image

JIN-仁-, JIN-仁- #11 (2)

火事 を 食い止める ため に 壊した って

ああ もし   その 人 が

家 に いる の を 知っていたら 壊し ました か ?

そんな もん   知る か よ

ただ …

あいつ は 「 壊せ 」 っ つった かも しん ねえ な

《 ほんとに いい の か ?  未来 》

《( 未来 ) これ が 成功 したら 何 千 人 も の 人 が 》

《 これ から 希望 を 持つ こと が できる 》

《 もし   失敗 して も その 礎 と なれる ん なら …》

《 この 手術 は ムダ じゃ ない 》

通 仙散 の 処方   お 願い し ます

お 願い し ます

はい !

( 佐分利 ) 悪性 の もの やった 場合 →

いったん 成功 して も 再発 や 転移 する こと も あり え ます

それ でも 手術 を 受けて もらえ ます か ?

もし …  うまく いか ず と も

あ ちき の 手術 は

先生 方 の ご 研鑽 の 一 つ と なり ん しょうか ?

もちろん です !

あ ちき なぞ が 医術 の お 役 に 立てる の なら

これほど の 喜び は   あり ん せ ん

この 命 …

お預け しん す

はい

ごめん なん し

ちい と   気 が ゆるみ …

治し ます よ

野 風 さん

全力 で

( 女将 ) 冗談 じゃ ない よ ! 身 請け は ご破算

乳 も 切る じゃ   うち は いい と こなし じゃ ない か

あの 子 に は   ずいぶん なじみ を 増やして もらった し

これ 以上   欲 は かき ます まい

あの 子 を …  よろしく お 願い し ます

長らく   お 世話に なり ん した

では   皆様

お さらば え

白 無垢で 出て いく と は ね

野 風 らしい こと だ よ

≪ おめでとう !

≪ 野 風   おめでとう !

《( 野 風 ) あたい …  菩薩 に なる よ 》

《 ありがとう ご ざん した   先生 》

《 先生 を   お守り くだ さいなん し 》

《 雪 に …  なり とう あり ん す 》

あん れ ?

空 が   ちょいと 高う なり ん した

( ご 隠居 ) 傷 物 など 願い下げ じゃ →

しかし   三隅 →

そち は   岩 を まったく 見抜け なかった と …

( 三隅 ) お 言葉 ながら あの 時 は 南方 医師 も 気づか ず

藩 医 を 続け たく ば   研鑽 を 積め

は は ~ ッ !

この 屈辱 …

忘れ ん ぞ   南方 め

ふつつか 者 で ござ りん す が よろし う お 願 いしん す

はい

≪( 佐分利 ) ごめん ください おら れ まっか ?

「 置いた まま の 薬 や 器具 を 取って こい 」 って →

あ ッ …  これ も

「 ごちそうさま でした 」 って

手術 でも なさる ので ございます か ?

野 風 さん の 乳 の 岩 を

手術 する こと に なった ので ございます か !?

あの …  いつ !?

《≪( 咲 ) 先生 は   野 風 さん を 》

《 見殺し に しよう と した んじゃ ない んです か !》

《 未来 さん の ため に 》

《 鬼 です よ ね   私 は 》

何 を   なさって る んです か ?

ああ …

写真   埋めよう と 思って

埋める と は !?

野 風 さん の 手術 を する こと に なった んです けど

手術 前 に 見ちゃ う と   また 決心 が にぶる かも しれ ない んで

申し訳 ございませ ぬ

後先 も 考え ず 勢い で 軽々しい こと を 申し上げ

先生 が …

どれほど の   お 気持ち で …

咲 さん に 言わ れた から じゃ ないで すよ

もしかしたら

未来 が 生まれ なく なる と は 限ら ない って 思った んです

手術 が 終わった 後 意外に もと に 戻って たり と か

未来 が 子供 に なって いたり と か

私 が 手術 さ れる 方 に なって いたり と か

もともと   信じ られ ない よう こと が 起こって る わけです から

何 が 起こって も おかしく ない と 思った んです

… と 言い ながら 埋めちゃ う んです けど ね

私 は 臆病です から

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ませ ん

試練 の 後 に は   きっと …

すばらしい 未来 が

ありがとう ございます   咲 さ ん

あ ッ …  縁談 どう なった んです か ?

