image

JIN-仁-, JIN-仁- #10

( 咲 ) 先生   実は   私 …

実は … ( 仁 ) はい

ああ ッ …

先生   どう なさった の です か !?  先生 !

《( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 そう か   あれ は …〉

( 咲 ) 先生 !

先生 !

先生   先生 !→

先生 !

≪( 咲 ) 脈 も 呼吸 も 正常です し

お 疲れ が 出た んだ と 思い ます

( 橘 ) 咲

こんな とき に 何 だ が その   縁談 の …

あの …  返事 は   もう しばし

≪( 橘 ) そう で は ない

よい 話 で は ある が 無理に 決める こと は ない

お前 に は   今 打ち込む もの が ある のだ から

兄 上 …

ない …

≪( 男 ) 坂本 殿 で いらっしゃる か ?

( 龍 馬 ) ほう じゃ が ?

久 坂 殿 から の   お 返事 に ございます

久 坂 殿 は   ペニシリン なる 薬 に 非常に 興味 を 持って い ます

考え は 別に   一 度   話 を し たい と

ち っく と 待 っと ー せ 今   返事 を 書く き

おい   誰 かおる かえ ?  紙 と 筆 じゃ

( 久 坂 ) 気 が 多い やつ じゃ

〈 もし   あれ が 〉

〈 あれ が   俺 だった と したら 〉

〈 俺 は   俺 の 手術 を した こと に なる 〉

〈 そんな こと が あり える んだろう か ?〉

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 あの 声 は   龍 馬 さん だった し だ と したら …〉

〈 やっぱり   龍 馬 さん な の か ?〉

〈 あれ が   龍 馬 さん で タイム スリップ して きた と したら 〉

〈 龍 馬 暗殺 は なく なる ?〉

と は   かぎら ない よ なあ

大体   あの 人

ホントに   坂本 龍 馬 な の か なあ

違う んじゃ ない か なあ

あれ !?

≪( 咲 ) お 目覚め で ございます か ? はい

これ を   お 探し で ございます か ?

あの …

倒れ られた とき に 落とさ れた ようで

あの   一 枚 で よろしゅう ございます か ?

え ッ ?

別の 絵柄 の もの も あった ような 気 が する のです が

ああ   一 枚 で

すいません   いつも いつも

また   薄く なって る

やはり   そう で ございます よ ね

以前   拝見 した とき より も

未来 さん の お 色 が 薄く なって いる ような …

≪( 栄 ) 南方 先生 に お 客 様 で ございます

≪( 彦三郎 ) 実は   野 風 の 身 請け が 決まった のです

あの   身 請け って ?

( 彦三郎 ) 二千五百 両 で   野 風 の 身 を 吉原 より 請け 出し

妾 に と 望ま れて いる 方 が おら れ まして

二千五百 !

これ 以上 ない ような 幸運な お 話 で ございます

それ で   実は   身 請け の 前 に は

体 の お 調べ と いう もの が ございまして

それ を 先生 に やって いただき たい のです

え ッ …

これ は   野 風 の 最後 の 望み な のです

あの 夜   野 風 は   先生 と の 思い出 を つくり たかった んだ と 思い ます →

その 思い出 を 最後に

身 請け 先 に 行く つもりだった の か と

え ッ ?

え ッ …

身 請け 先 は   ご 家 門 の ご 隠居 さま で ございます

身 請け さ れたら   最後 野 風 は 広い 屋敷 の 塀 の 中

二度と   先生 に 会う こと も でき ませ ぬ

どうか   最後 の 望み を かなえて やって ください ませ

野 風 さん の お 調べ は なさる ので ございます か ?

行か なければ   未来 は 生まれ なく なる かも しれ ませ ん

生まれ なく なる と は ?

咲 さん の おっしゃった とおり

写真 の 未来 は   以前 より 薄く なって しまって る んです

ただ   一瞬 だけ 色 の 戻った 瞬間 と いう の が あって

その とき と いう の が

野 風 さん が   身 請け を 前向きに 考えて くれて いた とき の ようで

つまり   未来 は   野 風 さん と

その 身 請け 先 の 方 と の 間 の 子孫 で

野 風 さん が 身 請け 先 に 行か なければ

未来 は 生まれ ない って こと な んじゃ ない か と

では   今 も 身 請け が 飛んで しまう ような

状態 に ある と いう こと です か ?

考え たく ない んです けど

最悪   自害 と か …

え ッ ?

だって   わりと   皆   すぐ 自害 と かって 言い出す し

お 調べ は お 受け した ほう が いい か と

あの   先生

私 も   その お 調べ に 同席 する こと は でき ます か ?

〈 さらなる 異変 が 起こった の は 〉

〈 その 夜 の こと だった 〉

〈 あの とき と 同じ 痛み 〉

〈 もし かして これ は   タイム スリップ の 〉

〈 予兆 な んだろう か 〉

〈 だ と する と   俺 は   やはり 〉

〈 あの 患者 と して あの とき へ 戻って いく の か ?〉

〈 でも   じゃあ あの 龍 馬 さん の 声 は …〉

〈 今   ここ で 戻ったら 〉

〈 未来 は   一体 どう なって …〉

〈 予感 が する 〉

〈 何もかも が   もう すぐ …〉

〈 終わる 〉

〈 小さな 蝶 の 引き起こした 嵐 は 〉

〈 起こした 蝶 を も 巻き込んで 〉

〈 時 の 波間 に   消えて いく ので は ない だろう か ?〉

♪♪~

身 請け 先 の 藩 医 を して おり ます

三隅 俊 斉 と 申し ます

南方 仁 と 申し ます

このたび は   花魁 の わがままで

このような   お 調べ の 形 に なって しまい

三隅 先生 に は まことに   かたじけなく

いえいえ   南方 先生 の ご 高名 は 伺って おり ます し

本日 は   よろしく お 願い いたし ます

こちら こそ   よろしく お 願い し ます

あの …

( 野 風 ) か の 心 に 決めた お方 と やら は

強敵 であり ん した お 聞き に なら れた のです か ?

