image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 11

これ こそ が 王 を 生み出す 秘 宝 で ある

ドレスデン 石 盤 の 真 の 姿 真 の 輝き です

歓喜 です 感動 です

世界 を 変革 する 光

なんて 美しい の かしら

なあ 流

これ で 今 から 新しい 世界 って やつ に 変わって いく の か

今 から 変わる の で は あり ませ ん

もう すでに 変わった の です

もう すでに ?

ドレスデン 石 盤 は

全 人類 を 俺 たち の よう な 王 へ と 進化 さ せる ため の 装置 だ

もともと 白銀 の 王 が 覚醒 さ せ た ん だ が

頭 の 固い 黄金 の 王 の じい 様 が その 機能 を 抑制 さ せ ち まって な

今 の 今 まで こいつ は セーフ モード で 動 い て た って わけ だ

しかし もはや 石 盤 を 抑える もの は 存在 し ませ ん

完全 な 力 を 取り戻し た 石 盤 に よって

たった 今 全人 類 は 進化 し

王 へ の 可能 性 が 開か れ ました

全 人類 に 可能 性 が

そんじゃ 今 外 は

めちゃくちゃ に なって る だ ろ う な

はい 今 まで 無力 で あった 民衆 が 異 能 の 力 を 得 た とき

既存 の 秩序 は 覆さ れ 新しい 世界 が 生まれ ます

自ら の 運命 を 自ら 切り開く こと が できる 世界 です

理不尽 な 死に あらがう こと の できる 世界

肯定 です

要するに これ から の 相手 は 流 み たい な 王様 って こと か

いい ねぇ 腕 が 鳴る ぜ

敵 が 強けりゃ 強い ほど 攻略 し が い が ある から な

王 たち が 相 克 し 作り上げる 新た な 世界

弱肉強食 の パラダイス に なる の ね

私 たち は その 世界 に 咲く 花 に なる の よ

ろく でも ねぇ

そう いや 土曜 どこ 行く か 決め た

お前 は どこ へ 行き たい ん だ よ

何 あれ

なんか あの とき みたい だ ね

三 科 大丈夫

これ って まるで 1 年 前 の あの とき みたい

嫌 ぁ

菊 理

よかった

間に合った ね

シ … シロ 君

菊 理 お前 に 一 つ 頼み が ある

わ … 私 に

ああ お前 に しか でき ない こと だ

それでは 特異 能力 関連 事件 の

爆発 的 な 増加 に 関 する ニュース の 続報 を お 知らせ し ます

今年 に 入って から 多発 し て い た 特異 能力 関連 事件 です が

本日 正午 より 件数 が 爆発 的 に 増加 し て い ます

事態 を 重く 見 た 政府 は 市民 に 外出 の 自粛 を 呼びかけ て い ます

また 世界 各国 でも 同様 の 現象 が 起き て い ます

JUNGLE から の 連絡 は

まだ あり ませ ん

おかしい だ ろ う 君

こんな 大 混乱 が 起きる なんて 私 は 聞い て い なかった ぞ

このまま で は 外交 問題 に 発展 し て しまう

わ … 私 に 言わ れ まし て も

な … なん だ 何事 だ

これ は …

壁 の 向こう が 透け て 見える

暴徒 が 私 の 官邸 に

き … 君 誰 か 護衛 を

宗像 君 を 呼 ん で くれ

む … 宗像 礼司 なら 総理 が 罷免 さ れ まし た が

そう だった

宗像 君 私 が 悪かった

助け て くれ

なんか よ ぉ 総理 官邸 から 救援 要請 が 来 て ん だ けど

これ どう す ん の

現 段階 に おい て

既存 の 国家 権力 の 重要 性 は 限りなく 低く なり まし た

俺 たち が 助ける 必要 は あり ませ ん

無視 です

へい

長かった な

肯定 です

黄金 の 王 の 追跡 を 逃れる ため

俺 たち は 随分 長い 間

潜伏 し なけ れ ば なり ませ ん で し た

