image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 5

ふん 捕まえろ

て め ぇ の で しびれ て ろ

お 縄 を ちょうだい しろ って な

道明 寺 単独 で 突出 し 過ぎ だ ぞ

いい じゃ ん 前 は 赤 の 連中 が 塞 い で た ん だ し

あいつ ら 小回り 利く から

緑 を ひっかき 回し て 散らし て おけ ば

あと は 勝手 に 始末 し て くれる ん だ よ

戦術 的 に は 間違って い ない が

ほか の クラン を 過度 に 頼る の は

秋山 護送 車 を 回し て くれ

ああ 全員 確保 し た

赤 の 連中 の 非合法 な 情報 網 は

我々 が 見落とし がち な 裏 ルート を フォロー し て くれる

本件 も 初動 の うち に 押さえる こと が でき た ん だ

感謝 し て も 罰 は 当たら ん だ ろ う

我々 の 警備 シフト が 格段 に 改善 さ れ た の は 事実 だ な

やって みりゃ 案外 うまく いく もん だ

護送 に かかり ます

ああ

あっ サンキュ

あの 車 に 乗せりゃ いい の か

ああ 頼む

ち っ ど いつ も こいつ も なれ合い や がって

なんで 通せんぼ

今 は ダメ だ

中尉 の 部屋 に 初めて 来 た よ

ここ に ずっと 一 人 で

中尉 姉さん が ね

こんな すごい もの を 用意 し て た ん だ

僕ら が 別れ て から 何 年 も あと に

研究 所 脇 の 待避 壕 跡 から 掘り出さ れ た ん だって さ

箱詰め の まま 図書 館 に 寄贈 さ れ て

なん な の かも 分から ず ずっと 放置 さ れ て た の を

草薙 さん が 見つけ て くれ た ん だ

ほら あの 赤 の 参謀 の 人

姉さん は みんな お 見通し だった みたい だ

中尉 が どこまでも まっすぐ に 夢 を かなえよ う と 突き進む こと も

僕 が 膨ら ん だ 夢 の 前 で 困り果てる こと も

みんな …

Irren ist menschlic

シロ

終わった か

うん 遺品 整理 と いって も 私物 なんか ほとんど なかった から

僕 が もう 一 度 地上 に 降りる まで 協力 し て やれ って の が

中尉 の 命令 だった のに 随分 と 延長 し て もらった ね

もったいなき お 言葉

我が 王 の 友 たる 君

我が 王 の 遺命 に より

黄金 の クラン 非時 院 は

これ より 現 体制 の 保全 に のみ 従事

事態 へ の 積極 的 な 関与 を 停止 いたし ます ご 裁可 を

許し ます

國常 路 大 覚 の こと 今 まで ありがとう

はっ

黄金 の クラン を 戦力 と して 当て に でき ない の は

少々 厳しい が

彼ら は 単純 な 戦闘 部隊 じゃ ない

この 国 の 要所 を 押さえる 石 盤 の 支配 体制 そのもの だ

迂闊 に 駆り出し て 失う わけ に は いか ない よ

中尉 も それ が 分かって たから

僕 が 地上 に 降りる まで って 条件 を 付け て た わけ だ し ね

そう なる と

石 盤 を 管理 する の は あの 青 の 王 か

何 前 に コテンパン に さ れ た こと まだ 根 に 持って る の ?