どこ の 誰 と は しかと 教えて いただけ ず

けん ど   その方 へ の お 気持ち は

伝わって きん した

あ ちき を   その方 と 思え と

誘った であり ん す が …

むなしい 試み であり ん した

野 風 さん は   諦めきれる ので ございます か ?

そういう 思い は   時 の 流れ の 中 で

忘れて いける もの な ので ございます か ?

でき ぬ から …

こうして おり ん す

え ッ ?

では   心 音 を 調べ ます

失礼 し ます

続いて   乳房 の 検診 を 行い ます

右手 を 上げて ください

失礼 し ます

では   左手 を 上げて ください

失礼 し ます

先生

何 か あり ん した か ?

いえ

三隅 先生   どうぞ

( 茜 ) 黒 米 いなり   いかがです か ?

特に   問題 は 見当たり ませ ぬ

健やかな   お 体 か と

≪( 三隅 ) 南方 先生 の   お 見立て は ?

私 も   三隅 先生 と 同じです

そりゃ   まこと であり ん す か ?

はい

あの   もし   お 調べ で 何 か 病気 が 発覚 したら

どう なる んです か ?

ささいな 病 なら 問題 は ございませ ぬ が

大病 です と   身 請け が ご破算 に なる こと も ございます

あの …  何 か ?

いえ   後 学 の ため に お伺い した だけ です

〈「 何とぞ   もう 一 度   お 調べ を 」〉

南方 先生 が おっしゃる のであり ん す から …

〈 野 風 さん の 胸 に は しこり が あった 〉

〈 でも   それ は 小さく 感触 も 定かで は ない 〉

〈 悪性 の 腫瘍 だ と 判断 する こと は でき ない レベル の もの だ 〉

《 私 も   三隅 先生 と 同じです 》

〈 だ から   あれ は   嘘 で は ない 〉

濃く なって る

〈 これ で いい んだ 〉

〈 未来 に は   生まれる 権利 が ある んだ から 〉

( 佐分利 ) すぐ 終わり ます から ね

( 山田 ) 大丈夫です か ?

( 福田 ) これ は   飯 の 前 に お 湯 で 飲んで ください

ありがとう ございます お 大事に

≪( 栄 ) すぐに   お 祝い に あがろう と 思って いた のです が →

何かと 立て込んで おり 三 月 も たって しまい まして

ねえ   咲 ?

あ ッ …  はい

( ご 婦人 ) かえって ありがたく 存じ ます →

生まれて すぐで は 落ち着き ませ ぬ ゆえ

いら せ られ ませ

≪( ご 婦人 ) し のです 抱いて やって ください ます か ?

かわいらしい

どうぞ

乳 瘍 に は   神 水 膏 や 伯州 散 が 効き ます が

岩 に 効く もの と いう の は … そうです よ ね

どなた か   乳 に 岩 が ある のです か ?

いえ   後 学 の ため に と 思って

乳 がん と いえば 華岡 流 で ございましょう なあ

華岡 流 …  でも   その 華岡 流 でも 切って 治す んです よ ね ?

そう だ と は 思い ます が

あそこ は   門弟 以外 に は 一切 を 秘密に する ので

教えて さしあげて は どう だ ?  お ぬし

華岡 流 で 学んで おった ので は ない の か ?

そう な んです か ?

その 噂   困る んです よ ね

ど っ から   そんな 根 も 葉 も ない 話 が 出て る ん か 知り ま へん けど

違う んです か

見て いる だけ で 幸せな 心地 に なり ます ね

赤子 と いう の は

それ が 女 の 幸せ と いう もの だ と 思う のです よ   咲

え ッ ?

医術 が おもしろい の は 分かり ます

ですが   この先 どう する つもりです か ?

子 を 生む だけ が 女 の 幸せで は ない と …

慕って いる の は あなた だけ に 見え ます よ

咲 さ ん   お 帰り なさい

先生 は …

ずっと そう な のでしょう ね

何 が です か ?

《 先生   実は …》

そう だ   何 か 話 が あった んじゃ ?

すいません うやむやに しちゃ って

あの   何 だった んです か ?

何 だった んです か って …

私 は …

たいした こと で は ございませ ぬ ゆえ

どうぞ   そのまま お 忘れ ください !

な ~ んじゃ ご機嫌ななめじゃ のう

ああ   そこ で   鈴 屋 の 若い 衆 から もろう た ぜ よ

ち っく と 話 が ある ぜ よ

何 か あった の か ?  咲

兄 上   お 願い が ございます

≪( 野 風 )「 先日 の お 調べ の こと ありがとう ござ りん した 」

「 これ で   心置きなく 身 請け の 日 を 迎え られ ん す 」

これ で   野 風 と も   もう 会え ん ように なる のう

そんな 顔 する き 咲 殿 も 怒る が ぜ よ

え ッ ?

ほか の 女子 の ことば ー っか り 気 を 取ら れ ち ょる き

ヤキモチ じゃ

ヤキモチ って   何で です か ?

え ッ   まさか   先生

気づ い ちょ らん かった が かえ ?

え ッ ?

咲 殿 は   どう いて   ここ まで

先生 に 親切に して くれた と 思う ち ょる が じゃ ?

それ は   医術 に 興味 が あって

あ ほう が !

好 いち ょる から じゃ !

でも   嫌わ れて は い ない と 思い ます けど

そういう たぐい の 好意 と 限った こと で は

信じ ん が やったら 誰 に でも 聞いて みたら えい

みんな   わし と 同じ 答え じゃ ち 思う ぜ よ

なんちゅう 面 じゃ

一緒に なる 気 は ない が かえ ?  咲 殿 と

《 先生 は   私 の 運命 を 変え ました よ 》

《 もの 言わ ぬ 写真 と やら に 問いかける より は …》

〈 振り返って みれば 〉

〈 思い当たる こと は 山 の ように あり 〉

ない が かえ ?  一緒に なる 気 は

まあ   えい

すま ん けん ど   明日 つき お うて くれ ん かのう ?

はい

言う た ぜ よ !

〈 気づか なかった と は いえ 〉

〈 自分 は   どれ だけ   咲 さん に 酷な こと を して きた の か と …〉

野 風 さん   諦めきれ ぬ から

このような こと を して いる と おっしゃった で は ないで す か

ああ …

あれ は   もう   す みん した こと ゆえ

では   先生 の こと は   もう 諦め られた と ?

