image

JIN-仁- 完结编, JIN-仁- 完结编 #07 (2)

先生 と   お 会い する の も これ が 最後 か と 思い ん して なあ

最後に   もう 一 度 だけ

あ ちき の 全て を みて いただこう と 思い ん した

「 みて 」 って ?

患者 は

あ ちき であり ん す

左側 の   わき の 下 に

いく つ か   しこり を 感じ いす

え ッ …

失礼 し ます

先生

正直に   言って おく ん なん し

腫れて 大きく なって る リンパ 節 が

全て   岩 が 転移 した もの だ と する と

腋窩 リンパ 節 へ の 転移 は 十 ヵ 所 です

それ は かなり 進んで いる と いう こと …

大丈夫です か ?

冷えて しまった かも

風邪 で は   ござ りんせん

この ところ   空 咳 が 出

息苦しく なる こと が …

これ も 新たな 岩 の せい で ござ りん す か ?

はっきり と は 分かり ませ ん が …

すいません でした !

あの とき   もっと 徹底 して   リンパ の 郭清 を して いれば

こんな こと に   なら なかった かも

謝ら れる ような こと で は ござ りんせん

あの とき

死んで しまう はずだった   あ ちき が

助かった ばかり か

このような   幸せな 人生 を 送れて いる のであり ん す

先生 に は   感謝 しか ござ りんせん

ですが …

もう 一 つ だけ

よろしゅう あり ん す か ?

子 に は

岩 の 毒 は   回り ん す か ?

え ッ ?

あ ちき の おなか に は

子 が おり ん す

子供 に   岩 が 転移 する こと は あり ませ ん が …

では   で は …

あ ちき は   いつまで 生きて い られ ん しょう ?

転移 性 乳 がん の 生存 率 は

二 年 で   五 割 と いわ れて い ます

二 年 もちろん

もっと 長く 生き られる 方 も いま すし

それ は 一概に は

そんなに ?

え ッ ?

二 年 も …

それ なら   この 子 を

抱け ん す なあ

笑い顔 を 見る こと も

声 を 聞く こと も

でき ん す なあ

手 を つなぎ   歩く こと も

できる や もし れんせん

≪( 山田 ) 物音 が した と いう の は まこと か ?

( 佐分利 ) 確か   こっち の ほう から

( 山田 ) 気のせい で は ない の か ? そう です か ねえ

あの   ルロン さん に   この こと は ?

腹 の 子 の こと は 知って おり ん す が

岩 の こと は   お 伝え して お りんせん

妊娠   出産 は

母体 に は 大きな 負担 が   かかり ます

野 風 さん の 体 を 考える と

医師 と して は 到底   お すすめ でき ませ ん

せめて   ルロン さん に は 相談 する べきだ と …

けん ど

治せ ぬ のであり ん しょう

先生   この 子 は

あ ちき の 夢 な のであり ん すよ

夢 ?

あ ちき は   この先 そう 長く は 生き られ ん せんけん ど

この 子 は 何 十 年 も   生きて い けんしょう

この 子 が   子 を 持てば

それ こそ   百 年   二百 年

後 の 世 まで も   あ ちき の 血 は 流れ 続ける であり ん しょう

その 営み の 中 で

あ ちき は   永久 に 生き 続け

その 子 の 血 と なり   肉 と なり

目 と なり

見る こと が でき ん しょう

未来 を   です か ?

お やすみ な さ いんし   南方 先生

〈 未来 へ と 続く   命 の 川 〉

〈 未来 の 生まれ変わり へ と 続いて いく かも しれ ない 子供 〉

〈 野 風 さん の 夢 は   俺 の 夢 で も ある 〉

〈 けれど   歴史 の 修正 力 は この 夢 を 許す のだろう か 〉

〈 未来 が   別の 人間 と して 生まれ変わる こと を 〉

〈 歴史 を 変える こと と は 見なさ ないで くれる だろう か 〉

今   何 どき

あ ~ ッ

も ッ   申し訳 ございませ ん

恥ずかしい ほど 眠って しまい ました

咲 様 に   お 食事 を ≪( メイド ) はい

あの   先生

私   途中 から 記憶 が ない ので ございます が

何 か   妙な こと を 口走ったり …

それ は   別に

左 様 で

先生 に いつ 結婚 して くださる の か と

そこ で 叫んで おら れ ん した よ

え ッ !? 戯れ であり ん す

と いう の は   戯れ であり ん す

ど ッ   どちら な ので ございます か !?

