image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 2

中尉 君 が 歩き きった よう に

僕 も 前 に 歩 こ う

今度 こそ 逃げ ない

立ち向かって み せる よ

空 から 降りる の は 2 度 目 だ

けど 突き落とさ れ た あの とき と は 違う

今度 は 僕 自身 の 意思 で

シロ お前 が 帰る まで

俺 は 俺 に できる こと を しよ う

白銀 の クランズマン 夜 刀 神 狗 朗 と して

宗像 室長 が 執務 室 で お 待ち だ

おい もう 一 人 は どこ へ 行った

ネコ は 行き たく ない らしい

あれ は 名前 どおり わがまま な 野良 猫 だ から な

った く

まずは 犯人 逮捕 に 貢献 し て くれ た こ と 感謝 を 述べ ます

君 は 先日 緑 の クラン JUNGLE が 起こし た 爆弾 事件 に 巻き込ま れ

行方 不明 と なって い まし た が

ああ その とき は 間一髪 で 逃げ延び た が

どうやら 俺 たち は

緑 の クラン から ターゲット に さ れ て いる よう だった から な

しばらく 身 を 潜め て い た

賢明 な 判断 です ね

俺 たち が 目 を つけ られ て いる の は

俺 たち が 白銀 の クランズマン だ から か

緑 の クラン が 白銀 の 王 を 捜し て いる の は 事実

その 足掛かり と なり うる の は

半 世紀 以上 一 人きり で い た 白銀 の 王

アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン が ようやく 作った クランズマン

夜 刀 神 狗 朗 君

君 と あの スト レイン の 少女 です

マーク さ れる の は 必然 でしょ う

緑 の クラン と は 一体 何 な ん だ

奇妙 な クラン です

クランズマン で あって も

実際 に 緑 の 王 と 会った こと が ある 者 は ほとんど い ない

ネット を 介 し て つながって いる 特殊 な クラン と は 聞い て いる が

クランズマン が 自分 の 王 と 会った こと が ない と いう の は

あまりに 奇妙 な

そう です ね

彼ら を ランズ マン と 呼ぶ の が まず 間違い な の かも しれ ませ ん

緑 の 王 比 水流 は

JUNGLE と いう ソーシャル ネットワーク サービス を 使って

手 駒 を 確保 し て い ます

それ が JUNGLE の サイト か

クラン や 異 能 の 存在 を 全く 知ら ない

ただ SNS と して JUNGLE に ログイン し て いる ユーザー は

JUNGLE の いちばん 後ろ の 文字 を 取って

E ランカー と 呼ば れ ます

最も 下位 の ランク で ある 彼ら は ミッション に 参加 し

クリア する こと に よって ポイント を ため て ランク を 上げ て いき ます

つまり 今 街 を 騒がせ て いる JUNGLE の 犯罪 は …

そう です JUNGLE の ポイント を 獲得 する ため の ミッション

ネット 上 の ゲーム を 現実 に 持ち出し た よう な もの です

そうして ため た ポイント で ランク を 上げ て いき

L ランク G ランク と 上がって いく と

かりそめ の 異 能 が 付与 さ れる

ミッション に 失敗 する と

それ まで ため た ポイント が 失敗 に 応じ て 減算 さ れ

場合 に よって は 異 能 を 失う よう です

JUNGLE から 切り捨て られ