咲 さま は   あ ちき に 何 を お 聞き に なり たく ?

実は   私 に も 縁談 が きて おり まして

野 風 さん に   ご 相談 に

女 郎 に   縁談 の ご 相談 であり ん す か ?

野 風 さん が   一 番   分かって くださる ので は と 思った のです

同じ ような 状態 で 同じ 方 を 慕って

… いる わけで ございます から

あの   こういう 気持ち と いう の は

思い切って 嫁いで しまえば 忘れ られる もの な のでしょう か ?

私 は   このような こと は 初めて な ので

まったく 分から ず …

あ ちき は   咲 さま が 大好きであり ん すよ

諦め られ ん した

と 申せば   嘘 に なり ん す

けん ど   もう   あ ちき に は

身 請け に いく より ほか 道 が ない のであり ん すよ

もとより   女 郎 が 身 請け を 断る こと は でき ぬ   しきたり

けん ど   大病 など に なれば

話 が   ご破算 に なる こと は あり ん す

あ ちき は   それ を 狙って いた であり ん すよ

狙って いた   と は ?

あ ちき の 胸 に は   しこり が あり ん す

あ ちき の   お っ 母さん も 若く して 乳 に 岩 が でき

亡くなり ん した ゆえ

間違い なく   岩 だ と 思い ん して

お 調べ を   お 願 いしん した

けん ど   問題 は ない と   お 見立て で

あ ちき の 企て の ほう が ご破算 と なり ん した

しこり は   その後   大きく なったり は して おり ませ ぬ か ?

南方 先生 は   問題 は ない と おっしゃり ん した

もしかすると 見立て 違い と いう こと も …

先生 が 「 ない 」 と 言わ れる なら 「 ない 」 のであり ん す

でも …  でも   野 風 さん

もし そう なら   死 に 至る 病 です

恐ろしく は ない のです か ?

看板 が …

先生   咲 です   入り ます !

ああ   咲 さ ん

看板 が !

ペニシリン の 製造 所 に 診療 所 を 移そう か と 思い まして

やけど の 患者 さん に は   大量の ペニシリン が 必要でしょう し

その ほう が   効率 が いい か と

では   もう   ここ へ は 戻って こ られ ない と いう こと です か ?

すいません   いつも   いつも   急で

あの   先生

野 風 さん を   もう 一 度 診て あげて ください

野 風 さん は   胸 に しこり が ある と おっしゃって い ました

野 風 さん に 会った んです か ?

やはり   お 気づき だった のです ね

しこり が   すべて 岩 と は かぎり ませ ん し

乳 腺症 の 可能 性 も あり ます し

たとえ   岩 だ と して も   良性 の もの であれば 問題 ない んです

野 風 さん の 母上 は   乳 に できた 岩 で 亡くなった そうです

子 が 親 に 似る の は 道理で ございます

悪い 岩 の 可能 性 も 高い ので は ない でしょう か ?

そう であった に して も

私 は   乳 がん を 扱った 経験 は ほとんど あり ませ ん し

悪性 か どう か を   触 診 だけ で 判断 する こと なんか でき ませ ん

乳 がん の 診断 に は この 時代 に は ない 特別な 機械 が …

今 まで は   立ち向かって らし たで は ないで す か !

先生 は   野 風 さん を   見殺し に しよう と した んじゃ ない んです か

未来 さん の ため に !

未来 さん が 大切な の は 分かり ます

でも   野 風 さん は

野 風 さん は   先生 の 命 を 救って くれた 方 じゃ ない んです か !

野 風 さん を   助けて 差し上げ たい と は 思わ れ ない のです か !?

鬼   です よ ね

私 は

いいえ

でも   咲 は   もう

耐え られ ませ ぬ

医術 は   時として

体 ばかり で なく

心 まで も 裸 に して しまい ます

咲 は   もう

むきだしの 心 を

見て は おら れ ませ ぬ

母上

縁談 を すすめて ください ませ

正しい 分別 だ と 思い ます よ

はい

《 野 風 さん を 助けて 差し上げ たい と は 思わ れ ない のです か !?》

《 どうか   お 役立て くださ ん し 》

《 この 音 だけ が   あ ちき の 》

《 まこと であり ん す 》

しょうがない じゃ ない か

残り の 荷物 は 徐々に 運び に き ます んで

患者 さん 達 が いらっしゃったら どのように ?

毎日   誰 かしら 来る ように し ます

患者 さん は   製造 所 の ほう へ 随時   ご 案内 し ます ので

寂しく なり ます ね

すみません   遅く なって しまって

これ を

これ は ?

お 弁当 です

これ くらい しか 私 に は でき ませ ぬ ゆえ

南方 先生

今 まで   ありがとう ございました

先生 と 出会い その 医術 を 学べた こと は

私 の 人生 の 宝 で ございます

私 に とって   医術 は

生まれて 初めて   夢中に なり

打ち込めた もの でした

中途半端な 結果 に は なって しまい ました けど

これ から は   嫁ぎ 先 の 夫 や

両親 や

ゆくゆくは   子供 に

この 知識 を 使えれば と 思って おり ます

嫁ぎ 先 って ? 縁談 が きて おり まして

言おう 言おう と 思って いた のです が …

私 など   先 様 に 断ら れる や も しれ ませ ぬ が

大丈夫です よ   咲 さん なら

そう でしょう か

私 は …

咲 さん の 顔 を 見る と

いつも   ホッ と して い ました から

きっと   そういう 家 に なる んじゃ ない でしょう か

栄 さん   恭 太郎 さん

今 まで   本当に ありがとう ございました

咲 さ ん

お 幸せに

はい

医術 で は なく

南方 先生 だった ので は ない の か ?

お前 が 夢中に なった の は

咲 …

先生 に は

おら れる ので ございます

その方 の ため に なら

鬼 に も なろう と いう 方 が

あの   お 優しい 先生 を

そこ まで さ せて しまわ れる 方 が

私 の 出る 幕 など …

いつまで 待って も

ございませ ぬ

まことに   ここ で 寝泊まり さ れる ので ございます か ?

