image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 10

どう よ

お前 の 元 の 王様 が 負け て 奪わ れ た 石 盤 だ ぜ

別に 俺 に は 関係ない

関係 なか ねぇ よ

J ランカー に なった からに は

お前 も この ゲーム の プレイヤー かつ 運営 の 一 人 に なる ん だ から な

あっ でも 調子 に 乗る な よ

俺 の 最 速 ランク アップ 記録 を 抜 い て

短 時間 で J ランカー に 上がった から って

ああ なん だ

スコア 塗り替え られ て ふてくされ て ん の か

めん どくさい ガキ だ な

なん だ と

お前 が その 早 さ で ここ まで 来 れ た の は

平坂 使った から だ ろ

俺 は そういう 人 を 頼る よう な プレイ は 嫌い な ん だ よ

誰 が 人 を 頼った

けど 道具 なら 使う さ

もともと 暗 器 使い な ん で

なあ 1 回 俺 と 対戦 し ねぇ

お互い が 持って る ポイント 1 万 ずつ 賭け て さ

ハンデ は たっぷり 付け て やる よ

めん どくさ

殺し や し ねぇ よ 仲間 だ もん な

こら 何 やって る の よ お バカ さん たち

早速 ケンカ し てる ん じゃ ない の

内輪もめ は 美しく ない わ よ

ナーイ

なんで 俺 まで 殴ら れ た ん だ よ

く っそ 紫 の バカ 力 が

別に 仲間内 の バトル は 禁止 じゃ ない けど

今 は 大事 な と き な ん だ から

もう ちょっと 自覚 を 持って ほしい の よ ね

もう すぐ 石 盤 は 開花 する

こう なって しまえ ば 早い もの だ わ

流 が 作る ニュー ステージ が 始ま ん だ ろ

準備 は 出来 てる さ

スクナ ちゃん は やっぱり 子供 ねぇ

けど あの 子 強い わ よ

洗練 さ れ た 美し さ から は まだ 程遠い けど

パワー なら 私 と 互角 か それ 以上 よ

また 対戦 申し込ま れ て も 断る こと ね

王 が 2 人 に クランズマン が 2 人 と 鳥 1 羽

けど 誰 も どっち の 王 に も 対等 な 口 を 利く

妙 な とこ です ね

そう

これ から は そういう 時代 が 来る わ よ

一人一人 が 力 を 持って

誰 に 管理 さ れる こと も なく

自分 の 力 と 責任 で 生き て いく 時代 が ね

あなた に は 合って いる と 思う けど

これ しか ない … か

どういう こと です か

室長 を 罷免 する と は

言葉 どおり の 意味 だ よ

宗像 君 は クリスマス に 御 柱 タワー で 起き た 事件 の 責任 を 取って

昨日 付け を もって 室長 職 を 辞し て もらった

つまり クビ だ

総理 なん の 権限 が あって あなた が そんな こと を

権限 なら ある

セプター 4 の 持つ 執行 権 は

法務 局 の 一部 署 戸籍 課 第 四 分室 に 与え られ た もの だ

君 たち は あくまで 公務 員 な の だ よ

国 から の 達し に は 従う 義務 が ある

ですが

君 たち が 今 まで 偉 そう な 顔 を し て い られ た の は

御前 國常 路 大 覚 氏 の ご 威光 が あった から だ

宗像 君 は 身の程 知ら ず に も

御前 に 成り 代わる 気 で い た よう だ が

その 結果 どう だった ね

御前 が 70 年 近く 守り 続け て い た 秘 宝 が

宗像 君 の 管理 下 に 置か れる やいなや

たった 2 か月 で 奪わ れ た

資質 が ない と 言わ ざる を え ない だ ろ う

室長 解任 の 件 は 宗像 君 も 了承 済み の こと だ

そんな

ほか の 隊員 は 追って 沙汰 が ある まで 待機

これ は その 命令 書 だ

こんな 紙切れ で

紙切れ は 重要 だ よ

私 は 形式 を 重んじる ので ね

くそ っ 室長 が クビ と か どういう こと だ よ

当 の 室長 は 姿 見せ ない し

落ち着け 道明 寺

今 まで 国 が こんなに 干渉 し て くる こと など なかった のに

政府 の 上 が 緑 と 通じ て いる らしい と いう の が 関係 し て いる の か

伏見 さん が 緑 に 付い た こと と いい

信じ たく ない 事態 ばかり が こう も 次々 と

何 考え て ん だ よ 室長 と いい 伏見 さん と いい

明日 こそ 映画 見 に 行 こ う よ

それとも なんか ほか の こと する

あっ アンナ

よかった 帰った か

アンナ どこ 行って た ん だ よ

ヤシロ たち に 会い に 行って た

言って くれりゃ 送って っ た のに

今 いろいろ 物騒 だ ろ

ごめん

ところで アンナ

宗像 はん えらい こと に なった みたい や な

うん

王 が 国 から クビ を 言い渡さ れる こと が ある と は な

突然 の こと で セプター 4 内 部 は 相当 動揺 し とる よう や

隊員 たち も 待機 を 言い渡さ れ て 屯所 から 出 られ へん よ う やし

大丈夫 かい な 世 理 ちゃん

俺 と 世 理 ちゃん が 潜り込 ん だ JUNGLE 主催 の パーティー に

政府 関係 者 らしき 人間 たち も かなり の 数 おった

政府 は 青 より 緑 を 選 ん だ っ ちゅう こと やろ な

このまま や と 世界 が 緑 に 染まる で

だから なん す か ね

八田 ちゃん ?

