image

JIN-仁- 完结编, JIN-仁- 完结编 #01 (4)

あなた を 見殺し に すれば

俺 は   あなた 達 と 同じに なる

命 を 差別 する 者 に なって しまう

だから   どうか

助け させて ください

私 の ため に

あなた を 助け させて ください !

おい が 助から ん かった とき も

先生 に 手出し を す っこ つ は なら ん ど

先生

どうぞ   頼 ん み ゃげ も す

はい

〈 いくら 歴史 音痴 の 俺 でも 知っている 〉

〈 西郷 隆盛 は   明治 維新 の 立役者 だ 〉

ペニシリン は   これ で 最後 で は ?

先生 が 必要 と おっしゃら れる の なら

〈 もし   この 手術 が 失敗 すれば 〉

〈 日本 の 歴史 は 変わって しまう のだろう か ?〉

〈 だが   こう も 思う 〉

〈 もしも   俺 が   ここ に い なければ 〉

〈 この 人 は   この 病気 に なった のだろう か ?〉

〈 これ は   神 の 仕組んだ 出来事 な のだろう か ?〉

〈 俺 を 使って 何 か を 変え させる ため の 〉

麻酔   導入 終わり ました

〈 だが   ただ   今 は …〉

始め ます

圧 痛 点 を 中心 に   交差 切開 し ます ≪( 山田 ) はい

外 腹 斜 筋   腱 膜 を 切開 は い

直 ペアン 鉗子

何 ちゅう こっちゃ   こい は

大 網 と 小腸 を 圧 排

これ が   自由 ヒモ で ございます か ?

この 収束 点 に   炎症 を 起こして る 虫 垂根 部 が あり ます

風 が 変わった ど 火 は 回らん ど かい !

( 長 州 藩士 C ) 狙う は 奸賊 薩摩 軍 の 首領   西郷 の 首

≪( 山田 ) 膿 が … 穿 孔性 の 腹膜炎 です

虫 垂 の 先端 の 炎症 が ひどく 腹壁 に 癒着 して る んです

示 指 を 入れ   はく離 し ます

( 騒ぐ 声 が 聞こえる )

何 が ?

≪( 藩 医 A ) お はん 達 は 何者 じゃ ?

そこ に おる の が 西郷 じゃ ! 手術 中 です よ !

出て って ください ! 目 が …  目 が !

≪( 藩 医 A ) 曲者 じゃ   曲者 じゃ っど

≪( 長 州 藩士 D ) おのれ   薩賊

屋敷 に 潜りこま れる なんど 恥さらし も よか とこ じゃ   埋め れ

≪( 山田 ) 南方 先生

南方 先生 !

患者 が 死に ま する ぞ !

もう   まいり ましょう   先生

おい   ほれ ほれ   これ を 使う が じゃ

≪ ありがとう ございます か まん   かま ん

≪( 龍 馬 ) 先生 !

薩摩 屋敷 に 連れて いかれ たっちゅう て

どう な っち ょる かち 思い よった が じゃ

どう いた ?

≪( 山田 ) あの 長 州 の 御 仁 は ?

お 仲間 の 方 が 来て 一緒に 出て いか れ ました

あの 体 で で ございます か ?

♪♪~( お 菊 の 母 ) ねん ね なされ ませ

ちょっと   まだ …

≪( 蟻 川 ) ペニシリン が なくなって しまい →

打つ手 も なく …

≪( 山田 ) 申し訳 あり ませ ん 実 は 薩摩 に 渡した の が

最後 の ペニシリン で ございました

〈 それ から 数 日間 〉

〈 俺 は   患者 を 見送り 続けた 〉

〈 俺 は 無力だった 〉

〈 神 の 定めた 歴史 の 前 に 〉

〈 俺 は 何の ため に 来た んだろう ?〉

〈 何 を する ため に   ここ へ 〉

〈 この 時代 へ 〉

≪( 龍 馬 )「 ほととぎす 地 に なく 声 は   有明 の 」

「 月 より 他 に 知る 人 ぞ なし 」→

久 坂 の 辞世 の 句 じゃ

「 故郷 を 思う 私 の 声 は 」

「 誰 に も 届く こと は なかった 」→

そんな とこ じゃ が

ワシ は   久 坂 の 声 を 聞いて しもう た

のう   先生

死んで いった もん ら に 報いる 方法 は

一 つ しか ないち 思わ ん かえ ?