凡人 と なって しまった 容疑 者 に 対 し て は

我々 に できる こと は なく 警察 に 引き渡す しか ない

だが 正式 に 力 を 与え られ た クランズマン も いる の だ ろ う

最高 ランク の J ランカー

幹部 で ある ほん の ひと 握り の 人間 は

緑 の 王 比 水流 と 対面 し

直接 力 を 授かって いる はず です

その 一 人 は 君 が 今 思い描 い て いる で あ ろ う 人物

御 芍 神 紫 です よ

あれ 以降 御 芍 神 紫 から の 接触 は

ない

白銀 の 王 から は どう です

あれ ば とっくに …

白銀 の 王 は 石 盤 に つい て 何 か 言って い まし た か

いや

あいつ が 白銀 の 王 と して の 記憶 を 取り戻し て から

俺 たち が 一緒 に い た 時間 は 僅か だ

そんな 話 を する 時間 は なかった

そう です か

石 盤 が どうか し た の か

いいえ

ただ 黄金 の 王 が 行方 不明 の 今

私 が 石 盤 を 管理 する 任 を 負って い ます

石 盤 に 関し て その 第一人者 で ある

白銀 の 王 が 残し た 情報 が ある の なら

知って おき たい と 思った だけ です よ

有用 な 情報 を 提供 でき なく て 悪い が

話 が それ だけ なら 失礼 する

夜 刀 神 狗 朗 君

白銀 の クラン に は 属 領 が あり ませ ん でし た ね

だから なん だ

この 状況 下 クラン と して の 本拠 地 が ない の は 心もとない でしょ う

もし よけ れ ば 君 たち の こと は セプター 4 が 保護 し ま しょ う

屯所 内 に 滞在 する 権限 を 与え

有事 の 際 に も 君 たち を 守る こと を 約束 し ます

申し出 は ありがたい の だ が お 断り する

おや つれない です ね

私 と 君 の 相性 は 悪く ない と 思う の です が

あ … 相性 の 問題 で は ない

ほか の クラン に 借り は 作り たく ない と いう こと です か

そう で は ない

ただ 俺 に は …

伏見 君 少し いい です か

夜 刀 神 狗 朗 の 事情 聴取 は 終わった ん です か

ええ 今 入り口 で 退 所 手続き を し て いる ところ でしょ う

伏見 君 彼 の 後 を つけ て ください

緑 の クラン が また 彼 に 接触 する 可能 性 が あり ます

見張って い て ください

ち っ 了解 です

報告 は 随時 淡 島 君 の 方 に 上げ て ください

では

室長 は どこ に

御 柱 タワー へ

また です か

最近 屯所 に いる より も 石 盤 の 間 に いる 時間 の 方 が ずっと 長い です ね

猫 か

クロ

なん だ

いや その 猫 を 呼 ん だ の だ が

黒 猫 だ から クロ と いう 名前 な の か

失礼 し た

善 条 さん

お 時間 よろしい でしょう か

副 長 が どういう ご 用件 でしょ う

今日 は 副 長 と して で は なく 一 個人 と して お 話 を 伺い たい の です

先代 の 青 の 王 羽 張 迅 の 右腕 だった 鬼 の 善 条 善 条 剛 毅 に

お 役 に 立てる 話 は でき そう に あり ませ ん が

あなた は 先代 の 青 の 王 羽 張 迅 の クラン から

宗像 室長 が 唯一 望 ん で 引き入れ た 人物 です

資料 室 勤務 の 事務 員 に すぎ ませ ん

14 年 前 に 起き た かつて の 赤 の 王 の ダモクレス の 剣 が 堕 ち た 迦 具 都 事件

