image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 13

クロ 信じ てる よ

い た ぞ

通す な

負ける か

この …

ネコ

キタナ キタナ

比 水流

始まり の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

伊 佐 那 社

歓迎 です

いい わ

強い 力 を 内包 し ながら 湖面 の よう に 静か

あなた の 成長 が 分かる

俺 も ようやく 見え て き た

変 幻 自在 の よう で い て

貴 様 の 剣 に は ひと 筋 の 芯 が 通って いる

強 さ を 支える 芯 が

我が 剣 は 緑 の 王 の 悲願 の ため に

白銀 の 王 の 祈り の ため に

八田 ちゃん まだ か

八田 さん 早く

大丈夫

ミサキ を 信じる

室長

淡 島 君 その とき が 来 たら 躊躇 し ない よう に

室長

せめて 死に 場所 は …

正直 ここ まで たどり つける と は 思って い ませ ん で し た

僕 に も 意地 が ある から ね

そう いえ ば 前回 も 理由 を 聞い て い ませ ん でし た ね

シロ は お前 なんか に 負け ない もん

ダマレ バカ ネコ

うるさい バカ 鳥

雨 乃 雅 日

あの 惨劇 を 生き延び た 数 少ない 人間 の 一 人 です

かつて 迦 具 都 玄 示 が ダモクレス ダウン を 起こし た とき

俺 が 王 と して 目覚め た よう に

彼女 も また 力 を 得 て スト レイン と なった

そして 俺 が 命 を 失った よう に

彼女 は 自ら の 記憶 を 操作 し

一 匹 の 猫 と して 生きる こと に なった の です

俺 たち 二 人 は 石 盤 に 全て 奪わ れ

そして 新た な 全て を 得 た 人間 です

人 は 己 を 守り 道 を 切り開く 力 を 持つ べき です

石 盤 は それ を 与え て くれ ます

違う 石 盤 の 力 は 人 が 持つ に は 過ぎ た もの だ

なぜ です

あなた は 人 を 信じ ない の です か

だ と すれば 失望 です 幻滅 です

かつて の あなた は 人 の 可能 性 を 信じ て い た と いう のに

そう じゃ ない 僕 は …

分か ん ない

言って る こと 分か ん ない

でも 石 盤 なんて いら ない よ

シロ も クロスケ も

ほか の みんな も

そんな の な くった って 平気 だ もん

ネコ

これ まで に 嫌 な こと は あった し

これ から も ある と 思う よ

でも その とき に 欲しい もの は 石 盤 じゃ ない

おいしい ご飯 と

それ を 一緒 に 食べ て くれる 人 だ もん

我が 輩 が 欲しい の は そういう の だ もん

比 水流 人 に 必要 な もの は 石 盤 じゃ ない

ただ そう だ ね

小さな ちゃぶ台 それ で 十 分 な ん だ

それ が 僕 の 結論

白銀 の 王 の 選択 だ よ

残念 です

ナガレ オチコムナ ナガレ

なら 次 は あなた の 番 です ね

白銀 の 王 は ここ まで 何 を しに

石 盤 を 破壊 する

どう やって

石 盤 の 物理 的 強度 は あなた が いちばん ご存じ の はず です

付け加え ます が 俺 は あなた に は 指 一 本 触れ させ ない

俺 は 今 石 盤 と つながり

その 力 を 無尽蔵 に 吸い 出せ ます

その 気 に なれ ば 白銀 の 王

あなた の 不変 の 力 を 上書き し

殺す こと だって でき ます

無敵 です

室長

アンナ き た 合図 だ

八田 さん

もう 着く いい から

やれ

アンナ ゴー や

これ より 赤 の クラン の 総力 を 結集 し

道 を 開ける

No blood

No bone

No ash

燃やせ

燃やせ

燃やせ

これ が あなた の 策 です か

つくづく 失望 です

こんな こと を し て なん に なる の です

道 が 出来 た よ

まさか …

その まさか さ

ダモクレス ダウン で 石 盤 を 破壊 する