新しい 仁 友 堂 が できる まで です ので

ちなみに   これ は ?

咲 さん から   いただいて

ああ

一緒に 食べ ましょう か

≪( 山田 ) 珍しい で すな 弁当 に 揚げ 出し と は

おいしい んです よ 咲 さん の 揚げ 出し

お茶 を

《 私 の 揚げ 出し など いつでも 食べ られ ます 》

そ っか   もう 食べ られ ない って こと な んだ よ な

どう いて   つき お うて くれ 言う た 日 に

引っ越し する が じゃ ? え ッ ?

前 に   長 州 の 攘夷 派 の や から と 話 が できる ように なった き

ペニシリン の 効き目 と 使い 方 を 説明 して ほしい っち 言う た が かえ

いきて た んです か ?  その 話 ほ いたら   急ぐ ぜ よ

ちょっと   龍 馬 さん …

お初 に   お目にかかり ます

何 を 言う ち ょる 前 に も 会う ち ょる が じゃ

以前   お 会い した 坂本 殿 は

この 国 の ため に   共に   夷 てき を 打ち 払おう と さ れる

熱き 志士 で ございました

が   今   目の前 に おら れる の は

軍艦 奉行 並   勝 麟太郎 の 走 狗

別の 方 か と   お 見受け いたし ます

相変わらず   嫌 みな やつ じゃ のう

早く   ペニシリン と やら 見せよ

これ が ?

瘡毒 を 治す こと が できる 薬 じゃ

これ が あれば   お まん の 仲間 も こ じゃ ん と 助かる のう

今 から   見せちゃ る き

そい つ が   瘡毒 病み か ?

ああ

先生   頼む ぜ よ

はい

この 薬 を つくった 南方 と 申し ます

では   治療 を さ せて いただき ます

ペニシリン を 静脈 に 注射 し ます

五 ~ 六 刻 ほど で 効果 が み られ ます

少し   チクッ と し ます

赤み が 引いた ような …

ペニシリン が 瘡毒 の 菌 を 殺した んです

この 治療 を 続ければ 瘡毒 を 治す こと が でき ます

いくら で 買い取れる のじゃ ?

金 や ない

お まん ら は   長 州 を まとめて

ゆくゆくは   幕府 相手 に

戦 を 起こそう と して る が じゃ ろ

けん ど   お まん ら は 必ず   負ける

あほらしい   負ける 戦 ら は は な から   やめる が ぜ よ

そんな 暇 が あったら わし と 一緒に

こん   ペニシリン を 夷 てき 相手 に 売りつけ

金 を 巻き上げ そん金 で 船 を 造り

世界 に 冠たる 海軍 を つくり

夷 てき を 打ちか ます ぜ よ !

わし は   何も 変わ っ ちょ らん

〈 俺 は   歴史 に 詳しく ない から よく 分から ない が 〉

〈 俺 は   今   ものすごい シーン を 見て いる ので は ない だろう か 〉

考えて みよう

〈 これ は   維新 へ の 歴史 の 針 を 〉

〈 ひと 足 とび に   先 へ と 進める 出来事 な ので は ない だろう か 〉

すでに   ほか の 者 が …

〈 今 まで   先 の こと は 考え まい 〉

〈 目の前 の こと だけ を 見よう と やってきた けれど 〉

〈 俺 に 見え ない だけ で 〉

〈 ああいう こと は きっと 山ほど 起こって いる 〉

〈 歴史 を 変えて しまう と いう の は 〉

〈 本当に   罪深い 〉

龍 馬 さん

うん ?

申し訳 あり ませ ん   ペニシリン の 件 は ここ で 手 を 引か せて もらって も

い   いまさら 何 を 言い出す が ぜ よ   先生 !

薬 で   こういう 駆け引き を する の は …

駆け引き を せんか ったら 戦 が 起こり

失わ ん でも ええ 命 が 失わ れる ぜ よ

そう です が …

薬 は   命 を 救う もん じゃ

わしゃ   薬 を 使う て   前もって 命 を 救う ち ょる だけ じゃ

それ の   どこ がいかん が じゃ

戦 で 失わ れる べき 命 は

戦 で 失わ れる べき と いう か …

うん ?

戦 が 起こり   そこ で 死ぬ はずだった 男 の 人 が

死な ず に 生き残ったら どう なり ます か ?

そりゃ …

その 人 が   ある 女 の 人 と 子供 を つくる と し ます

つまり   その 女 の 人 は 本来   出会う はずだった

男 の 人 と は 出会わ なく なり 生まれる はずだった 子供 は

生まれ なく なる かも しれ ない んです

私 は   やはり   これ は いい こと だ と は …

先生 の 言おう と して る こと は いまひとつ 分から ん けん ど

そもそも   その 生まれる 子 の 父 と 母 に なる はず やった もん ら は

はじめ から 出会わ ん が やろう ?

父 と 母 も おら ん 生まれる 子 も おら ん

その 子 が 生まれ ん こと で

悲しむ もん も   困る もん も 誰 っちゃ おら ん ぜ よ

それ は   そう な んです けど …

先生 は   一体 どう いて そんな こと 言い出す が ぜ …

《 乙女 さん って いう   男 勝 り の お 姉さん   いらっしゃい ます か ?》

《 そんな こと を して は   歴史 が …》

先生

もし かして   先生 は …

わし ら の 運命 を 知 っち ょる が かえ

龍 馬 さん !

先生   わし は   あっ ち に 行く き

その 間 に   逃げ え でも …

行く ぜ よ !

龍 馬 さん !

うわ ーーーッ !

〈 俺 が …〉

〈 歴史 の 時計 の 針 を 進めた   ツケ 〉

〈 その ツケ が   龍 馬 さん に まわった と いう こと か 〉

《 南方 仁 が おれば 坂本 龍 馬 は 死な ん !》

《 助け ます よ   俺 が   この 手 で 》

龍 馬 さん

何 しちゅう   先生 !  戻る ぜ よ !

死んで は いけ ませ ん

坂本 龍 馬 は   こんな ところ で

何 を 言う ち ょる …

先生 !

戻る ぜ よ   先生 !

戻る ぜ よ !

龍 馬 さん …

龍 馬 さん !