だから 猿 比 古 の ヤツ は 沈み そう な 船 を 見限って

また 裏切って

今度 は 緑 に 寝返った ん す か ね

ミサキ

俺 また 見回り 行って き ます

アンナ シロ さん の 方 は どう やった

アンナ

ヤシロ の 研究 が 完成 し た

じゃあ

うん

石 盤 を 破壊 する

そう か シロ さん は ついに その 方法 を 見つけ はった ん や な

ヤシロ は 決め た

ヤシロ の 夢 の 形 だった 石 盤 を 壊す こと を

アンナ も え え ん や な

石 盤 は 私 から たくさん の もの を 奪った けれど

それ でも 私 は この 赤 が 好き

この 赤 に 救わ れ た

アンナ

でも それ を 失って も いい

私 は ずっと 運命 を 見る こと しか でき なかった

でも 今 は 違う

赤 の 王 の 宿命 が 破壊 なら

私 は 大事 な 人 たち を 傷つける 運命 を 破壊 する

分かった

ドイツ で あの 書類 を 見つけ た とき から

この とき を 待 っと っ た の かも しれ ん

うん あと は

レイシ

どうも

突然 呼び出し て なんの 用 でしょ う 赤 の 王

話 が し たかった の

私 たち は 石 盤 を 破壊 し ます

そう です か

確かに それ は 現状 を 打開 する ため に 取り うる 選択肢 の 一 つ です

喫煙 者 やった ん か

ごく まれ に しか 吸い ませ ん が

あなた 方 に とって は

石 盤 は 周防 尊 の 敵 の よう な もの で も あり ます ね

せ や な

けど そんな 単純 な もの と も 違う

石 盤 は あいつ を 生かし 死な せ た

いろんな もん を 与え もし たし 奪い も し た

石 盤 ぶ っ 壊し て 留飲 下げよ う いう 気 は ない

ただ あれ は もう 破壊 す べき もん や と 俺 も 思う

石 盤 が 危険 な もの で ある と いう 点 に つい て は 同意 し ます

ですが 今 の この 国 の 発展 は

亡き 黄金 の 王 國常 路 大 覚 が あって こ そのもの

言い換え れ ば 石 盤 システム は この 国 に 深く 根 を 下ろし て いる

失う わけ に は いか ない の です よ

そんな こと 言う とる 場合 と ちゃ う ん や ない の か

比 水 は 石 盤 の 力 を 解放 し て

全 人類 に 異 能 を 与えよ う と し とる

そんな こと に なったら

ええ それ は なんと し て でも 阻止 し なけ れ ば なり ませ ん

ですが 緑 の 王 が 変革 を 望み

赤 の 王 が 破壊 を 決意 する なら ば

青 の 王 で ある 私 は 秩序 を 目指す

石 盤 は 秩序 の 下 適切 に 行使 さ れる べき です

今 の あんた に それ が できる と は 思え ん けど な

アンナ は あんた の こと も 心配 し とる

あなた の 剣 もう 危ない

無理 を し たら 堕 ち て しまう

笑う とこ やった か

いえ 失礼

いつか と 立場 が 逆だ と 思ったら

少々 おかしく なって しまい まし た

私 も 同じ ように 赤 の 王 を いさめ た こと が あり まし た

徒労 に 終わり まし た が

レイシ

なん でしょ う

あなた は ミコト と は 違う

止まり なさい 赤 の 王

この 案件 は セプター 4 の 管轄 です

知ら ねぇ な

そちら さん が さっき そこ で 確保 し た スト レイン

うち の 縄張り で やら かし て くれ た 連中 で な

ち っと ばかり 聞き たい こと も ある んで

譲って もらえ へん か なぁ

室長

当然 「 はい そうです か 」 と いう わけ に は いき ませ ん ね

いつも ながら 迷惑 な 連中 です

燃やせ

No blood No bone No ash

剣 を もって 剣 を 制す

