比 水流 が 通過 し た 跡 か

すさまじい 破壊 力 だ な

うん 彼 すごい 勢い で パワー を 使って る

う お 高い お 外 綺麗

速度 も 予想 より ずっと 速い

でも これ じゃあ スタミナ が もつ わけ が ない

それ は お前 の もくろみ どおり と いう こと で は ない の か

いや 予想 以上 って いう か

セーブ する つもり が ない みたい だ

どういう つもり だ ろ う

おかしい よ これ は

シロ シロ 早く

と いう こと は

もう 早く って ば

アンナ が 危ない

早く

ええ か あくまで 主役 は アンナ や

王 同士 の 戦い の 周り で 俺 ら 小物 が うろちょろ し て も

足手まとい に し か なら へん

じきに 伊 佐 那 社 白銀 の 王 さん が 来 はる

シロ さん が 防御 で アンナ が 攻撃

俺 ら は 全員 で 陽動 と 支援 や

おう お前 ら 分かった か

う っす

八田 ちゃん 自分 は 分 か っと ん の やろ な

調子 乗って 前 に 出 過ぎ ん な って こと っす よ ね

こんな とき だって いう のに

吠 舞 羅 は 気力 十分 ね

失礼 し まし た 赤 の 王

つながって る から

私 たち は みんな 深い ところ で つながって る から

だから 私 たち の 火 は 消え ない

それにしても 納得 いか ねぇ の は 青 の 王 だ ぜ

アンナ に

俺 ら 吠 舞 羅 の 頭 に 体 張ら せ て おい て

自分 は 上 の 本陣 で ふんぞり返って ん だ ぜ

あの 野郎 一体 何 様 の お つもり です かって ん だ

八田 それ は 作戦 で 決まった こと や

緑 の 王 を 石 盤 の 間 まで 引き込む わけ に は いかん し

全員 で ここ に 詰め て 突破 さ れ でも し たら もっと あか ん

せ や から アンナ と シロ さん で 敵 の 力 を そい で

万が一 ここ を 抜か れ て も 後 に 控え た 青 の 王 が 確実 に 止める

そういう 手はず や

いや 別に 作戦 と か そういう 話 じゃ ねぇ っす よ

俺 の 言って ん の は もっと

気持ち って いう か 筋 って いう か

あんな 腹 の 見え ねぇ 野郎 の 下 に 付い てる ヤツ の …

気 が 知れ ねぇ や

あ 痛 っ

アホ 人 ん 家 の こと あれこれ 言い過ぎ や

ごめん なぁ 世 理 ちゃん

べ … 別に あんた の こと じゃ

また か ぁ

みんな 下がって

なん や て

あいつ が 来る

いって て て くそ っ 油断 し た

あれ が 緑 の 王

アンナ

ケガ ない か

行く あいつ を 止める

アンナ

や あ 赤 の 王 櫛 名 アンナ

先ほど は 道 を 急 い で い た もの で 失礼

陳謝 です

緑 の 王 比 水流

もう やめ て あなた に あれ は 渡せ ない

あの 石 盤 は あなた の おもちゃ じゃ ない

確かに あれ は 俺 の おもちゃ で は あり ませ ん

同意 です

人間 を 超える 力 を 覚醒 さ せ られ た プレーヤー たち が

頂点 を 目指し て しのぎ 合う

ドレスデン 石 盤 と は その ため の システム です

つまり あれ は 俺 一 人 で は なく みんな の おもちゃ です

止まって

俺 は 止まり ませ ん 止め られ ませ ん

櫛 名 アンナ 俺 は 俺 の 目的 を 果たし ます

止まって

ほう 君 は 覚醒 し て まだ 間 も ない と いう のに

王 の 力 を なかなか 使いこなし て い ます

感心 です

この 力 の 意味 あなた に は 分から ない

力 そのもの に 意味 など あり ませ ん

力 を 持つ 者 それぞれ が そこ に 意味 を 与える の です

そう じゃ ない

よろしい 俺 たち は 意見 の 対立 を 確認 し まし た

では ゲーム スタート です

雷 の 獣

アンナ と 比 水流 が 戦って る

シロ あれ を

俺 は ついに たどりつき まし た

ゴール です

いいえ ノー ゴール です

来 た 電池 切れ だ