では   あ ちき は   一 足先 に

天主 堂 の ほう へ まいって おり ん す ので

お 支度 が 整い ましたら その者 に   お 言いつけ くださ ん し

あの   先生

何 か   あった ので ございます か ?

ああ …

はい

既に   全身 の リンパ に 転移 して る でしょう し

肺 へ の 転移 も   うかがえ ます

しかし   そのような お 体 で 出産 できる のです か ?

母体 の こと を 考えれば

子供 は 諦めて 静養 して ほしい ところ です が

野 風 さん が   産み たい と 言う 以上

止める こと は …

野 風 さん は   産み たい と

子供 は 自分 の 夢 だ から って

夢 ?

この 子 が 生まれ 命 を つないで いく こと で

自分 は 永久 に 生きて いける んだ と 言って ました

野 風 さん が   そう おっしゃった ので ございます か ?

はい

やはり   野 風 さん は …

あの   何とか 分娩 を せ ず に

安全に   子供 を 取り出す 方法 は ない ので ございましょう か ?

未来 なら   子宮 を 切って 取り出す 帝王 切開 と いう 手 も あり ます が

この 時代 の 麻酔 を 使用 して それ を 行う と

胎児 は   生きて い られ なく なって しまう んです

では せめて   仁 友 堂 で 出産 して いただいて は   どう でしょう ?

私 に は   産科 の 経験 は ほとんど   あり ませ ん し

通常 分娩 しか ない 以上

いい 産婆 さん の もと で 出産 する の が

一 番   体 に 負担 の 少ない 方法 だ と 思う んです

恐れて   いらっしゃる のです か ?

この 出産 を 通して 野 風 さん と   その 子供 に

歴史 の 修正 力 なる もの が 働く こと を

《 DIC …  お初 ちゃん !》

もし   野 風 さん と 子供 を

目の前 で 死な せて しまったり したら …

( 彦三郎 ) 南方 先生   咲 様

いら して た んです か 親 代わり と しちゃ

来 ない わけに は いきま せ ん よ

あいつ に ゃあ 実の 親 も ない んです から

そう です よ ね

( 拍手 )

野 風 さん

まるで 天女 の ようで ございます ね

≪( 彦三郎 ) 思い出す ねえ

野 風 の 最後 の 花魁 道中 →

一 人 っきり で   白 無垢で 大 門 を 出て って

≪( 彦三郎 ) あれ も   きれいだった が 今日 に ゃあ   からっきし …

〈 この 美しい 人 に 〉

〈 俺 は   どれほど の 愛情 を もらって きた んだろう 〉

《 五十 両 と 少し ばかり あり ん す 》

《 どうか   お 役立て くださ ん し 》

《 その方 の 名 は   何と ?》

《 今 宵 は   あ ちき を そう 呼んで おく ん なん し 》

《 誰 より も   幸せに なる であり ん す 》

《 南方 先生 の 手 で 》

《 生まれ変わら せて いただいた のであり ん す から 》

《 これ より 先 の 心配 は ご 無用であり ん す 》

《 先生 も   我が身 の お 幸せ だけ を お 考え ください 》

《 先生   この 子 は 》

《 あ ちき の 夢 な のであり ん すよ 》

〈 幸せ と は 言え ない 人生 の 中 で 〉

〈 やっと   つかんだ たった 一 つ の 夢 〉

〈 俺 は   その 夢 すら 〉

〈 かなえて やる こと も でき ない のだろう か 〉

野 風 さん の 夢 は

かなう ので は ない でしょう か

未来 の 人間 である 先生 が 歴史 を 変える こと に 対して

歴史 は   修正 を 加えよう と する の かも しれ ませ ん

けれど   もし   これ は 野 風 さん が

この 時代 の 人間 が 強い 意志 を 持って

未来 を 変え たい と 願った こと だ と したら

それ は   もはや 修正 さ れる べき 歴史 で は なく

ただ の 歴史 な ので は ない でしょう か

何 を   言って る んです か ?

野 風 さん は

おそらく   ご存じ な んです

先生 が   未来 から 来た と いう こと も

先生 の 思い 人 が

自分 の 子孫 である かも しれ ない と いう こと も

だから   命 を かけて も

産み たい んです

もちろん   お 慕い する ルロン さん の お 子 と いう こと も あり ましょう

けれど   それ だけ で は なく

後 の 世 で   先生 の 出会う べき お方 を 野 風 さん は   もう 一 度

つくって 差し上げよう と して おら れる ので は ない でしょう か

かよう な 夢 を 握り潰す ほど

天 は 無慈悲で は ない と

私 は   信じ とう ございます

写真 が   なく なって しまった の は

未来 さん が 新たに   生まれ変わる と いう

天 の 声 だ と

咲 さ ん

咲 様 !