あ ッ …

明日 が 結納 です

明日 ?

はい

うまく いって る んです ね

よかった です

では

世 と いう の は   万華鏡 の ような もの で は ない か と →

思う こと が あり ん す ほお ~

人 と いう 玉 が 筒 の 中 に 入れ られて おり

誰 か の 手 が それ を 回す ので お ざ りん す

ほんの 少し 回す だけ で 隣り合う 玉 が 変わり

すると   現れる 模様 も がらり と 変わる

浮世 の 面白 さ であり ん すよ

そん 話 を   いつか して やって くれ ん かえ ?

南方 仁 に

目 に 見える 模様 は 違え ど

実は   中 に ある 玉 は 決して 変わら ん ちゅう 話 を

〈 助けて も   助け られ なかった 人 達 〉

〈 俺 ごとき が 何 を しよう と 〉

〈 生まれる もの は 生まれ 死ぬ もの は 死ぬ 〉

〈 だ と したら 〉

〈 未来 が 生まれ ない と いう こと だけ は ない 〉

〈… と いう   考え も 絶対 に ある 〉

龍 馬 さん

ち っく と   野 風 の 顔 拝み に き ちょ った ぜ よ

明日   来 られ ない んです か ?

手術 の 間   待 っち ょる が が わしゃ   どうも   性 に 合わ ん き

大丈夫じゃ   先生

全部   うまく いく

先生 やったら   できる !

はい

〈 何の 確証 も ない の なら … そう 信じよう 〉

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ませ ん から

市井 の 者 ども は 女 郎 の 乳 の 岩 の こと など 知ら ず →

まるで   大 殿様 が 女 郎 ごとき に

肘 鉄砲 を 食わさ れた ような 話 に して おる

まことに   ゆゆしき 事態 じゃ !

( 藩士 ) これ は …

もし   女 郎 の 手術 中 に 何 か が 起き 失敗 でも すれば …

しこり の 大き さ は 一 寸

乳 頭 腫瘍 間 の 距離 も 一 寸

リンパ 節 さえ 大丈夫 なら

乳房 を 残す 形 で 手術 を し たい と 思って ます

乳房 を 残す こと など できる のです か !?

最終 判断 は   開いて から です が

できる だけ   残し たい と 思って ます

では   皆さん よろしく お 願い し ます

麻酔   効き ました

始め ます

≪( 中間 ) 蒲 毛 様 の 使者 の 方 が お 着き に なり ました

分かった

( 栄 ) まいり ましょう か

はい

よし …  咲 さ ん

《 咲 さ ん   メス 》

ああ …  すみません

メス   お 願い し ます は い

( 咲 が 泣いて いる )

咲 ?

母上 …

申し訳 ございませ ぬ

兄 上   そして   お 使者 様 →

あい すみ ませ ぬ が

この 結納 の 品 を お 受け する こと は でき ませ ぬ !

咲 !  何 を …

私 に は … まいら ねば なら ぬ 所 が ございます

ある 方 の 汗 を ふき に

まいら ねば なら ぬ 所 が ございまして !

≪( 使者 ) 橘 殿 !  一体   これ は いかなる …

この   うつ け 者 が !

自害 せよ ! 恭 太郎 !

女 だ てら に 医術 に 夢中に なり ようやく

まともに なった と 思えば この ざま !

今日 と いう 今日 は   許さ ん !

自ら でき ぬ と 言う の なら

≪( 使者 ) 橘 殿 ! 何も そこ まで せ ず と も …

行け   後 は 私 が 何とか する 兄 上 …

お ぬし の 面 など 二度と 見 とう は ない わ !

( 佐分利 ) これ は   岩 で は

摘出 し ます

( 佐分利 ) やはり   悪性 でした な

続いて   周囲 の 乳房 の 部分 切除

その後   念のため リンパ 節 郭清

お 武家 様   一体 …

我が 藩 の 大 殿様 に 恥 を かかせた 女 郎 が →

ここ に   かくまわ れ とる と 聞いた

何 を なさる ! 改める !

