image

JIN-仁-, JIN-仁- #06

( 山田 ) 十八 番   薬効 あり !

〈( 仁 ) 歴史 上   まだ この世 に 存在 する はずの ない   ペニシリン 〉

〈 でも   これ は 〉

〈 本当に 許さ れる 行為 だった のだろう か 〉

≪( 医師 A ) 医学 所 は   緒方 先生 と 松本 先生 の もの に なって しまう …

( 医師 B ) 私 が 一 度 お はぐ ろ どぶ で →

佐分利 を 見かけた と 言った であろう →

何と   その とき 訪れて いた らしい 女 郎 が →

めった 裂き に さ れて 殺さ れた らしい →

下手人 は 捕まって おら ぬ →

もし   その 部屋 に   この メス が 落ちて おったら   どう なる ?

( 佐分利 ) す ん ませ ん ! ( 洪 庵 ) 以後   気 を つけ なさい

( 勝 ) て え した もん だ   先生 よ   何 か 困った こと が あったら 言って くれ

おい ら   力 に なる から よ はい !

( 龍 馬 ) どう いたら   こんな が を つくり 出せる が じゃ   先生 は ?

運 が よかった だけ です よ

( 八木 ) 南方 先生 に 医学 館 から 客 が !

何 や て !? 医学 館 て   すぐ そこ の 建物 の ?

( 山田 ) はい   漢方 治療 の 総 本山 で ございます

≪( 山田 ) さしずめ   本道 の →

西洋 医学 所 と いう 所 で ございます

あの   医学 館 と ケンカ でも して る んです か ?

本道 と は   いにしえ より

我が国 の 医療 の 中心 で あり 続けた まさに 本道

向こう から   こちら を 見れば

我ら こそ が   西洋 医術 を 勝手に 持ち込んだ   新参 者 →

ところが 今では   上 様 から 多く の 方々 まで 診る 奥 医師 に

その 我ら 蘭 方 医 が 次々 任命 さ れて ます

我ら が   かわいかろう はず は ございませ ん

やり手 の ベンチャー が 嫌わ れる ような もの か

うん ?

あ ッ   いや …

( 福田 ) 南方 殿 の 評判 を 耳 に し →

我ら が 医学 館 の   多紀 元 えん が ぜひ 対面 を と 申して おり

つき まして は   明日 医学 館 に お 越し 願 いたく →

参上 した 次第 で ございます お伺い すれば …

南方 殿 と 話し たい の なら   多紀 様 が こちら を 訪れる の が 筋 でしょう !

松本 殿   多紀 様 は 奥 医師 であり

お上 より   法 印 に まで 叙 せ られた 医師 で あり ます

一方   南方 殿 は   無 位 無 官 の 蘭 方 医 それ を 訪れろ と は …

人 と して の 礼 を 問うて おる のだ !

さ れ …

されど   世に は   上下 …

南方 先生 は   私 の 客人 であり

今 は   私 が 師 と も 慕う お方

その お方 に 対して   福田 殿 は →

訪れる に 値せ ん 奴 や と お 思い な んです か !?→

どう な んです か そう な んです か !?

は あ …

行き たい です

先生 前 から 思って た んです

医学 館   行って み たい なって

ああ   ひと つ いい かい ?

こいつ ら を   供 に つけ させて もら いて えん だ が よ

供 って   護衛 の こと です か ?

あの   本当に いい です から ね 護衛 なんて

( 橘 ) 勝 先生 の 命令 です から ( 龍 馬 ) 任し ちょき !

≪( 良 順 ) 南方 先生 の 身元 に 難癖 を つけ →

お上 に 働きかける つもり かも しれ ませ ぬ

ここ 数 年   本道 側 は 蘭 方 医 の 活躍 に より →

勢い を 削ら れて き ました から

その 功労 者 である 伊東 先生 の 失脚 を いい こと に

勢力 を 盛り返そう と して る の かも しれ ませ ぬ

その 失脚

松本 先生 が 企てた と いう 噂 が ございます が

私 は   長年

伊東 先生 より   さまざまな 妨害 を 受けて おり ました

それ は … ≪( 良 順 ) このたび も →

私 の 失脚 を 画策 さ れて いた ので

以前 より の 次第 を さる お方 に 内々 に 申し上げ

かよう な ご 処分 と なった 次第 です

それ を 企てた と は いささか 心外で ございます

ああ …

≪( 医師 A ) 盗っ人 たけだけしい →

医学 所 は   もと は 伊東 先生 が 起こした もの で は ない か →

おい   例の 件 は 進んで おる の か ?

( 医師 B ) 昨日   切 見世 の 女 郎部 屋 に 同 心 が 来て →

事情 を 調べて おった →

門弟 から 人殺し が 出た と あって は →

緒方 は   ここ に は おら れ ぬ であろう し →

そう なれば   南方 も 道連れ

くみする 松本 の 顔 を つぶせ よう

≪( 瓦版 売り ) 寄 っと い で 寄 っと い で !→

さあ さあ   皆様   お 立ち会い →

痩毒 に 効く   ペニシリン を つくった   お 医者 様 →

南方 仁   南方 先生 だ よ !

( 絵 売り ) 今   評判 の 痩毒 の 護符 →

南方 大 明神   南方 大 明神 の 護符 だ よ

先生 は   今 光り輝 いちゅう

で   その 光 っ ちゅう が は 必ず 影 を つくり ゆう もん じゃ

先生 の 落と いた 影 の 中 で う めいちゅう 連中 は

何 ぼ で も おる ちゅうこ と は 心して おいた 方 が いい ぜ よ

そんな   大げさな

暗闇 で

バッサリ !

いか れる かも

し れ ん きのう

バッハッハッハッ …

斬ら れたら 死ぬ の か な   俺

《 野 風 さん に 似て る でしょう 》

《 私 が 医学 の 時計 の 針 を 進めれば 》

《 彼女 の 手術 も 成功 する かも しれ ない 》

〈 未来 〉

〈 今日   俺 は 光り輝いて いる と 言わ れた よ 〉

〈 あの 坂本 龍 馬 に 〉

〈 でも   自分 で 言う の も 何 だ けど 〉

〈 確かに   ここ に いる 南方 仁 は 光り輝いて いる 〉

〈 つき合う の は   歴史 上 の 大 人物 〉

〈 生き 神様 だ と お守り まで 作ら れる ような 奴 だ 〉

〈 ここ に いる 俺 は 俺 じゃ ない みたいだ 〉

〈 ここ に 来て   もう 半年 以上 〉

〈 この 手 で 手術 を し 〉

〈 病気 に も かかり 〉

〈 ペニシリン も   つくり出して きた 〉

〈 だけど   ここ で 起こる こと は どんな 生々しい 出来事 でも 〉

〈 どこ か リアルに は 感じ られ ない 〉

〈 もし かして   俺 は 〉

〈 本当 は   もう 夢 の 中 に いる んじゃ ない だろう か 〉

〈 永遠に 覚める こと の ない 〉

〈 もし   斬ら れれば 〉

〈 この 血 は 流れる んだろう か 〉

( 医師 C ) 順番 に   順番 に 梅 毒 の お 調べ を し ます ので →

ここ で もう しばらく お 待ち ください

体 は 熱い こと   だるい こと ある や   否 や

ないで あり ん す

( 山田 ) 体 の いずこ か に   赤い 斑点 や ただれ が   ある や   否 や

ないで あり ん す

≪( 野 風 ) お 武家 の お ひ い 様 →

よろしゅう お ざん す か ?