な っ …

ボス メガネ

残像 だ

突き 突き 突き

で そん で

コテン で パン さ れ ちゃ った もん ね

そ … そういう 私的 な 感情 で は なく だ な もっと …

以上 ご 説明 し た とおり

御 柱 タワー および ドレスデン 石 盤 の 管理 権限 は

正式 に 我々 セプター 4 が 引き継ぐ こと と なり まし た

近く 黄金 の クラン から も 通達 が 来る でしょ う

御前 が い なく なって 文字どおり の 王様 気取り か

気取り で は あり ませ ん 石 盤 の 定め た 王 です

つき まして は 黄金 の クラン が 保有 し て い た

各 国家 機関 へ の 命令 の 優先 権 も 我々 に 移管 し て いただき ます

な っ … バカ な せっかく

せっかく 頭 の 上 の おもし が 取れ た と いう のに です か

ご 安心 を 総理

我々 に は 私利 私欲 で 国運 を 左右 する 気 は 毛頭 あり ませ ん

当面 は 世 の 平穏 を 脅かさ ん と する 緑 の クラン と の 対決 に 向け

円滑 な 協力 を 各 方面 に お 願い する と いう だけ の こと

命令 権 を 主張 し て おい て お 願い か

根拠 ある 形式 こそ が 秩序 と いう もの です

総理 に も 何とぞ ご 協力 願い ます

要するに 君 たち に 従え と いう こと か

そういう こと に なり ます

青 の クラン と の 共闘 も

予想外 に うまく いって る よう や な

うん

いい な あいつ ら

草薙 さん なんで 俺 は ここ で 待機 なん す か

緑 の ヤツ ら を ぶ っ 飛ばす って の に

この ヤタガラス 抜き じゃ 吠 舞 羅 の こけ ん に 関わり ます よ

予備 戦 力 いう て な アクシデント に 備え て

ある 程度 の 余裕 は 常に 持た せ とく 必要 が ある ん や

それ って 補欠 って こと っす か

そう ぶた れ な さん な

だいたい アンナ を 守る 言う て たん は 八田 ちゃん 自身 やろ

そ … それ は …

八田 ちゃん は 少し 離れ て 物 を 見る こと も 覚え ん と な

今度 の は ええ 機会 や

へい

緑 の 王 は 学園 島 の 騒動 から こっち

派手 な 動き は 見せ とら ん よう や な

相変わらず 暴れ とる の は 末端 の クランズマン だけ か

表 の 青 と 裏 の 赤

両方 から 見張ら れ てる かぎり

目立った 動き は でき ない でも

押さえつけ られ てる ん じゃ なく 力 を ため てる

次 の 大 ごと を 起こす ため に 牙 を 研 い ど る って とこ やろ な

ぞっと せ ん 話 やわ

何 が 来 た って こっち は アンナ 筆頭 に 王 が 三 人 だ ぜ

緑 ムシ の 親 玉 が の この こ 出 て き た って

ひと ひねり よ

王 が 三 人 いう て も なぁ

赤 の 王 に 青 の 王 の 様子 に 注意 する よう 伝え て おい て くれ ない か な

様子 いう と

どこ が どう と は はっきり 言え ない けど

とても 危うい まるで …

王 殺し の 負荷 か

兆候 あなた も 気付 い てる ん でしょ

ダモクレス の 剣 や な

今 すぐ に どう なる って わけ で も ない けど

情勢 が 情勢 だ

念 を 入れ て お く に 越し た こと は ない

誰 を どこ まで 当て に できる やら

もう これ 以上 誰 に 何 が 起きる の も 勘弁 し て ほし い ん やけど

そう も いか ん らしい な

あの 石 盤 が あった から

私 は ミコト に 吠 舞 羅 の みんな に 出会え た

でも 石 盤 が ある せい で

誰 か が ミコト みたい な こと に なって しまう の なら

私 は …

アンナ 何 言って

そんなに まずい 状態 な ん か 青 の 王 は

いざ 出陣

シロ

目 が 高い

しばし 待た れよ

シロ

推して 参る

あれ

シロ

ねえ シロ

あれ

あれ

ねえ シロ どこ

シロ なら さっき 出 て いった ぞ

