image

JIN-仁-, JIN-仁- #09

( 野 風 ) あ ちき に は 何も あり ん せ ん よ

先生

≪( 彦三郎 ) 野 風   よい か ?

( 彦三郎 ) か の   ご 家 門 の ご 隠居 様 だ が

ご 隠居 様 が   何 か ?

お前 を 身 請け し たい と いう お 話 が あった が →

受けて も よい か ?

≪( 野 風 ) よい も   悪い も

女 郎 が 身 請け を 断る こと など

でき ぬ しきたり であり ん しょう

( 仁 ) 止まった

( 咲 ) 入り ます

あの

どうか なさった のです か ?

いえ   何でも あり ませ ん

≪( 咲 ) こちら に 横 に なって ください

先生 ?

失礼 し ます

使い にくい んだ よ な

未来 で は トラウベ は   どのような ?

この 真ん中 の 部分 が 長い ゴム 管 に なって いる んです

そして   その 先端 が 二 股 に 分かれて いて …

〈 それ から   しばらく 〉

〈 写真 に は   新たな 変化 は 見 られ なかった 〉

〈 その 一方 で   仁 友 堂 に は 新たな 変化 が 表れた 〉

これ って   トラウベ です よ ね ?

皆 で 相談 して 作って みた んです

横 松 さん は   細工 物 が お 上手な んです よ

( 佐分利 ) こんな もん も 作って みた んです

( 横 松 ) 作った の は 私 で ございます

もし かして アンビュバッグ です か ?

ここ を   何で ? イノシシ の   ぼうこう です

イノシシ の   ぼうこう !?

はい   八木 さん は あんな もの まで 作って くれて いて

〈 医学 の 時計 の 針 は 〉

〈 自然 と 加速 して いく 状況 を 見せ つつ あった 〉

〈 だけど 〉

〈 それ は   未来 に 何の 影響 も 与え なかった 〉

( 橘 ) これ も 医術 の 道具 な のです か 南方 先生 ?

南方 先生 ?

あ ッ   呼吸 を 助ける んです

一時的に   息 が でき なく なった 人 に 自発 呼吸 が 再開 する まで

これ で 空気 を 送り込む んです

どのような とき に 使う のです か ?

火事 の とき と か です か ね

は あ   火事

( 爺 ) そんな おもちゃ で 何 が できる って んだ よ

おもちゃ の ようです が おもちゃ じゃ ない んです

( 千 吉 ) そんな もん   火事 場 じゃ 何の 役 に も 立ちゃ しね えよ

結構 使える と 思い ます

てやんでえ   なめて ん の か !

≪( 爺 ) おととい 来 や がれ !

う っせ えん だ よ すい やせん

江戸 だ

て め え   医者 か ?

はい

火事 場 に 来た こと あん の か ?

いえ

それ みろ 医者 なんて の は   そんな もん だ

人助け だ なんて 偉 そうな こと 抜かし や がる が

俺 は   火事 場 で 人助け して る 医者 なんか   見た こと ねえ ぜ

千 両 箱 担いで   仏 さん を 踏んづけて く 医者 なら

腐る ほど 見た けど な

そういう 人 も   いるか も しれ ませ ん 江戸 を 火事 から 救って きた の は

火消し の 度胸 と   心意気 だ

医者 なんて 奴 ら に は そんな もん   ね えっ つって んだ よ

はやり 病 から 江戸 を 救った の は

医者 の 度胸 と   志 だ と 思い ます

お も しれ え

では   て め え 見せて くれる んだろう な

医者 の 度胸 と 心意気 って 奴 を

え ッ ? 火事 が あったら 呼び に 行く

いい な ?

お 約束 し ます

逃げ ん な よ

何 な んです か   あの 人 ?

( 喜市 ) 先生   知ら ねえ の か よ うん ?

新 門 辰五郎

泣く 子 も 黙る   辰五郎 親分 だ よ

辰五郎 …

あの   め 組 の 辰五郎 ?

いえ   を 組 です

火事 場 で は 並はずれた   さい配 を 見せ

数々 の 大 ゲンカ を 仲裁 した こと で 名 を あげ

その 配下 は 三千 人 に も 上る と いわ れる

当代 きって の 大 親分 です よ →

町人 ながら 一橋 刑 部 卿 様 に も 気 に 入ら れ →

その 上洛 の 際 に は 手下 三百 人 を 連れ →

護衛 を 務めた と いう 実力 者 で

その 影響 力 は   そこ い ら の ご 老中 を しのぐ と も いわ れて ます

そんな 人 と 約束 を …

変な 約束 しちゃ った な ~

では   今日 は 揚げ 出し に し ましょう か ?

いつ 呼び出さ れる か 分かり ませ ん し

好物 を 召し上がった 方 が お 力 も 出る ので は ?

は あ

≪( 栄 ) ハハハハッ お 上手で ございます こと

≪( 龍 馬 ) 初め に 見た とき は 咲 殿 の 姉 上 か と …→

つい この 間 も ウチ の 若い もん が …

おう   恭 殿 元気に なった ようじゃ の

本日 は   当 家 へ どのような ご 用向き で ?

どこまでも 打ち解け ん 奴 じゃ のう

今日 は 先生 に   ち っく と

「 えい 」 こと 思いついた き

( 龍 馬 と 栄 が 笑う )

文 で ございます

龍 馬 さん が ペニシリン を 売る んです か ?

あれ から 考えた が じゃ

薬 と   その 使い 方 を ともに 説明 して

こん 日 の 本 は   もちろん

ゆくゆくは   海 の 外 に も 売れば 仁 友 堂 も 潤う じゃ ろうし

その 仲立ち を わし が すれば   海軍 塾 も 潤う

一石二鳥 じゃ と は 思わ ん かえ ?

そう かも しれ ませ ん が

龍 馬 さん   近い です おお

金 ばっかり じゃ の うて 戦わ ず して

日 の 本 を   ひと つ に する こと も できる が じゃ

ひと つ に ?

志士 達 は   遊郭 で 密談 を し ゆうき

痩毒 病み だらけ じゃ

どうせ   痩毒 で 死ぬ の が じゃ ったら

その 前 に 斬り 死に じゃ そう 思 うち ょる

そこ に 先生 が つくった この ペニシリン が 出て くれば   どうぜよ

命 が かかれば 考え を 捨てる もん も   お るろう

攘夷 派 と 開国 派 は   無用な 戦い を せ んで すむ と は 思わ ん かえ ?