あなた の その 左腕 も その 際 に 失わ れ て しまった

あなた が い なけ れ ば

日本 の 地形 の 変化 は もっと 致命 的 な もの だった で あ ろ う と 聞い て い ます

下手 を すれ ば

日本 列島 が 分断 さ れる よう な 事態 に なって い た かも しれ ない

当時 の 赤 の 王 迦 具 都 玄 示 の ヴァイス マン 偏 差 の 乱れ に 影響 を 受け

あなた の 王 で あった 青 の 王 羽 張 迅 も また

ダモクレス ダウン の 危機 に あった

けれど その 最悪 の 事態 は 免れ まし た

なぜなら その 前 に 善 条 さん …

あなた が 自ら の 王 を 斬った から です

はい

無神経 な 質問 で ある こと は 承知 の うえ です

ですが 教え て ください

ダモクレス の 剣 が 堕 ちる 前

かつて の 青 の 王 は どんな 様子 で し た か

室長 を 心配 し て いる の です ね

室長 の ダモクレス の 剣 に は 傷 が 付い て いる

その こと に 気付 い て いる 隊員 は ほか に も いる よう です

室長 の 様子 は

ふだん は 変わり あり ませ ん

けれど 御 柱 タワー を 任さ れ て から

石 盤 の 間 に 入り浸る こと が 多く なり まし た

その 度 に 少しずつ 何 か が 変わって いく よう な 気 が し て

そう です か

私 は 恐ろしい の です

室長 が 善 条 さん を ご 自分 の セプター 4 に 呼 ん だ の は

いつか かつて と 同じ 仕事 を さ せる ため で は ない の か と

それ は 私 の 仕事 でしょう か

宗像 礼司 の 右腕 は 私 で は なく あなた です

ごちそうさま です

久しぶり に 甘い もの を 食し まし た

うまかった です

神秘 の 力 を 宿す ドレスデン 石 盤

私 に 従い なさい

やっぱり ダメ だ

シロ 見え ない

ほん ま に 白銀 の 王 の 姿 映った ん か

シロ 見え た の

ビー 玉 の ぞい たら

向こう に シロ が い て 元気 だった の

その ビー 玉 に いちばん 会い たい 人 と つなが れる よう に

力 を 込め たから

まあ アンナ が 言う ん やったら

そう な ん やろ う けど な

でも シロ が 見え た の それ 1 回 な の

アンナ もう 1 回 シロ 見せ て

いつ でも 見える わけ じゃ ない

でも きっと つながって る

あなた の 大事 な 人 も あなた を 見て いる かも しれ ない

ほんと

シロ シロ 見 てる

て か お前

なんで 当たり前 みたい に いる ん だ よ

よそ の クラン の 人間 だ ろ

だって ボス メガネ が じ ~ じ ょ ~ ち ょ ~ し ゅ と か 言って

連れ て い こ う と する ん だ もん

んで 逃げ て き て ここ を 避難 場所 に し た わけ か

まあ うち の 属 領 に いりゃ あ

青 服 の 連中 も 手 は 出せ ない だ ろ う が な

て め ぇ 吠 舞 羅 を 便利 に 使って ん じゃ ねぇ よ

だって ボス メガネ 嫌い

イヤ メガネ も 嫌 ぁ

青 の アジト 行き たく ない

黒 狗 は どう し た ん だ

さあ

さ あって

クロスケ は 平気

別れ て も 何度 だって 会え る もん

事情 聴取 か

緑 の 連中 の 動き に は 青 服 も 後手 後手 に な っと る よう や な

気持ち 悪い 連中 っす よ ね

一般 人 の 中 に 緑 の 息 が かかった ヤツ ら が うじゃうじゃ い て