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 咲 ) 先生   実は   私 …

実は … ( 仁 ) はい

ああ ッ …

先生   どう なさった の です か !?  先生 !

《( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 そう か   あれ は …〉

( 咲 ) 先生 !

先生 !

先生   先生 !→

先生 !

≪( 咲 ) 脈 も 呼吸 も 正常です し

お 疲れ が 出た んだ と 思い ます

( 橘 ) 咲

こんな とき に 何 だ が その   縁談 の …

あの …  返事 は   もう しばし

≪( 橘 ) そう で は ない

よい 話 で は ある が 無理に 決める こと は ない

お前 に は   今 打ち込む もの が ある のだ から

兄 上 …

ない …

≪( 男 ) 坂本 殿 で いらっしゃる か ?

( 龍 馬 ) ほう じゃ が ?

久 坂 殿 から の   お 返事 に ございます

久 坂 殿 は   ペニシリン なる 薬 に 非常に 興味 を 持って い ます

考え は 別に   一 度   話 を し たい と

ち っく と 待 っと ー せ 今   返事 を 書く き

おい   誰 かおる かえ ?  紙 と 筆 じゃ

( 久 坂 ) 気 が 多い やつ じゃ

〈 もし   あれ が 〉

〈 あれ が   俺 だった と したら 〉

〈 俺 は   俺 の 手術 を した こと に なる 〉

〈 そんな こと が あり える んだろう か ?〉

《≪( 男 ) 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 あの 声 は   龍 馬 さん だった し だ と したら …〉

〈 やっぱり   龍 馬 さん な の か ?〉

〈 あれ が   龍 馬 さん で タイム スリップ して きた と したら 〉

〈 龍 馬 暗殺 は なく なる ?〉

と は   かぎら ない よ なあ

大体   あの 人

ホントに   坂本 龍 馬 な の か なあ

違う んじゃ ない か なあ

あれ !?

≪( 咲 ) お 目覚め で ございます か ? はい

これ を   お 探し で ございます か ?

あの …

倒れ られた とき に 落とさ れた ようで

あの   一 枚 で よろしゅう ございます か ?

え ッ ?

別の 絵柄 の もの も あった ような 気 が する のです が

ああ   一 枚 で

すいません   いつも いつも

また   薄く なって る

やはり   そう で ございます よ ね

以前   拝見 した とき より も

未来 さん の お 色 が 薄く なって いる ような …

≪( 栄 ) 南方 先生 に お 客 様 で ございます

≪( 彦三郎 ) 実は   野 風 の 身 請け が 決まった のです

あの   身 請け って ?

( 彦三郎 ) 二千五百 両 で   野 風 の 身 を 吉原 より 請け 出し

妾 に と 望ま れて いる 方 が おら れ まして

二千五百 !

これ 以上 ない ような 幸運な お 話 で ございます

それ で   実は   身 請け の 前 に は

体 の お 調べ と いう もの が ございまして

それ を 先生 に やって いただき たい のです

え ッ …

これ は   野 風 の 最後 の 望み な のです

あの 夜   野 風 は   先生 と の 思い出 を つくり たかった んだ と 思い ます →

その 思い出 を 最後に

身 請け 先 に 行く つもりだった の か と

え ッ ?

え ッ …

身 請け 先 は   ご 家 門 の ご 隠居 さま で ございます

身 請け さ れたら   最後 野 風 は 広い 屋敷 の 塀 の 中

二度と   先生 に 会う こと も でき ませ ぬ

どうか   最後 の 望み を かなえて やって ください ませ

野 風 さん の お 調べ は なさる ので ございます か ?

行か なければ   未来 は 生まれ なく なる かも しれ ませ ん

生まれ なく なる と は ?

咲 さん の おっしゃった とおり

写真 の 未来 は   以前 より 薄く なって しまって る んです

ただ   一瞬 だけ 色 の 戻った 瞬間 と いう の が あって

その とき と いう の が

野 風 さん が   身 請け を 前向きに 考えて くれて いた とき の ようで

つまり   未来 は   野 風 さん と

その 身 請け 先 の 方 と の 間 の 子孫 で

野 風 さん が 身 請け 先 に 行か なければ

未来 は 生まれ ない って こと な んじゃ ない か と

では   今 も 身 請け が 飛んで しまう ような

状態 に ある と いう こと です か ?

考え たく ない んです けど

最悪   自害 と か …

え ッ ?

だって   わりと   皆   すぐ 自害 と かって 言い出す し

お 調べ は お 受け した ほう が いい か と

あの   先生

私 も   その お 調べ に 同席 する こと は でき ます か ?

〈 さらなる 異変 が 起こった の は 〉

〈 その 夜 の こと だった 〉

〈 あの とき と 同じ 痛み 〉

〈 もし かして これ は   タイム スリップ の 〉

〈 予兆 な んだろう か 〉

〈 だ と する と   俺 は   やはり 〉

〈 あの 患者 と して あの とき へ 戻って いく の か ?〉

〈 でも   じゃあ あの 龍 馬 さん の 声 は …〉

〈 今   ここ で 戻ったら 〉

〈 未来 は   一体 どう なって …〉

〈 予感 が する 〉

〈 何もかも が   もう すぐ …〉

〈 終わる 〉

〈 小さな 蝶 の 引き起こした 嵐 は 〉

〈 起こした 蝶 を も 巻き込んで 〉

〈 時 の 波間 に   消えて いく ので は ない だろう か ?〉

♪♪~

身 請け 先 の 藩 医 を して おり ます

三隅 俊 斉 と 申し ます

南方 仁 と 申し ます

このたび は   花魁 の わがままで

このような   お 調べ の 形 に なって しまい

三隅 先生 に は まことに   かたじけなく

いえいえ   南方 先生 の ご 高名 は 伺って おり ます し

本日 は   よろしく お 願い いたし ます

こちら こそ   よろしく お 願い し ます

あの …

( 野 風 ) か の 心 に 決めた お方 と やら は

強敵 であり ん した お 聞き に なら れた のです か ?

どこ の 誰 と は しかと 教えて いただけ ず

けん ど   その方 へ の お 気持ち は

伝わって きん した

あ ちき を   その方 と 思え と

誘った であり ん す が …

むなしい 試み であり ん した

野 風 さん は   諦めきれる ので ございます か ?