南方 先生 は   いらっしゃら ない ようであり ん す が

( 咲 ) 急に 医学 館 に 伺わ ねば なら ぬ 用 が おでき に なった ようで

今日 は   私 ども で 下調べ を と いう こと に なり ました

( 野 風 ) せっかく 南方 先生 に 拝ま して やろう と 思い ん した のに

( 野 風 ) 始め ておくれな ん し

はい   で は まず いく つ か お伺い し ます が

何 か ?

うらやましくて

お 武家 の お ひ い 様 が ?→

あ ちき なぞ の 何 を ?

顔 が …

顔 ?

それ は そう と   近頃   市中 に →

このような 物 が 出回って おる

ここ に は このような こと が 書いて ある →

「 南方 医師 の 出所   一切 が 謎 」

「 どこ で 医術 を 身 に 付けた の かも 不明である 」 と

医学 所 は   ご 公 儀 の 施設

公 の 場所 に 身元 不明 の 者 が いる と すれば   これ は ゆゆしき こと

多紀 家 は   お上 に さまざま 上申 する の が   お 役目

ひと つ   素性 を 教えて いただき たい

ああ …

えっ と の う   玄 孝

南方 殿 は   記憶 を 失って おら れる のです

お 尋ね に なって も 詮 無い こと か と

医学 所 で は   記憶 が あいまいな 者 に 医術 を 教え させて おる と いう の か

しかし   医術 の 記憶 は 確かで ございます 故

確かである と いう 証拠 は どこ に ある のじゃ !?

それ は … ≪( 龍 馬 ) そりゃ あ   先生

ご 公 儀 の 秘密 っ ちゅうもん ぜ よ

ご 公 儀 の 秘密 !?

にらま れて も 困る ぜ よ

ご 公 儀 の 秘密な ん じゃき

にらむ が じゃ ったら 上 様 を に らん じょ き

あり え ん ! 幕府 の 医術 の こと で

私 の 耳 に 入ら ぬ こと など そう であろう   玄 孝 !

あ ッ   う ~

バカ 者   腹痛 ぐらい で 大騒ぎ する な

腹 が   腹 が … ただ の 腹痛 で は ない かも しれ ない

すいません   失礼 し ます

ダー ! 硬い な   ディファンス も 強い

横 に なって いただけ ます か ? 硬い が か

腹 の 上部 が   しくしく 痛んだり

さしこんだり した こと あり ませ ん か ?

ただ の 腹痛 で は ない の か ?

胃 潰瘍 穿 孔 で は ない か と 思わ れ ます

胃 に 穴 が あいて   内容 物 が もれて しまって る んです

胃 の 腑 に 穴 !? で は   助から ん で は ない か

はい   このまま 放置 すれば 腹膜炎 と いう 病気 に 進行 して

手遅れに なり ます 信じ られ ん

外 から 触った だけ で どうして 分かる のだ !?

分かる が じゃ

手術 して も いい です か ?

どこ を 手術 する と いう のだ !?

腹 を 切って   胃 の 穴 を ふさぎ ます

腹 を 切る !?

腹 など 切ら れて は   死 …

動か ないで ください かまわ ん   先生

やれ はい

( 福田 が うめいて いる )

殺さ れ そうで んな ええ   敵 だらけ です

龍 馬 さん   この 机   寄せて 布 を かけて ください

≪( 龍 馬 ) 先生   ここ で ええ かえ ? はい

点滴 の 用意   お 願い し ます

はい

( 佐分利 ) ちょっと !

お 願い です 手術 を 取りやめて ください

腹 を 切って   生きて い られる わけ が ございませ ん

お 主 が 死んだら

私 も   ここ で 腹 を 切る

そう なったら   手術 を 許した 私 の 責任 で も ある から な

私 ごとき に …

もったいなき お 言葉

どうにでも   料理 する が よい

ただし   私 を 殺したら

お 主 も   お上 から 裁き を 受ける

麻酔 を 始め ます

( 医者 A ) もしも の 場合 は 元 えん 先生 が 腹 を !?

( 医者 B ) そのような こと に なれば 奴 ら の 腹 を   か っ さばいて くれる わ

こっち まで   胃 の 腑 に 穴 が あき そう ぜ よ

何 でしょう な   あれ は ?

手術 用 の ゴム 手袋 です

外科 道具 屋 さん に 行って 作って もらった んです

体 内 に   微 生物 や   細菌 が 進入 する の を 防ぐ んです

麻酔 の 導入   終わり ました

では   開腹 し ます

腹 膜 を 切開 し ます

咲 さ ん   コッヘル かん 子 で   私 と 交互に   腹 膜 を 持ち上げて ください

腹腔 内 臓器 と   腹 膜 を 離し ながら 切って いく んです

はい

すいません

大丈夫です か ?

大丈夫です

あった

かなり 大きい な

咲 さ ん

佐分利 先生   生理 的 食塩 水 を

はい

私 が 咲 さん は   下がって いて ください

初めて 内臓 を 見て   平気で いろ と いう 方 が   むちゃな 話 です

無神経でした もう 平気です から

すいません   患者 の ため に

手術 時間 は できる だけ 短く し たい んです

次の ため に よく 見て おいて ください

はい

この 穴 を   どう やって ふさぐ んで っか ?

胃 の 下 に ある   この 大 網 と いう 脂肪 の 網 を 使って   ふさぎ ます

そんな こと して 平気な んで っか ?

たくさん ある んで 大丈夫な んです よ

信じ られ ぬ このような こと を して 死な ぬ と は

( 医師 A ) 何の ご用 でしょう か ?

