image

JIN-仁- 完结编, JIN-仁- 完结编 #08

( 勝 ) あいつ は   アレ を 仕掛けよう と して る の かも しん ねえ な

( 仁 ) 大政 …  奉還 てこ と です か !?

いつ だ …  それ は   いつ 頃 ?

分かる 奴 が いん なら おい ら も 聞いて み たい よ

( 後藤 ) 武力 討 幕 が 始まる より 先 に

幕府 が 政 を 朝廷 に 返して しまう

( 龍 馬 ) 天子 様 じゃ ち   薩長 じゃ ち 政権 を 手放した もん を

まさか   武力 討伐 する こと は でき ん が じゃ ろう

それ は えい !  ほ いたら 土佐 は 時代 の 舵 を 握れる が じゃ

けん ど 薩長 は   このような 策 を 許さ ん き

そんな もん は   お まん

ばれ ん か ったら   それ で えいが じゃ

( 橘 ) 仁 友 堂 と 坂本 は

いまや   全く 交わり を 断って いる もの と 思わ れ ます

( 上役 ) で は 引き続き   調べ を 続けよ

はい

お 許し を

〈 龍 馬 さん の 暗殺 は   大政 奉還 から 明治 に なる まで の 間 の 〉

〈 寒い 時期 だった イメージ が ある 〉

〈 大政 奉還 は 今年  1867 年 〉

〈 と いう こと は 来年 の どこ か で   明治 〉

〈 と いう こと は 暗殺 は   今年 の 終わり 頃 か 〉

〈 来年 の 頭 頃 の はず 〉

《( 未来 ) 坂本 龍 馬 と 同じです ね 》

《 龍 馬 が 死んだ 日 も   確か …》

確か …  何 てった っけ なあ

( 咲 ) やはり   燃やさ れる のです か ?

勝 先生 に そうした ほう が いい って 言わ れて

坂本 様 に も

事 の 次第 を   お 知らせ した ほう が よい かも しれ ませ ん ね

これ は   すごい ぜ よ   先生

出る な よ

いける か ?

「 土 の 龍   道 に 果て つる   寒き 京 」

「 ご 注意 を 」

届いて くれよ

出かける んです か ? ( 福田 ) 咲 さ んに 産婆 の 紹介 を

野 風 さん が   いらっしゃる まで に できる だけ の こと を 覚えよう か と

よろしく お 願い し ます

〈 今 は 他 に 動く こと が でき なかった 〉

〈 十 月 に   野 風 さん の 出産 が 控えて いる 状態 で 〉

〈 どこ に いる か 分から ない 龍 馬 さん を 捜し に 出る の は 〉

〈 あまりに も リスキー だった 〉

〈 来るべき 時 に 備えて 〉

〈 できる だけ の こと を して おく こと が 〉

〈 龍 馬 さん に 対して 今 の 俺 に できる 〉

〈 最大 限 の こと だった 〉

( 横 松 ) しか し   恐ろし げ な 名 です な 呪い の シート と は

ノイロシート です

( 佐分利 ) しか し   この 鈍い シート 便利 で ん なあ

また 何で   ノロイ … ノイロシート です

( 八木 ) 先生   久留米 の 田中 久 重 様 から   お 届け 物 が

田中 さん から ?

( 山田 ) お ~ ッ

これ は   夜 の 手術 が 助かり まん な

( 田中 )「 お 使い いただければ ありがたき 幸せに 存じ ます 」

「 ところで   ご 友人 と は   その後 いか が なされた でしょう か ?」

ご 心配 なら   もう 一 度   文 を お 出し に なら れて みて は ?

手紙 が 届か ない の も 歴史 の 修正 力 の 気 が する んです

箱 に 触れて も よろし う ございます か ?

はい

写真 なる もの は 消えた まま で ございます ね

はい

やはり   私 に は

先生 の   ご存じ だった 未来 さん は

野 風 さん と   ご 家 門 の 大 殿様 と の 間 の 子孫 であった から

消えて しまった のだ と 思わ れ ます

だ と すれば   すでに 先生 は

歴史 を 変えて おら れる ので は ない でしょう か

薬 や 医療 の こと など は もちろん です が

生き 死に に   かかわる こと でも

歴史 の 修正 力 が 働か ぬ こと も ある ので は ない でしょう か

それ は   そう かも しれ ませ ん けど

でも です よ

少し 変えて しまった が ゆえ に

もっと 悪く なる こと って ない んでしょう か

たとえば   野 風 さん の 血筋 が 絶た れて しまったり と か

なれ ど   修正 力 が   どう 働こう が

先生 の 望み は 変わら ぬ ので は ございませ ぬ か ?

〈 俺 の 望む 未来 は …〉

( 野 風 ) 何 ゆえ   子 の 名 を 教えて くださら ぬ ので ?

おかしな 父上 で ご ざん す なあ

〈 野 風 さん が 子供 を 産み 〉

〈 未来 が 生まれ 変われる こと 〉

生まれ変わら れ た方 と   先生 は

出会わ ねば なり ませ ん

〈 そして 〉

≪( 後藤 ) お ~ い   坂本 !

容堂 公 が   大政 奉還 を 建 白 して くださる そうじゃ !

〈 坂本 龍 馬 が 暗殺 さ れ ない 歴史 を つくる こと 〉

守って くれよ

未来

〈 自ら 望む 未来 を この 手 で   つくり出す だけ だ 〉

〈 歴史 は   変え られ ない と 決まった わけじゃ ない んだ から 〉

もう   じき ぜ よ ~!

先生 ~ ッ

よろしゅう お 願 いしん す

はい

子 は 順調で ございます

母体 の ほう も 異常 は 見受け られ ませ ぬ

出産 は   この 具合 だ と

月 の 終わり ほど に なり そうです ね

岩 も   さほど 進行 して ませ ん し うまく いき そうです よ

私 を   奥 医師 に です か ?