そんな こと を して は 歴史 が …

うん   歴史 が 何 じゃ ?

いえ ≪( 咲 ) よろしい です か ?

野 風 さん から で ございます

野 風 さん ?

( 野 風 )「 内密で   ご 相談 に 乗って いただき たい こと が あり ん す 」

「 本日 五 つ   鈴 屋 に おい で くださり たく 存じます 」

「 何とぞ   皆様 に は 」

「 この 旨 を 伏せて いただき たく 」

龍 馬 さん ほ いたら   行く ぜ よ

は あ ? おい ら ー ん !

どなた か が ご 病気 かも しれ ませ ん し

行か れた 方 が よろしい ので は ないで す か ?

そう です よ ね

揚げ 出し 豆腐 私 の 揚げ 出し など

いつでも 食べ られ ます

行って らっしゃい ませ

〈 俺 は 〉

( 龍 馬 ) 先生   早う !

〈 野 風 さん に 会って 〉

〈 ある 仮説 を 確かめ たく も あった 〉

〈 未来 の 写真 が 変化 する こと は 今 まで 何度 も あった 〉

〈 それ は 俺 が やった こと に 対し 〉

〈 未来 の 医学 が どう 変化 する の か を 〉

〈 漠然と 映して いた ような 気 が する 〉

〈 だけど   今度 の 変化 は 〉

〈 友永 未来 と いう その 存在 自体 を 揺るがす 〉

〈 何 か が 起こり 始めた 兆し な ので は ない の か 〉

〈 仮に   野 風 さん が 未来 の 先祖 だ と して 〉

〈 今   野 風 さん の 身 に 起こって いる こと の 〉

〈 成り行き 次第 で 未来 が 生まれ なく なる 〉

〈 そういう こと な ので は ない だろう か 〉

〈 俺 が 何 を どう しよう と 〉

〈 大きな 歴史 の 流れ は 〉

〈 変わら ない もの だ と 思って やってきた 〉

〈 だけど 〉

どうした ん です か   龍 馬 さん ?

ちょう が   おった ぜ よ

ちょう ? こ ん 時期 に   おる わけない に のう

〈 だけど そう じゃ ない の かも しれ ない 〉

〈 いる はず も ない 小さな ちょう の 羽ばたき が …〉

吹きゃ あがる ぜ   今夜 は

〈 嵐 に なり 始めて いる の かも しれ ない 〉

龍 馬 さん と ちょうど 話 を して いた ところ で

相談 の 最中 は 席 を はずし ちゅうき

ぜひ そうして いただき とう ご ざん す

( 龍 馬 ) ざま なお 客 ぜ よ !

野 風 さん   これ は ?

相談 なぞ あり ん せ ん え ッ ?

先生 は   この 前   あ ちき の お 足 を

お 受け取り に なら なかった であり ん しょう

故に   その 金子 を パッと 使う こと に しん した

手前 で 手前 を 五十 両 で 買った のであり ん す

いけ ませ ん よ   五十 両 なんて お 会い して も   医術 の こと ばかり

一 度 くらい は   他の 話 も して みとう あり ん した

じゃあ   普通の 話し ましょう こんな こと 必要 ないで す

≪( 幇間 達 ) よ ッ   日本 一 !

来る ぜ よ   先生   こん 世界 へ →

ほら   飲ま ん かえ

( 花魁 達 )♪♪~ 虎   虎   虎 …

それ

ガオ →

よっ しゃ   もう 一 回

≪( 野 風 ) 先生

どん ぞ

ああ

アー !

花魁 の 酌 は 格別じゃ のう

ちょっと   お 手洗い へ

( 龍 馬 ) ゆっくり で   かまわ ん き

お 姐 ちゃん   こっち 来い や →

かまわ ん   こっち 来い や

花魁   早う 坂本 様   あ ~ ん

( 龍 馬 ) あ ~ ん   うまい のう

では   坂本 様   どん ぞ

そろそろ 戻る か

一 度 だけ であり ん す

咲 様

お 許し を

あれ

龍 馬 さん

( 婆 ) 酔って 眠って おしまい に

はい !? 野 風 は   あちら の 部屋 に おり ん す

では   お しげり なまし

お しげり ?

≪( 野 風 ) 先生 →

そっと 開けて おく ん なん し

どうした の だ ?

そこ は お 寒う ご ざんしょう

どん ぞ

今日 は   ごちそうさま でした もう 遅い ので   そろそろ

この 嘘つき と 思わ れて おり ん す か ?

けん ど   先生 も 嘘つき であり ん しょう

この世 の 人 で は ない のに

この世 の 人 の ふり を して おら れ ん す

どうして   そんな こと ?

何となく であり ん す

現世 で 生きて いる のに

生きて い ない ような

先生 は   どこ か

あ ちき と   似て いる ような 気 が して いた ん した

野 風 さん と ? ここ は

全て を 嘘 で 塗り固めた 城 であり ん す 故

先生 は   いずれ 咲 様 と ご 一緒に なる お つもりで ?

いや   そんな こと 言ったら 咲 さん に 怒ら れ ます よ

私 は   咲 さん の 父親 みたいな 年 だ し

そもそも   何とも 思って …

では   心 に 決めた お方 でも ?

そりゃ あ どのような お方 であり ん す か ?

それ は   ちょっと

少し だけ

お 聞か せ ください なん し

誰 に も 言い ん せ ん 故

誤解 を 招き やすい 人 と いう か

慣れる まで   距離 感 が つかみ にくい 人 と いう か

《( 未来 ) でき ない って 言葉 嫌いな んです   それ だけ です 》

《 女 郎 は   なぜに   このような 病 に 》

《 おびえて 生きて いか ねば なら ん のであり ん しょう 》

頭 が よくて   負けず嫌いで …

〈 あらためて 言葉 に する うち に 〉

〈 俺 は 気づき 始めて いた 〉

〈 野 風 さん と   未来 は 顔 形 ばかり で は なく 〉

〈 心根 まで 似て いる こと に 〉

その方 の 名 は   何と ?