我ら が 大義 に 曇り なし

総員 抜 刀

秋山 抜 刀

弁 財 抜 刀

加茂 抜 刀

道明 寺 抜 刀

榎本 抜 刀

布施 抜 刀

五島 抜 刀

日高 抜 刀

伏見 抜 刀

淡 島 抜 刀

宗像 抜 刀

十 束

はい よ

行 こ う アンナ

ミコト

あなた の 無軌道 な 力 の 行使 度 し 難い

御 託 は いら ねぇ

ならば 力 で ねじ伏せ ま しょ う

受け て み なさい 周防 尊

草薙 出雲 引け

ごめん な 世 理 ちゃん そういう わけ に も いか ん の や

ん な もん じゃ ねぇ だ ろ

さすが です ね

しかし

ミコト

平気 平気

あれ は 王様 同士 の こんにち は み たい な もの だって

タタラ 適当

ごめん

けど 心配 し なく て いい と 思う よ

キング と 宗像 さん は

きっと ああ やって 力 を ぶつけ合う こと で

言葉 を 交わし て いる ん だ よ

まったく つくづく 不愉快 な 男 です

青 の 王 に なって 以来 何度 あなた に 邪魔 を さ れ た こと か

こっち の セリフ だ な

我々 王 の 力 は

この よう な 無駄 な 使い 方 を する もの で は あり ませ ん

ん な こと 誰 が 決め た

決める 決め ない と いう 問題 で は ない でしょ う

力 を 持つ 者 は その 力 に 責任 を 負う べき だ と いう 話 です

その 割 に はて め ぇ も 案外 楽し そう じゃ ねぇ か

ご 冗談 を

秩序 なき 力 の 行使

終着 点 なき 疾走

再生 なき 破壊

炎 の 王 と いう の は 確かに あなた に お 似合い だ

意味 も なく 燃え 焼け落ちる

実に …

胸 くそ 悪い

そう それ です

そい つ は 気 が 合う な

て め ぇ も 秩序 の 王 は お 似合い だ よ

し ち めん どく せ ぇ 御 託 を 並べ て

いちいち 他人 に 干渉 する

まったく …

胸 くそ が 悪い

ああ それ だ

毎度 毎度 お 行儀 よく て 窮屈 じゃ ねぇ の か

もちろん 私 は あなた と は 違い ます

だ ろ う な

ミコト と は 違う

私 が いさめ られる 側 に なる と は かつて は 思って い ませ ん でし た ね

あんなに も あいつ の 道 を 愚か だ と 思って い た のに

レイシ

どちら に せよ もはや 三 王 同盟 は 無効 です

どういう 意味 や

私 は 政府 から の 通達 に より

昨日 付け で 室長 職 を 罷免 さ れ まし た

今後 は クラン を 率いる 長 と して

あなた たち と 協力 する こと は でき ませ ん

室長 や なくなって も あんた は まだ 青 の 王 やろ

今 途方 に 暮れ とる 青 服 の 連中 は

あんた の クランズマン は どう する ん や

レイシ

この 方法 で 石 盤 を 破壊 する

そんな こと が 本当 に 可能 な の か

今 まで 石 盤 の 破壊 は 不可能 だ と 思わ れ て い た

だからこそ これ は 緑 の 王 で さえ 予想 だ に し て い ない はず の

起死 回生 の 一 手 と なる

だが その よう な やり 方 危険 で は ない の か

そこ は 研究 者 と して の 僕 を 信じ て もらう しか ない な

はい は いはい

我が 輩 は シロ を 信じる

ありがとう ネコ

よし よし

俺 も 信じ てる

信じ て いる と も

お前 は 俺 たち と 一緒 に やる べき こと を やり

俺 たち と 一緒 に 帰る ん だ

うん 大丈夫

ちゃんと 自分 が 生き て 帰る こと まで 含め て の 計画 だ

そう だ

二 人 に 渡し たい もの が あった ん だ

はい これ

なに これ

ほら 僕たち って クラン の 名前 と か クラン の 印 と か なかった じゃ ない