も っぺ ん   生まれて き たい

そう 思える 国 に する こと じゃき

そう 思わ ん かえ ?

〈 だけど   龍 馬 さん も   また 〉

〈 志 半ば で   死 を 迎える のだ 〉

〈 そう 遠く ない 未来 に 〉

〈 運命 を 知っていれば 〉

〈 龍 馬 さん は   それ を 避ける こと が できる かも しれ ない 〉

龍 馬 さん は

これ から   この 国 を 一 つ に する ため 走り回り ます

お ッ ?  おお

だけど

その 途中 で

暗 …

おお ッ   先生 !  おい ッ   先生

《( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 これ も また   神 の 意志 な の か ?〉

〈 ならば   俺 は 〉

〈 俺 は   見送り 続ける しか ない のだろう か ?〉

〈 大切な 人 達 の 死 を 〉

≪( 龍 馬 ) おい ッ   先生 !

咲 さ ん

その 髪 って …

〈 神 の 定めた 死 を 〉

栄 さん

栄 さん

夢 か

お 気づき に なら れ ました か すいません

どうぜよ   先生 は ?

おうおう   先生

江戸 に 着いた ぜ よ

南方 先生 !

そんな …

≪( 栄 ) お 久しゅう ございます

この度 は …

良かった です

良かった

これ を   お 考え に なった の は 先生 で ございましょう ?

一口 食べて 分かり ました よ

咲 の 味 が   いたし ました ゆえ

どうして 食べて くださった んです か ?

意地でも 食べて やる もの か   と 思って いた ので ございます が

喜市 ちゃん が

毎日   毎日   足 を 運んで きて

≪( 栄 ) これ は もう   いたしかたない と 思い →

正直に 説明 した ので ございます →

私 は   もう 生きて い たく ない のだ と

すると   喜市 ちゃん は

《≪( 喜市 ) 奥 方 様 おい ら も   そう でした 》

《( 喜市 ) お っ 母さん が 死んだ とき おい ら も   コロリ から 》

《 助から なきゃ 良かった   って 思い ました 》

《 先生 に は 悪い けど   おい ら 助から なければ 良かった よ 》

《≪( 喜市 ) だ けど   おい ら   あれ から いい こと   いっぱい あり ました 》

《 私 は   喜市 ちゃん の ように 若く は あり ませ ぬ ゆえ 》

《≪( 喜市 ) 変わった こと だって いっぱい あり ます 》

《 ペニシリン が できて 治る 病 が 増えて 》

《 今度 は   脚気 に 効く お 菓子 が できて 》

《 南方 先生 が 来て 江戸 は   すごく 変わり ました 》

《≪( 喜市 ) だ から   これ から も きっと 変わり ます →》

《 咲 様 の こと   今 は 笑う 人 も いる かも しれ ませ ん けど →》

《 咲 様 は   きっと   江戸 で 初めて の 女 の お 医者 様 に なり ます →》

《 女 で お 医者 様 なんて すごい 事 だ と   おい ら 思い ます 》

《 えっ と …  だ から 》

《 奥 方 様 が 笑える 日 は 必ず 来 ます 》

《≪( 喜市 ) 南方 先生 が きっと そうして くれ ます 》

《 神様 は   乗り越え られる 試練 しか 与え ない んです 》

《 でも 笑え ない んです 》

《 死んだら   ダメな んです 》

《 生きて なきゃ   笑え ない んです 》

《 いただき ます ね 》

《 おいしい 》

≪( 栄 ) 私 は

あの 子 に 救わ れ ました

私 も です

この こと は   咲 さん に は ?

治った こと は 承知 して おり ます が 母 と は   まだ 会って は …

( 物音 )

あの …

負け は 許し ませ ん よ   咲 !