こ よい は

あ ちき を   そう 呼んで おく ん なん し

それ なら

不実 に は な りんせん

仁 先生 …

《 仁 先生 を さ 信用 して ない わけじゃ ない んだ よ 》

《 でも   怖くて 》

明るく なって から で よい ので は ない か ?

じっと して いる と

ろく で も ない こと ばかり 考える ので

脈 が   速い です

どんな 嘘つき でも

これ だけ は   嘘 を つけ ん せ ん

この 音 だけ が

あ ちき の

誠 であり ん す

先生 は   場 に 流さ れる ような 方 で は ない と 思う が

流さ れる ので は あり ませ ん

元 いた 所 に

戻って いか れる のです

戻って いく ?

これ …

( 半鐘 が 鳴る )

何 か 聞こえ ぬ か   咲 ?

半鐘 ?

《≪( 辰五郎 ) じゃあ 見せて くれる んだろう な ?》

《 医者 の 度胸 と 心意気 って 奴 を 》

野 風 さん   すいません

帰り ます !

あ ちき が 汚れた 体 だ から であり ん す か !

違い ます   火事 場 の 治療 に 行く と 約束 して しまった んです !

約束 ?

すいません

≪( 野 風 ) 詮 無い こと であり ん すな

それ が   南方 先生 であり ん す から

どん ぞ

はい

い ねえ と は どういう 了 見 だ !

相談 で   よそ に 行って おら れる のだ 文 を 出し   すぐに 呼び戻す

お 待た せ し ました !

ご 心配 おか けして …

すぐに 準備 いたし ます

はい

( 辰五郎 ) 体 張って   消し 口 守れ !

おう   ヤブ 医者   来た か

はい   あの 患者 どこ です か ?

千 吉 !

こっち だ

( 千 吉 ) じゃ   任した ぜ

咲 さ ん   この 辺り で 治療 できる と こ あり ませ ん か ?

そこ の 土蔵 で いかがでしょう ?

そう し ましょう

≪( 橘 ) 南方 先生

恭 太郎 さん

( 山田 ) 南方 先生 まずは 何 から ?

これ を   ひも 状 に 切って ください

災害 の 場合   運ば れて きた 患者 を 負傷 度 に よって 分け

治療 の 順番 を 決める んです

《 緊急に 治療 が 必要な 患者 さん は   赤 》

《 短 時間 なら 待てる 状態 が 安定 して る 方 は   黄色 》

≪( 横 松 ) 一 人 で 歩け ます か ?

《 待機 が できる 方 は   緑 》

《 すでに 死亡 して しまった 方 は   黒 》

先生   用意 でき ました !

はい

皆さん   お 待た せ し ました

それでは   まず 赤い 布 の 方 から 治療 を 始め ます

≪( 医師 達 ) はい !

この 台 に お 願い し ます   どなた か 足 と 真ん中 持って ください   せ ~ の

( 佐分利 ) 奥 の 戸 板 に ! 大丈夫です か ?

≪( 山田 ) 動か ないで

次の 赤 の 患者 を 入れて くれ

( 負傷 者 達 が 騒ぐ )

順番 が ある のだ !

ウチ の 子 が 泣きやま ない んだ 先 に 診て もらえ ない か ね ?→

お 願い し ます お 願い し ます   お 願い し ます !

( 子供 が 泣いて いる )

私 も 外 へ

咲 さ ん   それでは こちら が 立ち行き ませ ん

災害 時 の 優先 順位 は 絶対 な んです

この 子 は 緑 です 情 に 流さ れたら あき ま へん !

しかし ! ≪( 福田 ) これ を のめば 大丈夫 故 →

落ち着け ケガ で 泣いて おる ので は ない

別に 腹痛 を 起こして おる のじゃ

お 主   医学 館 の

漢方 で できる こと なら   私 も !

≪( 咲 ) 次の 患者 さん   お 願い し ます

少し 冷たい で すよ

( 橘 ) 治療 所 は   こちら です

≪( 千 吉 ) ソーレ !

≪( 火消し ) 次 は   こっち だ ! ≪( 火消し 達 ) オー !

千 吉   風下 を 壊せ !

おい   千 吉 !?

( 火消し 達 ) 千 吉 !

千 吉 !

千 吉 !

患者 さん も 減り ました 咲 さ ん   あと ひと 頑張り です

はい ≪( 亀吉 ) ど いた   ど いた !

( 火消し ) 急病 人 だ !

こちら へ   どうぞ ( 亀吉 ) 早く しろ !

≪( 咲 ) 千 吉 さん !

≪( 亀吉 ) 火 の 中 で 苦し そうに もがいて て よ

気道 熱 傷 だ と 思わ れ ます アンビュバッグ

はい

かたくて 空気 が 入ら ない な

そんな もん じゃ どうにも なら ねえ って 言った だ ろ

こう なった 奴 は もう   どうにも な ん ねえ

俺 は   腐る ほど 見て きて る んだ

おい   千 吉 を 坊主 ん とこ へ 運ぶ ぞ

( 火消し 達 ) はい !

患者 に 触る な !

喉 を 切り ます   咲 さ ん   準備 何 だ と !?

千 吉 さん は   熱い 煙 や   空気 で 喉 の 奥 を 火傷 を し

腫れて   息 が でき なく なって しまって る んです

喉 を 切って 管 を 通せば 息 が できる ように なる

喉 なんか 切ったら   お 陀仏 だ

切ら なければ 死んで しまう

話 に なん ねえ よ   行く ぜ ! ≪( 火消し 達 ) へ い

やめろ !

なぜ 助けよう と し ない んです か !?

手術 すれば 千 吉 さん は 助かる んです よ

火事 場 で 死ぬ の は 火消し の 本望 だ

だが な 喉 切ら れて 死んだ んじゃ

千 吉 は   死んで も 死に きれ ねえ

それ が   火消し の 心意気 だ

助け られ ない 命 は 山ほど あり ます

でも   助け られる 命 を 見過ごして は

私 が 死んで も 死に きれ ませ ん

それ が 医者 の 心意気 です !

くちびる が 真っ青に なって き ました

チアノーゼ が 出 始めて る

手 の あいて る 先生 を 呼んで き ます お 願い し ます

千 吉 は   俺 の 片腕 だ

こいつ が 死んだら あんた の その 腕   もらう ぜ   おう !

≪( 火消し 達 ) へい !

麻酔 は し ない のです か ?

そんな 時間 は あり ま へん !