≪( 山田 ) お やめ ください !

中 で は   手術 が 行わ れて おり ます !

手術 中 に 踏み込ま れれば 患者 は 死に …

うるさい ! ああ ッ !

続け ましょう

≪( 山田 ) お やめ ください !

お やめ ください !

切離 部分 から の 出血 が 多い で す 止血 しきれ ま へん !

結 紮 止血 し ます   鉗子 !

針   糸

先生   しかし   これ で は …

≪( 咲 ) お やめ ください まし !

何 人 たり と も   消毒 する こと なく

手術 室 に 入る こと は 許さ れ ませ ぬ !

ここ は   医者 の 聖域 にて ございます

何 人 たり と も 許可 なく 入る こと は かない ませ ぬ

どうぞ   お 引き取り を

女 の 出る 幕 で は ない わ   どけ ッ !

どうしても   入る と おっしゃる なら

ここ で 命 を 絶ち ます !

どちら の ご 家中 か は 存じ 上げ ませ ん が

このような 所業 は 討ち入り も 同然 !

あなた 方 も ご 覚悟   召さ れ ませ !

咲 さ ん …

どう し ます ?  先生   先 に

続け ます

止血 完了

この後   一部   リンパ 節 郭清

ドレーン 留置 後   縫 合 に 入り ます

脅し じゃ 自害 など できる わけ が ない

南方 先生 …  お 早く

あ ッ … やはり な

行く ぞ 脅し で は ございませ ぬ

脅し で は ございませ ぬ !

何の   ご用 でしょう か !?

我が 藩 の 大殿 を 侮辱 した 女 郎 を 渡して いただこう か

大 殿様 が 彼女 を 捕らえろ と おっしゃった のです か ?

「 鈴 屋 」 さん から は 乳 の 岩 の 件 を 申し上げた ところ

「 残念だ が 仕方ない 養生 を する ように 」 と

温かい お 言葉 を いただいた と 聞き ました

これ は   本当に 大 殿様 の ご 指示 な んです か ?

咲 さ ん   大丈夫です か !?

大丈夫です

咲 さ ん   首 !

この くらい   何とも

今日 って   結納 じゃ ?

もう …

もう   あんまり ムチャ ばっかり し ないで ください

それ から   咲 さ ん …

ほんとに   ありがとう ございました

はい

あれ …  南方 先生 は ?

さあ

〈 俺 は   あらゆる 想像 を した 〉

〈 未来 が 消えて しまって る 以外 の あらゆる 未来 を 〉

〈 試練 の 後 に は 必ず 〉

〈 すばらしい 未来 が ある はずだ と 〉

え ッ …

野 風 さん   お 目覚め で ございます

咲 様 …  なぜ ?

咲 殿   南方 先生 は いずこ へ ?

あ ッ   捜して 伝えて き ます

いつも 走って ばかりです な   咲 殿 は

南方 先生 の 所 に

先生

ああ …

写真   消えて しまって

未来 さん が です か !? いえ

写真   そのもの が 消えて しまった んです

どういう こと な んでしょう ね

単に   未来 で あの 写真 を 撮った 瞬間 が

消滅 して しまった と いう こと な の か

私 と 未来 が 出会う と いう

未来   そのもの が なくなって しまった の か

それとも   私 は …

私 も 未来 も 生まれ ない 未来 を つくって しまった の か

もう   何も …

分から なく なって しまい ました

ある 日   突然 出て きたり する や も しれ ませ ぬ

突然   消えた わけで ございます から

でも ね   咲 さ ん

一 つ だけ 確かな こと は

私 が 解放 さ れ たって こと な んです

解放 ? これ で   もう …

未来 に 一喜一憂 する 必要 も ない じゃ ないで す か

これ から は 目の前 の こと だけ を 見て

ただ   懸命に 生きれば いい

もっと   ずっと …

ずっと   生き やすく なる

未来 の こと が 何も 分から なく なる なんて

うろたえて 絶望 して も いい はずな のに

何 か …

涙 も 出 ない んです よ ね

ただ   その こと に …

ほっと して る 自分 が いる んです

私 は …

本当に   ひどい

ひどい

ひどい の は …  私 です

「 未来 から 解放 さ れた 」 と おっしゃる 先生 に

私 は …  ほっと して おり ます

ひどい 女 で ございましょう

先生 が ひどい なら 私 も ひどう ございます

あちら で 待って おり ます ので

ここ に いて くれ ませ ん か ?