ちょっと ほか の クラン が 羨ま し い なって 思って て

なるほど

これ が 俺 たち の クラン の 印 と いう わけ か

せっかく だ から

ピカピカ だ きれい

クラン の 名前 も 付け たい ん だ けど

クロ 付け て くれ ない

俺 が か

うん すてき な の を 一 つ 頼む よ

分かった

そう だ な

俺 たち に ふさわしい もの と いう と

白米

よし 決まった

俺 たち の クラン の 名 は

名 は

名 は

白米 党 だ

うむ

白米 は 食 の 中心 で あり

健康 な 体 を 作る ため の 基本 だ

そして お前 の 好物 だ

そう だ ろ う

あ ああ

白米 党

幸せ は 白い お 米 に 詰まって る

確かに ちゃぶ台 を 囲む 僕たち に は

ぴったり な の かも しれ ない ね

よし 僕ら 白米 党 力 を 合わせて 頑張 ろ う

うん 頑張る

比 水流 は ネコ の こと を 雨 乃 雅 日 と 呼 ん だ

彼 は ネコ が ネコ に なる 前 の こと を 調べ て 知って いる ん だ ろ う

その こと を 問いただせ ば

シロ 我 が 輩 は ネコ で ある シロ の ネコ で ある

そ … そ っ か そう だ ね ごめん

ネコ も 俺 も 今 お前 の 仲間 と して ここ に いる

それ が 全て だ

今度 は 最後 まで ついていく から な

足手まとい に は なら ない

我が 輩 も

うん みんな で 行 こ う

その ため に まずは JUNGLE の 本拠 地 の 場所 を 見つけ ない と

シロ

どう し た シロ

シロ 大丈夫 シロ

アンナ どな い し た

石 … 石 盤 … が

とうとう 来 や がった か

はい 来 まし た 石 盤 が 解き放た れ ます

自由 に なり ます

ついに 変革 です

始まって しまい まし た か

ですが 捜す 手間 は 省け まし た

どこまでも つか は 分かり ませ ん が

限界 まで 走って みる と し ま しょ う

らしく ねぇ な 宗像

まったく だ よ

石 盤 は 目覚め 世界 は 改変 さ れ

王 たち は 柱 の もと に 集う

次回 K RETURN OF KINGS

第 十 一 話 KALI - YUGA

あなた たち の 好き に は させ ない



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

どう よ

お前 の 元 の 王様 が 負け て 奪わ れ た 石 盤 だ ぜ

別に 俺 に は 関係ない

関係 なか ねぇ よ

J ランカー に なった からに は

お前 も この ゲーム の プレイヤー かつ 運営 の 一 人 に なる ん だ から な

あっ でも 調子 に 乗る な よ

俺 の 最 速 ランク アップ 記録 を 抜 い て

短 時間 で J ランカー に 上がった から って

ああ なん だ

スコア 塗り替え られ て ふてくされ て ん の か

めん どくさい ガキ だ な

なん だ と

お前 が その 早 さ で ここ まで 来 れ た の は

平坂 使った から だ ろ

俺 は そういう 人 を 頼る よう な プレイ は 嫌い な ん だ よ

誰 が 人 を 頼った

けど 道具 なら 使う さ

もともと 暗 器 使い な ん で

なあ 1 回 俺 と 対戦 し ねぇ

お互い が 持って る ポイント 1 万 ずつ 賭け て さ

ハンデ は たっぷり 付け て やる よ

めん どくさ

殺し や し ねぇ よ 仲間 だ もん な

こら 何 やって る の よ お バカ さん たち

早速 ケンカ し てる ん じゃ ない の

内輪もめ は 美しく ない わ よ

ナーイ

なんで 俺 まで 殴ら れ た ん だ よ

く っそ 紫 の バカ 力 が

別に 仲間内 の バトル は 禁止 じゃ ない けど

今 は 大事 な と き な ん だ から

もう ちょっと 自覚 を 持って ほしい の よ ね