しっかり 押さえ といて ください ≪( 医師 達 ) はい

それ は ? 注射 で 直接 空気 を 送り込む んです

押さえて

気道 を 確保 し ました

いき ます   しっかり 押さえて て ください

( 千 吉 が うめく )

風 が 変わり や がった

( 亀吉 ) 頭   風下 は 治療 所 です →

伝え やす かね ?

死んで も 火 を 渡す な よ

それ が 江戸 の 火消し の 心意気 だ !

≪( 火消し 達 ) へい !

( 八木 ) 急いで 移動 を !

この 医術 は   一体 …

こっち に 火の手 が 回り そうです →

動ける ケガ 人 を 避難 さ せ ました

先生 方 も 手術 場所 を 変えて ください

扉 を 閉めて ください

手術 中 です

今   患者 を 動かす こと は でき ませ ん

出て く 方 は 出て って ください

( 福田 ) 死ぬ つもりです か !?

( 辰五郎 ) 壊したら   水 に 浸した むしろ を かぶせろ

て め え の 持ち場 を 死ぬ 気 で 守れ

気管 開 窓 でき ました

気管 吸引 は い

先生   痰 の 中 に あまり   すす は あり ま へんで

肺 や   気管 下部 に 火傷 は 回って い ない

よし   カニューレ ≪( 佐分利 ) はい

これ で

この 内 管 を 抜いて   呼吸 が 来れば 千 吉 さん   助かり ます

一気に いく ぞ

ソーレ !

いき ます

いった ー !

よし   来た

( 医師 達 ) よっ しゃ !

手術 は 終わり ました

では   外 へ ? お 願い し ます

はい

先生

これ は …

建物 が …  ない

( 辰五郎 ) 火 は 消した ぜ →

そっち は   どう で い ?

助け られ ました

逃げ出さ なかった んだ って な

医者 の 心意気 って の は て え した もん だ

俺 も 根っから の 火消し だ が

あんた は 根っから の 医者 だ な   先生

いや   あの そんな カッコいい もん じゃ なくて

ホント は もう   どう しよう か って

でも

信じる こと に した んです

江戸 の 火消し の 心意気 を

だから   でき ました

ありがとう ございました

辰五郎 親分

べ らん め え   こん 野郎 →

ハッハッハッハッ …

わし を 差し置いて なんぼ 先生 と は いえ

許せ ん が じゃ !

先生 は ?

火事 に お 行き に 火事 ?

わし が 寝 ちょ る うち に かえ ?

よい ところ まで は 持ち込め ん した が

火事 に 負け ん した

よい とこ …

けん ど   どう いて 色 仕掛け な ん ぞ ?

お まん の 柄 で も ない ように 見える が のう

先生 と   咲 様 の 間 に は

医術 が あり ん す

あ ちき も   何 か 絆 が ほしかった であり ん すよ

さすれば   心おきなく 行ける と 思い ん して な

行ける ?

あ ちき は

身 請け さ れ ん す

聞こえ はい いけ ん ど

今度 は   お 屋敷 の 中 の かご の 鳥 に なる だけ の こと

今 まで の ように

たまに   先生 と お 会い する こと も かない ん せ ん 故

一 度 だけ と

けん ど   つらい もの であり ん すな

袖 に さ れる と いう の は

色 恋 を   なり わ いとし ながら

さよう 心 なぞ

あ ちき に は   まったく 分から ず

誠に   よい こと を

教えて いただき ん した

泣き たい とき は   泣けば ええ が じゃ

遊女 の 涙 は   嘘 の 花

色 恋 に 誠 の 涙 など 流して は

花魁 の 名 が すたり ん す

こう すれば   顔 は 見え ん

雪 に

なり とう あり ん す

雪 に なれば

いつ   なん どき でも

先生 の 肩 に

落ちて ゆける であり ん しょう

〈 火事 場 騒ぎ が 終わって 〉

〈 ふと 思った 〉

〈 もし   この 火事 が なく 〉

〈 あの まま 過ごして いたら 〉

〈 そう すれば 〉

〈 未来 は   その 色 を 取り戻した んじゃ ない だろう か 〉

し …  こり ?

( 医師 ) 次の 方   どうぞ

病院 を 建てて くださる ?

だって よ   お め え 火事 の たんび に   こう な んだ ろ ?

まあ   はい

だったら   決まり だ

火事 は   俺 達 を 待って る ぜ

骨 の 髄 まで 火消し な んです ね

昔 な   火事 で ある 家 を たたき 壊した

壊さ なきゃ なら ねえ ほど の 風向き だった んだ

ところが   そこ に 昔 ほれて た 女 が いて な

逃げ遅れて 下敷き に なって 死 ん じ まった

顔 も 知ら ねえ 奴 を 山ほど 救って も

俺 は   ほれた 女 を 殺し ち まったん だ

俺 は

死ぬ まで 火消し を 続け なきゃ なら ねえ んだ よ

母上   お 話 と は ?

あなた に 縁談 が 来て おり ます

私 に !?

未来 の 命 は 結局   何と   てんびん に …

先生

写真 なる もの に 何 か あった ので ございます か ?

ここ の ところ   ずっと 気 に して らっしゃい ます し

いえ   別に

先生   実は   私 …

親父 様   ひと つ   お 願い が あり ん す

身 請け の 前 に は 体 の お 調べ が ござ りんしょう

それ を 南方 先生 に   お 願い しとう あり ん す

咲 さん も   何 か あった んです か ?

実は

はい

≪( 男 A ) ペニシリン …  坂本 は   それ を 使って 何 を しよう と いう んじゃ !?

( B ) 攘夷 派 の 者 に   痩毒 に 効く が 故 使わ ぬ か と 売り込んで おる らしい

≪( A ) 物売り を して どう しよう と ?

命 と   てんびん と なれば

攘夷 の 志 を 捨てる 者 も 出て こよう

( C ) 久 坂 殿

恐らく 真 の 狙い は   その あたり であろう

私 の ところ に も 話 を し たい と いう 密 書 が 来た

≪( B ) 斬ら ねば なり ませ ぬ な →

坂本 を

どう なさった のです か   先生 !?

〈 忘れて いた 痛み は 〉

〈 埋もれて いた 記憶 を 掘り起こす 〉

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 そう か   あれ は …〉

先生 !