( 良 順 ) 上 様 から 是非   南方 先生 を と

ご 指名 が ございまして

上 様 に は   捕らえ られた 折 に

ご 一筆 を いただいた ご恩 も ございましょう

それ は   そう です けど

率直に 申し上げ ます と その 恩 を 忘れ

反旗 を 翻して る   ご 友人 も おら れる ようで

この 時世   いか な 疑い を 受ける か 分かり ませ ぬ

江戸 で 仁 友 堂 が 苦境 に 置か れ ぬ ため に も

お 考え いただけ ませ ぬ か

はい

( 三隅 ) 南方 先生 で は ございませ ぬ か

あ ッ   えっ と …

野 風 花魁 の お 調べ に

ご 一緒 し ました   三隅 で ございます

あ ッ …

あの 三隅 先生 も   最近 は 医学 所 に ?

私 も   今では 奥 医師 に 取り立て られ まして な

そう な んです か

すべて 南方 先生 の お陰 で ございます よ

え ッ ?

あの 折 の 見立て 違い を   大殿 に きつく 戒め られた から こそ

初心 に 帰り 医 の 道 に 励む こと が でき ました

これ から も   ご 指南 いただければ

はい

あ ッ   じゃあ

もう じき   すべて を 失い ます よ →

南方 先生

何 か   ございました か ?

何 か …

( ため息 )

仁 友 堂 の 立場 か …

≪( 福田 ) ゆっくり   そうです →

もう 少し 丁寧に   はい   やさしく

そう です   そうです

何 を やって る んです か ?

子 が 逆 子 に なって しまい 向き を 戻す 整 胎 術 を 施して い ます

逆 子   です か !?

こんな 時期 に なって 逆 子 に なる なんて

めったに ない です よ ね

まあ   そう です なあ

戻ら へんか ったら   前言 うて はった

帝王 切開 っ ちゅう 手術 を する んで っか ?

いや   仁 友 堂 に ある 麻酔 は 胎児 に は 強 すぎ ます から

それ は   でき ない んです

では   その 場合 は …

とりあえず 灸 を 試みて み ましょう か

お 灸 です か ?

逆 子 に 効果 が ある と いい ます し まだ 日 が ございます

切羽詰まった 顔 は   よし ましょう

そう です ね

この 子 は 生まれて き たく ない ので お ざ りんしょう か

逆 子 の まま 産む と いう 方法 も ございます よ

そりゃ   まこと で !? 案ずる より 産む が やすし

お産 は 何とか なる もの で ございます

左 様 で

時に 坂本 様 は   どうして おいで で ?

あ ッ 今 は   どこ に いらっしゃる の か …

なかなか のんで くれ ん のう   徳川 は

大丈夫じゃ   最後 は 絶対 に   の むき

その 自信 は   ど っ から くる が じゃ

( 東 ) 坂本 殿 !

お ッ …  お ッ

≪( 大久保 ) 若 年寄 の 永井 玄 蕃 頭 の 屋敷 に →

出入り して いた そう じゃ っど ん

一体   何 を しち ょい やった と な

そりゃ あ   大久保 さん

敵 の 様子 を 探 っち ょっ たが じゃ

ね や ね や !

土佐 は   事もあろうに

大政 奉還 を 建 白 した そう じゃ なか か

土佐 の 十八 番 は 裏切り か !

まあまあ まあ

ち っく と 話 を 聞い とう せ

これ は 壮大な 茶 番 じゃき

茶 番 ?

≪( 龍 馬 ) 考えて も みんか や

戦 で 負けちゃ あ せ ん が やに 政 を 返 せっちゅう 話 を

徳川 二百六十 年 が のむ と 思う かえ ?

陰 で 勅許 を もろう て 武力 で 討 幕 を する っ ちゅう が は

ち っく と 聞こえ も   ような いろう

それ やったら   正面 から 建 白し

それ でも 通 らん が やったら   こりゃ 武力 討 幕 も   しかた ある まい し

そう なる が じゃ ろう

どうせ   断る が じゃ

ほ いたら   じきに 挙 兵 したら えい !

( 西郷 ) そげ なお 考え やったら ない ごて   おい 達 に

話 を して くれ ん かった と で ご わす か ?

敵 を 欺く に ゃあ まず 味方 から ち 言う じゃ ろう

じゃ っど ん 実は 先ほど   おい 達 は

官軍 に なり も した

勅許 が 下った が かえ ?

坂本 さ あの   お 心遣い は ありがた か どん

兵 を 待た して は   士気 が 落ち もす

こん まま   挙 兵 した かち 思い もす

西郷 さん   ち っく と 考え と ー せ あと 何 日 か 待てば …

薩摩 の こつ は   薩摩 が 決め もす

《 暴力 は 暴力 を 生む だけ な んです !》

助け られた もん は

助け られた 恩 を 感じる

力 で   ねじ伏せ られた もん は

ねじ伏せ られた 恨み を 忘れ ん

戦 は   戦 を 呼ぶ

どっち が   新しい 国 を つくり やすい と 思う が ぜ よ

西郷 さん !

やっ ぱい   そい が 本心 で ご わした か

え ッ   ほ いたら   勅許 っ ちゅう が は

茶 番 で ご わす

ああ …

やっ ぱい   そん つもりじゃ った と か 幕府 の 犬 が !

≪( 薩摩 藩士 ) 坂本 !

みんな が   一生懸命 や っち ょる が は

この 茶わん の 中 の けんか じゃ !

こんな もん は   ほれ

外 から 指 一 本 で   倒さ れて しまい ぜ よ

( 龍 馬 ) 国 中 の 戦 が 長引けば

列強 に   つけこま れ 植民 地 と さ れる が じゃ

討 幕 は   かなって も 属国 に なって は   元 も 子 も ない ろう

頼む き   まこと の 利 は 何たる か

人 は

利 だけ で 生きる わけで は ご わ はん

人 に は   情 ちゅうもん が ご わす

己 の 裏 を かいた 相手 を

信じる こつ は   でき もはん

ねじ伏せ られ ん かった こつ を

ありがた がる ように は できて おり もはん !

わし の 友人 の 南方 仁 は

南方 仁 は 幕府 と 長 州 が 戦う ちゅう が を 見て

どっち が どっち やら 分から ん ち 言う たが じゃ

その 意味 を   も っぺ ん 考えて くれ ん かのう   西郷 さん →

西郷 さん !