もう すぐ 石 盤 は 開花 する

こう なって しまえ ば 早い もの だ わ

流 が 作る ニュー ステージ が 始ま ん だ ろ

準備 は 出来 てる さ

スクナ ちゃん は やっぱり 子供 ねぇ

けど あの 子 強い わ よ

洗練 さ れ た 美し さ から は まだ 程遠い けど

パワー なら 私 と 互角 か それ 以上 よ

また 対戦 申し込ま れ て も 断る こと ね

王 が 2 人 に クランズマン が 2 人 と 鳥 1 羽

けど 誰 も どっち の 王 に も 対等 な 口 を 利く

妙 な とこ です ね

そう

これ から は そういう 時代 が 来る わ よ

一人一人 が 力 を 持って

誰 に 管理 さ れる こと も なく

自分 の 力 と 責任 で 生き て いく 時代 が ね

あなた に は 合って いる と 思う けど

これ しか ない … か

どういう こと です か

室長 を 罷免 する と は

言葉 どおり の 意味 だ よ

宗像 君 は クリスマス に 御 柱 タワー で 起き た 事件 の 責任 を 取って

昨日 付け を もって 室長 職 を 辞し て もらった

つまり クビ だ

総理 なん の 権限 が あって あなた が そんな こと を

権限 なら ある

セプター 4 の 持つ 執行 権 は

法務 局 の 一部 署 戸籍 課 第 四 分室 に 与え られ た もの だ

君 たち は あくまで 公務 員 な の だ よ

国 から の 達し に は 従う 義務 が ある

ですが

君 たち が 今 まで 偉 そう な 顔 を し て い られ た の は

御前 國常 路 大 覚 氏 の ご 威光 が あった から だ

宗像 君 は 身の程 知ら ず に も

御前 に 成り 代わる 気 で い た よう だ が

その 結果 どう だった ね

御前 が 70 年 近く 守り 続け て い た 秘 宝 が

宗像 君 の 管理 下 に 置か れる やいなや

たった 2 か月 で 奪わ れ た

資質 が ない と 言わ ざる を え ない だ ろ う

室長 解任 の 件 は 宗像 君 も 了承 済み の こと だ

そんな

ほか の 隊員 は 追って 沙汰 が ある まで 待機

これ は その 命令 書 だ

こんな 紙切れ で

紙切れ は 重要 だ よ

私 は 形式 を 重んじる ので ね

くそ っ 室長 が クビ と か どういう こと だ よ

当 の 室長 は 姿 見せ ない し

落ち着け 道明 寺

今 まで 国 が こんなに 干渉 し て くる こと など なかった のに

政府 の 上 が 緑 と 通じ て いる らしい と いう の が 関係 し て いる の か

伏見 さん が 緑 に 付い た こと と いい

信じ たく ない 事態 ばかり が こう も 次々 と

何 考え て ん だ よ 室長 と いい 伏見 さん と いい

明日 こそ 映画 見 に 行 こ う よ

それとも なんか ほか の こと する

あっ アンナ

よかった 帰った か

アンナ どこ 行って た ん だ よ

ヤシロ たち に 会い に 行って た

言って くれりゃ 送って っ た のに

今 いろいろ 物騒 だ ろ

ごめん

ところで アンナ

宗像 はん えらい こと に なった みたい や な

うん

王 が 国 から クビ を 言い渡さ れる こと が ある と は な

突然 の こと で セプター 4 内 部 は 相当 動揺 し とる よう や

隊員 たち も 待機 を 言い渡さ れ て 屯所 から 出 られ へん よ う やし

大丈夫 かい な 世 理 ちゃん

俺 と 世 理 ちゃん が 潜り込 ん だ JUNGLE 主催 の パーティー に

政府 関係 者 らしき 人間 たち も かなり の 数 おった

政府 は 青 より 緑 を 選 ん だ っ ちゅう こと やろ な

このまま や と 世界 が 緑 に 染まる で

だから なん す か ね

八田 ちゃん ?