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 野 風 ) あ ちき に は 何も あり ん せ ん よ

先生

≪( 彦三郎 ) 野 風   よい か ?

( 彦三郎 ) か の   ご 家 門 の ご 隠居 様 だ が

ご 隠居 様 が   何 か ?

お前 を 身 請け し たい と いう お 話 が あった が →

受けて も よい か ?

≪( 野 風 ) よい も   悪い も

女 郎 が 身 請け を 断る こと など

でき ぬ しきたり であり ん しょう

( 仁 ) 止まった

( 咲 ) 入り ます

あの

どうか なさった のです か ?

いえ   何でも あり ませ ん

≪( 咲 ) こちら に 横 に なって ください

先生 ?

失礼 し ます

使い にくい んだ よ な

未来 で は トラウベ は   どのような ?

この 真ん中 の 部分 が 長い ゴム 管 に なって いる んです

そして   その 先端 が 二 股 に 分かれて いて …

〈 それ から   しばらく 〉

〈 写真 に は   新たな 変化 は 見 られ なかった 〉

〈 その 一方 で   仁 友 堂 に は 新たな 変化 が 表れた 〉

これ って   トラウベ です よ ね ?

皆 で 相談 して 作って みた んです

横 松 さん は   細工 物 が お 上手な んです よ

( 佐分利 ) こんな もん も 作って みた んです

( 横 松 ) 作った の は 私 で ございます

もし かして アンビュバッグ です か ?

ここ を   何で ? イノシシ の   ぼうこう です

イノシシ の   ぼうこう !?

はい   八木 さん は あんな もの まで 作って くれて いて

〈 医学 の 時計 の 針 は 〉

〈 自然 と 加速 して いく 状況 を 見せ つつ あった 〉

〈 だけど 〉

〈 それ は   未来 に 何の 影響 も 与え なかった 〉

( 橘 ) これ も 医術 の 道具 な のです か 南方 先生 ?

南方 先生 ?

あ ッ   呼吸 を 助ける んです

一時的に   息 が でき なく なった 人 に 自発 呼吸 が 再開 する まで

これ で 空気 を 送り込む んです

どのような とき に 使う のです か ?

火事 の とき と か です か ね

は あ   火事

( 爺 ) そんな おもちゃ で 何 が できる って んだ よ

おもちゃ の ようです が おもちゃ じゃ ない んです

( 千 吉 ) そんな もん   火事 場 じゃ 何の 役 に も 立ちゃ しね えよ

結構 使える と 思い ます

てやんでえ   なめて ん の か !

≪( 爺 ) おととい 来 や がれ !

う っせ えん だ よ すい やせん

江戸 だ

て め え   医者 か ?

はい

火事 場 に 来た こと あん の か ?

いえ

それ みろ 医者 なんて の は   そんな もん だ

人助け だ なんて 偉 そうな こと 抜かし や がる が

俺 は   火事 場 で 人助け して る 医者 なんか   見た こと ねえ ぜ

千 両 箱 担いで   仏 さん を 踏んづけて く 医者 なら

腐る ほど 見た けど な

そういう 人 も   いるか も しれ ませ ん 江戸 を 火事 から 救って きた の は

火消し の 度胸 と   心意気 だ

医者 なんて 奴 ら に は そんな もん   ね えっ つって んだ よ

はやり 病 から 江戸 を 救った の は

医者 の 度胸 と   志 だ と 思い ます

お も しれ え

では   て め え 見せて くれる んだろう な

医者 の 度胸 と 心意気 って 奴 を

え ッ ? 火事 が あったら 呼び に 行く

いい な ?

お 約束 し ます

逃げ ん な よ

何 な んです か   あの 人 ?

( 喜市 ) 先生   知ら ねえ の か よ うん ?

新 門 辰五郎

泣く 子 も 黙る   辰五郎 親分 だ よ

辰五郎 …

あの   め 組 の 辰五郎 ?

いえ   を 組 です

火事 場 で は 並はずれた   さい配 を 見せ

数々 の 大 ゲンカ を 仲裁 した こと で 名 を あげ

その 配下 は 三千 人 に も 上る と いわ れる

当代 きって の 大 親分 です よ →

町人 ながら 一橋 刑 部 卿 様 に も 気 に 入ら れ →

その 上洛 の 際 に は 手下 三百 人 を 連れ →

護衛 を 務めた と いう 実力 者 で

その 影響 力 は   そこ い ら の ご 老中 を しのぐ と も いわ れて ます

そんな 人 と 約束 を …

変な 約束 しちゃ った な ~

では   今日 は 揚げ 出し に し ましょう か ?

いつ 呼び出さ れる か 分かり ませ ん し

好物 を 召し上がった 方 が お 力 も 出る ので は ?

は あ

≪( 栄 ) ハハハハッ お 上手で ございます こと

≪( 龍 馬 ) 初め に 見た とき は 咲 殿 の 姉 上 か と …→

つい この 間 も ウチ の 若い もん が …

おう   恭 殿 元気に なった ようじゃ の

本日 は   当 家 へ どのような ご 用向き で ?

どこまでも 打ち解け ん 奴 じゃ のう

今日 は 先生 に   ち っく と

「 えい 」 こと 思いついた き

( 龍 馬 と 栄 が 笑う )

文 で ございます

龍 馬 さん が ペニシリン を 売る んです か ?

あれ から 考えた が じゃ

薬 と   その 使い 方 を ともに 説明 して

こん 日 の 本 は   もちろん

ゆくゆくは   海 の 外 に も 売れば 仁 友 堂 も 潤う じゃ ろうし

その 仲立ち を わし が すれば   海軍 塾 も 潤う

一石二鳥 じゃ と は 思わ ん かえ ?

そう かも しれ ませ ん が

龍 馬 さん   近い です おお

金 ばっかり じゃ の うて 戦わ ず して

日 の 本 を   ひと つ に する こと も できる が じゃ

ひと つ に ?

志士 達 は   遊郭 で 密談 を し ゆうき

痩毒 病み だらけ じゃ

どうせ   痩毒 で 死ぬ の が じゃ ったら

その 前 に 斬り 死に じゃ そう 思 うち ょる

そこ に 先生 が つくった この ペニシリン が 出て くれば   どうぜよ

命 が かかれば 考え を 捨てる もん も   お るろう

攘夷 派 と 開国 派 は   無用な 戦い を せ んで すむ と は 思わ ん かえ ?