( 同 心 ) 実は   お 聞き し たい こと が あり まして

それ は 一大事

( 医師 B ) 伊東 先生 に も お 伝え せ ねば

( 龍 馬 ) あけて くれ   すま ん のう

( 医者 A ) 元 えん 先生   福田 先生 は !?

手術 と やら は   成功 した

正確に は まだ 成功 した と は 言え ませ ん

経過 を 見て   ドレーン を 抜き   抜 糸 を する と いう 処置 が 残って ます

う めいちゅう のう

「 南方 大 明神 」

≪( 禿 ) 花魁   入り や ん す

あい

≪( 佐分利 ) しか し   先生 は 肝 が 据わって まん な

あんな 中 で   よう 淡々と 手術 を

佐分利 先生 こそ   初めて 内臓 を 見た 人間 に は 思え ませ ん でした よ

え ッ …

初めて じゃ ない んです か ?

は あ   まあ

佐分利 殿 の メス が   殺さ れた 女 郎 の 部屋 より 見つかった と

≪( 玄 朴 ) 入り ます ぞ

伊東 先生

医学 所 の 一大事 と 聞きつけ 老婆 心 ながら

私 は   隠居 の 身 故   こちら で

もう 一 度 聞く

この メス は   お 主 の 物 である な ?

腑分 け を して おり ました !

これ を   お 読み ください

その 女 郎 の 病 を 時々 診て おり ました

薬 礼 も でき ぬ 身の上 故 死後   腑分 け を し →

それ で 払った こと に して くれ と

誓って 殺 め たり は して おり ませ ん !

近所 の 女 郎 から も   つう が 生前

通い の 医者 に   何 か の 形 で 礼 を し たい と   もらして いた と の

証言 も 得て おる が こういう 次第 であった か

はい

遺体 の そば に   焼香 した 跡 が あった と いう   あれ も   お 主 か ?

はい   葬式 を 出す わけに は いきま せ ぬ ので   せめて と

しかし   人殺し で は なかった と いう もの の

本来   腑分 け は お上 に 申し出た うえ で 行う もの

さりとて   取り立てて お 沙汰 に なる ような こと でも

ご 公 儀 の 医学 所 の 者 が

無断 で   腑分 け を 行った と あって は   示し が つか ん

誰 か が   責任 を 取ら ねば なら ぬ と いう こと じゃ

そんな   熱心な 医者 なら

腑分 け なんて 隠れて   いくら でも やって る や お ま へんか

まして 墓 荒し した わけで も ない のに →

とがめ 立て さ れる なんて 聞いた こと お ま へんで

大体   こう で も せ ん と 腑分 け なんか でき ん でしょう

お上 の 許す 腑分 け は 一 年 に   二 つ 三 つ で っせ

そんな もん で   どう やって 医術 学べ いう んで っか

そんな ん じゃ

いつまで たって も 南方 先生 の 神 が かった 医術 に

追いつく こと なんか で きや しま へんで

それ で   ええ んで っか !

( 玄 朴 ) さて   どう し ます か な ?

弟子 の 不明 は   私 の 不明

佐分利 ともども   身 を 引か …

緒方 先生 !  私 は 医術 の ため に やった ので ございます

国 の ため   道 の ため !

お前 の 言う 道 と は 自分 の ため だけ の 道 や !

道 を 開く と 言う ならば

お前 は   堂々と 「 腑分 け は す べし 」 と

そう 叫ぶ べき やった ん や ない か

そんな こと やった って …

玄 朴 先生 も   私 も

「 人殺し 」「 出て いけ 」 と 石 を 投げつけ られ ながら →

種痘 と いう 道 を 開いて き ました

いや   この 医学 所 も   玄 朴 先生 ら が

私財 を 投げうって つくった もん や

道 を 開く と いう こと は な

自分 だけ の 逃げ道 を つくる こと や ない !

松本 先生

玄 朴 先生

残り まし たる 弟子 と

南方 先生 を

よろしく お 願い いたし ます

分かって おる

お前 の 望み と あれば いか な 無理 も かなえよう ぞ

ならば

あ ちき を   お 斬り ください なん し

さすれば   大 門 を 出て ゆける であり ん しょう

戯れ であり ん す

〈 もし   俺 が 医学 所 で ペニシリン を   つくったり し なければ 〉

〈 佐分利 先生 や   緒方 先生 は 〉

〈 こんな こと に なった んだろう か 〉

南方 先生

はい

あの   私 で よければ お 話し して ください ませ ん か ?

大した こと は でき ぬ と 思い ます が

先生 の ご 事情 も 心得て おり ます

物 言わ ぬ 写真 と やら に 問いかける より は

すいません   出 過ぎた こと を

違う んです

咲 さん の おっしゃる こと は もっともだ なって

向こう に いる とき も

もう   ずっと 話さ ない 相手 に 話しかけて いた もん です から

癖 な んです ね

いい 大人 が   恥ずかしい です

すいません

〈 確かに 君 に 答え を 求める こと は でき ない 〉

〈 それ に   写真 に 写る 君 が よく なって い そうだ から と いって 〉

〈 今   ここ に いる 人 達 の 明日 を 〉

〈 踏みにじって いい と いう 理屈 は 成り立た ない 〉

〈 これ は   恐らく 俺 の 招いた 歴史 の 混乱 だ 〉

≪( 玄 朴 ) で は   お 主 が 辞める と 申す の か !?

はい   以前   佐分利 先生 に

言って しまった こと を 思い出した んです

医術 を 志す なら

まずは   体 を 知れ と

私 が   たきつけた ような もの です

ですから   佐分利 先生 の こと は お 許し いただけ ない でしょう か ?

南方 先生 … 奉行 所 の 方 に は

今回 の 件 は   私 が 元凶 であった と 申し出 ます

えたいの知れない 私 が 扇動 した と なれば

医学 所 は 責 め を 負う こと は ない でしょう し

確かに

それ なら 傷 は つか ぬ が

では   そういう 形 で

≪( 洪 庵 ) いや   それ は なり ませ ぬ

先生 は   ここ に 残る べきです

それ が   国 の ため 道 の ため で ございます

緒方 先生 が ここ に いらっしゃる こと こそ が

国 の ため   道 の ため です

予想 です が   ほうっておいて も

医療 技術 や 薬 は 進化 する と 思い ます

分かり やすく 利益 に なる もの に は

人 は 皆   飛びつき ます

それ は   とても 簡単な こと です

ですが   石 を 投げ られ

私財 を 投げうって でも

人 を 助け たい と 願う 医 の 心 を 伝えて いく こと は

とても 難しい こと だ と 思い ます

ペニシリン は どう なる ので ございます か ?