これ は …

未来 さん に   お 願い して いらっしゃる のです か ?

その つもり だった んです けど

これ って   未来 的に は

自分 に   つながら ない 祖先 が 生まれる って こと じゃ ないで す か

応援 して くれる ような もん じゃ ない んじゃ …

≪( 野 風 ) 先生   咲 様

始まった ようで ござ りん す

力 を 抜いて ください

逆 子 は   どう なって ?

少し   回り 始めて おり ます

その せい で   お産 が 早まった の か と

陣痛 の 合間 に 回転 さ せ ます

大丈夫です よ   野 風 さん

あい

福田 先生   呼んで き ます

もう 少し   回って ください

楽に 出 られ ます よ

咲 様 は

真っ白であり ん す なあ

あ ちき が 子 を 産めば

先生 の 思い 人 を

もう 一 度   つくる こと に なる や もし れんせん の に

やはり   ご存じ で

力 を 抜いて ください   楽に

野 風 さん

私 の 心 は   真っ黒で ございます よ

いつも いつも つまら ぬ 嫉妬 ばかり で

その 度 に   己 が 嫌に なり ます

野 風 さん に は

いつも   とても かなわ ぬ と

かなわ ぬ ?

野 風 さん は   何も 見返り を 求め ぬ で は ないで す か

私 は   そのような 気持ち に は …

( 足音 )

野 風 さん は ?

この とおり   大丈夫で お ざん す

うまく いって くれよ

おなか に 力 入れて はい   おなか に 力 入れて

もう 少し です よ がんばって ください

≪( 福田 ) はい   力 入れて

≪( 野 風 ) う う ~ ッ ≪( 福田 ) もう 少し です よ

( 中岡 ) 大政 奉還 こそ が 本心 やった と は

わし の こと まで だまし ち ょっ たっちゅう こと か !

お まん も   文句 の 一 つ も 言わ ん か !

こいつ は   お まん の こと も だまし ちょ った ぜ よ

私 は

大政 奉還 は 悪く ない と 思い ます が

ひがし ~

おんし は

徳川 が   これ を 受けん か ったら どう する つもりじゃ ?

土佐 を   徳川 と 心中 さ せる 気 か と 聞 いち ょる が じゃ

徳川 は 絶対 に   のむ !

と   思う

何 を 根拠 に

南方 仁 が

これ が 正しい 道 じゃ ち 言う たから じゃ

は あ ?

( 土佐 の 者 ) 坂本 さん !→

在京 四十 藩 の 重臣 が 二条城 に 招集 さ れた ようです →

大政 奉還 に ついて 評定 が なされる もの か と !

きた ーッ !

こ ッ   これ は

子 が 横向き に なり   そのまま 出て こよう と して しまって

子供 の 片手 だけ が 出て きて しまった ので ございます

え ッ …

ちょっと   いい です か ?

先生 ?

大丈夫です   手 は あり ます

準備 を して き ます ので 福田 先生   手伝って ください

はい

陣痛 が 始まって   すでに 十五 時間

母体 の 衰弱 も 激しい です

そもそも 普通の 体 で は あり ませ ん し

子供 は 諦めて

野 風 さん の 命 だけ でも 助け ましょう

待って ください   野 風 さん は 長く は ない 体 と 知って て

それ でも 産む と 決めた んでしょう

命 を 落として も 産み たい ん と …

他 に 方法 が ない んです !

そんな …

たとえば   麻酔 なし で 帝王 切開 する こと に した と し ます

母体 が   その 途中 で 息 絶えれば

胎児 を 無事に 取り出す こと も でき なく なる 可能 性 も ある んです

どちら か 一 人 でも

確実に 助ける と する なら

それ は   母体 しか ない んです

野 風 さん が 耐え きれる ほう に かけて みる って こと は …

脈 も 呼吸 も 速く なって ます

もう 限界 だ と 思い ます

野 風 さん を 手術 室 に   お 願い し ます

( 苦し そうな 野 風 )

なぜ   こちら に ?

こちら の ほう が 治療 し やすい と いう 話 です

野 風 さん 少し 痛み が 強い ような ので

まず   痛み を 止める 処置 を し ます

子 に 害 の ない 痛み止め は   なか …

ごく 軽い もの な ので   大丈夫です

嘘 が   下手で お ざん す なあ

え ッ ?

腹 を 切って おく ん なん し

このまま 腹 を 裂き

子 を 取り出して おく ん なん し

切る の なら   麻酔 が 必要に なり ます

その 麻酔 は 子供 は 耐える こと が でき ま …

ならば このまま 切って くん な ん し !

≪( 山田 ) 麻酔 を せ ず に 切る など

痛み で 死に ま する ぞ !

あ ちき は

廓 の 中 の   かご の 鳥 で お ざん した

行き たい ところ に も 行け ず

会い たい お方 に も 会え ず

けん ど

この 子 は 違い ん す

野山 を 駆け回る こと も

愛 しき 方 と

肩 を 並べ   歩く こと も

何 だって   でき ん しょう

天 かける

鳥 の ごとく

生きて い けんしょう

どうか   あ ちき の 夢 を 奪わ ないで くん な ん し !

帝王 切開 を いたし ましょう

大丈夫です

女子 は   子 を 守る ため なら

どんな 痛み に も 耐え られ ま する

あ ちき は   死に ん せ ん

この 子 を 抱く まで は

決して   死に ん せ ん

帝王 切開 の 準備 を

よう 飲める のう

こんな とき に

こりゃ あ   願 かけ じゃ

先生   準備 が でき ました

すいません

帝王 切開 は   実は ほとんど   やった こと が ない んです

未来 さん が 必ず   お 守り ください ます

どうして そんな こと が 分かる んです か ?