あの   これ は …

花嫁 の 花束 を 受け取った 人 は

次に 幸せに なれる と いう 言い伝え が ある んです

先生

私 に   野 風 さん の 子 を 取り上げ させて もらえ ませ ん か ?

先生 に は   かかわり の ない

ただ の 私 達 の 歴史 と する ため に

よろしく お 願い し ます

《 いい よ   仁 先生 きっと   また いつか 会える から 》

そういう 意味 だった の か よ

未来

そういう …

先生 方 が

あ ちき の 子 を 取り上げて くださる のであり ん す か ?

はい

ルロン さん   野 風 さん が 以前

仁 友 堂 で   岩 の 手術 を さ れた こと は ご存じ です か ?

はい その こと も あって

私 達 は   野 風 さん の 体 に 少し   不安 を 持って ます

ですから   私 ども の 手 で

出産 を 診 させて いただき たい んです

野 風 さん の 体 は   出産 に 耐え られ ない と いう こと です か ?

そう なら ない よう

万全 を 尽くさ せて ほしい と いう こと です

無理 を し ないで いい です

私 は   あなた さえ   いて くれれば いい です から   子 は …

ルロン さん   あ ちき は

お 世話に なる ばかりで 何の お礼 も   で きんせん

せめて   これ くらい の 贈り物 は さ せて くだ さん し

先生 方 が いれば きっと   うまく いき ん す から

先生   野 風 さん …  野 風 と 子 を よろしく お 願い し ます

はい

絶対 に   お 二 人 を 守って みせ ます

( 喜市 ) お 待た せ し ました

新しく   子 あん ドーナツ って の 作った んだ よ →

あん ドーナツ の 中 に 餅 を 入れて みた んだ

へえ ~

子 …

どうかした んです か ?

いえ   ちゃんと   お 二 人 を お 救い し なければ なら ない と …

すくう ?

あの   先生

坂本 様 の 歌 は い

「 虫 が すくう 」 の 「 すくう 」 は

食べる ほう の 「 巣くう 」 で は なく

助ける ほう の 「 救う 」 な ので は ない でしょう か

ですから   あの 歌 は

長 芋 から 出た 虫 が 江戸 を 食べて しまう ので は なく

江戸 を 救う と いう 意味 な ので は ない でしょう か

「 すくう 」 は  「 助ける 」

はい

分か ん ないで すよ   龍 馬 さん

これ   龍 馬 さん だ

( 龍 馬 )「 先生 ホトガラ は 届いた かえ ?」

「 あん 歌 の ような 心持ち で 」

「 わしゃ   再び 走り回 っち ょる ぜ よ 」

「 まあ   なかなか 難し いけ ん ど 」

「 戦 を せ ず に こん 国 を 立て直せ ん か と 」

「 ない 知恵 を 絞 うち ょる 」

「 そうそう   こん 間 ふと   野 風 を 思い出した が じゃ 」

「 野 風 は   まこと の 心根 を 押し 隠し 嘘 ばっかり   つい ちょ った 」

「 けん ど 大切な もん を 守る ため に は 」

「 野 風 は   嘘 の よろい で 固め ん と いかん かった が や ない か と 」

「 そんな こと を 思う た ぜ よ 」

「 先生   わしゃ   これ から 大 嘘つき に なる ぜ よ 」

「 先生 が 教えて くれた 明るい 道 を 潰さ れ ん ように 」

「 全て を   あざむいて 」

「 こん 道 を   未来 へ つないで みせる ぜ よ 」

あれ ?

文 箱 の 中 から   なく なって る もの が ある んです けど   知り ませ ん か ?

あ ッ な ッ   何 です か ?

実は   物 とり が 入った ん ちゃ うか と いう 日 が あった んです が

金 も 医療 道具 も 全く   なくなって へん かった んで

気のせい かって

何 か   あった ので ございます か ?

龍 馬 さん から の 手紙 と 写真 を 盗ま れた みたいな んです

仁 友 堂 は   誰 か に 目 を つけ られて る の かも しれ ませ ん

今 の 話 は   まこと か ?