お前 は   戦 の ような 人生 を 歩む のでしょう

けれど   選んだ の は   お前 です

≪( 栄 ) 橘 の 家 に   泥 を 塗って も

その道 を 選んだ のです

ならば

勝ち なさい

橘 の 家 の ため に

同じ ような 生き 方 を 選ぶ 世 の 女子 達 の ため に も

道 を 開き なさい

母 は   ここ で 見て おり ます

くじける こと は 許し ませ ん よ

楽しみに して い ます

≪( 栄 ) 咲

〈 神 の 許した 行為 〉

〈 神 の 許さ なかった 行為 〉

〈 その 違い が   どこ に ある の か 俺 に は 分から ない 〉

〈 だけど   一 つ だけ 確かな こと が ある 〉

〈 この 手 を 止めて しまって は 〉

〈 何も 変わら ない と いう こと だ 〉

〈 橘 家 の 汚名 を そそぐ こと も 〉

〈 龍 馬 さん の 運命 を 変える こと も 〉

これ は …

《「 平成 二十二 年 」》

それ は   あの とき の ?

違い ます

ある 方 に   もらった んです

では   あの とき の もの も その方 が ?

分かり ませ ん

でも

この 出会い は   運命 だ と 思う んです

神 の 仕組んだ …

《 救え ~ ッ !》

〈 ならば   心 の まま に 〉

〈 まずは   江戸 の 町 を 〉

〈 脚気 から 救おう 〉

≪( 茜 ) 今   評判 の   あん ドーナツ あん ドーナツ だ よ →

脚気 に も 効く   仁 友 堂 が 作った 体 に いい   お 菓子 だ よ

( 町人 A ) 脚気 以外 も 診て くれる って

( B ) 薬 は 全部   菓子 らしい ぜ

あん ドーナツ 様様 で んな

先生   ど っか 行 か はる んで っか ? 松本 先生 の ところ に 行って き ます

行って らっしゃい で は   あと   よろしく お 願い し ます

〈 だが   この とき の 俺 は まだ 知ら なかった のだ 〉

〈 この   あん ドーナツ が 巻き起こす 出来事 を 〉

では   お 大事に ありがとう ございました

≪( 多紀 ) 止まれ !

元 えん 様

( 多紀 ) 久しぶりじゃ のう   玄 孝

〈 そして   それ が 〉

〈 仁 友 堂   最大 の 危機 を 招いて しまう こと を 〉

どっち 行った ? あっ ち だ   捜せ !

はい   頑張った   頑張った

もう 大丈夫 よ

〈 大いなる   神 の たくらみ を 〉

♪♪~



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

あなた を 見殺し に すれば

俺 は   あなた 達 と 同じに なる

命 を 差別 する 者 に なって しまう

だから   どうか

助け させて ください

私 の ため に

あなた を 助け させて ください !

おい が 助から ん かった とき も

先生 に 手出し を す っこ つ は なら ん ど

先生

どうぞ   頼 ん み ゃげ も す

はい

〈 いくら 歴史 音痴 の 俺 でも 知っている 〉

〈 西郷 隆盛 は   明治 維新 の 立役者 だ 〉

ペニシリン は   これ で 最後 で は ?

先生 が 必要 と おっしゃら れる の なら

〈 もし   この 手術 が 失敗 すれば 〉

〈 日本 の 歴史 は 変わって しまう のだろう か ?〉

〈 だが   こう も 思う 〉

〈 もしも   俺 が   ここ に い なければ 〉

〈 この 人 は   この 病気 に なった のだろう か ?〉

〈 これ は   神 の 仕組んだ 出来事 な のだろう か ?〉

〈 俺 を 使って 何 か を 変え させる ため の 〉

麻酔   導入 終わり ました

〈 だが   ただ   今 は …〉

始め ます

圧 痛 点 を 中心 に   交差 切開 し ます ≪( 山田 ) はい

外 腹 斜 筋   腱 膜 を 切開 は い

直 ペアン 鉗子

何 ちゅう こっちゃ   こい は

大 網 と 小腸 を 圧 排

これ が   自由 ヒモ で ございます か ?

この 収束 点 に   炎症 を 起こして る 虫 垂根 部 が あり ます

風 が 変わった ど 火 は 回らん ど かい !

( 長 州 藩士 C ) 狙う は 奸賊 薩摩 軍 の 首領   西郷 の 首

≪( 山田 ) 膿 が … 穿 孔性 の 腹膜炎 です

虫 垂 の 先端 の 炎症 が ひどく 腹壁 に 癒着 して る んです

示 指 を 入れ   はく離 し ます

( 騒ぐ 声 が 聞こえる )

何 が ?

≪( 藩 医 A ) お はん 達 は 何者 じゃ ?