先生 を   お 慕い して いる から です

未来 さん は たとえ   己 が 消えよう と も

先生 の 幸せ を

願って おら れる はずだ から で ございます

野 風 さん と 同じ ように

まいり ましょう

はい

メス

う ッ …

クーパー は い

覚え ち ょる かえ   先生

初めて 野 風 に 会い に 行った 日 ん こと を →

襖 の 向こう で 野 風 と 酒 を 飲んで 待ち よったら

ゴリゴリ   ゴリゴリ 頭 に 穴 を 開ける 音 が して の う

気づいたら 死 に かけ とった もん が

安らかに 息 を し ちょ った が じゃ

膀胱 と 子宮 下 節 の 間 の 結合 組織 を 切開 し ます

あ ッ !

ほう やき   わし は 信じた ぜ よ

死に かけ ちゅうもん の こと は

先生 が   一 番 よう 知 っ ちゅう

国 も 一緒じゃ

卵 膜 が 露呈 したら

切開 創   両 示 指 を 用いて 鈍 的に 拡大

あ ~ ッ !

野 風 さん   もう 少し です よ

卵 膜 を 破 膜 したら 広く 開けた 切開 創 から

胎児 の 先進 部 へ   手 を 挿入

ああ ~ ッ !

死に かけ ちゅう 国 を 生き返ら せる に は

先生 の 言う こと が 一 番   正しい が じゃ ろうと

信じた ぜ よ

野 風 さん   頭 が 見えて き ました もう すぐです

咲 さ ん   胎児 の 娩出 を

佐分利 先生   娩出 が 終わったら 直ちに   麻酔 を かけ ます

いき ます

( 野 風 ) ああ ~ ッ

もう 少し です   頑張って ください

もう 少し

生まれ ました   野 風 さん

生まれて …

泣か …  ぬ

そんな …

けん ど

これ で   お うちゅう かえ ?

泣き なさい

こん 国 は

これ で 生まれ 変われる が かえ ?

泣いて

泣き なさい !

泣いて

泣け ~!

わし は   また

道 を 間違う たがや ない か え

先生 !

( 産声 )

野 風 さん   かわいらしい 女子 で …

野 風 さん ?

野 風 さん !

先生   子宮 から 出血 が !

DIC

《 お初 ちゃん !》

先生 !

佐分利 先生 出血 点   探して ください

咲 さ ん   輸血 の 準備 を はい !

お 願い し ます は い

どこ だ

どこ から

脈 が 停止 し ました !

佐分利 先生   お 願い し ます

《 それ なら   この 子 を 》

《 抱け ん す なあ 》

子供 を 抱く んじゃ なかった んです か ッ

歩く の を 見る んじゃ なかった んです か ッ

声 を 聞く んじゃ なかった んです か !

《 この 子 を 抱く まで は 決して   死に ん せん 》

絶対 に 死な ない って

そう 言った じゃ ないで す か !

神 は …

神 は   乗り越え られる 試練 しか 与え ない んじゃ ない の か ~ ッ !

≪( 山田 ) 脈   戻って き ました !

出血 点   あり ました !

直ちに   結 紮 止血 して ください ( 佐分利 ) はい

点滴 を 全開 で 投与 して ください ! ≪( 山田 ) はい

≪( 土佐 の 者 ) 坂本 さん !

後藤 様 から です

やった ぜ よ   先生

夜 が   明けた ぜ よ ~!

あなた は ね

私 の 恋 敵 を お つくり に なる 方 な のです よ

私 と した こと が

大変な 方 を 取り上げて しまい ました

あなた に

一 つ だけ お 願い が ある ので ございます よ

どうか

南方 仁 と いう 方 に

傷つく こと が 多い   あの 方 に

誰 より も 幸せな

今度 は   誰 より も 幸せな 未来 を

与えて 差し上げて ください

( いびき )

殺さ れちゃ い ます よ

坂本 さん

もう よい です よ ね

兄 上

安 寿

日本 語 で は  「 幸い 」

フランス 語 で は 「 天 の 使い 」 に ござ りん す か

安 寿

安 寿 さん であり ん す と

あの   何 ゆえ   銀 の 匙 を ?

西洋 で は   子 が 一生   豊かに 暮らせる ように と

誕生 の 祝い に 贈る そう であり ん す

《( 父 ) 今日   死んで しまう なんて この 子   あれ みたいです ね →》

《 ほら   幕末 の …》

《 坂本 龍 馬 と 同じです ね 》

《 龍 馬 が 死んだ 日 も   確か …》

《 誕生日 》

誕生日

誕生日 だ !

≪( 佐分利 ) 先生 !

勝 …

勝   先生 ?

先 の 十五 日 に

大政 奉還 が なった んだ と よ

え ッ !?

あいつ   やり や がった よ

徳川 を   終わら せ や がった

これ が 大政 奉還 の 建 白 の もと と なった →

龍 馬 の 意見 な んだ けど よ

議員 を 置く こと と か 天下 の 人材 を 顧問 に 据える と か

八 つ 目 まで は   おい ら や 一 翁 さん が 教えた もん を →

そっくり   ちょうだい して や がって

けど 最後 の 一 つ   九 つ 目 って の が よ →

おい ら に ゃ とんと 覚え が ない んだ よ

「 皆 が 等しく 必要なる 医療 を 受け られ 」

「 健やかに 暮らせる …」

「 保険 なる 仕組み を つくる こと 」

知恵 を つけた の は   先生 かい ?

〈 いる はず も ない   俺 の 足跡 が 〉

〈 歴史 に 刻ま れて いく 〉

〈 坂本 龍 馬 の 手 で 〉

〈 歴史 は 〉

〈 変え られ ない わけじゃ ない 〉

龍 馬 さん の 誕生日 は   いつ です か ?

確か   十一 月 十五 日 だった っけ かな

あと   ひと 月

♪♪~ ええ じゃ ない か ええ じゃ ない か …

( 大久保 ) して やられ も した なあ

お ぬし と は 別の 密 偵 が 飛脚 より 買い取った もの だ

坂本 と 通じ 我ら を   たば かった か !

龍 馬 さん に 会い に 京 に 行き ます 今 から で ございます か ?

咲 さ ん

龍 馬 さん は   ひと 月 後 に   あん さ …

先生 !?