あん とき は さすが の イワ さん も 肝 冷やし た ぜ

まさか 黄金 の じい 様 に ケンカ 売る なんて な

しかも ボコボコ に やら れる し

いたいけ な 子供 が 跳ね 回った 程度 で

あんなに ムキ に なる なんて

國常 路 大 覚 は 大 人気 が あり ませ ん

老人 の くせ に 死ぬ か と 思い まし た 後悔 です

まあ しかし それ も もう 終わった

黄金 の 王 は 死に 石 盤 も 晴れて 俺 たち の もの に

まだ 終わって は い ませ ん

今度 は ひと 月 前 と は 逆

俺 たち が 守り 彼ら が 攻める ターン です

懲り ない ねぇ 青二才 君

読 戸 ゲート 以外 の 連絡 通路 を 閉鎖 し た の は この ため か

はい

同時に 読 戸 ゲート 周辺 から 一般 人 を 排除 し

この 秘密 基地 に U ランカー を 集結 さ せ て い ます

って こと は お前 は 秘密 基地 に まで

ヤツ ら が 侵入 し て くる こと を 想定 し てる ん だ な

彼ら が ここ 俺 と 石 盤 の 前 まで

たどりつく 可能 性 は ゼロ で は あり ませ ん

しかし

石 盤 と つながって いる かぎり 俺 に 制限 時間 は あり ませ ん

無限 です

その 俺 に 彼ら が 勝て る 可能 性 だけ は 存在 し ませ ん

ゼロ です

故に この 場所 に 王 を 二 人 も 配置 する 意味 は あり ませ ん

イワ さん に は 青 の 王 の 出迎え を お 願い し ます

そい つ も また 想定 内 か

可能 性 は 常に 存在 し ます

その 石 盤 の 力 が あれ ば

お前 の 改変 の 力 は 最大 限 に まで 発揮 できる ん だ よ な

だったら ひょっとして

過去 の こと も 改変 でき ちゃ ったり する の か な

例えば ほら

イワ さん の ハズレ 馬券 が みる みる うち に 当たり 馬券 に なったり

ほか に は

ごめんなさい イワ さん

な … なんで 謝る ん だ よ

それ は でき ませ ん

いくら 俺 でも 過去 を 改変 する こと は 不可能 です

まっ そりゃ そうだ よ な

そんな うまい 話 ある わけ ねぇ か

や っぱ 地道 に こつこつ 働く の が

幸せ へ の いちばん の 近道 って こと な の か ね

いって くる わ

はい いって らっしゃい

そう だ な

過去 を 変え て やり 直す こと なんて お前 に は 似合わ ねぇ か

お前 の 力 は 今 を 改め 未来 を 変える 力 だ

そい で も って この 世界 を ど で かい オモチャ 箱 を

好き な よう に 作り替え て いけ よ 流

落ち着 い て 冷静 に 対処 し て ください

いきなり へんてこ な 力 が 出 てき ちゃ って

びっくり する だ ろ う けど

それ は 抑える こと が できる もの です

1 年 前 の こと を 思い出し て ください

この 学園 が 襲わ れ た とき の こと を

あの とき 私 たち を 助け て くれ た あの 人 み たい に

この 力 は 何 か を 壊す ため の もの で は あり ませ ん

私 たち 自身 を 守る ため の もの な ん です

だから どう か

1 年 前

そう いえ ば あの とき 助け て くれ た 人 が い た よ な

大丈夫 だ よ

これ で いい ん だ よ ね

シロ 君 クロ 君 ワガハイ ちゃん

皆さん

おい あれ

ああ 情報 どおり だ

まさか 青 の 王 が の この こと 乗り込 ん で くる と は な

この先 が JUNGLE の 本拠 地 で 間違い ない よう です な

ええ あれ だけ 目立つ 光 が 15 分 30 秒 も 現れ て い た の です

見逃す 方 が 難しい

敵 は 多勢 自分 が 先行 し ます か

いえ 結構

あなた の 仕事 は 露 払い で は あり ませ ん から

では 室長 が 自ら ?