そういう 思い は   時 の 流れ の 中 で

忘れて いける もの な ので ございます か ?

でき ぬ から …

こうして おり ん す

え ッ ?

では   心 音 を 調べ ます

失礼 し ます

続いて   乳房 の 検診 を 行い ます

右手 を 上げて ください

失礼 し ます

では   左手 を 上げて ください

失礼 し ます

先生

何 か あり ん した か ?

いえ

三隅 先生   どうぞ

( 茜 ) 黒 米 いなり   いかがです か ?

特に   問題 は 見当たり ませ ぬ

健やかな   お 体 か と

≪( 三隅 ) 南方 先生 の   お 見立て は ?

私 も   三隅 先生 と 同じです

そりゃ   まこと であり ん す か ?

はい

あの   もし   お 調べ で 何 か 病気 が 発覚 したら

どう なる んです か ?

ささいな 病 なら 問題 は ございませ ぬ が

大病 です と   身 請け が ご破算 に なる こと も ございます

あの …  何 か ?

いえ   後 学 の ため に お伺い した だけ です

〈「 何とぞ   もう 一 度   お 調べ を 」〉

南方 先生 が おっしゃる のであり ん す から …

〈 野 風 さん の 胸 に は しこり が あった 〉

〈 でも   それ は 小さく 感触 も 定かで は ない 〉

〈 悪性 の 腫瘍 だ と 判断 する こと は でき ない レベル の もの だ 〉

《 私 も   三隅 先生 と 同じです 》

〈 だ から   あれ は   嘘 で は ない 〉

濃く なって る

〈 これ で いい んだ 〉

〈 未来 に は   生まれる 権利 が ある んだ から 〉

( 佐分利 ) すぐ 終わり ます から ね

( 山田 ) 大丈夫です か ?

( 福田 ) これ は   飯 の 前 に お 湯 で 飲んで ください

ありがとう ございます お 大事に

≪( 栄 ) すぐに   お 祝い に あがろう と 思って いた のです が →

何かと 立て込んで おり 三 月 も たって しまい まして

ねえ   咲 ?

あ ッ …  はい

( ご 婦人 ) かえって ありがたく 存じ ます →

生まれて すぐで は 落ち着き ませ ぬ ゆえ

いら せ られ ませ

≪( ご 婦人 ) し のです 抱いて やって ください ます か ?

かわいらしい

どうぞ

乳 瘍 に は   神 水 膏 や 伯州 散 が 効き ます が

岩 に 効く もの と いう の は … そうです よ ね

どなた か   乳 に 岩 が ある のです か ?

いえ   後 学 の ため に と 思って

乳 がん と いえば 華岡 流 で ございましょう なあ

華岡 流 …  でも   その 華岡 流 でも 切って 治す んです よ ね ?

そう だ と は 思い ます が

あそこ は   門弟 以外 に は 一切 を 秘密に する ので

教えて さしあげて は どう だ ?  お ぬし

華岡 流 で 学んで おった ので は ない の か ?

そう な んです か ?

その 噂   困る んです よ ね

ど っ から   そんな 根 も 葉 も ない 話 が 出て る ん か 知り ま へん けど

違う んです か

見て いる だけ で 幸せな 心地 に なり ます ね

赤子 と いう の は

それ が 女 の 幸せ と いう もの だ と 思う のです よ   咲

え ッ ?

医術 が おもしろい の は 分かり ます

ですが   この先 どう する つもりです か ?

子 を 生む だけ が 女 の 幸せで は ない と …

慕って いる の は あなた だけ に 見え ます よ

咲 さ ん   お 帰り なさい

先生 は …

ずっと そう な のでしょう ね

何 が です か ?

《 先生   実は …》

そう だ   何 か 話 が あった んじゃ ?

すいません うやむやに しちゃ って

あの   何 だった んです か ?

何 だった んです か って …

私 は …

たいした こと で は ございませ ぬ ゆえ

どうぞ   そのまま お 忘れ ください !

な ~ んじゃ ご機嫌ななめじゃ のう

ああ   そこ で   鈴 屋 の 若い 衆 から もろう た ぜ よ

ち っく と 話 が ある ぜ よ

何 か あった の か ?  咲

兄 上   お 願い が ございます

≪( 野 風 )「 先日 の お 調べ の こと ありがとう ござ りん した 」

「 これ で   心置きなく 身 請け の 日 を 迎え られ ん す 」

これ で   野 風 と も   もう 会え ん ように なる のう

そんな 顔 する き 咲 殿 も 怒る が ぜ よ

え ッ ?

ほか の 女子 の ことば ー っか り 気 を 取ら れ ち ょる き

ヤキモチ じゃ

ヤキモチ って   何で です か ?

え ッ   まさか   先生

気づ い ちょ らん かった が かえ ?

え ッ ?

咲 殿 は   どう いて   ここ まで

先生 に 親切に して くれた と 思う ち ょる が じゃ ?

それ は   医術 に 興味 が あって

あ ほう が !

好 いち ょる から じゃ !

でも   嫌わ れて は い ない と 思い ます けど

そういう たぐい の 好意 と 限った こと で は

信じ ん が やったら 誰 に でも 聞いて みたら えい

みんな   わし と 同じ 答え じゃ ち 思う ぜ よ

なんちゅう 面 じゃ

一緒に なる 気 は ない が かえ ?  咲 殿 と

《 先生 は   私 の 運命 を 変え ました よ 》

《 もの 言わ ぬ 写真 と やら に 問いかける より は …》

〈 振り返って みれば 〉

〈 思い当たる こと は 山 の ように あり 〉

ない が かえ ?  一緒に なる 気 は

まあ   えい

すま ん けん ど   明日 つき お うて くれ ん かのう ?

はい

言う た ぜ よ !

〈 気づか なかった と は いえ 〉

〈 自分 は   どれ だけ   咲 さん に 酷な こと を して きた の か と …〉

野 風 さん   諦めきれ ぬ から

このような こと を して いる と おっしゃった で は ないで す か

ああ …

あれ は   もう   す みん した こと ゆえ

では   先生 の こと は   もう 諦め られた と ?