だから 猿 比 古 の ヤツ は 沈み そう な 船 を 見限って

また 裏切って

今度 は 緑 に 寝返った ん す か ね

ミサキ

俺 また 見回り 行って き ます

アンナ シロ さん の 方 は どう やった

アンナ

ヤシロ の 研究 が 完成 し た

じゃあ

うん

石 盤 を 破壊 する

そう か シロ さん は ついに その 方法 を 見つけ はった ん や な

ヤシロ は 決め た

ヤシロ の 夢 の 形 だった 石 盤 を 壊す こと を

アンナ も え え ん や な

石 盤 は 私 から たくさん の もの を 奪った けれど

それ でも 私 は この 赤 が 好き

この 赤 に 救わ れ た

アンナ

でも それ を 失って も いい

私 は ずっと 運命 を 見る こと しか でき なかった

でも 今 は 違う

赤 の 王 の 宿命 が 破壊 なら

私 は 大事 な 人 たち を 傷つける 運命 を 破壊 する

分かった

ドイツ で あの 書類 を 見つけ た とき から

この とき を 待 っと っ た の かも しれ ん

うん あと は

レイシ

どうも

突然 呼び出し て なんの 用 でしょ う 赤 の 王

話 が し たかった の

私 たち は 石 盤 を 破壊 し ます

そう です か

確かに それ は 現状 を 打開 する ため に 取り うる 選択肢 の 一 つ です

喫煙 者 やった ん か

ごく まれ に しか 吸い ませ ん が

あなた 方 に とって は

石 盤 は 周防 尊 の 敵 の よう な もの で も あり ます ね

せ や な

けど そんな 単純 な もの と も 違う

石 盤 は あいつ を 生かし 死な せ た

いろんな もん を 与え もし たし 奪い も し た

石 盤 ぶ っ 壊し て 留飲 下げよ う いう 気 は ない

ただ あれ は もう 破壊 す べき もん や と 俺 も 思う

石 盤 が 危険 な もの で ある と いう 点 に つい て は 同意 し ます

ですが 今 の この 国 の 発展 は

亡き 黄金 の 王 國常 路 大 覚 が あって こ そのもの

言い換え れ ば 石 盤 システム は この 国 に 深く 根 を 下ろし て いる

失う わけ に は いか ない の です よ

そんな こと 言う とる 場合 と ちゃ う ん や ない の か

比 水 は 石 盤 の 力 を 解放 し て

全 人類 に 異 能 を 与えよ う と し とる

そんな こと に なったら

ええ それ は なんと し て でも 阻止 し なけ れ ば なり ませ ん

ですが 緑 の 王 が 変革 を 望み

赤 の 王 が 破壊 を 決意 する なら ば

青 の 王 で ある 私 は 秩序 を 目指す

石 盤 は 秩序 の 下 適切 に 行使 さ れる べき です

今 の あんた に それ が できる と は 思え ん けど な

アンナ は あんた の こと も 心配 し とる

あなた の 剣 もう 危ない

無理 を し たら 堕 ち て しまう

笑う とこ やった か

いえ 失礼

いつか と 立場 が 逆だ と 思ったら

少々 おかしく なって しまい まし た

私 も 同じ ように 赤 の 王 を いさめ た こと が あり まし た

徒労 に 終わり まし た が

レイシ

なん でしょ う

あなた は ミコト と は 違う

止まり なさい 赤 の 王

この 案件 は セプター 4 の 管轄 です