ど っ から どこ まで が クランズマン だ かも 分か ん ねぇ

端末 いじり ながら 普通 の 生活 を 送って る ヤツ ら が 緑 に つなが っと る

やり づろ う て かなわ ん わ

あいつ ら また アンナ を 狙って き たり し ねぇ っす よ ね

アンナ は もう 赤 の 王 や

おいそれと 手出し は でき ん は ず やろ

もし 来 て も 大丈夫

ミコト から 受け継 い だ 赤

私 の 赤 で 戦え る 負け ない

アンナ 大丈夫

赤 の 力 は 破壊 の 宿命 が と かって クロスケ 言って た けど

アンナ は 王様 の 力 で ドッカ ~ ン って なったり し ない

私 は ミコト ほど 強く は ない

でも たぶん 私 は 平気

キング

なん だ 呼 ん で ねぇ ぞ

いや だって 事 は 済 ん でる じゃ ない

これ 以上 は 無駄 な 破壊 だ よ

破壊 に 無駄 も 無駄 じゃ ない も ねぇ だ ろ

そりゃ あ そう だ ね

お前 は これ は 守る ため の 力 だって 言う ん だ ろ

力 そのもの は 破壊 する もの で 怪物 だ よ

それ を どう 使 お う と する か の 問題 さ

大事 な もの が そば に ある なら それ は 守る 力 に なる し

怪物 も 友達 に なる ねっ

ミコト の 赤 は きれい

そう か よ

私 は この 力 を 守る ため に 手 に し た

イズモ が い て ミサキ が い て リキオ が い て みんな が い て

タタラ と ミコト も いる

だから 私 は 大丈夫

きれい な 赤 は 私 の 味方

俺 … 俺 も アンナ を 守 っ から

いや 今 は もう アンナ の 方 が ずっと 強 ぇ の は 分かって っ けど

でも 俺 今 まで 尊 さん すげ ぇ すげ ぇ って それ ばっ か で

なん も 分かって なく て

今 だって あん ま 分かって ねぇ かも しん ない けど

それ でも 俺 アンナ に 頼って もらえ る よう な 男 に

アンナ に 寄りかかって もらえ る よう な そんな 男 に なる から な

八田 さん

アンナ は 大丈夫 よかった

シロ が 戻って き たら 連れ て くる ね

シロ は 長く 王様 し て た から

王様 の 先輩 だ よ

うん 話し て み たい

おいおい 王 同士 なんて の はな

そんな 簡単 に 仲よく する もん じゃ ねぇ ん だ ぞ

なんで

あっ いや な … なん で って こ と も ねぇ けど

そういう もん だった っ つ ぅ か

仲よく し た 方 が いい じゃ ん

ネコ が 正しい

まあ まあ ケンカ せ ん と これ でも 食い

おやつ だ おやつ だ

草薙 さん 俺 も

俺 も

お前 ら は 自分 で 取って きい

あの ね クロスケ も この 前 これ 作って くれ た の

「 一言 様 は パンケーキ に 黒 蜜 を お 掛け に なる ん だ 」 と か しゃべり ながら

クロスケ 話 長い から めん どくさい けど

クロスケ が 作る もの は おいしい

あっ イロ メガネ の も おいしい よ

そら お おき に

黒 蜜 か ぁ いける かも しれ ん な

に し て も ネコ ちゃん は クロスケ の こと も 好き な ん や な

シロ が 1 番 で

クロスケ は

お 魚 の 次 … くらい に は 好き かな

ネコ

クロウ と 一緒 に ここ に 来 て も いい

に ゃ に ゃ に ゃ

ヤシロ が 帰って 来る まで ここ に い たら いい

ここ の 方 が 安全

お前 ら の 属 領 は ねぇ の ?