咲 さま は   あ ちき に 何 を お 聞き に なり たく ?

実は   私 に も 縁談 が きて おり まして

野 風 さん に   ご 相談 に

女 郎 に   縁談 の ご 相談 であり ん す か ?

野 風 さん が   一 番   分かって くださる ので は と 思った のです

同じ ような 状態 で 同じ 方 を 慕って

… いる わけで ございます から

あの   こういう 気持ち と いう の は

思い切って 嫁いで しまえば 忘れ られる もの な のでしょう か ?

私 は   このような こと は 初めて な ので

まったく 分から ず …

あ ちき は   咲 さま が 大好きであり ん すよ

諦め られ ん した

と 申せば   嘘 に なり ん す

けん ど   もう   あ ちき に は

身 請け に いく より ほか 道 が ない のであり ん すよ

もとより   女 郎 が 身 請け を 断る こと は でき ぬ   しきたり

けん ど   大病 など に なれば

話 が   ご破算 に なる こと は あり ん す

あ ちき は   それ を 狙って いた であり ん すよ

狙って いた   と は ?

あ ちき の 胸 に は   しこり が あり ん す

あ ちき の   お っ 母さん も 若く して 乳 に 岩 が でき

亡くなり ん した ゆえ

間違い なく   岩 だ と 思い ん して

お 調べ を   お 願 いしん した

けん ど   問題 は ない と   お 見立て で

あ ちき の 企て の ほう が ご破算 と なり ん した

しこり は   その後   大きく なったり は して おり ませ ぬ か ?

南方 先生 は   問題 は ない と おっしゃり ん した

もしかすると 見立て 違い と いう こと も …

先生 が 「 ない 」 と 言わ れる なら 「 ない 」 のであり ん す

でも …  でも   野 風 さん

もし そう なら   死 に 至る 病 です

恐ろしく は ない のです か ?

看板 が …

先生   咲 です   入り ます !

ああ   咲 さ ん

看板 が !

ペニシリン の 製造 所 に 診療 所 を 移そう か と 思い まして

やけど の 患者 さん に は   大量の ペニシリン が 必要でしょう し

その ほう が   効率 が いい か と

では   もう   ここ へ は 戻って こ られ ない と いう こと です か ?

すいません   いつも   いつも   急で

あの   先生

野 風 さん を   もう 一 度 診て あげて ください

野 風 さん は   胸 に しこり が ある と おっしゃって い ました

野 風 さん に 会った んです か ?

やはり   お 気づき だった のです ね

しこり が   すべて 岩 と は かぎり ませ ん し

乳 腺症 の 可能 性 も あり ます し

たとえ   岩 だ と して も   良性 の もの であれば 問題 ない んです

野 風 さん の 母上 は   乳 に できた 岩 で 亡くなった そうです

子 が 親 に 似る の は 道理で ございます

悪い 岩 の 可能 性 も 高い ので は ない でしょう か ?

そう であった に して も

私 は   乳 がん を 扱った 経験 は ほとんど あり ませ ん し

悪性 か どう か を   触 診 だけ で 判断 する こと なんか でき ませ ん

乳 がん の 診断 に は この 時代 に は ない 特別な 機械 が …

今 まで は   立ち向かって らし たで は ないで す か !

先生 は   野 風 さん を   見殺し に しよう と した んじゃ ない んです か

未来 さん の ため に !

未来 さん が 大切な の は 分かり ます

でも   野 風 さん は

野 風 さん は   先生 の 命 を 救って くれた 方 じゃ ない んです か !

野 風 さん を   助けて 差し上げ たい と は 思わ れ ない のです か !?

鬼   です よ ね

私 は

いいえ

でも   咲 は   もう

耐え られ ませ ぬ

医術 は   時として

体 ばかり で なく

心 まで も 裸 に して しまい ます

咲 は   もう

むきだしの 心 を

見て は おら れ ませ ぬ

母上

縁談 を すすめて ください ませ

正しい 分別 だ と 思い ます よ

はい

《 野 風 さん を 助けて 差し上げ たい と は 思わ れ ない のです か !?》

《 どうか   お 役立て くださ ん し 》

《 この 音 だけ が   あ ちき の 》

《 まこと であり ん す 》

しょうがない じゃ ない か

残り の 荷物 は 徐々に 運び に き ます んで

患者 さん 達 が いらっしゃったら どのように ?

毎日   誰 かしら 来る ように し ます

患者 さん は   製造 所 の ほう へ 随時   ご 案内 し ます ので

寂しく なり ます ね

すみません   遅く なって しまって

これ を

これ は ?

お 弁当 です

これ くらい しか 私 に は でき ませ ぬ ゆえ

南方 先生

今 まで   ありがとう ございました

先生 と 出会い その 医術 を 学べた こと は

私 の 人生 の 宝 で ございます

私 に とって   医術 は

生まれて 初めて   夢中に なり

打ち込めた もの でした

中途半端な 結果 に は なって しまい ました けど

これ から は   嫁ぎ 先 の 夫 や

両親 や

ゆくゆくは   子供 に

この 知識 を 使えれば と 思って おり ます

嫁ぎ 先 って ? 縁談 が きて おり まして

言おう 言おう と 思って いた のです が …

私 など   先 様 に 断ら れる や も しれ ませ ぬ が

大丈夫です よ   咲 さん なら

そう でしょう か

私 は …

咲 さん の 顔 を 見る と

いつも   ホッ と して い ました から

きっと   そういう 家 に なる んじゃ ない でしょう か

栄 さん   恭 太郎 さん

今 まで   本当に ありがとう ございました

咲 さ ん

お 幸せに

はい

医術 で は なく

南方 先生 だった ので は ない の か ?

お前 が 夢中に なった の は

咲 …

先生 に は

おら れる ので ございます

その方 の ため に なら

鬼 に も なろう と いう 方 が

あの   お 優しい 先生 を

そこ まで さ せて しまわ れる 方 が

私 の 出る 幕 など …

いつまで 待って も

ございませ ぬ

まことに   ここ で 寝泊まり さ れる ので ございます か ?