どこ どこ

我が 輩 も 行く

少し そっと して おい て やれ

いろいろ 思う ところ も ある の だ ろ う

せっかく 帰って 来 た のに

ぐずぐず し て たら この 国 が 終わる か

せっかく 青 の 王 に 警告 し て あげ た のに

無駄 に 終わった よう です ね

同情 です

のぞき見 は 感心 し ない なぁ

緑 の 王 比 水流

俺 の 目 は どこ に でも あり ます

俺 の 唯一 の 自由 です

中尉 が 死 ん だ 途端 に 這い 出し て くる なんて

君 も 随分 と 現金 な 人 だ ね

友人 が 死 ん で ようやく 動く 気 に なった 人 に お 説教 さ れる と は

心外 です

なるほど

そう 言わ れる と 返す 言葉 も ない ね

それ で

愉快 な 前置き も 終わった こと です し

本題 に 入り ま しょ う か

あなた の 帰還 を 待ちわび て い まし た

この 提案 を 持ちかけ たく て

俺 と 手 を 組み ませ ん か

僕ら ちゃぶ台 同盟 の 仲間 入り を し て

四 人 で 力 を 合わせ て 世界 の 平和 を 守 ろ う

って わけ じゃ な さ そう だ ね

ちゃぶ台 同盟

しゃれ た 命名 リスペクト です が

もちろん 違い ます

俺 と あなた で 人類 の 進化 を 促進 さ せる

一 対 一 の 新た な 同盟 です

あなた も かつて は 目指し た はず です

70 年 前 の ドレスデン で

あの 石 盤 こそ 王 や クランズマン に 示さ れ て いる 進化 促進 装置

最強 の 存在 だった 黄金 の 王 に よって 押さえつけ られ

スト レイン の 発生 も 僅か

王 の 出現 すら 関東 一 円 に 封じ込め られ て い た

その 偉大 なる 力 を 解き放つ の です

それ が 君 の 目的 だって いう の か

なんの ため に

言った とおり です よ

人類 の 進化 を 促進 さ せる

それ だけ です

君 は 思った 以上 に 危険 な 人 の よう だ ね

お 褒め に あずかり 光栄 の 至り

しかし それ が

俺 の 夢 な の です

その 夢 は …

破れ まし た か

なら 俺 と もう 一 度 作り 直 そ うで は あり ませ ん か

今 の 状況 は 70 年 前 と は 違う

俺 たち を 止める もの は もう 何も ない

やれ ば いい だけ です

丁重 に お 断り する よ

なぜ です

何もかも 70 年 前 と は 違う から さ

悪い 提案 で は ない と 思った の です が

俺 が 甘かった よう です ね

しよ う が あり ませ ん

石 盤 を 力ずく で 頂き ま しょ う

本来 なら 分 不相応 に 黄金 の 王 の まね を し て

石 盤 の 力 を 必死 に 抑え 込 ん で い た ルーキー

青 の 王 の 消耗 を 待つ つもり だった の です が

予定 変更 です

僕 が 帰って 来 た から に は 君 の 好き に は させ ない

そう です か

あなた と は 手 を 取り合って 進み たかった の です が

しかし 競い合う と いう の なら

それ は それ で 望む ところ

期待 です

一 つ 確認 し て おき たい ん だ けど

1 年 前 の 事件 で

僕 を この ゲーム 盤 の 上 に 引きずり 下ろし た の は

君 って こと で いい ん だ よ ね

おや お 気付き で し た か

この 体 青 の クラン が 唯 識 システム を 使って も

身元 を 割り 出せ ない

そんな 人間 を 君 以外 が 用意 出来る わけ が ない

と なる と

あの 事件 で 無色 の 王 が 活動 する お膳立て を 整え

僕 に けしかけ た の は 君 って こと に なる

なるほど

存在 の 痕跡 を 抹消 し たり

周囲 に 事故 死 を 偽装 し たり

必要 な 情報 を 与え た り

それなり の 労力 を 使った こと が 裏目 に 出 まし た か

凝り 過ぎる の は 俺 の 悪い 癖 です

そこ まで し て どうして 僕 を …