いて ください

あ ッ   野 風 さん お 気づき に なら れ ました

そう です か   よかった です

血色 も よろしくて

よかった です は い

よかった んです よ ね これ で

よかった んです よ ね

はい

よかった んです よ ね

はい

〈 俺 は   それ から 何度 も 〉

〈「 これ で よかった の か 」 と 聞き 〉

〈 咲 さん は   うな づき 続けた 〉

〈 尋ねて も   答えて も 何の 意味 も ない 〉

〈 でも   それ 以外 に …〉

〈 俺 は 知ら なかった のだ 〉

〈 朝 を 迎える 方法 を 〉

かない ん せ ん なあ

〈 そうして   日々 は   また つつがなく 過ぎて いった 〉

〈 俺 の 頭痛 も 写真 も 〉

〈 再び 現れる こと も なく 〉

( 龍 馬 ) ここ を 出て どう する が じゃ ?

しばらく は 「 仁 友 堂 」 で 下働き でも した 方 が

ええ が や ない かえ ?

先生 が   お 困り に なる と ふっと 現れ

先生 が さっと 手 を 出さ れる と

ポン と 望む もの を 渡さ れる のであり ん すよ

咲 様 は

ほ いたら わし ん とこ に 来る かえ ?

かまわ ん き   なあ

坂本 様 は とてつもない もの を 秘めた お方

あ ちき など で は お 相手 は つと ま りんせん

女子 は   みんな   そう 言う て わし を 袖 に する ぜ よ

けん ど   お まん は   ま っこ と それ で ええ が かえ ?

あ ッ …

見事に 治して いただき ん した



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

火事 を 食い止める ため に 壊した って

ああ もし   その 人 が

家 に いる の を 知っていたら 壊し ました か ?

そんな もん   知る か よ

ただ …

あいつ は 「 壊せ 」 っ つった かも しん ねえ な

《 ほんとに いい の か ?  未来 》

《( 未来 ) これ が 成功 したら 何 千 人 も の 人 が 》

《 これ から 希望 を 持つ こと が できる 》

《 もし   失敗 して も その 礎 と なれる ん なら …》

《 この 手術 は ムダ じゃ ない 》

通 仙散 の 処方   お 願い し ます

お 願い し ます

はい !

( 佐分利 ) 悪性 の もの やった 場合 →

いったん 成功 して も 再発 や 転移 する こと も あり え ます

それ でも 手術 を 受けて もらえ ます か ?

もし …  うまく いか ず と も

あ ちき の 手術 は

先生 方 の ご 研鑽 の 一 つ と なり ん しょうか ?

もちろん です !

あ ちき なぞ が 医術 の お 役 に 立てる の なら

これほど の 喜び は   あり ん せ ん

この 命 …

お預け しん す

はい

ごめん なん し

ちい と   気 が ゆるみ …

治し ます よ

野 風 さん

全力 で

( 女将 ) 冗談 じゃ ない よ ! 身 請け は ご破算

乳 も 切る じゃ   うち は いい と こなし じゃ ない か

あの 子 に は   ずいぶん なじみ を 増やして もらった し

これ 以上   欲 は かき ます まい

あの 子 を …  よろしく お 願い し ます

長らく   お 世話に なり ん した

では   皆様

お さらば え

白 無垢で 出て いく と は ね

野 風 らしい こと だ よ

≪ おめでとう !

≪ 野 風   おめでとう !

《( 野 風 ) あたい …  菩薩 に なる よ 》

《 ありがとう ご ざん した   先生 》

《 先生 を   お守り くだ さいなん し 》

《 雪 に …  なり とう あり ん す 》

あん れ ?