まこと で ございます

龍 馬 さん は 今 何 を しよう と して る んでしょう か

仁 友 堂 まで   目 を つけ られる ほど

危ない 橋 を 渡って る んでしょう か

あいつ は   ひょっとして



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

先生 と   お 会い する の も これ が 最後 か と 思い ん して なあ

最後に   もう 一 度 だけ

あ ちき の 全て を みて いただこう と 思い ん した

「 みて 」 って ?

患者 は

あ ちき であり ん す

左側 の   わき の 下 に

いく つ か   しこり を 感じ いす

え ッ …

失礼 し ます

先生

正直に   言って おく ん なん し

腫れて 大きく なって る リンパ 節 が

全て   岩 が 転移 した もの だ と する と

腋窩 リンパ 節 へ の 転移 は 十 ヵ 所 です

それ は かなり 進んで いる と いう こと …

大丈夫です か ?

冷えて しまった かも

風邪 で は   ござ りんせん

この ところ   空 咳 が 出

息苦しく なる こと が …

これ も 新たな 岩 の せい で ござ りん す か ?

はっきり と は 分かり ませ ん が …

すいません でした !

あの とき   もっと 徹底 して   リンパ の 郭清 を して いれば

こんな こと に   なら なかった かも

謝ら れる ような こと で は ござ りんせん

あの とき

死んで しまう はずだった   あ ちき が

助かった ばかり か

このような   幸せな 人生 を 送れて いる のであり ん す

先生 に は   感謝 しか ござ りんせん

ですが …

もう 一 つ だけ

よろしゅう あり ん す か ?

子 に は

岩 の 毒 は   回り ん す か ?

え ッ ?

あ ちき の おなか に は

子 が おり ん す

子供 に   岩 が 転移 する こと は あり ませ ん が …

では   で は …

あ ちき は   いつまで 生きて い られ ん しょう ?

転移 性 乳 がん の 生存 率 は

二 年 で   五 割 と いわ れて い ます

二 年 もちろん

もっと 長く 生き られる 方 も いま すし

それ は 一概に は

そんなに ?

え ッ ?

二 年 も …

それ なら   この 子 を

抱け ん す なあ

笑い顔 を 見る こと も

声 を 聞く こと も

でき ん す なあ

手 を つなぎ   歩く こと も

できる や もし れんせん

≪( 山田 ) 物音 が した と いう の は まこと か ?

( 佐分利 ) 確か   こっち の ほう から

( 山田 ) 気のせい で は ない の か ? そう です か ねえ

あの   ルロン さん に   この こと は ?

腹 の 子 の こと は 知って おり ん す が

岩 の こと は   お 伝え して お りんせん

妊娠   出産 は

母体 に は 大きな 負担 が   かかり ます

野 風 さん の 体 を 考える と

医師 と して は 到底   お すすめ でき ませ ん

せめて   ルロン さん に は 相談 する べきだ と …

けん ど

治せ ぬ のであり ん しょう

先生   この 子 は

あ ちき の 夢 な のであり ん すよ

夢 ?

あ ちき は   この先 そう 長く は 生き られ ん せんけん ど

この 子 は 何 十 年 も   生きて い けんしょう

この 子 が   子 を 持てば

それ こそ   百 年   二百 年

後 の 世 まで も   あ ちき の 血 は 流れ 続ける であり ん しょう

その 営み の 中 で

あ ちき は   永久 に 生き 続け

その 子 の 血 と なり   肉 と なり

目 と なり

見る こと が でき ん しょう

未来 を   です か ?

お やすみ な さ いんし   南方 先生

〈 未来 へ と 続く   命 の 川 〉

〈 未来 の 生まれ変わり へ と 続いて いく かも しれ ない 子供 〉

〈 野 風 さん の 夢 は   俺 の 夢 で も ある 〉

〈 けれど   歴史 の 修正 力 は この 夢 を 許す のだろう か 〉

〈 未来 が   別の 人間 と して 生まれ変わる こと を 〉

〈 歴史 を 変える こと と は 見なさ ないで くれる だろう か 〉

今   何 どき

あ ~ ッ

も ッ   申し訳 ございませ ん

恥ずかしい ほど 眠って しまい ました

咲 様 に   お 食事 を ≪( メイド ) はい

あの   先生

私   途中 から 記憶 が ない ので ございます が

何 か   妙な こと を 口走ったり …

それ は   別に

左 様 で

先生 に いつ 結婚 して くださる の か と

そこ で 叫んで おら れ ん した よ

え ッ !? 戯れ であり ん す

と いう の は   戯れ であり ん す

ど ッ   どちら な ので ございます か !?