あなた は ギャラリー で は なく プレイヤー で ある べき です

全て は あなた が 始め た の です から

君 は 石 盤 を 管理

いや 解放 する 気 な の か

そう なり ます

どうか 安心 し て 俺 たち に 夢 を 託し て ください

でき ない と 言ったら

お 望み なら ば 戦い を

誰 が 望む もん か

でも もう 逃げ は し ない

高き 塔 に 三 人 の 王 が 集う

緑 の 王 は 秩序 を 壊す

私 たち は まだ 知ら ない

恐ろしい 力 は 全て を 揺るがし て いく

戦わ なけ れ ば なら ない 人

守ら なけ れ ば いけない 人

次回 K RETURN OF KINGS

第 六 話 KEEPER

ミコト 私 は ちゃんと 王様 で い られる かな



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

ふん 捕まえろ

て め ぇ の で しびれ て ろ

お 縄 を ちょうだい しろ って な

道明 寺 単独 で 突出 し 過ぎ だ ぞ

いい じゃ ん 前 は 赤 の 連中 が 塞 い で た ん だ し

あいつ ら 小回り 利く から

緑 を ひっかき 回し て 散らし て おけ ば

あと は 勝手 に 始末 し て くれる ん だ よ

戦術 的 に は 間違って い ない が

ほか の クラン を 過度 に 頼る の は

秋山 護送 車 を 回し て くれ

ああ 全員 確保 し た

赤 の 連中 の 非合法 な 情報 網 は

我々 が 見落とし がち な 裏 ルート を フォロー し て くれる

本件 も 初動 の うち に 押さえる こと が でき た ん だ

感謝 し て も 罰 は 当たら ん だ ろ う

我々 の 警備 シフト が 格段 に 改善 さ れ た の は 事実 だ な

やって みりゃ 案外 うまく いく もん だ

護送 に かかり ます

ああ

あっ サンキュ

あの 車 に 乗せりゃ いい の か

ああ 頼む

ち っ ど いつ も こいつ も なれ合い や がって

なんで 通せんぼ

今 は ダメ だ

中尉 の 部屋 に 初めて 来 た よ

ここ に ずっと 一 人 で

中尉 姉さん が ね

こんな すごい もの を 用意 し て た ん だ

僕ら が 別れ て から 何 年 も あと に

研究 所 脇 の 待避 壕 跡 から 掘り出さ れ た ん だって さ

箱詰め の まま 図書 館 に 寄贈 さ れ て

なん な の かも 分から ず ずっと 放置 さ れ て た の を

草薙 さん が 見つけ て くれ た ん だ

ほら あの 赤 の 参謀 の 人

姉さん は みんな お 見通し だった みたい だ

中尉 が どこまでも まっすぐ に 夢 を かなえよ う と 突き進む こと も

僕 が 膨ら ん だ 夢 の 前 で 困り果てる こと も

みんな …

Irren ist menschlic

シロ

終わった か

うん 遺品 整理 と いって も 私物 なんか ほとんど なかった から

僕 が もう 一 度 地上 に 降りる まで 協力 し て やれ って の が

中尉 の 命令 だった のに 随分 と 延長 し て もらった ね

もったいなき お 言葉

我が 王 の 友 たる 君

我が 王 の 遺命 に より

黄金 の クラン 非時 院 は

これ より 現 体制 の 保全 に のみ 従事

事態 へ の 積極 的 な 関与 を 停止 いたし ます ご 裁可 を

許し ます

國常 路 大 覚 の こと 今 まで ありがとう

はっ

黄金 の クラン を 戦力 と して 当て に でき ない の は

少々 厳しい が

彼ら は 単純 な 戦闘 部隊 じゃ ない

この 国 の 要所 を 押さえる 石 盤 の 支配 体制 そのもの だ

迂闊 に 駆り出し て 失う わけ に は いか ない よ

中尉 も それ が 分かって たから

僕 が 地上 に 降りる まで って 条件 を 付け て た わけ だ し ね

そう なる と

石 盤 を 管理 する の は あの 青 の 王 か

何 前 に コテンパン に さ れ た こと まだ 根 に 持って る の ?