あ ッ   あ ッ   あん さ …

あ ッ   あ ッ   あん …



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 勝 ) あいつ は   アレ を 仕掛けよう と して る の かも しん ねえ な

( 仁 ) 大政 …  奉還 てこ と です か !?

いつ だ …  それ は   いつ 頃 ?

分かる 奴 が いん なら おい ら も 聞いて み たい よ

( 後藤 ) 武力 討 幕 が 始まる より 先 に

幕府 が 政 を 朝廷 に 返して しまう

( 龍 馬 ) 天子 様 じゃ ち   薩長 じゃ ち 政権 を 手放した もん を

まさか   武力 討伐 する こと は でき ん が じゃ ろう

それ は えい !  ほ いたら 土佐 は 時代 の 舵 を 握れる が じゃ

けん ど 薩長 は   このような 策 を 許さ ん き

そんな もん は   お まん

ばれ ん か ったら   それ で えいが じゃ

( 橘 ) 仁 友 堂 と 坂本 は

いまや   全く 交わり を 断って いる もの と 思わ れ ます

( 上役 ) で は 引き続き   調べ を 続けよ

はい

お 許し を

〈 龍 馬 さん の 暗殺 は   大政 奉還 から 明治 に なる まで の 間 の 〉

〈 寒い 時期 だった イメージ が ある 〉

〈 大政 奉還 は 今年  1867 年 〉

〈 と いう こと は 来年 の どこ か で   明治 〉

〈 と いう こと は 暗殺 は   今年 の 終わり 頃 か 〉

〈 来年 の 頭 頃 の はず 〉

《( 未来 ) 坂本 龍 馬 と 同じです ね 》

《 龍 馬 が 死んだ 日 も   確か …》

確か …  何 てった っけ なあ

( 咲 ) やはり   燃やさ れる のです か ?

勝 先生 に そうした ほう が いい って 言わ れて

坂本 様 に も

事 の 次第 を   お 知らせ した ほう が よい かも しれ ませ ん ね

これ は   すごい ぜ よ   先生

出る な よ

いける か ?

「 土 の 龍   道 に 果て つる   寒き 京 」

「 ご 注意 を 」

届いて くれよ

出かける んです か ? ( 福田 ) 咲 さ んに 産婆 の 紹介 を

野 風 さん が   いらっしゃる まで に できる だけ の こと を 覚えよう か と

よろしく お 願い し ます

〈 今 は 他 に 動く こと が でき なかった 〉

〈 十 月 に   野 風 さん の 出産 が 控えて いる 状態 で 〉

〈 どこ に いる か 分から ない 龍 馬 さん を 捜し に 出る の は 〉

〈 あまりに も リスキー だった 〉

〈 来るべき 時 に 備えて 〉

〈 できる だけ の こと を して おく こと が 〉

〈 龍 馬 さん に 対して 今 の 俺 に できる 〉

〈 最大 限 の こと だった 〉

( 横 松 ) しか し   恐ろし げ な 名 です な 呪い の シート と は

ノイロシート です

( 佐分利 ) しか し   この 鈍い シート 便利 で ん なあ

また 何で   ノロイ … ノイロシート です

( 八木 ) 先生   久留米 の 田中 久 重 様 から   お 届け 物 が

田中 さん から ?

( 山田 ) お ~ ッ

これ は   夜 の 手術 が 助かり まん な

( 田中 )「 お 使い いただければ ありがたき 幸せに 存じ ます 」

「 ところで   ご 友人 と は   その後 いか が なされた でしょう か ?」

ご 心配 なら   もう 一 度   文 を お 出し に なら れて みて は ?

手紙 が 届か ない の も 歴史 の 修正 力 の 気 が する んです

箱 に 触れて も よろし う ございます か ?

はい

写真 なる もの は 消えた まま で ございます ね

はい

やはり   私 に は

先生 の   ご存じ だった 未来 さん は

野 風 さん と   ご 家 門 の 大 殿様 と の 間 の 子孫 であった から

消えて しまった のだ と 思わ れ ます

だ と すれば   すでに 先生 は

歴史 を 変えて おら れる ので は ない でしょう か

薬 や 医療 の こと など は もちろん です が

生き 死に に   かかわる こと でも

歴史 の 修正 力 が 働か ぬ こと も ある ので は ない でしょう か

それ は   そう かも しれ ませ ん けど

でも です よ

少し 変えて しまった が ゆえ に

もっと 悪く なる こと って ない んでしょう か

たとえば   野 風 さん の 血筋 が 絶た れて しまったり と か

なれ ど   修正 力 が   どう 働こう が

先生 の 望み は 変わら ぬ ので は ございませ ぬ か ?

〈 俺 の 望む 未来 は …〉

( 野 風 ) 何 ゆえ   子 の 名 を 教えて くださら ぬ ので ?

おかしな 父上 で ご ざん す なあ

〈 野 風 さん が 子供 を 産み 〉

〈 未来 が 生まれ 変われる こと 〉

生まれ変わら れ た方 と   先生 は

出会わ ねば なり ませ ん

〈 そして 〉

≪( 後藤 ) お ~ い   坂本 !

容堂 公 が   大政 奉還 を 建 白 して くださる そうじゃ !

〈 坂本 龍 馬 が 暗殺 さ れ ない 歴史 を つくる こと 〉

守って くれよ

未来

〈 自ら 望む 未来 を この 手 で   つくり出す だけ だ 〉

〈 歴史 は   変え られ ない と 決まった わけじゃ ない んだ から 〉

もう   じき ぜ よ ~!

先生 ~ ッ

よろしゅう お 願 いしん す

はい

子 は 順調で ございます

母体 の ほう も 異常 は 見受け られ ませ ぬ

出産 は   この 具合 だ と

月 の 終わり ほど に なり そうです ね

岩 も   さほど 進行 して ませ ん し うまく いき そうです よ

私 を   奥 医師 に です か ?