製造 は   緒方 先生 が 続けて くださる そうです

先生

何で あんな こと を ?

あんな こと 聞いた こと お ま へんで

いい んです よ   私 は

私 は

何 が   どう ええ が じゃ

ここ に おれば その 医術 を 広める こと も

いくら でも できる が じゃ ろう

それ を   嘘 を つき

あり も せ ん 責 め を 負い

どこ を   どう 押したら そんな 理屈 に なる ぜ よ

どうした ん です か ? 先生 に は

欲 っ ちゅう もの が まったく 見 えんぜよ

欲 ? お うよ

人間 は   欲 深い 生き もん じゃ

国 の ため なら   死 ぬる こと が できる っ ちゅう 志士 も

人 の ため に 生きる とほ ざ く 医者 も

ひと 皮 むけば 成り 上がり たい   金 が ほしい

名 を 残した いっち ゅう 欲 で   がんじがらめ じゃ

わし じゃ ち   そう じゃ

頼ま れ も せ ん のに この 日 の 本 の 国 を

もっと ええ 国 に し たい と 思う ち ょる が は

生まれて きた からに は

何 か やって やり たい っ ちゅう 欲 から じゃ

けん ど   その 欲 が あるき

わしゃ   進んで いける

欲 は   生きる 源 じゃ

じゃ が   先生 の やっ ちょ る こと は

まるで   仏 じゃ

もし 人 である ならば

死人 じゃ

死人 …

わしゃ 心配な ん ぜ よ

何の 欲 も の うて 殺さ れる っ ちゅう て も

ポカーン と しちゅう 先生 が

いつか 命 さえ 「 はい   そう です か 」 ちゅう て

ポーン と   ほうり出し そうで

〈 この とき   初めて 分かった んだ 〉

〈 俺 に は この 世界 に 対する 執着 が ない 〉

《 緒方 先生 が ここ に いらっしゃる こと こそ が 》

《 国 の ため   道 の ため です 》

〈 だ から   私心 など ない ような 〉

〈 仏 の ような こと が できる けど 〉

〈 だからこそ   きっと 〉

〈 何ひとつ   リアルに 感じ られ ない んだ 〉

〈 俺 は   もう 本当に 〉

〈 死んで いる の かも しれ ない な 〉

ああ   格別じゃ のう

医術 を 学んで も 他の 皆様 に は かなわ ず

そば に いた とて その お 心 ひと つ 分から ず

私 は

何の ため に いる のでしょう

《 ご 公 儀 の 秘密 っ ちゅうもん ぜ よ 》

役立た ず は   私 も 同じだ

あの 男 が いる かぎり

我々 は   滅びる

南方 先生 の 噂 を ?

( 新 造 ) あい   夏 屋 で お 医者 様 と 思わ れる

坊主 頭 の お 客 さん 達 が 南方 先生 の こと を 話して …

誰 が   どんな こと を 言 いん した と !?

「 南方 は   化け物 だ 」

「 医学 界 の ため に も 斬る しか ない 」 って

花魁   どこ へ ?

私 に で ございます か ?

へえ

母上   南方 先生 は ?

( 栄 ) お出かけ に なら れ ました が

兄 上 は   ご 一緒でした か ?

先生 から   さすが に もう よい と 断ら れて おり ました

( 野 風 )「 咲 様   どこ の 誰 と 」

「 定かに は 分かり ませ ぬ が 」

「 南方 先生 は 」

「 お 命 を   狙わ れて おり ん す 」

「 けん ど   あ ちき は 」

「 吉原 から 一 歩 も 出る こと を 許さ れ ぬ   かご の 鳥 」

「 あなた 様 に おす が りする しか   あ りんせん 」

こちら へ !

「 咲 様 は   あ ちき を   うらやましい と おっしゃった けん ど 」

「 あ ちき は   咲 様 が うらやましい 」

「 野 の 花 の ような 風情 も 」

「 けがれ を 知ら ぬ まっすぐな お 心 も 」

「 そして   何より 」

「 その 身の上 が 」

「 例えば   咲 様 は 」

「 好いた お方 の お そば に 」

「 己 の 足 で   向かう こと が できる のであり ん しょう 」

こちら へ !

「 あ ちき に は かなわ ぬ 夢 で お ざん す 」

「 咲 様 」

「 どうか 」

「 先生 を   お守り くだ さいなん し 」

覚悟 !

キャー ! うわ ~!

≪( 男 ) 何 奴   くせ者 !

行った ようで ございます

先生 ?

私 は   ここ は 夢 の 中 で

もしかしたら

死ぬ の も 平気 か って 思って た んです

でも

震えて ます

怖かった

あたりまえです !

先生 は 生きて おら れる のです から

死んで も 平気 なんて   二度と

そう です よ ね

私 は

ここ で 生きて る んです よ ね

ありがとう ございます   咲 さ ん

ありがとう !

いえ

お礼 なら

野 風 さん に

野 風 さん ?

「 無事   一命 を 取り留め ました 」

「 心 より   お 礼 申し上げ ます 」

「 南方 仁 」

何やら   吹っ切れた 顔 を して いる で は ないで す か

らち の あか ぬ こと を 悩む の は やめた のです

( 橘 ) 小さい 器 に は 少し の 酒 しか つげ ぬ

生まれ 持った 器 と いう の は いかん と も し がたい の かも な

( 初音 ) 小さな 杯 も よき もの であり ん すよ

大きな 杯 に は すぐ 酒 が なくなって しまい ん す

お 主   よく 見え ぬ の か ?

お 待ち ください !

南方 先生 に   刺客 を 送った の は お まん ら じゃ ろう !

確かに   あの 男 は 恐ろしい

あの 医術 が 広まれば

我ら は   腐った ぬか の ように 捨て られる であろう

だが   この 元 えん

多紀 一族 に 生まれ

医師 と して の 誇り を 持って 生きて きた

己 の 身 を 守る ため に 人 の 命 を 奪おう と は 思わ ん !

じゃ が   ほ いたら

むしろ   同じ 蘭 方 医 の 方 が →

よほど 恐ろしい ので は ない の か ?

これ は …

≪( 佐分利 ) あの とき は 言え ま へんでした が →

私 の メス も 誰 か が 盗み   わざと 置いた もの と しか 思え へん のです

南方 先生 を 襲った の も   これ も

もしかしたら 全て 医学 所 内 の や から の 仕業 で は

( 咳 )

先生

大丈夫 や

この こと は   全て 私 に 任せ なさい

一 歩   後退 って ことか

( 咳 )

( 洪 庵 ) 私 に は

時間 が ない

「 平成 二十二 年 」



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

( 山田 ) 十八 番   薬効 あり !