な っ …

ボス メガネ

残像 だ

突き 突き 突き

で そん で

コテン で パン さ れ ちゃ った もん ね

そ … そういう 私的 な 感情 で は なく だ な もっと …

以上 ご 説明 し た とおり

御 柱 タワー および ドレスデン 石 盤 の 管理 権限 は

正式 に 我々 セプター 4 が 引き継ぐ こと と なり まし た

近く 黄金 の クラン から も 通達 が 来る でしょ う

御前 が い なく なって 文字どおり の 王様 気取り か

気取り で は あり ませ ん 石 盤 の 定め た 王 です

つき まして は 黄金 の クラン が 保有 し て い た

各 国家 機関 へ の 命令 の 優先 権 も 我々 に 移管 し て いただき ます

な っ … バカ な せっかく

せっかく 頭 の 上 の おもし が 取れ た と いう のに です か

ご 安心 を 総理

我々 に は 私利 私欲 で 国運 を 左右 する 気 は 毛頭 あり ませ ん

当面 は 世 の 平穏 を 脅かさ ん と する 緑 の クラン と の 対決 に 向け

円滑 な 協力 を 各 方面 に お 願い する と いう だけ の こと

命令 権 を 主張 し て おい て お 願い か

根拠 ある 形式 こそ が 秩序 と いう もの です

総理 に も 何とぞ ご 協力 願い ます

要するに 君 たち に 従え と いう こと か

そういう こと に なり ます

青 の クラン と の 共闘 も

予想外 に うまく いって る よう や な

うん

いい な あいつ ら

草薙 さん なんで 俺 は ここ で 待機 なん す か

緑 の ヤツ ら を ぶ っ 飛ばす って の に

この ヤタガラス 抜き じゃ 吠 舞 羅 の こけ ん に 関わり ます よ

予備 戦 力 いう て な アクシデント に 備え て

ある 程度 の 余裕 は 常に 持た せ とく 必要 が ある ん や

それ って 補欠 って こと っす か

そう ぶた れ な さん な

だいたい アンナ を 守る 言う て たん は 八田 ちゃん 自身 やろ

そ … それ は …

八田 ちゃん は 少し 離れ て 物 を 見る こと も 覚え ん と な

今度 の は ええ 機会 や

へい

緑 の 王 は 学園 島 の 騒動 から こっち

派手 な 動き は 見せ とら ん よう や な

相変わらず 暴れ とる の は 末端 の クランズマン だけ か

表 の 青 と 裏 の 赤

両方 から 見張ら れ てる かぎり

目立った 動き は でき ない でも

押さえつけ られ てる ん じゃ なく 力 を ため てる

次 の 大 ごと を 起こす ため に 牙 を 研 い ど る って とこ やろ な

ぞっと せ ん 話 やわ

何 が 来 た って こっち は アンナ 筆頭 に 王 が 三 人 だ ぜ

緑 ムシ の 親 玉 が の この こ 出 て き た って

ひと ひねり よ

王 が 三 人 いう て も なぁ

赤 の 王 に 青 の 王 の 様子 に 注意 する よう 伝え て おい て くれ ない か な

様子 いう と

どこ が どう と は はっきり 言え ない けど

とても 危うい まるで …

王 殺し の 負荷 か

兆候 あなた も 気付 い てる ん でしょ

ダモクレス の 剣 や な

今 すぐ に どう なる って わけ で も ない けど

情勢 が 情勢 だ

念 を 入れ て お く に 越し た こと は ない

誰 を どこ まで 当て に できる やら

もう これ 以上 誰 に 何 が 起きる の も 勘弁 し て ほし い ん やけど

そう も いか ん らしい な

あの 石 盤 が あった から

私 は ミコト に 吠 舞 羅 の みんな に 出会え た

でも 石 盤 が ある せい で

誰 か が ミコト みたい な こと に なって しまう の なら

私 は …

アンナ 何 言って

そんなに まずい 状態 な ん か 青 の 王 は

いざ 出陣

シロ

目 が 高い

しばし 待た れよ

シロ

推して 参る

あれ

シロ

ねえ シロ

あれ

あれ

ねえ シロ どこ

シロ なら さっき 出 て いった ぞ

どこ どこ

我が 輩 も 行く

少し そっと して おい て やれ

いろいろ 思う ところ も ある の だ ろ う

せっかく 帰って 来 た のに

ぐずぐず し て たら この 国 が 終わる か

せっかく 青 の 王 に 警告 し て あげ た のに

無駄 に 終わった よう です ね

同情 です

のぞき見 は 感心 し ない なぁ

緑 の 王 比 水流

俺 の 目 は どこ に でも あり ます