知ら ねぇ な

そちら さん が さっき そこ で 確保 し た スト レイン

うち の 縄張り で やら かし て くれ た 連中 で な

ち っと ばかり 聞き たい こと も ある んで

譲って もらえ へん か なぁ

室長

当然 「 はい そうです か 」 と いう わけ に は いき ませ ん ね

いつも ながら 迷惑 な 連中 です

燃やせ

No blood No bone No ash

剣 を もって 剣 を 制す

我ら が 大義 に 曇り なし

総員 抜 刀

秋山 抜 刀

弁 財 抜 刀

加茂 抜 刀

道明 寺 抜 刀

榎本 抜 刀

布施 抜 刀

五島 抜 刀

日高 抜 刀

伏見 抜 刀

淡 島 抜 刀

宗像 抜 刀

十 束

はい よ

行 こ う アンナ

ミコト

あなた の 無軌道 な 力 の 行使 度 し 難い

御 託 は いら ねぇ

ならば 力 で ねじ伏せ ま しょ う

受け て み なさい 周防 尊

草薙 出雲 引け

ごめん な 世 理 ちゃん そういう わけ に も いか ん の や

ん な もん じゃ ねぇ だ ろ

さすが です ね

しかし

ミコト

平気 平気

あれ は 王様 同士 の こんにち は み たい な もの だって

タタラ 適当

ごめん

けど 心配 し なく て いい と 思う よ

キング と 宗像 さん は

きっと ああ やって 力 を ぶつけ合う こと で

言葉 を 交わし て いる ん だ よ

まったく つくづく 不愉快 な 男 です

青 の 王 に なって 以来 何度 あなた に 邪魔 を さ れ た こと か

こっち の セリフ だ な

我々 王 の 力 は

この よう な 無駄 な 使い 方 を する もの で は あり ませ ん

ん な こと 誰 が 決め た

決める 決め ない と いう 問題 で は ない でしょ う

力 を 持つ 者 は その 力 に 責任 を 負う べき だ と いう 話 です

その 割 に はて め ぇ も 案外 楽し そう じゃ ねぇ か

ご 冗談 を

秩序 なき 力 の 行使

終着 点 なき 疾走

再生 なき 破壊

炎 の 王 と いう の は 確かに あなた に お 似合い だ

意味 も なく 燃え 焼け落ちる

実に …

胸 くそ 悪い

そう それ です

そい つ は 気 が 合う な

て め ぇ も 秩序 の 王 は お 似合い だ よ

し ち めん どく せ ぇ 御 託 を 並べ て

いちいち 他人 に 干渉 する

まったく …

胸 くそ が 悪い

ああ それ だ

毎度 毎度 お 行儀 よく て 窮屈 じゃ ねぇ の か

もちろん 私 は あなた と は 違い ます

だ ろ う な

ミコト と は 違う

私 が いさめ られる 側 に なる と は かつて は 思って い ませ ん でし た ね

あんなに も あいつ の 道 を 愚か だ と 思って い た のに

レイシ

どちら に せよ もはや 三 王 同盟 は 無効 です

どういう 意味 や

私 は 政府 から の 通達 に より

昨日 付け で 室長 職 を 罷免 さ れ まし た

今後 は クラン を 率いる 長 と して

あなた たち と 協力 する こと は でき ませ ん

室長 や なくなって も あんた は まだ 青 の 王 やろ

今 途方 に 暮れ とる 青 服 の 連中 は

あんた の クランズマン は どう する ん や

レイシ

この 方法 で 石 盤 を 破壊 する