ああ クランズマン に なって 即 行 王 が い なく なった ん だ っけ

わ … 悪い

いい

悪かった って

いい よ アンナ の 言う とおり ここ に いれ ば

違う の

ネコ

だって 我が 輩 に は …

クロスケ

お前 どこ に 行って いた ん だ

ボス メガネ の とこ 行く の 嫌 だ から アンナ の とこ に 隠れ て た

まったく

なん だ

この ビー 玉 ね いつ でも シロ を 映し て くれる わけ じゃ ない けど

きっと シロ と つながって る って

シロ も 我が 輩 たち の こと 見 てる かも しれ ない って

そう か

大丈夫 だ よ

だから 帰 ろ う

君 たち の こと は セプター 4 が 保護 し ま しょ う

申し出 は ありがたい の だ が お 断り する

俺 に は 属 領 が なく と も 帰る 場所 が ある

ヤシロ が 帰って 来る まで ここ に い たら いい

いい だって 我が 輩 に は

帰る お うち が ある から

そう だ な

帰 ろ う 俺 たち の うち へ

ヘイ パス

かたじけない

天 誅 で ご ざる

二 人 が 帰る べき 所 守る べき 家

大切 な 居場所 さえ も 緑 の 蔦 が 覆い隠し て いく

かつて 袂 を 分かった 兄 弟子 の 刃 が

クロウ の 命 を 狙う

ネコ の 悲痛 な 叫び は

遠く 離れ た あの 人 に 届く の だ ろ う か

次回 K RETURN OF KINGS

第 三 話 Kismet

お かえり なさい



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

中尉 君 が 歩き きった よう に

僕 も 前 に 歩 こ う

今度 こそ 逃げ ない

立ち向かって み せる よ

空 から 降りる の は 2 度 目 だ

けど 突き落とさ れ た あの とき と は 違う

今度 は 僕 自身 の 意思 で

シロ お前 が 帰る まで

俺 は 俺 に できる こと を しよ う

白銀 の クランズマン 夜 刀 神 狗 朗 と して

宗像 室長 が 執務 室 で お 待ち だ

おい もう 一 人 は どこ へ 行った

ネコ は 行き たく ない らしい

あれ は 名前 どおり わがまま な 野良 猫 だ から な

った く

まずは 犯人 逮捕 に 貢献 し て くれ た こ と 感謝 を 述べ ます

君 は 先日 緑 の クラン JUNGLE が 起こし た 爆弾 事件 に 巻き込ま れ

行方 不明 と なって い まし た が

ああ その とき は 間一髪 で 逃げ延び た が

どうやら 俺 たち は

緑 の クラン から ターゲット に さ れ て いる よう だった から な

しばらく 身 を 潜め て い た

賢明 な 判断 です ね

俺 たち が 目 を つけ られ て いる の は

俺 たち が 白銀 の クランズマン だ から か

緑 の クラン が 白銀 の 王 を 捜し て いる の は 事実

その 足掛かり と なり うる の は

半 世紀 以上 一 人きり で い た 白銀 の 王

アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン が ようやく 作った クランズマン

夜 刀 神 狗 朗 君

君 と あの スト レイン の 少女 です

マーク さ れる の は 必然 でしょ う

緑 の クラン と は 一体 何 な ん だ

奇妙 な クラン です

クランズマン で あって も

実際 に 緑 の 王 と 会った こと が ある 者 は ほとんど い ない

ネット を 介 し て つながって いる 特殊 な クラン と は 聞い て いる が

クランズマン が 自分 の 王 と 会った こと が ない と いう の は

あまりに 奇妙 な

そう です ね

彼ら を ランズ マン と 呼ぶ の が まず 間違い な の かも しれ ませ ん

緑 の 王 比 水流 は

JUNGLE と いう ソーシャル ネットワーク サービス を 使って

手 駒 を 確保 し て い ます

それ が JUNGLE の サイト か

クラン や 異 能 の 存在 を 全く 知ら ない

ただ SNS と して JUNGLE に ログイン し て いる ユーザー は

JUNGLE の いちばん 後ろ の 文字 を 取って

E ランカー と 呼ば れ ます

最も 下位 の ランク で ある 彼ら は ミッション に 参加 し