俺 の 唯一 の 自由 です

中尉 が 死 ん だ 途端 に 這い 出し て くる なんて

君 も 随分 と 現金 な 人 だ ね

友人 が 死 ん で ようやく 動く 気 に なった 人 に お 説教 さ れる と は

心外 です

なるほど

そう 言わ れる と 返す 言葉 も ない ね

それ で

愉快 な 前置き も 終わった こと です し

本題 に 入り ま しょ う か

あなた の 帰還 を 待ちわび て い まし た

この 提案 を 持ちかけ たく て

俺 と 手 を 組み ませ ん か

僕ら ちゃぶ台 同盟 の 仲間 入り を し て

四 人 で 力 を 合わせ て 世界 の 平和 を 守 ろ う

って わけ じゃ な さ そう だ ね

ちゃぶ台 同盟

しゃれ た 命名 リスペクト です が

もちろん 違い ます

俺 と あなた で 人類 の 進化 を 促進 さ せる

一 対 一 の 新た な 同盟 です

あなた も かつて は 目指し た はず です

70 年 前 の ドレスデン で

あの 石 盤 こそ 王 や クランズマン に 示さ れ て いる 進化 促進 装置

最強 の 存在 だった 黄金 の 王 に よって 押さえつけ られ

スト レイン の 発生 も 僅か

王 の 出現 すら 関東 一 円 に 封じ込め られ て い た

その 偉大 なる 力 を 解き放つ の です

それ が 君 の 目的 だって いう の か

なんの ため に

言った とおり です よ

人類 の 進化 を 促進 さ せる

それ だけ です

君 は 思った 以上 に 危険 な 人 の よう だ ね

お 褒め に あずかり 光栄 の 至り

しかし それ が

俺 の 夢 な の です

その 夢 は …

破れ まし た か

なら 俺 と もう 一 度 作り 直 そ うで は あり ませ ん か

今 の 状況 は 70 年 前 と は 違う

俺 たち を 止める もの は もう 何も ない

やれ ば いい だけ です

丁重 に お 断り する よ

なぜ です

何もかも 70 年 前 と は 違う から さ

悪い 提案 で は ない と 思った の です が

俺 が 甘かった よう です ね

しよ う が あり ませ ん

石 盤 を 力ずく で 頂き ま しょ う

本来 なら 分 不相応 に 黄金 の 王 の まね を し て

石 盤 の 力 を 必死 に 抑え 込 ん で い た ルーキー

青 の 王 の 消耗 を 待つ つもり だった の です が

予定 変更 です

僕 が 帰って 来 た から に は 君 の 好き に は させ ない

そう です か

あなた と は 手 を 取り合って 進み たかった の です が

しかし 競い合う と いう の なら

それ は それ で 望む ところ

期待 です

一 つ 確認 し て おき たい ん だ けど

1 年 前 の 事件 で

僕 を この ゲーム 盤 の 上 に 引きずり 下ろし た の は

君 って こと で いい ん だ よ ね

おや お 気付き で し た か

この 体 青 の クラン が 唯 識 システム を 使って も

身元 を 割り 出せ ない

そんな 人間 を 君 以外 が 用意 出来る わけ が ない

と なる と

あの 事件 で 無色 の 王 が 活動 する お膳立て を 整え

僕 に けしかけ た の は 君 って こと に なる

なるほど

存在 の 痕跡 を 抹消 し たり

周囲 に 事故 死 を 偽装 し たり

必要 な 情報 を 与え た り

それなり の 労力 を 使った こと が 裏目 に 出 まし た か

凝り 過ぎる の は 俺 の 悪い 癖 です

そこ まで し て どうして 僕 を …

あなた は ギャラリー で は なく プレイヤー で ある べき です

全て は あなた が 始め た の です から

君 は 石 盤 を 管理

いや 解放 する 気 な の か

そう なり ます

どうか 安心 し て 俺 たち に 夢 を 託し て ください

でき ない と 言ったら

お 望み なら ば 戦い を

誰 が 望む もん か

でも もう 逃げ は し ない

高き 塔 に 三 人 の 王 が 集う

緑 の 王 は 秩序 を 壊す

私 たち は まだ 知ら ない

恐ろしい 力 は 全て を 揺るがし て いく

戦わ なけ れ ば なら ない 人

守ら なけ れ ば いけない 人

次回 K RETURN OF KINGS

第 六 話 KEEPER

ミコト 私 は ちゃんと 王様 で い られる かな


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.