そこ に おる の が 西郷 じゃ ! 手術 中 です よ !

出て って ください ! 目 が …  目 が !

≪( 藩 医 A ) 曲者 じゃ   曲者 じゃ っど

≪( 長 州 藩士 D ) おのれ   薩賊

屋敷 に 潜りこま れる なんど 恥さらし も よか とこ じゃ   埋め れ

≪( 山田 ) 南方 先生

南方 先生 !

患者 が 死に ま する ぞ !

もう   まいり ましょう   先生

おい   ほれ ほれ   これ を 使う が じゃ

≪ ありがとう ございます か まん   かま ん

≪( 龍 馬 ) 先生 !

薩摩 屋敷 に 連れて いかれ たっちゅう て

どう な っち ょる かち 思い よった が じゃ

どう いた ?

≪( 山田 ) あの 長 州 の 御 仁 は ?

お 仲間 の 方 が 来て 一緒に 出て いか れ ました

あの 体 で で ございます か ?

♪♪~( お 菊 の 母 ) ねん ね なされ ませ

ちょっと   まだ …

≪( 蟻 川 ) ペニシリン が なくなって しまい →

打つ手 も なく …

≪( 山田 ) 申し訳 あり ませ ん 実 は 薩摩 に 渡した の が

最後 の ペニシリン で ございました

〈 それ から 数 日間 〉

〈 俺 は   患者 を 見送り 続けた 〉

〈 俺 は 無力だった 〉

〈 神 の 定めた 歴史 の 前 に 〉

〈 俺 は 何の ため に 来た んだろう ?〉

〈 何 を する ため に   ここ へ 〉

〈 この 時代 へ 〉

≪( 龍 馬 )「 ほととぎす 地 に なく 声 は   有明 の 」

「 月 より 他 に 知る 人 ぞ なし 」→

久 坂 の 辞世 の 句 じゃ

「 故郷 を 思う 私 の 声 は 」

「 誰 に も 届く こと は なかった 」→

そんな とこ じゃ が

ワシ は   久 坂 の 声 を 聞いて しもう た

のう   先生

死んで いった もん ら に 報いる 方法 は

一 つ しか ないち 思わ ん かえ ?

も っぺ ん   生まれて き たい

そう 思える 国 に する こと じゃき

そう 思わ ん かえ ?

〈 だけど   龍 馬 さん も   また 〉

〈 志 半ば で   死 を 迎える のだ 〉

〈 そう 遠く ない 未来 に 〉

〈 運命 を 知っていれば 〉

〈 龍 馬 さん は   それ を 避ける こと が できる かも しれ ない 〉

龍 馬 さん は

これ から   この 国 を 一 つ に する ため 走り回り ます

お ッ ?  おお

だけど

その 途中 で

暗 …

おお ッ   先生 !  おい ッ   先生

《( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 これ も また   神 の 意志 な の か ?〉

〈 ならば   俺 は 〉

〈 俺 は   見送り 続ける しか ない のだろう か ?〉

〈 大切な 人 達 の 死 を 〉

≪( 龍 馬 ) おい ッ   先生 !

咲 さ ん

その 髪 って …

〈 神 の 定めた 死 を 〉

栄 さん

栄 さん

夢 か

お 気づき に なら れ ました か すいません

どうぜよ   先生 は ?

おうおう   先生

江戸 に 着いた ぜ よ

南方 先生 !

そんな …

≪( 栄 ) お 久しゅう ございます

この度 は …

良かった です

良かった

これ を   お 考え に なった の は 先生 で ございましょう ?

一口 食べて 分かり ました よ

咲 の 味 が   いたし ました ゆえ

どうして 食べて くださった んです か ?