( 良 順 ) 上 様 から 是非   南方 先生 を と

ご 指名 が ございまして

上 様 に は   捕らえ られた 折 に

ご 一筆 を いただいた ご恩 も ございましょう

それ は   そう です けど

率直に 申し上げ ます と その 恩 を 忘れ

反旗 を 翻して る   ご 友人 も おら れる ようで

この 時世   いか な 疑い を 受ける か 分かり ませ ぬ

江戸 で 仁 友 堂 が 苦境 に 置か れ ぬ ため に も

お 考え いただけ ませ ぬ か

はい

( 三隅 ) 南方 先生 で は ございませ ぬ か

あ ッ   えっ と …

野 風 花魁 の お 調べ に

ご 一緒 し ました   三隅 で ございます

あ ッ …

あの 三隅 先生 も   最近 は 医学 所 に ?

私 も   今では 奥 医師 に 取り立て られ まして な

そう な んです か

すべて 南方 先生 の お陰 で ございます よ

え ッ ?

あの 折 の 見立て 違い を   大殿 に きつく 戒め られた から こそ

初心 に 帰り 医 の 道 に 励む こと が でき ました

これ から も   ご 指南 いただければ

はい

あ ッ   じゃあ

もう じき   すべて を 失い ます よ →

南方 先生

何 か   ございました か ?

何 か …

( ため息 )

仁 友 堂 の 立場 か …

≪( 福田 ) ゆっくり   そうです →

もう 少し 丁寧に   はい   やさしく

そう です   そうです

何 を やって る んです か ?

子 が 逆 子 に なって しまい 向き を 戻す 整 胎 術 を 施して い ます

逆 子   です か !?

こんな 時期 に なって 逆 子 に なる なんて

めったに ない です よ ね

まあ   そう です なあ

戻ら へんか ったら   前言 うて はった

帝王 切開 っ ちゅう 手術 を する んで っか ?

いや   仁 友 堂 に ある 麻酔 は 胎児 に は 強 すぎ ます から

それ は   でき ない んです

では   その 場合 は …

とりあえず 灸 を 試みて み ましょう か

お 灸 です か ?

逆 子 に 効果 が ある と いい ます し まだ 日 が ございます

切羽詰まった 顔 は   よし ましょう

そう です ね

この 子 は 生まれて き たく ない ので お ざ りんしょう か

逆 子 の まま 産む と いう 方法 も ございます よ

そりゃ   まこと で !? 案ずる より 産む が やすし

お産 は 何とか なる もの で ございます

左 様 で

時に 坂本 様 は   どうして おいで で ?

あ ッ 今 は   どこ に いらっしゃる の か …

なかなか のんで くれ ん のう   徳川 は

大丈夫じゃ   最後 は 絶対 に   の むき

その 自信 は   ど っ から くる が じゃ

( 東 ) 坂本 殿 !

お ッ …  お ッ

≪( 大久保 ) 若 年寄 の 永井 玄 蕃 頭 の 屋敷 に →

出入り して いた そう じゃ っど ん

一体   何 を しち ょい やった と な

そりゃ あ   大久保 さん

敵 の 様子 を 探 っち ょっ たが じゃ

ね や ね や !

土佐 は   事もあろうに

大政 奉還 を 建 白 した そう じゃ なか か

土佐 の 十八 番 は 裏切り か !

まあまあ まあ

ち っく と 話 を 聞い とう せ

これ は 壮大な 茶 番 じゃき

茶 番 ?

≪( 龍 馬 ) 考えて も みんか や

戦 で 負けちゃ あ せ ん が やに 政 を 返 せっちゅう 話 を

徳川 二百六十 年 が のむ と 思う かえ ?

陰 で 勅許 を もろう て 武力 で 討 幕 を する っ ちゅう が は

ち っく と 聞こえ も   ような いろう

それ やったら   正面 から 建 白し

それ でも 通 らん が やったら   こりゃ 武力 討 幕 も   しかた ある まい し

そう なる が じゃ ろう

どうせ   断る が じゃ

ほ いたら   じきに 挙 兵 したら えい !

( 西郷 ) そげ なお 考え やったら ない ごて   おい 達 に

話 を して くれ ん かった と で ご わす か ?

敵 を 欺く に ゃあ まず 味方 から ち 言う じゃ ろう

じゃ っど ん 実は 先ほど   おい 達 は

官軍 に なり も した

勅許 が 下った が かえ ?

坂本 さ あの   お 心遣い は ありがた か どん

兵 を 待た して は   士気 が 落ち もす

こん まま   挙 兵 した かち 思い もす

西郷 さん   ち っく と 考え と ー せ あと 何 日 か 待てば …

薩摩 の こつ は   薩摩 が 決め もす

《 暴力 は 暴力 を 生む だけ な んです !》

助け られた もん は

助け られた 恩 を 感じる

力 で   ねじ伏せ られた もん は

ねじ伏せ られた 恨み を 忘れ ん

戦 は   戦 を 呼ぶ

どっち が   新しい 国 を つくり やすい と 思う が ぜ よ

西郷 さん !

やっ ぱい   そい が 本心 で ご わした か

え ッ   ほ いたら   勅許 っ ちゅう が は

茶 番 で ご わす

ああ …

やっ ぱい   そん つもりじゃ った と か 幕府 の 犬 が !

≪( 薩摩 藩士 ) 坂本 !

みんな が   一生懸命 や っち ょる が は

この 茶わん の 中 の けんか じゃ !

こんな もん は   ほれ

外 から 指 一 本 で   倒さ れて しまい ぜ よ

( 龍 馬 ) 国 中 の 戦 が 長引けば

列強 に   つけこま れ 植民 地 と さ れる が じゃ

討 幕 は   かなって も 属国 に なって は   元 も 子 も ない ろう

頼む き   まこと の 利 は 何たる か

人 は

利 だけ で 生きる わけで は ご わ はん

人 に は   情 ちゅうもん が ご わす

己 の 裏 を かいた 相手 を

信じる こつ は   でき もはん

ねじ伏せ られ ん かった こつ を

ありがた がる ように は できて おり もはん !

わし の 友人 の 南方 仁 は

南方 仁 は 幕府 と 長 州 が 戦う ちゅう が を 見て

どっち が どっち やら 分から ん ち 言う たが じゃ

その 意味 を   も っぺ ん 考えて くれ ん かのう   西郷 さん →

西郷 さん !