そんな こと が 本当 に 可能 な の か

今 まで 石 盤 の 破壊 は 不可能 だ と 思わ れ て い た

だからこそ これ は 緑 の 王 で さえ 予想 だ に し て い ない はず の

起死 回生 の 一 手 と なる

だが その よう な やり 方 危険 で は ない の か

そこ は 研究 者 と して の 僕 を 信じ て もらう しか ない な

はい は いはい

我が 輩 は シロ を 信じる

ありがとう ネコ

よし よし

俺 も 信じ てる

信じ て いる と も

お前 は 俺 たち と 一緒 に やる べき こと を やり

俺 たち と 一緒 に 帰る ん だ

うん 大丈夫

ちゃんと 自分 が 生き て 帰る こと まで 含め て の 計画 だ

そう だ

二 人 に 渡し たい もの が あった ん だ

はい これ

なに これ

ほら 僕たち って クラン の 名前 と か クラン の 印 と か なかった じゃ ない

ちょっと ほか の クラン が 羨ま し い なって 思って て

なるほど

これ が 俺 たち の クラン の 印 と いう わけ か

せっかく だ から

ピカピカ だ きれい

クラン の 名前 も 付け たい ん だ けど

クロ 付け て くれ ない

俺 が か

うん すてき な の を 一 つ 頼む よ

分かった

そう だ な

俺 たち に ふさわしい もの と いう と

白米

よし 決まった

俺 たち の クラン の 名 は

名 は

名 は

白米 党 だ

うむ

白米 は 食 の 中心 で あり

健康 な 体 を 作る ため の 基本 だ

そして お前 の 好物 だ

そう だ ろ う

あ ああ

白米 党

幸せ は 白い お 米 に 詰まって る

確かに ちゃぶ台 を 囲む 僕たち に は

ぴったり な の かも しれ ない ね

よし 僕ら 白米 党 力 を 合わせて 頑張 ろ う

うん 頑張る

比 水流 は ネコ の こと を 雨 乃 雅 日 と 呼 ん だ

彼 は ネコ が ネコ に なる 前 の こと を 調べ て 知って いる ん だ ろ う

その こと を 問いただせ ば

シロ 我 が 輩 は ネコ で ある シロ の ネコ で ある

そ … そ っ か そう だ ね ごめん

ネコ も 俺 も 今 お前 の 仲間 と して ここ に いる

それ が 全て だ

今度 は 最後 まで ついていく から な

足手まとい に は なら ない

我が 輩 も

うん みんな で 行 こ う

その ため に まずは JUNGLE の 本拠 地 の 場所 を 見つけ ない と

シロ

どう し た シロ

シロ 大丈夫 シロ

アンナ どな い し た

石 … 石 盤 … が

とうとう 来 や がった か

はい 来 まし た 石 盤 が 解き放た れ ます

自由 に なり ます

ついに 変革 です

始まって しまい まし た か

ですが 捜す 手間 は 省け まし た

どこまでも つか は 分かり ませ ん が

限界 まで 走って みる と し ま しょ う

らしく ねぇ な 宗像

まったく だ よ

石 盤 は 目覚め 世界 は 改変 さ れ

王 たち は 柱 の もと に 集う

次回 K RETURN OF KINGS

第 十 一 話 KALI - YUGA

あなた たち の 好き に は させ ない


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.