私 は もう 室長 で は あり ませ ん よ

ただ の 王 に すぎ ませ ん

封鎖 線 を 越え た プロトコル A を 発動 しろ

撃て 攻撃 する だけ で ポイント が もらえ る ぞ

しっかり 狙え 敵 は たった 二 人 だけ だ ぞ

全員 持ち場 を 固めろ

各 チーム の 準備 出来 た か

一斉 射撃 する ぞ

異 能力 に よる 事件 が 激増 し て い ます

まるで 国民 が みんな スト レイン に なった みたい な

暴動 に 発展 し て いる ケース も ある よう です

未 確認 です が 総理 官邸 が 襲わ れ た と いう 情報 も

副 長 これ でも 俺 たち は 待機 し て なく ちゃ いけない って ん です か

待機 命令 が 出 て いる 以上 私 たち が 動く わけ に は いか ない

でも このまま じゃ 俺 たち が いる 意味 ねぇ っす よ

布施 今 は とにかく 情報 を 集める しか ない

室長 と は まだ 連絡 が つか ない の です か

ああ

副 長 これ 見 て ください

どう し た

読 戸 方面 に 立ち上がった 光 の 柱 周辺 を モニター し て い た ところ

この 映像 が

室長 それ に 善 条 さん も

こいつ ら 緑 の クラン だ

たった 二 人 で 敵陣 に 乗り込む なんて むちゃ すぎる

緑 の クラン

まさか 伏見 さん も あの 中 に

バカ を 言え

しかし どうして 善 条 さん だけ を

室長

私 は セプター 4 を 辞職 する

セプター 4 で いる かぎり 私 は この 屯所 から 出る こと が でき ない

お前 たち を 巻き込 ん で 命令 違反 を 行う わけ に は いか ない

狭 量 かも しれ ない が

それ が 私 の 限界 だ だ が …

それ でも 私 は 青 の 王 宗像 礼司 の 右腕 で あり たい

たとえ 公人 で なく なった と して も

あの 人 の そば に 仕え て す べき こと を する

それ が 私 の 役目 だ

副 長

すまない 秋山

今 から は お前 が セプター 4 の 指揮 を 執って くれ

私 は 行く

分かり まし た

聞い た とおり だ

今 から 私 が セプター 4 の 指揮 を 代行 する こと に なった

指揮 代行 と して 命令 する

我々 は これ より 全て の 元凶 で ある 緑 の クラン

JUNGLE の 本拠 地 に 赴き この 事態 の 鎮静 を 図る

な っ

なお 作戦 行動 中 は 民間 人 の 保護 を 最 優先 と し

可能 な かぎり 便宜 を 図る よう に

了解

了解 し まし た

バ … バカ な

私 の 話 を 聞い て い た の か

それ は 命令 違反

ダメ です よ 副 長 いや 淡 島 さん

あなた は もう 民間 人 な ん です から

俺 たち に 保護 さ れる 対象 です

はい これ 緊急 事態 に つき

護身 用 の 装備 を セプター 4 権限 で 貸与 し ます

いい よ な 秋山

ああ セプター 4 指揮 代行 と して 許可 する

お前 たち

分かった 行 こ う

セプター 4 出動 する

はっ

や っち まえ

いけ

やっぱり 効か ない

その やり 方 お 見通し だ ぜ

この プラズマ 弾 は

雷 光 の 術 と 同じ 威力 を 凝縮 し た よう な もの だ

こいつ を くら え ば

さすが の 青 の 王 も

差し出がましい こと を いたし まし た

何も し なけ れ ば 手間 が 省け た かも しれ ませ ん よ