これ は …

未来 さん に   お 願い して いらっしゃる のです か ?

その つもり だった んです けど

これ って   未来 的に は

自分 に   つながら ない 祖先 が 生まれる って こと じゃ ないで す か

応援 して くれる ような もん じゃ ない んじゃ …

≪( 野 風 ) 先生   咲 様

始まった ようで ござ りん す

力 を 抜いて ください

逆 子 は   どう なって ?

少し   回り 始めて おり ます

その せい で   お産 が 早まった の か と

陣痛 の 合間 に 回転 さ せ ます

大丈夫です よ   野 風 さん

あい

福田 先生   呼んで き ます

もう 少し   回って ください

楽に 出 られ ます よ

咲 様 は

真っ白であり ん す なあ

あ ちき が 子 を 産めば

先生 の 思い 人 を

もう 一 度   つくる こと に なる や もし れんせん の に

やはり   ご存じ で

力 を 抜いて ください   楽に

野 風 さん

私 の 心 は   真っ黒で ございます よ

いつも いつも つまら ぬ 嫉妬 ばかり で

その 度 に   己 が 嫌に なり ます

野 風 さん に は

いつも   とても かなわ ぬ と

かなわ ぬ ?

野 風 さん は   何も 見返り を 求め ぬ で は ないで す か

私 は   そのような 気持ち に は …

( 足音 )

野 風 さん は ?

この とおり   大丈夫で お ざん す

うまく いって くれよ

おなか に 力 入れて はい   おなか に 力 入れて

もう 少し です よ がんばって ください

≪( 福田 ) はい   力 入れて

≪( 野 風 ) う う ~ ッ ≪( 福田 ) もう 少し です よ

( 中岡 ) 大政 奉還 こそ が 本心 やった と は

わし の こと まで だまし ち ょっ たっちゅう こと か !

お まん も   文句 の 一 つ も 言わ ん か !

こいつ は   お まん の こと も だまし ちょ った ぜ よ

私 は

大政 奉還 は 悪く ない と 思い ます が

ひがし ~

おんし は

徳川 が   これ を 受けん か ったら どう する つもりじゃ ?

土佐 を   徳川 と 心中 さ せる 気 か と 聞 いち ょる が じゃ

徳川 は 絶対 に   のむ !

と   思う

何 を 根拠 に

南方 仁 が

これ が 正しい 道 じゃ ち 言う たから じゃ

は あ ?

( 土佐 の 者 ) 坂本 さん !→

在京 四十 藩 の 重臣 が 二条城 に 招集 さ れた ようです →

大政 奉還 に ついて 評定 が なされる もの か と !

きた ーッ !

こ ッ   これ は

子 が 横向き に なり   そのまま 出て こよう と して しまって

子供 の 片手 だけ が 出て きて しまった ので ございます

え ッ …

ちょっと   いい です か ?

先生 ?

大丈夫です   手 は あり ます

準備 を して き ます ので 福田 先生   手伝って ください

はい

陣痛 が 始まって   すでに 十五 時間

母体 の 衰弱 も 激しい です

そもそも 普通の 体 で は あり ませ ん し

子供 は 諦めて

野 風 さん の 命 だけ でも 助け ましょう

待って ください   野 風 さん は 長く は ない 体 と 知って て

それ でも 産む と 決めた んでしょう

命 を 落として も 産み たい ん と …

他 に 方法 が ない んです !

そんな …

たとえば   麻酔 なし で 帝王 切開 する こと に した と し ます

母体 が   その 途中 で 息 絶えれば

胎児 を 無事に 取り出す こと も でき なく なる 可能 性 も ある んです

どちら か 一 人 でも

確実に 助ける と する なら

それ は   母体 しか ない んです

野 風 さん が 耐え きれる ほう に かけて みる って こと は …

脈 も 呼吸 も 速く なって ます

もう 限界 だ と 思い ます

野 風 さん を 手術 室 に   お 願い し ます

( 苦し そうな 野 風 )

なぜ   こちら に ?

こちら の ほう が 治療 し やすい と いう 話 です

野 風 さん 少し 痛み が 強い ような ので

まず   痛み を 止める 処置 を し ます

子 に 害 の ない 痛み止め は   なか …

ごく 軽い もの な ので   大丈夫です

嘘 が   下手で お ざん す なあ

え ッ ?

腹 を 切って おく ん なん し

このまま 腹 を 裂き

子 を 取り出して おく ん なん し

切る の なら   麻酔 が 必要に なり ます

その 麻酔 は 子供 は 耐える こと が でき ま …

ならば このまま 切って くん な ん し !

≪( 山田 ) 麻酔 を せ ず に 切る など

痛み で 死に ま する ぞ !

あ ちき は

廓 の 中 の   かご の 鳥 で お ざん した

行き たい ところ に も 行け ず

会い たい お方 に も 会え ず

けん ど

この 子 は 違い ん す

野山 を 駆け回る こと も

愛 しき 方 と

肩 を 並べ   歩く こと も

何 だって   でき ん しょう

天 かける

鳥 の ごとく

生きて い けんしょう

どうか   あ ちき の 夢 を 奪わ ないで くん な ん し !

帝王 切開 を いたし ましょう

大丈夫です

女子 は   子 を 守る ため なら

どんな 痛み に も 耐え られ ま する

あ ちき は   死に ん せ ん

この 子 を 抱く まで は

決して   死に ん せ ん

帝王 切開 の 準備 を

よう 飲める のう

こんな とき に

こりゃ あ   願 かけ じゃ

先生   準備 が でき ました

すいません

帝王 切開 は   実は ほとんど   やった こと が ない んです

未来 さん が 必ず   お 守り ください ます

どうして そんな こと が 分かる んです か ?