意地でも 食べて やる もの か   と 思って いた ので ございます が

喜市 ちゃん が

毎日   毎日   足 を 運んで きて

≪( 栄 ) これ は もう   いたしかたない と 思い →

正直に 説明 した ので ございます →

私 は   もう 生きて い たく ない のだ と

すると   喜市 ちゃん は

《≪( 喜市 ) 奥 方 様 おい ら も   そう でした 》

《( 喜市 ) お っ 母さん が 死んだ とき おい ら も   コロリ から 》

《 助から なきゃ 良かった   って 思い ました 》

《 先生 に は 悪い けど   おい ら 助から なければ 良かった よ 》

《≪( 喜市 ) だ けど   おい ら   あれ から いい こと   いっぱい あり ました 》

《 私 は   喜市 ちゃん の ように 若く は あり ませ ぬ ゆえ 》

《≪( 喜市 ) 変わった こと だって いっぱい あり ます 》

《 ペニシリン が できて 治る 病 が 増えて 》

《 今度 は   脚気 に 効く お 菓子 が できて 》

《 南方 先生 が 来て 江戸 は   すごく 変わり ました 》

《≪( 喜市 ) だ から   これ から も きっと 変わり ます →》

《 咲 様 の こと   今 は 笑う 人 も いる かも しれ ませ ん けど →》

《 咲 様 は   きっと   江戸 で 初めて の 女 の お 医者 様 に なり ます →》

《 女 で お 医者 様 なんて すごい 事 だ と   おい ら 思い ます 》

《 えっ と …  だ から 》

《 奥 方 様 が 笑える 日 は 必ず 来 ます 》

《≪( 喜市 ) 南方 先生 が きっと そうして くれ ます 》

《 神様 は   乗り越え られる 試練 しか 与え ない んです 》

《 でも 笑え ない んです 》

《 死んだら   ダメな んです 》

《 生きて なきゃ   笑え ない んです 》

《 いただき ます ね 》

《 おいしい 》

≪( 栄 ) 私 は

あの 子 に 救わ れ ました

私 も です

この こと は   咲 さん に は ?

治った こと は 承知 して おり ます が 母 と は   まだ 会って は …

( 物音 )

あの …

負け は 許し ませ ん よ   咲 !

お前 は   戦 の ような 人生 を 歩む のでしょう

けれど   選んだ の は   お前 です

≪( 栄 ) 橘 の 家 に   泥 を 塗って も

その道 を 選んだ のです

ならば

勝ち なさい

橘 の 家 の ため に

同じ ような 生き 方 を 選ぶ 世 の 女子 達 の ため に も

道 を 開き なさい

母 は   ここ で 見て おり ます

くじける こと は 許し ませ ん よ

楽しみに して い ます

≪( 栄 ) 咲

〈 神 の 許した 行為 〉

〈 神 の 許さ なかった 行為 〉

〈 その 違い が   どこ に ある の か 俺 に は 分から ない 〉

〈 だけど   一 つ だけ 確かな こと が ある 〉

〈 この 手 を 止めて しまって は 〉

〈 何も 変わら ない と いう こと だ 〉

〈 橘 家 の 汚名 を そそぐ こと も 〉

〈 龍 馬 さん の 運命 を 変える こと も 〉

これ は …

《「 平成 二十二 年 」》

それ は   あの とき の ?

違い ます

ある 方 に   もらった んです

では   あの とき の もの も その方 が ?

分かり ませ ん

でも

この 出会い は   運命 だ と 思う んです

神 の 仕組んだ …

《 救え ~ ッ !》

〈 ならば   心 の まま に 〉

〈 まずは   江戸 の 町 を 〉

〈 脚気 から 救おう 〉

≪( 茜 ) 今   評判 の   あん ドーナツ あん ドーナツ だ よ →

脚気 に も 効く   仁 友 堂 が 作った 体 に いい   お 菓子 だ よ

( 町人 A ) 脚気 以外 も 診て くれる って

( B ) 薬 は 全部   菓子 らしい ぜ

あん ドーナツ 様様 で んな

先生   ど っか 行 か はる んで っか ? 松本 先生 の ところ に 行って き ます

行って らっしゃい で は   あと   よろしく お 願い し ます

〈 だが   この とき の 俺 は まだ 知ら なかった のだ 〉

〈 この   あん ドーナツ が 巻き起こす 出来事 を 〉

では   お 大事に ありがとう ございました

≪( 多紀 ) 止まれ !

元 えん 様

( 多紀 ) 久しぶりじゃ のう   玄 孝

〈 そして   それ が 〉

〈 仁 友 堂   最大 の 危機 を 招いて しまう こと を 〉

どっち 行った ? あっ ち だ   捜せ !

はい   頑張った   頑張った

もう 大丈夫 よ

〈 大いなる   神 の たくらみ を 〉

♪♪~


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.