空 が   ちょいと 高う なり ん した

( ご 隠居 ) 傷 物 など 願い下げ じゃ →

しかし   三隅 →

そち は   岩 を まったく 見抜け なかった と …

( 三隅 ) お 言葉 ながら あの 時 は 南方 医師 も 気づか ず

藩 医 を 続け たく ば   研鑽 を 積め

は は ~ ッ !

この 屈辱 …

忘れ ん ぞ   南方 め

ふつつか 者 で ござ りん す が よろし う お 願 いしん す

はい

≪( 佐分利 ) ごめん ください おら れ まっか ?

「 置いた まま の 薬 や 器具 を 取って こい 」 って →

あ ッ …  これ も

「 ごちそうさま でした 」 って

手術 でも なさる ので ございます か ?

野 風 さん の 乳 の 岩 を

手術 する こと に なった ので ございます か !?

あの …  いつ !?

《≪( 咲 ) 先生 は   野 風 さん を 》

《 見殺し に しよう と した んじゃ ない んです か !》

《 未来 さん の ため に 》

《 鬼 です よ ね   私 は 》

何 を   なさって る んです か ?

ああ …

写真   埋めよう と 思って

埋める と は !?

野 風 さん の 手術 を する こと に なった んです けど

手術 前 に 見ちゃ う と   また 決心 が にぶる かも しれ ない んで

申し訳 ございませ ぬ

後先 も 考え ず 勢い で 軽々しい こと を 申し上げ

先生 が …

どれほど の   お 気持ち で …

咲 さん に 言わ れた から じゃ ないで すよ

もしかしたら

未来 が 生まれ なく なる と は 限ら ない って 思った んです

手術 が 終わった 後 意外に もと に 戻って たり と か

未来 が 子供 に なって いたり と か

私 が 手術 さ れる 方 に なって いたり と か

もともと   信じ られ ない よう こと が 起こって る わけです から

何 が 起こって も おかしく ない と 思った んです

… と 言い ながら 埋めちゃ う んです けど ね

私 は 臆病です から

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ませ ん

試練 の 後 に は   きっと …

すばらしい 未来 が

ありがとう ございます   咲 さ ん

あ ッ …  縁談 どう なった んです か ?

あ ッ …

明日 が 結納 です

明日 ?

はい

うまく いって る んです ね

よかった です

では

世 と いう の は   万華鏡 の ような もの で は ない か と →

思う こと が あり ん す ほお ~

人 と いう 玉 が 筒 の 中 に 入れ られて おり

誰 か の 手 が それ を 回す ので お ざ りん す

ほんの 少し 回す だけ で 隣り合う 玉 が 変わり

すると   現れる 模様 も がらり と 変わる

浮世 の 面白 さ であり ん すよ

そん 話 を   いつか して やって くれ ん かえ ?

南方 仁 に

目 に 見える 模様 は 違え ど

実は   中 に ある 玉 は 決して 変わら ん ちゅう 話 を

〈 助けて も   助け られ なかった 人 達 〉

〈 俺 ごとき が 何 を しよう と 〉

〈 生まれる もの は 生まれ 死ぬ もの は 死ぬ 〉

〈 だ と したら 〉

〈 未来 が 生まれ ない と いう こと だけ は ない 〉

〈… と いう   考え も 絶対 に ある 〉

龍 馬 さん

ち っく と   野 風 の 顔 拝み に き ちょ った ぜ よ

明日   来 られ ない んです か ?

手術 の 間   待 っち ょる が が わしゃ   どうも   性 に 合わ ん き

大丈夫じゃ   先生

全部   うまく いく

先生 やったら   できる !

はい

〈 何の 確証 も ない の なら … そう 信じよう 〉

神 は 乗り越え られる 試練 しか 与え ませ ん から

市井 の 者 ども は 女 郎 の 乳 の 岩 の こと など 知ら ず →

まるで   大 殿様 が 女 郎 ごとき に

肘 鉄砲 を 食わさ れた ような 話 に して おる

まことに   ゆゆしき 事態 じゃ !