〈( 仁 ) 歴史 上   まだ この世 に 存在 する はずの ない   ペニシリン 〉

〈 でも   これ は 〉

〈 本当に 許さ れる 行為 だった のだろう か 〉

≪( 医師 A ) 医学 所 は   緒方 先生 と 松本 先生 の もの に なって しまう …

( 医師 B ) 私 が 一 度 お はぐ ろ どぶ で →

佐分利 を 見かけた と 言った であろう →

何と   その とき 訪れて いた らしい 女 郎 が →

めった 裂き に さ れて 殺さ れた らしい →

下手人 は 捕まって おら ぬ →

もし   その 部屋 に   この メス が 落ちて おったら   どう なる ?

( 佐分利 ) す ん ませ ん ! ( 洪 庵 ) 以後   気 を つけ なさい

( 勝 ) て え した もん だ   先生 よ   何 か 困った こと が あったら 言って くれ

おい ら   力 に なる から よ はい !

( 龍 馬 ) どう いたら   こんな が を つくり 出せる が じゃ   先生 は ?

運 が よかった だけ です よ

( 八木 ) 南方 先生 に 医学 館 から 客 が !

何 や て !? 医学 館 て   すぐ そこ の 建物 の ?

( 山田 ) はい   漢方 治療 の 総 本山 で ございます

≪( 山田 ) さしずめ   本道 の →

西洋 医学 所 と いう 所 で ございます

あの   医学 館 と ケンカ でも して る んです か ?

本道 と は   いにしえ より

我が国 の 医療 の 中心 で あり 続けた まさに 本道

向こう から   こちら を 見れば

我ら こそ が   西洋 医術 を 勝手に 持ち込んだ   新参 者 →

ところが 今では   上 様 から 多く の 方々 まで 診る 奥 医師 に

その 我ら 蘭 方 医 が 次々 任命 さ れて ます

我ら が   かわいかろう はず は ございませ ん

やり手 の ベンチャー が 嫌わ れる ような もの か

うん ?

あ ッ   いや …

( 福田 ) 南方 殿 の 評判 を 耳 に し →

我ら が 医学 館 の   多紀 元 えん が ぜひ 対面 を と 申して おり

つき まして は   明日 医学 館 に お 越し 願 いたく →

参上 した 次第 で ございます お伺い すれば …

南方 殿 と 話し たい の なら   多紀 様 が こちら を 訪れる の が 筋 でしょう !

松本 殿   多紀 様 は 奥 医師 であり

お上 より   法 印 に まで 叙 せ られた 医師 で あり ます

一方   南方 殿 は   無 位 無 官 の 蘭 方 医 それ を 訪れろ と は …

人 と して の 礼 を 問うて おる のだ !

さ れ …

されど   世に は   上下 …

南方 先生 は   私 の 客人 であり

今 は   私 が 師 と も 慕う お方

その お方 に 対して   福田 殿 は →

訪れる に 値せ ん 奴 や と お 思い な んです か !?→

どう な んです か そう な んです か !?

は あ …

行き たい です

先生 前 から 思って た んです

医学 館   行って み たい なって

ああ   ひと つ いい かい ?

こいつ ら を   供 に つけ させて もら いて えん だ が よ

供 って   護衛 の こと です か ?

あの   本当に いい です から ね 護衛 なんて

( 橘 ) 勝 先生 の 命令 です から ( 龍 馬 ) 任し ちょき !

≪( 良 順 ) 南方 先生 の 身元 に 難癖 を つけ →

お上 に 働きかける つもり かも しれ ませ ぬ

ここ 数 年   本道 側 は 蘭 方 医 の 活躍 に より →

勢い を 削ら れて き ました から

その 功労 者 である 伊東 先生 の 失脚 を いい こと に

勢力 を 盛り返そう と して る の かも しれ ませ ぬ

その 失脚

松本 先生 が 企てた と いう 噂 が ございます が

私 は   長年

伊東 先生 より   さまざまな 妨害 を 受けて おり ました

それ は … ≪( 良 順 ) このたび も →

私 の 失脚 を 画策 さ れて いた ので

以前 より の 次第 を さる お方 に 内々 に 申し上げ

かよう な ご 処分 と なった 次第 です

それ を 企てた と は いささか 心外で ございます

ああ …

≪( 医師 A ) 盗っ人 たけだけしい →

医学 所 は   もと は 伊東 先生 が 起こした もの で は ない か →

おい   例の 件 は 進んで おる の か ?

( 医師 B ) 昨日   切 見世 の 女 郎部 屋 に 同 心 が 来て →

事情 を 調べて おった →

門弟 から 人殺し が 出た と あって は →

緒方 は   ここ に は おら れ ぬ であろう し →

そう なれば   南方 も 道連れ

くみする 松本 の 顔 を つぶせ よう

≪( 瓦版 売り ) 寄 っと い で 寄 っと い で !→

さあ さあ   皆様   お 立ち会い →

痩毒 に 効く   ペニシリン を つくった   お 医者 様 →

南方 仁   南方 先生 だ よ !

( 絵 売り ) 今   評判 の 痩毒 の 護符 →

南方 大 明神   南方 大 明神 の 護符 だ よ

先生 は   今 光り輝 いちゅう

で   その 光 っ ちゅう が は 必ず 影 を つくり ゆう もん じゃ

先生 の 落と いた 影 の 中 で う めいちゅう 連中 は

何 ぼ で も おる ちゅうこ と は 心して おいた 方 が いい ぜ よ

そんな   大げさな

暗闇 で

バッサリ !

いか れる かも

し れ ん きのう

バッハッハッハッ …

斬ら れたら 死ぬ の か な   俺

《 野 風 さん に 似て る でしょう 》

《 私 が 医学 の 時計 の 針 を 進めれば 》

《 彼女 の 手術 も 成功 する かも しれ ない 》

〈 未来 〉

〈 今日   俺 は 光り輝いて いる と 言わ れた よ 〉

〈 あの 坂本 龍 馬 に 〉

〈 でも   自分 で 言う の も 何 だ けど 〉

〈 確かに   ここ に いる 南方 仁 は 光り輝いて いる 〉

〈 つき合う の は   歴史 上 の 大 人物 〉

〈 生き 神様 だ と お守り まで 作ら れる ような 奴 だ 〉

〈 ここ に いる 俺 は 俺 じゃ ない みたいだ 〉

〈 ここ に 来て   もう 半年 以上 〉

〈 この 手 で 手術 を し 〉

〈 病気 に も かかり 〉

〈 ペニシリン も   つくり出して きた 〉

〈 だけど   ここ で 起こる こと は どんな 生々しい 出来事 でも 〉

〈 どこ か リアルに は 感じ られ ない 〉

〈 もし かして   俺 は 〉

〈 本当 は   もう 夢 の 中 に いる んじゃ ない だろう か 〉

〈 永遠に 覚める こと の ない 〉

〈 もし   斬ら れれば 〉

〈 この 血 は 流れる んだろう か 〉

( 医師 C ) 順番 に   順番 に 梅 毒 の お 調べ を し ます ので →

ここ で もう しばらく お 待ち ください

体 は 熱い こと   だるい こと ある や   否 や

ないで あり ん す

( 山田 ) 体 の いずこ か に   赤い 斑点 や ただれ が   ある や   否 や

ないで あり ん す

≪( 野 風 ) お 武家 の お ひ い 様 →

よろしゅう お ざん す か ?