ご 冗談 を

くそ っ ダメ だ

どうせ ゲート は 内側 から しか 開け られ ない

いくら 青 の 王 でも 一 人 で 突破 する こと は でき ない

さて あと は

や あ 猿 比 古

さすが に 作業 が 早い です ね

感心 です

君 の 目的 は 分かって い ます

青 の 王 を 招き入れる つもり です ね

それ が 分かって ん なら さっさと 殺せ よ

その 必要 は あり ませ ん その 理由 も あり ませ ん

その 作業 が 終了 する まで 君 は 裏切り者 で は あり ませ ん

J ランカー は 秘密 基地 内 を 自由 に 歩く 権限 が あり

ランカー 同士 の 私 闘 は 特に 制限 さ れ て い ませ ん

終了 し た 瞬間 俺 は 裏切り者 に なって

殺さ れる って わけ か

理解 が 早く て 助かり ます

青 の 王 が ここ まで たどりつく こと は でき ませ ん

君 は 意味 も なく 死ぬ だけ です

犬死に です

脅迫 か

勧誘 です 猿 比 古

俺 は 今 本当 に 君 に 誘い を かけ て い ます

君 の 性質 は 吠 舞 羅 でも セプター 4 で も なく

自由 意思 を 重んじる JUNGLE に 最も 適合 し て いる もの です

確かに

ここ なら バカ ども と なれ合う こと も

上司 の むちゃ な 命令 に 振り回さ れる こと も ない か

肯定 です

なら 答え は 決まって る

お 断り だ

残念 です

オマエ オワリ オワリ

仲間 じゃ なく なった って ん なら

殺し て も いい よ な

バカ な ゲート が 開 い てる ぞ

どう なって ん だ

いや 待て

あれ は

お やおや

ほんと に 開 い ち まった よ

流 の 先 読み は ほんと 恐ろしい な

手出し は 無用 です

あなた は あなた の 仕事 に 専念 し て ください

はい

よう 宗像

それ に 後ろ に いる の は 懐かしい 顔 だ な

羽 張 迅 の 右腕 善 条 剛 毅

灰色 の 王 鳳 聖 悟

14 年 ぶり だ な

老け た なぁ お前

お前 は 枯れ た な

違い ねぇ

何 人 で 来 よ う が ここ は 通 さ ねぇ ぜ

今回 は 遠慮 も 手加減 も 時間 稼ぎ も なし だ

なるほど な

お前 一 人 に 霧 を 集中 さ せ て たら

あれ だけ の 大 質量 は 防げ ない

らしく ねぇ じゃ ねぇ か 宗像

自分 から 囮 を 買って出る なんて な

何 か 勘違い し て いる よう です ね

あちら は 関係 あり ませ ん

本命 は あくまで 私 です

どっち でも いい さ

俺 の 役目 は お前 の 出迎え だ

宗像

抜 刀

譲れ ない から ぶつかる

守り たい から 戦う

次回 K RETURN OF KINGS

第 十 二 話 KNUCKLE BUMP

最強 の 少年 に かつて 少年 だった 二 人 は



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

これ こそ が 王 を 生み出す 秘 宝 で ある

ドレスデン 石 盤 の 真 の 姿 真 の 輝き です

歓喜 です 感動 です

世界 を 変革 する 光

なんて 美しい の かしら

なあ 流

これ で 今 から 新しい 世界 って やつ に 変わって いく の か

今 から 変わる の で は あり ませ ん

もう すでに 変わった の です

もう すでに ?