そんな こと を して は 歴史 が …

うん   歴史 が 何 じゃ ?

いえ ≪( 咲 ) よろしい です か ?

野 風 さん から で ございます

野 風 さん ?

( 野 風 )「 内密で   ご 相談 に 乗って いただき たい こと が あり ん す 」

「 本日 五 つ   鈴 屋 に おい で くださり たく 存じます 」

「 何とぞ   皆様 に は 」

「 この 旨 を 伏せて いただき たく 」

龍 馬 さん ほ いたら   行く ぜ よ

は あ ? おい ら ー ん !

どなた か が ご 病気 かも しれ ませ ん し

行か れた 方 が よろしい ので は ないで す か ?

そう です よ ね

揚げ 出し 豆腐 私 の 揚げ 出し など

いつでも 食べ られ ます

行って らっしゃい ませ

〈 俺 は 〉

( 龍 馬 ) 先生   早う !

〈 野 風 さん に 会って 〉

〈 ある 仮説 を 確かめ たく も あった 〉

〈 未来 の 写真 が 変化 する こと は 今 まで 何度 も あった 〉

〈 それ は 俺 が やった こと に 対し 〉

〈 未来 の 医学 が どう 変化 する の か を 〉

〈 漠然と 映して いた ような 気 が する 〉

〈 だけど   今度 の 変化 は 〉

〈 友永 未来 と いう その 存在 自体 を 揺るがす 〉

〈 何 か が 起こり 始めた 兆し な ので は ない の か 〉

〈 仮に   野 風 さん が 未来 の 先祖 だ と して 〉

〈 今   野 風 さん の 身 に 起こって いる こと の 〉

〈 成り行き 次第 で 未来 が 生まれ なく なる 〉

〈 そういう こと な ので は ない だろう か 〉

〈 俺 が 何 を どう しよう と 〉

〈 大きな 歴史 の 流れ は 〉

〈 変わら ない もの だ と 思って やってきた 〉

〈 だけど 〉

どうした ん です か   龍 馬 さん ?

ちょう が   おった ぜ よ

ちょう ? こ ん 時期 に   おる わけない に のう

〈 だけど そう じゃ ない の かも しれ ない 〉

〈 いる はず も ない 小さな ちょう の 羽ばたき が …〉

吹きゃ あがる ぜ   今夜 は

〈 嵐 に なり 始めて いる の かも しれ ない 〉

龍 馬 さん と ちょうど 話 を して いた ところ で

相談 の 最中 は 席 を はずし ちゅうき

ぜひ そうして いただき とう ご ざん す

( 龍 馬 ) ざま なお 客 ぜ よ !

野 風 さん   これ は ?

相談 なぞ あり ん せ ん え ッ ?

先生 は   この 前   あ ちき の お 足 を

お 受け取り に なら なかった であり ん しょう

故に   その 金子 を パッと 使う こと に しん した

手前 で 手前 を 五十 両 で 買った のであり ん す

いけ ませ ん よ   五十 両 なんて お 会い して も   医術 の こと ばかり

一 度 くらい は   他の 話 も して みとう あり ん した

じゃあ   普通の 話し ましょう こんな こと 必要 ないで す

≪( 幇間 達 ) よ ッ   日本 一 !

来る ぜ よ   先生   こん 世界 へ →

ほら   飲ま ん かえ

( 花魁 達 )♪♪~ 虎   虎   虎 …

それ

ガオ →

よっ しゃ   もう 一 回

≪( 野 風 ) 先生

どん ぞ

ああ

アー !

花魁 の 酌 は 格別じゃ のう

ちょっと   お 手洗い へ

( 龍 馬 ) ゆっくり で   かまわ ん き

お 姐 ちゃん   こっち 来い や →

かまわ ん   こっち 来い や

花魁   早う 坂本 様   あ ~ ん

( 龍 馬 ) あ ~ ん   うまい のう

では   坂本 様   どん ぞ

そろそろ 戻る か

一 度 だけ であり ん す

咲 様

お 許し を

あれ

龍 馬 さん

( 婆 ) 酔って 眠って おしまい に

はい !? 野 風 は   あちら の 部屋 に おり ん す

では   お しげり なまし

お しげり ?

≪( 野 風 ) 先生 →

そっと 開けて おく ん なん し

どうした の だ ?

そこ は お 寒う ご ざんしょう

どん ぞ

今日 は   ごちそうさま でした もう 遅い ので   そろそろ

この 嘘つき と 思わ れて おり ん す か ?

けん ど   先生 も 嘘つき であり ん しょう

この世 の 人 で は ない のに

この世 の 人 の ふり を して おら れ ん す

どうして   そんな こと ?

何となく であり ん す

現世 で 生きて いる のに

生きて い ない ような

先生 は   どこ か

あ ちき と   似て いる ような 気 が して いた ん した

野 風 さん と ? ここ は

全て を 嘘 で 塗り固めた 城 であり ん す 故

先生 は   いずれ 咲 様 と ご 一緒に なる お つもりで ?

いや   そんな こと 言ったら 咲 さん に 怒ら れ ます よ

私 は   咲 さん の 父親 みたいな 年 だ し

そもそも   何とも 思って …

では   心 に 決めた お方 でも ?

そりゃ あ どのような お方 であり ん す か ?

それ は   ちょっと

少し だけ

お 聞か せ ください なん し

誰 に も 言い ん せ ん 故

誤解 を 招き やすい 人 と いう か

慣れる まで   距離 感 が つかみ にくい 人 と いう か

《( 未来 ) でき ない って 言葉 嫌いな んです   それ だけ です 》

《 女 郎 は   なぜに   このような 病 に 》

《 おびえて 生きて いか ねば なら ん のであり ん しょう 》

頭 が よくて   負けず嫌いで …

〈 あらためて 言葉 に する うち に 〉

〈 俺 は 気づき 始めて いた 〉

〈 野 風 さん と   未来 は 顔 形 ばかり で は なく 〉

〈 心根 まで 似て いる こと に 〉

その方 の 名 は   何と ?

こ よい は

あ ちき を   そう 呼んで おく ん なん し

それ なら

不実 に は な りんせん

仁 先生 …

《 仁 先生 を さ 信用 して ない わけじゃ ない んだ よ 》

《 でも   怖くて 》

明るく なって から で よい ので は ない か ?