南方 先生 は   いらっしゃら ない ようであり ん す が

( 咲 ) 急に 医学 館 に 伺わ ねば なら ぬ 用 が おでき に なった ようで

今日 は   私 ども で 下調べ を と いう こと に なり ました

( 野 風 ) せっかく 南方 先生 に 拝ま して やろう と 思い ん した のに

( 野 風 ) 始め ておくれな ん し

はい   で は まず いく つ か お伺い し ます が

何 か ?

うらやましくて

お 武家 の お ひ い 様 が ?→

あ ちき なぞ の 何 を ?

顔 が …

顔 ?

それ は そう と   近頃   市中 に →

このような 物 が 出回って おる

ここ に は このような こと が 書いて ある →

「 南方 医師 の 出所   一切 が 謎 」

「 どこ で 医術 を 身 に 付けた の かも 不明である 」 と

医学 所 は   ご 公 儀 の 施設

公 の 場所 に 身元 不明 の 者 が いる と すれば   これ は ゆゆしき こと

多紀 家 は   お上 に さまざま 上申 する の が   お 役目

ひと つ   素性 を 教えて いただき たい

ああ …

えっ と の う   玄 孝

南方 殿 は   記憶 を 失って おら れる のです

お 尋ね に なって も 詮 無い こと か と

医学 所 で は   記憶 が あいまいな 者 に 医術 を 教え させて おる と いう の か

しかし   医術 の 記憶 は 確かで ございます 故

確かである と いう 証拠 は どこ に ある のじゃ !?

それ は … ≪( 龍 馬 ) そりゃ あ   先生

ご 公 儀 の 秘密 っ ちゅうもん ぜ よ

ご 公 儀 の 秘密 !?

にらま れて も 困る ぜ よ

ご 公 儀 の 秘密な ん じゃき

にらむ が じゃ ったら 上 様 を に らん じょ き

あり え ん ! 幕府 の 医術 の こと で

私 の 耳 に 入ら ぬ こと など そう であろう   玄 孝 !

あ ッ   う ~

バカ 者   腹痛 ぐらい で 大騒ぎ する な

腹 が   腹 が … ただ の 腹痛 で は ない かも しれ ない

すいません   失礼 し ます

ダー ! 硬い な   ディファンス も 強い

横 に なって いただけ ます か ? 硬い が か

腹 の 上部 が   しくしく 痛んだり

さしこんだり した こと あり ませ ん か ?

ただ の 腹痛 で は ない の か ?

胃 潰瘍 穿 孔 で は ない か と 思わ れ ます

胃 に 穴 が あいて   内容 物 が もれて しまって る んです

胃 の 腑 に 穴 !? で は   助から ん で は ない か

はい   このまま 放置 すれば 腹膜炎 と いう 病気 に 進行 して

手遅れに なり ます 信じ られ ん

外 から 触った だけ で どうして 分かる のだ !?

分かる が じゃ

手術 して も いい です か ?

どこ を 手術 する と いう のだ !?

腹 を 切って   胃 の 穴 を ふさぎ ます

腹 を 切る !?

腹 など 切ら れて は   死 …

動か ないで ください かまわ ん   先生

やれ はい

( 福田 が うめいて いる )

殺さ れ そうで んな ええ   敵 だらけ です

龍 馬 さん   この 机   寄せて 布 を かけて ください

≪( 龍 馬 ) 先生   ここ で ええ かえ ? はい

点滴 の 用意   お 願い し ます

はい

( 佐分利 ) ちょっと !

お 願い です 手術 を 取りやめて ください

腹 を 切って   生きて い られる わけ が ございませ ん

お 主 が 死んだら

私 も   ここ で 腹 を 切る

そう なったら   手術 を 許した 私 の 責任 で も ある から な

私 ごとき に …

もったいなき お 言葉

どうにでも   料理 する が よい

ただし   私 を 殺したら

お 主 も   お上 から 裁き を 受ける

麻酔 を 始め ます

( 医者 A ) もしも の 場合 は 元 えん 先生 が 腹 を !?

( 医者 B ) そのような こと に なれば 奴 ら の 腹 を   か っ さばいて くれる わ

こっち まで   胃 の 腑 に 穴 が あき そう ぜ よ

何 でしょう な   あれ は ?

手術 用 の ゴム 手袋 です

外科 道具 屋 さん に 行って 作って もらった んです

体 内 に   微 生物 や   細菌 が 進入 する の を 防ぐ んです

麻酔 の 導入   終わり ました

では   開腹 し ます

腹 膜 を 切開 し ます

咲 さ ん   コッヘル かん 子 で   私 と 交互に   腹 膜 を 持ち上げて ください

腹腔 内 臓器 と   腹 膜 を 離し ながら 切って いく んです

はい

すいません

大丈夫です か ?

大丈夫です

あった

かなり 大きい な

咲 さ ん

佐分利 先生   生理 的 食塩 水 を

はい

私 が 咲 さん は   下がって いて ください

初めて 内臓 を 見て   平気で いろ と いう 方 が   むちゃな 話 です

無神経でした もう 平気です から

すいません   患者 の ため に

手術 時間 は できる だけ 短く し たい んです

次の ため に よく 見て おいて ください

はい

この 穴 を   どう やって ふさぐ んで っか ?

胃 の 下 に ある   この 大 網 と いう 脂肪 の 網 を 使って   ふさぎ ます

そんな こと して 平気な んで っか ?

たくさん ある んで 大丈夫な んです よ

信じ られ ぬ このような こと を して 死な ぬ と は

( 医師 A ) 何の ご用 でしょう か ?