先生 を   お 慕い して いる から です

未来 さん は たとえ   己 が 消えよう と も

先生 の 幸せ を

願って おら れる はずだ から で ございます

野 風 さん と 同じ ように

まいり ましょう

はい

メス

う ッ …

クーパー は い

覚え ち ょる かえ   先生

初めて 野 風 に 会い に 行った 日 ん こと を →

襖 の 向こう で 野 風 と 酒 を 飲んで 待ち よったら

ゴリゴリ   ゴリゴリ 頭 に 穴 を 開ける 音 が して の う

気づいたら 死 に かけ とった もん が

安らかに 息 を し ちょ った が じゃ

膀胱 と 子宮 下 節 の 間 の 結合 組織 を 切開 し ます

あ ッ !

ほう やき   わし は 信じた ぜ よ

死に かけ ちゅうもん の こと は

先生 が   一 番 よう 知 っ ちゅう

国 も 一緒じゃ

卵 膜 が 露呈 したら

切開 創   両 示 指 を 用いて 鈍 的に 拡大

あ ~ ッ !

野 風 さん   もう 少し です よ

卵 膜 を 破 膜 したら 広く 開けた 切開 創 から

胎児 の 先進 部 へ   手 を 挿入

ああ ~ ッ !

死に かけ ちゅう 国 を 生き返ら せる に は

先生 の 言う こと が 一 番   正しい が じゃ ろうと

信じた ぜ よ

野 風 さん   頭 が 見えて き ました もう すぐです

咲 さ ん   胎児 の 娩出 を

佐分利 先生   娩出 が 終わったら 直ちに   麻酔 を かけ ます

いき ます

( 野 風 ) ああ ~ ッ

もう 少し です   頑張って ください

もう 少し

生まれ ました   野 風 さん

生まれて …

泣か …  ぬ

そんな …

けん ど

これ で   お うちゅう かえ ?

泣き なさい

こん 国 は

これ で 生まれ 変われる が かえ ?

泣いて

泣き なさい !

泣いて

泣け ~!

わし は   また

道 を 間違う たがや ない か え

先生 !

( 産声 )

野 風 さん   かわいらしい 女子 で …

野 風 さん ?

野 風 さん !

先生   子宮 から 出血 が !

DIC

《 お初 ちゃん !》

先生 !

佐分利 先生 出血 点   探して ください

咲 さ ん   輸血 の 準備 を はい !

お 願い し ます は い

どこ だ

どこ から

脈 が 停止 し ました !

佐分利 先生   お 願い し ます

《 それ なら   この 子 を 》

《 抱け ん す なあ 》

子供 を 抱く んじゃ なかった んです か ッ

歩く の を 見る んじゃ なかった んです か ッ

声 を 聞く んじゃ なかった んです か !

《 この 子 を 抱く まで は 決して   死に ん せん 》

絶対 に 死な ない って

そう 言った じゃ ないで す か !

神 は …

神 は   乗り越え られる 試練 しか 与え ない んじゃ ない の か ~ ッ !

≪( 山田 ) 脈   戻って き ました !

出血 点   あり ました !

直ちに   結 紮 止血 して ください ( 佐分利 ) はい

点滴 を 全開 で 投与 して ください ! ≪( 山田 ) はい

≪( 土佐 の 者 ) 坂本 さん !

後藤 様 から です

やった ぜ よ   先生

夜 が   明けた ぜ よ ~!

あなた は ね

私 の 恋 敵 を お つくり に なる 方 な のです よ

私 と した こと が

大変な 方 を 取り上げて しまい ました

あなた に

一 つ だけ お 願い が ある ので ございます よ

どうか

南方 仁 と いう 方 に

傷つく こと が 多い   あの 方 に

誰 より も 幸せな

今度 は   誰 より も 幸せな 未来 を

与えて 差し上げて ください

( いびき )

殺さ れちゃ い ます よ

坂本 さん

もう よい です よ ね

兄 上

安 寿

日本 語 で は  「 幸い 」

フランス 語 で は 「 天 の 使い 」 に ござ りん す か

安 寿

安 寿 さん であり ん す と

あの   何 ゆえ   銀 の 匙 を ?

西洋 で は   子 が 一生   豊かに 暮らせる ように と

誕生 の 祝い に 贈る そう であり ん す

《( 父 ) 今日   死んで しまう なんて この 子   あれ みたいです ね →》

《 ほら   幕末 の …》

《 坂本 龍 馬 と 同じです ね 》

《 龍 馬 が 死んだ 日 も   確か …》

《 誕生日 》

誕生日

誕生日 だ !

≪( 佐分利 ) 先生 !

勝 …

勝   先生 ?

先 の 十五 日 に

大政 奉還 が なった んだ と よ

え ッ !?

あいつ   やり や がった よ

徳川 を   終わら せ や がった

これ が 大政 奉還 の 建 白 の もと と なった →

龍 馬 の 意見 な んだ けど よ

議員 を 置く こと と か 天下 の 人材 を 顧問 に 据える と か

八 つ 目 まで は   おい ら や 一 翁 さん が 教えた もん を →

そっくり   ちょうだい して や がって

けど 最後 の 一 つ   九 つ 目 って の が よ →

おい ら に ゃ とんと 覚え が ない んだ よ

「 皆 が 等しく 必要なる 医療 を 受け られ 」

「 健やかに 暮らせる …」

「 保険 なる 仕組み を つくる こと 」

知恵 を つけた の は   先生 かい ?

〈 いる はず も ない   俺 の 足跡 が 〉

〈 歴史 に 刻ま れて いく 〉

〈 坂本 龍 馬 の 手 で 〉

〈 歴史 は 〉

〈 変え られ ない わけじゃ ない 〉

龍 馬 さん の 誕生日 は   いつ です か ?

確か   十一 月 十五 日 だった っけ かな

あと   ひと 月

♪♪~ ええ じゃ ない か ええ じゃ ない か …

( 大久保 ) して やられ も した なあ

お ぬし と は 別の 密 偵 が 飛脚 より 買い取った もの だ

坂本 と 通じ 我ら を   たば かった か !

龍 馬 さん に 会い に 京 に 行き ます 今 から で ございます か ?

咲 さ ん

龍 馬 さん は   ひと 月 後 に   あん さ …

先生 !?

あ ッ   あ ッ   あん さ …

あ ッ   あ ッ   あん …


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.