ドレスデン 石 盤 は

全 人類 を 俺 たち の よう な 王 へ と 進化 さ せる ため の 装置 だ

もともと 白銀 の 王 が 覚醒 さ せ た ん だ が

頭 の 固い 黄金 の 王 の じい 様 が その 機能 を 抑制 さ せ ち まって な

今 の 今 まで こいつ は セーフ モード で 動 い て た って わけ だ

しかし もはや 石 盤 を 抑える もの は 存在 し ませ ん

完全 な 力 を 取り戻し た 石 盤 に よって

たった 今 全人 類 は 進化 し

王 へ の 可能 性 が 開か れ ました

全 人類 に 可能 性 が

そんじゃ 今 外 は

めちゃくちゃ に なって る だ ろ う な

はい 今 まで 無力 で あった 民衆 が 異 能 の 力 を 得 た とき

既存 の 秩序 は 覆さ れ 新しい 世界 が 生まれ ます

自ら の 運命 を 自ら 切り開く こと が できる 世界 です

理不尽 な 死に あらがう こと の できる 世界

肯定 です

要するに これ から の 相手 は 流 み たい な 王様 って こと か

いい ねぇ 腕 が 鳴る ぜ

敵 が 強けりゃ 強い ほど 攻略 し が い が ある から な

王 たち が 相 克 し 作り上げる 新た な 世界

弱肉強食 の パラダイス に なる の ね

私 たち は その 世界 に 咲く 花 に なる の よ

ろく でも ねぇ

そう いや 土曜 どこ 行く か 決め た

お前 は どこ へ 行き たい ん だ よ

何 あれ

なんか あの とき みたい だ ね

三 科 大丈夫

これ って まるで 1 年 前 の あの とき みたい

嫌 ぁ

菊 理

よかった

間に合った ね

シ … シロ 君

菊 理 お前 に 一 つ 頼み が ある

わ … 私 に

ああ お前 に しか でき ない こと だ

それでは 特異 能力 関連 事件 の

爆発 的 な 増加 に 関 する ニュース の 続報 を お 知らせ し ます

今年 に 入って から 多発 し て い た 特異 能力 関連 事件 です が

本日 正午 より 件数 が 爆発 的 に 増加 し て い ます

事態 を 重く 見 た 政府 は 市民 に 外出 の 自粛 を 呼びかけ て い ます

また 世界 各国 でも 同様 の 現象 が 起き て い ます

JUNGLE から の 連絡 は

まだ あり ませ ん

おかしい だ ろ う 君

こんな 大 混乱 が 起きる なんて 私 は 聞い て い なかった ぞ

このまま で は 外交 問題 に 発展 し て しまう

わ … 私 に 言わ れ まし て も

な … なん だ 何事 だ

これ は …

壁 の 向こう が 透け て 見える

暴徒 が 私 の 官邸 に

き … 君 誰 か 護衛 を

宗像 君 を 呼 ん で くれ

む … 宗像 礼司 なら 総理 が 罷免 さ れ まし た が

そう だった

宗像 君 私 が 悪かった

助け て くれ

なんか よ ぉ 総理 官邸 から 救援 要請 が 来 て ん だ けど

これ どう す ん の

現 段階 に おい て

既存 の 国家 権力 の 重要 性 は 限りなく 低く なり まし た

俺 たち が 助ける 必要 は あり ませ ん

無視 です

へい

長かった な

肯定 です

黄金 の 王 の 追跡 を 逃れる ため

俺 たち は 随分 長い 間

潜伏 し なけ れ ば なり ませ ん で し た

あん とき は さすが の イワ さん も 肝 冷やし た ぜ

まさか 黄金 の じい 様 に ケンカ 売る なんて な

しかも ボコボコ に やら れる し

いたいけ な 子供 が 跳ね 回った 程度 で

あんなに ムキ に なる なんて