じっと して いる と

ろく で も ない こと ばかり 考える ので

脈 が   速い です

どんな 嘘つき でも

これ だけ は   嘘 を つけ ん せ ん

この 音 だけ が

あ ちき の

誠 であり ん す

先生 は   場 に 流さ れる ような 方 で は ない と 思う が

流さ れる ので は あり ませ ん

元 いた 所 に

戻って いか れる のです

戻って いく ?

これ …

( 半鐘 が 鳴る )

何 か 聞こえ ぬ か   咲 ?

半鐘 ?

《≪( 辰五郎 ) じゃあ 見せて くれる んだろう な ?》

《 医者 の 度胸 と 心意気 って 奴 を 》

野 風 さん   すいません

帰り ます !

あ ちき が 汚れた 体 だ から であり ん す か !

違い ます   火事 場 の 治療 に 行く と 約束 して しまった んです !

約束 ?

すいません

≪( 野 風 ) 詮 無い こと であり ん すな

それ が   南方 先生 であり ん す から

どん ぞ

はい

い ねえ と は どういう 了 見 だ !

相談 で   よそ に 行って おら れる のだ 文 を 出し   すぐに 呼び戻す

お 待た せ し ました !

ご 心配 おか けして …

すぐに 準備 いたし ます

はい

( 辰五郎 ) 体 張って   消し 口 守れ !

おう   ヤブ 医者   来た か

はい   あの 患者 どこ です か ?

千 吉 !

こっち だ

( 千 吉 ) じゃ   任した ぜ

咲 さ ん   この 辺り で 治療 できる と こ あり ませ ん か ?

そこ の 土蔵 で いかがでしょう ?

そう し ましょう

≪( 橘 ) 南方 先生

恭 太郎 さん

( 山田 ) 南方 先生 まずは 何 から ?

これ を   ひも 状 に 切って ください

災害 の 場合   運ば れて きた 患者 を 負傷 度 に よって 分け

治療 の 順番 を 決める んです

《 緊急に 治療 が 必要な 患者 さん は   赤 》

《 短 時間 なら 待てる 状態 が 安定 して る 方 は   黄色 》

≪( 横 松 ) 一 人 で 歩け ます か ?

《 待機 が できる 方 は   緑 》

《 すでに 死亡 して しまった 方 は   黒 》

先生   用意 でき ました !

はい

皆さん   お 待た せ し ました

それでは   まず 赤い 布 の 方 から 治療 を 始め ます

≪( 医師 達 ) はい !

この 台 に お 願い し ます   どなた か 足 と 真ん中 持って ください   せ ~ の

( 佐分利 ) 奥 の 戸 板 に ! 大丈夫です か ?

≪( 山田 ) 動か ないで

次の 赤 の 患者 を 入れて くれ

( 負傷 者 達 が 騒ぐ )

順番 が ある のだ !

ウチ の 子 が 泣きやま ない んだ 先 に 診て もらえ ない か ね ?→

お 願い し ます お 願い し ます   お 願い し ます !

( 子供 が 泣いて いる )

私 も 外 へ

咲 さ ん   それでは こちら が 立ち行き ませ ん

災害 時 の 優先 順位 は 絶対 な んです

この 子 は 緑 です 情 に 流さ れたら あき ま へん !

しかし ! ≪( 福田 ) これ を のめば 大丈夫 故 →

落ち着け ケガ で 泣いて おる ので は ない

別に 腹痛 を 起こして おる のじゃ

お 主   医学 館 の

漢方 で できる こと なら   私 も !

≪( 咲 ) 次の 患者 さん   お 願い し ます

少し 冷たい で すよ

( 橘 ) 治療 所 は   こちら です

≪( 千 吉 ) ソーレ !

≪( 火消し ) 次 は   こっち だ ! ≪( 火消し 達 ) オー !

千 吉   風下 を 壊せ !

おい   千 吉 !?

( 火消し 達 ) 千 吉 !

千 吉 !

千 吉 !

患者 さん も 減り ました 咲 さ ん   あと ひと 頑張り です

はい ≪( 亀吉 ) ど いた   ど いた !

( 火消し ) 急病 人 だ !

こちら へ   どうぞ ( 亀吉 ) 早く しろ !

≪( 咲 ) 千 吉 さん !

≪( 亀吉 ) 火 の 中 で 苦し そうに もがいて て よ

気道 熱 傷 だ と 思わ れ ます アンビュバッグ

はい

かたくて 空気 が 入ら ない な

そんな もん じゃ どうにも なら ねえ って 言った だ ろ

こう なった 奴 は もう   どうにも な ん ねえ

俺 は   腐る ほど 見て きて る んだ

おい   千 吉 を 坊主 ん とこ へ 運ぶ ぞ

( 火消し 達 ) はい !

患者 に 触る な !

喉 を 切り ます   咲 さ ん   準備 何 だ と !?

千 吉 さん は   熱い 煙 や   空気 で 喉 の 奥 を 火傷 を し

腫れて   息 が でき なく なって しまって る んです

喉 を 切って 管 を 通せば 息 が できる ように なる

喉 なんか 切ったら   お 陀仏 だ

切ら なければ 死んで しまう

話 に なん ねえ よ   行く ぜ ! ≪( 火消し 達 ) へ い

やめろ !

なぜ 助けよう と し ない んです か !?

手術 すれば 千 吉 さん は 助かる んです よ

火事 場 で 死ぬ の は 火消し の 本望 だ

だが な 喉 切ら れて 死んだ んじゃ

千 吉 は   死んで も 死に きれ ねえ

それ が   火消し の 心意気 だ

助け られ ない 命 は 山ほど あり ます

でも   助け られる 命 を 見過ごして は

私 が 死んで も 死に きれ ませ ん

それ が 医者 の 心意気 です !

くちびる が 真っ青に なって き ました

チアノーゼ が 出 始めて る

手 の あいて る 先生 を 呼んで き ます お 願い し ます

千 吉 は   俺 の 片腕 だ

こいつ が 死んだら あんた の その 腕   もらう ぜ   おう !

≪( 火消し 達 ) へい !

麻酔 は し ない のです か ?

そんな 時間 は あり ま へん !