では   あ ちき は   一 足先 に

天主 堂 の ほう へ まいって おり ん す ので

お 支度 が 整い ましたら その者 に   お 言いつけ くださ ん し

あの   先生

何 か   あった ので ございます か ?

ああ …

はい

既に   全身 の リンパ に 転移 して る でしょう し

肺 へ の 転移 も   うかがえ ます

しかし   そのような お 体 で 出産 できる のです か ?

母体 の こと を 考えれば

子供 は 諦めて 静養 して ほしい ところ です が

野 風 さん が   産み たい と 言う 以上

止める こと は …

野 風 さん は   産み たい と

子供 は 自分 の 夢 だ から って

夢 ?

この 子 が 生まれ 命 を つないで いく こと で

自分 は 永久 に 生きて いける んだ と 言って ました

野 風 さん が   そう おっしゃった ので ございます か ?

はい

やはり   野 風 さん は …

あの   何とか 分娩 を せ ず に

安全に   子供 を 取り出す 方法 は ない ので ございましょう か ?

未来 なら   子宮 を 切って 取り出す 帝王 切開 と いう 手 も あり ます が

この 時代 の 麻酔 を 使用 して それ を 行う と

胎児 は   生きて い られ なく なって しまう んです

では せめて   仁 友 堂 で 出産 して いただいて は   どう でしょう ?

私 に は   産科 の 経験 は ほとんど   あり ませ ん し

通常 分娩 しか ない 以上

いい 産婆 さん の もと で 出産 する の が

一 番   体 に 負担 の 少ない 方法 だ と 思う んです

恐れて   いらっしゃる のです か ?

この 出産 を 通して 野 風 さん と   その 子供 に

歴史 の 修正 力 なる もの が 働く こと を

《 DIC …  お初 ちゃん !》

もし   野 風 さん と 子供 を

目の前 で 死な せて しまったり したら …

( 彦三郎 ) 南方 先生   咲 様

いら して た んです か 親 代わり と しちゃ

来 ない わけに は いきま せ ん よ

あいつ に ゃあ 実の 親 も ない んです から

そう です よ ね

( 拍手 )

野 風 さん

まるで 天女 の ようで ございます ね

≪( 彦三郎 ) 思い出す ねえ

野 風 の 最後 の 花魁 道中 →

一 人 っきり で   白 無垢で 大 門 を 出て って

≪( 彦三郎 ) あれ も   きれいだった が 今日 に ゃあ   からっきし …

〈 この 美しい 人 に 〉

〈 俺 は   どれほど の 愛情 を もらって きた んだろう 〉

《 五十 両 と 少し ばかり あり ん す 》

《 どうか   お 役立て くださ ん し 》

《 その方 の 名 は   何と ?》

《 今 宵 は   あ ちき を そう 呼んで おく ん なん し 》

《 誰 より も   幸せに なる であり ん す 》

《 南方 先生 の 手 で 》

《 生まれ変わら せて いただいた のであり ん す から 》

《 これ より 先 の 心配 は ご 無用であり ん す 》

《 先生 も   我が身 の お 幸せ だけ を お 考え ください 》

《 先生   この 子 は 》

《 あ ちき の 夢 な のであり ん すよ 》

〈 幸せ と は 言え ない 人生 の 中 で 〉

〈 やっと   つかんだ たった 一 つ の 夢 〉

〈 俺 は   その 夢 すら 〉

〈 かなえて やる こと も でき ない のだろう か 〉

野 風 さん の 夢 は

かなう ので は ない でしょう か

未来 の 人間 である 先生 が 歴史 を 変える こと に 対して

歴史 は   修正 を 加えよう と する の かも しれ ませ ん

けれど   もし   これ は 野 風 さん が

この 時代 の 人間 が 強い 意志 を 持って

未来 を 変え たい と 願った こと だ と したら

それ は   もはや 修正 さ れる べき 歴史 で は なく

ただ の 歴史 な ので は ない でしょう か

何 を   言って る んです か ?

野 風 さん は

おそらく   ご存じ な んです

先生 が   未来 から 来た と いう こと も

先生 の 思い 人 が

自分 の 子孫 である かも しれ ない と いう こと も

だから   命 を かけて も

産み たい んです

もちろん   お 慕い する ルロン さん の お 子 と いう こと も あり ましょう

けれど   それ だけ で は なく

後 の 世 で   先生 の 出会う べき お方 を 野 風 さん は   もう 一 度

つくって 差し上げよう と して おら れる ので は ない でしょう か

かよう な 夢 を 握り潰す ほど

天 は 無慈悲で は ない と

私 は   信じ とう ございます

写真 が   なく なって しまった の は

未来 さん が 新たに   生まれ変わる と いう

天 の 声 だ と

咲 さ ん

咲 様 !