クリア する こと に よって ポイント を ため て ランク を 上げ て いき ます

つまり 今 街 を 騒がせ て いる JUNGLE の 犯罪 は …

そう です JUNGLE の ポイント を 獲得 する ため の ミッション

ネット 上 の ゲーム を 現実 に 持ち出し た よう な もの です

そうして ため た ポイント で ランク を 上げ て いき

L ランク G ランク と 上がって いく と

かりそめ の 異 能 が 付与 さ れる

ミッション に 失敗 する と

それ まで ため た ポイント が 失敗 に 応じ て 減算 さ れ

場合 に よって は 異 能 を 失う よう です

JUNGLE から 切り捨て られ

凡人 と なって しまった 容疑 者 に 対 し て は

我々 に できる こと は なく 警察 に 引き渡す しか ない

だが 正式 に 力 を 与え られ た クランズマン も いる の だ ろ う

最高 ランク の J ランカー

幹部 で ある ほん の ひと 握り の 人間 は

緑 の 王 比 水流 と 対面 し

直接 力 を 授かって いる はず です

その 一 人 は 君 が 今 思い描 い て いる で あ ろ う 人物

御 芍 神 紫 です よ

あれ 以降 御 芍 神 紫 から の 接触 は

ない

白銀 の 王 から は どう です

あれ ば とっくに …

白銀 の 王 は 石 盤 に つい て 何 か 言って い まし た か

いや

あいつ が 白銀 の 王 と して の 記憶 を 取り戻し て から

俺 たち が 一緒 に い た 時間 は 僅か だ

そんな 話 を する 時間 は なかった

そう です か

石 盤 が どうか し た の か

いいえ

ただ 黄金 の 王 が 行方 不明 の 今

私 が 石 盤 を 管理 する 任 を 負って い ます

石 盤 に 関し て その 第一人者 で ある

白銀 の 王 が 残し た 情報 が ある の なら

知って おき たい と 思った だけ です よ

有用 な 情報 を 提供 でき なく て 悪い が

話 が それ だけ なら 失礼 する

夜 刀 神 狗 朗 君

白銀 の クラン に は 属 領 が あり ませ ん でし た ね

だから なん だ

この 状況 下 クラン と して の 本拠 地 が ない の は 心もとない でしょ う

もし よけ れ ば 君 たち の こと は セプター 4 が 保護 し ま しょ う

屯所 内 に 滞在 する 権限 を 与え

有事 の 際 に も 君 たち を 守る こと を 約束 し ます

申し出 は ありがたい の だ が お 断り する

おや つれない です ね

私 と 君 の 相性 は 悪く ない と 思う の です が

あ … 相性 の 問題 で は ない

ほか の クラン に 借り は 作り たく ない と いう こと です か

そう で は ない

ただ 俺 に は …

伏見 君 少し いい です か

夜 刀 神 狗 朗 の 事情 聴取 は 終わった ん です か

ええ 今 入り口 で 退 所 手続き を し て いる ところ でしょ う

伏見 君 彼 の 後 を つけ て ください

緑 の クラン が また 彼 に 接触 する 可能 性 が あり ます

見張って い て ください

ち っ 了解 です

報告 は 随時 淡 島 君 の 方 に 上げ て ください

では

室長 は どこ に

御 柱 タワー へ

また です か

最近 屯所 に いる より も 石 盤 の 間 に いる 時間 の 方 が ずっと 長い です ね

猫 か

クロ

なん だ

いや その 猫 を 呼 ん だ の だ が

黒 猫 だ から クロ と いう 名前 な の か

失礼 し た

善 条 さん

お 時間 よろしい でしょう か

副 長 が どういう ご 用件 でしょ う

今日 は 副 長 と して で は なく 一 個人 と して お 話 を 伺い たい の です

先代 の 青 の 王 羽 張 迅 の 右腕 だった 鬼 の 善 条 善 条 剛 毅 に

お 役 に 立てる 話 は でき そう に あり ませ ん が

あなた は 先代 の 青 の 王 羽 張 迅 の クラン から

宗像 室長 が 唯一 望 ん で 引き入れ た 人物 です

資料 室 勤務 の 事務 員 に すぎ ませ ん

14 年 前 に 起き た かつて の 赤 の 王 の ダモクレス の 剣 が 堕 ち た 迦 具 都 事件

あなた の その 左腕 も その 際 に 失わ れ て しまった