しっかり 押さえ といて ください ≪( 医師 達 ) はい

それ は ? 注射 で 直接 空気 を 送り込む んです

押さえて

気道 を 確保 し ました

いき ます   しっかり 押さえて て ください

( 千 吉 が うめく )

風 が 変わり や がった

( 亀吉 ) 頭   風下 は 治療 所 です →

伝え やす かね ?

死んで も 火 を 渡す な よ

それ が 江戸 の 火消し の 心意気 だ !

≪( 火消し 達 ) へい !

( 八木 ) 急いで 移動 を !

この 医術 は   一体 …

こっち に 火の手 が 回り そうです →

動ける ケガ 人 を 避難 さ せ ました

先生 方 も 手術 場所 を 変えて ください

扉 を 閉めて ください

手術 中 です

今   患者 を 動かす こと は でき ませ ん

出て く 方 は 出て って ください

( 福田 ) 死ぬ つもりです か !?

( 辰五郎 ) 壊したら   水 に 浸した むしろ を かぶせろ

て め え の 持ち場 を 死ぬ 気 で 守れ

気管 開 窓 でき ました

気管 吸引 は い

先生   痰 の 中 に あまり   すす は あり ま へんで

肺 や   気管 下部 に 火傷 は 回って い ない

よし   カニューレ ≪( 佐分利 ) はい

これ で

この 内 管 を 抜いて   呼吸 が 来れば 千 吉 さん   助かり ます

一気に いく ぞ

ソーレ !

いき ます

いった ー !

よし   来た

( 医師 達 ) よっ しゃ !

手術 は 終わり ました

では   外 へ ? お 願い し ます

はい

先生

これ は …

建物 が …  ない

( 辰五郎 ) 火 は 消した ぜ →

そっち は   どう で い ?

助け られ ました

逃げ出さ なかった んだ って な

医者 の 心意気 って の は て え した もん だ

俺 も 根っから の 火消し だ が

あんた は 根っから の 医者 だ な   先生

いや   あの そんな カッコいい もん じゃ なくて

ホント は もう   どう しよう か って

でも

信じる こと に した んです

江戸 の 火消し の 心意気 を

だから   でき ました

ありがとう ございました

辰五郎 親分

べ らん め え   こん 野郎 →

ハッハッハッハッ …

わし を 差し置いて なんぼ 先生 と は いえ

許せ ん が じゃ !

先生 は ?

火事 に お 行き に 火事 ?

わし が 寝 ちょ る うち に かえ ?

よい ところ まで は 持ち込め ん した が

火事 に 負け ん した

よい とこ …

けん ど   どう いて 色 仕掛け な ん ぞ ?

お まん の 柄 で も ない ように 見える が のう

先生 と   咲 様 の 間 に は

医術 が あり ん す

あ ちき も   何 か 絆 が ほしかった であり ん すよ

さすれば   心おきなく 行ける と 思い ん して な

行ける ?

あ ちき は

身 請け さ れ ん す

聞こえ はい いけ ん ど

今度 は   お 屋敷 の 中 の かご の 鳥 に なる だけ の こと

今 まで の ように

たまに   先生 と お 会い する こと も かない ん せ ん 故

一 度 だけ と

けん ど   つらい もの であり ん すな

袖 に さ れる と いう の は

色 恋 を   なり わ いとし ながら

さよう 心 なぞ

あ ちき に は   まったく 分から ず

誠に   よい こと を

教えて いただき ん した

泣き たい とき は   泣けば ええ が じゃ

遊女 の 涙 は   嘘 の 花

色 恋 に 誠 の 涙 など 流して は

花魁 の 名 が すたり ん す

こう すれば   顔 は 見え ん

雪 に

なり とう あり ん す

雪 に なれば

いつ   なん どき でも

先生 の 肩 に

落ちて ゆける であり ん しょう

〈 火事 場 騒ぎ が 終わって 〉

〈 ふと 思った 〉

〈 もし   この 火事 が なく 〉

〈 あの まま 過ごして いたら 〉

〈 そう すれば 〉

〈 未来 は   その 色 を 取り戻した んじゃ ない だろう か 〉

し …  こり ?

( 医師 ) 次の 方   どうぞ

病院 を 建てて くださる ?

だって よ   お め え 火事 の たんび に   こう な んだ ろ ?

まあ   はい

だったら   決まり だ

火事 は   俺 達 を 待って る ぜ

骨 の 髄 まで 火消し な んです ね

昔 な   火事 で ある 家 を たたき 壊した

壊さ なきゃ なら ねえ ほど の 風向き だった んだ

ところが   そこ に 昔 ほれて た 女 が いて な

逃げ遅れて 下敷き に なって 死 ん じ まった

顔 も 知ら ねえ 奴 を 山ほど 救って も

俺 は   ほれた 女 を 殺し ち まったん だ

俺 は

死ぬ まで 火消し を 続け なきゃ なら ねえ んだ よ

母上   お 話 と は ?

あなた に 縁談 が 来て おり ます

私 に !?

未来 の 命 は 結局   何と   てんびん に …

先生

写真 なる もの に 何 か あった ので ございます か ?

ここ の ところ   ずっと 気 に して らっしゃい ます し

いえ   別に

先生   実は   私 …

親父 様   ひと つ   お 願い が あり ん す

身 請け の 前 に は 体 の お 調べ が ござ りんしょう

それ を 南方 先生 に   お 願い しとう あり ん す

咲 さん も   何 か あった んです か ?

実は

はい

≪( 男 A ) ペニシリン …  坂本 は   それ を 使って 何 を しよう と いう んじゃ !?

( B ) 攘夷 派 の 者 に   痩毒 に 効く が 故 使わ ぬ か と 売り込んで おる らしい

≪( A ) 物売り を して どう しよう と ?

命 と   てんびん と なれば

攘夷 の 志 を 捨てる 者 も 出て こよう

( C ) 久 坂 殿

恐らく 真 の 狙い は   その あたり であろう

私 の ところ に も 話 を し たい と いう 密 書 が 来た

≪( B ) 斬ら ねば なり ませ ぬ な →

坂本 を

どう なさった のです か   先生 !?

〈 忘れて いた 痛み は 〉

〈 埋もれて いた 記憶 を 掘り起こす 〉

《 戻る ぜ よ   あん 世界 へ 》

〈 そう か   あれ は …〉

先生 !


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.