あの   これ は …

花嫁 の 花束 を 受け取った 人 は

次に 幸せに なれる と いう 言い伝え が ある んです

先生

私 に   野 風 さん の 子 を 取り上げ させて もらえ ませ ん か ?

先生 に は   かかわり の ない

ただ の 私 達 の 歴史 と する ため に

よろしく お 願い し ます

《 いい よ   仁 先生 きっと   また いつか 会える から 》

そういう 意味 だった の か よ

未来

そういう …

先生 方 が

あ ちき の 子 を 取り上げて くださる のであり ん す か ?

はい

ルロン さん   野 風 さん が 以前

仁 友 堂 で   岩 の 手術 を さ れた こと は ご存じ です か ?

はい その こと も あって

私 達 は   野 風 さん の 体 に 少し   不安 を 持って ます

ですから   私 ども の 手 で

出産 を 診 させて いただき たい んです

野 風 さん の 体 は   出産 に 耐え られ ない と いう こと です か ?

そう なら ない よう

万全 を 尽くさ せて ほしい と いう こと です

無理 を し ないで いい です

私 は   あなた さえ   いて くれれば いい です から   子 は …

ルロン さん   あ ちき は

お 世話に なる ばかりで 何の お礼 も   で きんせん

せめて   これ くらい の 贈り物 は さ せて くだ さん し

先生 方 が いれば きっと   うまく いき ん す から

先生   野 風 さん …  野 風 と 子 を よろしく お 願い し ます

はい

絶対 に   お 二 人 を 守って みせ ます

( 喜市 ) お 待た せ し ました

新しく   子 あん ドーナツ って の 作った んだ よ →

あん ドーナツ の 中 に 餅 を 入れて みた んだ

へえ ~

子 …

どうかした んです か ?

いえ   ちゃんと   お 二 人 を お 救い し なければ なら ない と …

すくう ?

あの   先生

坂本 様 の 歌 は い

「 虫 が すくう 」 の 「 すくう 」 は

食べる ほう の 「 巣くう 」 で は なく

助ける ほう の 「 救う 」 な ので は ない でしょう か

ですから   あの 歌 は

長 芋 から 出た 虫 が 江戸 を 食べて しまう ので は なく

江戸 を 救う と いう 意味 な ので は ない でしょう か

「 すくう 」 は  「 助ける 」

はい

分か ん ないで すよ   龍 馬 さん

これ   龍 馬 さん だ

( 龍 馬 )「 先生 ホトガラ は 届いた かえ ?」

「 あん 歌 の ような 心持ち で 」

「 わしゃ   再び 走り回 っち ょる ぜ よ 」

「 まあ   なかなか 難し いけ ん ど 」

「 戦 を せ ず に こん 国 を 立て直せ ん か と 」

「 ない 知恵 を 絞 うち ょる 」

「 そうそう   こん 間 ふと   野 風 を 思い出した が じゃ 」

「 野 風 は   まこと の 心根 を 押し 隠し 嘘 ばっかり   つい ちょ った 」

「 けん ど 大切な もん を 守る ため に は 」

「 野 風 は   嘘 の よろい で 固め ん と いかん かった が や ない か と 」

「 そんな こと を 思う た ぜ よ 」

「 先生   わしゃ   これ から 大 嘘つき に なる ぜ よ 」

「 先生 が 教えて くれた 明るい 道 を 潰さ れ ん ように 」

「 全て を   あざむいて 」

「 こん 道 を   未来 へ つないで みせる ぜ よ 」

あれ ?

文 箱 の 中 から   なく なって る もの が ある んです けど   知り ませ ん か ?

あ ッ な ッ   何 です か ?

実は   物 とり が 入った ん ちゃ うか と いう 日 が あった んです が

金 も 医療 道具 も 全く   なくなって へん かった んで

気のせい かって

何 か   あった ので ございます か ?

龍 馬 さん から の 手紙 と 写真 を 盗ま れた みたいな んです

仁 友 堂 は   誰 か に 目 を つけ られて る の かも しれ ませ ん

今 の 話 は   まこと か ?

まこと で ございます

龍 馬 さん は 今 何 を しよう と して る んでしょう か

仁 友 堂 まで   目 を つけ られる ほど

危ない 橋 を 渡って る んでしょう か

あいつ は   ひょっとして


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.