( 藩士 ) これ は …

もし   女 郎 の 手術 中 に 何 か が 起き 失敗 でも すれば …

しこり の 大き さ は 一 寸

乳 頭 腫瘍 間 の 距離 も 一 寸

リンパ 節 さえ 大丈夫 なら

乳房 を 残す 形 で 手術 を し たい と 思って ます

乳房 を 残す こと など できる のです か !?

最終 判断 は   開いて から です が

できる だけ   残し たい と 思って ます

では   皆さん よろしく お 願い し ます

麻酔   効き ました

始め ます

≪( 中間 ) 蒲 毛 様 の 使者 の 方 が お 着き に なり ました

分かった

( 栄 ) まいり ましょう か

はい

よし …  咲 さ ん

《 咲 さ ん   メス 》

ああ …  すみません

メス   お 願い し ます は い

( 咲 が 泣いて いる )

咲 ?

母上 …

申し訳 ございませ ぬ

兄 上   そして   お 使者 様 →

あい すみ ませ ぬ が

この 結納 の 品 を お 受け する こと は でき ませ ぬ !

咲 !  何 を …

私 に は … まいら ねば なら ぬ 所 が ございます

ある 方 の 汗 を ふき に

まいら ねば なら ぬ 所 が ございまして !

≪( 使者 ) 橘 殿 !  一体   これ は いかなる …

この   うつ け 者 が !

自害 せよ ! 恭 太郎 !

女 だ てら に 医術 に 夢中に なり ようやく

まともに なった と 思えば この ざま !

今日 と いう 今日 は   許さ ん !

自ら でき ぬ と 言う の なら

≪( 使者 ) 橘 殿 ! 何も そこ まで せ ず と も …

行け   後 は 私 が 何とか する 兄 上 …

お ぬし の 面 など 二度と 見 とう は ない わ !

( 佐分利 ) これ は   岩 で は

摘出 し ます

( 佐分利 ) やはり   悪性 でした な

続いて   周囲 の 乳房 の 部分 切除

その後   念のため リンパ 節 郭清

お 武家 様   一体 …

我が 藩 の 大 殿様 に 恥 を かかせた 女 郎 が →

ここ に   かくまわ れ とる と 聞いた

何 を なさる ! 改める !

≪( 山田 ) お やめ ください !

中 で は   手術 が 行わ れて おり ます !

手術 中 に 踏み込ま れれば 患者 は 死に …

うるさい ! ああ ッ !

続け ましょう

≪( 山田 ) お やめ ください !

お やめ ください !

切離 部分 から の 出血 が 多い で す 止血 しきれ ま へん !

結 紮 止血 し ます   鉗子 !

針   糸

先生   しかし   これ で は …

≪( 咲 ) お やめ ください まし !

何 人 たり と も   消毒 する こと なく

手術 室 に 入る こと は 許さ れ ませ ぬ !

ここ は   医者 の 聖域 にて ございます

何 人 たり と も 許可 なく 入る こと は かない ませ ぬ

どうぞ   お 引き取り を

女 の 出る 幕 で は ない わ   どけ ッ !

どうしても   入る と おっしゃる なら

ここ で 命 を 絶ち ます !

どちら の ご 家中 か は 存じ 上げ ませ ん が

このような 所業 は 討ち入り も 同然 !

あなた 方 も ご 覚悟   召さ れ ませ !

咲 さ ん …

どう し ます ?  先生   先 に

続け ます

止血 完了

この後   一部   リンパ 節 郭清

ドレーン 留置 後   縫 合 に 入り ます

脅し じゃ 自害 など できる わけ が ない

南方 先生 …  お 早く

あ ッ … やはり な

行く ぞ 脅し で は ございませ ぬ

脅し で は ございませ ぬ !

何の   ご用 でしょう か !?

我が 藩 の 大殿 を 侮辱 した 女 郎 を 渡して いただこう か

大 殿様 が 彼女 を 捕らえろ と おっしゃった のです か ?

「 鈴 屋 」 さん から は 乳 の 岩 の 件 を 申し上げた ところ

「 残念だ が 仕方ない 養生 を する ように 」 と

温かい お 言葉 を いただいた と 聞き ました

これ は   本当に 大 殿様 の ご 指示 な んです か ?