あなた が い なけ れ ば

日本 の 地形 の 変化 は もっと 致命 的 な もの だった で あ ろ う と 聞い て い ます

下手 を すれ ば

日本 列島 が 分断 さ れる よう な 事態 に なって い た かも しれ ない

当時 の 赤 の 王 迦 具 都 玄 示 の ヴァイス マン 偏 差 の 乱れ に 影響 を 受け

あなた の 王 で あった 青 の 王 羽 張 迅 も また

ダモクレス ダウン の 危機 に あった

けれど その 最悪 の 事態 は 免れ まし た

なぜなら その 前 に 善 条 さん …

あなた が 自ら の 王 を 斬った から です

はい

無神経 な 質問 で ある こと は 承知 の うえ です

ですが 教え て ください

ダモクレス の 剣 が 堕 ちる 前

かつて の 青 の 王 は どんな 様子 で し た か

室長 を 心配 し て いる の です ね

室長 の ダモクレス の 剣 に は 傷 が 付い て いる

その こと に 気付 い て いる 隊員 は ほか に も いる よう です

室長 の 様子 は

ふだん は 変わり あり ませ ん

けれど 御 柱 タワー を 任さ れ て から

石 盤 の 間 に 入り浸る こと が 多く なり まし た

その 度 に 少しずつ 何 か が 変わって いく よう な 気 が し て

そう です か

私 は 恐ろしい の です

室長 が 善 条 さん を ご 自分 の セプター 4 に 呼 ん だ の は

いつか かつて と 同じ 仕事 を さ せる ため で は ない の か と

それ は 私 の 仕事 でしょう か

宗像 礼司 の 右腕 は 私 で は なく あなた です

ごちそうさま です

久しぶり に 甘い もの を 食し まし た

うまかった です

神秘 の 力 を 宿す ドレスデン 石 盤

私 に 従い なさい

やっぱり ダメ だ

シロ 見え ない

ほん ま に 白銀 の 王 の 姿 映った ん か

シロ 見え た の

ビー 玉 の ぞい たら

向こう に シロ が い て 元気 だった の

その ビー 玉 に いちばん 会い たい 人 と つなが れる よう に

力 を 込め たから

まあ アンナ が 言う ん やったら

そう な ん やろ う けど な

でも シロ が 見え た の それ 1 回 な の

アンナ もう 1 回 シロ 見せ て

いつ でも 見える わけ じゃ ない

でも きっと つながって る

あなた の 大事 な 人 も あなた を 見て いる かも しれ ない

ほんと

シロ シロ 見 てる

て か お前

なんで 当たり前 みたい に いる ん だ よ

よそ の クラン の 人間 だ ろ

だって ボス メガネ が じ ~ じ ょ ~ ち ょ ~ し ゅ と か 言って

連れ て い こ う と する ん だ もん

んで 逃げ て き て ここ を 避難 場所 に し た わけ か

まあ うち の 属 領 に いりゃ あ

青 服 の 連中 も 手 は 出せ ない だ ろ う が な

て め ぇ 吠 舞 羅 を 便利 に 使って ん じゃ ねぇ よ

だって ボス メガネ 嫌い

イヤ メガネ も 嫌 ぁ

青 の アジト 行き たく ない

黒 狗 は どう し た ん だ

さあ

さ あって

クロスケ は 平気

別れ て も 何度 だって 会え る もん

事情 聴取 か

緑 の 連中 の 動き に は 青 服 も 後手 後手 に な っと る よう や な

気持ち 悪い 連中 っす よ ね

一般 人 の 中 に 緑 の 息 が かかった ヤツ ら が うじゃうじゃ い て

ど っ から どこ まで が クランズマン だ かも 分か ん ねぇ

端末 いじり ながら 普通 の 生活 を 送って る ヤツ ら が 緑 に つなが っと る

やり づろ う て かなわ ん わ

あいつ ら また アンナ を 狙って き たり し ねぇ っす よ ね

アンナ は もう 赤 の 王 や

おいそれと 手出し は でき ん は ず やろ

もし 来 て も 大丈夫

ミコト から 受け継 い だ 赤

私 の 赤 で 戦え る 負け ない

アンナ 大丈夫

赤 の 力 は 破壊 の 宿命 が と かって クロスケ 言って た けど

アンナ は 王様 の 力 で ドッカ ~ ン って なったり し ない

私 は ミコト ほど 強く は ない

でも たぶん 私 は 平気

キング

なん だ 呼 ん で ねぇ ぞ

いや だって 事 は 済 ん でる じゃ ない