すばらしい わ 狗 朗 ちゃん

あなた は 本当 に 強く なった

今や 私 と ほぼ 互角

でも 今 あなた は 互角 じゃ ダメ

私 を 凌 駕 し なけ れ ば

あなた は あなた の 王 の もと に は 行け ない

さあ

見せ て み なさい

これ は 流 ちゃん の …

シロ

そう だ 俺 の 剣 は 王 の

シロ の 剣

あいつ と 共に ある なら ば

御 芍 神 紫

貴 様 を 超え て み せる

美しかった

始まった か

斬り なさい

そして 早く お 行き

野 に 山 に 色 は 違え ど 三輪 の 種

知ら ない 句

俺 の 句 だ

さらば

見 て ます か 一言 様

あの 子 ようやく 一人前 に なり まし た よ

さて 私 も せめて 種 を 拾い ま しょ う か

正気 です か ダモクレス ダウン など

ダモクレス ダウン の 莫大 な エネルギー を 一 点 に 集中 さ せる の さ

シュベールト 制御 第 二 方法 論 に よる レゾナンツ ・ ハンマー 効果

石 盤 の 強度 を 計算 し た 場合

その 限界 値 と

ダモクレス ダウン の 理論 値 は ぴったり 一致 する

一定 の 条件 を 与え た とき 石 盤 と ダモクレス の 剣 は

互い のみ を 消滅 さ せる ん だ

まさか

ヴァイス マン 偏 差 を 自分 の 意思 で

シロ

さ せ ない

周防 尊 の 事例 から み て

地下 に 到達 する まで 落下 開始 から 10 秒 弱

その 前 に あなた を 殺せ ば 剣 は 消え ます

やって ごらん

終わり です

クロスケ

シロ

邪魔 です

なぜ どうして

力 を 否定 し ながら

その 力 は …

おいしい

よく かめ よ

お 行儀

もう

消える

命拾い し まし た か

室長

淡 島 君 に 私 が 斬れ る か どう か 少し 興味 が あった の です が

ともあれ ご苦労さま で し た 感謝 し ます

室長 申し訳 あり ませ ん が

感謝 だけ で は 足り ませ ん

失礼 し ます

残念 です

でも 満足 です

ナガレ ナガレ

ヤツ は 死 ん だ の か

彼 は 石 盤 の 力 で 生き延び て い た

だから …

地震 ?

いや 誰 か が 爆破 し て

悪い が 後始末 さ せ て もらう ぜ

まさか あの 状況 から ひっくり返さ れる た ぁ

完敗 だ な

うち の クランズマン に も 逃げる よう に 指示 を 出し た

お前 ら も 行き な

イワ サン イワ サン ナガレガ ナガレガ

お前 も だ コトサカ

そら 行け

やった ん か

草薙 さん

逃げよ う

総員 退避

はっ

任務 完了 です

お 疲れ さま で し た

シロ

大丈夫

どうやら 僕 も …

力 が … 切れ て き た …

どういう こと だ

今 の この 体 は 本来 の 僕 の 体 じゃ ない

学園 島 の 事件 の 前 に 無色 の 王 と 入れ 代わった もの だ

つまり 彼 が 乗っ取って い た 見ず知らず の 少年 の 体 な ん だ

僕 は 不変 たる 白銀 の 王 の 力 で 存在 し 続け て こ られ た けど

その 力 が 消え た ん だ よ 石 盤 と 一緒 に

なん だ と おい

何 ねえ シロ

ずっと 借り っぱなし だった けど

元 の 持ち主 に 返さ ない と

そんな

シロ

大丈夫 僕 は 必ず 帰って 来る

だって 僕 は …

君 たち の … 王様 … だ … か … ら …

シロ シロ

シロ シロ

シロ シロ 起き て シロ

返事 を する ん だ

君 たち 誰

イワ さん 流 楽しかった

行く わ よ

いい でしょ

ごめん ね

来 た 来 た

ごめん ね

お っす

いく ぞ

それ

あっ 何 やって ん だ よ

ごめん

いや まさか ワガハイ ちゃん が 転入 し て くる なんて ね

しかも こんな 時期 に

よろしく ね 菊 理

こちら こそ

そう そう 一緒 に 転任 し て き た 先生

ワガハイ ちゃん の 親戚 な ん だ って

うん そういう こと に し た の

し た ?