( 同 心 ) 実は   お 聞き し たい こと が あり まして

それ は 一大事

( 医師 B ) 伊東 先生 に も お 伝え せ ねば

( 龍 馬 ) あけて くれ   すま ん のう

( 医者 A ) 元 えん 先生   福田 先生 は !?

手術 と やら は   成功 した

正確に は まだ 成功 した と は 言え ませ ん

経過 を 見て   ドレーン を 抜き   抜 糸 を する と いう 処置 が 残って ます

う めいちゅう のう

「 南方 大 明神 」

≪( 禿 ) 花魁   入り や ん す

あい

≪( 佐分利 ) しか し   先生 は 肝 が 据わって まん な

あんな 中 で   よう 淡々と 手術 を

佐分利 先生 こそ   初めて 内臓 を 見た 人間 に は 思え ませ ん でした よ

え ッ …

初めて じゃ ない んです か ?

は あ   まあ

佐分利 殿 の メス が   殺さ れた 女 郎 の 部屋 より 見つかった と

≪( 玄 朴 ) 入り ます ぞ

伊東 先生

医学 所 の 一大事 と 聞きつけ 老婆 心 ながら

私 は   隠居 の 身 故   こちら で

もう 一 度 聞く

この メス は   お 主 の 物 である な ?

腑分 け を して おり ました !

これ を   お 読み ください

その 女 郎 の 病 を 時々 診て おり ました

薬 礼 も でき ぬ 身の上 故 死後   腑分 け を し →

それ で 払った こと に して くれ と

誓って 殺 め たり は して おり ませ ん !

近所 の 女 郎 から も   つう が 生前

通い の 医者 に   何 か の 形 で 礼 を し たい と   もらして いた と の

証言 も 得て おる が こういう 次第 であった か

はい

遺体 の そば に   焼香 した 跡 が あった と いう   あれ も   お 主 か ?

はい   葬式 を 出す わけに は いきま せ ぬ ので   せめて と

しかし   人殺し で は なかった と いう もの の

本来   腑分 け は お上 に 申し出た うえ で 行う もの

さりとて   取り立てて お 沙汰 に なる ような こと でも

ご 公 儀 の 医学 所 の 者 が

無断 で   腑分 け を 行った と あって は   示し が つか ん

誰 か が   責任 を 取ら ねば なら ぬ と いう こと じゃ

そんな   熱心な 医者 なら

腑分 け なんて 隠れて   いくら でも やって る や お ま へんか

まして 墓 荒し した わけで も ない のに →

とがめ 立て さ れる なんて 聞いた こと お ま へんで

大体   こう で も せ ん と 腑分 け なんか でき ん でしょう

お上 の 許す 腑分 け は 一 年 に   二 つ 三 つ で っせ

そんな もん で   どう やって 医術 学べ いう んで っか

そんな ん じゃ

いつまで たって も 南方 先生 の 神 が かった 医術 に

追いつく こと なんか で きや しま へんで

それ で   ええ んで っか !

( 玄 朴 ) さて   どう し ます か な ?

弟子 の 不明 は   私 の 不明

佐分利 ともども   身 を 引か …

緒方 先生 !  私 は 医術 の ため に やった ので ございます

国 の ため   道 の ため !

お前 の 言う 道 と は 自分 の ため だけ の 道 や !

道 を 開く と 言う ならば

お前 は   堂々と 「 腑分 け は す べし 」 と

そう 叫ぶ べき やった ん や ない か

そんな こと やった って …

玄 朴 先生 も   私 も

「 人殺し 」「 出て いけ 」 と 石 を 投げつけ られ ながら →

種痘 と いう 道 を 開いて き ました

いや   この 医学 所 も   玄 朴 先生 ら が

私財 を 投げうって つくった もん や

道 を 開く と いう こと は な

自分 だけ の 逃げ道 を つくる こと や ない !

松本 先生

玄 朴 先生

残り まし たる 弟子 と

南方 先生 を

よろしく お 願い いたし ます

分かって おる

お前 の 望み と あれば いか な 無理 も かなえよう ぞ

ならば

あ ちき を   お 斬り ください なん し

さすれば   大 門 を 出て ゆける であり ん しょう

戯れ であり ん す

〈 もし   俺 が 医学 所 で ペニシリン を   つくったり し なければ 〉

〈 佐分利 先生 や   緒方 先生 は 〉

〈 こんな こと に なった んだろう か 〉

南方 先生

はい

あの   私 で よければ お 話し して ください ませ ん か ?

大した こと は でき ぬ と 思い ます が

先生 の ご 事情 も 心得て おり ます

物 言わ ぬ 写真 と やら に 問いかける より は

すいません   出 過ぎた こと を

違う んです

咲 さん の おっしゃる こと は もっともだ なって

向こう に いる とき も

もう   ずっと 話さ ない 相手 に 話しかけて いた もん です から

癖 な んです ね

いい 大人 が   恥ずかしい です

すいません

〈 確かに 君 に 答え を 求める こと は でき ない 〉

〈 それ に   写真 に 写る 君 が よく なって い そうだ から と いって 〉

〈 今   ここ に いる 人 達 の 明日 を 〉

〈 踏みにじって いい と いう 理屈 は 成り立た ない 〉

〈 これ は   恐らく 俺 の 招いた 歴史 の 混乱 だ 〉

≪( 玄 朴 ) で は   お 主 が 辞める と 申す の か !?

はい   以前   佐分利 先生 に

言って しまった こと を 思い出した んです

医術 を 志す なら

まずは   体 を 知れ と

私 が   たきつけた ような もの です

ですから   佐分利 先生 の こと は お 許し いただけ ない でしょう か ?

南方 先生 … 奉行 所 の 方 に は

今回 の 件 は   私 が 元凶 であった と 申し出 ます

えたいの知れない 私 が 扇動 した と なれば

医学 所 は 責 め を 負う こと は ない でしょう し

確かに

それ なら 傷 は つか ぬ が

では   そういう 形 で

≪( 洪 庵 ) いや   それ は なり ませ ぬ

先生 は   ここ に 残る べきです

それ が   国 の ため 道 の ため で ございます

緒方 先生 が ここ に いらっしゃる こと こそ が

国 の ため   道 の ため です

予想 です が   ほうっておいて も

医療 技術 や 薬 は 進化 する と 思い ます

分かり やすく 利益 に なる もの に は

人 は 皆   飛びつき ます

それ は   とても 簡単な こと です

ですが   石 を 投げ られ

私財 を 投げうって でも

人 を 助け たい と 願う 医 の 心 を 伝えて いく こと は

とても 難しい こと だ と 思い ます

ペニシリン は どう なる ので ございます か ?