これ 以上 は 無駄 な 破壊 だ よ

破壊 に 無駄 も 無駄 じゃ ない も ねぇ だ ろ

そりゃ あ そう だ ね

お前 は これ は 守る ため の 力 だって 言う ん だ ろ

力 そのもの は 破壊 する もの で 怪物 だ よ

それ を どう 使 お う と する か の 問題 さ

大事 な もの が そば に ある なら それ は 守る 力 に なる し

怪物 も 友達 に なる ねっ

ミコト の 赤 は きれい

そう か よ

私 は この 力 を 守る ため に 手 に し た

イズモ が い て ミサキ が い て リキオ が い て みんな が い て

タタラ と ミコト も いる

だから 私 は 大丈夫

きれい な 赤 は 私 の 味方

俺 … 俺 も アンナ を 守 っ から

いや 今 は もう アンナ の 方 が ずっと 強 ぇ の は 分かって っ けど

でも 俺 今 まで 尊 さん すげ ぇ すげ ぇ って それ ばっ か で

なん も 分かって なく て

今 だって あん ま 分かって ねぇ かも しん ない けど

それ でも 俺 アンナ に 頼って もらえ る よう な 男 に

アンナ に 寄りかかって もらえ る よう な そんな 男 に なる から な

八田 さん

アンナ は 大丈夫 よかった

シロ が 戻って き たら 連れ て くる ね

シロ は 長く 王様 し て た から

王様 の 先輩 だ よ

うん 話し て み たい

おいおい 王 同士 なんて の はな

そんな 簡単 に 仲よく する もん じゃ ねぇ ん だ ぞ

なんで

あっ いや な … なん で って こ と も ねぇ けど

そういう もん だった っ つ ぅ か

仲よく し た 方 が いい じゃ ん

ネコ が 正しい

まあ まあ ケンカ せ ん と これ でも 食い

おやつ だ おやつ だ

草薙 さん 俺 も

俺 も

お前 ら は 自分 で 取って きい

あの ね クロスケ も この 前 これ 作って くれ た の

「 一言 様 は パンケーキ に 黒 蜜 を お 掛け に なる ん だ 」 と か しゃべり ながら

クロスケ 話 長い から めん どくさい けど

クロスケ が 作る もの は おいしい

あっ イロ メガネ の も おいしい よ

そら お おき に

黒 蜜 か ぁ いける かも しれ ん な

に し て も ネコ ちゃん は クロスケ の こと も 好き な ん や な

シロ が 1 番 で

クロスケ は

お 魚 の 次 … くらい に は 好き かな

ネコ

クロウ と 一緒 に ここ に 来 て も いい

に ゃ に ゃ に ゃ

ヤシロ が 帰って 来る まで ここ に い たら いい

ここ の 方 が 安全

お前 ら の 属 領 は ねぇ の ?

ああ クランズマン に なって 即 行 王 が い なく なった ん だ っけ

わ … 悪い

いい

悪かった って

いい よ アンナ の 言う とおり ここ に いれ ば

違う の

ネコ

だって 我が 輩 に は …

クロスケ

お前 どこ に 行って いた ん だ

ボス メガネ の とこ 行く の 嫌 だ から アンナ の とこ に 隠れ て た

まったく

なん だ

この ビー 玉 ね いつ でも シロ を 映し て くれる わけ じゃ ない けど

きっと シロ と つながって る って

シロ も 我が 輩 たち の こと 見 てる かも しれ ない って

そう か

大丈夫 だ よ

だから 帰 ろ う

君 たち の こと は セプター 4 が 保護 し ま しょ う

申し出 は ありがたい の だ が お 断り する

俺 に は 属 領 が なく と も 帰る 場所 が ある

ヤシロ が 帰って 来る まで ここ に い たら いい

いい だって 我が 輩 に は

帰る お うち が ある から

そう だ な

帰 ろ う 俺 たち の うち へ

ヘイ パス

かたじけない

天 誅 で ご ざる

二 人 が 帰る べき 所 守る べき 家

大切 な 居場所 さえ も 緑 の 蔦 が 覆い隠し て いく

かつて 袂 を 分かった 兄 弟子 の 刃 が

クロウ の 命 を 狙う

ネコ の 悲痛 な 叫び は

遠く 離れ た あの 人 に 届く の だ ろ う か

次回 K RETURN OF KINGS

第 三 話 Kismet

お かえり なさい


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.