新しい 仁 友 堂 が できる まで です ので

ちなみに   これ は ?

咲 さん から   いただいて

ああ

一緒に 食べ ましょう か

≪( 山田 ) 珍しい で すな 弁当 に 揚げ 出し と は

おいしい んです よ 咲 さん の 揚げ 出し

お茶 を

《 私 の 揚げ 出し など いつでも 食べ られ ます 》

そ っか   もう 食べ られ ない って こと な んだ よ な

どう いて   つき お うて くれ 言う た 日 に

引っ越し する が じゃ ? え ッ ?

前 に   長 州 の 攘夷 派 の や から と 話 が できる ように なった き

ペニシリン の 効き目 と 使い 方 を 説明 して ほしい っち 言う た が かえ

いきて た んです か ?  その 話 ほ いたら   急ぐ ぜ よ

ちょっと   龍 馬 さん …

お初 に   お目にかかり ます

何 を 言う ち ょる 前 に も 会う ち ょる が じゃ

以前   お 会い した 坂本 殿 は

この 国 の ため に   共に   夷 てき を 打ち 払おう と さ れる

熱き 志士 で ございました

が   今   目の前 に おら れる の は

軍艦 奉行 並   勝 麟太郎 の 走 狗

別の 方 か と   お 見受け いたし ます

相変わらず   嫌 みな やつ じゃ のう

早く   ペニシリン と やら 見せよ

これ が ?

瘡毒 を 治す こと が できる 薬 じゃ

これ が あれば   お まん の 仲間 も こ じゃ ん と 助かる のう

今 から   見せちゃ る き

そい つ が   瘡毒 病み か ?

ああ

先生   頼む ぜ よ

はい

この 薬 を つくった 南方 と 申し ます

では   治療 を さ せて いただき ます

ペニシリン を 静脈 に 注射 し ます

五 ~ 六 刻 ほど で 効果 が み られ ます

少し   チクッ と し ます

赤み が 引いた ような …

ペニシリン が 瘡毒 の 菌 を 殺した んです

この 治療 を 続ければ 瘡毒 を 治す こと が でき ます

いくら で 買い取れる のじゃ ?

金 や ない

お まん ら は   長 州 を まとめて

ゆくゆくは   幕府 相手 に

戦 を 起こそう と して る が じゃ ろ

けん ど   お まん ら は 必ず   負ける

あほらしい   負ける 戦 ら は は な から   やめる が ぜ よ

そんな 暇 が あったら わし と 一緒に

こん   ペニシリン を 夷 てき 相手 に 売りつけ

金 を 巻き上げ そん金 で 船 を 造り

世界 に 冠たる 海軍 を つくり

夷 てき を 打ちか ます ぜ よ !

わし は   何も 変わ っ ちょ らん

〈 俺 は   歴史 に 詳しく ない から よく 分から ない が 〉

〈 俺 は   今   ものすごい シーン を 見て いる ので は ない だろう か 〉

考えて みよう

〈 これ は   維新 へ の 歴史 の 針 を 〉

〈 ひと 足 とび に   先 へ と 進める 出来事 な ので は ない だろう か 〉

すでに   ほか の 者 が …

〈 今 まで   先 の こと は 考え まい 〉

〈 目の前 の こと だけ を 見よう と やってきた けれど 〉

〈 俺 に 見え ない だけ で 〉

〈 ああいう こと は きっと 山ほど 起こって いる 〉

〈 歴史 を 変えて しまう と いう の は 〉

〈 本当に   罪深い 〉

龍 馬 さん

うん ?

申し訳 あり ませ ん   ペニシリン の 件 は ここ で 手 を 引か せて もらって も

い   いまさら 何 を 言い出す が ぜ よ   先生 !

薬 で   こういう 駆け引き を する の は …

駆け引き を せんか ったら 戦 が 起こり

失わ ん でも ええ 命 が 失わ れる ぜ よ

そう です が …

薬 は   命 を 救う もん じゃ

わしゃ   薬 を 使う て   前もって 命 を 救う ち ょる だけ じゃ

それ の   どこ がいかん が じゃ

戦 で 失わ れる べき 命 は

戦 で 失わ れる べき と いう か …

うん ?

戦 が 起こり   そこ で 死ぬ はずだった 男 の 人 が

死な ず に 生き残ったら どう なり ます か ?

そりゃ …

その 人 が   ある 女 の 人 と 子供 を つくる と し ます

つまり   その 女 の 人 は 本来   出会う はずだった

男 の 人 と は 出会わ なく なり 生まれる はずだった 子供 は

生まれ なく なる かも しれ ない んです

私 は   やはり   これ は いい こと だ と は …

先生 の 言おう と して る こと は いまひとつ 分から ん けん ど

そもそも   その 生まれる 子 の 父 と 母 に なる はず やった もん ら は

はじめ から 出会わ ん が やろう ?

父 と 母 も おら ん 生まれる 子 も おら ん

その 子 が 生まれ ん こと で

悲しむ もん も   困る もん も 誰 っちゃ おら ん ぜ よ

それ は   そう な んです けど …

先生 は   一体 どう いて そんな こと 言い出す が ぜ …

《 乙女 さん って いう   男 勝 り の お 姉さん   いらっしゃい ます か ?》

《 そんな こと を して は   歴史 が …》

先生

もし かして   先生 は …

わし ら の 運命 を 知 っち ょる が かえ

龍 馬 さん !

先生   わし は   あっ ち に 行く き

その 間 に   逃げ え でも …

行く ぜ よ !

龍 馬 さん !

うわ ーーーッ !

〈 俺 が …〉

〈 歴史 の 時計 の 針 を 進めた   ツケ 〉

〈 その ツケ が   龍 馬 さん に まわった と いう こと か 〉

《 南方 仁 が おれば 坂本 龍 馬 は 死な ん !》

《 助け ます よ   俺 が   この 手 で 》

龍 馬 さん

何 しちゅう   先生 !  戻る ぜ よ !

死んで は いけ ませ ん

坂本 龍 馬 は   こんな ところ で

何 を 言う ち ょる …

先生 !

戻る ぜ よ   先生 !

戻る ぜ よ !

龍 馬 さん …

龍 馬 さん !


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.