まあ とにかく 雰囲気 の ある 先生 だ よ ね

うち の クラス じゃ もう みんな ドイツ 先生 って あだ名 で 呼 ん でる みたい

でも どこ か で 会った こ と ある 気 が する ん だ よ ね

ただいま お なか 減った ぁ

もう 出来 てる 座って ろ

やった

どうどう 我が 輩 の 制服

お前 それ 朝 も 聞い て い た だ ろ う

似合って る よ

やった

いただき ます



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

クロ 信じ てる よ

い た ぞ

通す な

負ける か

この …

ネコ

キタナ キタナ

比 水流

始まり の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

伊 佐 那 社

歓迎 です

いい わ

強い 力 を 内包 し ながら 湖面 の よう に 静か

あなた の 成長 が 分かる

俺 も ようやく 見え て き た

変 幻 自在 の よう で い て

貴 様 の 剣 に は ひと 筋 の 芯 が 通って いる

強 さ を 支える 芯 が

我が 剣 は 緑 の 王 の 悲願 の ため に

白銀 の 王 の 祈り の ため に

八田 ちゃん まだ か

八田 さん 早く

大丈夫

ミサキ を 信じる

室長

淡 島 君 その とき が 来 たら 躊躇 し ない よう に

室長

せめて 死に 場所 は …

正直 ここ まで たどり つける と は 思って い ませ ん で し た

僕 に も 意地 が ある から ね

そう いえ ば 前回 も 理由 を 聞い て い ませ ん でし た ね

シロ は お前 なんか に 負け ない もん

ダマレ バカ ネコ

うるさい バカ 鳥

雨 乃 雅 日

あの 惨劇 を 生き延び た 数 少ない 人間 の 一 人 です

かつて 迦 具 都 玄 示 が ダモクレス ダウン を 起こし た とき

俺 が 王 と して 目覚め た よう に

彼女 も また 力 を 得 て スト レイン と なった

そして 俺 が 命 を 失った よう に

彼女 は 自ら の 記憶 を 操作 し

一 匹 の 猫 と して 生きる こと に なった の です

俺 たち 二 人 は 石 盤 に 全て 奪わ れ

そして 新た な 全て を 得 た 人間 です

人 は 己 を 守り 道 を 切り開く 力 を 持つ べき です

石 盤 は それ を 与え て くれ ます

違う 石 盤 の 力 は 人 が 持つ に は 過ぎ た もの だ

なぜ です

あなた は 人 を 信じ ない の です か

だ と すれば 失望 です 幻滅 です

かつて の あなた は 人 の 可能 性 を 信じ て い た と いう のに

そう じゃ ない 僕 は …

分か ん ない

言って る こと 分か ん ない

でも 石 盤 なんて いら ない よ

シロ も クロスケ も

ほか の みんな も

そんな の な くった って 平気 だ もん

ネコ

これ まで に 嫌 な こと は あった し

これ から も ある と 思う よ

でも その とき に 欲しい もの は 石 盤 じゃ ない

おいしい ご飯 と

それ を 一緒 に 食べ て くれる 人 だ もん

我が 輩 が 欲しい の は そういう の だ もん

比 水流 人 に 必要 な もの は 石 盤 じゃ ない

ただ そう だ ね

小さな ちゃぶ台 それ で 十 分 な ん だ

それ が 僕 の 結論

白銀 の 王 の 選択 だ よ

残念 です

ナガレ オチコムナ ナガレ

なら 次 は あなた の 番 です ね

白銀 の 王 は ここ まで 何 を しに

石 盤 を 破壊 する

どう やって

石 盤 の 物理 的 強度 は あなた が いちばん ご存じ の はず です

付け加え ます が 俺 は あなた に は 指 一 本 触れ させ ない

俺 は 今 石 盤 と つながり

その 力 を 無尽蔵 に 吸い 出せ ます

その 気 に なれ ば 白銀 の 王

あなた の 不変 の 力 を 上書き し

殺す こと だって でき ます

無敵 です

室長

アンナ き た 合図 だ

八田 さん

もう 着く いい から

やれ

アンナ ゴー や

これ より 赤 の クラン の 総力 を 結集 し

道 を 開ける

No blood

No bone

No ash

燃やせ

燃やせ

燃やせ

これ が あなた の 策 です か

つくづく 失望 です

こんな こと を し て なん に なる の です

道 が 出来 た よ

まさか …

その まさか さ

ダモクレス ダウン で 石 盤 を 破壊 する

すばらしい わ 狗 朗 ちゃん