國常 路 大 覚 は 大 人気 が あり ませ ん

老人 の くせ に 死ぬ か と 思い まし た 後悔 です

まあ しかし それ も もう 終わった

黄金 の 王 は 死に 石 盤 も 晴れて 俺 たち の もの に

まだ 終わって は い ませ ん

今度 は ひと 月 前 と は 逆

俺 たち が 守り 彼ら が 攻める ターン です

懲り ない ねぇ 青二才 君

読 戸 ゲート 以外 の 連絡 通路 を 閉鎖 し た の は この ため か

はい

同時に 読 戸 ゲート 周辺 から 一般 人 を 排除 し

この 秘密 基地 に U ランカー を 集結 さ せ て い ます

って こと は お前 は 秘密 基地 に まで

ヤツ ら が 侵入 し て くる こと を 想定 し てる ん だ な

彼ら が ここ 俺 と 石 盤 の 前 まで

たどりつく 可能 性 は ゼロ で は あり ませ ん

しかし

石 盤 と つながって いる かぎり 俺 に 制限 時間 は あり ませ ん

無限 です

その 俺 に 彼ら が 勝て る 可能 性 だけ は 存在 し ませ ん

ゼロ です

故に この 場所 に 王 を 二 人 も 配置 する 意味 は あり ませ ん

イワ さん に は 青 の 王 の 出迎え を お 願い し ます

そい つ も また 想定 内 か

可能 性 は 常に 存在 し ます

その 石 盤 の 力 が あれ ば

お前 の 改変 の 力 は 最大 限 に まで 発揮 できる ん だ よ な

だったら ひょっとして

過去 の こと も 改変 でき ちゃ ったり する の か な

例えば ほら

イワ さん の ハズレ 馬券 が みる みる うち に 当たり 馬券 に なったり

ほか に は

ごめんなさい イワ さん

な … なんで 謝る ん だ よ

それ は でき ませ ん

いくら 俺 でも 過去 を 改変 する こと は 不可能 です

まっ そりゃ そうだ よ な

そんな うまい 話 ある わけ ねぇ か

や っぱ 地道 に こつこつ 働く の が

幸せ へ の いちばん の 近道 って こと な の か ね

いって くる わ

はい いって らっしゃい

そう だ な

過去 を 変え て やり 直す こと なんて お前 に は 似合わ ねぇ か

お前 の 力 は 今 を 改め 未来 を 変える 力 だ

そい で も って この 世界 を ど で かい オモチャ 箱 を

好き な よう に 作り替え て いけ よ 流

落ち着 い て 冷静 に 対処 し て ください

いきなり へんてこ な 力 が 出 てき ちゃ って

びっくり する だ ろ う けど

それ は 抑える こと が できる もの です

1 年 前 の こと を 思い出し て ください

この 学園 が 襲わ れ た とき の こと を

あの とき 私 たち を 助け て くれ た あの 人 み たい に

この 力 は 何 か を 壊す ため の もの で は あり ませ ん

私 たち 自身 を 守る ため の もの な ん です

だから どう か

1 年 前

そう いえ ば あの とき 助け て くれ た 人 が い た よ な

大丈夫 だ よ

これ で いい ん だ よ ね

シロ 君 クロ 君 ワガハイ ちゃん

皆さん

おい あれ

ああ 情報 どおり だ

まさか 青 の 王 が の この こと 乗り込 ん で くる と は な

この先 が JUNGLE の 本拠 地 で 間違い ない よう です な

ええ あれ だけ 目立つ 光 が 15 分 30 秒 も 現れ て い た の です

見逃す 方 が 難しい

敵 は 多勢 自分 が 先行 し ます か

いえ 結構

あなた の 仕事 は 露 払い で は あり ませ ん から

では 室長 が 自ら ?