咲 さ ん   大丈夫です か !?

大丈夫です

咲 さ ん   首 !

この くらい   何とも

今日 って   結納 じゃ ?

もう …

もう   あんまり ムチャ ばっかり し ないで ください

それ から   咲 さ ん …

ほんとに   ありがとう ございました

はい

あれ …  南方 先生 は ?

さあ

〈 俺 は   あらゆる 想像 を した 〉

〈 未来 が 消えて しまって る 以外 の あらゆる 未来 を 〉

〈 試練 の 後 に は 必ず 〉

〈 すばらしい 未来 が ある はずだ と 〉

え ッ …

野 風 さん   お 目覚め で ございます

咲 様 …  なぜ ?

咲 殿   南方 先生 は いずこ へ ?

あ ッ   捜して 伝えて き ます

いつも 走って ばかりです な   咲 殿 は

南方 先生 の 所 に

先生

ああ …

写真   消えて しまって

未来 さん が です か !? いえ

写真   そのもの が 消えて しまった んです

どういう こと な んでしょう ね

単に   未来 で あの 写真 を 撮った 瞬間 が

消滅 して しまった と いう こと な の か

私 と 未来 が 出会う と いう

未来   そのもの が なくなって しまった の か

それとも   私 は …

私 も 未来 も 生まれ ない 未来 を つくって しまった の か

もう   何も …

分から なく なって しまい ました

ある 日   突然 出て きたり する や も しれ ませ ぬ

突然   消えた わけで ございます から

でも ね   咲 さ ん

一 つ だけ 確かな こと は

私 が 解放 さ れ たって こと な んです

解放 ? これ で   もう …

未来 に 一喜一憂 する 必要 も ない じゃ ないで す か

これ から は 目の前 の こと だけ を 見て

ただ   懸命に 生きれば いい

もっと   ずっと …

ずっと   生き やすく なる

未来 の こと が 何も 分から なく なる なんて

うろたえて 絶望 して も いい はずな のに

何 か …

涙 も 出 ない んです よ ね

ただ   その こと に …

ほっと して る 自分 が いる んです

私 は …

本当に   ひどい

ひどい

ひどい の は …  私 です

「 未来 から 解放 さ れた 」 と おっしゃる 先生 に

私 は …  ほっと して おり ます

ひどい 女 で ございましょう

先生 が ひどい なら 私 も ひどう ございます

あちら で 待って おり ます ので

ここ に いて くれ ませ ん か ?

いて ください

あ ッ   野 風 さん お 気づき に なら れ ました

そう です か   よかった です

血色 も よろしくて

よかった です は い

よかった んです よ ね これ で

よかった んです よ ね

はい

よかった んです よ ね

はい

〈 俺 は   それ から 何度 も 〉

〈「 これ で よかった の か 」 と 聞き 〉

〈 咲 さん は   うな づき 続けた 〉

〈 尋ねて も   答えて も 何の 意味 も ない 〉

〈 でも   それ 以外 に …〉

〈 俺 は 知ら なかった のだ 〉

〈 朝 を 迎える 方法 を 〉

かない ん せ ん なあ

〈 そうして   日々 は   また つつがなく 過ぎて いった 〉

〈 俺 の 頭痛 も 写真 も 〉

〈 再び 現れる こと も なく 〉

( 龍 馬 ) ここ を 出て どう する が じゃ ?

しばらく は 「 仁 友 堂 」 で 下働き でも した 方 が

ええ が や ない かえ ?

先生 が   お 困り に なる と ふっと 現れ

先生 が さっと 手 を 出さ れる と

ポン と 望む もの を 渡さ れる のであり ん すよ

咲 様 は

ほ いたら わし ん とこ に 来る かえ ?

かまわ ん き   なあ

坂本 様 は とてつもない もの を 秘めた お方

あ ちき など で は お 相手 は つと ま りんせん

女子 は   みんな   そう 言う て わし を 袖 に する ぜ よ

けん ど   お まん は   ま っこ と それ で ええ が かえ ?

あ ッ …

見事に 治して いただき ん した


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.