あなた は 本当 に 強く なった

今や 私 と ほぼ 互角

でも 今 あなた は 互角 じゃ ダメ

私 を 凌 駕 し なけ れ ば

あなた は あなた の 王 の もと に は 行け ない

さあ

見せ て み なさい

これ は 流 ちゃん の …

シロ

そう だ 俺 の 剣 は 王 の

シロ の 剣

あいつ と 共に ある なら ば

御 芍 神 紫

貴 様 を 超え て み せる

美しかった

始まった か

斬り なさい

そして 早く お 行き

野 に 山 に 色 は 違え ど 三輪 の 種

知ら ない 句

俺 の 句 だ

さらば

見 て ます か 一言 様

あの 子 ようやく 一人前 に なり まし た よ

さて 私 も せめて 種 を 拾い ま しょ う か

正気 です か ダモクレス ダウン など

ダモクレス ダウン の 莫大 な エネルギー を 一 点 に 集中 さ せる の さ

シュベールト 制御 第 二 方法 論 に よる レゾナンツ ・ ハンマー 効果

石 盤 の 強度 を 計算 し た 場合

その 限界 値 と

ダモクレス ダウン の 理論 値 は ぴったり 一致 する

一定 の 条件 を 与え た とき 石 盤 と ダモクレス の 剣 は

互い のみ を 消滅 さ せる ん だ

まさか

ヴァイス マン 偏 差 を 自分 の 意思 で

シロ

さ せ ない

周防 尊 の 事例 から み て

地下 に 到達 する まで 落下 開始 から 10 秒 弱

その 前 に あなた を 殺せ ば 剣 は 消え ます

やって ごらん

終わり です

クロスケ

シロ

邪魔 です

なぜ どうして

力 を 否定 し ながら

その 力 は …

おいしい

よく かめ よ

お 行儀

もう

消える

命拾い し まし た か

室長

淡 島 君 に 私 が 斬れ る か どう か 少し 興味 が あった の です が

ともあれ ご苦労さま で し た 感謝 し ます

室長 申し訳 あり ませ ん が

感謝 だけ で は 足り ませ ん

失礼 し ます

残念 です

でも 満足 です

ナガレ ナガレ

ヤツ は 死 ん だ の か

彼 は 石 盤 の 力 で 生き延び て い た

だから …

地震 ?

いや 誰 か が 爆破 し て

悪い が 後始末 さ せ て もらう ぜ

まさか あの 状況 から ひっくり返さ れる た ぁ

完敗 だ な

うち の クランズマン に も 逃げる よう に 指示 を 出し た

お前 ら も 行き な

イワ サン イワ サン ナガレガ ナガレガ

お前 も だ コトサカ

そら 行け

やった ん か

草薙 さん

逃げよ う

総員 退避

はっ

任務 完了 です

お 疲れ さま で し た

シロ

大丈夫

どうやら 僕 も …

力 が … 切れ て き た …

どういう こと だ

今 の この 体 は 本来 の 僕 の 体 じゃ ない

学園 島 の 事件 の 前 に 無色 の 王 と 入れ 代わった もの だ

つまり 彼 が 乗っ取って い た 見ず知らず の 少年 の 体 な ん だ

僕 は 不変 たる 白銀 の 王 の 力 で 存在 し 続け て こ られ た けど

その 力 が 消え た ん だ よ 石 盤 と 一緒 に

なん だ と おい

何 ねえ シロ

ずっと 借り っぱなし だった けど

元 の 持ち主 に 返さ ない と

そんな

シロ

大丈夫 僕 は 必ず 帰って 来る

だって 僕 は …

君 たち の … 王様 … だ … か … ら …

シロ シロ

シロ シロ

シロ シロ 起き て シロ

返事 を する ん だ

君 たち 誰

イワ さん 流 楽しかった

行く わ よ

いい でしょ

ごめん ね

来 た 来 た

ごめん ね

お っす

いく ぞ

それ

あっ 何 やって ん だ よ

ごめん

いや まさか ワガハイ ちゃん が 転入 し て くる なんて ね

しかも こんな 時期 に

よろしく ね 菊 理

こちら こそ

そう そう 一緒 に 転任 し て き た 先生

ワガハイ ちゃん の 親戚 な ん だ って

うん そういう こと に し た の

し た ?

まあ とにかく 雰囲気 の ある 先生 だ よ ね

うち の クラス じゃ もう みんな ドイツ 先生 って あだ名 で 呼 ん でる みたい

でも どこ か で 会った こ と ある 気 が する ん だ よ ね

ただいま お なか 減った ぁ

もう 出来 てる 座って ろ

やった

どうどう 我が 輩 の 制服

お前 それ 朝 も 聞い て い た だ ろ う

似合って る よ

やった

いただき ます


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.