私 は もう 室長 で は あり ませ ん よ

ただ の 王 に すぎ ませ ん

封鎖 線 を 越え た プロトコル A を 発動 しろ

撃て 攻撃 する だけ で ポイント が もらえ る ぞ

しっかり 狙え 敵 は たった 二 人 だけ だ ぞ

全員 持ち場 を 固めろ

各 チーム の 準備 出来 た か

一斉 射撃 する ぞ

異 能力 に よる 事件 が 激増 し て い ます

まるで 国民 が みんな スト レイン に なった みたい な

暴動 に 発展 し て いる ケース も ある よう です

未 確認 です が 総理 官邸 が 襲わ れ た と いう 情報 も

副 長 これ でも 俺 たち は 待機 し て なく ちゃ いけない って ん です か

待機 命令 が 出 て いる 以上 私 たち が 動く わけ に は いか ない

でも このまま じゃ 俺 たち が いる 意味 ねぇ っす よ

布施 今 は とにかく 情報 を 集める しか ない

室長 と は まだ 連絡 が つか ない の です か

ああ

副 長 これ 見 て ください

どう し た

読 戸 方面 に 立ち上がった 光 の 柱 周辺 を モニター し て い た ところ

この 映像 が

室長 それ に 善 条 さん も

こいつ ら 緑 の クラン だ

たった 二 人 で 敵陣 に 乗り込む なんて むちゃ すぎる

緑 の クラン

まさか 伏見 さん も あの 中 に

バカ を 言え

しかし どうして 善 条 さん だけ を

室長

私 は セプター 4 を 辞職 する

セプター 4 で いる かぎり 私 は この 屯所 から 出る こと が でき ない

お前 たち を 巻き込 ん で 命令 違反 を 行う わけ に は いか ない

狭 量 かも しれ ない が

それ が 私 の 限界 だ だ が …

それ でも 私 は 青 の 王 宗像 礼司 の 右腕 で あり たい

たとえ 公人 で なく なった と して も

あの 人 の そば に 仕え て す べき こと を する

それ が 私 の 役目 だ

副 長

すまない 秋山

今 から は お前 が セプター 4 の 指揮 を 執って くれ

私 は 行く

分かり まし た

聞い た とおり だ

今 から 私 が セプター 4 の 指揮 を 代行 する こと に なった

指揮 代行 と して 命令 する

我々 は これ より 全て の 元凶 で ある 緑 の クラン

JUNGLE の 本拠 地 に 赴き この 事態 の 鎮静 を 図る

な っ

なお 作戦 行動 中 は 民間 人 の 保護 を 最 優先 と し

可能 な かぎり 便宜 を 図る よう に

了解

了解 し まし た

バ … バカ な

私 の 話 を 聞い て い た の か

それ は 命令 違反

ダメ です よ 副 長 いや 淡 島 さん

あなた は もう 民間 人 な ん です から

俺 たち に 保護 さ れる 対象 です

はい これ 緊急 事態 に つき

護身 用 の 装備 を セプター 4 権限 で 貸与 し ます

いい よ な 秋山

ああ セプター 4 指揮 代行 と して 許可 する

お前 たち

分かった 行 こ う

セプター 4 出動 する

はっ

や っち まえ

いけ

やっぱり 効か ない

その やり 方 お 見通し だ ぜ

この プラズマ 弾 は

雷 光 の 術 と 同じ 威力 を 凝縮 し た よう な もの だ

こいつ を くら え ば

さすが の 青 の 王 も

差し出がましい こと を いたし まし た

何も し なけ れ ば 手間 が 省け た かも しれ ませ ん よ

ご 冗談 を

くそ っ ダメ だ

どうせ ゲート は 内側 から しか 開け られ ない

いくら 青 の 王 でも 一 人 で 突破 する こと は でき ない

さて あと は

や あ 猿 比 古

さすが に 作業 が 早い です ね

感心 です

君 の 目的 は 分かって い ます

青 の 王 を 招き入れる つもり です ね

それ が 分かって ん なら さっさと 殺せ よ

その 必要 は あり ませ ん その 理由 も あり ませ ん

その 作業 が 終了 する まで 君 は 裏切り者 で は あり ませ ん

J ランカー は 秘密 基地 内 を 自由 に 歩く 権限 が あり

ランカー 同士 の 私 闘 は 特に 制限 さ れ て い ませ ん

終了 し た 瞬間 俺 は 裏切り者 に なって

殺さ れる って わけ か

理解 が 早く て 助かり ます

青 の 王 が ここ まで たどりつく こと は でき ませ ん

君 は 意味 も なく 死ぬ だけ です

犬死に です

脅迫 か

勧誘 です 猿 比 古

俺 は 今 本当 に 君 に 誘い を かけ て い ます

君 の 性質 は 吠 舞 羅 でも セプター 4 で も なく

自由 意思 を 重んじる JUNGLE に 最も 適合 し て いる もの です

確かに

ここ なら バカ ども と なれ合う こと も

上司 の むちゃ な 命令 に 振り回さ れる こと も ない か

肯定 です

なら 答え は 決まって る

お 断り だ

残念 です

オマエ オワリ オワリ

仲間 じゃ なく なった って ん なら

殺し て も いい よ な

バカ な ゲート が 開 い てる ぞ

どう なって ん だ

いや 待て

あれ は

お やおや

ほんと に 開 い ち まった よ

流 の 先 読み は ほんと 恐ろしい な

手出し は 無用 です

あなた は あなた の 仕事 に 専念 し て ください

はい

よう 宗像

それ に 後ろ に いる の は 懐かしい 顔 だ な

羽 張 迅 の 右腕 善 条 剛 毅

灰色 の 王 鳳 聖 悟

14 年 ぶり だ な

老け た なぁ お前

お前 は 枯れ た な

違い ねぇ

何 人 で 来 よ う が ここ は 通 さ ねぇ ぜ

今回 は 遠慮 も 手加減 も 時間 稼ぎ も なし だ

なるほど な

お前 一 人 に 霧 を 集中 さ せ て たら

あれ だけ の 大 質量 は 防げ ない

らしく ねぇ じゃ ねぇ か 宗像

自分 から 囮 を 買って出る なんて な

何 か 勘違い し て いる よう です ね

あちら は 関係 あり ませ ん

本命 は あくまで 私 です

どっち でも いい さ

俺 の 役目 は お前 の 出迎え だ

宗像

抜 刀

譲れ ない から ぶつかる

守り たい から 戦う

次回 K RETURN OF KINGS

第 十 二 話 KNUCKLE BUMP

最強 の 少年 に かつて 少年 だった 二 人 は


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.