アンナ 宗像 さん

どう です 比 水流

好き な だけ 暴れ て 楽しかった です か

知性 も なけ れ ば 秩序 も ない

まるで ケダモノ の よう な あり さま で し た よ あなた は

や あ とても 楽しかった です よ 宗像 礼司

そして 全て の 人間 は ケダモノ です

皆 それぞれ に 違った ただ 一 匹 の 生き物 です

君 も そう でしょ う

雨 乃 雅 日

えっ 我が 輩

我が 輩 は ネコ で ある

雨 乃 雅 日

セプター 4 の 調査 を もって し て も

到達 し え なかった あの 娘 の 本名 です か

しかし 人間 一般 の 例 と する に は

彼女 は あまり に 特殊 な 存在 で は あり ませ ん か

そう 思う の は 君 が 愚 鈍 だ から です

彼女 は 俺 の 同胞 です

俺 たち は お 仕 着せ の 人間 らし さ など に とらわれ ず に

自分 自身 を 再 定義 し ます

その 自由 な 精神 の あり 方 こそ が 人間 の 持つ 可能 性 です

そして 今 その 理想 に 最も 近い 俺 が

石 盤 を 受け取り に 来 た の です

自分 こそ が 石 盤 の 管理 者 に ふさわしい … と でも 言う つもり です か

実に 傲慢 だ

それ は 誤解 です 宗像 礼司

ドレスデン 石 盤 に 対 し ふさわしい 管理 者 など と いう もの は あり え ませ ん

可能 性 の 源 で ある それ を 恣意 的 に 管理 しよ う と する こと 自体 が

その 本質 に 対 する 不 理解 を 示し て い ます

笑 止 です

なるほど 力 を 管理 せ ず ただ 開放 する

無秩序 を 招く こと こそ が 石 盤 の 存在 意義 で ある と

あなた は そう 言い たい の です か

意義 など あり ませ ん

力 ある 者 が その 力 を 欲しい まま に 振るう のみ です

しかし そういう あなた は 今 力 を 使い果たし て いる

この 状況 を どう 見 ます か

比 水流

あなた は すでに 死 ん で いる 人間 だ

白銀 の 王 の 情報 に よれ ば

かつて 迦 具 都 事件 の 際 に 失った 心臓 を

自ら の 異 能 に よって 辛うじて 維持 し て いる そう です ね

自身 の 運動 能力 を 自在 に 調整 できる の も

その ため でしょ う

しかし 力 を 使い果たし て しまえ ば

この とおり 電池 の 切れ た 玩具

いや 本来 ある べき 姿 ただ の 死体 に 等しい

私 と 力 を 競い 石 盤 の 所有 権 を 争う 資格 が ある と は とても 思え ませ ん ね

その とおり

しかし 君 と 戦う の は 俺 で は あり ませ ん

俺 の 開 い た 道 を 通って 彼 が やって き ます

俺 の 切り札 です

おら ぁ アンナ の ピンチ だ

お め ぇ ら 根性 見せろ

う っす

こういう とき は 八田 ちゃん や な

なん や この 霧

みんな 気 ぃ つけ ぇ や

八田 鎌 本 世 理 ちゃん

自分 誰 や

なん や あいつ は

くそ っ アンナ

タワー 内 に 未知 の サンクトゥム が 発生

王権 者 クラス です

ヴァーティカル オーバー ダモクレス の 剣 が 出現 し ます

バカ な 五 人 目 の 王 だ と

宗像 さん

なるほど

比 水流 の 無謀 な 行動 と 不可解 な 自信

その 背後 に は あなた の 存在 が あった と いう わけ です か

かつて 迦 具 都 事件 の 際 に 死亡 し た と さ れる

第 六 王権 者 灰色 の 王

お おっと ちょっと 待て 宗像

人間 関係 は 最初 が 肝心

お前 に 一 つ 言って おく こと が ある

俺 の こと なら イワ さん って 呼 ん で くれ

隠さ れ て い た 最後 の 剣 灰色

次回 K RETURN OF KINGS

第 八 話 KAPUT

あなた は 少し 卑怯 な 人

けれど とても 悲しい 人


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.