製造 は   緒方 先生 が 続けて くださる そうです

先生

何で あんな こと を ?

あんな こと 聞いた こと お ま へんで

いい んです よ   私 は

私 は

何 が   どう ええ が じゃ

ここ に おれば その 医術 を 広める こと も

いくら でも できる が じゃ ろう

それ を   嘘 を つき

あり も せ ん 責 め を 負い

どこ を   どう 押したら そんな 理屈 に なる ぜ よ

どうした ん です か ? 先生 に は

欲 っ ちゅう もの が まったく 見 えんぜよ

欲 ? お うよ

人間 は   欲 深い 生き もん じゃ

国 の ため なら   死 ぬる こと が できる っ ちゅう 志士 も

人 の ため に 生きる とほ ざ く 医者 も

ひと 皮 むけば 成り 上がり たい   金 が ほしい

名 を 残した いっち ゅう 欲 で   がんじがらめ じゃ

わし じゃ ち   そう じゃ

頼ま れ も せ ん のに この 日 の 本 の 国 を

もっと ええ 国 に し たい と 思う ち ょる が は

生まれて きた からに は

何 か やって やり たい っ ちゅう 欲 から じゃ

けん ど   その 欲 が あるき

わしゃ   進んで いける

欲 は   生きる 源 じゃ

じゃ が   先生 の やっ ちょ る こと は

まるで   仏 じゃ

もし 人 である ならば

死人 じゃ

死人 …

わしゃ 心配な ん ぜ よ

何の 欲 も の うて 殺さ れる っ ちゅう て も

ポカーン と しちゅう 先生 が

いつか 命 さえ 「 はい   そう です か 」 ちゅう て

ポーン と   ほうり出し そうで

〈 この とき   初めて 分かった んだ 〉

〈 俺 に は この 世界 に 対する 執着 が ない 〉

《 緒方 先生 が ここ に いらっしゃる こと こそ が 》

《 国 の ため   道 の ため です 》

〈 だ から   私心 など ない ような 〉

〈 仏 の ような こと が できる けど 〉

〈 だからこそ   きっと 〉

〈 何ひとつ   リアルに 感じ られ ない んだ 〉

〈 俺 は   もう 本当に 〉

〈 死んで いる の かも しれ ない な 〉

ああ   格別じゃ のう

医術 を 学んで も 他の 皆様 に は かなわ ず

そば に いた とて その お 心 ひと つ 分から ず

私 は

何の ため に いる のでしょう

《 ご 公 儀 の 秘密 っ ちゅうもん ぜ よ 》

役立た ず は   私 も 同じだ

あの 男 が いる かぎり

我々 は   滅びる

南方 先生 の 噂 を ?

( 新 造 ) あい   夏 屋 で お 医者 様 と 思わ れる

坊主 頭 の お 客 さん 達 が 南方 先生 の こと を 話して …

誰 が   どんな こと を 言 いん した と !?

「 南方 は   化け物 だ 」

「 医学 界 の ため に も 斬る しか ない 」 って

花魁   どこ へ ?

私 に で ございます か ?

へえ

母上   南方 先生 は ?

( 栄 ) お出かけ に なら れ ました が

兄 上 は   ご 一緒でした か ?

先生 から   さすが に もう よい と 断ら れて おり ました

( 野 風 )「 咲 様   どこ の 誰 と 」

「 定かに は 分かり ませ ぬ が 」

「 南方 先生 は 」

「 お 命 を   狙わ れて おり ん す 」

「 けん ど   あ ちき は 」

「 吉原 から 一 歩 も 出る こと を 許さ れ ぬ   かご の 鳥 」

「 あなた 様 に おす が りする しか   あ りんせん 」

こちら へ !

「 咲 様 は   あ ちき を   うらやましい と おっしゃった けん ど 」

「 あ ちき は   咲 様 が うらやましい 」

「 野 の 花 の ような 風情 も 」

「 けがれ を 知ら ぬ まっすぐな お 心 も 」

「 そして   何より 」

「 その 身の上 が 」

「 例えば   咲 様 は 」

「 好いた お方 の お そば に 」

「 己 の 足 で   向かう こと が できる のであり ん しょう 」

こちら へ !

「 あ ちき に は かなわ ぬ 夢 で お ざん す 」

「 咲 様 」

「 どうか 」

「 先生 を   お守り くだ さいなん し 」

覚悟 !

キャー ! うわ ~!

≪( 男 ) 何 奴   くせ者 !

行った ようで ございます

先生 ?

私 は   ここ は 夢 の 中 で

もしかしたら

死ぬ の も 平気 か って 思って た んです

でも

震えて ます

怖かった

あたりまえです !

先生 は 生きて おら れる のです から

死んで も 平気 なんて   二度と

そう です よ ね

私 は

ここ で 生きて る んです よ ね

ありがとう ございます   咲 さ ん

ありがとう !

いえ

お礼 なら

野 風 さん に

野 風 さん ?

「 無事   一命 を 取り留め ました 」

「 心 より   お 礼 申し上げ ます 」

「 南方 仁 」

何やら   吹っ切れた 顔 を して いる で は ないで す か

らち の あか ぬ こと を 悩む の は やめた のです

( 橘 ) 小さい 器 に は 少し の 酒 しか つげ ぬ

生まれ 持った 器 と いう の は いかん と も し がたい の かも な

( 初音 ) 小さな 杯 も よき もの であり ん すよ

大きな 杯 に は すぐ 酒 が なくなって しまい ん す

お 主   よく 見え ぬ の か ?

お 待ち ください !

南方 先生 に   刺客 を 送った の は お まん ら じゃ ろう !

確かに   あの 男 は 恐ろしい

あの 医術 が 広まれば

我ら は   腐った ぬか の ように 捨て られる であろう

だが   この 元 えん

多紀 一族 に 生まれ

医師 と して の 誇り を 持って 生きて きた

己 の 身 を 守る ため に 人 の 命 を 奪おう と は 思わ ん !

じゃ が   ほ いたら

むしろ   同じ 蘭 方 医 の 方 が →

よほど 恐ろしい ので は ない の か ?

これ は …

≪( 佐分利 ) あの とき は 言え ま へんでした が →

私 の メス も 誰 か が 盗み   わざと 置いた もの と しか 思え へん のです

南方 先生 を 襲った の も   これ も

もしかしたら 全て 医学 所 内 の や から の 仕業 で は

( 咳 )

先生

大丈夫 や

この こと は   全て 私 に 任せ なさい

一 歩   後退 って ことか

( 咳 )

( 洪 庵 ) 私 に は

時間 が ない

「 平成 二十二 年 」


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.